2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« CMの彼女⑱ | トップページ | 流行語メーカー(ザ・ドリフターズ) »

2014年8月 7日 (木)

THE 愛されキャラ

 近年「○○キャラ」というのが若者の間で流行り言葉になっている。「ゆるキャラ」「へたれキャラ」「癒しキャラ」など。以前、当ブログでも「いじられキャラ」をテーマにした記事を書いたことがあった。しかし、世の中とは不思議なもので、それとは対極に位置する「愛されキャラ」と呼ばれる人達もいる。「そういう星の下に生まれた」としか言いようがないくらい、見るからに放っておけない存在とか、誰かが支えてあげないといけないほど、その人の周囲には人が集まる。いわゆる求心力のある人物だ。今日は、そうした「愛されキャラ」というテーマでお送りしたい。
 まずは、オリコンスタイルなどでもお馴染みだが、芸能誌などで度々取り上げられる「好感度ランキング」から見てみたい。

 好感度女性芸能人(女優・タレント・アスリート)ベスト10 *グループを除く

 1位 綾瀬はるか  B型       6位 ベッキー      AB型
 2位 堀北真希    B型       7位 新垣結衣   A型
 3位 上戸彩      O型       8位 ローラ     B型
 4位 能年玲奈    A型       9位 有村架純   B型
 5位 北川景子    O型     10位 浅田真央   B型 

 このランキングだが、グループや芸人、アイドル、スポーツアスリート、俳優、総合など各ジャンルに細かく分かれていて、更には男性から見てと女性から見てでは差異は大きかった。一体どれを参考にしたらいいのかわからないくらいだった。でも2014年の結果を見れば、やたらとB型が上位にランクインしているのが見て取れる。これは単なる偶然ではない。 

 次に、私から見て「愛されキャラ」だと思われる女性芸能人を取り上げたい。

 1位  綾瀬はるか       B型     6位  能年玲奈     A型        
 2位  ローラ           B型      7位   水卜麻美    AB型
 3位  ベッキー                AB型      8位 上戸 彩      O型
 4位  きゃりーぱみゅぱみゅ B型      9位  イモトアヤコ   O型 
 5位  浅田真央         B型    10位  堀北真希    B型

 私が個人的に選ぶとこういう布陣だが、やはり「愛されキャラ」というのは圧倒的にB型上位ということになる。ベスト10のうち何と半数の5人がランクイン。かつて、熱狂的なファンがつくのもこの型が多かった。南野陽子、菊池桃子、酒井法子、小倉優子などもそうだった。天然っぽくて夢見るメルヘン少女という要素が見え隠れするタイプだ。

Ayase Laura Asada

 続いて男性編を取り上げる。

 好感度男性芸能人(俳優・タレント・アスリート)ベスト10 *グループを除く

 1位 阿部寛     A型          6位 イチロー        B型
 2位 福山雅治    O型          7位 明石家さんま  B型
 3位 羽生結弦    B型          8位 向井理      O型
 4位 堺雅人      O型          9位 岡田准一    B型
 5位 櫻井翔      A型        10位 福士蒼汰    O型

 以前、この手の記事を書いているのでおわかりかと思うが、やはり日本人の4割近くを占めるA型のランクインが少ない。やはり芸能人はO型とB型が個性的なゆえに、目立って好感度にも入りやすいという結論になる。所ジョージや木村拓哉など、国民的人気がある方々はO型が多い。結果は10位中、OとB型8名を占める。A型男性は厳格でまじめすぎるため、遊びが少なく、一緒にいると窮屈感を覚えるかもしれない。基本A型はサービス精神旺盛で、気を遣う場面が多くなるが、それが親切の押し売りに感じることが多いし、自虐行為となってかえって墓穴を掘りやすい。ひょうきんで一緒にいて楽しいと感じたり、安心や安らぎを与えてくれる男性を女性は一般的に好む傾向が強いため、堅物印象が強いA型の存在はうっとうしく感じることが多くある。

