2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月28日 (金)

芸能人に多い名前 ~男性編~

 ~お知らせ~

 毎日2,500件を超えるアクセスを頂きありがとうございます。最近になって、外国の特定の人物(会社)からの商用の迷惑コメントが届くようになり、当方でも様々な対応策を講じておりますが、その分、一部の善良なブロガーの方のアクセスにも支障を来たすことがあります。そこで或る業者の対応ソフトを利用し、同一人物のリモートホストやIPアドレスで、一日50件を超える集中アクセスを確認すれば、スパム行為が疑われると判断し、自動的にアクセス拒否となるように設定致しましたのでご注意ください。
 悪徳業者による犯罪防止措置にご理解とご協力をお願いしたいと存じます。(SUZU)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 またまた芸能ネタで恐縮だ。ネタに困ると、同じ傾向のテーマにハマる傾向があるのはご勘弁願いたい。今回は、ランキングではないが、私が半世紀近く生きてきて、テレビ大好き人間だったことは何度も触れたが、その中でブラウン管やスクリーンを鮮やかに飾ったそれぞれの時代のスターたちの中で、思いのほか同じ名前の人が露出度が高く、人気があることを不思議に思った。そこで今回は、役者や俳優、歌手、芸人、アナウンサーなどにありがちな、名前を探ってみた。人それぞれ見方も違うし、ご意見もあろうが、ひとつ広い心で読んで頂ければ幸いだ。今日は故人も含んだ男性編をどうぞ!

 *名前に「ひろし」がつく方々(40人)

 五木ひろし、阿部寛、玉木宏、関口宏、久米宏、三上博史、舘ひろし、ヒロシ、畠中洋
 布施博、猫ひろし、生島ヒロシ、大森博、犬塚弘、勝野洋、角川博、清水宏、高野寛
 藤岡弘、円広志、柳生博、残間洋、黒鉄ヒロシ、馳浩、宮川泰、有川博、岩崎ひろし
 大河内浩、大森博史、奥山寛、神戸ひろし、北岡ひろし、北出寛、伊達弘、矢崎広
 本城丸裕、宮内洋、八巻博史、松永博史、長野博

 * 名前に「たかし」がつく方々(39人)

 柏原崇、小林孝至、笹野高史、鹿内孝、反町隆史、内藤剛志、藤井隆、細川たかし
 松尾貴史、山口崇、伊藤高史、井上高志、宇都宮隆、塚本高史、仁科貴、萩野崇
 松山鷹志、青山孝史、富田隆、宇梶剛士、石鍋多加史、江幡高志、大坪貴史
 岡部たかし、小林隆、斎藤尊史、住田隆、谷口高史、出口高司、外山高士
 永山たかし、藤木孝、松尾太陽、義田貴士、湯浅卓、児玉貴志、福西崇史
 やなせたかし、山口隆

 * 名前に「りょう」がつく方々(35人)

 天宮良、石橋凌、木之元亮、田村亮(2人)、新田亮、ふかわりょう、唐渡亮、中野亮
 波頭亮、伊藤凌、岩松了、大島崚、勝地涼、加藤諒、木村了、佐伯亮、坂口りょう
 橋爪遼、長谷川遼、石川遼、錦戸亮、速水亮、マイコーりょう、松村凌、森川涼、森下亮
 山田亮、吉沢亮、吉田涼、米田亮、竜星涼、若林亮、RYO

 *名前に「けん」がつく方々(33人)

 高倉健、松平健、宇津井健、田中健、西田健、三宅健、井澤健、大沢健、大山健
 小林健、森元健、青木健、植田健、及川健、海東健、前田健、野口健
 
 渡辺謙、緒形拳、石黒賢、山内賢、金子賢、志村けん、平井堅、若林謙、寺泉憲
 光石研、中本賢、出光憲、KENN、溝呂木賢、安田顕、渡部建

 * 名前に「けんじ」がつく方々(29人)

 青木堅治、阿南健治、小沢健二、小橋賢児、長江健次、新沼謙治、羽賀研二
 松岡賢治、水橋研二、森脇健児、山上賢治、飯野賢治、松下賢次、福井謙二
 伊賀健二、猪狩賢二、内倉憲二、浦井健治、海老澤健次、河西健司、坂口憲二
 坂元健児、佐原健二、沢田研二、たむらけんじ、原田健二、松田賢二、荻原健司
 猪狩賢二

 * 名前に「あきら」がつく方々(29人)

 赤坂晃、柄本明、小野寺昭、清水アキラ、寺尾聰、中尾彬、にしきのあきら、日比野玲
 布施明、松田朗、小林旭、坂本あきら、玉元晃、白井晃、名古屋章、早坂暁、福澤朗
 三田明、宝田明、前田日明、AKIRA、因幡晃、大鷹明良、久保明、佐伯晃、永田彬
 永妻晃、浜田晃、黒澤明

 * 名前に「こうじ」がつく方々(28人)

 石坂浩二、内海光司、京極孝仁、さとうこうじ、玉置浩二、仲本工事、西山浩司
 東野幸治、的場浩司、森次晃嗣、北公次、役所広司、山本浩二、山本耕史
 松原耕二、清水紘治、石本興司、今田耕司、大倉孝二、桐生コウジ、瀬戸康史
 高須賀浩司、南条弘二、矢沢幸治、やなぎ浩一、若杉宏二、U字工事(工事)
 塚本耕司

  * 名前に「ゆたか」がつく方々(20人)

 阿部裕、大川豊、竹野内豊、夏木ゆたか、本田豊、水谷豊、山川豊、中居豊、
 中島ゆたか(女性)、武豊、利根川裕、小林豊、山口豊、大野豊、大江裕、小田豊
 清水優、まいど豊、松重豊、森岡豊

 * 名前に「じゅん」がつく方々(20人)

 井上順、江藤潤、唐木淳、たかとりじゅん、東郷淳、鳥羽潤、根上淳、橋本潤、船戸順
 村上淳、今宮純、浜村淳、國村隼、菅原純、橋爪淳、橋本じゅん、みうらじゅん
 灰地順、長谷川純、井戸田潤

 * 名前に「けんいち」がつく方々(19人)

 荒川賢一、遠藤憲一、岡本健一、加藤健一、金田賢一、桜木健一、萩原健一
 矢島健一、大前研一、竹村健一、山川健一、なぎら健壱、美川憲一、石井愃一
 小野健一、滝藤賢一、中條健一、本間憲一、松山ケンイチ

  * 名前に「だいすけ」がつく方々(19人)

 五森大輔、嶋大輔、藤井大祐、細見大輔、峰大介、井出大介、菊田大輔、佐々木大介
 佐野大輔、杉浦大介、浪川大輔、根本大介、伴大介、本田大輔、森大輔、山崎大輔
 隆大介、宮川大輔、元木大介

 * 名前に「つよし」がつく方々(19人)

 阿部力、伊藤毅、伊原剛志、林剛史、うじきつよし、三浦剛、米花剛史、高城剛、北澤豪
 海部剛史、長渕剛、山口剛、森毅、松原剛志、与田剛、新庄剛志、草彅剛、堂本剛
 森田剛

  * 名前に「たくや」がつく方々(18人)

 石田卓也、井出卓也、植原卓也、岡田卓也、菊池卓也、栗原卓也、木村拓哉
 寺田拓哉、中山卓也、星野卓也、眞鍋卓也、溝口琢矢、横倉拓哉、吉村卓也
 草川拓弥、永岡卓也、大橋卓弥、藤岡琢也

 * 名前に「ゆうき」がつく方々(18人)

 伊藤友樹、今井優貴、大隅祐輝、君沢ユウキ、小島雄貴、佐藤祐基、志村勇樹
 黒田勇樹、樽沢勇紀、辻本祐樹、永江祐貴、日和佑貴、福本有希、古川雄輝
 バーンズ勇気、目黒祐樹、松村雄基、小越勇輝

* 名前に「ゆうじ」がつく方々(17人)

 阿部祐二、大土井裕二、織田裕二、岸祐二、岸本祐二、中村有志、三ツ矢雄二
 三宅裕司、杉江勇次、中沢佑二、牛丸裕二、城戸裕次、鈴木祐二、浪花ゆうじ
 宮下裕治、山村有二、田中裕二

* 名前に「こういち」がつく方々(16人)

 伊吹洸一、岩城滉一、佐藤浩市、橋爪浩一、輪島功一、二瓶鮫一、須藤公一
 堀紘一、上田耕一、高尾晃市、烏川耕一、大竹浩一、大堀こういち、堂本光一
 山寺宏一、吉野晃一 

 * 名前に「ひでき」がつく方々(16人)

 赤松秀樹、西城秀樹、東条英機、野田秀樹、安藤秀樹、藺草英己、岡田秀樹
 曽根英樹、高橋英樹、栗山英樹、後藤秀樹、東儀秀樹、藤岡英樹、松本秀樹
 仲松秀規、山中秀樹

 * 名前に「あつし」がつく方々(16人)

 大仁田厚、奥野敦士、原田篤、山西惇、敦士、伊藤淳史、大八木淳史、鎌田篤
 久保田篤、是近敦之、橘篤、橋本淳、深沢敦、宮内敦士、渡辺篤史、山中篤

* 名前に「とおる」がつく方々(15人)

 風間トオル、武内享、手塚とおる、仲村トオル、益岡徹、峰岸徹、渡辺徹、江守徹
 山田透、生津徹、久ヶ沢徹、品川徹、八戸亮、馬場徹、山咲トオル

 * 名前に「たけし」がつく方々(15人)

 大林丈史、鹿賀丈史、加藤武、木村剛、つるの剛士、ビートたけし、升毅、若松武史
 内田岳志、川上たけし、北山たけし、寺内タケシ、宮嶋剛史、矢野武、渡辺健

 * 名前に「まさひろ」がつく方々(15人)

 倉貫匡弘、桑名正博、佐藤正宏、高嶋政宏、本木雅弘、甲本雅裕、杉崎真宏
 須藤雅宏、高橋政裕、戸田昌宏、久野雅弘、中居正広、ふるごおり雅浩、松岡昌宏

* 名前に「ゆうすけ」がつく方々(14人)

 川津祐介、足立雄介、新井裕介、泉祐介、伊勢谷友介、上地雄輔、井上裕介
 少路勇介、瀬戸祐介、滝田裕介、平山祐介、福田佑亮、山崎雄介、山本裕典
 

 * 名前に「まこと」がつく方々(14人)

 芦川誠、大竹まこと、河井誠、北野誠、藤田まこと、野々村真、佐高信、手塚眞
 佐々木誠人、赤塚真人、宇仁菅真、大波誠、坂本真、松井誠

 * 名前に「しんじ」がつく方々(14人)

 内山信二、、武田真治、谷村新司、坪井森司、水島新司、原田真二、森末慎二
 山下真司、風間深志、宮台真司、朝倉伸二、マギー審司、良知真次、六角慎司

 * 名前に「てつや」がつく方々(14人)

 潮哲也、熊川哲也、別所哲也、武田鉄矢、幹てつや、渡哲也、北嶋テツヤ、千葉哲也
 出口哲也、宮崎哲弥、浅野哲也、戸塚哲也、白井哲也、筑紫哲也

 * 名前に「みのる」がつく方々(14人)

 白木みのる、田中実、鈴木みのる、木原実、矢田稔、白石稔、千秋実、森田実
 豊嶋稔、大木実、村山実、佐渡稔、穂高稔、山岸稔

 * 名前に「しげる」がつく方々(13人)

 荒木しげる、泉谷しげる、神山繁、梶原しげる、斉木しげる、金井茂、松崎しげる
 矢崎滋、室井滋(女性)、金子茂、椎野茂、露木茂、本間しげる

 * 名前に「さとし」がつく方々(13人)

 池田聡、岸田智史、妻夫木聡、二階堂智、橋本さとし、朝岡聡、一條俊、潮見諭
 ダレアレ悟、徳重聡、冨浦智嗣、松田悟志、大野智

 * 名前に「けい」がつく方々(12人)

 宇崎慧、小椋佳、佐藤慶、清水圭、谷啓、山本圭、上地慶、すまけい、田口計
 田中圭、田村圭生、国井桂(女性)

  * 名前に「ようすけ」がつく方々(12人)

 江口洋介、太川陽介、中島陽典、浅利陽介、石井洋祐、上田悠介、川村陽介
 中澤耀介、夏木陽介、日栄洋祐、平山陽祐、斉藤洋介

 * 名前に「まさし」がつく方々(12人)

 有福正志、五十嵐雅、大山真志、合田雅吏、柴田将士、関戸将志、谷口賢志
 中山雅史、田代まさし、さだまさし、立川政市、戸田山雅司

  * 名前に「きよし」がつく方々(11人)

 児玉清、杉本清、中条きよし、西川きよし、前川清、黒田清、氷川きよし、中畑清
 井之上淳、小林清志、山本清

 * 名前に「じゅんいち」がつく方々(11人)

 岡田准一、井上純一、稲垣潤一、石田純一、河本準一、山本淳一、新田純一
 宮下純一、稲本潤一、諏訪部順一、矢追純一

 * 名前に「はじめ」がつく方々(10人)

 しゅく造め、九十九一、中田はじめ、山崎一、食始、山崎元、早瀬元、駒田一、皆川一
 高野孟

 * 名前に「たつや」がつく方々(10人)

 石井竜也、藤竜也、伊阪達也、蒲池竜也、岸田タツヤ、黒木辰哉、島田達矢
 鈴木達也、藤原竜也、山口達也

 * 名前に「まさる」がつく方々(9人)

 北野大、永井大、梨元勝、土居まさる、篠塚勝、島村勝、深来勝、宮崎将、花田虎上
 

 * 名前に「まさと」がつく方々(9人)

 堺雅人、入江雅人、萩原聖人、古尾谷雅人、矢野聖人、渡邉聖斗、魔裟斗、吉沢真人
 和田正人

 * 名前に「しんいち」がつく方々(8人)

 大島信一、荻島真一、堤真一、市川森一、羽鳥慎一、森進一、池田真一、野田晋市

 * 名前に「なおき」がつく方々(8人)

 猪瀬直樹、杉浦直樹、保阪尚希、宮下直紀、一井直樹、川野直輝、宮田直樹
 山崎直樹

 * 名前に「しんすけ」がつく方々(8人)

