2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月23日 (火)

伝説のバンド「アリス」とニューミュージック回顧

 チンペイ、ベーヤン、キンちゃん。このニックネームを聞いて、すぐピンと来る人は1970年代以前の生まれの方だろう。その当時、世の中を席巻したフォーク&ニューミュージックブームの立役者で、その頂点の座に君臨した伝説のフォークグループ(ロックバンド)がかつてあった。その名は「アリス~Alice~」。彼らの出現は、従来のミュージックシーンの常識を打ち破ると共に、まさに新しい音楽の幕開けを意味していた。ヒット曲、「今はもうだれも」「帰らざる日々」「遠くで汽笛を聞きながら」「冬の稲妻」「ジョニーの子守唄」そしてアリスの名を一躍世間に知らしめた名曲「チャンピオン」。特に「冬の稲妻」は、斬新で軽快なリズムセッションは、一大センセーショナルを巻き起こした。何と3つのギターコード(Am→D7→G)の繰り返しだけで弾き語りができてしまうという単純明快でありながら、誰もが口ずさめる超優れもののメロディーラインだった。彼らが29歳の時にこの曲が脚光を浴びるや否や、彼らの路線は従来のものとは180度異なるものへと変貌していった。彼らは本来の出発点であったアコースティックギターによるフォークからロック調の流行歌を奏でるバンドへと転身したのだ。それまでのフォークグループと言えば、あまりテレビ出演はしなかったが、彼らはそうした固定概念を打ち破り、堂々とテレビ界に進出を果たした。彼らの作るメロディーは世間に蔓延り、と同時にスローテンポの静かなフォーク調一辺倒だった曲をガラリと変え、ロックに邁進し、時代の寵児とまでもてはやされたことが、皮肉にも彼らの音楽活動に亀裂を生む結果となった。

 その後、谷村新司は生来持ち続けていたダンディズムをひたすら追求するようになり、漢字の持つ特性をことのほか崇め、難解な歌詞を作風とするようになり、古風で硬めの印象を醸し出すようになった。伝統芸能を重んじるAB型気質が顔をのぞかせたと言える。また、山口百恵に「いい日旅立ち」や24時間テレビのエンディングテーマ「サライ」を作曲するなど、他人への楽曲も提供するに至った。また、若者に絶大な人気があったラジオの深夜放送「セイ!ヤング」のDJを長年務め、パーソナリティーとしても活躍するなど、多芸ぶりを見せつけていた。

 一方、堀内孝雄は、盟友谷村新司とは明らかに一線を画し、「俺は日本人の心を歌う」と言わんばかりの変わりようで、ひたすら演歌への道を突っ走った。ソロとして「憧れ遊び」「愛しき日々」「恋唄綴り」「影法師」を発表し、演歌部門でのレコード大賞も受賞し、その存在感を示すと共に、NHKの演歌ショーにも次々と出演し、紅白歌手にまで登り詰め、その地位を不動のものとした。よくフォークグループやロックバンドが活動停止を余儀なくされたり、解散に至るケースが多々あるが、その理由として、メンバーの音楽に対する方向性の不一致が挙げられる。アリスもまたご多分に漏れず、脚光を浴びた結果、その方向性の相違が露呈し、危機的状況へと追いやった。

 そんな中で、ドラムを担当していたキンちゃんこと矢沢透は、ドリフで言えば高木ブーのような無口かつ空気のような存在で、二人の不仲?が浮き彫りになるにつれ、それまで緩衝材の役目をしていた彼にしてみれば、毎日が右往左往だったに違いない。長いものに巻かれろタイプのように見える彼だったが、実はミュージシャンとしては一流で、アリスでは、ドラムだけでなく、ピアノやコンガなどのパーカッションも手がけるほどの多彩な才能の持ち主だった。

 当時のアリスの人気は絶大で、全盛期にはコンサートチケットは即日完売で、まず入手困難。筆記体のAliceのロゴ入りのグッズは飛ぶように売れ、3つの首を持つ天馬(ペガサス)を意味する彼らのトレードマークは、一世を風靡した。彼らのリリースしたアルバムは、アリスⅠ~Ⅹまであったが、いずれもヒットチャート上位にランクインしていた。その後、度重なる危機的状況から幾度となく活動停止の事態を招いたが、その都度不死鳥の如く、再結成・活動再開を繰り返した。そしてメンバー全員が還暦を迎えることを記念して、今年再び「老練バンド・アリス」としてリニューアルし、3人そろって表舞台に立つことになったことは、一ファンとして嬉しい限りである。故意におじさん臭く振舞っているのは気になるが。

