2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ドキュメンタリー46歳の挑戦~1年間の費用篇~ | トップページ | 東北地方出身の有名人 »

2011年4月 5日 (火)

TVのオープニングナレーション

 かつて一世を風靡し、語り草になっているラジオ番組の名ナレーションがあった。独特の低い美声で数多くの洋画の吹き替えを担当し、様々なジャンルのナレーションを担当して、人気の高かった城達也。彼の看板番組「ジェットストリーム」は深夜零時の夜のしじまに、心地よい夢想体験を奏でてくれた。また、水戸黄門や時代劇でお馴染みだった故・芥川隆行もまた名ナレーターだった。また、ジャンルを問わず、1970年代から2000年頃まで頻繁に登場したのは、「機関車トーマス」が代表作の森本レオだった。彼の切々とした素朴な呟きとも思えるような語りは人々の心に癒しをもたらした。最近では「プロジェクトX」で、あの独特とした語り口調が人気を博した田口トモロヲもいる。

 しかし、テレビドラマやドキュメンターリー番組では、必要不可欠な存在でありながら、あまり職業としての地位は確立されていない部分である。基本的にナレーターという仕事は、常に日の当たらない陰の存在であり、決して目立っては行けない。黒子に徹する立場で、普段は脚光を浴びることはないのだが、今回はあえてそこにスポットを当てたい。ここ数年アキバ革命があって以降、人気アニメの影響で声優になりたいという若者は増加しているらしい。名探偵コナンの江戸川コナンの声を担当している人気声優の高山みなみさんでも、「忍たま乱太郎」の乱太郎や「魔女の宅急便」のキキ、「ポケモン」のヒロシの吹き替えを掛け持ちでやって、やっと生活できるほどらしく、成功する人は一握りしかいないそうなのだ。それに顔が見えないだけに、声が命。声質、高低、発声、発音、訛りなどに神経を尖らせ、視聴者を不快に思わせてはいけない。今回は、そんな縁の下で、陰の活動を賞賛しつつ、時代を彩った名ナレーションを紹介したい。

 仮面ライダー・・・ナレーションは中江真司

 「仮面ライダー本郷猛は改造人間である。彼を改造したショッカーは世界征服を企む悪の秘密結社である。仮面ライダーは人間の自由のために、ショッカーと闘うのだ!」
 2号ライダーは、本郷猛の部分を一文字隼人と置き換えただけ。

 仮面の忍者  赤影・・・ナレーションは山口幸生・玄田哲章

 「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に金目教という怪しい宗教が流行っていた。それを信じない者は恐ろしい祟りに見舞われるという。その正体は何か。藤吉郎は金目教の秘密を探るため、飛騨の国から仮面の忍者を呼んだ」。その名は、「赤影参上!」
 「野望渦巻く戦乱の世にあって、自由と平和を守るために、敢然と悪に立ち向かう、仮面をつけた忍者がいた。」

 超人バロム1・・・ナレーションは田中信夫

 「バロムとは正義と友情のエネルギーを表し、ドルゲとは地球の平和を乱す悪をいう。超人バロム1は、バロムクロスで変身するのだ。」

 北斗の拳・・・ナレーションは銀河万丈
 
 「199X年、地球は核の炎に包まれた。あらゆる生命体は絶滅したかに見えた。しかし、人類は死に絶えてはいなかった。」
 
 ルパン三世・・・ナレーションは山田康雄 

 俺の名はルパン三世。かの名高き怪盗ルパンの孫だ。世界中の警察が俺に血眼。ところが、これが捕まらないんだなぁ。まあ自分でいうのはなんだけど、狙った獲物は必ず奪う神出鬼没の大泥棒、それがこの俺、ルパン三世だ。
 次元大介、俺の相棒。早撃ち0.3秒のプロフェッショナル。クールなガンマン。その上義理堅く頼りになる男。
 十三代目石川五右エ門。古の大泥棒、石川五右エ門の末裔。居合抜きの達人。何でも真っ二つにしちまう、怒らせるとこわーい男。
 銭形警部。御存知銭形平次の子孫。警視庁の敏腕警部。俺を捕まえるのを生き甲斐とする、俺のもっとも苦手なとっつぁんだ。
 謎の女、峰不二子。女盗賊か女スパイか、この俺にもわからない謎の女。いつもひどい目に遭うが憎めないんだなぁ。おらぁカワイコちゃんには弱いからねぇ。
 さてさて、これら一癖も二癖もある連中に囲まれて、(今週は)どんな事件を巻き起こしてやろうかな。

