2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2015年春・福島を去ったアナウンサー | トップページ | 昔話⑫ ~懐かしいもの~ »

2015年2月17日 (火)

雑誌付き組み立て模型?

 かなり以前に、「ディアゴスティーニ」の商法について当ブログで取り上げたことがある。最近は、従前に輪を掛けて製作模型が凄みを増している。その商法を模倣した別雑誌も便乗登場するケースもあとを絶たない。なぜ流行るのか?創刊号を激安にして、手頃な値段設定で発売し、一度でも購入すれば、その模型を完成するまでは、毎回購入し続けなければならないからだ。途中で購入を忘れたり、買いそびれると、せっかくの大作模型が未完成で終わってしまう。
 これらは、1970年代頃に流行ったプラモデル愛好家から大絶賛されている。年のころで言えば、50代~70代の方々だ。ボケ防止や手先の衰えにももってこい。屋内でできる趣味がひとつ増える。ひとたび作品が完成すれば、この上ない喜びだし、苦労が報われるし、自らの組み立て、ひとつの作品として完成するため達成感も味わえる。また、部屋のインテリアとして飾ることで、毎回眺めることもできるし、何より出来栄えがよければ訪問客にも自慢できる。それを話題に話に花を咲かせることもできる。
 さらに嬉しいのは、孫が喜ぶことだ。男子なら誰もが一度は憧れた鉄道、戦車、飛行機、自動車、バイク、お城などの工作模型。孫とのコミュニケーション向上にも一役買う。孫に尊敬されることうけあいだ。

 では、これまでどんな「付録?模型」があったか振り返りたい。下のURLがあるものは、紹介動画を見ることができます。

 「週間フェラーリを作る」

http://yaplog.jp/987dreams/archive/740

 「零戦をつくる」

http://hobbycom.jp/workshop/special/13.html

Ferrari Zero_battle

 「HMSヴィクトリを作る」(帆船模型)

 「スズキ HAYABUSA GSX1300R」

Victory Hayabusa

 「隔週刊 ハーレーダビッドソン・プレミアムコレクション」

 「ランボルギーニ・カウンタック」

Harrey Countac

 「隔週刊 自衛隊モデル・コレクション」

 「マイ3Dプリンターを作る」

Selfdefence 3d

 「ロボット(ロビ)を作る」

 「蒸気機関車C57を作る」

Robi C57

 「F14トムキャットを作る」 販売元:アシェット・コレクションズジャパン

 http://www.f14tomcat.jp/home.html

 「国産鉄道」

F14 Railway

 「日本の貨物列車」

http://www.kamotsu.jp/home.html


 この手の作品は、往年の模型愛好家、つまりはオールドファンにはたまらないシリーズだろう。時間の無い方でも、毎週付いて来るパーツだけを組み立てていけば、相応の時間は要するものの着実に完成に近づける。しかも毎回少ない部品のため、雑に扱わないだろうから、仕上がりも一味違う筈だ。

 マイナスポイントは、創刊号こそ「釣り値段」のため、ついつい買ってしまうと、途中でやめられなくなる。これまでの苦労が水の泡なので途中で、飽きたとしてもついつい買わざるを得なくなる。また多忙で一度でも購入しそこなえば、これまた未完成になり、悔いだけが残る。結果的には完成する頃は、ふつうにプラモデルを買うよりも高くつく。パーツごとだと何号まで購入すれば完成なのか先が見えない。毎週1,000円程度の出費だとそんなに負担にはならないという皮算用だ。しかし、敵もさるもので、毎回販売価格が異なることがある。精巧なパーツを付録に付ける時は、特に値が張る。最初は格安でも、徐々に値段を吊り上げていく。冷静に考えれば、悪徳商法に値するが、それでも完成が見えれば、読者は購入せざるを得ない。そのあたりも出版社(制作会社)は、模型愛好家の心理まで計算しているに違いない。

 ところで、記憶を穿り返せば、昔からこの手の付録付きの雑誌はあるにはあった。学研の「学習」と「科学」などはまさにそうだった。しかし、最近は「雑誌(解説書)付きの模型」という意味合いが濃い。これは本末転倒で、ここまで来ると、書籍ではなく、玩具であり、どちらがメインだかわからなくなっているのが現状だ。

 しかしこの手の雑誌は需要があるのは間違いない。書店では、過去の売れ残りなのか、バックナンバーが結構平台に並んでいたりする。販売時期を過ぎればすぐに撤去や返品はしないようだ。このあたりは通常の雑誌の販売形態とは一線を画している。

 最近、活字離れで出版業界が危機に瀕している中で、こうした手法がひとり勝ちのように思える。最近は100万部を突破するようなベストセラーが少なくなっているだけに、関係者は一筋の光明を見た思いだろう。だから類似した模倣雑誌が自ずと増えるのだろう。

 しかしながら、今はある意味ブームに乗っかって追い風が吹いているが、やがては飽きられる時が来る。要は企画勝負で、ファンが食いつくようなシリーズ物が毎回出せるか、編集者の腕の見せ所かもしれない。

 最後に、私が考えた企画を列挙し、結びとしたい。

 1.「自分だけの街を作ろう」 自分でジオラマを制作する。建築に興味のある人には人気が出る筈。毎回、商店や学校などのミニチュアの建物模型が付録で付く。

 2.「86レビン製作」 かつてFRで人気があったかっとびマシン。峠でのローリングに嵌った人必見。

 3.「CBX400F」を作る。 30年前にブームになった旧車なのに未だに高値で取引される。後輪が動けば完璧。

 4.「ボーイング747」 いわゆる製造&運行中止したジャンボジェット。屋根が開いて内部(客室や操縦席)が見れる。 

 5.「姫路城を作る」 いわゆる日本のお城シリーズ。「熊本城」「大阪城」も続編として有。

 6.「世界遺産を作る」 版権が難しいが、「ピラミッド」、「エッフェル塔」などを組み立てる。

 7.「エンジンを組み立てる」 動力の仕組みを学べる優れもの。メカに強くなれる。

 8.「アポロを組み立てろ!」 「サターンロケット」「アポロ月面着陸船」「司令船」など

 9.「宇宙ステーションを作る」 ISSの模型を組み立てる。

10.「バッティングマシンで遊ぼう」 子供が大喜びの遊びを自宅で組み立てる。

11.「L特急はつかり」 先頭車両を作る 廃止された人気寝台特急 座席などリアルに 

12.「リニアモーターカーを製作せよ」 リニアモーターカーの原理も同時に学べる。

13.「食品サンプルの作り方」 外国人に大人気の食品サンプル。リアルさに驚愕。これを携帯ストラップやキーホルダーに加工する。自分だけのオリジナルを作れる。

14.「陶芸入門」 自分だけの器を簡単に作る 焼いてくれるレンタル窯の紹介も。

15.「人体模型」 等身大の人体模型を組み立てる。医学志望の学生がヒトの体の内臓や脳の配置、血管や神経、筋肉などの構造を学べる。

 また、他社で古谷一行主演の「金田一耕助」のDVDシリーズが発売された。ということは、天知茂主演の「江戸川乱歩」の「美女シリーズ」も解説付きで商品化されるのでは・・。

 中には版権が難しいものもあるが、ぜひ採用を検討して欲しい。

 記事作成:1月27日(火)

« 2015年春・福島を去ったアナウンサー | トップページ | 昔話⑫ ~懐かしいもの~ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年春・福島を去ったアナウンサー | トップページ | 昔話⑫ ~懐かしいもの~ »

福島県の天気


無料ブログはココログ