 そんな彼らのまったく新しいジャンルへの開拓精神と音楽界へ殴り込みをかけるような情熱に感化され、私は中学2年生の時にフォークギターを始めた。アルペジオ、ストローク、そしてスリーフィンガーへと次々弾き方を覚え、指の皮が厚くなるほど練習したのを覚えている。そしてほどなく、彼らの曲のコピーを始め、中学時代の音楽の授業や、クラスのお別れ会で発表したこともあった。

 今振り返ると1970年代は、音楽界は宝箱だった。シンガーソングライターと呼ばれる歌手が代わる代わる現れ、ニューミュージックブームが巻き起こった。その先頭にいたのがアリスだが、それ以外にも数多くのバンドやポプコン(ヤマハポピュラー音楽コンテスト)出身のグループやバンドがブラウン管やヒットチャートに彗星のごとく顔を出しては、あっという間に消えていった。そのグループやシンガーとその代表曲を紹介しよう。

 アリス(チャンピオン)・ゴダイゴ(銀河鉄道999)・オフコース(さよなら)・甲斐バンド(HERO)・サザンオールスターズ(勝手にシンドバッド)・ツイスト(燃えろいい女)・クリスタルキング(大都会)・松山千春(季節の中で)・さだまさし(関白宣言)・南こうせつ(夢一夜)・長渕剛(順子)・チャゲ&飛鳥(万里の河)・雅夢(愛はかげろう)・H2O(想いでがいっぱい)・そしてYMO(ライディーン)の登場でシンセサイザーを駆使したテクノポップという新ジャンルも誕生した。

 女性シンガーでは、渡辺真知子(迷い道)・中島みゆき(わかれうた)・八神純子(みずいろの雨)・久保田早紀(異邦人)・庄野真代(飛んでイスタンブール)・松任谷由実(守ってあげたい)・大橋純子(たそがれマイ・ラブ)・杏里(オリビアを聴きながら)・サーカス(Mr.サマータイム)・あみん(待つわ)。いずれも世相を反映した曲調のものが多かった。

 また、一発屋と呼ばれるシンガーも数多く存在した。堀江淳(メモリーグラス)・さとう宗幸(青葉城恋唄)・ばんばひろふみ(SACHIKO)・円広志(夢想花)・五十嵐浩晃(ペガサスの朝)・アラジン(完全無欠のロックンローラー)・トムキャット(ふられ気分でロックンロール)・岸田智史(君の朝)・伊藤敏博(サヨナラ模様)などがその代表格。いずれもザ・ベストテンの今週のスポットライトに出演し、その存在を知られ、曲が売れた人たちだろう。

 このニューミュージックブームが火付け役となり、その後、80年代から90年代にかけてこれまた空前のバンドブームをもたらしたイカ天(イカすバンド天国)へと流れが引き継がれることとなる。その間、電子ドラムが取り入れられC-C-B(ロマンチックが止まらない)が登場し、コミカルバンドの米米クラブ(浪漫飛行)、硬派でカリスマ的なBoowy(マリオネット)、新世代のポップスを確立し、頂点に君臨したT・Mネットワークなど個性派揃いの様相を見せ、そして女性ロックバンドや女性ボーカルバンドが大いにモテはやされた。プリンセスプリンセス(ダイヤモンド)・ピンクサファイヤ(P.S I LOVE YOU)・リンドバーグ(今すぐKISS ME)・レベッカ(フレンズ)などが挙げられる。

 今思えば、我が中学時代(1970年代)の音楽シーンは、すさまじい転換期だったように思う。音楽的に新風を吹き込み、その影響を受けて、私を含めてギターやピアノを始めた人も少なくないだろう。1970年代のファッションや流行が、回帰している現代において、時代が産み落とした遺物ではなく、若い人たちにとっても新しい発見があることに、私自身も嬉しさを感じている。そんな時代に立ち会えた境遇に感謝したいと思っている。

2009年6月11日 (木)