 サスケ・・・ナレーションは藤田久

 光あるところに影がある。まこと栄光の陰に数知れぬ忍者の姿があった。命を賭けて歴史を作った影の男たち。だが人よ、名を問うなかれ。闇に生まれ闇に消える、それが忍者のさだめなのだ。「サスケ、お前を斬る!」

 Gメン’75・・・ナレーションは芥川隆行

 「ハードボイルドGメン'75。熱い心を強い意思で包んだ人間たち」

 スクール☆ウォーズ・・・ナレーションは芥川隆行

 「この物語はある学園の荒廃に戦いを挑んだ熱血教師達の記録である。 高校ラグビー界においてまったく無名の弱体チームが荒廃の中から健全な精神を培い、わずか数年で全国優勝を成し遂げた奇跡を通じて、その原動力となった信頼と愛を余すところなくドラマ化したものである。」

 大空港・・・ナレーションは神太郎

 「そこには人の出会いがあり、別れがある。人生の始まりがあり、終わりがある。そして、時に、さまざまな人間の思惑が渦巻き、犯罪が侵入し、また脱出しようとする。これは、その大空港と大空とを、命を賭けて守る男たちの物語である。」

 大都会・・・ナレーションは小林清志

 「1977年、東京都。人口1168万。警視庁警察官、40267人。犯罪発生件数、209000件。
犯罪検挙率、88%。」この小林清志さんは「ルパン三世」の次元大介の声を担当している方である。

 特捜最前線・・・ナレーションは中江真司

 <第53話以降> 
 「天に、地に、絶える事無き犯罪に、ひたすら戦いを挑む時、多くは語らない。彼ら最前線の男達。 愛と死と、憎悪が渦巻くメカニカルタウン。非情の犯罪捜査に挑む、心優しき戦士達。彼ら特捜最前線。」

 花のあすか組

 大人たちが太平の天下をむさぼっている時、少女たちは今戦国時代に突入していた。全国の裏番長の連合組織「全中裏」による恐怖と暴力の支配が開始され、すでに全国の8割の中学がその手中に収められたのだ。しかしただ一人その邪悪なる野望を打ち砕かんとする少女がいた。その名は九楽あすか。
「あすか組見参!」

 坂の上の雲・・・ナレーションは渡辺謙

 まことに小さな国が、開化期を迎えようとしている。四国は、伊予松山に三人の男がいた。 この古い城下町に生まれた秋山真之は、日露戦争が起こるにあたって、勝利は不可能に近いと言われたバルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、それを実施した。
 その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し、史上最強の騎兵といわれるコサック師団を破るという奇跡を遂げた。
 もう一人は、俳句、短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて、その中興の祖となった俳人・正岡子規である。
 彼らは、明治という時代人の体質で、前をのみ見つめながら歩く。登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂を登っていくであろう。

 新・ハングマン

 「ハングマン諸君、今この国は豊かである。枝もたわわに果実を付けた大木のように栄えている。しかし、果実の中には腐った実もある。
ハングマン諸君、すえた匂いを放つ果実が大木そのものを枯らさぬうちに、人知れず摘み取って欲しい。但し、枝一本、葉一枚動かしてはならない。蝉時雨が降り注ぐ、庭を見ながら…ゴッド。」

 西遊記・・・ナレーションは芥川隆行

 「昔むかし、この世に人間が現れる遥か前、世界は天も地もひとつになり、どろどろと溶岩のように漂い流れておりました。やがてそれが少しづつ固まり、4つの大陸ができました。その中の一つ、東勝身洲の一部に山がありました。その名を花果山と言います。その後、何万年経ったことでしょう、この花果山に不思議な石が生まれました。石から生まれたこの卵は、まるで霊魂でも宿っているかのようです。そして、ある嵐の夜……」

 男はつらいよ・・・ナレーションは渥美清

 「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎。
人呼んで、フーテンの寅と発します。」

 必殺シリーズ・・・ナレーションは芥川隆行

 必殺仕掛人
 「はらせぬ恨みをはらし、許せぬ人でなしを消す。いずれも人知れず、仕掛けて仕損じなし。人呼んで仕掛人。ただしこの稼業、江戸職業づくしには載っていない。」

 必殺仕置人
 「のさばる悪をなんとする。天の裁きは待ってはおれぬ。この世の正義もあてにはならぬ。闇に裁いて仕置する。南無阿弥陀仏。 仕置き、法によって処刑することを江戸時代こう呼んだ。しかし、ここにいう仕置人とは、法の網をくぐってはびこる悪を裁く、闇の処刑人のことである。ただし、この存在を証明する、記録、古文書の類は一切残っていない。」

