2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« フラガールロケ地探訪といわき周辺釣り場ルポ | トップページ | 私が好きだったCM② »

2011年11月14日 (月)

著名人が眠る霊園スポット

 今日は新聞の休刊日だったことで、PCのヤフーニュースに掛かり付けであった。すると、今、「墓マイラー」なる人々で霊園が賑わいを見せているという。ところで「墓マイラー」ってなんだ?まずはそこから説明しなければなるまい。流行語大賞を狙った新しい造語か?と思いきや、これは歴史上の人物や有名作家、政治家、芸能人が眠る、東京都内の霊園を散策して歩く新手のウォーカーを差すのだそうだ。確かに都内には、そうした著名人が眠る悠久の里は、雑司ヶ谷墓地や青山墓地、増上寺など数多く点在している。

 記事によれば、都立雑司ケ谷霊園(豊島区南池袋)は1874(明治7)年開設された由緒正しき歴史的な墓地だが、約10万6000平方メートルの敷地に約9000の墓がある。この中に夏目漱石をはじめ、永井荷風、竹久夢二、泉鏡花、ジョン万次郎ら歴史上の人物の墓が並ぶ。週末になると、中高年の夫婦や20代の若者らが霊園を訪れる。管理事務所によると「先人が残した小説や絵を見て、霊園に来る人が多いようです」という。江戸、明治、大正、昭和--。異なる時代を生きた偉人らが同じ空間にいる。何とも不思議な場所である。死んでもなお彼等の残した偉大な功績や足跡に触れようと、墓地までもが人気スポットになる現代の風潮、そして風情は何と表現すればいいのだろう。死者の魂を冒涜する意図など毛頭ないが、まずはそんな方々のために、誰がどこに永眠しているのか、そこから紹介したい。

 雑司ヶ谷霊園(豊島区南池袋) 作家・芸能・文豪に多い

 ジョン万次郎、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)、夏目漱石、島村抱月、竹久夢二、泉鏡花、東條英機、永井荷風、サトウハチロウ、東郷青児、大川橋蔵、金田一京助、川口浩、いずみたく、江戸家猫八、尾上菊五郎、三益愛子など

Koizumi Natsume Toujyo

 青山墓地(港区南青山) 政府要人が多い

 秋月悌次郎、池田勇人、市川団十郎、犬養毅、大久保利通、大鳥圭介、尾崎紅葉、北里柴三郎、国木田独歩、黒田清隆、小村寿太郎、斎藤茂吉、志賀直哉、中江兆民、中村歌右衛門、中村吉右衛門、乃木希典、浜口雄幸、松方正義、宮田輝、宮本百合子、森有礼、吉田茂など

Ohkubo Shiganaoya Nogi

 小平霊園(小平市・東村山市・東久留米市)

 有吉佐和子、佐分利信、壺井栄、徳田秋声、野口雨情、伊藤整、宮本百合子

 多磨霊園(府中市・小金井市)

 赤尾好夫、有島武郎、浅沼稲次郎、石坂洋次郎、上原謙、内村鑑三、江戸川乱歩、岡田嘉子、大岡昇平、大平正芳、岡本太郎、菊池寛、北原白秋、久和ひとみ、児玉源太郎、西園寺公望、斎藤実、鈴木梅太郎、ゾルゲリヒアルト、田山花袋、ディックミネ、東郷平八郎、朝永振一郎、東野英治郎、東野英心、中島敦、小坂一也、新渡戸稲造、長谷川町子、濱口庫之助、坂東玉三郎、堀辰雄、松平勇雄、三島由紀夫、美濃部達吉、向田邦子、山本五十六、山田康雄、横光利一、与謝野鉄幹・晶子、吉川英治、遠藤周作など

Edogawa Tohno Mishima

 増上寺(港区芝公園)

 徳川家の菩提寺として有名。徳川将軍15代のうち、6人(秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂)が葬られている。

 泉岳寺(港区高輪)

 大石内蔵助、大石主税、堀部安兵衛ら赤穂四十七士

Ohishi Akouroushi

 その他著名人の墓の所在

 佐藤栄作・・・ 築地本願寺和田堀廟所
 大隈重信・・・護国寺
 田中角栄・・・刈羽郡西山町 田中邸内
 原 敬・・・盛岡市南大通2丁目 大慈寺
 鳩山一郎・・・谷中霊園

Sato Tanaka Hara

 明智光秀・・・大津市 西教寺
 上杉謙信・・・上越市中門前 林泉寺 米沢市御廟1丁目 米沢藩主上杉家墓所
 豊臣秀吉・・・京都市東山区今熊野北日吉町 豊国廟
 伊達政宗・・・仙台市 瑞風殿
 福島正則・・・京都市右京区花園大藪町 妙心寺
 武田信玄・・・塩山市塩山市 小屋敷 恵林寺  設楽町 福田寺
 徳川家康・・・静岡市根古屋 東照宮

Hideyoshi Shingen Ieyasu

 坂本龍馬・・・京都市東山区下河原町 護国神社 霊山墓地
 沖田総司・・・港区六本木7丁目 専称寺
 高杉晋作・・・萩市 東行庵 京都市東山区下河原町 護国神社 霊山墓地 
 服部半蔵・・・新宿区若葉2丁目 西念寺
 土方歳三・・・北区滝野川7丁目新撰組墓所 日野市石田石田寺 函館市船見町称名寺