名探偵 「明智小五郎」

 30年以上前、当時中学生だった私が、毎回心ときめかせわくわくドキドキしながら見ていたTV番組があった。それは約3か月に一度の割合でテレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」の枠内で放映されていた江戸川乱歩の「美女シリーズ」だ。関東では21時開始だったが、私が住んでいた地域は民放が2局しかなかった時代で、22時から23時半まで(のちに2時間枠に拡大)の放送だった。親の仕事が終わり、寝静まった頃合いを見て、茶の間に下りてこっそりテレビをつけた覚えがある。まさにスリルとサスペンスな時間だった。オープニングジングルの「シャボン玉or風船」の映像が始まると中学生だった自分には刺激的で興奮したのを覚えている。今回は、計25作制作された天知茂扮する明智小五郎の魅力とそのストーリー展開、名場面を振り返ってみたいと思う。

 1.テーマソングと画質

 このシリーズが始まった当初(第一作は昭和52年氷柱の美女)は、いかにも古めかしいスローテンポなBGMだった。アクション風のテーマが導入されたのは、黄金仮面Part2からだ。鏑木創作のオープニング(エンディング)テーマは、この作品の象徴ともいえる。またこの頃は、現在のVTR撮影と違い、映画のカットのようなざらざらしたやや暗めのフィルム撮影だった。こちらのほうが、臨場感や重厚感があってスリルとサスペンスを演出するのには都合が良かったように思う。それに加えて要所要所で流れるBGMもまた、明智の推理力を高揚したり、恐怖心を煽ったり、それぞれの迫真の場面を盛り上げるのに必要不可欠な材料だった。

 2 キャスティング

 ご存じ明智小五郎(天知茂)、助手・文代(五十嵐めぐみ)、小林少年(柏原貴)、波越警部(荒井注)が毎回の登場人物で、これに主役となる美女が加わる。寅さんシリーズで言うマドンナ役だ。明智小五郎は、ニヒルでダンディ、ずば抜けた推理力と洞察力で敵を追いつめ、真相を暴き難事件を幾度となく解決に導いた。そして必ず犯人役の美女から好かれる、実に羨ましくも美味しい役どころ。この役は天知茂しかあり得ない。彼が亡くなった後、北大路欣也が代役を務めたが、長続きはしなかった。(個人的には二谷英明が適役だと思ったが)。そして明智を心から慕い、明智の手足となって働く助手・文代。これは五十嵐めぐみさんではまり役であった。時には大型バイクを操って犯人を尾行したり、自らが囮となって危険な目に遭うこともあった。そしていつも明智の死の報に際し、泣き崩れる純情派的なところは、たまらない魅力だろう。続いて同じく名探偵明智の有能ブレーンのひとり、小林少年。これは「湖畔亭事件」まで出演していた柏原貴で決まりである。そして忘れてはならないのが荒井注演じる波越警部である。素っ頓狂でおとぼけ役が大当たり。明智なしでは到底真実を究明できないが、それでいて180度違う明智とは無二の親友である。
 また、全25作制作されたこのシリーズでは、奇妙にも同じ脇役が登場しているのだ。その豪華ぶりは他の追随を許さない錚々たるキャスティングだ。名優として君臨した岡田英二、西村晃、小池朝雄、高橋昌也、小坂一也、入川保則、牟田悌三、伊吹吾朗、荻島真一、蟹江敬三、草薙幸二郎、中尾彬、原田大二郎、中条きよしら。女性では奈美悦子、泉じゅん、中島ゆたかは複数回ブラウン管に登場し、欠かせない人物だった。その多くはもう亡くなられているか既に芸能界を引退しているのが残念でならない。また意外だが、当時人気抜群だったジャニーズアイドルグループ「フォーリーブス」の北公次と江木俊夫までもが出演していた。

 3 魅せられた美女たち

 毎回犯人役(文字通り魅せられた美女と五重塔の美女、黄金仮面シリーズを除く)として登場した。特に印象的なのは、浴室&エマニエルの美女で主演した夏樹陽子さんである。その妖艶な魅力は世の男性諸氏を虜にした筈だ。また、清純派の代表格、和服美人・叶和貴子さんの掟破りの大胆なヌード披露と艶めかしくベッドシーンで男と交わる熱演は、もはやドラマの域を逸脱していた。そして人気アイドルだった岡田奈々さんの悲劇的な結末。金沢碧と宇都宮雅代も二度、美女役を好演した。無論これ以外にも特筆したい女優はたくさんいるが、スペースの都合上、割愛させていただく。

