2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 想い出のCM① ~ダイドー~ | トップページ | 「THE 毒舌キャラ」の芸能人 »

2014年8月19日 (火)

一時期結婚していた芸能人カップル

 今では意外に思える顔しれないが、一時期、婚姻関係にあった芸能人カップルを取り上げたい。しかも「ビッグカップル」をセレクトしてお送りしたい。もちろん掲載目的は、誹謗中傷でないことは予めお断りしておきたいと思う。

 明石家さんまと大竹しのぶ

 娘は「IMALU」。誰が見てもプラス同士で釣り合わない印象は否めない。「男女7人夏・秋物語」の共演で結婚したふたりだが、家庭より仕事を優先する「さんま」のなりふり構わぬ言動、行動に大竹が振り回されて嫌気が差したというのが理由。マイペースで束縛を嫌うB型男性と、真面目で家庭的なA型女性の歯車が噛み合わなかった典型例。口喧嘩が絶えなかったと想像がつく。しかし真の理由は、家庭を優先してほしい「さんま」の希望と、女優業を優先したい大竹との間で食い違いが生じた模様だ。私生活までギャグにしてしまう「さんま」には私生活をまっとうに演じるのは難しいように思える。

 長渕剛と石野真子

 当時、長髪で遊び人風だったニューミュージック界のシンガーソングライターと穢れを知らない清純派アイドルとの婚姻で、発表は電撃的だった。私はファンクラブに入っていたほどの熱烈な真子ちゃん信者だったので、それは相当なショックだった。結婚式は吉田拓郎と浅田美代子夫妻(当時)の仲人で執り行った。その後、二人は離婚し、長渕はアクション女優だった志穂美悦子と再婚。血液型はA型同士。

 吉田拓郎と浅田美代子

 こちらは1970年代に隆盛を極めたフォークシンガーと天然のアイドルとの電撃結婚だった。どこでどう知り合ったのか?A型男性とB型女性の結婚で、性格の不一致やすれ違いが多くなった。B型は基本、人に対するおせっかいは苦手。気遣いができないタイプ。自我が強く、本能の赴くままに行動してしまう。B型女性は自分ワールドを持ち、A型男性はなかなかそこに入り込めない。本音でわかりあえない。根本的にA型とB型は真逆の性格を持つため、考えや感情が相容れない。よってお互いがお互いを理解できず、性格の不一致という図式が成り立ってしまう。でもこれも性格が違うのは当たり前なので、性格の不一致を理由にしてほしくはなかった。お互いの歩み寄りがなければ夫婦生活は成り立たないのは当然だと思うからだ。

https://www.youtube.com/watch?v=qm0hmR8CBrc

https://www.youtube.com/watch?v=CSYRovFjNdY

 森進一と大原麗子

 大原麗子は渡瀬恒彦とも婚姻していた。一方の森進一は、大原麗子と離婚後に森昌子と結婚したが再び離婚。大原の電撃死去後のエピソードとして、前夫の渡瀬に相当の未練を感じていたようだ。森はO型で大原はAB型。あまり愛称は良くない組み合わせ。

https://www.youtube.com/watch?v=ph2W64W9N4o

 小林旭と美空ひばり

 こちらは世紀のビッグカップルだった。雑誌での対談をきっかけに交際を始めるが、結婚などはまだ考えていなかったにも関わらず、ひばりの意を汲んだ父親代わりの暴力団組長から強引に頼まれ拒めず、1962年(昭和37年)に結婚。「(結婚生活では)ひばりは懸命によき妻を演じようとし、女としては最高だった」と徹子の部屋で述懐している。小林とひばりは、ひばりの母の反対で戸籍上は入籍していない事実婚で、戸籍上、ひばりは生涯独身であった。1964年(昭和39年)に事実婚を解消。小林はABで美空ひばりはO型。

