2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

自殺傾向が高いA型

 またしても血液型の話題で申し訳ない。この世の中、科学では証明できないような不思議なことだらけで、私が長年携わっている「血液型別性格診断」もそのひとつ。その性質の違いなど血液では自分の目で確かめようがないものなのに、不思議とその人の考え方の傾向や性質、あるいは容姿までもが分類できてしまう。これは長年人間関係を注意深く観察して得られた持論なのだが、特に、「血液型別性格診断」に7割以上興味が無く、また5割は否定するといわれているB型の人には目の上のタンコブ状態の話だろうが、立腹せずに気楽に読んでもらえたら幸いだ。

 今回のテーマはかなり深刻になるが、これまで芸能界やスポーツ選手など有名人で、自殺に追い込まれた方々にはA型が多いことから、そうならないための警鐘を鳴らす意味で設定した。まずはA型人間の性格やその特徴を考えれば理解してもらえると思う。

 <A型の特徴>

 プライドが高く、責任感が人一倍強い。心配性で不安材料をかき集めてしまうきらいがある。AKBの前田敦子や板野友美、華原朋美も自らの性格について言及していたように、内面と外面の気性の差が激しく、人間関係でつまずきやすい。感情の起伏が激しい沢尻エリカや中森明菜も同型。真面目で几帳面、しかも神経質で細かいことにこだわる性格で、失敗するとそれをいつまでも引きずりやすい。そうならないように日頃から用意周到にことを進める性格のため、いざ上手くいかないとショックが大きくなる。また、そのプライドの高さのために、変に強がってしまい、誰にも本心を打ち明けられず、悩みすぎてストレスを抱え込むことが多くなる。そして思いつめ、被害者意識が増幅し、将来を悲観して死を選んでしまう傾向が強い。

 女性の場合、失恋や介護疲れ、育児ノイローゼなどが自殺の引き金となることが比較的多く、男性の場合には、リストラなどの仕事の面や借金による生活苦、人間関係の失敗が原因で自殺に追い込まれることが多く発生する。

 ではA型の有名人では、どういった方々が自ら死を選んでしまったかを振り返りたい。断っておきたいのは、興味半分や誹謗などではなく、同じ状況に陥らないために、例証したいという趣旨で取り上げるものである。

 <自ら命を絶った主なA型有名人>

 1 清水由貴子

 2009年4月21日、静岡県駿東郡小山町の冨士霊園にある父親の墓前で、硫化水素が充満した黒いポリ袋を顔に被せた状態で自殺しているのが見つかった。享年49。原因は母親の介護でうつ病による発作的なものだった。

 2 可愛かずみ

 交際していたヤクルト川崎投手と破局した後、再三自殺未遂を繰り返した。1997年5月9日、午後7時10分頃、川崎が住んでいた目黒区駒場のマンション7階から飛び降り、帰らぬ人となった。享年32歳。

 3 松本友里(松平健の妻)

 2010年6月に母・和歌鈴子が死去し、その頃から母親の介護疲れや死別の影響などにより、うつ状態となる。
 2010年11月15日午前3時ごろ、自宅のドアノブにロープで首をつっているのを泊まり込みのベビーシッターが発見し警察に通報、死亡が確認された。遺書の有無は明らかにされていない。

 4 上原美優

 2011年5月11日の午後11時頃、東京都目黒区のマンション自室で交際中の一般男性と過ごしていたが、「2時間ほど一人にしてほしい」と男性を外出させたという。その後、外出先の男性の携帯電話に死をほのめかすメールが着信し、折り返し電話をかけても彼女が出なかったため、男性が上原宅に向かったところ、自室のドアにスカーフとベルトで首を吊っており、5月12日午前3時37分に病院で死亡が確認された。24歳没。

 5 沖田浩之

 芸能界に入る前は竹の子族として活動していた。TBS系列のテレビドラマ『3年B組金八先生』第2シリーズの松浦悟役で出演し、人気を博した。1981年にはスターダストプロモーションに所属し、「E気持(イーきもち)」で歌手デビュー、オリコンチャート最高位8位のヒットとなる。熱狂的ファンの親衛隊も多数結成された。
 1999年3月27日に自宅で首吊り自殺を図り死去、36歳没。その理由は不明である。『サラリーマン金太郎』第1部終了から僅か6日後の突然の悲報に、沖田自身が師と仰いでいた同じプロダクション事務所の津川雅彦も絶句し「顔を洗って出直して来い! そう言ってやりたい」と涙ながらに語った。

 6 伊良部秀輝

 五十嵐や佐藤由規、大谷翔平が記録を塗り替えるまで、日本人最速記録を保持していた剛速球投手。ロッテからメジャーリーグ、ニューヨークヤンキースに入団。しかし、マウンドでのマナーが問題になったり、観衆に唾を吐いたりとその悪態ぶりが問題になった。 2011年7月27日、ロサンゼルス近郊の自宅で、伊良部が首を吊った状態で死亡しているのが発見された。42歳没。伊良部は7月24日を最後に人前から姿を消しており、地元の警察の捜査では自殺とされている。自殺の理由としては、事業に失敗したこと、死の1ヵ月ほど前から妻子と別居状態が続いていたこと(既に離婚していたとする説もある)などで、精神的に追い詰められていた事情が指摘されている。

 7 高野 光

 1980年代、ヤクルトのエースとして活躍。野村ヤクルトの黄金期を支えた。現役引退後は、2000年春まで韓国プロ野球の現代ユニコーンズで臨時投手コーチをしていたが、帰国後、精神疾患を患うようになる。同年11月5日、豊島区のマンション7階にある自宅から家族の制止を振り切り転落死。精神病による幻覚により誤って転落したと見られていたが、目撃者の話などから自殺と断定された。39歳没。

 8 松宮一彦 

 元TBSアナウンサー。1976年4月にTBSに入社。テレビ『ザ・ベストテン』追っかけマンとして活躍し、「ポスト久米宏」といわれた。
 1999年9月28日、自宅で首を吊り縊死しているのを、当時交際中の女性が合鍵を使って松宮の自宅に入った際に発見された。その女性は英会話学校の講師を務めていて松宮と知り合い、交際に発展したと報道された。享年45歳。

 9 甲斐智枝美

 1980年代に歌手、女優、タレントとしても活躍した。福岡県大牟田市出身。
 1979年、日本テレビの組「スター誕生!」で第29代グランドチャンピオンを獲得。これをきっかけに芸能界入り。
 1980年、ポスト山口百恵を狙ったホリプロ所属のアイドルとしてシングル曲「スタア」で歌手デビュー。
 2006年7月10日、2階の寝室で首を吊っていたところを中学校3年生(当時)の長男が発見した。救急隊員が駆けつけたが、午前6時45分ごろ、心肺停止を確認。自宅所轄の千葉県警習志野署が検死を行い、自殺と断定した。43歳没。

 10 戸川京子

 戸川純の妹。2002年7月18日、都内の自宅マンションで首を吊っているところを事務所スタッフによって発見される。37歳没。幼いころから喘息の持病を抱えており、病気を苦に命を絶ったと言われている。また、晩年は鬱病を抱えており、友人からの電話に出ないことも多かったと言う。

 他にはA型芸能人の自殺は、遠藤康子、堀口綾子らがいる。

 また、自殺未遂を起こした中森明菜や田畑智子も同型。

 自殺する日本人の男女比は、男性が7割、女性が3割という比率。仕事面での挫折や幅広い人間関係の中で、社会からの疎外感を抱いたり、生き甲斐を無くしたり、あるいはリストラなどで生活不安などが男性の心情を直撃する。女性は男性に比べ、神経が図太いとも言えそうだ。高橋ジョージと三船美佳の離婚騒動を見ても、女性は離婚を決意すると、手のひらを返したようにサバサバするが、男性は未練たらたら。社会的地位や身分も気にすることから、男性のほうが傷つきやすく、後々まで引きずると言えるなくもない。

 ところで、日本人の死因の中で、最も多いのががんで、次いで心臓疾患、脳血管疾患となる。これがいわゆる現代の成人病。そして肺炎、不慮の事故という順位。自殺は老衰に迫る第7位となっている。毎年自ら命を断つ方が3万人近くいる現実を厳粛に受け止めなければならない。都会では毎日のように人身事故(列車への飛び込み)が起きている。私たちはそうしたニュースに慣れっこになってしまっている。人の命が自殺という方法で失われているのに、「またか」くらいの軽い気持ちで聞き逃してしまっているのではいだろうか。たとえば、40歳で自殺した人は、その日に自分で命を断つために、わざわざ40年間も生きてきたということになる。その時、家族は?会社の同僚は?友人は?周囲の反響も考えが及ばないほど追い込まれていたということか。

 こうした「自殺」は何も日本にのみ起こり得る問題ではない。続いて、お隣り韓国の自殺の状況を探ってみたい。日本よりもかなり深刻だ。

 韓国の女性芸能人も自殺者が多いが、大多数はA型

 U;Nee(A型)、キム・ダウル(不詳)、チャン・ジャヨン(A型)、ウ・スンヨン(不詳)、チョン・ダビン(O型)、イ・ウンジュ(A型)、チャン・チェウォン(不詳)、SSENユジュ(不詳)、チェ・ジンシル(O型)、チョン・ダビン(O型)、イ・ヘリン(不詳)

関連サイト(画像あり) http://matome.naver.jp/odai/2134442689366904601

 いずれも透明感のある清楚な印象の女性芸能人ばかり。

https://www.youtube.com/watch?v=A3TKEW83wa4

 2010年の統計では人口10万人あたりの自殺者数で韓国が10年連続世界一位となった。儒教が自殺を奨励していることはないが、人命を尊重しているようには到底思えない。
 韓国の場合、ネットによる誹謗中傷などのバッシングが盛んであることが自殺に追い込まれている要因だし、若手の女性歌手や女優が、売れるためには性接待を余儀なくされている現実がある。結果、うつ病を患い死を選ぶ場合が多い。性に対してこれほど意識がルーズで、悪行が罷り通っている韓国が、従軍慰安婦問題を叫び、日本をバッシングする根拠などあるのだろうか。責任転嫁も甚だしい。

 【韓国の血液型平均分布】  O型27.2% A型31.4% B型30.1% AB型11.3% 

 実はB型が多いのは韓国とインド。誰とでも分け隔てなく接し、個性重視のこの型だが、一方ではあまのじゃくで批判好き、反骨精神の塊と思われがちなこの型が韓国の国民性を反映している。何度も書くが、韓国は竹島に一方的に基地を築き、不法に占領しているし、日本固有の重要文化財を根こそぎかっぱらう窃盗団の国だ。70年も前の日韓併合歴史を未だに根に持ち、積年の恨みを増幅させ、日本憎しの感情で、ありもしない慰安婦問題をでっち上げる悪意の塊のような国だ。韓国軍がベトナム人30万人を虐殺した「ライダイハン」を棚上げして、日本を悪く言う権利などない。韓国については怒り心頭しているため、つい違う話題なのに感情的になってしまう。

 その他、A型自殺者の著名人

  芥川龍之介、川端康成、三島由紀夫、森田必勝、伊丹十三、桂三木助

 また、自殺とは断定できないが、不可解な死を遂げた有名人

 飯島 愛(A型)

 2008年(平成20年)12月5日、最後のブログを更新する。2008年12月24日、東京都渋谷区桜丘町の渋谷インフォスタワーの自室にて死亡しているのが、親戚の女性によって発見された。その後、警察などの調査によって、発見時現在で死後1週間ほど経過していたことが判明した。死亡推定日は発見日である12月24日から起算して12月17日前後であると考えられている。36歳没。2009年(平成21年)2月4日、東京都監察医務院による病理検査の結果が警視庁渋谷警察署より発表され、死因は肺炎であったことが判明した。

 大原麗子(AB型)

 2009年8月6日、連絡が取れず不審に思って警察に通報していた実弟らによって、自宅で死亡しているのが発見された。行政解剖の結果、死亡推定日時は同年8月3日。死因は不整脈による脳内出血であると診断された。 62歳没。

 坂井泉水(A型)

 2007年(平成19年) 5月26日の朝5時40分頃、入院先の病院内のスロープから3メートル下に転落し、駐車場で仰向けに倒れているところを通行人に発見される。集中治療室で緊急処置を受けるも、翌5月27日午後3時10分、後頭部強打による脳挫傷で急逝した。40歳没。

 尾崎 豊(B型)

 1992年(平成4年)4月25日早朝、当時の尾崎の自宅であるマンションから約500メートル離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見され、5時45分ごろ、通報で墨田区内の白鬚橋病院に運び込まれる。診察した医師は「生命に関わることも考えられるので、専門医に見てもらった方がいい」と診断したが、尾崎は妻と兄ともに自宅マンションに戻る。しかし、10時ごろになって容体が急変、呼吸が止まっているのに気がついた家族が約1時間後の11時9分に119番通報。搬送先の日本医科大学付属病院で手当を受けるも、午後0時6分に死亡した。

