2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 80年代を彩ったB級アイドルユニット | トップページ | 最高のプロポーズ大作戦Ver.2 »

2014年7月21日 (月)

とにかく貴重な映像集 Part14 ~有名人妻のアイドル時代~

  今は有名人と結婚し、芸能界を引退したり、活動休止している方で、かつては一世を風靡したアイドル歌手やタレント、モデルだった方がいる。今日はそういう方を懐かしい映像を添えてお送りしたい。では早速どうぞ!

 薬丸裕英の奥さん(アイドル歌手・石川秀美)

 ミニスカートから覗く健康的な美脚が魅力で一世を風靡したアイドル。同世代に早見優、堀ちえみ、松本伊代、小泉今日子、中森明菜らがいて、全員A級アイドルだった。私は「ゆれて湘南」が好きだった。

 芸人ヒロミの奥さん(アイドル歌手・松本伊代)

 田原俊彦の妹としてデビューした。デビュー曲「センチメンタルジャーニー」は今で言う「メイド」のような衣装で色白でやや病弱そうな細さがチャームポイントだった。「♪伊代はまだ16だから~」という歌詞は伝説。

 俳優・渡辺徹の奥さん(アイドル歌手・榊原郁恵)

 私が中2に頃に大好きだったアイドル。弾けるような笑顔と健康的なぽっちゃり体型が魅力。実姉が郁恵ちゃんに似ていた。郡山の今は無き「市民会館」で行われたNHKのど自慢の公開録音にゲスト出演した時に、彼女を見て、そのまま郡山駅まで友人と移動。構内のプラットホームにて待ち伏せして、帰郷するために現れた彼女に直筆でサインしてもらった。

 ネプチューン名倉潤の奥さん(元おニャン子クラブ・渡辺満里奈)

 1985年に放送が始まったフジテレビ「夕やけニャンニャン」。その番組から誕生したのが「おニャン子クラブ」だった。公開オーディション「アイドルをさがせ!」のコーナーで、視聴者の面前でアイドルが誕生し、そのままメンバー入り。彼女はタップダンスを披露し、誰が見ても合格するだけの可愛らしさと個性・アイドルとしての素質を備えていた。

 SMAP木村拓哉の奥さん(元おニャン子クラブ・工藤静香)

 彼女はおニャン子メンバーの中でも異質で、ケバくて大人っぽい存在だった。彼女もB型の特徴そのままで細身。「後ろ髪ひかれ隊」という3人組ユニットからソロデビュー。個性的な楽曲が多かった。同じB型の後藤次利がプロデュースを手掛けた。まさか木村拓哉と電撃結婚するとは思わなかった筈だ。

 三浦知良の奥さん(女優・設楽りさ子)

 彼女はどちらかと言えば、女優というよりマルチタレントという印象が強い。特にCMやグラビアで活躍したモデルっぽい存在。

 中山雅史の奥さん(女優・生田智子)

 生田智子は、ゴンと結婚する前にはトレンディ女優だった。長身でスタイルの良い女性だった。

 和田毅の奥さん(仲根かすみ)

 彼女は清楚にしておしとやか、おっとり風でいながら、一方ではグラマラスなボディを披露し、グラビアアイドルとして世の男性を魅了した。個人的には「恋するハニカミ」に彼女が陣内智則と出演した時に、新幹線ホームで別れ際、号泣していたのを見て、その純情さに惚れてしまうほどだった。元ソフトバンクエースで現在はメジャーリーガーの和田毅と結婚し、芸能界から身を引いた。

 今回は、これで閉じるが、ほかにも関口宏の奥さん(西田佐知子)、これまで何度か当ブログで取り上げた秋元康の奥さん(元おニャン子クラブ・高井麻巳子)、野口五郎の奥さん(三井ゆり)も今日のテーマに合致する方たちだ。どうです?意外でしたか?彼女たちがアイドルとして輝いていた懐かしい映像でした。

 記事作成:平成26年4月~6月28日(土)

« 80年代を彩ったB級アイドルユニット | トップページ | 最高のプロポーズ大作戦Ver.2 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 80年代を彩ったB級アイドルユニット | トップページ | 最高のプロポーズ大作戦Ver.2 »

福島県の天気


無料ブログはココログ