2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 永遠の歌姫 ~テレサ・テン~ | トップページ | 私が好きだったCM⑲ »

2012年2月13日 (月)

昔流行った懐かしい飲み物

  昔のことばかり言うのは歳をとった証拠とはいえ、どうも子供の頃に流行った物とか体験したことばかり懐かしく思い出される此の頃。つい古き佳き時代の想い出に浸りたくなる。そこで今回は少年時代に流行った飲食物をテーマにしてみたいと考えた。では早速話を進めるが、小学生の頃にコマーシャルで「ファンタッスティック!」というフレーズが大流行したことがあった。これは「ファンタオレンジ」や「ファンタグレープ」などのジュースのCMだ。また、1970年~80年代には「yes coke yes」や「スカッと爽やかコカコーラ」のフレーズが一世を風靡した時代があったのをご存知だろうか。残念ながら、今では知らない人が多くなってしまった。つい30年ほど前に流行した物なのに、遠い記憶の片隅に追いやられてしまった感が強い。したがって、本日の記事は、そういう忘れ去られた飲み物や製造中止に追い込まれたジュースなどにスポットを当てたいと思う。もちろん今でも現役バリバリのものもある。それでは、いつもながらのランキング形式で、昔懐かしいジュースを50品目紹介したい。なお、付随するアドレスをクリックすれば、当時の懐かしいCMがご覧になれます。

 第1位 スプライト
 第2位 ファンタ(オレンジ・グレープ・レモン・フルーツパンチ) 
 第3位 バャリースオレンジ
 第4位 マウンテンデュー
 第5位 つぶつぶオレンジ
 第6位 メローイエロー
 第7位 プラッシー
 第8位 ハイシーオレンジ(HI-C)
 第9位 ペプシコーラ
第10位 ミルセーキ

SpriteMountaindiew Melloyellow

http://www.youtube.com/watch?v=gJvBiWuJgYE

http://www.youtube.com/watch?v=8tgymZ6RPXg

http://www.youtube.com/watch?v=F8SrivIserI&feature=results_video&playnext=1&list=PLE243EDC64D699A43

 第10位までは、AKB風に言えば一時代を築いた「神10」である。特に1位に挙げた「スプライト」は「コカコーラ」と並ぶ知名度抜群の炭酸飲料だった。数多くCMが制作され、大々的に宣伝していた。9位の「ペプシ」もまた30年以上前までは「コカコーラ」並みのメジャーな飲み物だった。「ペプシマ~ン♪」という節のCMがこれまた懐かしい・・・。

第11位 ミルメーク(コーヒー)
第12位 サンキスト(つぶゼリー)
第13位 ポンジュース(カゴメ) 
第14位 カナダドライ・ジンジャエール 
第15位 キリンレモン 
第16位 三ツ矢サイダー
第17位 鉄骨飲料
第18位 リボンシトロン
第19位 サントリー・エード
第20位 ロッテ・グァバ

Milmake Sunkist Kirinlemon 

http://www.youtube.com/watch?v=hEBdscdrIkg&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=YWNFPyOfcjs

http://www.youtube.com/watch?v=bMg-GDVk-Sw

http://www.youtube.com/watch?v=mmcT524k67o&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=Bh3Av2vUOqE

 「ミルメーク」は小中学校の学校給食で大人気だった。粉末状のそれを瓶牛乳に溶かして珈琲味にして楽しめた。牛乳が苦手な児童にも大好評を博した。「サンキスト」の缶デザインも斬新だったし、「キリンレモン」もまたこのロゴが懐かしい・・・。健康に良ろしくないとは言え、炭酸飲料が全盛だった。

第21位 こつぶ(はごろも)
第22位 不二家ネクター 
第23位 サントリー・ホップ
第24位 リボンオレンジ
第25位 スコール
第26位 ベルミーコーヒー
第27位 ゲータレード 
第28位 NCAA
第29位 カルピスソーダ 
第30位 キリンMets

Kotsubu Nectar Gatorade    

http://www.youtube.com/watch?v=mb0wJhYjzkM&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=DxTDGkhtA5w&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=oy1rva2bpDE&feature=related

 「はごろもこつぶ」は衝撃的だった。果汁たっぷりのジュースに具まで入れ、その舌触りと食感は半端ではかった。「不二家ネクター(桃味)」もまた、果物の旨味を凝縮した味わいに虜(ひと味惚れ)になった。また私が中学時代に登場した画期的な栄養剤が「ゲータレード」だった。粉末を専用ボトルに入れ、水で溶かして飲用する新たなスタイルだった。要はタンパク質の補給なのだが、アスリート御用達のスタミナ栄養補助飲料水的なステータスを得た。

第31位 アンバサ 
第32位 パティオ
第33位 ミリンダオレンジ
第34位 熱血飲料
第35位 NOVAコーヒー
第36位 チェリーコーク
第37位 桃の天然水サプリ 
第38位 カルピスウォーター
第39位 はちみつレモン
第40位 レモンスカッシュ