 四者とも、大勢のファンに愛された有名芸能人だったにもかかわらず、誰にも看取られず、孤独な死を迎えることになった。あまりにも惨い亡くなり方だった。

 また、テーマから外れるが、「日本テレビ」の元女子アナは、育児ノイローゼでの自殺頻度が高い。

 山本真純(O)  大杉君枝(AB) 米森麻美(AB) 

 いずれも新婚であり、出産したばかりで幸せそうに思えた方々だった。

http://www.daily.co.jp/gossip/flash/20130910308.shtml

A型以外の自殺者の血液型と理由

 1 古尾谷雅人 B (借金と鬱状態)      6 沖 雅也   B (老いへの恐怖?)
 2 岡田有希子 O (俳優Mへの失恋)    7 田宮二郎    B (躁鬱)
 3 田中 実   O (挫折・生活不安・不倫) 8 Hide         AB(不明)
 4 藤 圭子   B (鬱病)                    9 又野誠治   O(不明)
 5 川田亜子   O (不明)          10 ポール牧  AB(鬱病・借金)

 人間関係の失敗が直接自殺の引き金になるケースが多いA型に比べ、他の血液型の自殺は、自らが撒いた個人的理由によることが多い。
 B型の自殺の方法は、かなり衝撃的。猟銃で自身を撃ちぬいたり、新宿高層ビルの最上階からの投身だったり、死に方までマニアックな印象。B型を悪く言うつもりはないが、この血液型は社会批判が強い。規定路線を嫌い、独自路線を行くのが好きなため、他者に合わせることを不得手としている。B型の方の作成するブログを眺めると一目瞭然で、かなり強烈に持論を展開し、社会への不満ばかりを並べ立てている。特にA型が約4割を占める日本ではなおさら反骨精神が増幅されるのも心情的には理解できる。
 したがって、社会からかけ離れたと感じたり、孤独感を味わったり、あるいは人を信用しやすい人柄も災いして、他人に騙されたり、裏切られた時に、極度に人間不信に陥ってしまう。そして、生きる意味を見失い、自殺に至るケースも多く見られる。個性を追求するあまり、他者と同調できず、疎外感を抱き、周囲から異質な目で見られがちな幼少期を過ごしたり、いじめられた経験があれば、なおさら社会批判や不満が強くなるだろう。

 さて、今日の記事は、ファンだった方には触れて欲しくない内容も含まれていたかもしれない。しかし、彼らがブラウン管の向こう側で、タレントや歌手、女優として活躍していた姿をどこかで忘れないで欲しいという思いもあって、このような記事にしたためた次第です。その点をご了承いただければ幸いです。
 上記の方々の最期の状況を検証すれば、死を選ばなければならないほど思いつめ、悩み苦しんだ方々の心情を察すれば余りあるが、本人にしか計り知れないほど大きな問題で、解決困難なものだったと容易に想像がつく。私のような凡人には、死ぬほどの覚悟があるのなら、死ぬ気でやれば、何でも克服できそうな気がしてしまうが、その立場に無いものには到底理解できないだろう。介護、育児、失恋、病気、借金、仕事のストレス、肉親の死亡、将来への不安、家族や友人、会社等の人間関係の失敗による人間不信、挫折、生きる意味が見出せないなど、自殺の理由は数あれど、周囲の信頼が置ける方に一度でも相談し、悩みを共有または共感できれば、自殺という最悪のシナリオは回避できたのではないだろうか。

 最後に、本日取り上げた、志半ばで亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、結びとします。

 記事作成:1月21日(水)

 関連サイト「内閣府 自殺の統計」 http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/toukei/

2015年1月24日 (土)

往年の人気番組の名物コーナー

 最近は情報系のバラエティ番組が花盛りだが、1970年代~80年代のお茶の間の一家団欒に欠かせなかった娯楽系番組の比ではない。その頃は、家族揃って楽しめるアットホームな名物番組が目白押しだった。その大役を担ったのは、国民的人気を誇った「萩本欽一」だったり、「ザ・ドリフターズ」のようなお笑い芸人だった。もちろん往年のテレビ番組の中で繰り広げられた人気コーナーは、大部分がゴールデンタイム(19:00~22:00)放送のバラエティ番組が多かった。
 今日は、昔を懐かしむ企画として、かつて放送された名物番組の中から、特にユニークで面白かったコーナーを取り上げてみたい。

 連想ゲーム 「ワンワンニャンニャンコーナー」

https://www.youtube.com/watch?v=dvc4miEkqBk

 放送曜日は時々変更になったが、7時半開始の30分間の頭の体操。夕方の食卓時には欠かせなかった人気番組だった。毎回レギュラー陣を除く多彩なゲストを迎え、キャプテンが出すヒントを頼りに答えを推理し、当てる単純明快なクイズ。四文字熟語やリンゴゲーム、視聴者も一緒に考えるノーヒントコーナーなどあったが、「ワンワンニャンニャン」コーナーも人気があった。
 定期的に代替わりやレギュラー改編も多かったが、初期の三橋達也、田崎潤、大和田獏、坪内ミキ子、檀ふみ、岡江久美子らが好きだった。もちろんキャプテンは、時々出す違反ヒントが笑いを誘った漫画家の加藤芳郎と包容力のあった天地総子、あるいは鋭いヒントで正解率を高めた中田喜子が上手かった。

 8時だよ!全員集合 「少年少女合唱隊」

https://www.youtube.com/watch?v=uPcTmE66KLQ

 土曜日の8時からTBS系列で放送した劇場型お笑い番組。もちろんメインは最初のドリフターズが展開する劇。その後、ゲストの歌とCMを挟み、放送されたのがこのコーナー。当初は真面目に輪唱などを披露する堅いコーナーだったが、志村けんがドリフに正式加入してから様子が一変した。「東村山音頭」や「早口言葉」で盛り上がった。ゲストの有名歌手(沢田研二・布施明・五木ふろし・和田アキ子・桜田淳子・山口百恵・松田聖子など)がチャレンジし、大いに盛り上がった。

 欽ちゃんのどこまでやるの(欽どこ) 「クイズ食事順番当てコーナー」(超貴重)

https://www.youtube.com/watch?v=hEaY8ulLF7I

 毎週俳優や女優がおかずを食べる順番を推理するコーナー。現在は篠山紀信の奥さんの南沙織さんがアイドル時代に出演したレアな映像を発掘したのでリンクしました。

 「齋藤清六の村の時間」も大好きでしたが、動画が無かったので割愛いたしました。

 「ゲスト女優一覧」 

 「欽どこ」は国民的な人気を得た名物番組で、テレビ朝日系列の水曜日、21時から1時間番組。コント55号からソロ活動をし始めた萩本欽一は、「スター誕生」を始め、「欽ドン!」、「週間欽曜日」、「ぴったしカンカン」、「欽ちゃんの仮装大賞」など冠番組をいくつも抱えた大スターだった。軽妙な話術とドタバタコントが受け、この「欽どこ」は客の目の前でお茶の間コントを繰り広げた。視聴率が40%を超えたこともあるお化け番組だった。この番組から「見栄晴」や「わらべ」、「斉藤清六」、前振りの黒子とグレ子役で関根勤(当時はラビット関根)と小堺一機らが生まれた。欽ちゃんの奥さん役の真屋順子さんは体を壊されて芸能界を休業している。

 それは秘密です 「ご対面コーナー」

 昨年亡くなった桂小金治さんの名調子の司会が良かった。毎回お涙頂戴のご対面が評判を呼んだ。火曜日の7時から放送していた。設定はかなり重く、30年前に生き別れた肉親を探して再会させるものであったり、親に捨てられた子供が、どういう経緯と事情でそうなったのか理由を聞きたくて対面を望んで出演したりするものだった。

 ぴったしカンカン 「一枚の写真」

 TBSアナウンサーだった久米宏が司会を務めたクイズ&バラエティ番組で、現在放送中の「ぴったんこカンカン」の前身の名物番組だった。当時、久米宏は局アナながら、「ザ・ベストテン」の軽妙な話術で人気が沸騰。この番組も毎回高視聴率だった。コント55号がキャプテンを務めていた。

 プロポーズ大作戦 「フィーリングカップル5vs5」

 私が小中高の頃に毎週夢中で見ていたバラエティ番組。やすきよが司会を務め、朝日放送が制作していた。番組冒頭はトークだが、再会ご対面コーナーもあったり、ゲストの歌もあったり、番組の後半が名物「フィーリングカップル5vs5」だった。男女5人ずつが、恋愛などに関するQ&Aを繰り広げ、相性が良かったり、気に入った相手を選ぶコーナー。運よく相思相愛になれば、パネルにハートマークが出て、女性が望む、好きな場所にキスができると言うもの。「ラブラブショーー」に続く、恋愛ゲームの草分け的な存在だった。
 しかし、大学生になったら自分も出たいと熱望していたが、私が大学生になった途端、番組が放送打ち切り&終了となってしまった。

 TV海賊チャンネル 「ティッシュタイム&シャワータイム」

 閲覧注意映像です。自己責任でクリックしてください。 

https://www.youtube.com/watch?v=DDqarfcgFBY

 私が北海道に住んでいた1985年頃に放送していた深夜のお色気番組。TBS系列の「ハローミッドナイト」やフジテレビ系列の「オールナイトフジ」に対抗して日本テレビが制作し、放送した。土曜日の真夜中のお楽しみだった。明るいスタジオと軽いノリで進行した。目玉企画がこのコーナー。文字通り、生放送中にモデルやAV女優が擦りガラスの中でシャワーを浴び、舐めまわすような際どいカメラアングルで、見えるか見えないぐらいのギリギリの絵づらが興奮を誘った。それが証拠に、このコーナーが始まると視聴率がうなぎのぼりとなった。この頃深夜のお色気番組には、「独占おとなの時間」や再現VTRでお馴染みの「ウィークエンダー」、「あなたの知らない世界」(平日12時)、「11PM」や「トゥナイト」などがあった。かなりオープンに性風俗を取り上げて紹介していた。

 カックラキン大放送 「お笑いお茶の間劇場」

 新御三家の郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹が順番に出演した生放送バラエティ番組だった。毎週金曜日の7時半から30分間放送された。番組開始時は堺正章がメインだったが、後の第2期としてこのようなキャスティングとなった。脇を研ナオコや高田みづえが固め、その頃はコメディアンだった関根勤が端役で登場していた。若者に大人気の番組で、高視聴率を連発。開始当時は『コント55号のなんでそうなるの?』の補完番組として、1975年4月より半年間の放送予定で開始されたが、好評につき、10年間も続いた長寿番組となった。

 いかがでしたか。45歳以上の方には懐かしさ満載だったのではないでしょうか。かくいう私も小中高と学生の頃、夢中で見ていた番組ばかり。もちろん、往年の名物番組はこれだけではとどまらない。到底一回では紹介しきれるものではない。様子を見ながら、続編もぜひ作成したいと思います。

 関連ブログ記事

 「私が好きだったテレビ番組 Part1」

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/part-1-9d1a.html

 「私が好きだったテレビ番組 Part2」

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/part-2-e24b.html

 「私が好きだったテレビ番組 Part3」

http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/part-3-91a3.html

  記事作成:1月22日(木)

2015年1月20日 (火)

レジェンドと呼ばれるアスリートたち

 近年、「アンチエイジング」とか「生涯現役」という言葉が具現化されている。それは特に、スポーツの分野で脚光を浴びている。どんなスポーツにせよ、40歳を超えて、現役を貫くのは並大抵のことでは出来なかった。体力的な限界もさることながら、気力が萎え、心技体が万全でないと思うような成果が上がらないと言われる。
 今日は「レジェンド」という言葉がスポーツ界を賑わしている昨今、いったいどういうアスリートがそう呼ばれているかを検証してみたい。

 1 野球界のレジェンド

 山本昌投手(今年50歳)

 40歳を超えて第一線でプレーした選手は少ない。特に投手は厳しい。村田兆治、大野豊、工藤公康ぐらいしかいなかった。野手では野村克也やイチローなどが現役でバリバリ活躍したが、この四十路の壁がアスリートの限界とされて来た。それを10歳も上回る、私と同世代の「中年の星」が活躍している事実を頼もしく思う。これは同年代の人達に大いに希望と元気を与える、いわば快挙だ。2014年まで現役通算28年での成績は以下の通り。

Yamamoto2 Yamamoto1

 登板数    579    奪三振  2,308
 勝 利     219    与四死球   933
 敗 戦      165    失 点   1,393  
 セーブ       5     防御率   3.45
 勝 率    .570


 2 サッカー界のレジェンド

 三浦知良選手(今年48歳)

 彼は10代で、単身ブラジルに渡り、本場仕込みのレベルの高い場所に自らを追い込み、常に前向きな姿勢で、技術の習得と体力の向上に努めてきた。日本ではJリーグ発足当初から活躍し、初代JリーグのMVPにも輝いた日本サッカー界の第一人者だった。「キングカズ」の称号を得、自他ともに認めるレジェンドだ。飽くなきチャレンジャー精神で、現役を続行し、48歳になる今年も現役を貫き、他の選手たちも尊敬してやまない。しかし、彼にはまだ達成できていない夢がある。あれほどの実績と実力がありながら、サッカーの最高峰「ワールドカップ」おピッチに一度も立っていないことで、未だにその実現を諦めてはいない。この精神面の強さは他の選手の手本だ。是非、オファーがあるうちは現役を続行し、50歳まではやってほしい。