 4 欠かせないお色気(入浴・絡み)シーン

 このシリーズではこれ抜きには語れないほど大事な視聴率アップのシーンだろう。ヒロインはもとより、犯人にとって邪魔な存在が、入浴中に暴漢に襲われて、ナイフでめった刺しにされ、血まみれで殺害されるシーンがことのほか多い。B級タレントは別として、ヒロイン役の女優では吹き替えを使っていたようだ。有名女優のおっぱいや乳首を見れてマジで嬉しく思っていた自分が情けない。このお色気シーンは、その後「水戸黄門」の由美かおる演じる「お銀」の入浴シーンに引き継がれていった感が否めない。

 5 今では笑える演出

 この作品の多くは、ジェームス三木脚本、井上梅次演出・監督という作品が多かったが、いくつか現実離れした笑えるシーンがあった。まず、明智が美女と面会した際、鼻の下を伸ばし、見とれてうつつを抜かしているところを助手文代が窘めるシーン。文代のやきもちがありありで好感が持てた。続いて「浴室の美女」で、志垣太郎が謎の笛の音を確かめるために大時計の穴に首を入れた途端、時計の長針と短針に挟まれ、首をはねられる危機に晒されるシーン。そして「黒水仙の美女」で江波杏子が見せたサーカスばりの「逆転トンボ返り」は大笑い。ネーミングも今となっては死語で、妙に古めかしく感じる。
 更に「白い人魚の美女」では、緑衣を身に纏った荻島真一がヘッドライトに浮かび上がる間抜けな影絵を演じたり、極めつけは黄金仮面。冷静に考えると、白昼あんないでたちで現れたら、即逮捕である。そのシリーズで、ビルとビルの間を綱渡りした吹き替え役の男性が明智に投げ飛ばされ「いててて・・・」と喚きながらマスクを剥がされるシーンもコミカルで笑えた。
 また、「地獄の道化師(なぜか白い乳房の美女)」でキャスティングボードを握るピエロの登場シーンで必ず流れたピッコロのような間が抜けたようなBGM。極めつけは、「天国と地獄の美女」で、伊東四朗と小池朝雄が叶和貴子を巡って取り合いとなり、血の池地獄と針地獄、硫酸の池が出てきて、明智が硫酸の池に落ちて消えていく場面と小池朝雄が飛び込み、串刺しで血を吐くシーン。凄惨なシーンでありながら、なぜか笑えた。加えて「禁断の実の美女」でレオナルド熊が椅子の中に入り込み、夜な夜な萬田久子を愛撫して自己満足する演出も滑稽だった。その2作前の「悪魔のような美女」あたりから、SMチックの内容に変貌し、当時高校生だった私には刺激が強すぎて、個人的には落胆させられた。

 6 悲しき犯行理由、そして犯人との対決、なぞ解きの妙

 「犯罪の影に女あり」というが、まさにこのシリーズは顕著に描いたと言える。そして先祖絡みで幼年時代の頃からの積年の怨恨を叩き込まれたり、哀れで悲しい境遇に導かれ、やむなく犯罪に手を染めていくといったストーリー展開が多かった。また、番組後半部の最大の見どころは、やはり明智のなぞ解きである。私が明智の推理で傑出していると思える作品は、「魅せられた美女」での待田京介との対峙である。「鼻もちならない気どり屋」とまで罵られながらも、最後は「逆手で勝負!」で見事に逆転勝利した。
 また、「桜の国の美女」での黄金仮面をジェラール警部だと見破り、更にもうひとつの仮面を剥がさせた大どんでん返しの卓越した推理力は、呆気にとられた。また、同じくラストシーンでヘリコプターでの逃亡を企てようとする黄金仮面(伊吹吾朗)に向かって懸命に説得する姿も圧巻だった。
 そして最後は、必ずと言っていいほど犯人役の美女が非業の死を遂げる。服毒・拳銃・飛び降り・そして壮絶だったのは叶和貴子の打ち上げ花火で爆死する最期だった。
 なぜか最後は死の間際、雁首を揃えたかのように、一様に明智に「好きでした」と告白をして死んでゆく。犯罪を暴かれていながら、好きにさせて死なせる、これはもうある意味「完全犯罪」である。

 7 変装・そしてマスク剥ぎシーン

 死んだと見せかけて相手を油断させ、事件現場に変装して現れ、ベストタイミングでマスクを剥いで正体を現し、相手の度肝を抜き堪忍させる。その鮮やかさと卓越した推理力の前に、もはや犯人に弁解の余地はなく、グウの音も出ない。そして事件の真相を暴き、事件解決へと導く。味方をも欺くその完璧な変装術は見るものを圧倒した。顔だけではなく、上に着ていた作業着などを引きはがすと、中にはスーツにネクタイ着用というスタイルもまたカッコ良すぎる演出だった。それはさしずめ水戸黄門の印籠的な役割があった。唯一、明智の変装を見破った黄金仮面(伊吹吾郎)と魔術師(西村晃)は見事であり、好敵手と呼ぶに相応しい人物だろう。

