2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 尾道てっぱん紀行③ ~釣り・お好み焼き・帰路~ | トップページ | 尾道てっぱん紀行⑤ ~ロケ地検証~ »

2011年8月12日 (金)

尾道てっぱん紀行④ ~写真館~

   興奮と熱が冷めやらぬ状態だが、此の度の尾道2泊3日弾丸ツアーは夢のようだった。この経験は生涯忘れないことだろう。今日は第4弾として、昨日までの3回分のブログ紀行文では、掲載し切れなかった残りの写真を紹介したい。何せ、デジカメで500枚以上もシャッターを切り、動画撮影も行った。これをここでお見せしない手はないだろう。私自身は、学生時代は時間が有り余っていたので、旅行後、紀行文の執筆で、毎回100ページ以上の大作を完成させたものだが、今はブログと言う有り難い記録方法がある。それでは、今回の尾道旅行の一部始終をご覧ください。

 初日(8/9撮影分)

 夜の尾道の風景(土堂突堤と中央商店街、尾道駅)

P8090034 P8090036

P8090039 P8090047

夕食はホテル1Fレストラン「きたまえ」で。ルームキー番号は「628」

P8090051 P8090054 

 α1はシングルルーム6,050円で翌朝の朝食バイキング付き。インターネット兼用の地デジでとても使いやすい。

 2日目(8/10撮影分)

  朝の海辺の風景

P8100064 P8100065

P8100066 P8100076

P8100075 P8100079

P8100084 P8100092

2日目の宿・尾道ロイヤルホテルと定演の荷物運搬口として使われた公会堂駐車場

P8100093 P8100098

坂の途中で見かけた猫の案内板と天寧寺三重塔からみた風景

「ここから見える街の灯りが幸せそうじゃ言うて『あかり』と付けたんよ」

P8100115 P8100118

 天寧寺三重塔とあかりが自転車で下りた北門の小道

P8100125 P8100129

 国道2号線と山陽本線を行く貨物列車

P8100132 P8100133

 林芙美子の故郷だけあって銅像多数 尾道一高(土堂小学校)

P8100136 P8100138

 音楽室や屋上は度々登場、正門前の石段は卒業式のシーンで使用

P8100146 P8100149

ホテルα1近くの欽也と鉄平が訪れたお好み焼き屋とあかり・加奈・鉄平が話をした場所

(大阪大阪って何回言う~、何か悪いこと言った?鉄平からするめの干物を渡される)

P8100158 P8100166

あかりがトランペット拾うために飛び込んだ堤防(土堂1丁目・からさわの向かい側)

P8100169 P8100170

ドラマに何度も登場した尾道渡船と向島側の船着き場(アーチは撤去されていた)

P8100177 P8100184

向島から見た風景(市役所・公会堂と尾道ロイヤルホテルを望む)

P8100188 P8100190_2 

 尾道渡船の乗り場から見える本州側の山並み

P8100193

 「村上鉄工所」として使われた「新栄機工」

P8100203 P8100208

 向島から見た風景(鉄と造船の街とひと目でわかる)

P8100205 P8100206

 千光公園の鼓岩(ポンポン岩)の周辺(放送初期の頃によく登場)

P8100237 P8100238

横から見たポンポン岩と浄土寺前の参道(ここをあかりが自転車で走った)

P8100239 P8100244

 御袖天満宮に隣接した大山寺の鐘楼(あかりと同じポーズ)

P8100266 P8100276

あかりと同じく鐘に頭を突っ込んでみた。足を吊った国道2号線沿い

P8100282 P8100294

 渡船の風景(しまなみ号と運航&料金表)

P8100299 P8100300

海岸線沿いの風景(チェック柄のお洒落防波堤と突堤からみた景色)

P8100306 P8100308

 最終日(8/11撮影分)

ホテル前の住吉神社と釣り場

P8110328 P8110331

定期演奏会の舞台となった公会堂と釣り場

P8110341 P8110344 

ロープウェイ乗車中から見える車窓

P8110357_2 P8110360

展望台からみたしまなみ海道とポンポン岩の坂道(ドラマで複数回登場)

P8110376 P8110402

 天寧寺三重塔(隆円が住職でちはるさんの墓がある設定)

P8110422 P8110426         

天寧寺の境内から見た尾道の風景(理屈抜きで美しい・・・)猫の町としても有名

P8110427 P8110440

 真骨頂が坂の町・尾道と天寧寺の言われ

P8110442 P8110444

 板書きしてあったありがたいお言葉と鐘楼門

P8110447 P8110449

 絵のまち通りと「てっぱん」の小道具(偶然出会ったお宝たち)

P8110451 P8110453

 お好み焼き屋の風景(至福のひととき・・・)

P8110471 P8110475

P8110488 P8110493

 偶然見つけた店の名前は尾道でも有名な「手毬(てまり)」だった!

P8110494 P8110497

最後の訪問地はやっぱり土堂突堤・・・ここがすべての始まりの地

石川県の尼御崎の海岸線

P8110499 P8110517

 以上が本編で掲載できなかった写真だ。他にもあるが、今回はこれらを選りすぐって掲載させて貰った。さて、次回は「尾道てっぱん紀行」の締め括りとして朝の連続テレビ小説「てっぱん」で登場した主な撮影場所と今回訪れた場所を比較検証してみたい。

 記事作成:8月12日(金)      

« 尾道てっぱん紀行③ ~釣り・お好み焼き・帰路~ | トップページ | 尾道てっぱん紀行⑤ ~ロケ地検証~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾道てっぱん紀行③ ~釣り・お好み焼き・帰路~ | トップページ | 尾道てっぱん紀行⑤ ~ロケ地検証~ »

福島県の天気


無料ブログはココログ