Kazu1 Kazu2

 国際Aマッチ       出場  89試合   得点 55点
 公式戦(日本・海外)  出場 618試合   得点174点

 3 テニス界のレジェンド

 クルム伊達公子選手(今年で45歳)

 彼女は日本女子テニス界の第一人者だ。WTAランキング自己最高位はシングルス4位、ダブルス33位。WTAツアー通算でシングルス8勝、ダブルス6勝を挙げている。アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルスランキングトップ10入りを果たした選手である。テニスはご存知のように激しいスポーツで、体力をもっとも使う。瞬発力、忍耐力、持久力、腕力、筋力、背筋力、そして俊敏性と軽快なフットワークを要求される。そんな激しいスポーツにおいて、実績を築き上げ、1996年、彼女が25歳の時に引退を宣言した。現役を引退した後も、彼女の現役へのこだわりは萎えなかった。なんとその12年後の2008年、37歳で電撃的に現役を復帰を宣言し、現在に至る。彼女は今年44歳。それでもWTAツアーに参戦し、勝利を収めている。

Date1 Date2

 彼女の成績はコチラ

 4 スキージャンプ界のレジェンド

 葛西紀明選手(今年で43歳)

 今年、42歳にして新婚というのも凄いが、新たな家族を得て、文字通り飛躍を誓っているアスリートだ。すでに開幕間もない時期に表彰台に2度立ち、同じジャンパー仲間からも、押しも押されもせぬ名実ともに「レジェンド」として崇められている。彼が凄いのは、その歳で守りに入らず、2位でも「悔しい」と思う性根だ。その悔しさがある限り、彼は自らの体力の限界に挑み続け、厳しいトレーニングを重ねられるため、今年表彰台の真ん中に立つことも決して夢ではないだろう。

Kasai1 Kasai2

 ワールドカップ通算成績

  • 通算17勝(日本人最多)(2位12回、3位26回) - 2015年1月7日時点
  • 団体戦3勝(2位3回、3位7回)
  • W杯最年長優勝(2014年11月30日、42歳5か月)
  • W杯最年長表彰台(2015年1月6日、42歳7か月)
  • W杯個人戦最多出場
  •  5 相撲界のレジェンド

     魁皇博之関(すでに現役引退)

     相撲とりと言えば、35歳が限界と誰もが思っているだろうが、彼は35歳を超えても大関の地位を守り抜き、大関在位記録や通算勝ち星1位の記録を打ち立てた。まさしく魁皇の名に恥じない活躍だった。膝の痛みや怪我による下半身の故障が多く、満身創痍で土俵に上がり続けた。その頑張りは、中年に希望を与え続けた。39歳で引退するまでその栄誉は下記の数々の記録で認識できる。

    Kaio2 Kaio1

    通算出場:1731回(歴代3位)

  • 幕内出場:1444回(歴代1位)
  • 通算成績:1047勝700敗158休(通算勝星:歴代1位、140場所) 勝率 .599
  • 幕内成績:879勝581敗141休(幕内勝星:歴代1位) 勝率 .602
  • 大関成績:524勝328敗119休(大関勝星:歴代1位) 勝率 .615
  • 現役在位:140場所
  • 幕内在位:107場所(歴代1位)
  • 大関在位:65場所(千代大海と並んで歴代1位タイ)
  • 関脇・小結在位:32場所(歴代2位)(関脇21場所(歴代2位タイ)、小結11場所(歴代8位タイ))
  • 対横綱戦勝利:37勝(歴代5位・最高位が大関以下の力士の中では朝潮に次いで歴代2位)(曙6勝、貴乃花12勝、若乃花2勝、武蔵丸7勝、朝青龍8勝、白鵬2勝)
     うち関脇以下で22勝、安芸乃島と並んで歴代1位タイ。
  • 通算(幕内)連続勝ち越し記録:14場所(1994年9月場所~1996年11月場所)
  • 幕内2桁連続勝利記録:7場所(2003年11月場所~2004年11月場所)
  •  さて、本日は、スポーツ界において「レジェンド」と呼ばれし最強アスリートたちを紹介したが、要は気力が重要で、体力はケガさえなければ日々のトレーニングでどうにでも対応ができる。息の長い選手生活を送るには、また健康管理や食事も大切で、内助の功も忘れてはならない。スポーツ選手は選手生命が短いが、そのパフォーマンスは一般人や少年少女たちの憧れになったり、夢になったりもする。
     2020年、東京五輪が56年ぶりに開催されることが決定し、これからますますスポーツ界が注目される。日本では様々なスポーツがテレビ中継され、真剣勝負や筋書きのないドラマに人々は酔いしれ、アスリートたちの不断の努力をつぶさに見て感動し、同時に賛辞を忘れない。こうした「レジェンド」と呼ばれるアスリートたちの姿を良きお手本とし、頑張る糧にしてもらいたい。今年も年齢不相応の活躍を期待したいと思う。

     記事作成:1月11日(日)

     追記

     当初、本記事のタイトルを「レジェンドと呼ばれる男たち」でしたが、クルム伊達公子さんを取り上げていたことを度忘れしていたため、「男たち」の部分を「アスリートたち」に変更いたしました。

    2015年1月15日 (木)

    生放送中のハプニング映像集

     2014年6月14日付の当ブログで「本番中のハプニング映像集」という記事を記載したが、今回はその続編とも呼ぶべき「放送事故映像」を集めてみた。

     1 歌の途中で突然泣き出す!

     この当事者は、AKBの生みの親で、億万長者の秋元康氏の現妻でもある、元おニャン子クラブのメンバーだった「高井麻巳子」さん。私が大学時代のアイドルで、横浜スタジアムのコンサートを見に行ったこともある。今も彼女の直筆のサインを持っている。
     この映像は「約束」という秋元康作詞の名曲だった。突然泣き出したのは、おそらくは秋元氏から交際を迫られた彼女が、悩んだ挙句に生歌の最中に泣き出したものと推察されている。それにしても、当時の大人気アイドルグループだった「おニャン子クラブ」にも恋愛禁止を強いておきながら、その掟を一方的に破ってメンバーと結婚する秋元氏って・・・。しかもその時彼女は21歳だったので、高橋みなみや小嶋陽菜よりずっと年下。AKBメンバーは大丈夫か?韓国ではあるまいし、社長からの性接待強要で問題になった別グループもあるのでさまざまな憶測を呼びそうだ。。
     そして「おニャン子クラブ」が、人気絶頂の時期に突然解散を発表したのも、実はこの秋元氏の結婚によるものだったとみるのが一般的で、そのために「おニャン子クラブ」は犠牲になったとファンの間では通説になっている。その秋元氏が、AKBの恋愛を禁止し、その規則を破った者(スキャンダル発覚者)を次々処罰したり、卒業させる権利があるのかが疑問といえば疑問だ。

     高井麻巳子さんを取り上げた動画はコチラ

     2 フジの女子アナが転落し重傷を負った放送事故

     この事故は1998年9月2日の生放送中に起きた。しかも朝の人気情報バラエティ番組の「めざましテレビ」の中での一コマ。当事者は彼女はフジテレビの人気女子アナだった「菊間千乃」アナ。本人にとっては思い出したくない過去かもしれないが、テレビ局側のスタッフの安全管理のミスや不注意によって起きた重大事故であり、二度と同じ過ちを犯してほしくないために敢えて掲載した。
     あろうことか、火災時の脱出方法を実演する体当たりレポートで、窓枠の外にぶら下がり、脱出シュートで避難するという段取りだった。しかし、ロープの結びが弱く、体重を支えきれず安全金具が外れ、にそのまま落下。無防備のまま13m下の安全マットの上に仰向けで落下した。ドスンという鈍い音。スタジオでは不謹慎にも小島奈津子の笑い声。騒然とするスタジオ。緊迫した生々しいやり取りが続いた。彼女は腰椎骨折で3か月の重傷。一歩間違えば投身自殺と同じで死んでいたかもしれない重大事故だった。私たちは生放送で人が転落死する現場を目撃する危険性があった。

     3 指原、歌の途中で靴が脱げる

     以前、このテーマで書いた元祖の記事で、生放送の公開番組だった「歌のトップテン」に出演していた堀ちえみが、歌の途中の右足を蹴飛ばす振り付けで、いきなり履いていたヒールを飛ばしてしまうハプニングを紹介したが、今をときめくAKB48の選抜メンバーの指原莉乃も同じことをやってしまった。蹴飛ばしたわけではないが、歌の最中に靴が脱げ、バランスが悪く、踊りづらくなった彼女がとっさに取った行為は、もう片方も脱いで、手に持って歌うという非常手段だった。

    堀ちえみの靴脱げ名場面はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=jmVDrxOPfO0

     4 大島優子がマイクを飛ばすハプニング

     こちらもAKB時代の大島優子が、「前しか向かねぇ」の歌のイントロで、マイクスタンドを回したら、マイクが飛んでいってしまった。慌てて隣にいたマイクを奪い、事なきを得た。歌唱には支障がなかったが、いきなりマイクを奪われたメンバーは唖然。

     5 水道橋博士が生放送中にマジギレ。一方的に番組降板を告げ退席

     日本人は討論下手と言われる。つい感情的になりすぎてキレる事が多々あり、議論にならない。ディベートなどは不得手というか、向かない民族と言える。これは日本人の性格を如実に物語っている。昔から個性を発揮しようとすると「出る杭は打たれる」の風習で、いじめの対象になりかねなかった。「右倣え」の感覚が染みついている。だから、反論を言われると、それに対決するだけの持論を持ち合わせていないため、「ケチをつけられた」と感情的になり、短気ぶりを発揮し、議論を自ら放棄してしまう。この映像は日本人のそうした気質をありもまま描写している。

     6 橋下徹大阪市長VS在特会・桜井誠会長

     橋下徹大阪市長は、歯に衣を着せぬ大胆かつ過激な言動が多く、時々トラブルの発端となることが多い。昨年10月20日も在日朝鮮人批判を展開する団体(在特会)の桜井会長とヘイトスピーチを巡って、マスコミの面前で公開討論に臨んだが、途中で喧嘩になり、あわや取っ組み合い寸前となった。その模様は下をクリックしてください。

     マスコミの面前で政治家がこのような感情的な物の言いようで相手を窘め、喧嘩を売るような態度は感心できない。相手が誰であっても。政治家は公人であり、その言動や行動には細心の注意を払い、責任を持つべきだ。桜井会長も威圧的で、挑戦的。これでは話が噛み合う筈がない。隙あらば口論や喧嘩に発展してやろうという魂胆が見え透いている。こうした模様をテレビで見ている国民はごまんといる。お互いに人の上に立つ以上、言葉遣いを考え、市民や国民の模範となるように心がけてほしい。
     この動画を見た人のコメントをそのまま掲載したい。
     まず低レベル!!人の話も聞かん、相手が話すのを終わるのが待てない、怒鳴るマシンガントーク、ガキか?いい大人が恥ずかしい!とこが差別?自分が不利になると怒鳴るし情けなさすぎる。

     6 公共放送NHKの失態

     御嶽山噴火ニュースでディレクターの声が丸聞こえ

    https://www.youtube.com/watch?v=A604MSB9UV4

     織田信成の号泣に笑ってしまったNHKアナ(最後のほうです)

    https://www.youtube.com/watch?v=Wkv47ktfupU

     

     以前も放送事故を取り上げたことがあった。個人的に思うのは、マスコミの責任として、真実を伝え、公正明大で、公平性を優先した報道姿勢を心掛けて貰いたいと思う。出演者の人選にも気を配り、ハプニングを予想しながらも未然回避できるように万全のキャスティングと事前準備を行って貰いたいものだ。

     記事作成:1月5日(月)~10日(土)

     追記(平成27年12月3日)

     12月1日放送のNHK山形の天気コーナーで、Weather Report所属の「岡田みはる」気象予報士が、突然泣き出すハプニングがあった。しかもこの翌日には、番組休養。理由も示さないで、視聴者は困惑するばかりだ。大方の見方では、一生懸命原稿を覚え、事前学習もばっちりで本番に臨んだものの、スイッチャーのミスで、違う画面が流れ、必死にそれに合わせてコメントをアレンジしようとしたが、うまくかみ合わず、パニックになってしまったという印象。きっと悔しくて仕方なかったのだろう。

     見ていて可哀想になった。頑張れ!

