2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2019年4月22日 (月)

お知らせ(H31.4.22)再掲載

 当ブログ「時遊人SUZUのひとり言」は、昨年の4月27日をもって終了しましたが、8か月を経過した今でも毎日1,000件を超えるアクセスをいただいていることや、たまに地元記事への郷愁コメントをいただいている点を鑑み、ブログを下記の要領で再開いたします。

 

 

 

 1 当ブログはすでに残り容量が3%程度しかありませんので、別のタイトルで新規に立
    ち上げます。正直に言いますと、すでに3月以降、200記事程度をアップしてあります。

 

 2 前回のブログ記事の執筆を終了した理由が、仕事多忙によるものでしたので、大変
    勝手ですが、毎日の更新は無理と思われますので、新しいブログでは2日~5日に1
    回のペースで新規記事の更新をしたいと考えています。

 

 3 当ブログを長年ご覧いただき、私の趣味、さらには書き方のクセ(傾向)等を認識され
    ている方は、ぜひ、新しいブログを見つけて当てていただきたいと思います。

 

   そしてこの記事のコメント欄に、私の新しいブログタイトルをご記入いただければ幸い
    です。コメントは公開しませんが、もし正解であれば、コメント欄にご記入いただいたハ
    ンドルネームを記載し、正解か不正解かのみをお知らせいたします。

 

 

 

   つまり、9年間、「時遊人SUZUのひとり言」をご愛顧いただいていた方には、新しい
    ブログ名をお知らせし、引き続きご覧いただけるようにしたいと思います。

   ヒント:新ブログは、タイトルに「時遊人」とか「SUZU」という名称は使用しません。

 

 

 

  以上、勝手な再開基準ですが、それでも引き続きご覧いただける方は、ぜひともコメント
をお寄せください。

2019年3月30日 (土)

2019年春・福島を去ったアナウンサー

 春は別れの季節だ。これまで何度か同じタイトルで、福島県のテレビ局で活躍し、3月で転勤したアナウンサーの記事を書いた。その多くが他県出身者だが、メディアを通じてたくさんの県民に愛された局アナたち。その方たちを忘れないために、今年も同類の記事をしたためたい。
 なお、画像の一部にテレビ局の公式ブログやTwitterなどから引用させていただきましたこと、ご容赦ください。
 
                                                                           
 平川沙英アナウンサー 
                                                                                                              
 平成29年4月からNHK福島放送局に赴任。夕方のニュース情報番組「はまなかあいづToday」に吾妻謙キャスターと出演。岩間瞳アナとの隔週交代で出演していた。その可愛らしいあどけない笑顔でたちまちお茶の間の人気を得た。
 私は平成29年5月から平成30年3月までの約1年間、彼女の出演した番組はすべてブルーレイに録画し、彼女の存在と活躍を知って欲しくて隔週でブログでその画像を掲載した。今は非公開にしてあるが、それほど魅了された。
 また、昨春に開催された「ふくしま五七GO!の集い」では、私も参加し、会場で生の彼女を至近距離で拝見し、テレビと変わらぬ明るい彼女に接し、ますますファンになった。また、私の書いた句もイベントで読み上げられたため、よりこの番組が身近に感じられた。
                                                                
                                                            
   Img_7850_r
Img_7873_r Img_7864_r

  平川アナからのお別れのメッセージ

 http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/2000/317138.html

 「初めて東北・福島に来て、こんなに野菜や果物、お酒が美味しいこと、桜や紅葉、自然が美しいことを気づくことが出来ました。社会人として一歩踏み出す場所がここ福島で本当に良かったです。これからもずっと福島のことが大好きです。2年間、本当にありがとうございました。」

Img_3035_r

  4月からは大学生時代に所属していた「ボイスワークス」というアナウンス専門の事務所に入り、「テレビ埼玉」の契約アナウンサーとして「ニュース」を中心としたキャスターとして活躍されている。 

 ボイスワークスのHP→   http://voiceworks.co.jp/works/hirakawa_s.html    

 学生時代の平川沙英アナはコチラ→  http://voiceworks.co.jp/wp/?p=925  

 テレビ埼玉のHP→ https://www.teletama.jp/announcer/       

 夕方のニュースを伝える平川アナの映像はコチラ ↓

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00010005-teletamav-l11

 Img_0059    

 上は4月5日(金)に「テレビ埼玉」の夕方の「NEWS545」内でニュースを伝える平川アナだが、よく見ると、NHK福島の「はまなかあいづToday」の最後の出演場面の衣裳とまったく同じ。ということは衣裳提供ではなく、すべて自前だったようだ。
 そして、テレ玉のプロフで、彼女の血液型がA型であったことが判明した。小野紗由利アナ、梅田澪理アナ、名切万里菜アナに続き、彼女も含めて好きな女子アナが全員A型であったことが判明した。                                                                                                            

