2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 意外な店舗数ランキング | トップページ | 想い出のドラマ「同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~」 »

2012年5月 4日 (金)

かっこいい刑事ドラマテーマ集

 これまで当ブログで、何度も刑事ドラマについて取り上げた。私は幼少の時分からテレビっ子で、その中でも刑事ドラマには、特別な思い入れがあった。初めてなりたい職業として挙げたのも警察官だったし、一時期は白バイ隊員に憧れたこともあったし、刑事になりたいと考えたこともあった。それくらい刑事モノや探偵モノは欠かさず見ていた。そこで今回は、そんな憧れだった刑事ドラマのオープニングテーマを特集してみた。いつものように、独断と偏見で選んだマイベスト10を紹介したい。

 第1位 太陽にほえろ!

 

 ご存知、NTV系列で金曜20時から放送されていた国民的な人気番組だった。刑事ごとにテーマがあった。青春のテーマ、尾行のテーマなど。私は山さんこと露口茂の大ファンだった。あの頃の刑事は殉職シーンが見せ場だったが、実際にボスの石原裕次郎を始め、ジーパン刑事役の松田優作、チョーさんこと下川辰平、スコッチの沖雅也、ブルースの又野誠治などがすでに他界している。

 第2位 大都会シリーズ

http://www.youtube.com/watch?v=8svZeCKXb_s&feature=related

 豪華キャストでお送りした大都会シリーズ。ご存知石原裕次郎と渡哲也の黄金コンビが織りなす刑事ドラマ。このテーマは「大都会Ⅱ」で、松田優作も刑事役で出演していた。黒岩刑事を中心とした派手な銃撃シーンや爆破シーンは、その後「西部警察」に受け継がれ、結実した。 

 第3位 明日の刑事(夜明けの刑事)

 夜明けの刑事の後番組として登場した大映テレビ制作の刑事ドラマ。今は亡き坂上二郎主演で、情が厚く、毎回犯人の良心や心理に訴え、自白を促す演出。テーマソングは著作権が厳しいらしく、過去何度も削除の憂き目に遭っている。共演者の鈴木ヒロミツも亡くなっている。懐かしいエンディングは下をクリックしてください!

http://www.youtube.com/watch?v=GeGxYtjD3yQ&feature=relmfu

 第4位 特捜最前線

 テレビ朝日系列で水曜日(火曜日)の22時から放送されていた刑事番組。神代特命課長役だった二谷英明を始め、叶刑事役の夏夕介、この4月には津上刑事の荒木しげるまでが他界。大滝秀治さんも体調を崩し、舞台を降板。何とか持ちこたえてほしい・・・。オープニングテーマのナレーションは「愛と死と憎悪が渦巻くメカニカルタウン、非情の犯罪捜査に挑む心優しき戦士たち、彼ら特捜最前線」。

エンディングのF・チリアーノの「私だけの十字架」はコチラ

http://www.youtube.com/watch?v=FnEYTf3zyMk&feature=related

 第5位 大空港

フジテレビ系列の月曜日の21時から放送されていた。故鶴田浩二を始め、石川さゆり、中村雅俊、黒沢利男、岡本富士太、片平なぎさ、高岡健二、三浦浩一などが出ていた。このオープニング映像が大好きだったが、「Youtube」などにはアップされていない。せっかくなので音楽だけでもどうぞ! 

http://www.youtube.com/watch?v=lXmPbgnk7gA&feature=results_main&playnext=1&list=PLEE42BB9065B60A31

 第6位 噂の刑事トミーとマツ

 1979年~1982年の水曜日20:00 ~20:54(1982年9月までは20:55まで)にTBS系ほかで放送されていたアクション コメディドラマである。トミーは気の弱い刑事であるが優男で女性にもてる。マツは直情型の刑事で、女好きであるものの不細工で背が低く、シークレットブーツを愛用しており「世界一踵の高い靴の男」と言われている。各話のクライマックスの格闘・銃撃戦シーンで怖じ気づくトミーにマツがしびれを切らし、「トミ子ー」と怒鳴りつけると、トミーが耳をピクピクと震わせた後急に発奮し、あっと言う間に悪党をなぎ倒すと言う展開が定番となっていた。この番組テーマソングは、以前は「Youtube」にもアップされていたが、最近は著作権が厳しく制限されて、見ることは叶わない。

Tommymatsu

 第7位 裸の街

 昭和55年頃のフジテレビ系列の月曜日の21時から放送していた87分署シリーズ。大空港の後番組として放送が始まった。横浜が舞台で、横浜上空からの空撮オープニングで、横浜スタジアム上空で終わっていた。キャストは刑事役に古谷一行、田中邦衛、高橋悦史(故人)、坂口良子、村野武範、阿藤海(快)が出演していた。毎回女性の全裸死体が登場し、ヒヤヒヤだった。残念ながら主題歌も何も残っていない。エンディングは町田義人の「愛」だった。

http://www.youtube.com/watch?v=4p27jMiREYE&feature=related

 第8位 ザ・ハングマン

http://www.youtube.com/watch?v=yAOfAUGozH8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=7nFL_o20fDk&feature=relmfu

 金曜日の夜21時から放送していた。毎回美女のシャワーシーンやベッドシーンなどきわどいセクシー演出があった。現代版必殺仕事人のようなコンセプトだった。ハングマンの出演者では植木等、山城新伍と早乙女愛が亡くなっている。ハングマンはシリーズ化した。オープニング映像とテーマ曲は周期的に変わった。

 第9位 Gメン’75

 1975年5月24日 - 1982年4月3日(毎週土曜日21:00 - 21:54)の延べ7年間に渡って放送されたご存知刑事ドラマの草分け的な番組。一列に並び、滑走路を颯爽と歩く刑事たちの絵は一世を風靡した。ボス役の丹波哲郎さんを始め、藤木悠さんが亡くなられている。オープニングナレーションは「ハードボイルド、Gメン’75、熱い心を強い意志で包んだ人間たち」。しまざき由理が歌うエンディングのテーマソング「面影」も同じ絵づら。

http://www.youtube.com/watch?v=7aAHLA-_vI8&feature=related

10位 西部警察

http://www.youtube.com/watch?v=kjIiBLh8-Z8&feature=related

 毎回度肝を抜くような壮絶な爆破シーンと激しいカーアクションで視聴者の視線をくぎ付けにした。全国各地でロケを敢行。我が福島県でも、ダイナマイトを用いて建物を一軒丸ごと爆破するなどの撮影を行った。新設間もないKFBの会議室を捜査本部に見立てたり、郡山警察署を撮影に使っていた。

次点1 非情のライセンス

http://www.youtube.com/watch?v=5KtLLBjMp2g&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=f58KOcBcrdI&feature=related

次点2 俺たちの勲章

http://www.youtube.com/watch?v=E80br0-u0f8

http://www.youtube.com/watch?v=iegw0CzD8Ws&feature=related

 お断り

 今回は、刑事ドラマ(ハングマンは闇の組織だが)限定でお送りしたため、探偵ものは割愛した。本来は「俺たちは天使だ」も大好きなドラマだったことを申し添えておく。なお紹介した「Youtube」の映像は予告なく削除されることがあることをご了承ください。

 記事作成:4月21日(土)

« 意外な店舗数ランキング | トップページ | 想い出のドラマ「同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 意外な店舗数ランキング | トップページ | 想い出のドラマ「同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~」 »

福島県の天気


無料ブログはココログ