    2015年1月12日 (月)

    郡山の魅力再発見⑧ ~伝説のワンステップフェスティバル~

     時を遡ること41年前の1974年(昭和49年)、当時私は10歳だった。その年に、当地郡山において伝説として今も語り継がれる、或る音楽のビッグイベントが開催されたのだった。
     それは郡山市が「新産業都市」に指定されてから10周年を記念しての一大スペクタクルショーだった。その名は「One Step Festival 1974」。おそらくは50代以上の郡山市民ならば、懐かしく当時を思い出すことだろう。では早速当時を回顧したい。

     <イベント概要>

     ワンステップフェスティバルは、1974年8月4日から5日、同8日から10日に福島県郡山市開成山公園内の総合陸上競技場で開かれたロック・フェスティバル。出演したロックバンドやシンガーの数は5日間で36組もあった。全国のロックファンが郡山に一堂に会し、それは華やかで興奮と熱狂的なイベントになった。

    Onestep2 Onestep
    Onestep3 Onestep4

     「広報こおりやま」掲載記事はコチラ

     <出演者一覧>

  • あんぜんバンド
    イエロー
  • 異邦人
  • ウエスト・ロード・ブルース・バンド
  • 上田正樹&サウス・トゥ・サウス
  • 内田裕也&1815ロックンロール・バンド
  • オリジナル・ディラン
  • かまやつひろし
  • クリス・クリストファーソン&リタ・クーリッジ
  • 神無月
  • キャロル(矢沢永吉)
  • 久保田麻琴と夕焼け楽団
  • クリエーション
  • グレープジャム
  • 外道
  • サディスティック・ミカ・バンド
  • 沢田研二&井上堯之バンド
  • サンハウス
  • シュガー・ベイブ
  • センチメンタル・シティ・ロマンス
  • ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
  • つのだひろ&スペース・バンド
  • トランザム
  • 南無
  • はちみつぱい
  • ブルースハウス・ブルースバンド
  • ミッキー吉野グループ
  • 宮下フミオ
  • めんたんぴん
  • ヨーコ・オノ&プラスチック・オノ・スーパー・バンド (→プラスティック・オノ・バンド)
  • 四人囃子
  • ラヴ
  • りりぃ
  • VSOP
  • ソウルパワー
  •  では「動画サイト」に投稿してあるその時の模様を垣間見てほしい。(予告なく削除される場合がありますのでご了承ください)
  •  1 サディスティック・ミカバンド 「塀までひとっとび」

     真夏の祭典だったたけに、上半身裸でパフォーマンスする出演者や観衆がいた。この当時、サディスティックミカバンドは過激な部類で、あまりテレビの歌番組などには登場しなかった。

     2 上田正樹 「戻りたいなんてあらへん」

     観衆も興奮状態で踊りまくった。昔流行った「ゴーゴー」や「モンキーダンス」のような踊りが主流だった。「ロックンロール」や50’s風の「ツイスト」もあった。

     3 キャロル

     今ではレアな「お宝映像」。ビートルズの影響を受けていることを実感できる。上下の皮ジャンスタイルはお馴染み。ポマードにリーゼントスタイルが当時のロックの象徴だった。同時期には「クールス」も活躍していたし、その後で宇崎竜童率いる「ダウンタウンブギウギバンド」も活躍した。昨年、メンバーだったジョニー大倉が亡くなったことで、伝説度が増し、貴重な映像となった。

     4 沢田研二&井上堯之 内田裕也

     昭和の大スターとして名を馳せた沢田研二は、グループサウンズ時代「ザ・タイガーズ」のリードヴォーカルだった。人気絶頂で、このような井上堯之との臨時のコラボバンドは珍しい。

    5 オノ・ヨーコ

     オノヨーコと言えば、ザ・ビートルズのジョン・レノンの妻。彼女のようなビッグネームの大スターも郡山へ来て、この記念すべきイベントに出演したのだった。なんと上の映像の中に、私の実家が映っている。

     当時は、フォークイベントは嬬恋や中津川フォークジャンボリなどがあったが、大掛かりなロックの祭典は少なく、これほどの威容を誇ったロックフェスは、郡山が最初の試みだった。私は当時、小学生だっため、ロックのロの字も知らず、自宅から徒歩で15分ほどの会場だったにもかからず、こんな貴重なイベントを見逃してしまった。たぶん中学生くらいだったら、絶対に友達と見に行き、ロックの洗礼を受けていたに違いない。

     余談なるが、その時、開成山公園内とその周辺において一大子ども祭りが同時開催され、ヘリコプターの体験乗車や健康診断、期間限定のジェットコースター運行も行われた。また五十鈴湖では軍艦のラジコン操縦も出来たし、空気で膨らませる巨大トランポリンなどの遊具もあり、それは大盛況だった。何を隠そう、私は当時小4だったが、友達3人でのど自慢大会みたいなのに応募し、仮設舞台の上で「母に捧げるバラード」を歌った記憶がある。でもあまりに大勢の人の前で、緊張し、あまり声が出なかった。

     この一大イベントが行われてから41年が経過した。私も歳をとる筈だ。モノクロの映像が時代や歴史、歳月を感じてしまう。2011年には私の同級生の箭内道彦が主催し、熱海のスケート場で大規模な「LIVE福島」が開催されたり、昨年、郡山で「B-1グランプリ」が開催されて大いに盛り上がった。再び被災地が活気を取り戻す意味でも、こうしたイベントは切らさずに継続して実施してほしい。そして「福島は元気です」と全世界に向けて発信できたらこの上ない喜びに思う。

     記事作成:平成27年1月10日(土)

    2015年1月 9日 (金)

    美しすぎる女流棋士たち

     私は趣味で将棋をさすことがあった。今でも「YouTube」などの動画サイトで過去の名勝負も頻繁に見ているほどの将棋ファンだ。今は亡き米長邦雄先生や羽生善治などの仰天するような勝負手には圧倒される。
     しかし、最近では美人の女性アングラーや女性ゴルファーも注目を浴びているが、将棋や囲碁の世界でも、美しすぎる女流棋士が登場するようになった。その真剣なまなざしと艶やかな和服姿に思わず見とれてしまうことも多いが、今日はそうした女流棋士たちをピックアップしたい。

     1 岩根 忍

    https://www.youtube.com/watch?v=dpCd8k2c-pE

    https://www.youtube.com/watch?v=wzn-g4cIuTM

    Iwane1 Iwane2

     2 梅沢由香里

    https://www.youtube.com/watch?v=4vp1b2rWVgA

    https://www.youtube.com/watch?v=aU4MAD_MSN0

    Umezawa1 Umezawa2

     3 矢内理絵子

    https://www.youtube.com/watch?v=c-ZNEfIPFlU

    https://www.youtube.com/watch?v=pqoafuYi7h4

    https://www.youtube.com/watch?v=eWvGM5CGTM0

    https://www.youtube.com/watch?v=fr0RNr8_K1w

    https://www.youtube.com/watch?v=pqoafuYi7h4

    Yauchi1 Yauchi2

     4 室田伊緒

    https://www.youtube.com/watch?v=M5wPKbc7TTY

    Murota1 Murota2

     5 安食総子

    https://www.youtube.com/watch?v=w0vPUv4zF88

    Ajiki1 Ajiki2

     6 室谷由紀 

    https://www.youtube.com/watch?v=lKcSe0A9hnk

    Muroya1 Muroya2

     7 清水市代

    https://www.youtube.com/watch?v=qxiMKLadcvA

    Shimizu1 Shimizu2

     8 島井咲緒里

    https://www.youtube.com/watch?v=27o1Q3XXaHw

    Shimai1Shimai2Shimai

     9 中村桃子

    https://www.youtube.com/watch?v=XAM_qSN_6pA

    https://www.youtube.com/watch?v=AEuor0SqFMQ

    https://www.youtube.com/watch?v=ZFOqh8fC3Sc

    Nakamura1 Nakamura2

    10 中倉彰子

    https://www.youtube.com/watch?v=BN4EaNGmcl0

    https://www.youtube.com/watch?v=aXJNiAWcYDU

    Nakakura1 Nakakura2

    11 山口恵梨子

    https://www.youtube.com/watch?v=iJJWc321ty4

    https://www.youtube.com/watch?v=mNXTAD8aCQU

    https://www.youtube.com/watch?v=hI83EbWxM5g

    Yamaguchi1 Yamaguchi2

    12 長谷川優貴

    https://www.youtube.com/watch?v=bCePy2Wo9Kc

    https://www.youtube.com/watch?v=cotiWstZKX4

    https://www.youtube.com/watch?v=uL-tXcvnaa8

    Hasegawa1 Hasegawa2

    13 竹俣紅

    https://www.youtube.com/watch?v=ahRIbY4J2_4

    https://www.youtube.com/watch?v=luflYf4am-8

    Takemata1 Takemata2

    14 飯野 愛

    https://www.youtube.com/watch?v=R3lffhwnwBA

    https://www.youtube.com/watch?v=XuByn3wg-kE

    Iino1Iino2Iino3

    15 香川愛生

    https://www.youtube.com/watch?v=YjJAS5hvGTQ

    https://www.youtube.com/watch?v=4Sgnma_jghk

    https://www.youtube.com/watch?v=LIsej79ow8A

    Kagawa1 Kagawa2

    16 鈴木環那

    https://www.youtube.com/watch?v=Tr42bbtNAhw

    https://www.youtube.com/watch?v=k7p8ipD2WlE

    https://www.youtube.com/watch?v=rJwhIKPF4nA

    Suzuki1 Suzuki2

     アイドルグループにも負けない容姿端麗、才色兼備の面々。知性を感じるし、これはお世辞抜きで綺麗すぎる。将棋や囲碁の世界も変わったものだ。ひと昔前までは、むさ苦しいオジサンたちの世界だった。大山康晴、中原誠、谷川浩司などを筆頭に、厳格にして一種独特なお堅い分野だった。それが随分と華やかにイメチェンしたものだ。
     毎週日曜日の午前中の対局に登場する女流棋士たちからますます目が離せない!

     記事作成:1月4日(日)

    2015年1月 8日 (木)

    202×年、危急存亡の時

     先日、永世中立国であるスイスが発表した「世界の軍事力比較ランキング」を見て仰天した。おそらくは不測の事態を危惧して、第三次世界大戦勃発を懸念してのものだろうが、この戦力分析は末恐ろしい予測であり、世界各地で行われている紛争やテロ行為を考えれば、いつ何時世界規模での戦争が発生しても不思議ではないし、あながち否定できない状況下にあるのは揺るぎのない事実であることは間違いない。

     ではその戦力を公平に判断した各国の順位を発表したい。参考とするのは「中国反応のブログ」なるサイトだ。あえて引用させていただく。

     1位 アメリカ

     米軍の現役総兵力は約143.9万人だ。そのうち戦略核の力:実力は海、空軍にある。アメリカ陸軍の兵力は49万人だ。
    3つの集団軍司令部、4つの軍部、10の作戦司令部、5つの航空旅団、3つの装甲騎兵団、6つの砲兵旅団、9の「愛国者」と2つの「復讐者」の防空ミサイル団、3つの独立歩兵/空挺兵営。海軍はアメリカ第一の軍区で、57万人(海軍海兵隊の17万人を含む)だ。
     世界の警察と呼ばれる所以は、世界各地に駐留し、各方面の治安に努めている。

     2位 ロシア

     陸軍は昔、歴史上最強の陸軍だった。現在はかなり縮減されてしまったが。戦車はピーク時には5万両以上あった、今は数が減っていて1万両前後だ。だがすべてがT-72以上のランクのものだ。
     空軍:戦闘機は全部で約5200機、現役の戦闘機は約2900機、500機のMiG-23、110機のMiG-25、450機のMiG-29、150機のSu-27と若干数のSu-30戦闘機、対地攻撃機は600機のMiG-27、480機のSu-24、340機のSu-25がある。
     海軍:巡洋艦がメインで、大型航空母艦の水面作戦部隊、原潜の数量が多い、世界に挑戦する海軍と呼ばれている。

     3位 中国

     陸軍は戦車/大砲/装甲車両/銃器/各種偵察機器等で既に世界一流のレベルに入ってきている、だが稼働率は50%に届かない。ハイテク装備の全軍に占める比重は欧米よりも少ない、だが総合戦力は遜色ないものだ。
     海軍:現役兵力は23.62万人で、解放軍に占める人数の10%だ。そのうち海軍航空兵2.5万人、海軍陸戦隊4万人を含む。64隻の水面主力軍艦、55隻の攻撃潜水艦、40隻以上の中型/重型上陸用舟艇、50隻のミサイル巡洋艦を含む。
     中国空軍の現役兵力は47万人で、戦略部隊と22万の防空兵を含む。

     4位 ドイツ

     陸軍には23.9万人がいる、6つの連合軍区司令部とその部隊に分けられ、1つの独立軍区司令部、1つの独立師団指揮部、1つの専門の師団指揮部、21の戦闘旅団、1つの航空機械化旅団、27の専門防務指揮部及び4つの戦時強化旅団である。
     空軍:7.69万人、部署は10の作戦飛行機連隊、6つの地対空ミサイル連隊、3つの運輸機連隊、2つのレーダーコントロール部隊と2つの信号団である。
     海軍:2.77万人で、15隻の護衛艦、15隻の対潜水艇艦、6隻の潜水艇、20隻の魚雷排除艦、10機の海上巡航機、1つの海上1戦闘・爆撃機連合隊で編成される。