Sakamoto Takasugi Hijkatatosizou  

 足利尊氏・・・京都市北区等持院北町 等持院
 源頼朝・・・鎌倉市西御門 鶴岡八幡宮そば
 武蔵坊弁慶・・・西磐井郡平泉町 中尊寺
 北条政子・・・鎌倉市扇ヶ谷 寿福寺
 宮本武蔵・・・熊本市龍田町 泰勝寺跡

 芥川龍之介・・・豊島区巣鴨5-37-35 慈眼寺
 井伏鱒二・・・港区北青山2丁目 持法寺
 太宰治・・・三鷹市下連雀4丁目 禅林寺
 松本清張・・・八王子市 富士見台霊園
 横溝正史・・・川崎市多摩区南生田8丁目 春秋苑墓地
 古賀政男・・・築地本願寺和田堀廟所

Akutagawa Dazai_osamu Matsumoto

 狩野永徳・・・江東区平野2丁目 浄心寺
 葛飾北斎・・・台東区元浅草4丁目 誓教院
 千利休・・・堺市南旅篭町 南宗寺 京都市北区紫野 大徳寺 
 松尾芭蕉・・・大津市馬場 義仲寺
 喜多川歌麿・・・世田谷区北烏山4丁目 専光寺

 松下幸之助・・・和歌山市千旦 和佐遊園内
 本田宗一郎・・・御殿場市深沢永尾 冨士霊園
 小津安二郎・・・鎌倉市山の内 円覚寺
 木下恵介・・・鎌倉市山の内 円覚寺
 黒澤明・・・鎌倉市大町5丁目 安養院

Matsushita Honda Kurosawa

 渥美清・・・新宿区富久町 源慶寺 北区赤羽台3丁目 法善寺
 天知茂・・・世田谷区野沢3丁目 龍雲寺
 石原裕次郎・・・横浜市鶴見区鶴見2丁目 総持寺
 市川雷蔵・・・大田区池上1丁目 本門寺
 沖雅也・・・港区西麻布2丁目 長谷寺
 勝新太郎・・・港区三田3丁目 蓮乗寺
 小池朝雄・・・世田谷区北烏山4丁目 専光寺

Atsumi Amachi Ishihara

 坂井泉水・・・非公開
 佐田啓二・・・鎌倉市山の内 円覚寺松嶺院
 高峰三枝子・・・港区白金台1丁目 覚林寺
 田中絹代・・・下関中部墓地 鎌倉市山の内 円覚寺松嶺院
 夏目雅子・・・防府市 大楽寺
 長谷川一夫・・・台東区谷中1丁目 谷中霊園 台東区西浅草1丁目 清光寺
 松田優作・・・あきる野市菅生 西多摩霊園
 萬屋錦之助・・・横浜市金沢区朝比奈町 鎌倉霊園
 若山富三郎・・・港区三田3丁目 蓮乗寺

Natsumemasako Matsudayusaku Yorozuya

 岡田有希子・・・愛知県佐屋町 成満寺
 尾崎豊・・・埼玉県所沢市大字上山口 狭山湖畔霊園
 越路吹雪・・・港区元麻布1丁目 善福寺
 坂本九・・・港区西麻布2丁目 長谷寺
 美空ひばり・・・横浜市港南区日野中央1丁目 市営日野公園墓地
 村下孝蔵・・・茨城県稲敷郡茎崎町若栗 筑波茎崎霊園

Okadayukiko Ozaki Misora

 ジャンボ鶴田・・・東山梨郡牧丘町倉科 慶徳寺
 ジャイアント馬場・・・非公開
 力道山・・・大田区池上1丁目 本門寺
 藤子F不二雄(藤本弘)・・・川崎市高津区下作延 川崎市立緑ヶ丘霊園
 

 
参考HP http://www.kokohe.com/info01/prime.html

 生前なら畏れ多くてとても近づけなかった有名人や歌手、同じ時代を生きていない歴史的人物であっても、死後なら墓参りという形で会いに行ける。そんな親近感から墓地探検や散策が流行っているのだと思う。何を隠そう、私もそんな俗物根性を持ったひとりで、いつかはそうした著名人の墓を訪ね歩いてみたいと思っていた。故人にしてみたら、死んだ後も騒々しくされるのは御免被りたいところだろうが、彼等の功績を讃え、そして彼等の生前の人柄を偲び、尊敬の眼差し、あるいは人生訓を感じ取るという姿勢で、供養を兼ねて墓参するのなら罰も当たらないだろう。

 ~お断り~

 これをご覧になった方は、くれぐれも冷やかしや悪戯目的で墓の場所を特定したり、詮索したり、訪問しないで頂きたいと思います。当記事はあくまで故人の偉業を称え、在りし日の姿を偲ぶために掲載するものです。亡くなった方々に安らかに眠りについて頂きたいという趣旨に変わりはありません。心からご冥福をお祈りしたいと存じます。

 記事作成:11月14日(月)

« フラガールロケ地探訪といわき周辺釣り場ルポ | トップページ | 私が好きだったCM② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まさか墓巡りが脚光を浴びる日がくるとは。。。思いもよりませんでした。

ー初めまして、管理人のSUZUです。コメントありがとうございます。あの記事を読んで私もビックリでした。私の故郷にも白虎隊士の墓などがありますが、東京だけでなく、探せば全国に有名人のお墓が数多く点在していることがわかりました。やはり慈しみや感謝の気持ちをもって墓参することが望ましいと思います。私も尊敬する方々が数多く眠る墓地を訪れ、在りし日のお姿に思いを馳せたいと思います。また何かありましたらコメントをお願い致します。(SUZU)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フラガールロケ地探訪といわき周辺釣り場ルポ | トップページ | 私が好きだったCM② »

福島県の天気


無料ブログはココログ