 岩間 瞳アナウンサー

 彼女は宮城県出身だが、福島大学を卒業され、キャスター5年。足掛け9年間、福島県でご活躍された。平川アナと同じ番組「はまなかあいづtoday」のキャスターとして隔週で出演した。安定感抜群のアナウンス技術で、番組を盛り上げてくれた。実は彼女は、利き酒師の資格を持つほどの日本酒通。そして金賞獲得6年連続日本一の我が福島県の地酒を愛してくれた。
 彼女には昨年の3月に開催された「ふくしま五七GO!」の集いの際、直接話をして、気さくにもメモ帳に快くサインをしてくれた。NHKのマスコットキャラクターの絵を描いてくれた。「あまりサインを書いたことが無い」と言いながらも、フルネームでサインを書いてくださった。そのイベントでは、事前に私がネットで送った俳句まで読み上げられ、その存在が身近なものに感じられた。
 福島でキャスターをされたことを佳き想い出とし、新天地で行かれても、そのバイタリティ溢れる人柄で頑張っていただきたいと思う。

Iwama Iwama2

 岩間アナ直筆のサインがコチラ

Img_7567

 「ふくしま五七GO!」の記事はコチラ ↓

 http://musoujin.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/go-3ce1.html

 岩間アナからのお別れメッセージ

 http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/600/316881.html

 「5年間、本当にありがとうございました。大学時代を加えると通算9年、福島に住みました。私も福島のことが大好きです。番組をご覧の皆様、いつも話しかけてくださってありがとうございます。本当に皆さんに成長させて頂きました。これからは伝え手としてさらに頑張って成長して、いつかまた福島に戻ってきます。ありがとうございました。」

Img_3036_r Img_3034_r

201903285 Img_3033_r

Img_3038_r 19033101

 4月から、この絵面が見れなくなるなんて・・・あまりにも寂しい。生活の一部だったのに。岩間アナは4月から新潟市の在住し、フリーアナとして新潟県内のテレビやラジオ、イベントのMCを担当するようだ。 

 ちなみに「はまなかあいづTODAY」の4月からはフレッシュな5人のアナウンサーが日替わりで担当するようだ。
その中のひとり、「三谷咲都美(さとみ)」アナウンサーの紹介はコチラ
                                                                                                                                                                                    
Mitani-satomi Mitani-satomi2
 
 どことなくFTVの神谷美寿々アナウンサーや大橋未歩アナウンサーに雰囲気が似ている気がする。
 そしてもうひとりは、東北放送の記者だった「髙石桃子」アナウンサーのようだ。
                                                                

 北村有紗アナウンサー

 今年のNHK福島はどうかしてると思えるほど、大型異動を強行した。はまなかあいづTodayの3人だけでも辛いのに、NHK一チャーミングな北村アナまでもが退社し、福島を離れることになってしまった。夕方のラジオ番組「こでらんに5」のパーソナリティーを務めていたし、県内ニュースにも出演していた。はまなかマラソン部として、県内のマラソン大会にも出場していた。宮城県仙台市出身
 彼女は2016年の3月にNHK福島放送局に入局した。明るく元気な性格で、私たち視聴者にパワーをくれた。「はまなかあいづToday」では各地からの中継でリポートした。

Kitamura Kitamura2

                                               
 お別れの挨拶

 久々の投稿で、このようなご挨拶をするのは寂しいのですが… 3年間福島放送局にお世話になりましたが、このたび、福島を離れることになりました。
 福島の大好きなところ、たくさんあります。食べ物がおいしいところ。すてきな温泉がたくさんあるところ。
 道の駅が充実しているところ。気温の差が大きいからこそ、四季がしっかり感じられるところ。

 そして、みなさんが、しつこく取材の電話をしても、怒らないで対応してくれるところ。うまくいかない時も、やさしく見守ってくれるところ。「しゃべり手と受け手」ではなく、親しい友人のように接してくれるところ。私と同じくらい、番組を愛してくれるところ。

 福島を離れること、今までにないくらい、寂しく感じています。でも、またどこかでお会いできるはず!その日までみなさん、どうかお元気で!ありがとうございました!!!


 続いてFTV・・・
                                                               
 豊嶋啓亮アナウンサー
                        
 北海道札幌市出身 血液型はB型

Toyoshima1
                                                        
 5年前、「サタふく」の花見中継で、どこかの河原(土手)から「ゼンジ―北京」が着るようなチャイナ服をまとい、得意の中国語であいさつした初登場シーンを今でも覚えている。たぶん探せば録画したDVDのDISCがあると思う。あれから早、5年。甘いマスクで県内の女性視聴者を魅了した。




  3月22日(金)放送のFTVテレポートプラスのラストで、退社を自ら告げた時、隣りにいる菅家アナは号泣だった。同僚の伊藤アナの兄貴分として慕われていたため、その後、握手する彼もまた号泣だった。それほど人望が厚かった。

                                                              
Toyoshima
                                                
Toyoshima2
                                                           
Img_3024_r

 