     5位 フランス

     陸軍:約17万人、機動作戦兵力は9.3万人。装甲戦車兵、機械化新型兵団を含む。
     空軍:第一線戦闘機は650機、そのうちステルス戦闘機は約500機、F1を多く持つ。対地攻撃任務は150機の対地攻撃機が行う。
    フランス海軍は12機のアメリカ製A-7攻撃機と38機の艦載機を持ち、合計で800機余りだ。
     海軍:海軍の部隊は1つの空母戦闘大隊と1つの核攻撃潜水艇部隊で組成される。航空母艦を核として、駆逐艦、護衛艦、原潜或いは潜水艇で世界の海軍として存在している。

     5位 イギリス

     陸軍:数量は40の営団で、人数は11.7万を保持している。
     空軍:トーネード制空戦闘機を主力とし、約300機を持つ、対地攻撃機はVTOL機を含む40機、F-35は海軍60機を含む150機を調達予定で、海軍機、攻撃機、VTOL機を含めると600機以上持っている。
     海軍:航空母艦を核として、駆逐艦、護衛艦、原潜或いは潜水艇で世界有数の海軍として存在している。

     6位 日本

     陸上自衛隊は、約14.8万人、5つの方面隊、13の師団と2つの混成旅団、1つの空挺旅団、装備戦車約1050両、装甲車約680両、各種火砲約6080門で編成される。
     海上自衛隊は約4.4万人で、機動作戦を担当する連合艦隊と近海の警備を担当する5つの地方隊で組成される、装備は各艦艇が142隻、37万トンあまり、航空機が207機だ。
     航空自衛隊は約4.5万人で、主な作戦部隊は航空総隊だ、3つの航空方面隊と1つの航空混成団、装備は各航空機が468機あまり、そのうち作戦航空機が366機だ。それ以外にミサイルが30種ある。

     7位 インド

     陸軍:兵力は98万人、5つの軍区、11の軍部、35の師団、5つの独立旅団、1つのミサイル団、4つの防空旅団と3つの工兵旅団で編成される。陸軍航空兵には14のヘリコプター中隊がある。
     空軍:兵力は14万人。装備作戦飛行機772機、ヘリコプター170機。17の攻撃戦闘機中隊、第一線戦闘機が650機以上、だが古いMiG-21が300機以上だ。
     海軍:兵力は5.5万人(海軍航空兵と海軍陸戦隊を含む)。東、西、南部と遠東の4つの地区司令部と東、西の2つの艦隊で編成される。その他に潜水艦司令部と海軍航空兵司令部がある。

     8位 北朝鮮

     陸軍:約95万人、20の軍、27の機械化歩兵師団、15の装甲旅団、14の機械化歩兵旅団、21の砲兵旅団、9つのロケット発射旅団、1つの特殊作戦軍、10の狙撃旅団、12の歩兵旅団、17の偵察弾、1つの砲兵空降営、8つの特殊任務営、6つの直属砲兵旅団、2つの地対地ミサイル旅団、14の特殊砲兵ロケット砲旅団で編成される。
     空軍8.6万人、6つの航空師団、作戦飛行機621機。すべて第二世代の古い戦闘機だ。最近ロシアと協力してMiG-29を約120機配備した。
    だが戦闘力の上昇には限度がある。
     海軍:4.6万人。2つの艦隊司令部で編成される。

     9位 イスラエル

     陸軍:13万人(動員後は53万人に達する)。3つの地区司令部、1つの後方司令部、3つの軍司令部、3つの装甲師、2つの師団、3つの地区師部、4つの機械化歩兵旅団(1つの訓練旅団を含む)、3つのロケット砲営で編成される。
     海軍:約6500人(動員後は1.15万人)、陸戦隊300人を含む。
     空軍:現役戦闘機は少なくとも600機、110機のF-4、200機のF-16、60機のF-15と150機の補助機と120機のアメリカ製A-4スカイホークを含む。

    10位 韓国

     兵士数68.3万人。そのうち陸軍が56万人。3つの集団軍、11の軍、50の師団、21の旅団から編成される。
     空軍は6.3万人。10の飛行団、戦術飛行団1つ、防空管制団1つ、偵察飛行団1つ、訓練飛行団1つ、防空司令部1つ、作戦航空機555機で編成される。
     海軍:6万人(陸戦隊2.5万人、傭兵1.9万人を含む)。3つの艦隊司令部で編成される。
     竹島(独島)を巡って日韓が軍事衝突が起きれば、日本の海上自衛隊が圧勝すると言われている。韓国軍の大半を占める陸軍は北朝鮮との国境警備に主力が置かれているため、海峡警備は手薄。相手にならない。
     

     また、2014年にグローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)が「世界の軍事力ランキング2014年版」を発表した。世界の軍­隊のトップ10内には、米国やロシア、日本が入っていることがわかった。その映像はコチラ

     これらの順位を見ると、私たち日本人は明らかに違和感を持つ。自国の自衛手段として防衛能力ほどシカの軍事力(自衛隊)しか持たないはずの我が国が、世界の軍事力のトップ10に入る筈がない。日本国憲法によって武力を保持せず、核も持たない日本。70年もの長きにわたり、戦争に加担しなかった平和国家であるはずの日本がなぜこのような高いポジションにいるのだろうか。これは世界各国が、日本の最先端技術や高い産業能力を見越しての高い評価であることがわかる。もし日本が再び軍事国家の道を歩むなら、第二次世界大戦で中心的な役割を担った戦力補強など容易に成し遂げられることへの恐怖心や危惧しての結果だと思う。日本は、江戸時代より鎖国を実施し、長年に渡り外国との交易を避けて来た。外国とどう交渉し、どう対応していいのかその策を持ち合わせていなかった。しかし、日本の高い技術力を恐れ、国連の常任理事国入りを頑なに拒絶されてきたのも事実。本来であれば先進国の仲間入りを果たした時点で、国連の安保理においても重要な位置に君臨して然るべきだった筈。過去の戦争当事国としてのマイナス材料が、未だに尾を引き、国際社会での地位改善には至っていない。「日本に武器を与えるな」というのが戦後の国際社会の風潮であったし、本流であった。
     しかし、時代は変わり、自衛隊と言う名称ながら、世界の安全に寄与するに十分の軍事力を手に入れた。陸空海の安全を考えれば、日本の自衛隊だけではもはや事足りる戦力とは言い難い。軍備を補強しなければ中国や韓国のやりたい放題を許す結果となるのは必然。

     では、以前も当ブログで紹介したが、近い将来起こり得る有事の際を想定して安倍首相が急いでいる「憲法改正」やその前段として閣議決定した「集団的自衛権の行使容認」。これは間違いなく、今後30年以内に起こり得る中国や北朝鮮を軸として発生する東シナ海周辺の有事(つまり戦争)を意識しての措置に相違ない。それくらい領土を巡る各国の駆け引きは背切迫し、急を要するということだ。GDP世界第二位にのし上がった中国の横柄かつ横暴な態度が更に度を越し、威嚇にとどまらず、実力行使で尖閣を奪還し、実効支配しようと画策する動きは活発化することは必至。従来の日本政府は「遺憾である」というコメントを外交筋を通じて抗議するしか対抗策などの手立てはなかった。しかし、法律によって対抗措置がとれない日本に対し、見透かした中国政府が強い態度で向かって来て、必ずや衝突が起きる。それもそう遠くない未来に必ず起こり得る。では先日紹介した「戦争シミュレーション」と呼ぶべき、恐ろしい予測動画を再び紹介したい。

     日韓戦争シミュレーション

     世紀の激戦 東シナ海をめぐる日中の攻略-全編   

     尖閣有事 日本政府最悪のシナリオ

     尖閣防衛 日米最悪の日

     日本滅亡の危機

     アメリカ軍が沖縄県から全面撤退したら、1年後には沖縄は中国の領土になってしまうことを沖縄県民を始め、日本人は覚悟すべきだ。尖閣諸島はその防衛の拠点であり、ここを奪われることは沖縄本土を不法占領される危機的状況に陥ることを念頭に置かなければならない。安倍首相が軍備増強を急ぐ理由の一つはここにある。一歩対応を誤れば一触即発の危機的状況にあることを、日本人は認識しておかなければならない。これは決して絵空事でも夢の中の出来事でもないということを。

     最後に、日本は戦争経験国として二度と戦争を起こしてはならないことを切に願う意味で、特攻隊を描いた「永遠の0」の一節を紹介したい。戦場に散った厚顔無恥の若者たちの死を無駄にしてはならないし、英霊たちへ敬意を表す意味で取り上げる。二度と歴史を繰り返してはならない。ひとたび戦争が起きれば必ず人が死ぬ。尊い命が失われる。残された家族は・・・。日本の美しい風土を戦火に晒してはならないし、血で汚してはならない。

     記事作成:12月30日(火)

    2015年1月 7日 (水)

    2015年ぶらり旅①(1/7)

     1月7日(水)の予定

     8:10ホテル発ー8:24大船駅ー8:30鎌倉駅(江ノ電)ー8:45由比ガ浜駅(鎌倉文学館・高徳院大仏・長谷寺)ー長谷寺駅ー11:30極楽寺駅ー鎌倉高校前駅(ホーム・踏み切り)ー12:30江ノ島駅(江ノ島・展望台・洞窟等)ー15:10江ノ島駅15:24ー
    15:34藤沢駅ー15:52-16:41東京駅17:00(やまびこ149号)ー18:18郡山ー
    実家ー19:00自宅

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     1月7日(水)くもり/晴れ

      6:20 起床 アラームセットも不要。自力で起きる。天気はどんより厚い雲。パンツ1枚
         で寝る。
       7:02 朝食バイキング(みなもと)で食事。食事中のカード渡される。先客3名。おかず
         少ない。サラダ中心の和食で軽めに済ませる。湘南モノレール何度も往来。デジ
         カメ持って行ったのにメニュー撮影せず。めざましジャンケン連敗。ダイソン。イン
         ストールでPCの電源切れず。
     7:52 チェックアウト追加料金なし。寒い。早い出発で一本早いのに乗れる。
       
       8:04 大船駅発。JR横須賀線。160円。ここで傘を部屋のクローゼットに忘れたのに
         気付く。傘ではろくなことなかった。手荷物減って何より?
      8:10 鎌倉駅着。改札で閉じ込め。間違ってJRの切符を江ノ電の自動改札へ入れる。
          600円の一日「のりおりくん」購入。失敗。江ノ島エスカー&展望台セットで千円
         にすればよかった・・・。ミニスカJK。どんよりした空。傘無くて大丈夫か?青の10
         形と古い緑の4両連結。始発なので余裕で座れる。ガラガラ。

    Img_9347_r Img_9348_r

     8:24 由比ヶ浜駅着。降りる寸前、先頭車両から写真。斜めに狭い住宅街を400m進
         む。自販機で150円のペット茶購入。交差点。同じ目的オヤジいる。200mほど
         緩い坂道を進む。9時開館なのに早く到着して待つ。意外と近い。
     8:35 鎌倉文学館 肌寒い中、坂の途中で25分も待つ。9時300円で庭園内へ。いき
         なり超短いトンネル、物々しい。園庭から美しい文学館の洋館の写メ。靴を24番
         の下駄箱へ。品の良い館長?が出迎える。写真撮影は建物内は一切ダメ。しか
         し各フロアの展示物は一級資料ばかり。久米正雄、大沸次郎、夏目漱石、川端
         康成、高浜虚子、横溝正史、与謝野寛、晶子の直筆の原稿や色紙、写真など貴
         重なものばかり。鎌倉を愛した文人たち。皆紳士揃い。特別展示室では「冬柏山
         房に集った文人たち」川端康成は逗子のマンションでガス管を咥えての自殺・・・。

    Img_93531 Img_9354_r
    Img_9356_r Img_9359_r

     9:35 文学館発。レトロ調のバス。長谷観音交差点を右折。300mほど歩いて高徳院
         へ。
     9:47 高徳院(大仏)着。バイクで29年前に来ているが、あまり覚えていない。200
         円。綺麗な広大な園庭。外国人観光客だらけ。でも平日で人少な目。大仏29年
         振りの対面。大きく感じる。客は30人程度。一周して写真撮りまくり。大草鞋。20
         円で胎内へ。錫製。空洞階段を上がる。内部は殺風景。安いからいいが、あまり
         見て良い物ではない。帰り際、柏木由紀似の女子二人旅。青空見えるが気温は
         低め。右足首アキレス腱痛。今日一日持つか・・・。

    Img_9363_r Img_93671
            Img_9368r Img_9370_r
    Img_9371_r Img_9374_r
    Img_9383_r Img_9384_r
    Img_9389 Img_9393_r

    10:10 高徳院発。予定より30分早い。刀屋あり。鳩サブレ。桑ヶ谷療養所跡石碑。
    10:18 長谷寺着。歩きすぎ。券売機で300円。門に大きな提灯。順路に沿って見学。
         池が綺麗。急な石段上がる。右脚の付け根痛む。両足の裏水ぶくれ。晴れて来て
         影が出る。千体地蔵。小さな地蔵がびっしり並ぶ。斜面にも。外人観光客も驚愕。
         卍池、地蔵堂、日差し。大観音様撮影禁止だが、黄金で巨大。高さ6m?海が眺
         望できる展望デッキへ。久米正雄の銅像。虚子の句、出羽の海の岩。仏足石。石
         段下り弁天窟へ。ろうそく。洞穴に迷路状に順路。岩壁に仏像が並ぶ。中野不動
         尊のよう。高さ1mほどの低いトンネル状の洞窟は行かず。腰やりそうでキャンセ
         ル。