 島田紳助、三波伸介、青木伸輔、芦田伸介、井筒森介、御木本伸介、木村晋介
 平塚真介

 * 名前に「やすし」がつく方々(8人)

 石田靖、横山やすし、小野ヤスシ、秋元康、久能靖、小島康志、田尾安志、中西保志

 * 名前に「こうたろう」がつく方々(8人)

 里見浩太朗、竹下宏太郎、吉田晃太郎、大原光太郎、小泉孝太郎、柴田光太郎
 田中幸太朗、柳浩太郎

 * 名前に「たかお」がつく方々(8人)

 大沢たかお、頭師孝雄、堀内孝雄、山田隆夫、伊藤孝雄、加瀬尊朗、杉浦太雄
 さいとうたかを

 * 名前に「みつる」がつく方々(7人)

 平田満、藤王みつる、倉本美津留、やくみつる、吹石満、326、あだち充

 他にも「いっせい」、「いさお」、「えいじ」、「ゆういち」、「ゆうた」、「おさむ」、「ひさし」、「まさゆき」、「まさき」、「しょうご」、「けいじ」、「たくま」、「れん」、「かずお」、「ひろゆき」、「せいいち」、「なおと」という名前が多い。これは毎年保険会社がアンケートをとり、発表される、その年で最も多い名前ランキングと符合している。逆に見れば、例えば母親が昔、木村拓哉の大ファンで、イケメンに肖って子供にもその名前を付けた場合も想定できる。また、荒木大輔フィーバーがあった時に生まれた子供に、同じ名前を付け、そして松坂大輔の登場で、その時期に再び大輔という名前がブームになったのも証明がつく。年によって流行り廃りが多いものの、とりあえず、最近の10代は「ゆうた」がやたら多く、女の子は「みさ」「みさき」「さき」という名前が多い。もうしばらくすると、小学校の出席簿は「もも」、「あい」、「かりん」、「もえ」などの名前で埋め尽くされることだろう。

 なお、今回は「子役」については掲載しなかったのであしからず。女性編については時間があれば執筆したい。

 記事作成:12月17日(月)~24日(月)

  追 記  H27.2.4(水)

 2年以上前に掲載した本記事に、名前の記載にミスがあるとコメントをいただきましたので、訂正致しました。すべて記事に目を通していただいたことに感謝申し上げます。
 ご指摘ありがとうございます。

 また、俳優の「石井洋祐」さんの件もようやく理解できました。併せて訂正をさせて頂きました。なお、本記事に関してですが、この記事を執筆した日時以降に、登場した芸能人の名前の追加や、お亡くなりになった方の名前の削除等はしませんので、ご了承ください。

2012年12月26日 (水)

郡山のミステリースポット

 この記事は、平成24年9月9日に「郡山の事件簿」(震災直前の平成23年3月5日公開)の記事に追記として掲載したものです。しかし、数多くのブロガーの方々がこの記事にアクセスしている点を考慮し、校正の上、再掲載を行うことに決めました。
  ただし、以下の記事には、事件・事故の被害者や関係者にとってあまり思い返したくない出来事も含まれています。そうした方々の感情を逆なでする意図はないことを予めご理解いただきたいと思います。
  また、そうした点に配慮し、画像貼り付けや動画埋込み処理などは必要最小限にさせていただきますのでご了承ください。
 なお、ここで掲載する「ミステリースポット」とは、事件や事故の現場となった場所や真相が定かではく、人の噂が飛び交う「謎の場所」であり、俗に言う「心霊スポット」ではありませんのでご容赦ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1 逢瀬公園入口

 2010年8月18日に、逢瀬公園東側入口の駐車場で、7人の暴力団組員によって43歳の男性が集団暴行されて殺害された。

 https://www.logsoku.com/r/2ch.net/news/1282234042/

 閲覧注意はコチラ 

 逢瀬公園は、桜の名所としても知られ、郡山西部地区の市民の憩いの場となっていただけに残念な事件である。私も10回近く訪れている。なだらかな傾斜を利用した段差で滝が流れる展望台から一望できる風景がお気に入りだった。
 ただし、展望台のステンレス製の手すりにカップルが刻んだ合い合い傘などの来訪記念の落書きはいただけない。日本人の悪い点だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2 旧三森トンネル

 三森峠の旧道は、今では立ち入り禁止で通行不能だが、旧三森峠の頂上付近にあった狭くて暗いトンネルで、ライトを消してクラクションを3回鳴らすと怖いことが起きたという。その真相は定かではないが、私はタイトコーナーが連続する旧道を、車やバイクで20回以上走り、いずれも夜間走行が殆どだったが、怖い目に遭ったことはなかった。霊感が弱いからだろうか。

http://www10.tok2.com/home/michibeya/road/touge_html/sanmori_2003_08.html
http://www.geocities.jp/tezou333/aa-hukusima-7.htm
http://roadweb.web.fc2.com/report_p/p006_sanmori/p006_sanmori.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 3 薬師堂火葬場跡地

 郡山市横塚2丁目、現在の下水処理場(浄化センター)の一角に平成3年まであった市営の火葬場。昭和29年に設置されたが、郡山市の人口増加に伴い、火葬能力が追い付かなくなり、また、老朽化が酷く、待合室も狭い、更には火葬場の北側には下水道の終末処理場施設とし尿処理場があったことなどから環境的にも劣悪だった。そこで平成3年に3月に完成した東山霊園内へと移転した。
 しかし、旧火葬場跡地は今では一部が美術館通りにかかっており、故にドンキ前のあの交差点は交通事故が頻繁に発生しているという。また、この周辺で歩く首のない幽霊を目撃した人もいる。なお、火葬場自体は既に取り壊され、その跡地には諏訪神社が建っているが、その焼却施設の前にあった円形ロータリーの植え込みはそのまま残され、東部幹線道路からも確認できる。
 何を隠そう、私の最愛の祖母は昭和62年5月に亡くなったが、そこで火葬しているので事実である。当時22歳だった私は、そのロータリーに腰を下ろし、同い年の従兄弟と立ち上る白い煙を涙目で見上げていたのを覚えている。その従兄弟も平成6年8月に29歳の若さで急死してしまった。

 そして今、炉があった場所は、美術館通りが通っている。
 さらに、郡山市街地一円の放置自転車を市が強制撤去しているのだが、その保管場所がこの敷地内にあるという事実。元火葬場に持って行かれた自分の自転車を2,000円の料金を支払ってまで引き取りに来る人は少なく、一定期間過ぎると、修繕の上、リサイクル自転車として一般に安く販売されているのが怖い気がする。
 下はその旨を告知する郡山市のHPです。

 (PDFファイル)

 では、平成2年まで存在した「市営火葬場(薬師堂)」の正確な位置を示す1989年(平成元年)の住宅地図をどうぞ!(画像をクリックすると大きく見やすくなります。)

Img_7779

 画像の左上に「福交ゴルフガーデン」と書いてある場所は、現在、「ROUND1」と「ドン・キホーテ」がある場所。東部幹線の道路を挟んで東向かい側が、今もある下水の終末処理場。その同じ敷地内の南側の一角に「市営薬師堂火葬場」があった。(画像の真ん中の上のほう)
 その左右にある道路の北側が拡張されて現在の「美術館通り」となった。横塚二丁目の「日本パーオキサイド郡山工場駐車場」と書いてある広大な場所が、ビバホーム横塚店があった場所で、今は「パチンコエヌワン郡山店」になっている。

Kasouba1

 この地図を現在の地図と合わせると、「美術館通り」が通る場所が元火葬場があった場所ということになる。そして或る店の敷地も一部かかっている。営業妨害する意図は全くないが、事実を言ったまでだ。ここの交差点から東側100mの間で、高齢者の道路横断中の死亡事故が相次いで起きているのも何か、火葬場の怨念と関係があるのでは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 4 カルチャーパーク

 平成16年8月31日と平成24年9月8日に、ジェットコースターの点検中、作業員が走行してきたコースターに巻き込まれて死亡する事故が起きている。

 2004年8月31日
 ジェットコースターにて、朝の始業点検中のためコースターに乗車していた保守会社(JR東日本系列の設備保守会社)の男性作業員が、走行中の先頭車両からレール脇の点検用通路に投げ出され、頭や胸を強く打つなどして死亡。安全ベルトを締めていなかった模様。

  •  2012年9月8日
     ジェットコースターにて、営業時間内にコースターを停止させチェーンの油をさす点検中、運転を担当する女性従業員のミスでコースターを動かしてしまい、点検をしていた男性作業員(保守業務を受託していた福島県中央メンテナンス協同組合所属)は出発場所から約50メートルの地点で、コースターと軌道の間に挟まれた。男性従業員は救出作業中に出血性ショックで死亡した。乗車していた3人の小学生は怪我なし。福島県警郡山署は業務上過失致死の疑いで捜査。点検中は操作盤に札を掲出し、鍵を作業員が携行するルールになっていたが実施されていなかったこと、作業は2人以上で行うこととなっていたが、守られていなかったことが判明している。

http://www.ekins.jp/jr/tohoku/koriyama/bbs/read/1347107488/1

http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012090801001714.html

http://www.ekins.jp/jr/tohoku/koriyama/bbs/read/1347107488/

http://www.logsoku.com/r/wildplus/1347238469/

 最初の事故の教訓が生かされず、再び惨劇が起き、尊い人命が失われた。この遊園地は、小さな子供が多数訪れる施設だし、人々を笑顔にするための場所なので、人が死ぬようなことがあっては断じてならない。再発防止に向けた取り組みを徹底してほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 5 郡山市最恐の死亡事故現場

 喜久田町のディスカウントストア「T」の交差点を西(風車方面)に入って緩い坂を下った先の電柱に、若者4人が乗った車が猛スピードで激突し、木っ端微塵に。乗客のうち2名が即死。ほかの2名も重傷を負った。当時は周辺の田んぼが血に染まったという。発生時期は不詳。

 追記

 おそらくその残骸だと思うが、平成25年8月7日にその付近を通ったところ、明らかに事故でそうなったような、原形をとどめず、ぺしゃんこになっている車が近辺の空き地に放置されてあった。

 追記(H28.6.2) ryuさんから詳細情報をいただきましたので紹介します。

  1987年6月15日午前0時45分ごろ、喜久田町堀之内字外左エ門段の県道で当時横塚五丁目在住の調理師見習、男性A(20歳)の乗用車が道路わきの電柱に衝突、大破した。この事故で後部座席に乗っていた昭和一丁目在住の会社員男性B(19歳)と阿久津町在住の会社員男性C(20歳)の二人が頭を強く打って死亡。運転していたAと助手席に座っていた蒲倉町在住、自動車運転手男性D(20歳)の二人が衝突のはずみで車外に投げ出されて市内の病院に運ばれたがAは全身打撲、Dは左手足の骨折で重傷。道路の路肩には約65メートルにわたりスリップした形跡があることからAが100キロ近いスピードでハンドル操作を誤って道路左側に脱輪、コンクリ製の電柱にぶつかったとみられる。Aは1985年12月に普通免許を取得。この12日に中古車を購入したばかりでBら3人を誘ってドライブをしていた。四人ともシートベルトは締めていなかったという。四人は(実名)中学の同級生で一緒にはまってはよくドライブを楽しんだという。

 死亡したCは3人兄弟の末っ子で昨春に(実名)農高を卒業し、市内の企業に就職していた。この日は姉の結婚式だったが、C家側は静まり返っていた。姉は弟の死という悲しみをこらえ終始、笑顔で式に臨んだという。またBは男三人兄弟の二番目で昨春に(実名)商高を卒業し市内の企業に就職していた。Bの父親は「ようやく会社になれて、これからというときだったのに」とがっくり肩を落としていた。(1987年6月16日、福島民報19面より引用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6 浄土松公園

 戦時中には市内の児童が疎開した防空壕があった場所。当時の海軍が掘ったとされているが、その安全性については、平成6年6月21日の郡山市議会でも議題として取り上げられた。実際は、郡山少年自然の家の野営場にあった防空壕の入口2箇所を簡易的に塞ぐだけの処理を施したようだ。そこは天然の砦のような佇まいで、今でも「カッパドキア」を彷彿させるような奇岩群の宝庫となっている。

http://www.kanko-koriyama.gr.jp/tourism/detail1-0-1.html
http://hukushimaniumarete.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

 市議会質問はコチラ

 追記

 平成25年8月17日(土)に訪れたところ、東日本大震災とその余震により、きのこ岩の損傷が激しく、周囲にロープで立入禁止措置が施されてあった。周辺は雑草だらけで、人影なし。かつての市民の憩いの場という面影や雰囲気は全く失われていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 7 保土ヶ谷化学

 駅の東口にある工場。ここは当時、航空燃料の添加剤となる四エチル鉛を生産していた。戦時中にアメリカ空軍のB29の攻撃を受け、多数の死傷者(学徒動員の白河女子高校の学生を含む204名が犠牲)が出た。今も地中深くに不発弾が埋まっている可能性が高いという。日東紡績富久山工場も空襲され、92名が命を落とした。一般人は立ち入りできないが、おそらくは構内に慰霊碑や供養塔があるものと推測できる。市内の如宝寺にも慰霊碑がある。

http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/kusyu-kooriyama.htm
http://is2.sss.fukushima-u.ac.jp/fks-db//txt/10018.002/html/00029.html

 「語りつたえる郡山の戦争」によれば、郡山が空襲を受けたのが3回。第1回爆撃で460名、第2回が39名、第3回が29名が犠牲となった。これは県内でも最多で、郡山駅の東側周辺には軍需化学工場があったため。特に昭和20年4月12日の第1回爆撃では、死者460名も出る大惨事となった。上記の2つの会社だけでなく、東北振興アルミでも47名が亡くなり、浜津鉄工でも4名が死亡。ほかにも横塚、富久山、方八町地区で甚大な被害をもたらした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 8 富田町「コパル」近くのA氏邸

 昔ここで一家無理心中が起きという噂。現在廃屋で、当時の状態のまま放置されているという。地元の人は「静御殿」と呼ぶらしい。
 しかし、このような記事を掲載しておいて心苦しいが、私が40年以上の長きに渡り、当地に住んでいるが、一家心中とか一家惨殺などという話はとんと聞いた覚えがない。まさに噂が噂を呼び、都市伝説化した一例かもしれない。

http://nextresultall.web.fc2.com/fukushima.html

 ここは数年前にすでに解体・撤去されているとの情報をいただきました。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 9 郡山IC近くのラブホテル

 郡山IC周辺の富田町と喜久田町界隈にはモーテルとかラブホテルが多いが、その一角にある横文字の名前のホテルで殺人事件があった。テレビのニュースで流れ、その事実を知ったが、オーナーやホテル名が変わったりして、いまいちハッキリしない。たぶん事件があった部屋は、改装して、ルームナンバーを変更したりして再使用していると思われる。開かずの間になっていると逆に怪しまれるし、新たな都市伝説を生むので、何事もなかったように使用している筈だ。
 この事件は、今から20年くらい経っている為、平成に入ってまもなくの頃だったと思う。これ以上の記載は風評被害や営業妨害になるといけないので自粛します。

 2ちゃんねる「郡山の雑談掲示板」への書き込みでは、今は名称が変わっているが、「セラン」か「アカデミー」ではないか?ということです。

http://subject.jp/thr_res/ctgid=104/acode=0/bid=1831/tid=3581181/tp=1/rw=1/

 また、「大島てるの事故物件」によると、国道49号線の郡山市田村工業団地付近にある見るからにそれとわかるラブホテルでも、殺人事件があったようだ。

 詳しくはコチラ→ http://www.oshimaland.co.jp/?p=z1nz5xes

 私が投稿した訳ではないので真偽のほどは定かではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10 R49線の桑野~開成界隈

 平成に入って立て続けに4件の殺人事件が起きた。

 ① 開成6丁目にあるマンションで起きた高校生同士による殺人事件
   発生日時:平成8年8月27日 加害者の男子高校生の母親が死体遺棄幇助

 ② 49号国道沿いのビリヤード場
   発生時期:平成10年頃、2階のフロアで店長が刺殺された。  
   その建物は今も残っていて、オフィスとして使用中。借主は事件を知っているのか? 