 次に、私から見て「愛されキャラ」だと思われる男性芸能人を取り上げたい。

 1位 羽生結弦   B型      6位 福山雅治      O型
 2位 堺雅人    O型       7位 相葉雅紀     AB型 
 3位 内田篤人   O型      8位 岡村隆史      B型
 4位 上地雄輔   O型      9位 高橋大輔      A型
 5位 大野智    A型     10位 西島秀俊      A型  

 こうして顔ぶれを眺めると、カッコいいよりも可愛い系が愛されキャラになりやすい。母性本能をくすぐるような、自分が支えているというファン心理から、ついつい応援したくなる印象を与える男性が好かれるようだ。今年大ブレイクしている「カープ女子」などはまさしくその典型かもしれない。ほかにはスケートの織田信成や内村光良、オードリー春日、ザキヤマらもランクインしても不思議ではない。

Hanyu Sakai Kamiji

 さて、検証に入るが、男女を問わず国民に好かれるタレントや「愛されキャラ」にはなぜか血液型がB型の人が多くランクインする傾向が強い。一見マイペースであまり周囲を気遣うことが不得手なこの型がどうして良いのか探ってみた。

 理由1 

 唯我独尊タイプだが、世間ずれして映る反面、天然でボケがわざとらしくない。

 理由2

 作りキャラではなく、自然のまま。つまり嘘をつかない正直者。変に自分を取り繕ったりせず、自然体のまま。

 理由3

 陽気で底抜けに明るい。つまりは天真爛漫で屈託がない。子供っぽい無邪気な性格が、受け入れられる要因。一緒にいて楽しい気持ちになる。

 理由4 

 ポジティブ思考が周囲を落ち込ませない。嫌味がなく、あっけらかんとしており、話術に長け、場を和ませる発言をする。憎まれ口を叩いても悪気がなく許されてしまうローラなどはその典型。

 これらはB型が持っている天性の素質で人徳だろう。日本は典型的なA型民族だが、A型の特徴として、自分に無いものを持っている個性的な人に憧れる傾向が強い。だから往年の名プレーヤーとして長嶋茂雄を神のように崇める傾向があった。近年はイチローがそうだろう。A型人間にとってB型は、天性の素質を持った天才であろう。遠目で面白がって見ている分には害がないが、身近にいると、その他人の都合を考えないなりふり構わぬマイペース行動にイライラすることがある。歯に衣を着せぬ物の言いようにカチンと来ることも多いかもしれない。だから、芸能人やタレント。プロのアスリートは、利害関係がない分、憧れの存在として敬い、直接自分には降りかかってこないため、興味をもって眺められる存在になる。しかも日本人の5人に1人しかいないため、珍重される。したがって、当たり障りない人畜無害であれば、眺めていてこれほどユニークな人物はいない。よって好感度もアップするし、その強烈な個性が「愛されキャラ」になり得るのである。

 さて、今回の記事は、小生の独断と偏見も過分に含まれているが、楽しんでもらえたでしょうか?私たちの身の回りにいる「愛されキャラ」と言われている人物は、今回の理由に当て嵌まっていないでしょうか?いつも血液型とこじつけてしまう悪い癖はあるが、一見、人と同じ行動をとりたがらないB型は、自由かつ我がままで扱いづらく思えるかもしれないが、やや遠目に見ればカリスマ性があって、そのクラスや学校、あるいは会社で象徴的な人物になっていないでしょうか。風変わりで変哲な印象を持っていたほうが、何かと目に留まるし、目立って人間関係を構築しやすくさせるかもしれない。

 記事作成:7月21日(月)

« CMの彼女⑱ | トップページ | 流行語メーカー(ザ・ドリフターズ) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CMの彼女⑱ | トップページ | 流行語メーカー(ザ・ドリフターズ) »

福島県の天気


無料ブログはココログ