2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« プロ野球「名試合・名勝負&名場面」 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング篇②~ »

2010年8月17日 (火)

ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング篇①~

 8月17日(火)晴れ

P8170001  朝5時起床。面丁を患い、さらにやや腰が重く湿布を貼る。急いで身支度を整え、5時28分に愛車で自宅を出発。実家に車を預け、最近病気が発覚した母親に駅まで送ってもらう。申し訳ない気持ちといつまで母親を頼るのか・・・。そして徐に軍資金一万円を渡され、最初拒むが、一度言って引っ込める母親ではない。仕方なくお土産を買うことと、このお金は使わずに、貯金しておくことで受け取る。駅前アーケードで車から降り、そこで母と別れ、ローソンでペットのお茶とおにぎりを購入する。325円。そして駅構内へ。2Fの改札にはすでに50人以上が列を成していた。やはりUターンラッシュの余波だろう。6時に自動改札が動き、初めて使うホームへ。そしてこれも初めての「なすの260号」へ乗り込む。いつも2列シートの窓際を確保。始発なので余裕。8号車の自由席に乗った。6時16分に郡山を発って、宇都宮に6時57分到着。ここからはほぼ満席に。大宮に7時31分に到着。金色のロケットの構造物がいつも妙に感じる。そして霞がかかった中を列車は東京方面へ分け入る。新宿や池袋の高層ビルが見える。東側は朝日のせいでシェードを降ろしている乗客だらけで、東京スカイツリーを拝むことは出来なかった。そして東京駅に7時56分、定刻に滑り込んだ。すぐに山手線に乗り換え、田町駅で下車した。そしてコインロッカーを探し、1Fのロッカーにキャスターバッグを預けた。400円。そして入学式以来となる道順を人の波に身を任せ歩き、8時22分に大学の門をくぐった。未だに工事中なので、迂回するのに手間隙食った。8時30分に2Fの526号教室へ。東京駅から教室までやはり33分かかった。何と教室には冷房が入っていた。東京は前日38度を超える猛暑だったので、これは天の助けだった。午前中は「マスコミュニケーション論」を1時間40分の講義をふたコマだった。しかし、購入したテキストと違う書籍を教科書として使用する肩透かしに見舞われた。だから必死でメモをとった。そしてさすが天下に名を轟かせるK大のことはあって、学生はみな博学であり、質問の嵐で予定時間をオーバーしてしまった。そして12時20分で午前の講義が終了した。誰かに話しかけて仲良くなりたかったが、そんな余裕すら与えられず・・・。昼食は是が非でも学食で摂りたかった。有名女子アナも食事をしたであろう学食を体験したかったのだ。メニューはやはりボリュームがあって安かった。ビュッフェスタイルで、鶏肉とハンバーグポテトのセットにサラダ、豚汁、ミニライス、ペット茶で合計737円だった。座席は外国人の隣に。通学課程の学生と思しき一団が目の前に。やはりK大の学生は美人揃いだった。そして残り20分となったところで、通信制の掲示板を見に第一校舎へ足を運んだところ、101号室でスクーリングで使用するテキストを運良く販売していた。神田まで行こうかと思っていただけにこれはラッキーだった。係りのお姉さんと天気の話題を話しながら「ジャーナリズムとメディア言説」という3,885円もするテキストを購入した。想定外の高い出費だったが、これで引け目を感じずに講義に集中できる。

P8170002 13時20分からは午後の講義だった。1Fの517号室が会場だった。T教授の講義は、参加型で、廊下を巡回し、マイクを向けてさまざまな質問を学生にぶつけてくる。恐ろしい。ドキドキものだった。これはほとんどテキストを使用せず。一方的に教授が自分の研究分野を学生に披露し、一緒に考えるというスタイルのものだった。これも首尾よくこなし、冷房病と闘いながら、何とか16時50分まで持ちこたえた。教室の写真は人目を気にして撮れなかった。帰りは往路と異なる門から出た。これが東門といって赤レンガの伝統と格式を感じる大きな門だった。明日以降写真を撮りたい。17時10分に田町駅でコインロッ カーから荷物を取り出し、160円で切符を購入し、京浜東北線に乗る。3つ目の大森が本日の宿泊地だった。17時25分に大森駅に降り立ち、17時35分にカプセルホテルみづほへ。近代的できれいな外観に安堵した。チェックインの時点で毎回清算らしい。3,600円、楽天カードで支払う。しかも朝食無料券とドリンクサービス券もついている。館内は土足厳禁。カプセルとロッカーの使い方がわからなくて右往左往するも、着替えとか慣れればどの時点ですればいいのか要領を得そうな感じだ。カプセル番号は2092号。すぐ5Fの大浴場へ。ここはとにかく広い。大理石調の湯船が2つ、サウナも2つある。そして上下のガウン、ヒゲ剃り、歯ブラシ、タオル、バスタオル、シャンプー、P8170006ボディーソープなどすべて揃っている。トロン湯が名物のようだ。サウナも蒸し暑くない50℃。18時5分まで入っていた。その後、館内を散策。4Fのレストランの隣では、マッサージチェアが使い放題。30分以上、腰と両肩をマッサージした。大画面テレビで興南対仙台育英の生中継を見た。そして3Fにインターネットルームがあることを確認した。カプセルはTVが見れる。しかもアダルトチャンネルまで無料。そして着替えて外へ。18時55分に、自宅でネット検索で予め当たりをつけていた飲み屋があった。本日は赤い看板が目印の「いかり亭」という居酒屋へ。バイトの女の子4人が全員中国人で、「シンちゃん」が飛び切り可愛かった。ここでは、中生、かんぴょうのお通し、まぐろの刺身、冷奴、ししゃも、イカゲソ揚げを飲んで食べて、20分ほどで完食。1,630円だった。もしかして勘定を間違えた?でも満足だった。明日は違う店を開拓したい。19時20分にはホテルへ戻る。そして着替えた後に、3Fのインターネットスペースで、この記事を打った。15分100円で、つい500円分やってしまった。その後、21時10分以降レストランでドリンク無料券を使い、ウーロン茶をタダ飲み。夜はMチャンネルを見すぎて夜中まで起きてしまったが、とにかく居心地がよく、ぜひお勧めしたいホテルだ。

 本日の支出11,237円。

P8170003 P8170004 P8170005

« プロ野球「名試合・名勝負&名場面」 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング篇②~ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球「名試合・名勝負&名場面」 | トップページ | ドキュメンタリー45歳の挑戦~スクーリング篇②~ »

福島県の天気


無料ブログはココログ