 ③ うねめ通りにほど近いマンション1階のゲーム喫茶「メイクミラクル」
    発生日時:平成14年2月19日午前4時50分、犯人は無期懲役
    この店舗は、今でも借り手がなく(当然だが)、シャッターが閉じられたまま。

 ④ 国道49号線から東側に一本裏に入った小型スーパー(店長が店員を殴り殺す傷害
   致死事件
   発生日時:平成17年12月5日

 大島てるの事故物件には、桑野界隈だけでも7件の記載がある。この一角には、高層マンションも点在していることから、飛び降り自殺も複数件発生している。稀に見るミステリースポットだ。
 そして、やはり「49号線」という不吉な数字が意味する通り、桑野~開成の「49号線」周辺では数多くの死亡事故や殺人事件が起きている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11 うすいの女子寮跡

 三森峠に向かう途中の多田野町に今も廃墟となっている大きな独身寮の建物。もう25年以上前から放置されている。人影ない廃屋なので、前を通るたび背筋が冷たくなる。現在はその隣りが或る商事会社の倉庫となっている。

地図はコチラ↓ クリックすれば拡大します!

Usui

実際は上の地図で、←ココですと記載した建物の左隣りにある場所です。

 追記

 H25年8月17日に通りかかったところ、工事柵に囲まれ、「解体工事中」の文字が・・・。昭和の遺構がまたひとつ姿を消す。残念でならない。

 https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%BF%83%E9%9C%8A%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88

 H28年4月3日に取材に行ったら、なんとまだ壊されずに廃屋のまま残されていた。工事していたのは隣の会社の倉庫だった!でもむやみに侵入するのはお止めください。

Img_6118_r Img_6120_r

 それにしても「うすい百貨店」時代に、中町にあるデパートから15kmも離れた、こんな灯りもない寂しい場所に「隔離」し、女性社員が共同生活を送っていたかと思うと背筋が凍る思いだ。今でも田んぼや畑、墓地があるだけで周辺には何もない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12 御霊櫃峠

 名前からして怖いが、三森峠と中山峠の間にある険しい峠。昔は林道で、中腹から山頂までは未舗装道路だった。野生の狐や狸、イタチなどが道路を横切った。パラグライダーのメッカだが、夜は街灯がなく、不気味な恐ろしい道路と化す。バックミラーを見ないほうがいいようだ。また野生のツキノワグマの目撃例があるので注意。
 私も車やバイクで何度か訪れたことがある。山頂付近には巨大な鉄塔があり、そこに小さい駐車場がある。そこから右手の小高い丘に一直線に続く傾斜のきつい坂道(登山道)を200mほど登れば、西側の眼下には猪苗代湖が眺望できる。しかし、付近には不気味にも、賽の河原でよく見かける、小石を縦に何段も積み重ねた石積みがある。小銭がお供えしている光景も見られるので、独りで行くとマジ怖い。かつてはここの山頂から、ハンググライダーやパラグライダーが飛び立っていた。

Goreibitsu1 Goreibitsu3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13 病院だった場所

   ①本多記念東北循環器病院(並木)・・・現在新築の分譲マンション
 ②郡山総合病院(図景)・・・H4年廃院 現在は医療系の専門学校
 ③太田綜合病院太田記念病院(中町)・・・現在、塀で囲まれ外から玄関は見えない。
 ④保科病院(細沼町)・・・解体計画あり(南東北新生病院に)→その後解体
 ⑤室塚病院(虎丸町)・・・現在高層マンション
 ⑥斗星堂病院(清水台)・・・現在駐車場
   ⑦旧寿泉堂病院(駅前)・・・うすい隣に移転後、取り壊し予定
   ⑧虎丸医院(虎丸)・・・さくら通り沿い、郡山二中の南側にあった個人病院。現在は駐車場。

 なお、星総合病院も2013年1月1日に駅の東側への移転が決まっており、現在の大町にある病院が廃院となる予定。 

 上記のうち、②は病院だった場所をそのまま医療系の専門学校にしたので何ら問題はない。しかし、マンションになっている場所は、廃院になった病院を一旦、解体してそこに建て替えたとはいえ、病院はもともと大勢の入院患者や救急で搬送された方々が亡くなっている場所である。しかもそこは、病室だけではなく、手術室や霊安室すら兼ね備えていた。その跡地利用には憶測を掻き立て、恐怖心や一抹の不安を拭いきれないものがある。なのに、そこが、人が生活を営むマンションになっていることで、より不安を増幅させてしまう。住んでいる方には申し訳ないが、成仏できない死者の魂が浮遊し、それが幽霊の目撃談となる要素を過分に含んでいる。現にネットでは、様々な憶測が飛び交っている。

 追記

 H26.12.31付の地元紙によれば、星総合病院の跡地に6階建ての新型住宅構想が有力との記事が掲載された。しかも交流施設や保育園まで備える複合型住宅とする見込み。いったん取り壊しての再建築するようだが、星総合病院は救急指定で、毎年大勢の入院患者が亡くなった場所。おそらくは開院から移転までの間に1万人以上が亡くなっている。成仏できない霊が多数浮遊し、最悪の場合は地縛霊として未だに残っている可能性が。地鎮祭をやっても、そうした霊はずっとその場に居座る。確かに駅まで至便な場所にあるが、果たして住宅にしてそこに住む住民は大丈夫か?金縛りに遭う寝苦しい夜は多数、得体の知れない現象に苛まれたり、幽霊の目撃例など後が絶たないはず。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14 磐光パラダイス跡地

 現在は広大な空き地だが、昭和44年に起きた隣接する磐光ホテルの大火災で30名が死亡した。私は当時5歳。夜に家の前を何台もの消防車がけたたましくサイレンを響かせて走っていったシーンを記憶している。 
 この大火災にもかかわらず、この一台宿泊&娯楽施設は、その後改装や再建され、磐光グランドホテルとしてリニューアルし、再オープンした。パラダイスの3階の畳敷きの客席があるステージでは、多くの芸能人がリサイタルや歌謡ショーを開催した。

http://blog.goo.ne.jp/nuta1980/e/c4f00d288e4455bc07fc8c5c4cebe4d9

 追記(H27.5.4)

 市議会質問で、磐光パラダイス&グランドホテル跡地は、人工芝フットボール場や公民館などの福祉施設を含む大規模複合型施設の建設が明らかになった。施設は公式戦ができる広さの人工芝サッカーグラウンドをはじめ、夜間照明施設、クラブハウス1棟、駐車場の整備をする。JFAから設置費用の助成を受ける予定で、27年度に実施設計、28年度に建設に入る方針。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15 酒蓋公園&麓山公園(複数の自殺があった場所)

 麓山公園内の戦没者慰霊塔と小高い丘の上の不気味な神社はマジで怖い。前者は、小学時代に友達と探検ごっこをしていて、この内部が納骨堂になっていて、鍵穴から覗いたら、位牌がズラリと並んでいて、背筋が冷たくなった覚えがある。 その後、私はその北隣の公園に降りる土手で、自転車で転んで右脚をスタンドで抉られ、10針以上縫う大怪我を負った。たぶん、英霊への無礼が招いた祟りだったと自分では思っている。
 また、再現された「麓山の滝」周辺の丘の斜面には「従軍記紀念碑」、「養兎慰霊碑」などの石碑が多数あり、その半数が慰霊碑という怖い佇まいを見せている。

 一方、酒蓋公園はここ15年で3人が亡くなっている。2人は池に落ちて事故死、一人は西側のトイレで首吊り自殺。

http://www.kanko-koriyama.gr.jp/tourism/detail3-0-108.html
http://www.kanko-koriyama.gr.jp/tourism/detail3-0-25.html

 「大島てるの事故物件」 http://www.oshimaland.co.jp/?p=j6r2pgz1

 酒蓋界隈は、郡山市内でも放射線量が異常に高いホットスポットとしても有名になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16 郡山市立第○中学校

 10年くらい前に近所に住む老婆が、市内中心部にあるナンバースクールの校庭で焼身自殺した。この事件があった時、私は半径200mしか離れていない場所に勤務していた。朝、現場近くは騒動になっていた。校庭の隅っこのほうで黒焦げになっていた遺体を散歩に来た近所の人が発見し、警察に通報した。新聞にも掲載されたので事実だ。念のために断わっておくが、私の母校ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17 交通死亡事故多発地点

  ①R49号線の喜久田町から熱海町の区間。特に喜久田の消防署付近と安子島周辺
  ②R4号線の善宝池から南東北病院前を経てボウルアピア、岩瀬書店先までの区間
  ③旧4号線(旧国道)の国道288号交差点から内環状線の区間
  ④水門町の行合橋から下行合の郡山変電所近くまで。
  ⑤国道4号線図景にある東邦銀行から郡山東高、3中、49号線を経て静御前通りま
   での区間
  ⑥三穂田町と多田野町界隈(郡山南IC付近の道路と県道6号線沿い)
  ⑦備前舘付近(ディスカウントストア「T」の向かいで2名死亡、「S自動車学校」の前で
    も死亡事故発生)                            

http://www.police.pref.fukushima.jp/oshirase/kikaku/jiko_toukei_index.html

  ⑧郡山市役所北側交差点(悪魔の交差点と呼ばれる)

  https://www.youtube.com/watch?v=JQCC0pa7KXI

 上の中で⑤は死霊に導かれるかのように死亡事故が頻発している魔の交差点。3中の前は「死の交差点」と呼ばれ、向かい側のコンビニに横断しようとしてはねられたり、また東高校北西側の青いマンション前の交差点でも2名が亡くなっている。

 事故ゼロプランhttp://www.thr.mlit.go.jp/fukushima/fukushima_jikozero/htdocs/map/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18 富田町町東の殺人事件現場

 歯科衛生士が殺害された事件以降、事件現場のアパート近辺の逢瀬川の川沿いの遊歩道に・・・。
 また、こうした事故物件は、事件後、最初の借主には不動産屋が告知する義務を有するが、その後は知らせなくていいことになっている。よって格安物件は要注意だ。 

事件のニュース報道 http://www.47news.jp/CN/200505/CN2005050301003788.html

事件のニュース報道 http://www.47news.jp/CN/200505/CN2005050401000439.html

事件の概要=http://blogs.yahoo.co.jp/anderkun/2585474.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19 ア○ホテル(郡山駅西口前)

 平成23年6月に若い男女の飛び降り自殺があった。昔は丸井デパートや西友(後の西武)の屋上からも同様の事故があった。
 また、昭和の時代には、薫小学校北側のマンションでもあったし、桑野や開成6丁目にあるカタカナ名の6階建てマンションや郡山市民文化センターの隣にあった高層マンション(今は取り壊されて無い)からも女子高校生が投身自殺を図った。自殺の場合はプライバシー保護の観点から警察はその場所や亡くなった方の名前を公表していない。新聞に掲載しないこともある。
 また、駅前大通りの曰く付きのホテルでも出るらしいとのもっぱらの噂。かつて有名なディスコがあったホテルなのだが、ここの801号室は危険だとか。詳しくは下のHPを心して読んでみてください。

http://www.oshimaland.co.jp/?p=lu9nrjfl

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20 開成3丁目某銀行

 2001年10月3日、D銀行駐車場で現金輸送車が襲撃されて警備員の男性が射殺された。A高校前の通りは過去にも道路に面した小料理屋で殺人事件が起きている。

http://www.geocities.co.jp/Berkeley/4767/konnshuu.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21 磐越西線沿線

 JR郡山駅から喜久田駅までの間は、人身事故が多発している区間。もちろん事故死も多いが、飛び込み自殺が大多数を占める。私の近所でも2軒のおばあさんが亡くなっている。

「鉄道人身事故」のサイトはコチラ

http://kishadan.com/map/railway-human-accidents/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22 待池台(第2西部工業団地)公園内の池

 平成24年7月10日、深夜に釣りに来ていた本宮在住の22歳の若者が、酒に酔った上に「釣れない」と頭に来て池に飛び込み、溺死した。

http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2012/07/post_20090712111814.html

 私は、その翌日に仕事でこの前を通りかかった。福島県警の「立ち入り禁止」の黄色いテープが張り巡らしてあった。

 この待池台近辺はミステリースポットの色合いが特別濃い。2015年1月24日には、この界隈の尖の森公園で、夜の11時過ぎに乗用車が燃え、中から一人の遺体が発見された。現場付近は火の気がないことから、郡山北警察署では、事件と事故の両面から調査している。

https://www.youtube.com/watch?v=ReVp4Fr1hNY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23 富田町の某小学校界隈

