2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 懐かしいモノ大集合 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング準備篇~ »

2010年7月19日 (月)

本日の釣果(2010/7/19)

釣行記録

DATE :7月19日(月)海の日
TIME  :3:10~10:10(7H)
PLACE:小名浜「アクアマリンふくしま」北東角地
EFFECT:アナゴ3尾(25~34cm)・アジ3尾(15cm~17cm)・カタクチイワシ1尾(10cm)
COMMENT:夜明け前は濃霧で風が強く、思わず合羽を着こむほど肌寒かった。しかし、6時半以降はカンカン照りに。今日は「海の日」のイベントで、アクアマリン前には自衛隊の護衛艦の「しらゆり」といわき海星高校の実習船「福島丸」が入港。乗船&見学が可能だった。アクアマリンの駐車場は満杯で、人が大勢繰り出していた。私が釣り座として陣取った東北角地は、回遊魚パラダイスで、鰯の群れが留まるポイントらしい。昨日も200匹釣ったという地元のおじさんを始め、入れ替わり立ち替わりそのポイントで、私の目の前で4~5連鈴なりを連発。2~3人合計で150匹は釣っていた。イワシは小さいのだろうと見くびっていたら、ししゃもサイズで、結構大きかった。串に刺して並べて干していた地元のおじさんもいた。下の写真がそれである。しかし私も同様にロケットカゴで投げサビキをしたのに、なぜか私には全く来ない。ハリのサイズが12号と大き過ぎたのが原因らしい。そこで見かねたおじさんが、親切にも5号のサビキバリをくれたので、それで試したのだが、それでも駄目。「イワシは要らない」と強がりを言ってはみたものの、私も5連鈴なりを連発してみたかった。恐らくウキ下のタナが合わなかったのかもしれない。一応遊動で自動で調整で来ていたのだが・・・しかも爆釣していたおじさんに、大盛になるくらい大量のコマセまで貰ったのに・・・。摩訶不思議だった。しかし、当分そこでの爆釣は続きそうだ。私自身はイシモチ狙いで臨んだのだが、ぶっ込みは殆ど当たり無しの状態だった。8時以降は強い日差しが照りつけ、日焼けして腕がヒリヒリ痛い。ようやく今、水温が18度。やっとアジとイワシの回遊があるということは、これからワカシ・イナダが上がって来るだろう。ちなみに昨日はアクアマリンの排水溝付近で40オーバーのアイナメが釣れた模様。そして、この3連休は特別に「ららみゅう」の東側の堤防(現在工事中)を一般釣り客に開放していたようだ。車が立ち入っていた。そこはアイナメ、カレイ、イシモチが上がるポイントとして有名らしい。なお今回の釣行について、詳しいことは右上のサイドバー「ようこそ釣り天国へ」をクリックし、「釣行記2010」をご覧ください。

PHOTO:
P7191642 P7191643 

P7191652 P7191654

P7191658 P7191661

 ところで、小名浜の釣り師の方々は、皆優しい。気軽に話しかけてくれる。だから常に単独釣行の身の上ながら、全然寂しい思いをしたことはない。また、自衛隊の護衛艦を見る為にわざわざ郡山の富田町から来たという麦わら帽子のおじさんとも意気投合。北警察署近くにあるホームセンターの近くに住むご近所さんだった。そして7時間も海にいた割には、帰路に高速を使用したため、12時前には帰宅できた。炎天下30分で道具の洗浄及び片付けを完了した。何はともあれ、忙しさのあまり、自分の中で忘れかけていた釣りへの発想や感覚をここで再び取り戻せたのは大きい。負け惜しみではないが、実際、梅雨の集中豪雨などがあり、特に週末になると決まって天候不順だったし、例年より水温が上がらず、あまり釣果は芳しくなかったようだ。ここへきてイワシ爆釣の報告がJ屋のメールで届いていたが、その情報の正しさを今日の釣行で証明できた。今後、ワカシやイナダの回遊が始まり、その後、昨年は絶不調だったサバも回って来ることだろう。今後に期待したい。テロ防止を掲げて施行した改正SOLAS条約のために、小名浜近辺も釣り場がかなり制約された。実際3~7号埠頭、大剣埠頭、藤原埠頭、釜の前までもが釣り客シャットアウトの憂き目に遭った。現在竿を出せるのが、このアクアマリン先端と市場前T字埠頭、そしてボッコ灯台堤防くらいだ。実際には、ゴミを平気で捨てていく釣り客のマナーの悪さも一因らしい。お互いルールを守り、身の安全を確保した上で釣行したいものだ。

追記
昨年の5月GWに立ち上げて執筆を始めた当ブログ「時遊人SUZUのひとり言」だが、6年前に掲載を開始した「ようこそ釣り天国へ」 のアクセス数を抜いた。僅か1年2か月で5万7千件を越えた。改めてブロガーの皆さまに御礼申し上げると共に、今後とも変わらぬご愛顧をお願いします。

« 懐かしいモノ大集合 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング準備篇~ »

釣行記(余談)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしいモノ大集合 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング準備篇~ »

福島県の天気


無料ブログはココログ