2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 「ポスト百恵」争奪戦 | トップページ | 2015年春・福島を去ったアナウンサー第二弾 »

2015年3月27日 (金)

感動CM~福島県編~

 この手の話題もずいぶん多く掲載したが、今日は我が居住地、福島県で放送された、感動的なCMを取り上げたい。他県の方たちは、あまりお目に掛かることがない作品で、貴重かもしれない。ではさっそくどうぞ!

 DoCoMo東北 CM智恵子のふるさと編

 二本松出身で高村光太郎の妻となった智恵子。戦前の女性には珍しいほど、恋愛に積極的で、前向きな行動を有していた。不治の病に冒されて、長らく病床に伏した。最後は鬱傾向に陥り、発狂寸前の状態だった。その智恵子の在りし日の面影を辿るような作風。

 こころネット企業

 福島県民は誰でも一度は見たことがあるCM。人生を実感させるような映像と美しいメロディライン。人生を味わい深くするのは、きっと心の仕事。感動のある人生を。心という字を組み合わせて、人生を体現しようとしたCMに心が揺り動かされた。

 スパリゾートハワイアンズ「ありがとう編」

 2011年3月11日に起きた「東日本大震災」で、施設が破壊され、長期休館を余儀なくされた。フラガールを始めとする従業員が、仕事を奪われ、一時は廃業の危機に陥った。しかし、存続を願う多くのファンと、それを支援する地元の励ましによって、スパリゾートハワイアンズは不死鳥の如く甦った。その立役者として頑張ったのは誰あろうフラガールたちだ。開業時に実施した全国キャラバンで「いわきは元気です」ということをアピール。全国に支援の輪が広がった。そして仮オープンを経て、ハワイアンズは見事復活を遂げたのだった。

 「光のきづなメッセージショー『night rainbow』」

 常磐音楽舞踊学院50年の歩み

 さて、感動的なCMというと、震災の後、復興支援のために、体を張って被災者たちを激励し続けた「フラガール」をおいてほかに考えられない。彼女たちの頑張りを書き漏らすわけにはいかない。彼女たちの笑顔にどれだけ勇気を貰ったかしれない。

 記事作成:平成26年12月26日(金)~平成27年3月23日(月) 

« 「ポスト百恵」争奪戦 | トップページ | 2015年春・福島を去ったアナウンサー第二弾 »

テレビCM」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