 この近くでは上記「18.」で紹介した殺人事件を始め、昭和後期には学校の敷地沿いに建っていた理容室で韓国籍の男が殺害される事件があった。校庭確保のためにいびつに曲がった道路。その一時停止交差点では、平成18年7月におばあさんが車に轢かれて亡くなっている。
http://www.police.pref.fukushima.jp/oshirase/kikaku/jiko_sokuhou_060719_069.htm

 平成28年7月10日(日)現在、その通り沿いの曲がり角の理容室の建物は未だに空き家として残されていた。もちろん床屋だったという痕跡はすべて取り除かれていたが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

24 小学1年生2人が4歳児を殺害して置き去り 

 福島県郡山市の田んぼで男の子が全裸の死体となって発見され、迷子の末の凍死だと思われたが、じつは小学1年生(7)2人の犯行であることがわかった。小1生2人はキックボクシング遊びで男の子を殴った。鼻血を出して逃げる男の子を追っかけ裸にした。さらに逃げた男の子は田んぼの溝に落ちぐったりして動かなくなった。怖くなった小1生2人は逃走し、置き去りにされた男の子は凍死したもの。(昭和46年1月27日)
 この事件で加害者になった小学生は、もちろん刑事責任を問えなかったが、私と同年代だったので、もしかすると同級生の誰かだった可能性も否定できない。

http://kangaeru.s59.xrea.com/46.htm#1971.1.27

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25 逢瀬スポーツ広場の山奥の一本杉

 三森峠に向かう途中、左折して逢瀬スポーツ広場方面へ向かい、管理所の脇の砂利道を山に向かって登っていくと、かつて郡山市内の夜景が見えるナイトスポットとして人気があった場所へ。周辺には廃墟となった建物や小屋があるが、そこにあった一本杉(実際は松の木)でカップルの首吊り死体が発見されてから進入禁止になった。

http://gost.s35.xrea.com/hukusima/read.cgi?DIR=hukusima&FILENAME=17

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26 眺望苑(郡山市河内)

 ここはかつて知る人ぞ知る夜景スポットだった。逢瀬公園の西側にある南北に連なる県道29号線を北上し、500mほど行った左側に、雑木林に埋もれるようにしてゲートがある。そこを山に分け入るようにして入って行く細い林道があった。ちょっとわかりづらい場所だが、車同士がすれ違えないような、くねくね曲がった砂利道を上がっていくと、これまた郡山市内の夜景を遠景で楽しめるスポットがあった。平成2年頃に、土曜の夜にはカップルで賑わっていた場所だ。通称「眺望苑」という名前で呼ばれていた。そこも街灯ひとつなく、うっそうとした山道で、幽霊の目撃例が相次いでからは、地元の住民以外は立ち入りができなくなった。その周辺は廃屋があったり、朽ちた小屋などが放置されていて、かなり不気味だった。私は2~3回は訪れたことがあった。

 地図はコチラ↓ クリックすれば拡大します!

Photo_2

 追記

 H25年8月17日に前を通りかかったところ、土砂の撤去工事のため、ここの入口は「車両通行止め」措置が取られていることが判明。

 H27年5月1日にも前を通りかかったが、未だに通行止めのバーでシャットアウトされたまま。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27 中山峠界隈

 郡山市と猪苗代町に跨る中山トンネル。かつては豪雪地帯の冬場の難所で、坂道を登れない車で交通渋滞が起きた。しかし、平成元年にトンネルが開通し、S字カーブのように曲がりくねっていた旧道は閉鎖された。坂を上りきった右側にはモーテルがあった。また、郡山側にもモーテルがあったが、バブル崩壊後、20世紀末で潰れて閉鎖されたままとなっている。トンネルの手前の左側には「峠」と書かれた大きな看板があって、その左奥に平屋建ての個別の建物が点在してあった。もちろん私は利用した事は一度もないが。えてしてそういう廃屋化した場所は、ミステリースポットになる要素を多分に含んでいる。

 *H25/6/13(木)に、ブロガーの方から「27」の記事についてご指摘を頂きましたので、一部記載事項を削除し、修正いたしました。コメントありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

28 香久池二丁目の空き事務所

 本籍・住所・氏名不詳、年齢60歳~70歳位、男性、身長163センチ、小太り、白髪混じり、緑色ジャケット、赤と青のマフラー、赤色アスコットタイ、黒色ハンチング帽子、黒色ズボン、黒色短靴、茶色のビニール製バックを所持
 上記の者は、平成21年1月15日午前11時半ごろ、郡山市香久池二丁目地内の空き事務所出入口階段内で 縊死しているのを発見され、遺体は火葬に付し、遺骨を保管しております。 心当たりの方は当市社会福祉課まで申し出てください。
平成21年2月13日 福島県郡山市長 (郡山市の広報HPの文をそのまま記載)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

29 身元不明遺体に関するコーナー

 福島県警の公式HPに掲載されているコーナー。 血液型別に分類され、160名もの情報がある。もちろんこれは、東日本大震災で津波によって亡くなられた方々も含まれている。これらの遺体は何を物語るのだろうか。自殺なのか、それとも殺害されたものなのか。だとしたらさぞかし無念だったに違いない。身元が判明し、真相が明らかになることを祈ってやまない。

http://www.police.pref.fukushima.jp/kanshiki/yukuefumei.html

http://www.police.pref.fukushima.jp/shinsai/mimotohumei.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

30 時効となった大槻町の小学生殺害事件

 これは痛ましい事件だった。私の亡き祖父の自宅があった希望ヶ丘にほど近い小学校に通っていた当時小学4年生の女の子が、突如行方不明となり、20日後に市内中田町の山林で遺体で発見されたのだった。これは1986年(昭和56年)の出来事で、当時16歳の高校生だった私は、祖父の自宅がその小学校に近い場所にあったこともあり、このニュースに衝撃を受けたことを覚えている。しかし、その後、この事件は捜査が難航し、15年後の1996年に時効が成立し、お宮入りとなってしまった。

http://blog.livedoor.jp/mikaiketsujiken/archives/25336202.html

http://bakusai.com/thr_res_show/acode=2/bid=432/tid=4871688/rid=339204286/word=%8CS%8ER/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

31 大平町の閑静な住宅団地で覚せい剤男が散弾銃乱射し、警官隊と銃撃戦

 平成4年に起きた事件。覚せい剤中毒のこの男は、クレー射撃場から銃を奪い指名手配されていた。 民家に 逃げ込もうとした男を警察官が追跡。男は2発発砲し、警察官も応戦し5発発砲、うち3発 が男に命中した。

https://www.youtube.com/watch?v=RImxQK7AK0I

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

32 熱海界隈

 ①河鹿荘・・・地元では有名なオカルトスポット。旅館だったようだが、倒産し、経営者が夜逃げしたため、そのまま放置。現在は噂を聞きつけた廃墟マニアや肝試しの訪問者が入り込み、荒れ放題。骨壷が置かれてあるという目撃情報が多数。具体的な場所は、旧国道49号線沿いの「金×荘×山」の西隣りにある不気味な廃墟となっている建物。目印は太田熱海病院の手前の左側の奥行のない背の高い建物。玄関にHOTELと書かれた表示の印字跡が見える。

http://gost.s35.xrea.com/hukusima/read.cgi?DIR=hukusima&FILENAME=1128222223

内部映像(閲覧注意)

https://www.youtube.com/watch?v=2cUVSU5nwFY

画像を掲載したブログ↓
http://www.usamimi.info/~pimp/php/index.php?days=201102030000

 実はH25/5/3、磐梯熱海町を仕事で訪れ、そのついでに一帯を捜索してその廃墟ホテル(河鹿荘)を見つけた。外見を見た瞬間、とても中に入るだけの勇気はわかず、隣りの駐車場でUターン。その日の夕方にネットで調べたら、約2年半前に、「磐梯熱海町の廃業宿で、男2人が自殺した女性の遺体発見」との記事を偶然見つけた。記事によれば、冬の時期に、肝試しの男二人が中を探索中、リストカットで自殺を遂げたとみられる中年女性の遺体を発見し、警察に届け出る出来事があった。もしそこでならば、私は侵入しなくて正解だった。

2010/12/22 遺体発見を知らせる記事→ http://read2ch.net/newsplus/1292977421/

 ※ 後で確認したところ、上の記事は熱海4丁目の記載があることから、数年前に廃業した「湯元元湯旅館」(浴場の「湯元元湯」は営業継続中)である可能性が出てきました。詳細の確認がとれ次第、再編集したいと考えています。

 ※ 平成25年8月5日(月)に、人間ドックで太田熱海病院を訪れた際に、「河鹿荘」の前を通りかかったら、窓が全室開放され、ホテル全体に足場が組まれていた。おそらく景観を損ねるとかいう理由で、解体して取り壊す見込みのようだ。訪れたいなら、早いうちの方が良さそうだ。夏は入口前は高く伸びた雑草で行く手を阻む状況。迂闊に近寄ると不法侵入となるので敷地内への無断立ち入りはしないほうが無難。

 郡山ではないが、福島県内には全国にその名を轟かせ、廃墟マニアの聖地とも呼ぶべきスポットが点在している。最も有名なのは箕輪スキー場そばの「横向ロッジ」と猪苗代町の野口英世記念館先の西久保交差点から北西側に3km行ったところにある「旧翁島ペンション」。詳しくは下をどうぞ。

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-1e87.html

 ② 高玉城址

 熱海町の母成に行く途中にある古城址。昼間でも不気味で、地元の人でも誰も近寄ることをためらうような鬱蒼とした場所。雑木林は昼間でも薄暗く、手前に石碑が立つ。郡山市の北西部にはここの他、片平や安子ヶ島にも城址が残る。

http://blogs.yahoo.co.jp/takecyann2_40/65359082.html

http://www.geocities.jp/sisin9monryu/fukusima.nakatoori.html

 ③ 高玉金山跡

 ここはかつて金山として栄えた場所。山奥にあって、アクセス道路などはない。枯葉や雑草が生い茂った道を山登りしなければならず、体力がある者しか近づけないため、現地は手つかずで荒れ放題。磐越自動車道からも後にそこにできたテーマパーク跡地が見られる。ズリ山やコンクリ製の選鉱所、煙突、朽ち果てた木造家屋などが散在している。周辺はシーンと静まり返り、不気味この上なし。建家の壁には熊の爪痕が残り、不用意に近づくと生きて帰れない可能性があるミステリースポット。

http://yamaro.asablo.jp/blog/cat/ruins/?offset=100

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-32ab.html

 ④ 母成峠古戦場跡

 1868(慶応4)年、幕藩体制の打倒をめざす官軍(西軍)と旧幕府軍(東軍)が戦った戊辰戦争は、会津若松だけでなく、白河や二本松、猪苗代界隈でも繰り広げられた。この母成峠は、土方歳三率いる新撰組を中心とした東軍800人と、西軍3000人が激突した古戦場として知られている。西軍の主力部隊は、郡山方面からの進入を想定していた東軍の予想に反し、同年8月にもっとも険しい母成峠から会津に侵入した。圧倒的な西軍の勢力を前に、防御が手薄だった東軍はなすすべもなく敗れ、この戦場での東軍の死者は88人を数えた。

http://yaminabe36.tuzigiri.com/fukusima%20nakadoori/bonari.htm

 郡山市熱海町から母成グリーンラインに向かっていくと、石筵牧場の手前左側に、草原牧場のような場所があり、そこに大きな看板で「古戦場」とある。また、その峠道から少し入った場所に慰霊碑が建つ。かつてその峠は大勢の戦死者が出た場所にもかかわらず、1980年代から90年代にかけて、母成峠はローリング族の爆音が峠じゅうにこだましていた。無知が故の英霊に対する冒涜極まりない行為である。その祟りで事故が絶えなかった。今年は「八重の桜」の効果とグリーンラインの無料化に伴い、訪れる観光客が増えると思われるが、神聖な場所なので、歴史認識を持ち、物見遊山で行くことだけは避けて欲しい。

http://blogs.yahoo.co.jp/k2kojima2001/27101388.html

http://nekokyu3.web.fc2.com/3wtohoku03.html

 磐梯熱海周辺は、バイパスが整備されたことで、温泉街を経由しなくなったため、奥座敷化し、通過する車が多くなった。磐梯熱海駅周辺も、駅前にあったスーパーが閉店し、活気が失せている。周辺は廃業旅館や商店などの廃墟が多くなっている。個人的には、「磐光パラダイス」と「磐光グランドホテル」、「秘宝館」などの廃業により、一時代が終焉したことを悟った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

33 郡山市内で起きた殺人事件(1990年以降発生分)

 2009年11月30日付の当ブログ「死刑廃止論の是非」という記事内で掲載したものを再掲載したい。

① 郡山一の進学校の前にあった小料理屋の女性経営者殺人事件(1990年)

② 郡山市富久山町4号線沿いマンションでの殺人事件(時期不明)

③ 郡山市田村町ラブホテルで女性の絞殺遺体発見(1992年)

④ 郡山市麓山の土木塗装会社社長が殺害された事件(1993年 118号事件)
  迫死刑囚は、H25.8.16に収監先の宮城刑務所で病死

⑤ 山崎にある1階スナックで殺人事件(1993年頃)

⑥ 富田町の某小学校前の理髪店での韓国人殺害事件(時期不明)

⑦ 女子高生が交際中の県立高校の男子生徒に殺害され、その母親が死体遺棄を幇助した事件(1996年)

⑧ 公立高校教師Kさんが清水台二丁目の自宅で刃物で刺され殺害された事件(発生時期不詳)
  現在は「敷金礼金無料」を謳い、全国展開している有名アパートになっているが、20年近く前の現場は一軒家だった。さくら通りから郡山病院の坂を北に100m上がった東南角地にあった。金銭問題絡みが原因だった。

⑨ 逢瀬町大久保川17歳無職少女殺害事件(2000年)→未解決

  http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=5492260&id=6088430910

⑩ D銀行開成支店駐車場で起きた現金輸送車強盗・警備員射殺事件(2001年)

⑪ 福島県郡山市富久山町福原福原62 第3 Sコーポ F 自動車学校合宿生が暴行受け死亡(2001年7月)

⑫ 未成年者による女性暴行事件(2002年)→家裁から逆送刑事告訴

⑬ 国道49号線沿いビリヤード場殺人事件(1998年頃) 従業員がオーナーを刺殺

⑭ 国道49号線近くマンション1Fゲーム喫茶店主殺人事件(2002年2月19日)

