2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 巨人軍エピソード | トップページ | 芸能人そっくりさん3 »

2015年5月19日 (火)

映画・ドラマのロケとなった福島県の桜の名所

 今年はいつになく桜の開花が早かった。4月初旬に見ごろを迎えた。日本三大桜に謳われる「三春滝桜」は、全国から観光客を呼び寄せる花見のメッカとなっている。
 ところで、ご当地福島県は、桜の花々が美しいことから、映画やテレビドラマなどに度々取り上げられている。今日は、それをテーマにお送りしたい。

 1.石部の桜(NHK大河ドラマ「八重の桜」)

 大河ドラマ「八重の桜」のオープニングに登場した。 「石部桜」は 田んぼ の中でのびのびと枝を広げていて堂々たる姿。 老木ながら花は可憐、この桜の見るべき は隆起した根元に広がる迫力の景観。 淡いピンクの花が咲き誇る満開時の姿はまるで桜の森。樹高11m、幹が根元から8本に分かれ、幹全体の枝張りは20mに及ぶ巨大なエドヒガンで会津五桜の中で1番早く開花する。 昭和43年、市の天然記念物に指定された。

Ishibe

 2.小沢の桜(映画「はつ恋」)

https://www.youtube.com/watch?v=W_bPC9ZPexI

 17歳の高校生・聡夏の春休みは、初めての失恋と母・志津枝の突然の入院で始まった。父・泰仁とのギクシャクしたふたり暮らし、思わしくない母の病状に、動揺する聡夏。そんなある日、病床の母の頼みで彼女が大切にしていた古いオルゴールを探し出した聡夏は、その中から投函されていない一通の手紙と一枚の写真を見つける。手紙は24年前に母が藤木真一路という父ではない誰かに認めたラヴレターで、色褪せた写真には若い頃の志津枝と藤木と思われる男性が写っていた。「私たちはこのまま終わりになってしまうのでしょうか?あの願い桜の下でもう一度会ってください…、桜が咲いたらもう一度」切ない母の想いが綴られた文面。それを読んだ瞬間、聡夏は母に内緒で藤木を探し、24年前の母の願いを叶えてあげることを決意する。その「願い桜」と呼んだ桜が、船引町(現田村市)にある「小沢の桜」だ。

https://www.youtube.com/watch?v=epGYJxJiRzw

 3.開成山公園(映画「時をかける少女」)

 さくら通り沿いの市役所の南向かい側の土手で撮影。桜のシーズンにはこの土手には上がれないようにロープが張られる。夜間はライトアップされる。陸上競技場&野球場へ入る門の西側部分(球場方向)がロケで撮影に使われた場所。ラストシーンに登場する。

Kaiseizan Kaiseizan2

 4.映画「春色のスープ」

 ロケ地マップ

https://www.google.com/maps/d/viewer?ie=UTF&msa=0&mid=z_B1xCp_e1VY.ke9FuT2rlhlQ

 桜が綺麗な土手は、県立南会津高校西側の南郷保育所の裏手の川沿い。この映画では福島県内をくまなく撮影している。

 さて、桜のシーズンが終わった後に、このような記事も無いかと思うが、県内だけを見ても、これだけ多くの桜の名所が撮影等に使われている。満開時には駐車場を埋め尽くすくらい、そして周辺は大渋滞を引き起こすが、今は葉桜になっていて、見物客もいない。私は旅行では、放送中や、観光客が多く押し寄せている時には、そうした名所には行きたいとは思わない。ブームが去った後に、ひっそりした静寂な感じに堪らなく魅力を感じる。兵どもが夢の跡のような雰囲気を味わいたいのだ。だから、新緑や初夏の頃が最も旅に出たい時期となる。

 記事作成:5月2日(土)

« 巨人軍エピソード | トップページ | 芸能人そっくりさん3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