 押尾学と矢田亜希子

 時代をときめく人気若手俳優と女優のカップル。こちらもスピード婚だった。しかし、押尾の浮気性やドラッグを用いての同居女性の死亡遺棄などでスキャンダルが発覚すると、妻の矢田亜希子がけじめをつけたという印象。押尾はA型で矢田はO型。

 ダルビッシュと紗栄子

 こちらはよくわからない離婚原因。結婚もできちゃった婚で電撃発表だったが、多額の契約料でメジャーにも挑戦するなど、人気だけでなく実績も伴う活躍をしていただけに、離婚の理由が見当たらない。子供まで授かっていながら、簡単に離婚を決意したとも思えないし、離婚協議もさほどもめることはなかった。不可解な理由だ。ダルビッシュの心変わりなのか。加藤綾子との恋のうわさが取り沙汰されている。一方の紗栄子も一人の男に固執しない「恋多き女」という印象がある。ダルビッシュは繊細なA型で紗栄子は大雑把なO型。

 保坂尚希と高岡早紀

 こちらもおしどり夫婦として知られていたカップルで、結婚後もCMで共演し、仲睦まじい姿を披露していたが、突如離婚。魔性の女と週刊誌などでも揶揄されることが多かった高岡早紀の不倫が尾を引いての決断のようだが、真面目すぎる保坂尚希が耐えられなかったというのは察しが付く。しかし、真相は当事者しか知り得ない複雑な要因があったのだろう。両者ともA型。仮面夫婦の典型。

https://www.youtube.com/watch?v=NquX_Q4r-l4

 陣内智則と藤原紀香

 こちらは「美女と野獣」などと揶揄された不釣り合い婚だった。お笑い芸人と、超人気で姉さん肌女優の藤原では、最初から主従関係が明確で、陣内も冷静さを失い、後先を考えずに高嶺の花に手を伸ばしすぎた印象。ジャンルは違うが、売れっ子同士であったため、あまりの忙しさに会話が減り、すれ違いが多くなり、お互い気まずくなったことは推測できる。そして陣内がとった癒しを求めての浮気が藤原紀香を傷つけた。この不釣り合いカップルは、Take2の深沢と田中美佐子を見ているようだった。陣内はO型、藤原はプライドが高く傷つきやすいA型。立ち直りには相当時間がかかる。

 永瀬正敏と小泉今日子

 なれそめは1993年5月の女性誌での対談。かねて永瀬のファンだったという小泉は「私ぐらいの年齢の人って、妙に好きですよ、永瀬さんのこと」と盛り上がった。当時2人はそれぞれ異性スキャンダルを抱えていたが、インタビュー以降は急接近。同年9月には小泉が永瀬のマンションを訪れ、車で一緒にコンビニに出かける姿がキャッチされるなど、熱愛が加速していった。もともと「コソコソした恋愛はしたくない」といい、堂々と交際を続けた。(日刊ゲンダイの記事より)
 そして1995年2月22日に結婚。2004年2月22日に離婚した。つまり、結婚した日と離婚した日にちが同じ。9回目の結婚記念日に離婚した。離婚後も、2007年の『さくらん』、2011年の『 毎日かあさん』にて共演。「毎日かあさん」では元夫婦役を演じた。長瀬のブログで真相を告白。「自由に生きる為の決意」と報告「夫婦という よりは血縁関係があるような、どこか従妹同士のような関係・・・」 と明かしている。離婚後もあとくされなく、良き友人として振る舞うマイペースのB型らしいコメント。小泉今日子は典型的なO型。

 神田正輝と松田聖子

 松田聖子はその後、歯科医と再婚したが、再び離婚。こちらの理由は歯科医の夫がアメリカで勉強したいと訴えたが、歌手生活を継続したい聖子がこれに反対。溝が深まった。 最初の結婚は「聖輝の結婚」として世間の注目を浴びた。子供は神田沙也加。どうしても親の七光りに思えてしまう。三浦友和&山口百恵、中村雅俊&五十嵐淳子もそうだが、親が偉大だと、子どもは苦労するように思える。そして聖子は「歌が命」であり、それは素晴らしい生き方と断言できるが、夫となる身から見れば、家事や育児などは苦手っぽいし、魔性の女っぽい雰囲気がありあり。両者ともA型でプライドが高い2人。