⑮ 県道355号線沿いのマンション「プリムローズ」2Fにて刺殺事件(2003年頃)

⑯ 中田町民家老女殺人事件(2004年)

⑰ 郡山市町東アパート歯科技工士殺人事件(2005年)メゾンパールホワイト103号室

⑱ スーパー店長による店員暴行死事件(2005年12月5日) ⑪、⑫、⑮は半径300m以内で発生。

⑲ 細沼町アパート住人殺人事件(時期不明)

⑳ 熱海町ホテルで日本青年会議所宴会で火を付け殺害(2006年10月7日)→傷害致死事件で処理

㉑ 久留米アパート息子の嫁殺害事件(2008年5月16日)
 犯人の61歳女性K.Kの懲役18年の判決が確定。現場は久留米4丁目の「リスペクトK」の201号室前の通路で、100円ショップで買った柳刃包丁で、被害者Kさんをアパートの階段付近で待ち伏せし、胸や腕、顔など9カ所をめった刺しして失血死させた。

㉒ 富久山町久保田73歳無職男性殺害事件(2009年12月8日) 犯人の76歳男性に懲役13年の判決

㉓ 逢瀬公園東側入口で43歳の男性が殺害された事件(2010年8月18日) 

㉔ 菜根一丁目の民家で80歳の男性が妻を殺害し、自分も自殺(2012年4月5日) 
  http://d.hatena.ne.jp/liptulip/20120406/p1

 他にも無理心中事件は数多くある。

 郡山北署管内の民家でも2011年3月29日に起き、高齢者の2人が死亡 
 http://www.47news.jp/localnews/hukushima/2011/03/09_1.html

㉕ 麓山二丁目の民家で母親を殴り、死亡させた事件(傷害致死)(2014年3月10日)

 * ⑪は殺人事件ではないが、凶悪犯罪のため、あえて掲載しました。

㉖ 逢瀬町の山林で市内大槻町在住の25歳の男性が他殺体で発見された。被害者は警備員で、15 日の午前中に家族に「 コンビニに行ってくる 」と話して家を出たのを最後に連絡が取れなくなっており、翌 16 日に家族が警察に届け出た。その後、17 日の夕方、家族から「 車を発見した 」と通報があり、警察官が周辺を捜索したところ、18 日、車から 10 メートルほど離れた場所で岡部大樹さんが服を着てうつ伏せの状態で死亡しているのを発見した。県警によると、遺体は死後 2 日から 3 日が経過しており、死因は頭部の外傷とみられるほか、複数の傷があるという。 (2016年5月19日)
 この事件は捜査が難航し、3ヶ月経過した8月21日に、元同僚の犯人が逮捕され、ようやく解決を見た。どうやら犯行に至った動機は借金のようだ。それにしても県内のテレビ局はK田容疑者を早々にマークしていたようで、自宅前で本人に話を聞いており、逮捕後、そのインタビュー映像を速攻で流していた。警察よりも推理力に長けている。

㉗ 郡山市富田町の親水公園でへその緒のついた赤ちゃんの遺体が発見される。
   (2016年10月26日) 出産後、生きたまま放置で死亡。1200gの超未熟児。

㉘ 福島県郡山市富久山町福原神明のアパート「アンソレーユ大多喜Ⅰ105号室」で女性の遺体が見つかり、警察は24歳の無職の男を殺人の疑いで逮捕した。 容疑者は警察に自ら通報して事件が発覚。死因は首を絞められたことによる窒息死。発覚は平成30年2月19日(月)だが、二週間以上遺体を放置した。新しいアパートなのにもったいない。今後、そのアパートの部屋は事故物件として処理される。

 現場のアパートはコチラ http://www.oshimaland.co.jp/?p=h9u3k24l

 事件のニュースはコチラ 
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180219/6050000145.html

㉙ 産婦人科院長が息子に首を絞められて殺害される

 平成31年1月12日午後5時頃、市内並木にある「乾マタニティクリニック」に併設している住宅で、病院長が息子と口論となり、首を絞められて殺害される事件が発生した。院長は別の病院に搬送されたが死亡が確認され、郡山署は息子を殺人の疑いで緊急逮捕した。

㉚ 神明町のマンション1Fの部屋で、63歳の男が介護疲れで25歳年上の妻を絞殺(令和元年10月27日発生)

 他にも未確認ながら、平成初期頃、田村町金屋のマンションの一室で心中未遂による殺人事件があったとの情報あり。更に、時期不詳だが、郡山IC近くのラブホテルで殺人事件があった。テレビのニュース映像を覚えているので間違いないが、それがどこかは不明。また、台新の大型スーパーの南向かい側の店舗兼住宅で、夫が妻を殺害し、遺体を押入れに隠したままにした事件もあった。

㉛ 堤下の文化通り沿いにあるカラオケ店で口論になった相手を階段から突き飛ばし転落死させる

 2019年12月28日(土)の夜、郡山市堤下にあるカラオケ店で、口論になった2人が階段から転落し、ひとりが死亡する事件が起きた。
48歳の男を傷害致死として逮捕した。殺人事件ではないが、過失は大きく、実際に被害者が死亡しているため、敢えて掲載しました。

 また、1983年には富田町向舘の現在はうどん屋さんになっている場所で殺人事件があったと「大島てるの事故物件」には記されてある。

㉜ 令和3年7月18日(日)、安積町荒井田中屋敷のメゾントータル112号室でフィリピン人の女性32歳が殺害され、一部腐敗した状況で発見される。死因は窒息死 郡山署は殺人事件とみて捜査を開始 場所は安積第一小学校の北側にあるアパート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 34 自殺(不審死体が発見)があった場所・・・大島てるの訳あり物件サイトより

 ① 郡山駅の南西側に建つ複合商業施設8階男子トイレ内(首吊り自殺)H19/3/19

 ② 本町一丁目の高層マンションで飛び降り自殺2件あり H6

 ③ 長者町の高層マンションのベランダから駐車場に飛び降り無理心中 H17/2/6
    33歳の女性と4歳の長男が死亡した。

 ④ 郡山市の国道4号線沿い赤木の建物の間で、男性が死亡しているのが発見された    
    (2014年1月)

 ⑤ 郡山市富久山町福原のアパートの一室で、自動車学校の合宿生が暴行を受けて死
亡。(2001年7月)

 ⑥ 郡山市鶴見坦の文化通り沿いのマンションから住人が飛び降り自殺(1980年代後半)

 大島てるの「事故物件」サイトはコチラ → http://www.oshimaland.co.jp/

 ⑦ 大槻町にある小山田の市営団地の4階にて、40代の男性がベランダで首吊り自殺しているのが発見された。警察で調べたところ、爆発物のようなものが置かれ、一時付近の住民が避難する事態となった。(2015年5月12日)

 ⑧ 6日午前1時30分ごろ、福島県郡山市中田町高倉で、県道脇ののり面に大破したワゴン車が止まっているのを通りがかった男性会社員(29)が発見し、119番通報した。
郡山署によると、後部座席で郡山市に住む県立通信制高校3年の女性(21)が死亡しており、床に七輪や練炭の灰が散乱していた。運転席にいた秋田市の無職男性(37)は首や胸を負傷して、市内の病院に運ばれた。
車内に遺書のようなものがあり、同署は、2人が練炭自殺を図った可能性があるとみて、男性の回復を待って事情を聞く。(2008年1月6日)

 ⑨ 郡山市議会議員、I.Yが同市開成山公園フジ棚にて首つり自殺 市政調査研究費を詐取したと17日に有罪判決(2004年5月28日)

 自殺関係に関する記事は、デリケートな部分が多いことから、故人の名誉を損ねないよう、これ以上は掲載を自粛いたします。郡山市内では、民家や線路沿いなどで自ら命を絶つ事象が数多く起きている。特に高層マンションは要注意です。

 ⑩ 郡山市久留米三丁目アパート無理心中事件

 平成28年3月18日にこの事件が発覚した。郡山市久留米郵便局の南側。水天宮の広場の西側近辺に建つアパートの1階で、40代の夫婦の遺体が発見された。刃物による切り傷による失血死の疑いが強く、郡山署は無理心中と見て調べている。久留米地区は、桑野に次いで、不審死や自殺、殺人事件が多い土地柄だ。

http://www.oshimaland.co.jp/?p=swy1ml7g

https://www.youtube.com/watch?v=Ba5WFt3zSkk

 ⑪ 横塚の逢瀬川で死体発見

 令和2年5月15日(土)、市内横塚の逢瀬川で男性が浮いていると発見した人が警察に通報。その後、死亡が確認された。遺体の状況から「殺人事件」と断定し、郡山警察署は「捜査本部」を設置し、目撃者がいないかどうか捜査を開始した。しかし、警察の捜査の結果、死因は溺死で、自殺をほのめかすメモが見つかったことから、自殺を図った可能性が高いことが判明。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 35 郡山の中2女子が行方不明 

 平成27年、長野から4月に故郷の郡山市に引越しで戻ってきて、郡山市西部にある第N中に通っていた中2女子が6月24日から突然行方不明になった。失踪から一ヶ月近く経った7月20日現在も所在不明のままで、家出をするような出来事は一切なく、事件に巻き込まれた可能性が高い。母親が娘の携帯のGPS機能で足取りを追跡したところ、東京駅近くの書店のトイレで女子生徒の携帯が水没していることが発見された。本人が所在を確認されるのを恐れて自ら携帯を廃棄したのか、誘拐犯が証拠隠滅のために捨てたのか、すべてが謎だらけの事件で、一刻も早い発見が望まれる。

ニュース記事はコチラ→ http://breaking-news.jp/2015/07/17/020790

 この日(7月20日)の午後、この少女が自ら郡山警察署に出頭し、保護された。事件性は低いと見て、この少女から失踪の経緯やその後の足取りを事情聴取している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今回紹介した場所は、真偽のほどが明らかではない単なる噂であることが多く、「心霊スポット」ではないことを再度付記しておきたい。更に、念の為にお断りしますが、ここで紹介した場所は現在、管理地である場合も多く、肝試し的な発想や興味半分で無断で立ち入ると、不法侵入罪に問われる場合がありますので、違法行為はくれぐれもしないようにお願いします。
 そして、殺人事件現場や人が亡くなった場所なのに、それを知らないで部屋を借りているケースもあるかもしれない。よって多少なりともこの記事で情報を提供しすることで、警鐘を鳴らしたいと考えました。

 また、本記事掲載の趣旨には、郡山市民の方々の不安を煽るような意図は全くありません。我が町、郡山市は今でこそ「楽都」として名誉を挽回しているが、かつてはヤーさんが多く、犯罪多発都市として「東北のシカゴ」というありがたくないレッテルを貼られた時期があった。治安が数段良くなったとはいえ、犯罪がなくなることはない。そうした犯罪の未然防止への意識啓発とその予防線を張る上で、過去にこのような事件や事故があったことを認識してほしい為である。
 結びにあたって以上のことを明記しておきたいと思います。

 なお、本記事全般もしくは一部の引用、または転載は認めておりません。ご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 36 事故の多い踏切

 交通の要衝である郡山市は、JRだけで5つも路線が乗り入れている。東北新幹線は高架橋だが、在来線も東北本線、磐越西線、磐越東線、水郡線などが通り、その在来線のうち3路線は郡山がターミナル駅となっているほどだ。ゆえに、道路との交差も多いため、沿線沿いには踏み切りも数多く設置されている。
 郡山市は飛び込み自殺などの人身事故、車の故障や踏切内立ち往生で列車と衝突する物損事故も多く発生している。特に多いのが、平成29年4月開業予定の「郡山富田駅」が設置される磐越西線の富田周辺だ。では多少古いが、平成19年と20年の事故の統計を見てみたい。
 若宮踏切  平成19年 物損事故4件 人身事故0件
 音路踏切  平成19年 物損事故4件 人身事故6件
         平成20年 物損事故2件 人身事故2件
 北向踏切  平成20年          人身事故1件

 つまり2年間でこの3つの踏切で人身事故が9件と突出している。そこで市は内環状線の立体交差工事を急ぎ、開通後は、音路踏切を閉鎖し、事故は皆無になったという経緯がある。しかし、郡山富田駅開業で、人の動きが変わるため、駅周辺の踏切も交通量が増える懸念がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 37 ゴミ屋敷の主が火災で焼死

 全国的に知られた郡山市赤木町にあったゴミ屋敷。周辺地域の住民からの苦情が相次ぎ、市が強制代執行に踏み切り、一帯は浄化された。この家主、とんんでもない地主で、この地を追い出され、菜根に移住したが、そこでもごみを溜め、住民とトラブルが絶えなかった。しかし、家主である74歳の平野昭太郎が焼死した。近所迷惑で自分本位の生活が招いた災難で、自業自得との声が多く聞かれた。

https://www.youtube.com/watch?v=0tgr6qx1jcM

 関連ブログ

 「福島県で起きたミステリー事件ファイル」

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-1a18.html

 「磐梯熱海・猪苗代周辺ミステリー探険」

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-1e87.html

 「福島県の犯罪歴一覧」

http://www.ansin-jp.com/example/example.php?way=0&ex_build=0&mydate=0&city=7&pg=1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 追記情報

