2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 戦後日本で起きた大惨事事故 | トップページ | 私が好きだった番組「プロポーズ大作戦」 »

2013年6月17日 (月)

今は亡き刑事ドラマの名優たち

 小学校、中学校時代にハマっていたテレビドラマに「刑事」ドラマがあったことは何度も当ブログで触れてきた。しかし、30年以上の歳月は、当たり前のように人を老いさせ、死に至らしめるものだと実感している。それは刑事ドラマに出演した名優たちにも避けられない事実で、私たちを心底楽しませてくれた方々もその多くが既に鬼籍に入られた。今回は亡くなられた名優を取り上げ、在りし日のお姿を偲びたい。

 1 太陽にほえろ!

 藤堂俊介(ボス)・・・石原裕次郎
 野崎太郎(長さん)・・・下川辰平
 柴田純(ジーパン)・・・松田優作
 滝隆一(スコッチ)・・・沖雅也
 井川利三(トシさん)・・・地井武男
 澤村誠(ブルース)・・・又野誠治

 「山さん」こと露口茂さんは、今でもご健在だが、すでに芸能界を引退している。
 
 2 特捜最前線

 神代恭介課長・・・二谷英明
 橘剛・・・本郷功次郎
 船村一平・・・大滝秀治
 叶旬一・・・夏夕介
 津上明・・・荒木しげる
 
 3 Gメン’75

 黒木哲也警視・・・丹波哲郎
 山田八兵衛・・・藤木悠
 賀川陽子・・・范文雀 
 古田刑事・・・谷村昌彦
 結城警視正・・・中丸忠雄
 土屋和正・・・長門勇

 4 熱中時代刑事編

 潮田衛太郎・・・藤岡琢也
 矢頭文治・・・小松方正
 前原国彦・・・細川俊之

 5 大都会Ⅰ~Ⅲ

 滝川竜太・・・石原裕次郎
 深町行男・・・佐藤慶
 加賀見乙吉・・・中条静夫
 丸山米三・・・高品格
 高木吾一・・・草薙幸二郎
 平原春夫・・・粟津祐

 徳吉功・・・松田優作
 吉岡務・・・小池朝雄
 武井勉・・・小山田宗徳

 加川乙吉・・・高城淳一

 6 西部警察Ⅰ~Ⅲ

 小暮謙三・・・石原裕次郎
 谷大作・・・藤岡重慶
 浜源太郎・・・井上昭文
 佐川勘一・・・高城淳一
 南長太郎・・・小林昭二
 
 7 夜明けの刑事・明日の刑事

 鈴木勇・・・坂上二郎
 小林敦・・・鈴木ヒロミツ
 相馬一郎・・・石立鉄男
 柴田武・・・佐藤允
 佐藤平吉・・・橋本功 

 8 噂の刑事トミーとマツ

 南田刑事・・・神山卓三
 西山刑事・・・井上和行
 東刑事・・・成川哲夫
 相模五郎・・・石立鉄男

 9 大空港

 加賀弘之・・・鶴田浩二
 梶大介・・・緒形拳
 
10 俺たちの勲章

 中野祐二・・・松田優作
 野上係長・・・北村和夫
 雪子事務員・・・坂口良子

11 誇りの報酬

 堀井久・・・鈴木ヒロミツ

 主演の根津甚八と篠ひろ子は芸能界引退、喫茶店「バビルゾン」従業員の堀江しのぶは病死した。

12 あぶない刑事

 吉田春彦・・・秋山武史
 近藤卓造・・・中条静夫
 原熊・・・高城淳一

 13 踊る大捜査線
 
 和久平八郎・・・いかりや長介
 中西 修・・・小林すすむ
 山部良和・・・伊藤俊人

14 はぐれ刑事純情派

 安浦吉之助・・・藤田まこと
 
15 非情のライセンス

 会田健・・・天知茂
 矢部警視・・・山村聡
 橘警部・・・渡辺文雄
 四方刑事・・・葉山良二
 吉田刑事・・・多々良純
 酒井刑事・・・宮口二郎
 岩田刑事・・・岩城力也 
 捜査四係長・・・神田隆
 捜査一課長・・・岡田英次
 浮田刑事・・・松山英太郎
 佐竹総監室長・・・戸浦六宏 

 共演者の大友柳太朗、岸田今日子は刑事役ではないため、除外しました。

16 私鉄沿線97分署

 本多杏子・・・坂口良子
 本城功・・・古尾谷雅人
 滝村謙三・・・長門裕之
 丸岡吾一・・・武藤章生

17 キーハンター

 黒木哲也・・・丹波哲郎
 吹雪一郎・・・川口浩
 村岡特別室長・・・仲谷昇
 小田切慎二・・・中丸忠雄
 滝裕二・・・沖雅也

 土曜ワイドの「明智小五郎美女シリーズ」と「俺たちは天使だ」は探偵もの、「ザ・ハングマン」は裏稼業の仕置人的存在から、今回の刑事ものからは外しました。また。同様に最近の刑事ドラマは、お亡くなりになっている方が少なく趣旨を外れるため、割愛しました。

 さて、懐かしんでもらえたでしょうか。名優たちの在りし日の活躍を、忘れかけていた記憶の片隅から蘇えってきたでしょうか。すでに放送打ち切りとなった番組もあれば、現在もシリーズとして放送中のものも含まれている。かつては、ゴールデンタイムの花形番組として、お茶の間の人気を独り占めした感のある刑事ドラマの数々だが、現在は、テレビ朝日系列の「相棒」を除いて、あまり視聴率も稼げない状況に陥っている。ひと頃に比べると、刑事ドラマが激減し、2時間ドラマにばかり枠を取られている感が否めない。
 また、各テレビ局が年間10回以上放送しているノンフィクションものの「警察24時」系の番組に牛耳られているように思えてならない。かつての「俺たちは天使だ」とか「噂の刑事トミーとマツ」、90年代以降の「君の瞳をタイホする!」、2000年代以降の古畑任三郎シリーズといった、パロディー混じりの刑事ドラマのように、マンネリ化を防ぎ、独自のアイディアで創意工夫を重ね、視聴率アップの方策をあれこれ模索した時代もあった。視聴者を惹きつけるような21世紀を代表するような刑事ドラマを期待したいと思う。

 記事作成:5月19日(日)

« 戦後日本で起きた大惨事事故 | トップページ | 私が好きだった番組「プロポーズ大作戦」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦後日本で起きた大惨事事故 | トップページ | 私が好きだった番組「プロポーズ大作戦」 »

福島県の天気


無料ブログはココログ