Ambasa Cherrycoke Hachimitsulemon 

http://www.youtube.com/watch?v=cxDEWlKxAsY&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=mGRLOsZeUtI&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=J2a-DYD5w2c&feature=related

 「カルピスウォーター」や「桃の天然水」、「アンバサ」は、ソフトで甘ったるいイメージの夏の清涼剤という印象があった。どちらかと言えば薄味で、爆発的なヒットはないものの、何故か街の自販機には必ずあった代物ばかり。自販機もその飲料水メーカー専用のものばかりがあった。例えばコカコーラ、伊藤園、ダイドー、ヤクルト、KIRINなどである。

第41位 ポストウォーター
第42位 ミスティオ
第43位 チェリオ
第44位 ラムネ
第45位 OFF SIDE
第46位 アクエリアスレモン
第47位 ネーポン 
第48位 sasuke
第49位  パレード 
第50位 テトラパック牛乳

Ramune Nepon Tetrapack 

http://www.youtube.com/watch?v=CwS25IUIVHg

http://www.youtube.com/watch?v=Z-b6jvkljB4

 41位以下は、どちらかと言えば地域限定やマニアックな商品が多い。製造中止などの歴史を感じさせる飲料が多い気がする。そして「ラムネ」は今でもビー玉をネックに入れた形状を貫き、「ネーポン」や「パレード」は庶民の代表的な飲み物というイメージがあった。銭湯などで風呂上がりに一杯お目にかかれそうな物ばかりだ。50位に挙げたテトラパック型のコーヒー牛乳は、今では過去の遺物的な印象すら与える。今でも全国で販売されているだろうが、あまり見かけなくなった。何か時代を感じ、古くさくなった。テトラパックや肝油などは私が小学校低学年で姿を消したと思う。

 他にも「きりり」、「C.C.レモン」、「シーホープ」、「パインサイダー」、森永「マミー」や粉末で水に溶いて飲む「フレッシュソーダ」や「ハイレモンドリンク」、「メロン(アップル・パイン)ソーダの素」などもあった。水前寺清子さんが歌っていた「シーシーレモン!シーシーレモン♪」というフレーズも懐かしい。

http://www.youtube.com/watch?v=y2rp0HTPlm8 (水前寺清子 編)

http://www.youtube.com/watch?v=TCb_lJpOAxM&feature=related (相武紗季 編)    

 ジュース・コーヒー関係のCM集はコチラ↓

http://www.youtube.com/watch?v=y6uec2ZnMrQ

http://www.youtube.com/watch?v=8AY86nLF7wg&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=KNHlN8sYwhA&feature=related

 また、1980年代を中心に外国産のお洒落なビールが持て囃されたことがあった。「バドワイザー」(アメリカ)、「カールスバーグ」(デンマーク)、「ハイネケン」(オランダ)などである。その頃の日本はバブル景気絶頂期で、飽食の時代。国産ビールだけでは飽き足らず、外国産に手を出した。缶のデザインも格好良く、缶ピースと同様、時代の寵児扱いだった。映画「私をスキーに連れてって」に登場したのもこの類のアルコール飲料。その他、アルコール飲料では、サントリーの「ペンギンズバー」、「カンチューハイすりおろしりんご」なども一時期流行った。

Budwiser Carlsberg Heineken 

 これだけ時代時代で多彩な商品ラインアップがあったということは、飲料水にも流行があるということだ。ジュースやコーヒーも嗜好品の一種だけに、万人受けする商品を開発すること自体難しいし、その味に飽きずに人気を長続きさせるのも至難の業だ。一世を風靡した「メローイエロー」や、鷲尾いさ子を起用して大々的に宣伝しまくり、1989年の新発売後の1年間で1億5000万本を販売した「鉄骨飲料」も20年以上後の現代まで人気は続いていない。車と同じで、味自体が革命的に変わった訳ではないのに、消費者に飽きられたらとメーカー側が感じれば、ネーミングを替えただけで同じような商品を次々と市場投入を図って行く。日本のビールの名前と似ている気がするのは私だけだろうか。

 結論めいたことを述べれば、人間歳をとると、昔飲んだジュースや新商品として出された革新的な飲料水がやけに美味しかったと美化してしまうものだ。それは記憶が薄れているから具体的な味の詳細まで思い出せないがために、余計そう思うのだ。しかし、日本人の味覚は東日本と西日本では微妙に異なるものらしい。やはり、万人受けする飲み物を開発せよというほうが無理なのかもしれない。化学調味料や着色料がふんだんに入れられ、見てくれだけ良い物を有り難がっている日本人にはなりたくないものである。

 記事作成:1月25日(水)~26日(木)

« 永遠の歌姫 ~テレサ・テン~ | トップページ | 私が好きだったCM⑲ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠の歌姫 ~テレサ・テン~ | トップページ | 私が好きだったCM⑲ »

福島県の天気


無料ブログはココログ