2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 捨て身の奇襲戦法(スポーツ編) | トップページ | 北海道再訪記(7/30) »

2013年7月29日 (月)

北海道旅行プラン(7/30~8/1)

 明日から休暇で3日間、単独にて北海道旅行へ出かけることとなった。その計画を紹介したい。
 今回の夏の旅行は、仕事を頑張っている自分へのご褒美として企画した。折しも同じ時期、わが娘がオーストラリアにホームステイしているという頃合に合わせて、暑い本州(内地)を脱出し、梅雨のない北海道(最近はあるようだが・・・)を久し振りに再訪しようというもの。実際、昭和59年4月から61年3月まで2年間住み、平成4年にバイクで傷心旅行、平成5年には仕事で訪れ、更には平成6年に家内と10日間旅行した。その後はご無沙汰だったが、平成15年に職場の慰安旅行で函館を訪れた。しかしそれ以来は疎遠で、実に10年ぶりの訪問となる。
 平成22年の夏に、スクーリングで東京に8日間滞在し、震災のあった平成23年の夏には、NHKの連続テレビ小説「てっぱん」に感化されて、尾道を車で訪れた。また、今年1月には国外脱出し、台湾4泊5日、そして今夏は、久方ぶりに、第二の故郷と思ってやまない、北海道に足を伸ばすことに決めた。しかも道央となると、実に19年ぶりの訪問ということになる。いやはや時間が経つのは早い。

 実はこのプランは5月から頭の片隅にあった。シンガポール案もあったが、夏場は思いのほかツアーが高く、暑い夏に余計暑い場所に行くことの無意味さと、アベノミクスによって円安が加速、加えてサーチャージが半端じゃないことから、国内に切り替えたのだった。北海道を推す強い材料もあった。BSフジで5月以降、「北の国から」の特番とレギュラー版も放送したことから、布部や富良野、麓郷の森、更には美瑛(セブンスターの木、マイルドセブンの丘、ケンメリーの木や旅行雑誌のグラビアを飾るカラフルな丘陵地、お花畑、ラベンダーなど)を見たかった。5月下旬の、おおまかな旅行計画を立て、飛行機往復を企てた。ANAの55日割付きで札幌センチュリーロイヤルホテル2泊のプランが56,700円でヤフートラベルから販売され、決断をギリギリまで待っていたが、6月に入ってから確認したら、何と売り切れ。一時はこの旅行を諦め、被災地訪問に気持ちが傾いた。

 しかし、6月4日に、職場の同僚に航空券と宿泊を別々に取ったほうが安いとアドバイスされ、楽天トラベルで、単独で調べたところ、札幌駅北口にある某ホテルが2泊、朝食バイキング付きで16,000円。しかもスーペリアルシングルがあり、帰宅後、19時以降に予約。そしてANAとエア・ドゥのHPでチェックしたら、往復のエアチケット(福島~新千歳)が28日前割で40,700円。こちらも速攻でネット予約。購入手続きを行った。更には自作の旅程に入れておいた、2日目のレンタカーを予約。フィットクラスでナビ、ETC付きで丸一日借りて5,500円と格安。ホテルに至近の某レンタカーでこちらも予約。更に更に、初日の小樽&天狗山ナイトビューの定期観光バス(中央バス)と最終日の午前中、札幌観光を行う「すずらんコース」の予約まで完了させた。2時間半程度で一気に巻き返し、4つのプランをネット予約してしまった。あとは急に予定が入ったり、台風襲来がないことを祈るだけ。しかるに、旅行前に私が立てた旅行プランは以下の通り。

 「2013年夏の北海道・単独再訪プラン」

 初日(7/30・火)

 自宅発-福島空港着(チェックイン)発・・・・・・新千歳空港着

  新千歳空港発(エアポート号)-札幌駅着

 ホテルチェックイン(札幌某ホテル)-昼食(スープカレー)・休憩後、札幌駅 中央バス

 ターミナル「小樽運河散策・天狗山グレートビューコース」(北一硝子・オルゴール館・

 自由食・寿司・ ロープウェイ天狗山夜景)- 札幌駅-ホテル

 2日目(7/31・水)

  起床 朝食バイキング レンタカー-札幌IC-奈井江砂川IC-上砂川駅&歌志内

  悲別ロマン座-芦別-美瑛(パフィーの木・マイルドセブンの丘・セブンスターの木・
 
 親子の木・ケン&メリーの木・クリスマスツリーの木・赤い屋根のある丘・嵐の5本木・

 ジェットコースターの路・丘陵地・花畑・ラベンダー・昼食)-中富良野-富良野-麓郷の

 森(拾った家・五郎の家・中畑材木店・雪子の家・石の家)ー新富良野プリンスホテル(風

 のガーデンの家ほか)-布部駅-占冠IC-北郷IC-レンタカー - ホテル

   夜間外出(すすきの夕食蟹&ジンギスカン料理&大通り公園・地下街・時計台・旧道庁)

 -ホテル

 3日目(8/1・木)

 起床 朝食バイキング ホテルチェックアウト後、出発-札幌駅コインロッカー

 -バスターミナル 「札幌すずらんコース」(大倉山シャンツェ・羊が丘展望台・

 札幌ドーム)-すすきの下車(ラーメン横丁・狸小路)-札幌駅14:25発(エアポート号)-

 新千歳空港着 チェックイン 新千歳空港発・・・・・・福島空港着 - 自宅着

 <費用>

 往復飛行機           40,700円  
 宿泊代(2泊朝バイキング付) 16,000円
 観光バス・JR・地下鉄       9,380円(6,300円+2,080円+1,000円)
 レンタカー・高速代・ガソリン  12,400円(5,500円+2,900円+4,000円)
 食事代(昼食・夕食・夜食)   8,000円 
 土産・その他           20,000円           

 合計               106,480円 

 

 以上が旅程だ。当初は3日間ともに晴天の予報だったが、決行3日前になって、急にくもり時々雨に変更。北海道在住時代は、雨に降られ続けたが、どうもその傾向は健在。しかも小樽夜景を見る初日と2日目の美瑛・富良野が雨マークというツキと運のなさ。でも久しぶりの札幌周辺ショートトリップ。旅の恥掻き捨てだけは性に合わないので避けたいが、思い切り楽しんで日頃のストレスを発散したい。もし旅行中、私を見かけたら遠慮なく声をかけて欲しいと思います。もちろん、明日からのブログは旅行の報告を行いたいと思う。

 

« 捨て身の奇襲戦法(スポーツ編) | トップページ | 北海道再訪記(7/30) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 捨て身の奇襲戦法(スポーツ編) | トップページ | 北海道再訪記(7/30) »

福島県の天気


無料ブログはココログ