 松永安奈アナウンサー

Matsunagamain Matsunaga

 4年前にFTVに入社した。「サタふく」デビューだったが、すぐに「みんなのニュース」のキャスターに転換となった。「ドキンちゃん」をほうふつさせる丸顔と大きな目で愛嬌があった。
 私は彼女の初登場の場面をよく覚えている。確か「サタふく」を録画し、DVDに焼いていると思う。藺草アナ&鈴木康一郎アナとロケ車のワゴン車に乗り込み、大きなフリップで自己紹介。神奈川県出身で血液型はA型、そして趣味がアマチュア無線とあった。そして福島県を知ろうという企画で、一日で小名浜、中通り、そして会津と名所を移動してまわった。
 その後、一番彼女の出演シーンで想い出深いのは、「サタふく」で藺草アナウンサーと取材した店で、アマチュア無線で見知らぬ人と交信した場面。そのシーンは動画サイトにアップされていたが、今はもう見られない。
 彼女の明るい笑顔は強烈な印象がある。それにしても、毎年この時期のアナウンサーの異動では、FTVが圧倒的に多い気がする。彼女は長澤彩子アナの代わりに着任したのだったが、あれから4年とは・・・。
 彼女が3月27日(水)の「FTVテレポートプラス」のラストで涙ながらに挨拶した場面はコチラ

 

 ありがとう、松永さん!
                        
 彼女は4月から東京にあるアナウンス専門の事務所「生島企画室」に所属するフリーアナウンサーとなった。あの生島ヒロシさんが主宰する事務所だ。詳しくは→ http://www.ikushimakikaku.co.jp/matsunaga-anna/
 
                                   
 福盛田悠アナウンサー
                                                
 彼女の卒業も唐突だった。「テレポートプラス」の月~水キャスターで、土曜日には「サタふく」にメインキャスターとして出演していた。
気象予報士・斎藤さんとのかけあいが抜群で、やや上から目線で物申す態度が最高だった。岩手県出身でフェリス女学院卒で血液型はO型だった。
 3月29日(金)のテレポートプラスの番組内で、突然に福島テレビ卒業をアナウンスし、私もショックを受けた。
                                                                                                                                                                      
Img_3027_r Img_3028_r
                                                                                                                                                                             
 お別れのメッセージ
   
 「今日で福島テレビを卒業することになりました。視聴者の皆さんからいただく応援のメッセージやお便りのおかげで、この2年間の放送を毎日、本当に楽しく頑張ることが出来ました。福島の皆さん、本当にありがとうございました。テレポートプラス、4月からさらにパワーアップしますので、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。」
                                                                                    
Img_3020_r Img_3021_r
 
          Fukumorita
3月30日(土)の録画放送「サタふく」でのラストシーンがコチラ 

Img_3040_r Img_3041_r                                                                                                        

 福盛田アナは4月からお隣りの日本テレビ系列の「ミヤギテレビ」のアナウンサーとなった。
 詳しくはコチラ→ https://www.mmt-tv.co.jp/announcer/profile/haruka_fukumorita/

 
 神谷美寿々アナウンサー
                                                                                                      
 まさか、彼女まで福島テレビを卒業されるとは・・・。3月29日(金)の「テレポートプラス」のエンディングで、「神谷アナからご挨拶があります」とアナウンスされた際、嫌な予感が的中してしまった。
 福島テレビで一番美人で、落ち着いた印象の彼女。沖縄県出身で、ご結婚されている。福島に定住して、浜中アナのようにずっと福島県にいてくれると思っていたが、2年半で退社することになった。
 私は、彼女の初登場シーンを鮮明に覚えているし、録画してある。それは中途入社だったのか、平成28年7月から登場し、浴衣姿で福島わらじ祭りの中継だった。とても美しく、今までの福島テレビにいないタイプの印象だった。色白で、やはり血液型はO型。学生時代は、雑誌のモデルもされていて、水着を披露したこともある。
 
Img_3029_r Img_3017_r
Img_3031_r Img_3032_r
     Img_3026_r
 
  お別れのメッセージ
                                    
 「みなさんからのいつも応援をいただいて、本当に私自身、励まされてきました。いつまでも私にとって、ずっと福島は大切な場所です。本当にこれまでありがとうございました。」

                                                                                  
Kamiya Kamiya2
                                                                      
 それにしても、FTVは新社屋移転に伴い、番組改変だけでなく、大幅にアナウンサーも入れ替える大異動となった。県民に親しまれた4人ものアナウンサーが福島県を離れることになってしまった。寂しい・・・。
                                                                 
 そしてTUF(テレビユー福島)・・・
                                                                                                                               
 釜井美由紀アナウンサー
                                                                
 テレビユー福島のアナウンサー。夕方の「Nスタふくしま」にキャスターとして出演していた。3年間という短い期間だったが、TUFの美人アナウンサーとしてお茶の間にニュースをお届けしてくれた。栃木県宇都宮市出身で慶應義塾大学法学部卒の才女だった。血液型はAB型

Kamai3 Kamai2
        Kamai1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 FCTでは・・・
                                                                 
 久保恵佳アナウンサー
                                        
    Kubo1


 彼女はFCTの女子アナとして「ゴジてれchu!」のお天気コーナーやリポーターを務めていた。また、時々、県内ニュースに出演していた。温和で笑顔が素敵な方で、この春ではなく、昨年11月末には退社された。
 県内には多い大阪府出身で、立命館大学を卒業された才女だった。血液型はO型
                                                               
