2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 懐かしの番組「日本沈没」 | トップページ | Do you know "Bay City Rollers"? »

2012年10月12日 (金)

会津清酒のCM

 震災前、我が福島県は全国に誇れる地酒の産地として有名だった。もちろん震災後もそれに変わりはない。毎年開催される全国新酒鑑評会でも、金賞受賞数は全国1~2位で、酒どころ、米どころで有名な新潟や山形と凌ぎを削っている。しかし、最近は原発事故の風評被害で出荷が減っていると聞く。日本酒をこよなく愛す私には残念の一言に尽きるし、米生産農家と酒造関係者にとってはさぞかし無念だろう。
 福島県の地酒の原料となる酒好適米(山田錦や五百万石等)は、その大半が放射線量が極めて低い会津地方で生産され、醸造に使われているが、厳正な検査にパスした日本酒しか市場に出回らない形態をとっているから、この場を借りて安全であることを申し添えたい。安心してご愛飲いただければ幸いだ。
 今回は、福島県の地酒が安全であることのPRを兼ねて、「酒どころ福島」の復権を願い、地元福島県民は当然知り尽くしているが、オールドファンが涙して懐かしむ県内の日本酒(地酒銘柄)のCMをお送りしたい。

 1 「花春」

 「会津のよさは酒の良さ」がキャッチフレーズ。毎回、純日本風の和服美人を起用し、視聴者(特に男性)の興味を惹いた。

http://www.youtube.com/watch?v=T_vqiUOb5p4

http://www.youtube.com/watch?v=Gwnw4g0oZcY

 2 「會津ほまれ」

 民謡「会津磐梯山」を背景に、雪深い会津の風情を描いた秀作。ご存知だと思うが、毎週日曜日にお送りしている「サンデーモーニング」(TBS系)のスポーツコーナーを担当している唐橋ユミアナはこの醸造元の令嬢である。かつては地元テレビユー福島の契約アナウンサーをして、県民に愛されていた。

Karahashi

 3 「末廣」

 出演しているのは会津出身の故・春日八郎。末廣は別名「庄助さんの酒」という。磐梯山の麓に大きな工場を備えている。末廣は若松市内にある昔ながらの「嘉永蔵」と「博士蔵」とがあり、どちらも毎年行われる新酒鑑評会で金賞を受賞している。日新町にある「嘉永蔵」は「酒ミュージーアム」として一般開放しているので見学することが可能。老舗ならではの古くて格調高い木造の佇まいは圧巻。ぜひ一度訪れて欲しい。詳しくは下をクリック!

http://www.sake-suehiro.jp/kurakoubou/kurakoubou.html

 4 「榮川」

 「♪ありがとう~変わらずに~いてくれて~ありがと~♪」の榮川酒造のCMは一世を風靡した。美人女優の竹村淳子さんが出演していたが、このCMが流れると福島県のお父さん世代は皆、画面を注視したはずだ。それくらい綺麗な方だった。「東北に酒あり」が栄川酒造のキャッチフレーズ。栄川酒造は、本社は会津若松市の駅前にあるが、磐梯山の麓に巨大な酒造工場を持つ。主力の「榮川」の他にも最高峰の「榮四郎」も評価が高い。

 竹村淳子さんのプロフィール

 本名は竹村淳子だが、芸名は「入江麻友子」として活動していた。京都府出身で現在は49歳。血液型はA型。主に時代劇に出演していた。NHKの大河ドラマや「暴れん坊将軍」にも度々出演していた。

 5 「大七」

 福島県の二本松市にある、1752年創業の由緒ある蔵元。「箕輪門」や「大七生酛」が有名だが、4号線の二本松界隈を車で走行していると、田んぼの真ん中や小高い丘、山の中腹に「酒は大七」と書かれた白くて大きな文字の看板を必ずと言って良いほど見つけるだろう。地元では評判の蔵元である。

 残念ながら「Youtube」にアップされている地元のローカルCMが少ない。これ以外でも「夢心」や「名倉山」、「笹の川」などがよくCMを制作して流している。福島県を代表する地酒は「飛露喜」、「天明」、「月弓」、「奥の松」、「三春駒」、「雪小町」、「穏」、「田村」、「国権」、「春一番」、「金寳自然酒」、「一生青春」など全国にその名を轟かせる有名な銘酒が多い。地酒ファンならずとも「よくぞ福島に生まれけり」である。

 ところで私がちょいちょい買い求めに訪れる郡山市のさくら通りに面したA酒店は、福島県の地酒はもちろん、東北各地の希少で、ここにしか置いていない酒を取り扱っている。例えば、青森県は「田酒」、「豊盃」、「ん」、秋田は「能代」、「刈穂」、山形は「出羽桜」、「くどき上手」、岩手は「南部美人」、宮城は「浦霞」、新潟は「久保田」、「越州」、「美の川」、「良寛」、石川の「天狗舞」などである。驚きは「久保田」で、大手スーパーなどでは、「千寿」「碧寿」「紅寿」「翠寿」「萬寿」などはかなりの高額で販売されているが、ここは正規の取扱店になっているので、定価のままで買える。また、従業員が利き酒師の資格を取得しているので、味と品揃えは確かだ。秋の夜長、あなたも日本酒で一献楽しんでみませんか?

 記事作成:9月21日(金)~23日(日)

« 懐かしの番組「日本沈没」 | トップページ | Do you know "Bay City Rollers"? »

テレビCM」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