 郷ひろみと二谷友里恵

 1987年(昭和62年)6月12日、二谷は慶應義塾大学文学部卒業後、すぐに歌手の郷ひろみと結婚し女優業を引退する。郷との結婚披露宴を中継したフジテレビの番組視聴率47.6%を記録。3年間ニューヨークへ移住。
 1990年(平成2年)3月、郷との結婚生活を綴った『愛される理由』は、出版部数70万部を超えるベストセラーで1990年度の書籍売り上げ1位である。2女を儲けた。
1998年(平成10年)4月9日、離婚。郷側が離婚に合わせて告白本『ダディ』出版。郷ひろみはその後再婚。再婚後には双子の父親になった。郷はA型で二谷はAB型。

 中村獅童と竹内結子

 2005年5月10日、『いま、会いにゆきます』で共演した竹内結子と結婚を前提にした交際をしていたことを発表し、6月に婚姻届を提出。その後の会見で、竹内が妊娠3ヶ月であることも公表した。しかし、2008年3月7日、離婚が成立。竹内側から離婚届の提出は2006年10月末には行われており、1年半近くが経過してからの離婚となった。映画をきっかけにれない感情が盛り上がり、ムードが先だってできちゃった婚だったが、結婚生活がスタートし、性格不一致が露呈したというのがモロ見え。中村はO型で竹内は潔癖のA型。

https://www.youtube.com/watch?v=ZiRqDTsmz1Y

 松平健と大地真央

 舞台『風と共に去りぬ』他で共演が多かった2人は1990年に神前結婚したものの、2004年に離婚。多忙によるすれ違い、子宝に恵まれなかった事、また当時としては高齢結婚(松平が37歳、大地が34歳だった)が原因といわれている。松平健はその後、松本友里と再婚したが、妻が自殺する悲劇に見舞われた。両者ともにB型。

 前田宣輝と飯島直子

 1997年、TUBEの前田亘輝と人気若手女優だった飯島が結婚。10億円以上とも言われた豪邸を構えた。しかし、2001年に離婚。原因は前田の女遊びと報じられたが、実際は飯島直子のホスト通いによる浪費癖が原因と言われている。なんと500万円以上も貢いだと報じられ、浮気性だったのは実は妻のほうだったようだ。身から出た錆ということか。飯島は2012年に再婚した。両者ともA型同士。

https://www.youtube.com/watch?v=UA0apW76w2Y

 萩原聖人と和久井映見

 テレビドラマ「夏子の酒」の共演がきっかけで熱愛に発展。清純派のイメージだった和久井映見の結婚話には、男性ファンの誰もがショックを受けた。結局は、遊び人で家庭を顧みずにギャンブルに狂った萩原に和久井が愛想を尽かしての離婚劇だった。その後、最近になって和久井映見は人気俳優・竹野内豊との再婚話が持ち上がっている。萩原はプレイボーイで家庭を顧みないB型で、和久井は家庭的なA型。和久井の我慢の限界が切れたと容易に想像できる。

 山田隆夫と吉川桂子

 座布団運びの山田くんは元アイドルグループの「ずうとるび」のメンバーだったが、いつも「笑点」で「けいこちゃん」と呼んでいた妻と1977年に結婚したが、その後離婚してしまった。そのけいこちゃんとは、元アイドル歌手の「吉川桂子」さん。「ずうとるび」が「おれんじ色の恋」を大ヒットさせていた頃、奥さんになった吉川桂子は「オレンジの木の下で」でデビュー。「オレンジ」つながりだった。当時、人気絶頂アイドルだった栗田ひろみさんに似て、目がくりくりっとした正統派アイドルだった。山田は生真面目なA型。元妻の吉川桂子は不明。