Kubo2

 FTVの一時休職は・・・

 寺本緒麻里アナウンサー
                                         
Teramoto181129
                                   
 彼女は3月15日の「FTVテレポートプラス」で、「産休」のために番組を卒業することを発表した。たぶん退社はせず、産休明けにはまた、戻ってきてくれることを期待したい。私自身、アナウンサーフリークを自称していながら、彼女が2017年に結婚していたことを知らなかったし、妊娠されて、お腹が大きくなっていたことも気づかなかった。出産予定は5月ということだ。
 彼女もまた、27歳ながらFTVの看板女子アナに育っていて、柔らかくておっとした雰囲気が癒し効果をもたらし、世の男性のハートをがっちり掴んでいたことはゆるぎない事実だ。番組内のコーナーである「500mの小さな旅」も、他のアナに譲ったのも、お腹のお子さんへの気遣いだったと今は想像できる。

                                                                
H313
                                                         
H35315-1
                                                           
H31315
                                                        
 3年前のTUFの「梅田澪理」アナ、2年前にはFTVの「名切万里菜」アナ、そして今年はNHKの「平川沙英」アナまでもが福島県を離れることとなった。いずれも私の大のお気に入りで、大げさかもしれないが、或る意味、心のよりどころだった彼女たちであった。
  参考までに「梅田澪理アナ」はコチラ

    
                                                                                                                 
 さて、冒頭で「春は別れの季節」と語ったが、かくいう私も転勤となった。新しい職場に馴染めるのか、幾つになっても不安は尽きないが、アナウンサーも同様だと思う。慣れない土地で、人間関係も一から作らなければならないという不安はどの職業でも同じだ。今年、福島を離れる局アナたちは、ぜひ福島県で培ったパワーを他県でも発揮して頂きたいと思う。
 そしてどこかの中継場面で、またお目にかかれれば嬉しく思う。
 他にも「ラジオ福島」の二大若手美人アナウンサーだった「稲本安里紗」アナと「菅原咲子」アナの両名も1月と3月で退社されてしまった。
Sugawarasakiko2 Sugawarasakiko9
       Sugawarasakiko11
 肌が綺麗で秋田県由利本荘市出身、秋田美人の菅原アナは生まれ故郷に戻り、「秋田テレビ(AKT)」のアナウンサーになっていた!
Sugawarasakiko
秋田テレビの公式ホームページはコチラ→ https://www.akt.co.jp/announcer/prof_sugawara

2019年1月 1日 (火)

お知らせ(H31.1.1)

   平成最後の年が明けました。まずは「あけましておめでとうございます」。   

         Syogatsu    

 この記事をご覧いただいた方に、新年早々お知らせがあります。

 当ブログ「時遊人SUZUのひとり言」は、昨年の4月27日をもって終了しましたが、8か月を経過した今でも毎日1,000件を超えるアクセスをいただいていることや、たまに地元記事への郷愁コメントをいただいている点を鑑み、ブログを下記の要領で再開いたします。

 1 当ブログはすでに残り容量が3%程度しかありませんので、別のタイトルで新規に立
    ち上げます。正直に言いますと、すでに3月以降、200記事程度をアップしてあります。

 2 前回のブログ記事の執筆を終了した理由が、仕事多忙によるものでしたので、大変
    勝手ですが、毎日の更新は無理と思われますので、新しいブログでは2日~5日に1
    回のペースで新規記事の更新をしたいと考えています。

 3 当ブログを長年ご覧いただき、私の趣味、さらには書き方のクセ(傾向)等を認識され
    ている方は、ぜひ、新しいブログを見つけて当てていただきたいと思います。

   そしてこの記事のコメント欄に、私の新しいブログタイトルをご記入いただければ幸い
    です。コメントは公開しませんが、もし正解であれば、コメント欄にご記入いただいたハ
    ンドルネームを記載し、正解か不正解かのみをお知らせいたします。

   つまり、9年間、「時遊人SUZUのひとり言」をご愛顧いただいていた方には、新しい
    ブログ名をお知らせし、引き続きご覧いただけるようにしたいと思います。

   ヒント:新ブログは、タイトルに「時遊人」とか「SUZU」という名称は使用しません。

  以上、勝手な再開基準ですが、それでも引き続きご覧いただける方は、ぜひともコメント
をお寄せください。

2018年4月27日 (金)

時遊人SUZUのひとり言~グランドフィナーレ~

 2009年4月27日に開設した当ブログ「時遊人SUZUのひとり言」は、本日(2018年4月27日)を持ちまして終了させていただきます。長らくのご愛読に感謝と御礼を申し上げます。

 

 ブログタイトルの通り、昔と今の移り行く変化と現状を鑑みて、昔話として懐かしむといった趣旨で始めましたが、いつしか日々の雑感や旅行記、時々刻々の話題も取り上げ、さらには社会風刺や現在取り沙汰されている社会問題にまで踏み込んだ批判記事なども展開するに至りました。
 最後は、日常のストレス解消や認知症予防のための備忘録など多種多様な話題に首を突っ込み、無理して記事を書いてきたような状態に陥りました。

 そして気づけば、丸9年が経過し、3,500記事近くに上り、容量も残り僅かな状況となったことで、ネタ切れや仕事上の多忙化に見舞われ、体力的にもきつくなったことが終了を決断した大きな理由です。