    Img_9399_r Img_9403_r
    Img_9405_r Img_9408_r
    Img_9410_r Img_9411_r
    Img_9414_r Img_9417_r
    Img_9418_r Img_9420_r

    10:46 長谷寺発。足の痛みと闘いながら長谷駅へ向かう。スニーカーにすれば良
         かった。
    10:52 江ノ電長谷駅着。スタンプ押す。1分後に発。空いている。座れる。狭い単線。く
         ねくねカーブしながらゆっくり進む感じ。江ノ電は7年振り。
    10:55 極楽寺駅。一応駅員に「のりおりくん」見せる。ここは29年振り下車。駅舎の写
         真だけ撮りたかった。ドラマ「俺たちの朝」の舞台だった。勝野洋や長谷直美。晴
         れて青空広がって来るが気温は低く、風もある。寒い。すぐさま次の電車をホーム
         にて待つ。スタンプ無し。切通しには行かず。

    Img_9421_r Img_9423_r
    Img_9422_r Img_9424_r

    11:08 極楽寺駅発。空いている。座れる。ヘリ5機編隊組んで飛ぶ。海側曇っている。
         平日の冬なのに大勢のサーファーが波乗り。波は結構高い。
    11:18 鎌倉高校前駅。7年前に1時間海と江ノ島を眺めて過ごしたホーム。車の往来
         は激しい。大島も見える。サーファー多数。年配の人が多い。スラムダンクの坂を
         探して江ノ島方面へ。ジョギングの人たちとすれ違う。恵風胃腸科病院まで踏切2
         か所見るが、違う。足痛いのに無駄な歩き、ホームの前を素通りして北側の踏切
         へ、なぜか坂の途中のマンションの前に若者20人もいる。路上駐車の車も。どう
         やらここが本命の踏切り。写真撮影。ちょうど江ノ電来てシャッターチャンスだった
         が、タイミングズレ。若者たちはサーフィンの見物。そのままマンション前をホーム
         へ向かう。ちょうど江ノ電来るが、ホームの手前で、のりおりくん紛失に気づく。最
         近落とし物多すぎる。足痛いのに慌てて戻ったら、坂の途中の歩道に落ちてい
         た。危なかった。でもこの一件で一本乗り損ねる。歳を追うごとにツイていないこと
         多い。江の島発着で遊覧ヘリが何度も去来。

    Img_9426_r Img_9427_r
    Img_9433_r Img_9431_r
    Img_9429_r Img_9430_r
    Slamdunk Img_9434_r

     「SLAM DUNK」のオープニング

    https://www.youtube.com/watch?v=hS1DplASD7w 踏切が登場します。

    https://www.youtube.com/watch?v=1F74D4Fv1CY 駅のホームが登場します。

    11:43 鎌倉高校前発。座れる。腰越駅懐かしい。ここの漁港で7年前に釣りした。
    11:47 江ノ島駅着。ここから徒歩が地獄。商店が断続的に並ぶ細い道をひたすら歩く。
         500m以上、脚を引きずりながら。やっと地下の連絡歩道へ。途中江ノ電ハウス
         あり。ここから江ノ島に渡る橋も長すぎ。600mはある。お天気カメラで出る釣り
         の燈台ある。時折水たまりを避ける。観光客多い。左にヨットハーバー。キャンド
         ル型の展望台。右側にはジェット戦闘機が2機、訓練飛行。
    12:04 江ノ島鳥居。ここは29年振り。その頃の展望台はボロだった。土産物屋の緩い
         坂を登る。人だかり。ここまで15分以上歩き通し。激痛に耐えながらくたくた。
         更に石段へ。ここで全エスカー、サムエルコッキング宛、展望台セット券750円を    
         購入。やはり江ノ電もセットで1,000円のほうが断然安かった。度々DASHで登場
         する江ノ島。エスカー2つ乗り継ぎ。弁財天スタンプ2つ。パンジーの花壇へ。更に
         乗り継ぐ。

    Img_9436_r Img_9437_r
    Img_9438_r Img_9439_r
    Img_9440_r Img_9443_r

    12:17 中津宮へ。昼食も取らず。学生時代のよう。

    Img_9441_r Img_9442_r

    12:23 最後のエスカーを乗ってサムエルコッキング宛へ。マズ、ウッドデッキ調の展望
         台へ。チューリップ畑。藤棚のような青紫の鮮やかなイルミネーションのトンネル
         を潜る。展望台方面へ。入口でチケット切る。

    Img_9445_r Img_9446_r
    Img_9449_r Img_9451_r

    12:30 比較的空いてるエレベーターで頂上展望台へ。雲が多いが比較的視界が良く、
         見渡せる。360度大パノラマ。屋外の展望台は圧巻。風弱く穏やかで眺望良し。
         多少ガスかかる。新島&大島、スカイツリー、東京タワー、六本木方面のビル群、
         横浜のランドマークタワーも見える。二度スカイデッキへ。展望デッキは揺れてい
         る感覚有り。二台もお天気カメラあり。下りは左の膝に激痛走る。辻堂や鵠沼方
         面を見て、あの海岸線で「波の数だけ抱きしめて」のロケをやった筈。悲喜こもご
         も。また、つい4日前に箱根駅伝で話題になったばかり。

    Img_9453_r Img_9455_r
    Img_9456_r Img_9458_r
    Img_9460_r Img_9463_r
    Img_9465_r Img_9467_r

    12:50 展望台下りる。スタンプ押す。サンセットデッキへ。無人。キャンドルタワーを見
         上げ写真。WCへ。ベンチで休憩。岩谷洞窟パス。帰りにまた登るの辛い。足が
         持たない。下山。下り石段きつい。手摺に掴まりながらびっこ引きながら下りる。
         晴れる。気温上昇。

    Img_9469_r Img_9470_r

    13:05 土産物屋の参道へ。
    13:08 鳥居。その先のベンチで小休止。波打ち際まで階段で降りられる。波激しく打ち
         付け。カップル多い。また長い橋を渡る。死にそう。レンタサイクルすれば良かっ
         た。足を引きづりながらゆっくり戻る。左の膝がヤバい。西の空は青空で東はどん
         より。必死の形相で江ノ島駅まで戻る。タッチの差で藤沢方面行き乗れず。腹ペ
         コ。12分待つ。

    13:26 江ノ島駅着。ペット茶を捨てる。

    Img_9471_r Img_9472_r

    13:36 江ノ島駅発。最後の江ノ電。元は取れた?湘南モノレールもここが始発。車両を
         移り、座る。
    13:47 藤沢駅着。従兄弟が住んでいた町。1時間半も早い到着。デッキでJR駅まで繋
         がっている。びゅうで受付15で待って質問。前の客長い。綺麗な女の人応対。
         東京都区内駅から郡山の切符を見せ、藤沢からだと都区内の入口の蒲田までの
         670円の切符を買えばいいのか?そして自動改札に2枚重ねて入れるのか?有
         人窓口で切符を見せるよう指示受ける。早速券売機で670円区間を購入。
    14:01 藤沢駅発の東海道線普通に乗る。快速アクティには乗れず。座れるが、目線の
         やり場に困る。停車駅は少ない。大船、戸塚、横浜、川崎、品川、新橋、東京の
         順。快速じゃくても早い。京浜東北線だったら各駅だった。駅間長い。
    14:21 横浜駅、14:30 川崎駅、14:38 品川駅
    14:47 東京駅着。早すぎ。17時の新幹線。まだ2時間以上もある。東京駅寒い。風も
         強い。まず食事。あちこち探し、丸の内の北口と南口を行ったり来たり。桜庭なな
         みのパネル可愛い。写真撮れず。12月20日の開業100年騒動時、息子と見上
         げた東京駅の美しい天井を写真。八重洲口とを結ぶ北自由通路でグルメ街があ
         る。そこで有吉さんぽ方式でいくつかの店を散策。

    Img_9473_r Img_9475_r
    Img_9476_r Img_9477_r

    15:07 「たけがみ」という一徹そばの店へ。ガラ空き。そこで会津産のそば粉使用の
         店。1,620円の「鮪ねぎとろ丼とせいろ蕎麦」を注文。蕎麦湯がぶ飲み。わさび
         効いていて旨い。玉子焼きも最高に美味。やっと遅い昼食。会計時に店の人に質
         問。会津出身者ではなかった。

                         Img_9478_r

    15:25 たけがみ発。丸の内南口へ。さきほどのパネルに人がいなくなってチャンス到
         来。可愛らしい三菱地所の桜庭ななみのパネルを2枚写真。2時間以上すること
         ないので、足が痛くてどうしようもなかったが、皇居まで強行往復を決意。ニッポン
         放送やGHQが置かれた第一生命ビルも写メしたかった。    
         日比谷通り、そこから見えるビルを第一生命ビルと勘違い。旧鹿鳴館があったビ
         ルも探すが見当たらず。内堀通り。城嶋が24時間マラソンで走った歩道。

    Img_9479_r Img_9480_rImg_9481_r Img_9483_r

    15:42 砂利の皇居内へ。水ぶくれ厳しい。御所の入口の門で婦人警官に質問。写真
         撮っていいか?二重橋の位置は?もっと左側で桜田門の方角。

    Img_9484_r Img_9485_r

    15:52 小さなレトロな交番。皇宮警察だ。ロープ敷かれ廻る。なんと16時で閉鎖だっ
         た。危ない。激痛に耐えてここまで来たのにシャットアウトは酷すぎる。外国人ば
         かり。二重橋は中学以来かも?1945年、終戦の玉音放送で敗戦を知った群衆が
         ひれ伏した場所。歴史と悲哀を感じた。工事で柵が張り巡らしてある門が桜田門。
         裏手に警視庁の有名な建物。ここへオウムの平田が出頭したのだ。またこの界隈
         で大老井伊直弼が暗殺された。あと1時間で新幹線出発。帰路を急ぐが、足が痛
         くてどうしようもない。ベンチで休み、足の裏の水ぶくれをチェック。そしてWCへ。
         洋式便器に座るが出ない。日比谷通りの信号で確認したら、最初に撮ったビルは
         旧GHQではなく、右側にあった。壁に「第一生命」の表示と見覚えのある柱が連な
         造り。丸の内のオフィス街を脚を引きづりながらくねくね歩き、やっとこさ東京駅赤
         煉瓦の丸の内側南口へ。

    Img_9486_r Img_9487_r
    Img_9489_r Img_9491_r
    Img_9492_r Img_9494_r

    16:17 東京駅着。いい時間帯。あとは土産を買って新幹線に乗るだけ。
         臨時の販売所みたいなブースで東京駅100周年限定の東京ばな奈と東京ごまた
         まごを購入。1,080円×2で2,160円。原敬殉難の地を探すが不明。
    16:28 新幹線改札を通る。22番線。8号車19番E。ホームで前に7人のおばちゃん旅
         行客占拠。すると待っていると近ツーのN氏が声を掛けて来た。びっくり。ひょんな
         ところで。添乗らしい。偶然すぎる。よく私だって気づいたな。掃除のおばちゃんた
         ちが入って来る。しかし、時間遅れ。

                        Img_9495_r

    17:01 東京駅発。「やまびこ149号」1分遅れて出発。隣りいない。
    17:06 上野駅 デジカメをチェック。
    17:26 大宮駅 宵の明星が夕映えにさらにキラリ光る。後ろの酒臭い客、女性車掌に
         注意され、自由席へ移動。端末ですべてその号車の座席状況が一目でわかる。
    17:49 宇都宮。暗闇の中、宇都宮タワーうっすら見える。隣り誰も来ない。白河を過ぎ
         て気温下がり、コートを下して掛ける。マクドナルド郡山安積店でプラスチック混入
         で子供けがのニュース。
    18:18 郡山駅着。なんと雪で路面つるつる。ヤバい。天気全然違う。
    18:25 バスターミナルで「市役所柴宮経由免許センター」の表示を見つけ、整理券を
         取って、運転手に「第二中学校前」止まるか確認。待ち時間なく乗れた。170円。
    18:35 バス下車。徒歩きつい。実家着。お土産渡し、カギを受けとり、軽くおかず頂く。
    20:05 実家発。雪道。咳止まらず。12月20日(土)は東京日帰りし、帰宅後インフルA
         型発症。道路は凍結だが、ブリザック最高級スタッド止まる。
    20:15 自宅着。

     <本日の出費>

     JR大船~鎌倉160円
     江ノ電のりおりくん600円
     ペット茶 150円
     鎌倉文学館 300円
     高徳院 200円
     胎内拝観 20円
     長谷寺 300円
     エスカー展望台セット750円
     JR藤沢~蒲田670円
     昼食代 1,620円
     土産代 2,160円
     JR東京~郡山 5,880円
     バス 170円         