 必殺仕事人
 「一掛け、二掛け、三掛けて、仕掛けて殺して日が暮れて、橋の欄干腰おろし、はるか向こうをながむれば、この世はつらぁいことばかり。片手に線香、花を持ち、おっさん、おっさん、どこ行くの。私は必殺仕事人、中村主水と申します。」
「それで今日は、どこのどいつを殺ってくれと、おっしゃるんで」

 新必殺仕事人・・・ナレーションは古今亭志ん朝

 「世の中は、行くな戻るな居座るな、寝るな起きるな立つな座るな、生麦生米生卵、ドジョウにょろにょろ三にょろにょろ、合わせてにょろにょろ六にょろにょろ。尻尾押さえりゃ頭が逃げる、頭押さえりゃ尻尾がはねる。とかくこの世は悪党ぞろい、悪人ひょこひょこ三ひょこひょこ、四ひょこ五ひょこ六ひょこ七ひょこ八ぴょこ九ひょこ十ひょこええい面倒くせい! 殺っちめえ!」

 必殺渡し人・・・ナレーションは佐藤慶

 「昔から、悪の栄えたためしはないと、世の例えには言うけれど、どうやらそうではないらしい。山のあなたの国々も、悪が栄えているという。わからないことばかりだが、わかっていることただ一つ、許せぬ悪を消すことだ。この世とあの世の境の場所に、舟を浮かべて待っている、三途の川の、渡し人。」

 長七郎日記・・・ナレーションは黒沢良  

 「四代将軍家綱の治世、将軍の従兄弟にあたる一人の男が自由闊達に世を生きていた。駿河大納言忠長卿の忘れ形見、松平長七郎長頼である。」

 大江戸捜査網・・・ナレーションは黒沢良

 「隠密同心-それは旗本寄合席内藤勘解由に命を預け、人知れず人生の裏道を歩かねばならぬ宿命を、自らに求めた者たちである。極悪非道の悪に虐げられ、過酷な法の冷たさに泣く大江戸八百八町の人々を、ある時は助け、励まし、またある時は影のように支える彼ら。だが、身をやつし姿を変えて敢然と悪に挑む隠密同心に、明日という日はない。」

 鬼平犯科帳・・・ナレーションは中西龍

 「いつの世にも、悪は絶えない。その頃、徳川幕府は、火付盗賊改方という特別警察を設けていた。凶悪な、賊の群れを容赦なく取り締まるためである。独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそが、長谷川平蔵、人呼んで鬼の平蔵である。」

 笑ゥせえるすまん・・・ナレーションは大平透

 「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせえるすまん。ただのセールスマンじゃございません、私の取り扱う品物は心、人間の心でございます」
ハーハッハッハッ…
「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかりそんなみなさんの心のスキマをお埋め致しますいいえお金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。さて今日のお客様は…ホーホッホッホ…」

 機動戦士ガンダム

 人類が増え過ぎた人口を宇宙に移民させる様になって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を生み、育て、そして死んでいった。
 宇宙世紀0079、地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。この一ヶ月余りの戦いでジオン公国と連邦軍は総人口の半分を死に至らしめた。人々は自らの行為に恐怖した。

 名探偵コナン・・・ナレーションは高山みなみ

 「たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人。その名は、名探偵コナン!」

 <海外のドラマ>

 宇宙大作戦

 「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには、人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは、人類最初の試みとして、5年間の調査飛行に飛び立った、宇宙船USSエンタープライズ号の、驚異に満ちた物語である。」

 新スタートレック

 「宇宙、そこは最後のフロンティア。これは、宇宙戦艦エンタープライズ号が、新世代のクルーの下に、二十四世紀において任務を続行し、未知の世界を探索して、新しい生命と文明を求め、人類未踏の宇宙に、勇敢に航海した物語である。」

 スパイ大作戦

 「実行不可能な指令を受け 頭脳と体力の限りを尽くしてこれを遂行する プロフェッショナル達の秘密機関の活躍である。」

 スーパーマン

 弾丸よりも速く、機関車よりも力は強く、ビルディングなどはひとっとび。
「なんだあれは!」「鳥だ!」「ロケットよ」「あ、スーパーマン!」
 そうです、スーパーマンです。遠い星から地球にやってきた奇跡の男。人間の能力をはるかに超えたスーパーマン。川の流れを変え、鋼鉄をひねるぐらいは朝飯前。彼はクラーク・ケントと名乗って正体を隠し、メトロポリスの新聞社デイリー・プラネットの記者となって、正義と真実を守るため、日夜戦い続けているのです。