 しかし、この9年で毎日3,000件を越えるアクセス数をいただき、当初の目的をほぼ達成でき、自身の中でやりつくした感(使命感を全うしたこと)もありました。

 その間、日本全国、時には世界各国から累計で800万件を超えるアクセスをいただき、その反響の大きさに驚くと共に、時には私の身勝手な記事に賛同や共感してくださる方のコメントに支えられ、また時には手厳しい叱咤激励があって、何とか今日まで続けて来れた次第です。改めて感謝×感謝です。

                                Kansya_2
 なお、終了を決断した昨年11月時点では、本日をもって「完全閉鎖」を考えていましたが、多くの方々から「終了」を惜しむ声がコメントとして寄せられたことから、以下のカテゴリー記事につきましては、引き続き閲覧できるようしたいと思います。

 4月28日(土)以降も閲覧可能なカテゴリーと記事

 1 郡山の話題(福島県の話題を含む)
  2 釣行記(余談)
  3 旅行・地域
  4 アクセス数が歴代10位以内に入る人気記事
 
   ① 若くして亡くなった有名人~続編~
   ② 郡山のミステリースポット
   ③ 福島県で起きたミステリー事件ファイル
   ④ B型男性に惚れやすいA型女性
   ⑤ O型女性に惚れやすいA型男性
   ⑥ 芸能人カップルに見る血液型相性
   ⑦ 今は無き郡山の建物・店舗
   ⑧ 芸能人に多い名前 ~男性編~
   ⑨ 引田天功の「世紀の大脱出」
   ⑩ 江戸川乱歩の「美女シリーズ」の亡き名優たち

 5 その他 管理人が必要と考えた記事

 6 ブログ終了後、再掲載を要望するコメントが寄せられた場合

 また、「ココログフリー」は、新規記事の更新がないまま一年が経過すると、自動的に閉鎖(削除)となってしまうため、「ようこそ釣り天国へ」と相互リンクしている「釣行記」に限り、不定期となりますが、備忘録も兼ねて随時更新したいと考えています。

 最後に、睡眠時間3~4時間という超多忙な日常から解放され、安息の日が訪れた時や、執筆意欲が再び湧いた時には別のブログ名で再開することもあるかもしれません。その際はまたよろしくお願いします。

                    
 

 それでは9年間お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。 (SUZU)

                  Kansya2

 

 

 

2018年4月26日 (木)

2018年のニュースと話題になった人(終)

 毎月話題となったニュースをその都度書き留め、年末に1年間の総括として公開してきた本記事も、今回で見納め。年の途中だが、4月25日までの出来事を箇条書きで紹介したい。  

 <全国・世界で起きたニュース>

 1月 
  
  箱根駅伝、青学が4連覇 優勝候補の神奈川大と駒大がシード落ち 
  アンパンマン号が出動するハプニング
  埼玉県でタイヤパンク被害続出
  北朝鮮、金総書記が強気の発言連発 核のボタンが机の上にある 韓国すり寄る
  星野仙一氏、すい臓がんで急死 70歳 悼む声ぞくぞく  
  女子高生が刺されたり、高齢者に撥ねられる事件事故が相次ぐ
    米軍ヘリ、また沖縄の海岸に不時着
  成人の日で着付け「はれのひ」が夜逃げ 被害者300人以上 社長は逃亡して上海
  カヌーの選手、ライバルのドリンクにドーピング違反薬物の混入を自白し発覚
  爪楊枝ボーガンでアホな大人3人が傷害罪で逮捕
  タイで15年間逃亡を続けた殺人犯が逮捕
  猫からウィルス感染で死亡
  ももクロの有安杏果が卒業&芸能界引退を発表
  愛知県のスーパーでフグの肝臓を販売 客が食べてしまう事故 健康被害なし
  仮想通貨ビットコイン乱高下で大損者続出
  小室哲哉、不倫疑惑騒動の責任を取り、芸能界引退
  高橋克也の無期懲役が確定 これでオウム全被告の刑確定 麻原の執行はいつか
  またしても大相撲界で不祥事 大砂嵐が無免許運転で追突事故
  草津白根山で噴火 雪崩も発生し、自衛隊員ひとり死亡 スキーヤーが1名不明
  大相撲でまたまた不祥事 春日野部屋で暴行事件の逮捕者が出ていたが報告せず
  平幕の栃ノ心が優勝
  東京でも積雪 全国的に異常低温
  スーパーブルーブラッドムーン(皆既月食)
  集団登校の列に70歳の女が運転する車が突っ込み、7歳女児が死亡
  札幌の自立支援関連施設で火災 11人が死亡