     合計 12,980円

     2日間の合計 30,471円

     <総括>

     今回は天気と傘に苛まれた。「雨男」なので一人旅は常にこんな感じで、天気に恵まれたことがあまりない。だから毎回、快晴予報を見計らって直前まで実施日を決められない。今回は「えきねっとお先にトクだね」を使うために宿とあわせて一ヶ月前に予約をしなければならなくなった。この2日間の前後はすべて快晴だし、翌日は富士山がくっきり見える快晴の状況。でも6日に郡山~白河間がトンネルの内壁落下、7日は強風で21時以降の新幹線が福島~白石蔵王間で運転見合わせの報があった。すべてがうまくいくことはなかなかない。そして、日頃の運動不足が露呈し、両足(裏の皮みずぶくれ・右脚付け根痛・左足の膝)の痛みは極致。仕事に支障でるのは必至。一昨年の「有名人の墓参り」で同じ症状に陥り、懲りたはずなのに、また同じ靴を履いて大失敗。

     観光自体は7年振りや29年振りの再訪、あるいは中学校の修学旅行以来、36年振りの歴訪になった。京都と奈良をキャンセルして鎌倉にして正解だった。歴史と由緒ある源氏ゆかりの古都鎌倉の寺社を巡り、初詣もできたし、江ノ電も心ゆくまで楽しめた。また、スラムダンクの海が見える踏み切りや山岸舞彩が昨秋訪れた報国寺も良かった。雨の鎌倉も悪くはないが、傘に祟られたのは想定外。今後は準備を万全にして臨むようにしたい。費用もほぼ予定通り。息子が東京の私大(理系)のため、節約旅行を強いられたが、たまにはこうした息抜きも良いだろう。今年の夏は北海道(2泊3日)か京都・奈良(3泊4日)に出向きたいと思う。

    2015年1月 6日 (火)

    2015年ぶらり旅①(1/6)

     「いざ古都・鎌倉へ」

     鎌倉は昭和55年の中3の修学旅行で初めて訪れ、その後、1986年に東京の大学に移ってからバイクツーリングで再訪。さらには7年前の平成20年の2月にも訪れた。今回が4度目の訪問となる。当時は若く、歴史にあまり興味がなく、お寺をめぐってもあまり感慨深い印象はなかった。この歳になり、由緒ある寺社を巡ることは、当時はあまり感じなかった旅情や古の歴史浪漫についても理解できる点が多々あると思う。よって、極寒の季節にあえてこの地を選んだ次第だ。では早速、ルートなどの旅程を紹介したい。

     1月6日(火)の予定

     7:45自宅発ー8:00実家ー8:30郡山駅8:49(やまびこ124号)ー9:42大宮駅
    10:12大宮駅(湘南新宿ライン)ー11:40北鎌倉(円覚寺・東慶寺・明月院・建長寺・鶴岡八幡宮・頼朝の墓・報国寺・本覚寺)ー大船(ホテル泊) 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     1月6日(火)

     年末年始に帰省していた大学生の息子が、この同じ日にUターンで戻ることになり、予想外の同行となった。私は大宮乗り換えで鎌倉方面に向かい、息子は秋葉原の不動産屋で、2月に引っ越す東京のアパートの鍵を受け取りに行くこととなった。昨年の12月19日(土)の東京駅開業100周年のイベントの際、下見に行って決めた物件。帰りにあの記念SUICAの大混乱に巻き込まれ、人込みを歩いていて、帰宅後にインフルエンザA型を発症。最悪の暮れだった。そういう訳で私は予め「えきねっと」の「お先にトクだね」で3割引きのJRチケットを予約してあったが、息子は自由席で別れて移動することとなった。では初日の旅行をお送りしたい。

    6:30 起床。息子と2人なので若干緊張。
    7:40 自宅発。信号何度もモロ引っかかる。
    7:55  実家の駐車場に車を止め、鍵を預ける。すぐに来たバスに乗る。ベージュ
          の石井工務店などの
    派手な広告のバス。
    8:05 郡山駅着。息子の切符をとる。みどりの窓口でびゅうのギフト券5,000円分
          使う。
    上野でも7,470円。自由席でも高い。やはり「お先にトクだね」
          の3割引にはかなわない。
    息子は各駅の8:19発の一本早い電車で東京
       へ。
    NEW DAYSでサンドウィッチ、おにぎり、ホットのペット茶。434円。ホ
       ームの待合室で過ごす。通過は速すぎる。

    8:49 発やまびこ124号。6号車18E。宇都宮と大宮しか止まらず。自由席も
       ガラガラで隣に来
    ない。ケータイ充電10分のみ。どんより曇っているが雨
       はなし。息子を追いかける。

    9:42 大宮着。一本早い快速を目指す。いきなり自動改札で切符取り忘れ。200
       m
    も往復して係員に切符をもらい、また2度目の往復。タイムロスひどい。券売
       機で1,250
    円区間。寒くないが、くもり空。前回もこれで乗れず。駅員
       に聞いて6
    番ホームへ。間に合う。
    9:57大宮発。湘南新宿ライン快速。3分遅れで出発。滅茶苦茶飛ばす。駅ひとつ
          立つが座れる。

    10:29 新宿―10:35渋谷 ここから先はガラガラ。快速早く、このまま大船
       まで行っても良かっ
    たが、さんざん迷って10:50武蔵小杉で下車。遅れ
       取り戻す。横須賀線に乗り換え。

    10:56 武蔵小杉同じホーム発。何とか座る。新川崎、横浜、東戸塚、戸塚、大
       船、北鎌倉。晴れ間。

    11:07 横浜 対面に事務の女性に似た新婚さん鎌倉のガイドブック見ている。
    11:29 北鎌倉下車。懐かしいホーム。風景。晴れて青空見える。雨の予報だった
       のに。暖かい。西
    口へ。いったん円覚寺の門の写真撮影。7年前に見物した
       ので、急遽キャンセル。16
    時までに報国寺に行かなければならないため。
       狭い歩道を歩く。鉢の木あった。懐かしい。
    ぽかぽかでタイツ不要だった。
       押しボタン式信号渡る。

    11:38 東慶寺へ。さだまさしの縁切り寺・駆け込み寺。200円。朱印所。松ヶ
       岡文庫。杉林。晴れてい
    るが風が出てくる。天気雨。1986年ぶり29年ぶりの
       訪問。切り通しのような岩壁。梅も咲かず。木蓮も。この時期は人少ない。

    Img_9276_2 Img_9278_r
    Img_9280 Img_9283_r

    1
    1:52 東慶寺発。相変わらず見物早い。続いて名月院へ。踏み切り渡りすぐ左折
       し突き当たり右。
    住宅街の細い一本道。小洒落た民家のレストランあり。
       200mほど歩く。

    12:00 名月院着。300円急勾配の古い木の橋。風情ある。竹林あり。本堂へ。
       合掌一礼の文字。
    丸見窓。あじさいの時期に来ないとだめ。見物客少ない。
       外国人観光客。小雨降り出す。
    井戸。開山堂。名月院やぐら(岩壁)パンフ
       レット風で飛ばされたと思い、探すがなし。
    参道に落ちていたものを拾う
       が、バッグの中にあり。瓦屋根が埋まった竹林を経由して
    戻る中国系の観光
       客3
    人。受付に落ちていたパンフ届ける。境内を靴を脱いで一周。しおり5
       
    枚えりすぐりを貰う。写経やっている女性いる。

    Img_9285_r Img_9299_r

    Img_9290_r Img_9296_r

    Img_9298_r Img_9300_r

    12:18 名月院発。いよいよ雨が降り出し、風も強まる。早くも足の裏の皮がヤバ
       イ。雨時々止む。
    自販機で160円ペット茶高い。鎌倉学園の男子高校生と何
       度もすれ違う。歩道狭すぎる。

    12:32 建長寺。駐車場広い。バスは2千円高い普通車は600円。脚の両側の付
       け根が痛む。タイツ
    不要。拝観料300円。石の参道にデジカメ落としてヒ
       ヤッ。しかし立派な山門。撮影すると
    白っぽくモヤる。14歳以来なので36
       ぶりの訪問。仏殿と法堂立派。釈迦苦行像。合掌一礼。ここでも靴を脱いで
       境内を一周。毎日修行で雑巾がけしているせいか、木造の廊下を歩いても靴
       下が汚れない。庭が美しい。
    風吹き荒れ、雨も。折りたたみ傘さすが、風で
       反転し、ぶっ壊れる。安物駄目。骨折れる。

    Img_9302_r Img_9303_r
    Img_9307_r Img_9308_r
    Img_9310_r Img_9312_r

    12:55
    建長寺発。雨強まる。風も。髪の毛とバック濡れる。切通り沿いのような
       緩い坂道でトンネ
    ルあり。傘直せず。100均のは駄目。

    13:05 西側の石段を上がり、いきなり鶴岡八幡宮本堂の境内へ。初詣客の名残で
       ごった返す。拝観料ないので100
    円のお賽銭入れ、参拝する。石段を下
       り、1986
    年に三脚で写真を撮った場所。年賀の文字。福娘巫女さん可愛
       い。何とか傘を直そうとするが、3
    本も骨が壊れる。修理不能。頼朝公の墓
       所表示と警備員に聞きながら東側へ。突き当たり左折。高校と小学校の細い
       道を東へ。
    左折して突き当りが石段。小雨で何とか折れた傘に隠れながら到
       着。予定より断然早い。
    気が短い性格が災いし、一箇所に長居できず。

    Img_9318_r Img_9316_r
                     Img_9317_r

    13:30 石段上がった先に頼朝の墓。無人。俺だけ。個人的には義経と静御前のファン。なぜ実弟の義経を頼朝が恐れ、討伐に動いたか不明。傘を直そうとして右手の人差し指を切る。出血。安物傘のせいで全然観光を楽しめない。雨脚が強く、脚も痛くなったため、岐れ路バス停からバスに乗ることに。髪の毛ずぶぬれ。コートも。傘はケースに仕舞う。

    Img_9319_r Img_9321_r

    13:44 36
    番の京急のハイランド行きのバスに乗る。中央乗車整理券。2つ目180
          で浄明寺バス停へ。
    小さな橋を渡って勘で参道方面へ。200mほどで報国
          寺へ。途中の民芸品屋に新品のビニール
    傘多数売っていた。

    13:50 報国寺着。ずぶぬれ。傘駄目。何と2時間以上も早い到着。悪天候傾向に早めて正解。コートも髪もびしょびしょ。ここは2ヶ月前の紅葉の時期に山岸舞彩が訪れた場所。竹林を見て、是が非でも行きたかった。しかし16時で閉まるため、急いでいた。受付200円。竹林に避難。ものすごい数。季節によっては笹の葉音が鳴るようだ。同じ景色を見たのか。

       茶屋ありその先の広場でカップルが抱きつきながら写メ。イラつく。その先の石庭のような美しい庭で軒下のベンチを借りて20分間も居座り、傘の修理を試みるが駄目。土砂降りに。最悪。何しに鎌倉まで来たのか・・・。時間勿体無い。傘ごときで。最悪。外人観光客多い。茶屋で傘売ってる場所聞き、壊れた傘を手で押さえながら帰りに来る時に見かけた民芸品屋へ駆け込む。300円で購入。半透明のビニール傘よかった。浄明寺バス停へ。教えられたタバコ屋休み。ドラッグはやっていたが。バス停外人2人の後ろに並ぶ。

    Img_9323_r Img_9326_r
    Img_9328_r Img_9332_r
    Img_9335_r Img_9336_r

     山岸舞彩のブログはこちら http://ameblo.jp/yamagishi-mai/day-20141120.html

    14:49 バス停発。鎌倉駅行きのバス。髪の毛くさい。200円。

    14:54 鎌倉駅着。強風吹き荒れ。小町通りへ。100m先の右側にあった写真メ
       ニューで「魚河岸家」。
     無愛想なおばさん店員。女子高生2人おしゃべり。
       1,200円の
    「おしのぎ御膳。脚は痛いし雨も強いし最悪。どうやって時間を
         つぶすか?この時点で本覚寺はパス。

     

    Img_9337_r Img_9338_r

    15:36 鎌倉駅発。160円。

    15:42 大船駅へ。バカ傘とペットボトルをゴミ箱へポイ。脚の付け根の痛み限界。西
      
       口2
    階の屋根つきのペデストリアンデッキを歩き、大船観音が見える場所で写メ。
       往復。ルミネへ。
    ホテルは18時からのショートステイのため、2時間も時
       間つぶし。勿体無い。4
    階のWC前のベンチで15分も休憩。6階まで行
       き、その後、ホテル方面へ。
     バス停で行き止まり。戻って歩道橋。対面
       へ。ホテル目の前なのに渡れず。大きく回る。「
    TSUTAYA」で時間つぶし。
       30
    分以上も店内をぐるぐる回る。鎌倉まで来て何をやっているのか。アホ
       だ。パトカー3台も見かける。

    Img_9339_r Img_9343_r

                                                                                                                            
    17:20
    試しにホテルへ。チェックイン可能だった。カード決済済み。読売朝刊
       カードキー。4
    階の424号室。角っこ。綺麗な部屋。ベッドはセミダブ
       ル?髪の毛臭くてすぐに入浴。ネット繋ぐがブログの
    ログイン不能。仕方な
       く
    1時間半かけてワードに記録。明日は快晴にほっとする。今度は傘が邪
       魔。