 そのまんま東とかとうかずこ

 美女と野獣と揶揄された奇跡の結婚。当時ビートたけしに弟子入りし、大森うたえもんと「ツーツーレロレロ」という漫才コンビを組んでいたが、ガンバルマンズの熱湯風呂や風雲たけし城など体を張った出演がほとんど。一方のかとうかずこは美人女優としてトレンディドラマに主演するなど人気があった。このふたりの結婚は、まず周囲を驚かせた。暫くは結婚生活も順風満帆だったが、東が突如、政治家の道を表明し、早稲田大学に進学するなど、次第に夫婦の折り合いが悪くなり、夫の野望についていけなくなった「かとう」が離婚を決意した。自分自身のことが大好きで、家庭を省みずに自分の信念をとことん追求するB型のマイペース行動に、同じB型のかとうもさすがについていけなくなったというのが本音。

https://www.youtube.com/watch?v=eM9tQ1Cy3sg

https://www.youtube.com/watch?v=vCjMmKbzISk

 他にも、今回のテーマに適合する方は以下の通り。

石坂浩二と浅丘ルリ子(O型とA型)https://www.youtube.com/watch?v=-lpkCS9_lXg
三浦洋一と宇都宮雅代(O型とA型)
細川俊之と小川真由美(B型同士)
新庄剛志と大河内志保(A型とO型)https://www.youtube.com/watch?v=sPjh-GrTFmY
大澄賢也と小柳ルミ子(A型同士)https://www.youtube.com/watch?v=pm5mPjjU6zM
辻仁成と中山美穂(O型同士)https://www.youtube.com/watch?v=jfSAbQKMLvo
木村祐一と辺見えみり(AB型とB型)https://www.youtube.com/watch?v=50HUuBtWyAY
中村昌也と矢口真里(B型とA型)https://www.youtube.com/watch?v=_72BKDWsTxo
井戸田潤と安達祐実(B型とA型)https://www.youtube.com/watch?v=OzZ6OVCGHho
石井浩郎と岡村孝子(O型同士)https://www.youtube.com/watch?v=Y1xJslqOnkE
大鶴義丹とマルシア(A型同士)https://www.youtube.com/watch?v=Z9B2vAylB3I
布施博と古村比呂(B型とO型)https://www.youtube.com/watch?v=PdERgaYBDUU
布川敏和と土屋かおり(B型とA型)https://www.youtube.com/watch?v=pRIr31B1-yk
花田勝と栗尾(花田)美恵子(B型同士)https://www.youtube.com/watch?v=A-zE0EsKwl8

 さて、今回の記事は、プライバシーの部分もあるが、芸能人は公人的な存在であり、良かれ悪かれ脚光を浴びてナンボというところがある。従ってワイドショー張りにプライベートの部分にまで踏み込んで記載してしまった。

 とかく感性が重視される芸能界において、子どもがいながら、お互い歩み寄りの姿勢がみられず、簡単に離婚に至ってしまうのは残念で仕方ない。性格の不一致とか価値観の相違、あるいは多忙によるすれ違いが多くなったと言うが、お互いに最大の努力をしていないで、美男美女が多く、誘惑の多い芸能界という独特な世界で、浮気したことが原因で他に好きになった人がいるとか、嫌になったからすぐ別れようという安易な発想では、あまりにも身勝手で子どもが可哀想だ。しかも結婚する際には、マスコミで中継するなど多くの豪華芸能人を招き、数億円規模で大々的に披露宴まで執り行っている。正味な話し、もう少し考えて結論を出してほしかったと思わざるを得ない。

 <関連記事>

 芸能人カップルに見る血液型別相性

 http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6c0f.html

 記事作成:6月27日(金)~8月3日(日)

« 想い出のCM① ~ダイドー~ | トップページ | 「THE 毒舌キャラ」の芸能人 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