 2月

  大阪で重機が歩道に突っ込み、小学生の女児が死亡 運転手を逮捕
  俳優の豊原功補が小泉今日子と不倫
  乃木坂46の生駒里奈が電撃卒業を発表
  貴乃花親方が理事選出馬も落選
  佐賀県の民家に自衛隊攻撃型ヘリ・アパッチが墜落して炎上 隊員2名死亡
  眞子さまの結婚、小室家の週刊誌報道も影響してか再来年に延期
    北陸地方で豪雪被害 連日の積雪で車100台以上が雪に埋まり立ち往生 
  台湾で大きな地震 建物倒壊で死者も
  平昌五輪契機に南北融和姿勢強調 五輪を政治利用顕著 日本勢振るわず
  強風で延期、中止、日程変更続出
  カーリング娘が連日熱戦 ケガから復帰の羽生がSP首位
    羽生が大会連覇で金、宇野が銀獲得 列島が大興奮 大怪我から奇跡の復活劇
  藤井五段が羽生に勝ち、決勝でも勝って優勝。一気に六段に昇進
  小平奈緒が500mで五輪新記録で金メダル
  女子団体パシュートで日本が五輪新で金メダル 高木美帆は金銀銅獲得
  マススタートで高木が金メダルで初代女王に
  LS北見のカー娘が3位決定戦でイギリスに逆転勝ちで銅メダル 
  メダルは過去最多の13個(金4、銀5、銅4) そだね~やもぐもぐタイムが話題に 
  カー娘、帰国後、故郷・北見に凱旋で地元大フィーバー

 3月

  伊調馨選手が栄コーチをパワハラで告発
  イチローが電撃マリナーズ復帰 上原は古巣巨人に復帰濃厚
  米朝会談濃厚 和平への模索が進む
  上原浩治が巨人に復帰 手薄な投手陣の穴埋め
  6人殺害のペルー人に死刑判決
    森友問題のデータ改ざん問題で佐川国税庁長官が辞任
  オウム死刑囚7人が移送 執行間近か
    大坂なおみ快進撃 世界ランク上位を次々撃破してツアー優勝。
    南北融和ムード一気に加速
  

 4月

 加山雄三のクルーザー「光進丸」が全焼
  エンゼルス大谷鮮烈デビュー 初先発初勝利に加え、本拠地で初打席初ホーマー
 土俵上で市長が卒倒 女性看護師が救命措置中に伝統優先で土俵から降りるアナ
 ウンスに批判続出
 大谷3試合連続ホームランの驚愕
  鹿児島県日置市で5人殺害 父親、親類の殺人容疑で38歳の男を逮捕
  大谷フィーバー続く今度は投手として7回1死までパーフェクトに抑え全米を魅了
 ハリルホジッチ監督、電撃解任 後任に西野氏
  松山刑務所大井造船作業場から受刑者が逃走、行方不明 尾道向島に潜伏?
 大分で土砂崩れ 5人が生き埋め
 自衛隊日報の存在、加計&森友学園問題を巡り、国会紛糾
 米英仏がシリアを空爆
 福田財務次官がセクハラ発言連発で辞任
 新潟県知事が出会い系で援助交際・買春で辞任
 霧島連山で噴火
 北朝鮮が核実験中止・ICBM発射を廃止宣言 裏切りの歴史に懐疑的な見方も
 元赤ヘル 衣笠祥雄氏が死去 連続試合出場世界記録で国民栄誉賞受賞
  カナダで車を暴走させる単独テロ発生 10名が死亡
  TOKIO山口が女子高校生に酒を飲ませ、強制わいせつで書類送検

 <福島県内で起きたニュース>

 1月 福島駅西口で不審物処理
          郡山市さくら通り長者交差点で飲酒運転の車が店舗に突っ込む事故
     聖光学院が選抜に選ばれる
     1月23日~30日異常低温で毎日積雪で除雪作業 郡山市で-11℃
     インフルエンザが猛威 患者が4,000人を超える

 2月  南東北総合病院で院内感染
    郡山市富久山町福原のアパートで殺人事件 24歳の男が交際相手を殺害

 3月  心臓移植で渡米した中川西祐綺ちゃん腸管に穴が開き亡くなる
     サタふく、神谷アナ、藺草アナが卒業 自転車でGO!も終了 

 4月  福島市で父親を殺し出頭
     三春~浪江線が再開通  

 <今年話題になった人物>

 1 星野仙一
 2 有安杏果
 3 小室哲哉
 4 生駒里奈
 5 小泉今日子
 6 カー娘(藤澤・吉田知・吉田・鈴木夕・本橋)
 7 大杉漣
 8 福田財務次官
 9 新潟県知事
10  衣笠祥雄

2018年4月24日 (火)

墓碑銘 2018 1~4月(終)

<1月>

2018/01  /4  星野仙一 【野球評論家】 岡山県出身
2018/01/14  夏木陽介 【俳優】 東京都出身
2018/01/22  片平晋作 【野球】 大阪府出身
2018/01/26   野中広務 【政治家】 京都府出身
2018/01/30 有賀さつき 【アナウンサー】 東京都出身 
2018/01/31   いときん   【ミュージシャン】兵庫県出身 ET-KING

Hoshino Natsuki
Nonaka Ariga

<2月>

2018/02/1  レッツゴー長作  【漫才師】 岡山県出身 レッツゴー三匹
2018/02/10 川地民夫 【俳優】 神奈川県出身
2018/02/21 大杉漣 【俳優】 徳島県出身
2018/02/24 左とん平 【俳優】 東京都出身

Ohsugi Hidari

<3月>

2018/03/10 ユベール・ド・ジバンシィ 【デザイナー】 フランス出身
2018/03/14 スティーブン・ホーキング 【物理学者】 イギリス出身
2018/03/18 新堀俊明 【アナウンサー】 東京都出身
2018/03/28 月亭可朝 【落語家】 神奈川県出身

