2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 一世を風靡した「出会い」番組 | トップページ | センセーションを巻き起こした問題作ドラマ »

2013年12月 9日 (月)

日台友好企画第三弾~台湾の魅力~

 今年1月に訪台してから早、1年近い月日が流れた。今でも台湾への再訪を願ってやまない。台湾には昔の日本を思い起こさせてくれる懐かしい建造物や風習が残り、古い人間にとっては郷愁を誘う。また、現地台湾の方々には、親日家が多く、日本人を兄弟のように慕ってくれている背景もある。それが日本人の好感度をアップさせる要因だ。何かにつけ日本人をことごとくバッシングし、反日感情の塊である中国や韓国とは雲泥の差だ。かつて50年間日本の植民地だった台湾。日本人の心や精神を受け継ぎ、日本人以上にそれらを大事に守り抜いている台湾。若い人たちは、日本の音楽やファッションを始めとした文化を手本としている。日本贔屓は顕著で、治安も良く、時差も少ない。それが日本人観光客が急増している原因である。私も実際に3泊4日の日程で訪台したが、日本人にとにかく親切で、若い人も日本語を学んでいる人が多いと感じた。では、実際にワイドショーが取材した映像で見ていただきたい。

 1 日本人観光客急増中

 2 台湾料理おいしさの秘密

 

 3 台湾と日本の絆

 最後に、この動画を見た視聴者の方々の感想を添えたいと思います。

 台湾の皆様本当に有難うございます。感謝と感激で一杯です。スポーツに関しても人間関係にしても、日本に取って尊敬の出来る台湾の皆様です。日本の事を思って下さる台湾の方の言葉涙がでます。本当の友好国ですね、台日友好^0^(くだらない国と早く国交を断絶して)こんな素晴らしい国ともっと深く成って行きたいと思いました。又日本の若い方もまんざらでは無いですね。

感動です!!台湾絶対行きます!! んで、もし台湾に何かあったらまた絶対支援しに行きます!! お金だけじゃなく、自分の手で支援しに行きます!!ちなみに自分は震災時、宮城県の石巻市に住んでいました。自分の家も家族も皆無事だったので全然大丈夫でした。 台湾の方々、もちろん他の世界の国々の方々、 本当にありがとうございました。
 これでも、世界中に日本を誹謗中傷する反日国家の南朝鮮に、旅行したいと思いますか?大統領が率先して日本を貶めているのですよ!
 40年前に台湾に行ったのですが、あまりのも親切すぎて怖かったです。帰国後に台湾人が親切なる理由がわかりました。自宅にも母親が仲のよかった台湾女性が泊まりに来たことがあります。いい人が本当に多いです。
 台湾の料理は美味しそう^0^又綺麗ですね!日本人は、シナや南朝鮮なんか行かずに台湾に行く方がいいですね、安心です。台湾自体が台日友好なので、行きたいです。日本人は南朝鮮なんか行ったら、朝鮮人のつばの入ったキムチ食べさせられます。ユーチューブで見ました。最低な南朝鮮には、賢い日本人は行きませんがこっち見るなって良く記載されてますが、ほんまこっち見るなですね!日本に文句あるなら来るな、帰れです。台湾の方は常識の有る方ばかりなので、スポーツを見ていても気持ちが良いし、感動しました。台湾大好き!
 NO KOREA ! NO CHINA ! YES TAIWAN !
 中国、北朝鮮、韓国、ロシアと日本を敵対する隣人達の中で台湾は日本を理解して愛してくれている・・・日本より遥かに小さな国土の台湾の人達が震災の時に助けてくれた。 俺はこの恩を一生忘れない!!! 台湾人の優しさを忘れない!!! だから台湾になにかおきた時俺は自分のできる事があれば台湾を助けに行く!!! 必ず!!!  優しい隣人を守るのだ!!! I Love TAWIAN☆
 そして、何度見ても涙する「WBC第一次ラウンド」の裏側で展開された日台友好の感動秘話。

 さて、いかがでしたか。台湾に行きたくなったのでは。私が行ったツアーは1月9日から3泊4日で、全食事付き往復航空券、宿泊で44,800円だったので、国内ツアーよりも断然安い。日本人の舌に合う味付け。ノスタルジーを求めて日本の懐かしい風景を堪能できます。とにかく台湾人が日本人に優しいし、親切なのが日本人の心にグッと迫るものがある。恩を仇で返す他の国とは大違い。日本政府にもいつまでも中国の顔色ばかりを窺い、要らぬ気を遣ってばかりいる外交姿勢を改め、台湾を独立国と声を大にして言い、これからは民間交流だけではなく、国家間交流を密にし、真の朋友的関係を継続してほしい。

 記事作成:11月24日(日)

« 一世を風靡した「出会い」番組 | トップページ | センセーションを巻き起こした問題作ドラマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一世を風靡した「出会い」番組 | トップページ | センセーションを巻き起こした問題作ドラマ »

福島県の天気


無料ブログはココログ