 H25.4/29に 31 磐梯熱海界隈を追加
 H25.5/ 3 に 31 磐梯熱海界隈に、①河鹿荘(一部記事を追加)及び③高玉金山跡を追加
 H25.8/5 に 31 磐梯熱海界隈の①河鹿荘に一部記事を追加
 H25.8/17に 11 うすい女子寮跡に記事を追記追加
 H25.8/17に 25 眺望苑に記事を追加
 H25.8/18に 3.5.6.8.13.17.31.の記事および後記に加筆
 H25.9/16に 記事を一部修正
 H26.3/8 に 33.自殺(不審死体が発見)があった場所を追加
 H26.3/10に 32.郡山で起きた殺人事件の場所に㉑を追加
 H26.6/6 に 31. の河鹿荘の記事を一部訂正
 H26.6.11に 15. 酒蓋公園&麓山公園の記事を一部修正し、サイトをリンク 
 H26.8.22に 記事全体を読みやすいように再校正しました。
 H26.8.25に 1~12.の記事に補足説明を記載しました。
 H26.8.26に 9.の記事にリンクを追加記載しました。
 H26.9.5 に  記事全体の補足説明を記載しました。
 H26.12.26に 7.保土ヶ谷化学の記事に補足説明を追加
 H26.12.31に 13.星総合病院の記事に補足を追加
 H27.5.4に 14.と25.の記事に補足を追加
 H27.6.2に 記事全体に補足事項を追記
  H27.7.20   記事全体を補足追記 中2女子行方不明記事を追加
 H27.7.24  18の記事に補足追加
 H27.7.24   10の記事にリンク記事を追加し、一部修正
 H27.7.31   32 郡山市内で起きた殺人事件の記事に㉒を追加
 H27.7.31   33 自殺に⑧⑨の記事を追加
 H27.9.1 18の記事に関し、事実と異なるとのコメントを頂きましたので、一部を削除いたしました。
 H27.11.22 11.のうすい女子寮跡の記事に、Twitterの投稿記事をリンクしました。
  H28.3.19 34自殺の項目に久留米で発生した無理心中事件を追加
  H28.4.3  11.のうすい女子寮跡の記事に、今でも現存している旨の記事を追加。
 H28.5.19 33.の郡山市内で起きた殺人事件の記事に24を追加
 H28.6.2 ryuさんから詳細情報を追加
 H28.6.3 36.事故の多い踏切を追加
 H29.8.23 37.ゴミ屋敷の主人が焼死の記事を追加
 H30.2.19  33 郡山市内で起きた殺人事件に記事を追加
 R1.10.27  33 郡山市内で起きた殺人事件に記事を追加
 R2.5.15 34 郡山市内で起きた殺人事件に記事を追加
 R3.7.19  ㉜郡山市内で起きた殺人事件に記事を追加



 

 

2012年12月23日 (日)

今も続く長寿番組と復活して欲しい番組

 私が生まれる遥か前から続く長寿番組がある。息の長い番組というのは、何か世代を超えて楽しませてくれる何かが存在する。単なる笑って終わりではなく、コンセプトやターゲットが明確で、まるで水戸黄門のようにストーリーがわかりやすく、視聴者が安心して観られる番組が人気を醸すようだ。今回はテーマを2つに分け、現在までこよなく愛されて放送を継続している長寿番組とぜひとも復活させて欲しいテレビ番組をピックアップしたい。ただし、毎日繰り返されているニュース・天気予報・料理番組(きょうの料理・キューピー3分間クッキング)は除く。

 徹子の部屋 36年

 テレビ朝日(番組開始時の旧社名:日本教育テレビ( NET))系列で平日 13:20 - 13:55(JST)に放送されているトーク番組で、黒柳徹子の冠番組。A型の気質らしく、早口でまくし立てるようにしゃべりまくり、ゲスト以上に目立つ。1976年から続き、毎週、今が旬の一人(ひと組)のゲストをスタジオに招き、話に花を咲かせる。

 笑点 46年

 1966年から日本テレビで続く長寿番組。時代ごとに放送時間を変えてきたが、現在は日曜日の17時30分から放送。毎回一人(ひと組)のゲストが演芸コーナーで持ちネタを披露する。落語、漫才、コント、漫談、手品(もどき)、大道芸など。その後、カラフルな羽織に身を包んだレギュラー噺家たちが登場し、大喜利が始まる。お題は3つで、毎回掛詞やダジャレ、社会風刺などで客を楽しませる。私は故三波伸介さんが司会をしていた頃から観ていた。小圓遊さん、こん平さんなども健在だった。円楽さんなど年々レギュラー陣が減っていくのが寂しい。個人的には桂歌丸さんが解答者だった時の軽妙かつ含蓄ある解答が大好きだった。

 クボタ民謡お国めぐり 38年

 残念ながら震災後の2011年9月24日で終了してしまった。制作は秋田テレビだが、東北6県をつないで放送していたローカル番組だった。福島中央テレビでは日曜日の7時30分からネットし、30分番組だった。

 NHKのど自慢 58年

 『NHKのど自慢』は、日本放送協会(NHK)の公開視聴者参加の歌合戦番組。1946年の放送開始以来、60年以上続いている長寿番組である。全国各地の各都道府県をめぐり、毎週日曜日に12時15分から45分間放送の公開収録番組。オーディションによって選ばれたのどに覚えのある地元の老若男女を問わない住民たちが、生演奏で歌いまくる。

 名曲アルバム 36年

 1976年4月5日に開始されたNHKのクラシック 音楽番組で、現在では総合テレビ、教育テレビおよび海外向けNHKワールド・プレミアム で放送されている。現在はハイビジョン映像・ステレオ音声での制作である。映像は、その曲にちなんだ国の風景や名所などを流し、旅の情緒も味わうことができる。

 いい旅夢気分 26年

 テレビ東京で毎週水曜日の20:00 - 20:54( JST)に放送されている紀行番組・旅番組。 2010年10月からのタイトルロゴ上での表記 は、『いい旅夢気分』となっている。 全編ハイビジョン制作で、テレビ東京系列、他一部の地方局およびBSジャパンでは字幕放送を行っている。BSジャパンでも地上波放送の翌週月曜日19時55分から放送され、一部地域とBSジャパンでは再放送も行われている。1986年4月に番組放送開始。2007年10月3日放送分で放送開始から1000回目を、2011年4月に放送開始25周年を迎えた長寿番組である。そして2012年3月21日放送分で放送1200回を迎え、3時間スペシャルが放送された。

 笑っていいとも!30年

 フジテレビ系列にて1982年(昭和57年)10月4日から平日12:00 - 13:00(JST)に生放送 されている、タモリの冠番組。テレフォンショッキングでのゲストトークや定期的に変わるショーアップコーナーで盛り上げる。レギュラーゲストも毎日入れ替わっている。黄金期は、金曜日出演だった明石家さんま。羽賀研二や野々村真らが担当した「いいとも青年隊」もブレイクした。いいとも選手権で締める。私が大学生活の4年間に毎日のように観ていた。20回以上観覧希望のハガキを出したが、一度も当たらなかった。

 おかあさんといっしょ 55年間

 NHKで1957年10月から「55年間」に渡り放送されている健康番組。ひたすら体操をするあの独特の映像はみなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか? ちなみに海外でも見ることができます。歌のおにいさんとおかあさんが定期的に代わり、「あいう~」の体操は息が長い。私は子供と一緒に観ていたが、速水けんたろうと茂森あゆみのコンビが良かった。体操のお兄さんは佐藤弘道で決まり!「ドレミファどーなっつ」がお気に入りだった。NHKホールや全国行脚する「ファミリーコンサート」も名物行事になった。

 皇室アルバム

 1959年10月5日より放送されている民放で一番古いレギュラー番組。継続期間は「53年ちょうど」で、2012年10月6日の時点で放送回数は2717回になります。

 サザエさん 42年間

 放送は1969年(昭和44年)10月5日から、『忍風カムイ外伝』の後番組としてフジテレビで、第1話「75点の天才!」で始まり、2011年現在、放送年数42年、放送回数2000回以上、放送話数6400話以上の同局系列のアニメの長寿番組、そして平均視聴率が20%前後という非常に高い部類に属する国民的な番組として現在も続いている。庶民に愛されているアニメだが、登場人物が海や魚に関する名前なのがユニーク。

 ドラえもん

『ドラえもん』は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』を原作とするテレビアニメである。1973年4月に放送を開始した。私が中学生の頃にスタートしたが、それまではモノクロの漫画しか見ていなかった当時の人々は、ドラえもんの色が青だったことにも驚いたし、大山のぶ代さんのあのハスキー声だったことも驚いた。今では声優陣が初代メンバーとは全員が入れ替わった。

 ミュージックフェア

 1964年8月から放送されている長寿音楽番組です。放送期間は「48年と2ヵ月」。かつては日曜の23時過ぎに放送されていましたが、2001年から現在の土曜18時になりました。

 タモリ倶楽部 30年

 テレビ朝日系列にて1982年( 昭和57年)10月8日から田辺エージェンシーとハウフルスの共同制作で放送されている 深夜バラエティ番組である。タモリが司会を務める冠番組。

 次に提案だが、昔視聴率が高かった人気番組を単発(1回放送)でいいから当時と同じキャストで再制作して放送して欲しい。番組名は「懐かしのテレビ復活祭」とし、週替わりで懐かしの番組をリメイクしてお送りする。テレビ関係者が読んでいればぜひ実現をお願いしたい。

 復活して欲しい番組ベスト20

 1位 プロポーズ大作戦・・・大学生同士のフィーリングカップル5vs5

http://www.youtube.com/watch?v=-cQA8oEbQYc

 2位 連想ゲーム・・・頭の体操に最適 勉強になる。

http://www.youtube.com/watch?v=EkK-OVtjljA

 3位 ザ・ベストテン・・・久米宏・黒柳徹子の名コンビで

http://www.youtube.com/watch?v=cLWqiGJvTkI

 4位 8時だョ全員集合!・・・ドリフ4人でやってほしい。

http://www.youtube.com/watch?v=65qXhmtYI10

 5位 夜のヒットスタジオ・・・井上順と芳村真理の名コンビ。月曜22時から。

 http://www.youtube.com/watch?v=gsJ_d68Car0

 6位 木曜スペシャル(UFO特集・引田天功大脱出・探検隊シリーズ)

http://www.youtube.com/watch?v=7fBze_BVRh8

 7位 江戸川乱歩の美女シリーズ 明智小五郎は誰?

http://www.youtube.com/watch?v=PJaS08XM8Gg

 8位 野生の王国・・・日立の「この木なんの木」がCMで流れる。

http://www.youtube.com/watch?v=EJZ_tJYG2Xo

 9位 スター誕生・・・萩本欽一司会。

http://www.youtube.com/watch?v=7MWxo62yCiM

http://www.youtube.com/watch?v=SWpro_0ZdUM&playnext=1&list=PL1941F1C87FACCD51&feature=results_video

10位 それは秘密です・・・元祖再会番組

http://www.youtube.com/watch?v=r6su9OsehZg

11位 オールナイトフジ・・・終了時刻未定の女子大生のお色気ムンムン番組。

http://www.youtube.com/watch?v=n4Lu92fmc7Y

12位 欽どこ・・・テレ朝の水曜21時。萩本欽一、真屋順子、わらべ、見栄晴

http://www.youtube.com/watch?v=PwAHNvQDP-s

13位 クイズドレミファドン!・・・イントロ当てクイズの決定版。

http://www.youtube.com/watch?v=e8KLHkB3QSw

14位 飛び出せものまね大作戦・・・あのねのねの司会。素人ものまね名人発掘番組。

15位 俺たちひょうきん族・・・土曜の20時から。

http://www.youtube.com/watch?v=kWNQXnsDtMs

16位 ウリナリ(芸能人社交ダンス部)・・・サンバやルンバ、パソドブレ、ジャイブなどでコンテストでの入賞や級獲得を目指す。

http://www.youtube.com/watch?v=Zi_yroGwEvI

17位 ウンナンのホントコ(未来日記)

http://www.youtube.com/watch?v=w_EdbDdl3Gk

18位 投稿特ホウ王国・・・ナニコレ珍百景と同じコンセプト

http://www.youtube.com/watch?v=xYSaabo1uFY

19位 プロジェクトX・・・国井&膳場さんの名司会。田口トモロヲの名ナレーション

http://www.youtube.com/watch?v=ahCZXVpI3Vg

20位 びっくり日本新記録・・・最後の大野しげひさのナレーションは必須

http://www.youtube.com/watch?v=x3dPUjQMm1k

 他にも 「いたずらウォッチング」、「天才たけしの元気が出るテレビ」、「東芝名人劇場」、「スーパーテレビ情報最前線」、「なるほどザ・ワールド」、「アイアイゲーム」、「アメリカ横断ウルトラクイズ」、「底抜け脱線ゲーム」、「クイズヒントでピント」、「学校へ行こう」、「夕やけニャンニャン」、「霊感ヤマ勘第六感」、「クイズダービー」、「なるほどザ・ワールド」「お笑いマンガ道場」、「」なども復活させてほしい。

 記事作成:12月12日(水)~14日(金)

2012年12月20日 (木)

ショックを受けた有名人の訃報

 今年も年の瀬に来て、森光子さんや中村勘三郎さん、そして小沢昭一さんが相次いで天に召された。若くして惜しまれながら亡くなる人もいれば、90歳を越え、天寿を全うした人もいる。神は平等に人間に生を授けながら、死は人それぞれである。以前、人の一生は「細く長く生きるか」、「太く短く生きるか」どちらかという記事を執筆したが、今日紹介する方々は「太く短く」生きた面々かもしれない。年を重ねるごとに、死への概念が大きくなる昨今、私がこれまでの半生の中で、有名人の急逝や訃報で衝撃を受けた方々について映像を添えて紹介したい。

 第1位 天知 茂

 ご存知、不死身の「明智小五郎」役がハマリ役だった。ニヒルでハードボイルド、ダンディにして渋みがかった存在感ある名優だった。「非情のライセンス」や「土曜ワイド劇場」の「美女シリーズ」で名を馳せた。しかし、1985年(昭和60年)7月27日、クモ膜下出血により渋谷区の日赤医療センターにて急逝した。満54歳という若さで没。眉間に横に皺が寄る珍しい方だった。血液型はB

http://www.youtube.com/watch?v=htyoQ6koUQQ

http://www.youtube.com/watch?v=PJaS08XM8Gg

 第2位 坂井泉水

 1990年代を代表するシンガー。「ZARD」の美人ヴォーカルとして、CDのトップセールス始め、ミュージックシーンを鮮やかに彩ったポップスの歌姫。短大卒業後、OL生活を経験。レースクイーンやグラビアモデルなどの下積みを経て、その後、シンガーに転向し、人気アーティストに上り詰めた。6thシングル「負けないで」で大ブレイクして以降、メディア露出やライブ活動を全くしなかった。選抜行進曲にもなった。生涯を通し、数回のテレビ、ラジオへの出演以外はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆ど行わなかった。2007年5月27日、癌闘病中に、階段からの転落による脳挫傷が原因で死去。40歳没。血液型はA

http://www.youtube.com/watch?v=GFhv8t-QHOM

http://www.youtube.com/watch?v=o7rPQo0WtCM

http://www.youtube.com/watch?v=klmgrpoqisQ

 今でも彼女の死が信じられない。彼女の歌を聴くたびに会いたくなってしまう・・・。

 第3位 テレサ・テン

 1970年代から1990年代にかけて、母国台湾のみならず 香港・マカオを含む中華文化圏全域ないし日本などの東アジア文化圏ならびにその他の地域において広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれている。日本ではどちらかというと演歌歌手のイメージが強いが、実際はかなり幅広いジャンルの歌を歌っていた。日本でリリースされた曲は約260曲。1995年5月8日、静養のためたびたび訪れていたタイ・チェンマイのメイピンホテルで気管支喘息による発作のため死去。42歳の若さだった。血液型O
 「時の流れに身をまかせ」、「つぐない」、「愛人」、「別れの予感」、「空港」が代表作

