2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« THE 怪物列伝 | トップページ | バンドブームの隆盛と衰退(1970年代後半編) »

2014年1月27日 (月)

今年ブレイクしそうな芸能人

 昨年から脚光を浴び、人気に火がつき、それを導火線として、さらに今年(2014年)大ブレイク間違いない芸能人を5人(ユニットを含む)取り上げたい。

 有村架純

Arimura Arimura2

 あまちゃんの天野春子の高校時代を演じた彼女。彼女ほどこの一年でめまぐるしく状況が一変した女優さんもいないだろう。今や武井咲や北川景子、石原さとみをおさえてCMクィーンである。現代の若者でありながら、昔(1980年代)のアイドルの匂いを感じさせ、お父さん世代にも人気が高いようだ。あの愛くるしい笑顔は、かつてのキョンキョンそのもので、菊池桃子っぽいロリ系の雰囲気を兼ね備え、守ってあげたい妹的存在になるだろう。血液型はB型で、恋するドリーミング&メルヘンチック少女っぽい印象を持っている。

http://www.youtube.com/watch?v=hW251r55Xi0

 福士蒼汰

Fukushi Fukushi2

 彼もまた「あまちゃん」への出演をきっかけにブレイクした。まだ20歳という若さ。能年玲奈と同い年だ。ドラマでは潜水士を目指す高校生で「種市浩一」というイケメン先輩を演じ、アキちゃんにコクられた。甘いマスクと長身。母性本能をくすぐるようなさわやか好青年タイプ。血液型はO

 「あまちゃん」に出演した俳優・女優は、他のテレビ局ンドラマに引っ張りだこで、オファーが相次いでいる。小池徹平、杉本哲太&古田新、有村架純、渡辺えり、尾美としのりなど。

 筧美和子

Kakei2 Kakei

 2013年9月14日、ワンライフモデルオーディションで準グランプリに選ばれる。9月23日、北海道日本ハムファイターズのイースタン本拠地最終戦で始球式を務める。10月5日、『めざましテレビ』の「ココ調」木曜リポーターに一般投票で選ばれる。私はこの番組の印象しかない。しかもアナウンサーと違ってコメントもベタで、まるで素人。噛みまくるし、つっかえるし・・・。
 しかし、彼女は中高生の間で人気絶頂の深夜番組テラスハウスに出演していただけあって、若い世代には認知度が高いようだ。血液型はAB

 

 橋本環奈

Kanna Kanna2

 福岡県の10代のモデルタレントを中心に結成されたアイドルグループ「Rev. from DVL」に所属する注目のアイドル。ほっともっと、J:COM、日本マクドナルドなどのCMに出演し、2011年には映画『奇跡』に出演した。Rev. from DVLの一員としても活動しており、2013年11月2日から4日にかけて東京都でイベントやライブを行った近年、ネットで人気を集めるとブレイクする傾向が増えている。もしかしたらキー局での出演が増えれば、一気にブレイクすることもありえるはずだ。血液型はAB

 ClariS

Claris Claris_2

 クララとアリスの女子2名で編成されている 顔出しNGの女子高生2人組のアイドルユニット。デビューから2012年3月までは現役女子中学生として紹介されていた。「ClariS」は2人の名前を組み合わせた もので、ClariSという言葉そのものには、ラテン語で「明るい・清潔・輝かしい」という意味がある。2013年暮れまでにCDシングルを8枚リリース。バーチャルアイドル初音ミクに似ているが、こちらは学業優先ということと話題作りで顔を出さないが、リリースした曲は大ヒット。いずれもオリコンでトップ10に入った。特に7枚目シングルの「reunion」は第2位となった。

 ほかには、私が好きな山岸舞彩も、もしかすると女優転向が囁かれているし、若い頃の吉永小百合似の曽田麻衣子も映画やドラマへの出演をきっかけに知名度が上がれば、あれほどの古風で清楚な純朴風お嬢さんの風貌がウケて大ブレイクするかもしれない。

 記事作成:1月18日(土)

 追記

 この記事を公開した1月28日に、残念な話題がと飛び込んだ。国民的アニメ番組として人気のあった「サザエさん」の磯野波平の声を担当している声優の永井一郎さんが急逝されたのだ。仕事で訪れた広島のホテルの浴室で、虚血性の心筋梗塞により倒れているのが見つかり、病院へ運ばれたが、帰らぬ人となってしまった。82歳だった。「バッカモーン」とカツオを怒鳴るあの声が二度と聞かれないと思うと泣きそうになる。声優の逝去の報で衝撃を受けたのは、ルパン三世の声を担当していた山田康夫さん、ちびまる子ちゃんの友蔵の声を担当した青野友蔵さんらがいる。また、ナレーターでは、演歌の花道や大映テレビの過激ドラマのナレーションを担当した来宮良子さん、ぴったんこカンカンや路線バスの旅の名ナレーションを担当した滝口順平さんも惜しまれながら最近、この世を去った。また、JET STREAMの城達也さんの訃報も衝撃的だった。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

 

 

« THE 怪物列伝 | トップページ | バンドブームの隆盛と衰退(1970年代後半編) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« THE 怪物列伝 | トップページ | バンドブームの隆盛と衰退(1970年代後半編) »

福島県の天気


無料ブログはココログ