Steven Tsukitei

<4月>

2018/04/4 藤森英二 【元郡山市長】 福島県出身
2018/04/18 ブルーノ・サンマルチノ【プロレスラー】 イタリア出身
2018/04/20 渡辺えりか【女子プロレスラー】 北海道出身
2018/04/23 衣笠 祥雄 【プロ野球選手・評論家】京都府出身

Fujimorieiji Kinugasa

  毎年年末に掲載していた「墓碑銘」ですが、今月27日で当ブログ終了に伴い、途中ですが4月までに亡くなられた方を本日紹介しました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

2018年4月22日 (日)

2018年4月期のCMベスト5 (終)

 その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。今回もこの4月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 JRA 勝負服編

 松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥の4人が出演している人気シリーズCM
 この4月は「桜花賞」で、勝負服がテーマ。見る側も勝負パンツ?を履いている気持ちの入れよう。そのやりとりが面白い。

 2位 新垣結衣 ビオリス新cm 「あまりにもきれいで」30秒篇

 ガッキーはスタイル抜群で脚が長い!今年三十路だとは思えない・・・。

 3位 『Cook Do(クックドゥ)』

 今をときめく竹内涼真と、「君の腎臓を食べたい」で一躍脚光を浴びた美少女・浜辺美波が兄弟役を演じるCM。今年イチ押しの大ブレイクする予感の女優さんだ。

 4位 WOWOWに入りましょう。「合唱篇 30秒」   

 

柳楽優弥、有村架純が出演するWOWOW新CM WOWOWに入りましょう。「合唱篇」
柳楽が幼少の頃、合唱に出演したVTRを見て号泣、それを慰める有村の図。ほのぼのしていて好感が持てる。しかし、実際は子供の頃の懐かしのVではなく、指揮をしていたという勘違い・・・。

60秒バージョンはコチラ https://www.youtube.com/watch?v=xhvFOWUDRVg

 5位 ポカリスエットCM 「ぼくらの放課後」篇 30秒

 放課後、どこからともなく集まってくる高校生たち。新しい友だちとの出会い、面白いことの発見。ヒロインの八木莉可子さんを先頭に、原宿のストリートを約200人が全力で踊って駆け抜けます。
 連帯感、若さ、躍動感が溢れるこのシリーズ。今回も元気の良さがビンビン伝わって来る。   

60秒バージョンはコチラ https://www.youtube.com/watch?v=CPeaUgUEjTU

 なお、このシリーズ記事は今月27日の当ブログ終了に伴い、今回が最終回となります。ご了承ください。

2018年4月21日 (土)

福島県の懐かしい映像集

 今日は、このブログを始めたきっかけというかコンセプトに回帰したい。「時遊人」とはタイムマシンの如く、昔の出来事を振り返ったり、昔慣れ親しんだものを回顧して懐かしむと言った趣旨で始めたのだった。来週で最終回を迎えるにあたり、原点回帰し、我が福島県で懐かしい物を特集し、映像で振り返りたい。

 原町無線塔

 1980年代まで存在した東洋一と言われた無線塔。高さ200mを越える高層建造物だった。原町市(現在の南相馬市)にあった。市内のどこからでも見えたシンボルタワーで、ラウンドマーク的な存在だった。老朽化によって1981年に解体された。

 https://www.youtube.com/watch?v=2REQsNrpu8U&t=17s

 8ミリのカタカタ音が時代を物語っている。

 以下「http://shi.na.coocan.jp/haramachimusentou.html」より抜粋します。

 原町無線塔は、大正10年に開局した磐城無線電信局原町送信所の主塔の通称で、原町市民及び私達原町市出身者は原町市(現在の南相馬市原町区)のシンボルとして親しんできました。
 無線塔は高さ約200mの鉄筋コンクリート製で、開局当時は東洋一の高さと機能を誇る送信所であり、周りに5本鉄柱製の塔がありその間にアンテナ線が張られていたそうです。
日本から外国に通信することができる唯一の施設で、大正12年に起こった関東大震災の第一報をアメリカほかの世界へに打電した事で有名です。昭和8年にはその役割を終えて原町送信所は廃止されました。
 無線塔は、原町市のシンボルとして市民生活の中に溶け込み、国道6号線で帰省するとき無線塔が目の前に見えてくると「あぁ、原町に着いたな」と私達の目印にもなっていました。
海で漁をする漁船からの目印としても使われていたそうです。
 
残念ながら、昭和56年に鉄筋コンクリートの老朽化のため解体されました。現在は、「憶原町無線塔」として20分の1のミニ無線塔が記念に建てられています。

 画像や映像を見ると、本当に高い。地震で崩れることはなかったのだろうか?まるでバベルの塔の如く聳え立っている。

 FTVニュースの歴代オープニング集

 FTVニュースの歴代オープニング全集です。(FTVニュース放送期間:1963年-2015年、
FTVこんやのニュース放送期間:2015年-2017年、FTVユアタイムクイック放送期間:2017年
FTV THE NEWSα Pick放送期間:2017年-)

 このFTVニュースは平日の20:54から3分間放送されている地元のニュースだ。

 平成30年3月末まで放送していた「FTVみんのニュース」のOPテーマはコチラ

 