 第4位 アイルトン・セナ

 日本でも大人気を誇ったブラジル出身の天才F1ドライバー。「音速の貴公子」と呼ばれ、アランプロストと実力を二分し、F1ブームの火付け役となった。フジテレビが深夜に全GPレースを中継した。相当な日本贔屓として知られ、本田宗一郎を崇拝し、マクラーレンホンダでは、年間チャンピオンにも輝き、自他共にNo.1ドライバーだった。その絶頂期だった1994年シーズン、サンマリノGPにおいて、悪魔にとりつかれたかのようにコーナーを直進し、壁に高速のまま激突しクラッシュ。サーキットに悲鳴がこだまする中、ヘリで病院に空輸搬送されたが、還らぬ人となった。彼の死は母国だけでなく、全世界に衝撃を与えた。彼の死の報はたちまち駆け巡り、サッカーの試合を中断して黙祷が捧げられたほか、国葬として葬儀が行われた。今でも柩の上に彼愛用の国旗のカラー(黄色と緑)をあしらったヘルメットが置かれていた光景を忘れることはできない。1994年5月1日、34歳で没。血液型はB

http://www.youtube.com/watch?v=O9fJsDy29U0

http://www.youtube.com/watch?v=Yixn_JGxGQA

 第5位 石原裕次郎

 ご存知「日活」のヒーローとして昭和30年代の銀幕を華々しく彩った。太陽族や裕次郎カットなど次々と流行を生み出し、若者のファッション&ステータスシンボルとなった。その後、映画からテレビへと活躍の場を移し、「太陽にほえろ」のボス役や石原プロモーションを設立以降は、渡哲也とコンビを組み、「大都会」や「西部警察」シリーズに出演した。複雑骨折、大動脈瘤手術、肝臓がんの発症など晩年は病気やケガとの闘いを強いられ、1987年に慶應義塾大学病院に入院。退院した(カテーテル治療)ものの容態悪化(高熱)、ついには幻覚症状(肝性脳症)を発する。そして7月17日金曜日午後4時26分肝細胞癌でこの世を去った。満52歳での今生の別れとなった。血液型はA

 第6位 岡田有希子

 彼女の死は衝撃的だった。人気絶頂のアイドル歌手でありながら、自分の所属事務所の屋上からの投身自殺による最期だったからだ。原因は先輩俳優への失恋したというのが一般的の見方だが、真相は不明。1986年4月8日、18歳で没。血液型はO
 このショッキングな出来事は、夕方の生放送番組「夕やけニャンニャン」で速報として報じられ、絶句したことを覚えている。その時、私は現場(四谷)にほど近い三軒茶屋のアパートにいたのだった。

http://www.youtube.com/watch?v=kO3R39Wlm-A

http://www.youtube.com/watch?v=B7cPgL70fHo

 第7位 緒形 拳

 彼ほど数多くの日本映画に出演し、テレビドラマで活躍した名優は少ないだろう。実力派で、名作と呼ばれている邦画には殆ど出演している。泥臭い、人間味溢れた演技が真骨頂で、人間の本音や本性を露骨に表現し、迫真ある名演を残した。代表作は「鬼畜」、「復讐するは我にあり」、「八甲田山」、「峠の群像」、「風林火山」などで、フジテレビの「風のガーデン」が遺作となった。2000年、紫綬褒章受章。2008年10月4日、自宅で体調が急変。獨協医大病院に運ばれ肝臓破裂の緊急手術を受けるも、翌2008年10月5日午後11時53分、肝癌により死去した。満71歳での急逝だった。血液型はB

 第8位 松田優作

 彼も若くして亡くなったひとりだ。文学座出身。日本人と韓国人のハーフ。出世作となった「太陽にほえろ」のジーパン刑事役で大ブレイクし、「俺たちの勲章」、「探偵物語」、「メインテーマ」、「家族ゲーム」などのテレビ・映画作品のほか、ハードボイルド系の「蘇る金狼」、「人間の証明」などでその名を不動のものにした。遺作となった映画「ブラック・レイン」の撮影中に体調を崩す。膀胱がんに侵されていた。1989年 (平成元年) 11月6日 - 午後6時45分、入院中の西窪病院 (現在の武蔵野陽和会病院) で膀胱癌の腰部転移のため死去。40歳没。早すぎる死であった。葬儀の際、夫人の熊谷美由紀が泣き崩れていた映像を忘れることはできない。血液型はA

 第9位 逸見政孝

 その年の9月に自分がガンであることを記者会見で公表し、生還を約束。手術を受け、闘病生活を送っていたが、会見から僅か3ヶ月後のクリスマスイブに天に召された。夕やけニャンニャンのニュースコーナーで、司会の鶴太郎との巧妙な掛け合いから親しみのあるアナウンサーとして人気を博し、その後、歌番組やバラエティー番組で大ブレークした。「スーパータイム」、「平成教育委員会」が代表作。血液型はB

第10位 美空ひばり

 昭和を代表する歌手、女優であった。江利チエミ、雪村いずみと共に「3人娘」と呼ばれ、幼少(子役)から銀幕のスタートして君臨した。その後、映画を離れ、歌手活動に専念した。お嬢と呼ばれ、交友関係が広く、みんなに慕われた。「東京キッド」、「リンゴ追分」、「お祭りマンボ」、「悲しい酒」、「真っ赤な太陽」、「愛燦燦」、「みだれ髪」、「川の流れのように」などの大ヒットで知られる。晩年は、苦楽を共にした母親の死や兄弟の相次ぐ死去の報にも気丈に振る舞い、歌手活動を継続。国民栄誉賞を受賞した。その後、壮絶な病気との闘いを強いられ、1989年6月24日、間質性肺炎による呼吸不全のため逝去した。52歳没。関係者によると手術室で全身麻酔をかけられたまま逝ったという。血液型はO。彼女の死去はニュース速報で流れ、人々は彼女の死で「昭和の時代」の終焉を悟った。

 さて、今回はランキングなので10名のみセレクトした。上記以外でも、いかりや長介さん、沖雅也さん、元キャンディーズのスーちゃんこと田中好子さん、ブルース・リー、ジェームスディーン、最近ではパクヨンハ、上原美優さんの死は衝撃的だった。

 病気で闘病中の方ならまだしも、自殺や突発性の病気で亡くなった場合は、その衝撃は大きい。或る日、何の前触れもなくその知らせを受け、周囲は気が動転するばかりであろう。いずれもその時代を代表するスターであり、絶大な人気があった方々だ。今年も大勢の名優が逝った。二谷英明さんや大滝秀治さんなどの名優がこの世を去った。それぞれが個性に溢れ、味のある役者だった。年を追うごとに見送ることが多くなった。今宵は彼らの遺した名作に触れ、酒でも飲みながら彼らの名演技を肴にしてみてはどうだろう。

 記事作成:12月12日(水)

  追記

 平成25年10月5日(土)の夕方、エンタの神様に出演し、「スケバン恐子」のコントで人気を博した「桜塚やっくん」が仕事に向かう途中、山口県の中国自動車道で単独事故を起こして、道路に出たところを後続車にはねられて亡くなった。死因は心臓破裂で即死状態だった。37歳という若さだった。事故死はあまりにも突然で、予期せぬ事態であり、周囲に与える影響も大きい。謹んでご冥福をお祈りいたします。合掌。

http://www.youtube.com/watch?v=MvZzuE9rXqY

 

2012年12月18日 (火)

懐かしすぎる特撮ヒーロー ~実写版~

 1964年(昭和39年)生まれの私にとって、その年は時代を象徴する転換期にあった。まず、秋の東京オリンピック開催に向け、新幹線などの高速鉄道や首都高速道路、ホテル建設ラッシュなどさまざまなインフラ整備が進み、世界各国から人が押し寄せ、勢いと活気があった時期だった。経済面でも「オリンピック景気」に湧き、その後の高度経済成長、ベビーブーム、3Cが持て囃され、池田勇人の「所得倍増計画」、田中角栄の推し進めた「日本列島改造論」などの政策により、日本は戦後もっとも多く活気に溢れて賑わいを見せた時代であった。しかし、一方では産業発展の副産物として公害問題が深刻化し、光と影が見え隠れしていた。郡山市でも、昭和39年に新産業都市に指定され、紡績工業や石油化学工業が栄え、近代都市化が進み、商都として現代まで繁栄が続いている。

 さて、そんな物心ともに豊かな時代にあって、テレビではウルトラシリーズや仮面ラーダーを始めとし、様々な変身ヒーローや戦隊ものの正義の味方がブラウン管を闊歩し、ちびっ子たちの視線を釘付けにした。そこで今回は、主に、私が幼少時代を過ごした昭和30年代後半から40年代にかけて、世の中を席巻したテレビのヒーローたちを取り上げ、同年代の方々と一緒に「古き佳き時代」を懐かしんでみたい。ただし、今回はシリーズもので、今でも制作されているウルトラマンと仮面ライダー、戦隊ものはメジャーすぎるために除外し、特に実写版で、もう制作されていない番組のヒーローについて、オープニング映像付きで10作品紹介したい。ただし紹介する映像は、予告なく削除される場合があることを予めご了承願います。

 シルバー仮面

 1971年(昭和46年)11月28日から1972年(昭和 47年)5月21日まで、宣弘社と日本現代企画の製作により、TBS系で毎週日曜19:00 - 19:30(JST)のタケダアワーにて全26話が放送された特撮テレビ番組確。か小学校低学年の頃に放送していた。巨大化する前は、顔のした半分が仮面ではなく、モロ見え状態。

 ミラーマン

 1971年12月5日から1972年11月26日にかけて全51話がフジテレビの日曜日19:00-19:30枠に放送された、特撮ヒーロー番組。シルバー仮面の対抗策として制作された。

 スペクトルマン

 1971年(昭和46年)1月2日から1972年(昭和47年)3月25日 にかけてフジテレビで土曜日19:00-19:30に全63話が放送された、ピー・プロダクション が企画、制作した特撮ヒーロー番組。宇宙からの侵略者「宇宙猿人ゴリ」の送り出す怪獣対ネヴュラの星のヒーロー・スペクトルマンの戦いを描く。

 仮面忍者赤影

 全52話が1967年4月5日 - 1968年3月27日まで関西テレビ及びフジ テレビ系列で毎週水曜日19:00 - 19:30に放送された。「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に『金目教』という怪しい宗教が流行っていた…」というアバンタイトルにあるように藤吉郎は天下平安を願い、飛騨の里の影一族に助けを求め、赤影、白影、青影の三人の忍者が駆けつける。かくして彼らは藤吉郎の命を受け、奇っ怪な忍者集団との戦いを繰り広げてゆく。

 愛の戦士レインボーマン

http://www.youtube.com/watch?v=SOd58l9HUtg

 1972年(昭和47年)10月6日から1973年(昭和48年)9月28日までNET系で毎週金曜日19:30 - 20:00に全52話が放送された。レインボーマンに変身するヤマトタケシと「死ね死ね団」の戦いが描かれたテレビドラマ。七曜にちなむ7種類の姿に変化(へんげ)し、それぞれの姿にちなんだ超能力を発揮する。

 マグマ大使

 地球の創造主アースが、地球侵略を狙う「宇宙の帝王」ゴアとの戦いの ために生んだ「ロケット人間」である。マグマ大使は、アースがマモル少年に与えた特殊 な笛によって呼び出される。マモル少年たち正義の味方と、地球征服を企む宇宙の帝王ゴア、ゴアの差し向けた敵との戦いを描く。TV実写版は、1966年(昭和41年)7月4日から1967年(昭和42年)9月25日まで全64回された。

 超人バロム1

 1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、よみうりテレビ製作・日本テレビ系で毎週日曜日19時30分から20時00分に全35話が放送された。大宇宙で何千年も戦い続ける二つの力があった。一つは、平和と正義の力であるコプー、もう一つは、悪と呪いの力であるドルゲ。激しく永い戦いの果てにドルゲは地球に到達し、地底深くに住処であるドルゲ洞を構え、地球を悪の世界にするための活動を開始する。

 怪傑ライオン丸

 1972年(昭和47年)4月1日から1973年(昭和48年)4月7日までフジテレビ系で毎週土曜日19:00 - 19:30に全54話が放送された、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ番組。時は戦国時代。ヒマラヤ山中で邪悪な妖術を身につけた1人の男が「大魔王ゴースン」を名乗り、戦乱の日本征服を目指して乗り込んでくる。彼は自分と同じようにチベットで修行し、妖術を身につけている偉大な忍者・果心居士の存在を危険視して、手下のオロチを人間に化けさせて刺客として送り込んだ。獅子丸は太刀の力を用いた「忍法獅子変化」で、白いたてがみをなびかせた獅子面の剣士・ライオン丸に変身してオロチを倒す。そして3人は居士の遺志を受け継ぎ、ゴースンの送り込む暗黒魔人達を倒すため諸国を行脚して戦う。

 がんばれロボコン

 1974年10月4日から1977年3月25日にかけて、NETテレビ(現・ テレビ朝日)系で全118話が放送された子供向け特撮番組。ロボット学校に通っているロボット達が人間社会に派遣され、世のため人のために働きながら一人前のロボットに成長していく過程を描いたもの。主人公のG級ロボット・ロボコンは、常に失敗ばかりでガンツ先生に怒鳴られてばかり。しかし、それを乗り越えてA級ロボットに成長するための努力を惜しまない。

 他にもキカイダーや光速エスパー、ジャイアントロボがある。個人的にはウルトラセブンが大好きで、ウルトラシリーズの中では、かなり凝った作りで、細部にまでこだわっていた。モロボシ・ダンとアンヌ隊員との愛、カプセル怪獣、ウルトラアイ、ウルトラ警備隊のクライスラーを改造して作ったポインター号、プラモデルにもなったウルトラフォーク1~3号、アイスラッガー、ウルトラビームなど多彩な技や登場物が魅力に溢れていた。

