2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ロンドンオリンピック名場面集 | トップページ | メダリストたちの血液型とその特性 »

2012年8月16日 (木)

台湾が日本にしてくれたこと

 最近台湾が大好きになった。台湾映画の「言えない秘密」や「藍色夏恋」をレンタルし、ピュアな感じのグイ・ルンメイが好きになった。もちろんそれだけではない。昨日も「Youtube」で、先の東日本大震災の際に、世界一となる204億円もの高額の義捐金を送ってくれた台湾に、東北の被災者たちが感謝の意を示す動画を観て涙した。しかし、肝心の日本政府は未だに公式に台湾への感謝の意を述べていないし、独立国家として認めてさえいないのが現実。何という非礼なことか。かつて台湾は日本が統治し、紛れもなく日本の一部だったはず。なのに日本政府はこれほど親日国である台湾に対して、なにゆえ冷たい対応ができるのか不思議でならない。

 かくいう私自身も、長年、台湾やアジアに対する誤った歴史認識を抱いていたことを知った。そして恥ずべきことながら、台湾に対してあまり関心がなかったというのが実際のところだった。それに引き換え台湾や他のアジア諸国は、意外にも日本という国や国民に対して好意的な感情を抱いてくれていることを知って驚いた。

 一方、65年以上も前に起きた日中戦争や日韓併合に関して、中国と韓国、北朝鮮は未だに日本を恨み続け、ことあるごとに敵視したり非難や批判を繰り返し、嫌いな国と位置づけている。ところが台湾は、日本が戦時中にしてくれた様々なことに、ずっと感謝しているのだ。日本人の感覚からして、旧日本政府や旧日本軍が進駐し、アジアを巻き込む悲惨な戦争にまで発展し、多くの人命を巻き添えにしたのだから、相当恨まれているに相違ないと考えていた。しかしそれは真逆であった。旧日本政府や軍は台湾や台湾の住民を公平・対等に扱い、それまで未開の島で疫病が蔓延し、農業もままならない荒れた土地だった台湾を劇的に変えて行ったのだった。まずダムを作り、農業用水や上下水道を整備した。鉄道を敷いて交通の利便性を向上させた。学校を建て、人々を教育し、産業や経済を発展させ、台湾を近代国家へと導いた。そして日本人の義理堅さ、真面目さ、勤勉さは台湾人に大きな感銘を与えたようだ。そして台湾の人々に「日本人になりたい」とまで言わしめた功績は大きかったと言える。年配の人々は「未だに自分たちは日本人」だと思っているし、日本語を流暢に話せるのも理解できる。ではその映像をご覧いただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=9TwxScvOchM

http://www.youtube.com/watch?v=KV_FDV7K5R4&feature=related

 映像でもわかるように、今でも台湾人は日本の統治時代を古き佳き時代として懐かしみ、日本を敬愛し、日本人に感謝しているのだ。年配の方々を中心に親日家が多いのもそういう歴史的背景や事情にある。ところが当の日本人は、あまりにも台湾のことを知らなすぎる。歴史認識がないのだ。これについては真摯に反省しなければならない。

 台湾人が当時の日本人に感謝している様子は、戦争中の彼らがとった行動で垣間見れる。激戦だった大戦時には、「高砂義勇隊」を組織し、日本のために命懸けで戦ってくれた。「日本人」として日本のために一命を投げ打って戦ってくれたのだ。しかし、第二次世界大戦末期、日本が劣勢となり、敗戦が決まると、GHQの指令で日本人たちは本国に強制退去させられ、台湾は中国に返還された。その後、中国本土で毛沢東率いる共産党との戦いに敗れた国民党の蒋介石率いる軍が、敗走して台湾に移り、統治するようになると、外省人たちは原住の台湾人をぞんざいに扱い、暴行や略奪を繰り広げたのだった。終いにはこれに反抗した台湾人を武力で弾圧し、結果的に3万人の市民を殺した。そして日本が築いた物をすべて壊してしまったのだった。あまりにもひどい仕打ち。日本人がしたこととは雲泥の差だった。台湾の人々は日本人に大恩を感じ、今でも日本をこよなく愛し、同じ中国語を話す中国人を嫌うのはそういう理由による。それは現代にも息づいている。そうした台湾人の感情が垣間見れる動画を見つけた。台湾の地で日本が強敵の中国とバレーボールの国際試合をした際に、台湾の人々は皆、日本に大声援を送った。不思議に感じた日本人は多かったと思う。どうして台湾の人々が日本をそこまで贔屓して応援してくれるのかと。ではその時の実際の映像をご覧いただきたい。(音が大きいので注意)