 どうです。懐かしく感じましたか?1970年代を彩った数々の名場面が脳裏に浮かびそうではありませんか?最後に私自身が選ぶマイベスト10を紹介して結びとしたい。

 1位 「浴室の美女」・・・私が初めて見た作品だったから。玉村妙子役の夏樹陽子さんに惚れた。

Bathroom2 Bathroom1

 2位 「桜の国の美女」・・・ご存知黄金仮面。明智が自他ともに認める好敵手。城が崎の門脇吊橋での対決シーンは語り草。伊豆・箱根が舞台。ダミーを仕立てたり、ラストのどんでん返しは圧巻!

Gold_mask Gold_mask2

 3位 「エマニエルの美女」・・・死刑台に張り付けられたり、絡みが濃厚で刺激的だった。三浦半島が舞台。夏樹陽子の体当たり演技だった。

http://www.youtube.com/watch?v=ErEqoLv5IQY

 4位 「天国と地獄の美女」・・・正月特番で時間枠延長で放送。叶和貴子が初登場だった。裸の女性たちが取り巻くハーレムのようなパノラマ島にそそられた。正月特番で放送時間延長して制作・放映された。

http://www.youtube.com/watch?v=znOrveAUH6k

https://www.youtube.com/watch?v=0aqPxda0qUA

 5位 「魅せられた美女」・・・棋士の兄(天知二役)を慕い、殺された悲劇のヒロインを岡田奈々が演じ切った。伊豆半島の伊東が舞台。

http://www.youtube.com/watch?v=YzbuJRv09fo

 6位 「黒水仙の美女」・・・悲しい生い立ちに秘められた犯行理由。サーカス出身の犯人が演じた「逆転とんぼ返り」の表現は古すぎ。黒いマスクで凶行に及ぶ。最後の時計台からの飛び降り自殺も壮絶。

Enami Kuro_2

 7位 「赤いさそりの美女」・・・宇都宮雅代が妖艶な役を大熱演。肌に入れ墨のように浮き出るサソリマークが色っぽかった。

http://www.youtube.com/watch?v=2v4_Mlt-9cw

 8位 「死刑台の美女」・・・かたせ梨乃が死刑台で下着を切り裂かれあと少しで処刑されるシーンに目を奪われた。三重渦状紋が犯行現場に残される。

http://www.youtube.com/watch?v=_YwGh9JA5p0

 9位 「五重塔の美女」・・・片平なぎさが好演。謎の祈祷師として霊媒するシーンは怖かった。エロ坊主の謀略は中学生の私には刺激が強すぎた。

Gojyu2 Gojyu1

10位 「宝石の美女」・・・田村高広が騙されて生きたまま棺桶に閉じ込められ、脱出した直後、髪が真っ白に変わったシーンは見ごたえ十分。

Houseki1_2 Houseki2

 次点 「白い乳房の美女」・・・この作品ほど犯行動機が悲しいものはない。想いを寄せる男に弄ばれた挙句に捨てられた女性が、道化師(「ピエロ)」に扮して、犯行を重ねる。最後は硫酸を被って、正体を隠したり、服毒自殺で最期を遂げた。最期の言葉が「地獄の道化師も愛が欲しかった・・・」。あまりにも辛くて切なすぎる結末だった。

http://www.youtube.com/watch?v=ILAm_-67BjA 

 もはや30年以上も前の作品になったが、今では全作品がDVD化され、再び見れるようになった。(実はほとんど持っているが・・・)嬉しい半面、昔の古き佳き時代の思い出が奪われてしまったようで、少し悲しい気もする。いずれにしても、1970年代のニューミュージック(シンガーソングライター)ブームや芸能界全般、そして世相を振り返った時に、この時代ほど未来に向かって希望に輝いていた時期は他にないように思える。私自身、中学高校とその多感な時期に華やかな世界に立ち会えて幸せだったとつくづく思う。

 この記事は2009年6月11日に公開しましたが、2013年2月4日(月)に画像や「YouTube」の動画を追記しました。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

福島県の天気


無料ブログはココログ