2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 映画「フラガール」感動場面ベスト5 | トップページ | 私が好きだったCM④ »

2011年11月23日 (水)

映画「フラガール」傑作場面ベスト10

 昨日に引き続き、本日も5年前に封切された映画「フラガール」を懐かしみ、東日本大震災を契機に46年振りに全国キャラバンを実施した本家本元フラガールたちの活躍に敬意を表し、特集してお送りしたい。本日は見どころ満載のこの映画にあって、特に傑作シーンを集めてみた。この映画は、前半がいわき弁丸出しでユニークキャラの微笑ましい言動と行動が主として描かれ、言うなれば笑い中心の構成、後半部は、炭鉱で暮らす人々の人間模様と常磐ハワイアンセンターオープンに向けての苦悩と感動秘話といった要素が散りばめられ、感動シーンの目白押しである。昨日は「感動場面」をお送りしたことから、本日は「傑作シーン」をお送りしたい。やはりランキング形式で10位まで発表したい。

 第1位  吉本部長の「君たちが立ち上がるんだぜ!」発言にシ~ンと静まりかえる一同

 炭鉱が潰れるため、生き残り策として炭鉱の娘達を集めてハワイアンセンターの構想を説明する吉本部長。模型を披露し、一気盛んに囃したてる。「やっぱり山、潰れんのげ?」と不安になる娘たち。そこで開口一番、大風呂敷を広げる。「押し寄せるオイルの波に飲まれる前に、仕掛けんのさ、家族や山救うために、君たちが立ち上がるんだぜ!」と景気良く言いながら上着を脱ぎ捨て、派手なアロハシャツを見せびらかすが、そのパフォーマンスに娘たちは言葉を失いリアクションなし。妙な沈黙が辺りを包んだ・・・。

Pb191417 Pb191418  

Pb191419 Pb191420

 第2位 バスの窓に顔をへばり付けてまどかに熱い視線を送る炭鉱夫達

 このシーンの前にも酒酔いと車酔いでべろんべろん状態のまどかが橋で吐いている場面も壮絶。近所のガキが「おっちゃん人さらいが~」「バガ言ってんじゃねぇ~」と言う場面も抱腹絶倒。そして車がエンストしてトラクターに乗せられたまどかが、野獣どもの乗ったバスと遭遇する。炭鉱夫のひとりがまどかをめざとく見つけ、「ハワイ来だぞ~」と言いながら、野獣と化した真っ黒にすすけた顔の男たちがバスの窓にへばりついて視線を送る。この光景に圧倒され、瓶ビールを落とすまどか。このシーンは冒頭部分で笑いを誘うシーンだった。  

Pb191423 Pb191425

 第3位 無茶苦茶な踊りを披露する子持ちフラガールの佐々木初子

 吉本部長に「先生にお前たちの実力見てもらうべ」と急に振られ、動揺する4人。イの一番に指名を受けた初子、踊りを披露するのだが、そこはズブの素人。初子を置いて後ずさりして離れる3人、その時に例のユニーク発言が飛び出した。心細さそうに「どごさ行ぐの?ひとりぼっちにしねで~」「急に言わっちもわがんね~よ」と言いつつ、そこは子持ちの母親。すぐに開き直って、やぶれかぶれで豪快な炭坑節のような踊りを披露。それを茫然と観る平山先生。このシーンは大爆笑だった。佐々木初子は黒縁の眼鏡で四角い顔、そしてあのづーづー弁丸出しの喋り方はナイスキャラだった。

Pb191427 Pb191428

Pb191429 Pb191430  

 第4位 初めてフラダンスの映像を観た時のフラガール達の反応

 腰をくねらせて踊る外人の8ミリ映像を見て、顔を顰める紀美子ら。「オラあんなに腰振れね~と」言いだす者や「へそ丸見えでねぇ~が~」と不安になる者、「おらの裸、見せもんじゃねぇ!」と怒って席を立って出て行く者まで。しかし、早苗に「頼む、お願げぇ~だ~」と懇願され、その場に居残る。結局その場に残ったのは早苗と紀美子、それに子持ちの初子、そこへ折よく「会社の役に立てて貰いたい」と父親に連れ添われて小百合が現れた。

Pb191421 Pb191422

 第5位 フラダンスは裸になると思っていたフラガール達の安堵した表情

 フラガール達の親が次々と炭鉱を解雇され、やむにやまれずハワイアンダンサーに応募して来た。その面接で「乳は小ちぇえけんど、どうだ見でげろって感じで」と不安を口にしながら頑張る宣言をした。これを聞いたまどかは吉本部長と顔を見合わせ、何か勘違いしていることを知った。「あのさ、別に裸になんなくていいんだけど」とまどかに言われ、安堵した表情を浮かべる。「いがっだなぁ~」と一同。この一件で部員は一気に増えた。