 いかがですか?感動しませんか?私は涙なくしてこの映像を見ることができなかった。

 ところで、私は2年前、在籍する「慶應義塾大学法学部」のスクーリングに参加し、日本史の講義を受講した際に、アジア諸国に関する誤った歴史認識を持っていたことを学んだ。そして、それほどまで日本に好意を示してくれる台湾に興味を抱いたのだった。これまであまり日本人が直視して来なかった同化政策やかつて日本の一部だった台湾の歴史に直に触れるために、是が非でも一度訪れて、台湾の風を肌で感じてみたい。日本人のことをどれだけ崇拝し、親切に接してくれるかわかるはずだ。台湾新幹線を建設する際も、真っ先に日本の技術を採用してくれたし、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」に抜かれるまで世界一だった高層ビル「台北101」でも東芝製のエレベーターを使ってくれた。

 ほかにも台湾に興味を抱く理由は元からあった。何を隠そう、私の母親は台湾で生まれたのだ。母の父親というのが福島県の警察官で、大戦中、日本の統治下にあった台湾に駐留していた時に現地で生まれたのだ。だから余計に親しみがあるのだ。つまり母親は日本人だが、母にとって台湾は生まれ故郷なので母国のようなものだ。そんな親日家が多い台湾を大事にしていかなければならないのに、日本政府は台湾(中華民国)を独立国家とは認めず、台湾と敵対している中国の顔色ばかり窺い、あまりにもぞんざいに扱いすぎている。あまりにも非道で失礼な対応である。しかし、我々国民は違う。大震災では世界一の義援金を集め、援助の手を差し伸べてくれたことに深く感謝している。私は「Youtube」の映像を見て何度涙を流したかしれない。

<台湾の東日本大震災に対する支援>

 いち早く義援金や募金を呼びかけた台湾から日本への激励のメッセージです。

 台湾での募金活動の模様です。号泣しました・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=YnXAyHsgqJY

 台湾からの激励メッセージ

<政府の対応>

古川議員の歴史に残る名演説

http://www.youtube.com/watch?v=IB62OFIrGps

<民間対応>

http://www.youtube.com/watch?v=_C-hp0thNp8

http://www.youtube.com/watch?v=fptyNLX3IIo

http://www.youtube.com/watch?v=UWZHIc1x1Hc

http://www.youtube.com/watch?v=-d4uj7pXoJM&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=_C-hp0thNp8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&NR=1&v=81pSom57hiY

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=IB62OFIrGps&feature=endscreen

 「まさかの友が真の友」という言葉がある。日本は真の朋友は台湾であることに気づくべきだ。日本では韓流ブームやK-POPが巻き起こり、韓国に親しみを覚えている若者たちも多い。しかし、震災当時、韓国はこの混乱の機に乗じて「竹島」に基地を建設しようとした。サッカーの試合では「日本の震災を祝します」という常識はずれ、非人道的な垂れ幕まで吊るした。韓国は日本を敵視し、日本人を徹底的に非難しているくせに、自分たちのことは棚に上げて、もっとも卑劣で野蛮なのは韓国人であろう。歪んだナショナリズムばかりを主張しているではないか。中国人もまた同様。四川省大地震では、いち早く日本の消防隊が救助・救出活動にあたったのに、そんな恩も忘れて日本を批判や領土問題の抗議活動ばかりしている。日本人であるならば、台湾人の厚意を無にしてはならないし、真の友が誰なのかを悟るべきだ。政府の不甲斐ない対応に、台湾の人々は怒ることはせず、日本を真の朋友だと思い続けてくれている。少なくとも福島県出身で、今も福島県に暮らす被災者である私自身は、遅ればせながら台湾に深く感謝しているし、これからもずっと好きでいたいと思う。終戦のこの日、先の未曾有の国難に際し、台湾が日本にしてくれた厚情の数々を広く日本人に知ってもらいたかったため、このような記事をしたためてみた。「台湾、謝謝!」

 最後に、日本人がどれだけ台湾を身近に感じ、台湾のことがどれほど好きかを意思表示した動画を見つけたのでそれを紹介したい。日本人は友好的に接してくれる国をこよなく愛する国民性を持っている。敵対したり、ことあるごとにこじつけて、未だに過去のことをほじくり返して問題視したり、批判ばかり繰り返している国を嫌うことが明らかになった。日本人は台湾を独立した国家と考えている。中国の一部などと考えているのは中国の顔色を窺う政府のみで、日本人の多くは台湾を友好国で大切なパートナーだと考えている。

http://www.youtube.com/watch?v=S67uaaZZWBE&feature=fvwrel

 記事作成:8月15日(水) 

« ロンドンオリンピック名場面集 | トップページ | メダリストたちの血液型とその特性 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾が日本にしてくれたこと:

« ロンドンオリンピック名場面集 | トップページ | メダリストたちの血液型とその特性 »

福島県の天気


無料ブログはココログ