    Img_9344_r Img_9345_r

    20:15 から外出し、夕食と夜食購入。小道闊歩。
    20:25 大阪王将へ。王将セット。ラーメンはしょっぱく、ぬるい。ギョーザはOK
       だが、量の多いチャーハンはイマイチ。1,050
    円。20:42 ファミマ。一
       番絞り500ml
    、濃茶、お菓子つまみ2つで637円。「Youtube」見
        
    ながら寝るが寒い。熟睡できず。

     <本の出費>

      170円 バス代

    4,650円 新幹線往路

      434円 コンビニ朝食

    1,250円 湘南新宿ライン(大宮~北鎌倉)

      200円 東慶寺

      300円 名月院

      160円 ペット茶

      300円 建長寺

      100円 鶴岡八幡宮賽銭

      180円 バス代

      200円 報国寺

      300円 傘代

      200円 バス代

    1,200円 昼食

        160円 北鎌倉~大船

    6,000円 ホテルメッツかまくら大船

    1,050円 夕食

        637円  夜食       合計17,491

    2015年1月 5日 (月)

    2015年ぶらり旅~予告編~

     <予告>

     2015年が明けて、新鮮な気持ちで新年を迎えた。昨年、あまり旅行に出向く機会がなかったため、「今年こそは」の願いを込め、大好きな旅行に勤しみたいと思う。そして、できる限りその記憶が失われないように本ブログに記録し、随時掲載していきたいと考えている。そして旅行記が完成次第、本ページにて公表したいと思います。しかるにその旅行第一弾を予告したいと思う。

     「いざ古都・鎌倉へ」

     本当は京都・奈良を考えていたが、この季節は降雪があるし、冬の京都は底冷えで寒いことを懸念し、結局は近場の鎌倉を選んだ。
     鎌倉は昭和55年の中3の修学旅行で初めて訪れ、その後、1986年に東京の大学に移ってからバイクツーリングで再訪。さらには6年前の平成20年の2月にも訪れた。今回が4度目の訪問となる。当時は若く、歴史にあまり興味がなく、お寺をめぐってもあまり感慨深い印象はなかった。この歳になり、由緒ある寺社を巡ることは、当時はあまり感じなかった旅情や古の歴史浪漫についても理解できる点が多々あると思う。よって、極寒の季節にあえてこの地を選んだ次第だ。では早速、ルートなどの旅程を紹介したい。

     1月6日(火)

     自宅発ー郡山駅ー大宮駅(湘南新宿ライン)ー北鎌倉(円覚寺・東慶寺・明月院・建長寺・鶴岡八幡宮・頼朝の墓・報国寺・本覚寺)ー大船(ホテル泊) 

     1月7日(水)

     ホテル発ー大船駅ー鎌倉駅(江ノ電)ー由比ガ浜駅(鎌倉文学館・高徳院大仏・長谷寺)ー長谷寺駅ー極楽寺駅ー鎌倉高校前駅(ホーム・踏み切り)ー江ノ島駅(江ノ島・展望台・洞窟等)ー江ノ島駅ー藤沢駅ー東京駅ー郡山ー自宅

     考えられない雨男ぶりを発揮してしまった。年内の天気予報では、両日ともに快晴予報が、大晦日に見た「Yahoo!」の週間予報によれば、私が旅行する6日と7日のみが雨で、それ以外がすべて快晴という不運な予報に変わる。学生時代から天気には恵まれなかったが、ここにきて雨男振りを発揮するとは・・・。新春早々ツイてなさすぎ・・・。

    費用

    JR 郡山~大宮  4,560円
       大宮~北鎌倉 1,250円
       鎌倉~大船    154円
       大船~鎌倉    154円
       藤沢~蒲田    669円
       東京~郡山  5,880円   
    江ノ電のりおりくん   600円    鉄道合計 13,357円

    ホテル代(1泊朝食) 6,000円

    バス代          540円
    拝観料        1,800円
    入場料等       1,660円 

    昼食・夕食代     4,000円
    お土産代・その他  2,643円         総合計額 30,000円    

     実際の旅行や出来事は明日以降、編集が終了次第公開したいと考えています。この記事を読まれた方で、道中の私らしき人物を見かけた方は「SUZUさんですか」と気軽に声を掛けて頂けたら幸いです。 
       

    2015年1月 3日 (土)

    THE 大御所

     血液型のネタで何回か類似した記事を掲載したことがある。芸能界やスポーツ界を見渡せば、その道のプロとか実力者がいる。それを「大御所」と呼ぶ。今回は、各分野においてそれに該当する方々を取り上げ、私なりの印象や見解を述べたい。

    <政治家> 

     田中角栄 B型 個性を絵に描いたような宰相。軍団を築き、小学校しか出ていないのに、東大卒の議員を顎で使った実力派。

     吉田 茂 O型 私の中で歴代最高の首相。明らかに政界の首領!戦後復興に尽力し、大物の風格十分で実力者。「小説吉田学校」で森繁久彌が主演した際、生き写しだと思った。

    <俳優> 

     故人

     高倉 健 B型 「幸福の黄色いハンカチ」「網走番外地」「鉄道員」「ホタル」「駅」

     森繁久彌 B型 「屋根の上のヴァイオリン弾き」「小説吉田学校」「社長」シリーズ

     渥美 清 B型 「男はつらいよ」シリーズ

     菅原文太 O型 「トラック野郎」シリーズ

     石原裕次郎 A型 「嵐を呼ぶ男」「狂った果実」「太陽の季節」「西部警察」「太陽にほえろ」

     丹波哲郎 O型 「大霊界」 ほか戦争ものや時代映画に多数出演

     三船敏郎 O型 「乱」「赤ひげ」「黒部の太陽」「日本海大海戦」「白痴」「野良犬」

     勝新太郎 O型 「座頭市」シリーズ

     緒形 拳 B型 「鬼畜」「復讐するは我にあり」「楢山節考」「火宅の人」「砂の器」 

     森 光子 B型 「放浪記」「時間ですよ」「おもろい女」

     いわゆるドル箱スターたち。いずれもシリーズ者の主演作を持ち、国民的人気を博した。

    他にも藤田まこと、三国連太郎、若山富三郎などはこのテーマに合致する名優だった。 

     現役 

     仲代達矢 B型 「不毛地帯」「影武者」「ハムレット」「切腹」

     渡 哲也 B型 「勝海舟」「大都会」「西部警察」「秀吉」

     里見浩太朗 A型 「水戸黄門」「年末時代劇シリーズ」

     吉永さゆり O型 「キューポラのある街」「」いつでも夢を」「伊豆の踊子」「細雪」

     他にも津川雅彦、役所広司、宍戸錠、田中邦衛、杉良太郎らは大御所と呼べる人たちだ。女性では八千草薫、草笛光子

    <歌手> 

     矢沢永吉 B型 

     CMの出演ギャラが最も高い。契約が1本1億5千万円とも言われている。缶コーヒーのボス、ブラビアなどに出演した。また、NHK紅白に出場した際には、会長をはじめ役員がズラリ、赤じゅうたんの両側に並び、丁重にお迎えしたというエピソードは「神話」となっている。

     氷室京介 B型 X-JAPANと同様にロック界のカリスマ的存在。

     美空ひばり O型 昭和の銀幕の大スターにして歌姫。「お嬢」として君臨。

     北島三郎 O型 演歌界の大御所。紅白を卒業してもなおその存在感は別格。

     松任谷由実 O型 ポップス界の姉御。ファンのみならずシンガーたちの頂点に立つ。

     加山雄三 A型 「若大将」シリーズで昭和の映画界をリード。あの和田アキ子にも「お兄さん」として慕われている。

     和田アキ子 O型 芸能界を牛耳っている印象。酔うと強いが普段は小心者という感じ。

     松山千春 O型 ニューミュージック界のドン。北海道が生んだ大スター。

     五木ひろし A型 正統派演歌の大御所。二度のレコ大受賞は伊達ではない。

     森 進一 O型 大御所に違いないが、五木の陽に比べ彼は陰という印象。

    <スポーツ界> 

     男子ゴルフ 

     ジャンボ尾崎 B型 ゴルフ界のスーパースターでメジャーにした立役者

     青木功 B型 熟練の技。ものまねにされるほどの個性派にして今もシニアで活躍。

     女子ゴルフ 

     岡本綾子 B型 女子ゴルフをメジャーにした第一人者。世界でも優勝最多。

     テニス 

     クルム伊達公子 B型 40代を超えてもなおも現役。年齢を感じない若々しさと気力。

     杉山愛 B型 引退したが、ポスト伊達公子としてリードした。ダブルスで優勝多数。

     野球(NPB) 

     長嶋茂雄 B型 ミスタープロ野球。巨人ファンだけでなく、野球ファンの憧れで神的存在。

     王貞治  O型 868本の世界のホームラン王。巨人に固執せず、球界発展のために寄与。

     野村克也 B型 名選手にして名監督。長嶋へのライバル心むき出して独自の理論で君臨した。

     張本勲 O型 喝!でお馴染みだが3,000本安打の安打製造機。大物の風格は抜群。

     イチロー(現役) B型 大物という感じはしないが、実力者で孤高の天才。

     不思議なことに「大御所」とか「大物」といった「大人物」はB型とO型が圧倒的に多い。

     他にもサッカー界を引っ張った釜本邦茂や木村和司もB型、自転車の第一人者だった中野浩一もB型だった。ラグビーの大八木剛もB型、清原和博もB。女子柔道の山口香や谷亮子もB型、スケート界の重鎮の佐野稔もB型だ。

     さて、人間にはその人が持つオーラや人間としての度量の大きさが異なる。それを「器」と呼ぶことが多い。A型は小心者が多く、取り越し苦労や心配性など何か小者というイメージがある。それに引き換え、B型はマイペースで凝り性、とことん追求するタイプのため、その道のプロになりやすい。B型から見るとA型は「取るに足らないつまらない人間」と映ってしまう。泥臭さや人間くささが無い。スマートで優等生タイプ、好青年が多いA型は演技やスポーツの世界では大成しないといわれている。

    記事作成:11月28日(金)~12月28日(日)

    2015年1月 2日 (金)

    シンデレラエクスプレス~恋人たちの時刻~

     バブル景気に沸いていた1980年代、世間は経済的に潤い、街角はまるでドラマや映画のひとコマのような華やかさがあって、オシャレな新人類たちが闊歩していた。わたせせいぞうの「ハートカクテル」のような夢空間の中で、誰もが主人公になり得た。すべてが綺麗な想い出のジグソーパズルのようで、欠片をはめ込むたびに鮮やかに記憶が甦って来るようだ。
     そんな古き佳き時代、私の青春時代にタイムスリップして、あの頃の時代観や世相を反映するような動画をお送りしたい。それはJR東海のCMでもすっかり有名になった「シンデレラエクスプレス」。離ればなれになっていた恋人同士が週末、東京で久し振りに再会し、束の間のデートを楽しむ。2人の距離を埋めるかのように。そして日曜日の夜、東京駅の新幹線プラットホームでは、人知れずカップルたちの甘くも切ないドラマが展開されていた。その東京発大阪行きの最終ひかり号。発車ベルが鳴って、ドアが閉まる寸前まで、寄り添い、お別れを惜しむカップル。新幹線のテールランプが見えなくなるまでホームに佇み、彼氏を見送る彼女。明日からまた会えない淋しい時間がやって来る。がっくりと肩を落としながら、家路に向かう彼女の姿。こうしたドラマが毎週のように繰り広げられていた。

     では本日は3作品と削除されるかもしれないが、ユーミンのPVをお送りしたい。

     実際に離れ離れの生活、つまり遠距離恋愛を行っていたカップルたちの姿を描いた動画映像をどうぞ!魔法にかけられたように限られた時間を精一杯楽しむ二人。やがて時間と言う壁によって魔法が解けてしまい、その運命の悪戯に弄ばれるその姿が巧みに描写されています。

     彼氏に会えた時と別れた後の彼女の表情や心情、気持ちの揺れ動きがよく伝わる。週末の束の間の時間でも、二人にとってはとてもかけがえのない至福のひと時で、その貴重な愛を育むというのが痛いほどわかる。恋愛時期は、女性は自分をドラマのヒロインに例えると言うが、そういう気持ちを察して優しく接してあげるのが男の優しさだと思っていた。
     学生時代や社会人になってこのような体験を私もしたが、こうした経験が自分の人格や人間性を築き上げて来たと言って過言ではない。人は人を通じて成長するのは間違いない。その彼女とは別れてしまったが、今でも大切な時間だったと信じてやまない。

     ユーミンの同名の曲の歌詞に出て来る「力を下さい、距離に負けないように」というのがよくわかる。

    https://www.youtube.com/watch?v=eTw6tPmjuhg

     最後に1987年の大反響を呼んだJR東海「シンデレラエクスプレス」のCMはお送りして結びとしたい。

     このCM上映によって、こうした週末の物語が現実に存在していることを広く世間に知らしめたのだった。

     記事作成:12月26日(金)

    « 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