Pb191440 Pb191442

 第6位 吉本部長のいわき弁に「訛ってて全然わかんないんだけど!」

 ど素人の炭鉱娘たちにたった何カ月か練習して舞台に上げようと言う無謀な計画にまどかがブチ切れた。「うらじ」という蕎麦屋で飲みながらの会話で、炭鉱を馬鹿にされたと思った吉本部長も遂に堪忍袋の緒が切れて、興奮しながらいわき弁丸出しで一気に捲し立てる。それが訛りがひどくて全く意味がわからない。ふと我に返って先生に暴言を吐いたことに気づき、土下座して謝る。しかしまどかが「訛ってて、全然分かんないんだけど」と答える。「助けてくんち」と冷静にお願いするシーン。この「うらじ」のシーンではまどかと洋ニ朗の会話も傑作だった。「金輪際酒辞めた」と言いながら「オヤジ、ビール!」と言う場面、まどかと喧嘩した紀美子がレッスン場を飛び出した時にも洋ニ朗が紀美子を「うらじ」に連れ出した。コップ酒を一気に飲み干す紀美子に呆気に取られる。「女は強ぇ~な~っ」て呆れる。

Pb191431 Pb191433

Pb191434 Pb191436

 第7位 怒り狂ったまどか先生が風呂場に殴り込みをかけるシーン

 早苗の父親が解雇通告された日の夜、自宅で弟や妹たちにフラガールの格好をお披露目してはしゃいでいたところ、父親が帰宅。すごい剣幕で早苗に殴りかかる。話を聞いて駆けつけた紀美子とまどかが青あざを作って押入れに身を潜めていた彼女を見て逆上。公衆浴場に私服のまま殴り込みをかけ、父親をボコボコにする。その勇ましさは愛弟子を思う優しさに溢れていた。

Pb191447 Pb191450 

 第8位 早苗が小学校でうんこ漏らした秘密を頑なに守ってきた紀美子

 「ハワイアンダンサー募集」の張り紙を見て、ズリ山の頂上に紀美子を連れ出した早苗。広告を見せて一緒にやってほしいとお願いする場面。絶対誰にも言わねでくれ」と何度も念を押す早苗に、過去の秘密を持ち出す。「早苗が小学生だった頃、学校でうんこ漏らしたこと誰にも言ってねぇべ」と諭すシーンは圧巻。流暢ないわき弁に全く違和感なく笑えた。

Pb191415 Pb191416

 第9位 バレエシューズが入らず「入んねぇ~」と悶絶格闘する小百合

 朝、練習場に来た4人がフロアに置いてあったバレエシューズを見つけ大はしゃぎ。「どういうごどだ?」「履いでみっぺ」「めんこいんでねぇのこれ?」といわき弁で盛り上がる。しかし、人一倍大柄な小百合は足のサイズが大きくてシューズが履けない。「入んねぇ~」と言いながら無理矢理押し込もうとする小百合のかいがいしい行動は爆笑。

Pb191438 Pb191437

第10位 初めてフラダンスの衣裳を身に纏い、恥ずかしがって周囲を窺うフラガール達

 宣伝促進用の集合写真を撮影するのに、初めて正式な衣裳に身を包んだフラガール達。恥ずかしがって廊下に出られない。引き戸を少し開けて周囲の様子を窺う。吉本部長に「何恥ずかしがってんだ、まどか先生待たせでどうすんだ」と注意され、堰を切ったように大声を挙げながら飛び出して吉本を押しのけて出て行く場面も微笑ましかった。この場所は湯本の常磐舞踊音楽学院ということになっているが、実際に撮影が行われたのは、古殿町にある公民館裏手にある旧古殿中学校宿舎。11月13日に現地を訪れ、全く同じ作りのまま残されていることを知って嬉しかった。集合写真の場所は茨城県北茨城市と高萩市中間にある中郷団地だ。昔ながらの佇まいがそのまま残されている。

Pb191444 Pb191445 

Pb191446

 次点 チンピラと橋の上で格闘する洋ニ朗

 借金の取り立て屋と橋の上で対決する。「ここから先はおめぇたちの行ぐどごじゃねぇ」と言って弦はしを持って立ちはだかる。そして借用書を取り上げ、思い切り口に入れてそのチンピラと格闘する。

Pb191451 Pb191452

 全体的にいわき弁が場をほんわかさせ、親近感を持たせた。「~だべさ」「んだなぁ~」「でれすけ~」「~だっぺよ~」など方言丸出しで、役者達のイントネーションも完璧だった。この話は大半が実話だけに、フラガール達や炭鉱を取り巻く人々の苦悩が痛いほど伝わって来る内容だった。笑いあり涙ありで2時間の上映時間があっという間に過ぎてしまう。11月以降、すでに10回近くDVDを繰り返し見ている。その秀逸した感動ストーリーが世に認められ、その年の映画賞を総なめにした。5年経った今、東日本大震災で彼女たちが所属するスパリゾートハワイアンズは休館に追い込まれた。しかし、彼女たちは震災に屈しない強さを持ち、明るさと笑顔を決して見失うことはなかった。46年前に初代フラガール達が辿ったキャラバンを復活させ、福島の復興を笑顔で、踊ることで訴え続け、全国に「福島県、いわき市健在」をアピールして全国津々浦々をPRして回った。彼女達は初代フラガール達の末裔として、恥じない、いやそれ以上の行動をしてくれた。何度も言うが、個人的に、彼女たちのこの涙ぐましい活動は、県民栄誉賞に値すると思っている。ぜひ福島県に英断をお願いして2日に渡ってお送りした特集を閉じたい。

 記事作成:11月19日(土)

« 映画「フラガール」感動場面ベスト5 | トップページ | 私が好きだったCM④ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「フラガール」感動場面ベスト5 | トップページ | 私が好きだったCM④ »

福島県の天気


無料ブログはココログ