 今こうして振り返ってみると、子供騙しで笑ってしまうものが多い。しかし、こうした番組制作を経て、現在のCGや特殊メイクにたどり着いていると考えれば、先駆者たちの偉業があってこその快挙であろう。

 記事作成:12月10日(月)

2012年12月17日 (月)

私が好きだった1970年代のアイドルたち

 個人的な話をすると、1970年代に、芸能界に目覚めた私が好きだったのは、天地真理、桜田淳子、岡田奈々、木之内みどりなどのO型アイドルと林寛子、相本久美子のB型アイドル、そして石野真子と大場久美子のA型アイドルだった。日本人の比率からもそうだが、AB型のアイドルは極端に少なかった。ちなみに70年代に活躍した歌手で、山口百恵はA型、フィンガー5は殆どO型、そして榊原郁恵はB型だった。まぁ、あまりアイドルが特定の血液型に偏るというのもないだろうが、不思議と好きになる人の傾向は似ていたように思える。例えばO型は、色白で丸い顔立ちをし、国民的な支持を得る感じ。B型は小顔で愛くるしいメルヘン少女っぽい印象。A型はしっかりもののお姉さん風の人もいれば、ぶりっ子ういて、2つのタイプに大別される。まぁあまり血液型に話題を固執すると、一部に反感を抱く人もいるようなので、このへんで切り上げるが、今日は1970年代のアイドル界に現れ、確かな足跡を残した方々の中から、特に私が好きだった方をピックアップし、エピソードとその代表曲も紹介したい。

 天地真理

 ブリヂストンサイクルから「ドレミまりちゃん自転車」が発売され、バカ売れしたのを覚えている。裏声のような歌声が印象的で、ボリュウムあるカールヘアーも一世を風靡した。

http://www.youtube.com/watch?v=LciATI6kQNU

 桜田淳子

 スター誕生で合格し、「天使も夢みる」でデビュー。色白&丸顔の秋田美人だった。白いエンジェルハットが大流行した。この頃書店では若者向けの芸能雑誌・月刊「明星」と「平凡」が爆発的に売れていた。その表紙や巻頭グラビアを何度も飾っていたのが彼女と山口百恵、森昌子の中3~高3トリオ、新御三家(郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎)だった。

http://www.youtube.com/watch?v=OZzsLQ4zyAE

 岡田奈々

 私はブロマイドも持っていたし、「青春の坂道」やLPレコードを持っていた。それくらい好きだった。「俺たちの旅」の中村雅俊の妹役で登場し、そのか弱い感じやアンニュイな感じが大好きだった。

 木之内みどり

 ちょっと大人の色気を醸し出す彼女は、ドラマ「刑事犬カール」の警察犬訓練士役や映画「野球狂の詩」の水原勇気役で出演した。プレーボーイ・後藤次利と恋の逃避行に落ちた時期があり、ファンを失望させたが、今では竹中直人夫人である。「無鉄砲」という黒のスケスケで超ミニスカートの露出度の高いセクシー衣装の彼女も好きだった。

「無鉄砲」はコチラ→ http://www.youtube.com/watch?v=tjzjnEHeaPw

 能瀬慶子

 彼女を覚えている人はどれくらいいるだろうか。1979年にアイドル歌手としてデビューした。今思えば、バレーボール女子の栗原恵にそっくりだ。「アテンションプリーズ」は結構ヒットしたと思う。緊張気味で歌う姿が健気で初々しい。O型。

http://www.youtube.com/watch?v=ePlY4pThQ-k

 林寛子

 がんばれレッドビッキーズの女監督がハマり役。素敵なラブリーボーイは1980年代に小泉今日子がカバーしてヒットした。初めて買ってもらったブロマイドが彼女だった。当然白黒だったが・・・。

 1980年代後半から1990年代にかけて、ナンノこと南野陽子が出てきた時に、彼女の再来かと思った。顔の作りやタイプ(同じB型)が似ていた。黒沢久雄と結婚した。

 相本久美子

 土居まさるとコンビを組んで、日曜正午のミュージックバラエティー番組「TVジョッキー」のアシスタントとして出演した。細くて長い美しい脚がウリだった。「チャイナタウンでよろめいて」はそそる感じで謎めいた曲だった。表現は良くないが「マウス(ねずみ)顔」の魅力があった。

 シンセサイザーのようなライトポップミュージックの走りだし、この頃すでに「マジかも」という言葉が使われていたことがわかる。やはり1980年代に「伊藤さやか」が出てきた時に、彼女に似ていると思った。やはり2人ともB型だった。

 石野真子

 彼女のチャームポイントは可愛らしい八重歯といつもニコニコした笑顔。元気があってはじけている印象があった。中1の頃、彼女のファンクラブに入会していた。長渕剛との結婚は衝撃的だった。

 個人的には「赤ずきんちゃん」を意識したような、このフリフリのミニスカートの衣装が可愛らしくて好きだった。

http://www.youtube.com/watch?v=9_NI0lfkqhA

http://www.youtube.com/watch?v=O0e-l3pugJ8

 大場久美子

 彼女は愛くるしい存在だった。ややぶりっ子気味だったが、男は皆、彼女の可愛らしさに癒されたことだろう。ククレカレーのCMと「コメットさん」が彼女の代名詞だった。楽曲では「スプリングサンバ」と「ディスコドリーム」がお気に入りだった。

http://www.youtube.com/watch?v=bJ4pyjkBe-4

http://www.youtube.com/watch?v=1oiLx7L4W7Y

 「懐かしのアイドル 1970年代」の動画はコチラ↓

 http://www.youtube.com/watch?v=KurR05_tLPs

 http://www.youtube.com/watch?v=rFMMaptC-8k

 70年代のこの時期には、他にも「恋人試験」の松本ちえ子(A型)、「17才」の南沙織(O型)、清純派の代表格だった手塚さと美(AB型)、香坂みゆき(AB型)もお気に入りだった。

http://www.youtube.com/watch?v=VxHwYXY7yRY

http://www.youtube.com/watch?v=-Uebacgrxvw

http://www.youtube.com/watch?v=1iMU1Y_CMPs

http://www.youtube.com/watch?v=T2B6Z6GK_q8

 昔のアイドルの映像を見ることができる「YouTube」はいわば、パンドラの箱のようなものだ。あの時代、あの頃のアイドルに会えるし、また若い感性を持ち合わせていた頃の自分に舞い戻れる。今回は個人的に好きだった70年代のアイドル限定でお送りしたが、また機会があれば、他の企画も考え記事にしてみたい。

 記事作成:12月3日(月)、12月10日(月)

2012年12月13日 (木)

郡山市地域活性化の妙案~誘客編~

 以前、「郡山市にある世界遺産」という記事を書いたら、結構な反響を頂いた。半世紀近く生きた我が人生の中で、郡山に39年間も住んだ自分にとって、昨年発生した東日本大震災と予期せぬ災難となった「福島原発放射能漏れ事故」はいかんともしがたい二次災害三次災害を招き、痛恨の極みである。基幹産業の水稲を中心とした農業や産業停滞を招くなどの多大な影響を及ぼしたことは周知の事実である。そこで、郡山か人が流出する一方では、郡山の未来はないと思われるので、行政の立場ではなく、民間レベルで何か復興策、とりわけ誘客に妙案はないものかと自分なりに思案してみた。今回は郡山にどうしたら人を呼べるのか考えてみた。

 賢くない頭をいくら捻ってもあまり良策が浮かばなくて困っていたところ、11月24日(土)放送の自社制作のショート特番にヒントを得た。それはいわきの取り組みだったが、或る一般人がネットで呼びかけて、いわきの知られざる珍名所をツアーで回ってみるという面白企画だった。有名な観光スポットを巡るのではなく、埋もれたいわきの珍スポットを少人数、あるいはグループ単位で観光しようというものだった。

 いわきの歴史探検・新名所発掘ツアーコース

 かつては隆盛を極めながら、エネルギー革命によって廃鉱となった内郷~湯本の炭鉱の跡地を巡り、炭鉱マンたちの偉業を学ぼうというもの。もちろんそこだけではなく、スパリゾートハワイアンズの常盤ハワイアンセンター設立当時からのフラガールの変遷や映画のロケ地を回るツアー、更には昼間とは全く異なる様相を見せる小名浜の工場夜景撮影ツアーなどを見て回る企画もあった。また、誰も訪れない田人町で田舎体験や農業体験をやってみるとかいうツアーもあった。また、過疎化が進み、廃屋だらけになった村を探検し、唱歌「ふるさと」に出てくるような昔ながらの郷愁を誘うような古き良き日本の田園風景を眺めるのもあった。何か大学の研究サークル気分で、主催者いわく、回を追うごとにクチコミやブログを見た好事家たちが増えて、参加者も増加傾向なのだという。

 これを参考に、我が郡山市も呼びかければ、それなりに誘客が図れそうな気がした。大型バスを貸し切って大々的に行うのではなく、コミュニティー旅行という

 ① 被災者激励ツアー

 仮設住宅の方々と共同体験を通じてイベントを行い、激励する企画。郡山市の若宮やビッグパレットの隣にある被災者たちが暮らす仮設住宅を訪ね、芋煮会やお互いのふるさと自慢、催事(お祭り)を通じて交流を深める企画。

 ② 郡山の「なんちゃって世界遺産」探検ツアー(スタンプラリー)

 以前、紹介した郡山市内に点在する「世界遺産」もどきの各名所を、公共の交通機関、または貸切タクシーやマイクロバスなどで見て回るツアー。完歩者には記念品を贈呈する。

 ③ 郡山の夜景ポイント発掘ツアー

 逢瀬公園、緑ヶ丘団地、市内の高層マンション(もちろん許可を得て)などを巡り、最後はビッグアイの展望台からの夜景を眺めて終了。そのまま打ち上げ直行。

 ④ 桜の名所周遊ツアー(春)

 開成山→中田町枝垂れ桜→小和滝→喜久田行政センター前→逢瀬川周辺→逢瀬公園→五百淵公園などの桜の名所を回るツアー。最後は花見宴会で打ち上げとなる。

 ⑤ ミステリースポット探検ツアー

 すでに廃屋になった場所や怪奇現象が起こりやすい雰囲気の場所を巡るマニア限定ツアー。旧三森峠→御霊櫃峠→きのこ岩→うすいの旧独身寮→如宝寺→麓山公園→旧ホンダ記念病院跡地など(もちろん不法侵入禁止)

 ⑥ デートコース下見ツアー(半日コース・一日コース)

 レストラン選びや映画研究、郡山市内の名所やプレイスポット、ショッピングまでを巡るコース。またデートの時に着ていく服装などを相互評価する。 

 ⑦ 食べ歩きうまい店発掘ツアー

 郡山市内(特に駅前周辺)のお店をはしごして回るツアー。一店30分以内で6件回る。

 ⑧ 日本酒蔵元見学ツアー

 郡山市内にある醸造元を見学するツアー。笹の川、若関、渡辺酒造本店、藤ノ井、仁井田本家などの蔵元を巡り、醸造過程を見学。また試飲もおこない、帰りには土産を購入できる。

 ⑨ 郡山市内の温泉

 ユラックス熱海→東洋健康センター→郡山温泉→バーデン郡山→日光クアハイム

 ⑩ スポーツ体験ツアー

 石筵ふれあい牧場(ディスクゴルフ・おもしろ自転車)→熱海スケート→アピア郡山(ボウリング)→アミューズパーク郡山(バッティングセンター&スーパーフィッシング)

 ⑪ 郡山市内の工場見学

 JR工場、酪農乳業、中央工業団地、食肉加工センター、豊田浄水場、保土ヶ谷化学、日本化学、日東紡績、日本ゼノアック、コパル、コマツ醤油などを巡る。夜は工場夜景を堪能する。

 ⑫ 映画&テレビドラマの舞台として誘致

 かつてフジテレビ系列の「北の国から」で富良野が脚光を浴びて全国からそのロケ地を訪れる観光客が数多く北海道へやってきた。また、「白線流し」でも長野県松本市が有名になった。更に昔、網走番外地で網走刑務所が観光地に押し上げられ、「幸福の黄色いハンカチ」でも夕張が全国区になった。このように、テレビ局に働きかけて、ドラマのロケ地として使ってもらい、誘客につなげてほしい。私は昨年夏、「てっぱん」のロケ地巡りを敢行し、無料高速を利用して広島県尾道まで出向いた。これを利用しない手はない。

 以前にも書いたが、郡山は昔は奥州街道の宿場町として賑わった場所。最近は商業都市とか楽都として有名だが、古よりこの地は開拓精神に満ち溢れた町である。したがって、震災で嘆き悲しんでいるだけでは何も始まらない。バブル崩壊後は、駅前周辺は金曜日の夜でも閑散としているし、シャッター街と呼ばれるほど商店街は活気がない。手をこまねいているだけでは何も変わらないし、何も始まらない。放射線被害で敬遠されるのを指を咥えて見ているだけではなく、様々な企画を仕掛け、イベントを行い、少しでも人の流入を促進することで活性化を図ってもらいたい。
  喜多方ラーメン、浪江焼きそばに次ぐ、B級グルメの開発でもいいだろう。かつて「楽都・郡山」にふさわしい音楽イベントを開催してほしい。かつて開成山陸上競技場で「ワンステップ・フェスティバル」を行い、オノヨーコを始め、矢沢永吉など名だたるミュージシャンや超人気シンガーが出演したことで、全国からロックファンが大勢詰めかけた音楽イベントがあった。また、小学生の頃は、子供祭りが大々的に行われ、上空を飛行船が旋回したり、零戦が飛んでいたこともあった。ヘリコプターで町を飛び回れる企画もあった。去年は、「猪苗代湖ズ」が中心となって復興イベント「LIVE福島・SUPERT野馬追い」が県内各地でを行われ、大盛況をおさめた。それらを手本とし、街の活性化に役立てて欲しい。33万人都市の我がふるさと郡山にはまだまだ隠れた魅力が埋まっている。それにスポットを当て、集客につなげて欲しいと願い、。今回のテーマ記事を閉じたい。

 「郡山にある世界遺産」の記事はコチラ

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-00b7.html

 記事作成:11月25日(日)

 

 

 

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

福島県の天気


無料ブログはココログ