 スパイ大作戦

 「実行不可能な指令を受け、頭脳と体力の限りを尽くしてこれを遂行する、プロフェッショナルたちの、秘密機関の活躍である。」

 奥様は魔女 

 「奥さまの名前はサマンサ。そして…旦那さまの名前はダーリン。ごく普通の二人はごく普通の恋をしごく普通の結婚をしました。でもただ一つ違っていたのは…奥さまは魔女だったのです。」

 ナイトライダー

 ナイトライダー。陰謀と破壊と、犯罪の渦巻く現代に甦る正義の騎士。ドリームカー・ナイト2000と共に、法の目を逃れる犯罪者たちを追う若きヒーローマイケル・ナイト。人は彼をナイトライダーと呼ぶ。デボン・シャイアー。マイケル・ナイトのよき理解者。
 エイプリル・カーチス。ナイト2000のメカニック担当。巨大な悪に立ち向かう現代の騎士ナイトライダー。今日、彼を待ち受けるものは、果たして誰か。

 サンダーバード

 「これは、スーパーメカ・サンダーバードで、世界中の人々の命を救う、国際救助隊の物語である。」

 如何でしたか?懐かしい番組が目白押しだったのでは?こうして見ると、一番多いのは時代劇である。特に「必殺シリーズ」は毎回、オープニングナレーション付き。そしてテレビドラマは、大映テレビ制作・TBS放送の番組に多かった。そしてナレーションの分野を確立し、草分けあるいは第一人者として活躍したのは紛れもなく芥川隆行氏である。彼の穏やかな声は今でも耳に残っている。特に覚えているのは「水戸黄門」の「・・・した水戸老公・・・」というセリフ。確かに押しも押されもしない名ナレーターだった。最後に、彼の功績を讃えるために、彼の経歴を紹介して結びとしたい。
 
 <芥川隆行>

 慶應義塾大学法学部を卒業後、1951年にTBSのアナウンサーとして入社。1960年に退社し芥川企画を立ち上げナレーターに転向。1961年から放映された「新撰組始末記」で、番組の最後のほうで三橋美智也による主題歌をバックにしてのナレーションで当時の視聴者に強烈な印象を与え、同時に出世作となった。TBS『ナショナル劇場』、『兼高かおる世界の旅』や『キイハンター』、『西遊記』、『Gメン’75』、『必殺シリーズ』、『スクール☆ウォーズ』、『三匹が斬る』、『木枯らし紋次郎』など、ドラマのナレーションを中心に活躍。黄桜のCMでのナレーションも長期に亘り務めていた。ラジオ日本では演歌専門番組『芥川隆行の演歌だヨ!』と『芥川隆行演歌ひとすじ』のパーソナリティーを務めた。イントロに独特の語りをいれる「ナレーション演歌」は好評を博し、番組の名物となった。1980年終わりから1990年初頭はラジオ日本に朝から晩まで番組・コーナーを数多く持ち、同局の顔となった。1990年10月2日、肺ガンで死去。享年71。『スクール・ウォーズ2』の前半4話分が遺作となった(第5話以降のナレーションは城達也が務めた)。

 彼は私にとって、大学も学部も同じ大先輩ということになる。残念ながら、もうお亡くなりになっているが、幼少の頃にテレビを見ていて、彼の声を聞かなかった日はないと思う。彼の偉業は、今日のナレーションの世界に大きな足跡と財産を遺したと言えるだろう。

 なお、今回参考にしたテレビドラマ等の「オープニングナレーション」に関するサイトは以下の通りです。ご覧になりたい方は下をクリック!

 http://page.freett.com/wormhole/op_index.html

 記事作成:3/31(木)
 

 
 

« ドキュメンタリー46歳の挑戦~1年間の費用篇~ | トップページ | 東北地方出身の有名人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

本ブログ初めて拝見させて頂きました。個人的に、ナレーションに関するこのブログ記事、感銘致しました。できれば自分のSNSにシェア等したいのですが、お許し頂けないでしょうか?

・・・・ Suiki0312さん、コメントありがとうございました。シェアしても構いませんが、当ブログは昨日付の記事でお知らせしました通り、来年の4月27日を最後に容量満杯のため、閉鎖することにしました。それまでの間であれば、OKです。なお、リンクしました動画は、私が動画サイトへアップしたものではありませんので、予告なく削除される場合がりますのでご容赦ください。
 また、著作権についても当方では掌握しておりませんので、ご承知の上でお願いします。(SUZU)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドキュメンタリー46歳の挑戦~1年間の費用篇~ | トップページ | 東北地方出身の有名人 »

福島県の天気


無料ブログはココログ