 こういう映像を編集し、動画サイトにアップしてくれる方がいて有り難い。

 ワイドユー福島の番宣(1分2秒後から)

 1989年に流れていたCMなので、29年も前のもの。私が好きだった「佐藤千春」アナも出演している。佐藤アナの髪型はバブリーな雰囲気が漂う。ソバージュやワンレンが流行った時期だ。

 福島県内のタクシーCM

 これは懐かしい。昭和50年代に放送されていたマルイチ根本グループのタクシーCM。今は無き「共同石油」のGSも登場する。

  大七酒造

 二本松にある大七酒造は世界的に有名な醸造メーカーだ。主力の「大七生もと」はもちろん、「箕輪門」などがある。この蔵元は「全国新酒鑑評会」には目もくれず、世界的な権威の品評会に出品し、グランプリを獲得するなど、文字通りレベルもラベルも違う。
 このCMは1999年に放送されていた。つまりもう19年前だ。ついこの前のように感じてしまう。

 記事作成:4月15日(日)

 

2018年4月17日 (火)

福島の見覚えのあるCM

 もう何度もこの手の記事を書いてきたのだが、今日は、私が暮らす福島県で放送されているCMで、お馴染みで見覚えのあるものを紹介したい。

 西部自動車学校

 若い女の子が帽子を目深にかぶり、草原を散歩するが、終始顔を隠している。謎めいた雰囲気を演出しているのだが、見ようによっちゃ、後ろめたさがあって顔を出せない犯罪者状態にも見れる。このCMは動画サイトにはアップされていないため、写真でお送りしたい。

Img_6186_r Img_6187_r
Img_6189_r Img_6190_r
Img_6191_r Img_6192_r
Img_6193_r Img_6195_r

  この手の謎を残すのはありがちな手法。視聴者に「あの娘は誰だろう」と興味をひかせる。気になって仕方ないといったところ。

 この自動車学校はかつては市内西ノ内のヨーカドーの西隣り、現在はゼビオスポーツがあるところにあったが、今はその1km北側の奥羽大の向かい側に移転した。何を隠そう、私の実家の家族は全員、ここの教習所で免許を取得した。また、私と家内、息子は普通車と普通二輪を取得した。

 石のカンノ

 「さすがに個性しとるわな。石が生きとる 生きとる」「わしゃお任せするわ カンノさんよ」

 いきなり人の形に掘られた石像がしゃべりだす。福島県ではもうお馴染みで、30年以上も前から放送されている。
 郡山の富田町のR49線沿いに店舗がある。福島県一円に展開している「こころネットグループ」の傘下に入っている。

 星総合印刷

 伏せ目の女性がカメラ目線となり、タメを作った後 「プリンティング メッセージ」と謎めいた言葉を発する。こういう不思議路線が県内CMには多い。もう20年以上のロングラン放送中だ。

 福島県内では印刷業のCMが結構面白い。

 阿部紙工 https://www.youtube.com/watch?v=Mb9mCBQownw

 陽光社印刷 https://www.youtube.com/watch?v=Hvq_JsUjvRM

 六陽印刷 https://www.youtube.com/watch?v=cBSa4-Vn5I8

 でも私が好きな印刷所のCMは「山川印刷所」のものだ。 

 福島県の大自然をバックにいいとこ取りという感じが大好きだ。

 東北自動車販売

 ラジオ福島でも「♪東北自動車販売~♫」というフレーズが流れ、すっかりお馴染み。ウチの娘も今冬にここで中古車を購入した。

 城本クリニック

 女性がカーペットの上を転げまわり、劇的に顔が変わる。美容整形だけあってビフォーアフターが凄い・・・。郡山限定かと思ったら、全国展開しているチェーン店(医院)だった。

https://www.youtube.com/watch?v=yTmdan3SXqE

 東北レジャーの通信カラオケ

 「東北レジャーはアフターがいいね!」が決め台詞のCM。
 それにしてもクラブやスナック、キャバレーなどの店員さん(ホスト・ホステス)は皆、ケバい。金髪茶髪。非日常的な雰囲気を存分に醸し出している。福島のホストはイケメンというより、何か汚い印象を受けるのは私だけだろうか?

 本来は番組の合間に流れ、トイレや用事を済ませるなど切り捨てられる存在のテレビCMだが、よくよく見てみると、結構面白いものが見受けられる。こういうところにもスポットを当てて見れば、意外な発見が得られるかもしれない。

 記事作成:4月15日(日)

2018年4月16日 (月)

「時遊人SUZUのひとり言」をご覧いただいている皆様へ

 「時遊人SUZUのひとり言」をご覧いただいている皆様へのお知らせです。

 4月27日(金)の当ブログ終了に向けて、現在、既存の記事を非公開化する作業を行っています。
 4月15日(日)現在で、3,484記事あったうち、2,500余りの記事を非公開にする処理を行いました。

 突然、閲覧できなくなった記事もあるかと思いますが、もしお気に入りだった記事で、再掲を希望される方は、コメント欄でお知らせください。再アップを検討したいと思います。

 

«昭和世代の私が持っていたゲーム集

福島県の天気


無料ブログはココログ