2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 伝説の男⑮ ~華麗なる舞い~ | トップページ | THE 変化球 »

2015年5月 9日 (土)

郡山の魅力再発見!⑫ ~インフラ整備~

 近年、郡山市周辺の公共事業工事、いわゆるインフラ整備は目覚しいものがある。震災以降、多くの箇所でその整備は進んだ。より快適な暮らしを支えるこの公共事業。時に税金の無駄遣いでは?と思われる節があるが、年々住み良い環境は整っているように思う。私が20年前に住み始めた八山田周辺も、大手スーパー3店舗とホームセンターが出店し、20を超える病院が隣接している。また、大型家電量販店が2軒建ち、警察署まで出来て、ひっきりなしに自宅周辺をパトカーが往来しているため、治安がとても良い。
 そこで今回は、我が街・郡山市の、過去・現在・未来において、どのような主な公共事業が行われているか検証したい。

 <すでに完了したインフラ整備>

 1.内環状線(富田~八山田)開通

  震災の直前に開通となったが、これまでは八山田方面から市内中心部に抜けるのは、
 狭い踏切を渡り、中学校の坂を越えなければならなかった。それが、直で内環状線一本
 で乗り入れることが可能となり、車の流れが大きく変った。しかし、田村地区方面から郡
 山市に流入して来る車の交通量が増え、富久山町福原地内の旧国道との交差点付近
 の渋滞は著しい。

 2.R288三春西バイパス工事

  郡山東ICの東側から三春バイパスまでの山越え工事区間が開通し、田村市までは近
 くなった。私が三春の職場に通っていた時には間に合わなかったが、私の家から三春中
 心街までは15分とかからなくなった。早朝なら10分だ。

Uchiknjyousen R288

 3.奥羽大学東側の道路整備

  喜久田街道は、磐越西線と並行し、この線路越えが長年の課題だった。今も踏み切り
 を渡らなければ、駅前方面には抜けられないが、行徳小や善方池周辺の住宅街からは
 喜久田街道に出やすくなった。おそらくは、迂回路状態になっているこの道路が高架橋
 で線路の上を越え、インター線へと接続できるようになる筈だ。

 4.中央公民館・勤労青少年ホーム

  市内麓山にある公会堂。その隣りにあった公民館が東日本大震災で大規模全壊し、
 このほど建て替えられ、完成を見た。かなり立派な公共施設だ。屋上には市内中心部を
 一望できる展望台を完備。防災設備も完備。その拠点として運用が行われる。

 5.郡山ナンバー交付開始

  インフラ整備ではないが、一応掲載したい。昨年から始まったご当地ナンバーの交付。
 「郡山ナンバー」。新車の登録や買い替えの場合は、従来の「福島ナンバー」ではなくな
 り、すべてこのナンバーとなる。すでに市街地を走っていれば、郡山ナンバーを数多く見
 かけるようになった。若い頃は福島や郡山は田舎の地方都市で、東京をこのナンバーを
 ぶら下げて走るのは嫌いだったが、この年齢になってみれば、さほど抵抗は無い。
  福島は原発事故の影響が大きく、色眼鏡で見られそうだっただけに、「郡山」という記
 載だと、すぐに福島県と結びつかない人が多い。

Kouminkan Koriyamanumber

 6.その他

 西部地域子育て支援センター(大槻町)、北部地域子育て支援センター(富久山町)

 <現在工事(建設)中の整備事業>

 1.安全性評価センター

  医療機器産業を集積する目的で、134億円の国の補助金で建設・運営する。医療機器
 メーカーが商品を開発したものを安全か否かを検査し、認証を与える施設。電気検査、
 生物学検査、機械検査を集約して行う。これに伴い、雇用も増えることが期待される。

 2.旧丸井跡地

  ビジネスホテルを全国展開しているダイワロイヤル(本社・東京都千代田区)は、JR郡
 山駅西口の旧丸井郡山店(郡山市駅前1)跡地などに「ダイワロイネットホテル郡山」を
 建設する計画を発表し、4月に着工され、来年秋の開業を目指している。1~3階はショ
 ッピングモールなどの商業施設で、4階~13階までが都市型ホテル。デザインが斬新
 で、三角形の建物となる予定。郡山市は元から宿場町として栄えた土地柄。駅前周辺は
 首都圏資本のホテルが林立し、過当競争気味だ。これは公共事業ではない。

Anzen Hotel

 <今後、工事が始まる予定のインフラ整備事業>

 1. インター線の延伸。これは市街地方面側。久保田変電所の手前で途切れている同
   路線を延長し、変電所の東南側に繋がる幹線道路。 

 2. 屋内水泳場の工事

   旧開成山プール跡地に建設が始まる長水路(50m)完備の屋内水泳場。すでに更
  地に整地済みで、まもなく工事が着工となる見通し。財源は震災復興費らしい。

 3.旧磐梯グランドホテル・磐光パラダイス跡地

   28,000㎡もの広大な磐梯熱海駅前の市有地に、このたび、人工芝を有したフット
  ボールセンターを始め、行政センターや公民館を兼ね備えた複合型施設の建設が予
  定されている。平成29年度の開所を目指し、今後予算化し、順次着工する見通し。

 4.JR東日本・磐越西線の新駅設置

  すでに設置箇所の用地買収が済んでいる。ここは旧農業試験場跡地の敷地内で、市
 の所有地だった場所。喜久田街道のカインズホームの東側のセブンイレブン交差点の
 南側に駅舎とホームが出来る予定。この周辺は、もともと住宅街で、大学や高校があっ
 たり、震災後は市内でもっとも大きな仮設住宅ができ、マンション建設も行われているこ
 とから、利用者はかなり多くなりそうだ。私も宴会がある際には、非常に助かる。平成27
 年度は1億66万円の予算が計上された。

Banko New_station

 5.その他

   遊び場(旧行健二小跡地・大槻公園内・大安場史蹟公園内・カルチャーパーク内)

   郡山中央スマートICの整備

 <今後、工事が必要な不具合発生箇所>

 1.ヨークタウン(八山田)東側及び喜久田街道周辺の断続的な交通渋滞

  極楽湯の北側のバイパスへのアクセス道路は下り方面しか行けなかったが、上記の大渋滞区間解消のため、近日上りへの誘導アクセス路の工事が始まる見込み。

 2.内環状線の早期完全開通

  東部幹線もそうだが、内環状線とは名ばかりで、まったく環状していない。北側は富久
 山町地内で途切れ、芳賀周辺でも工事が滞っている。南側は安積町の長沼街道との交
 差点で終わっている。全面開通すれば、市内を通過するだけの車の流れが変り、市街
 地の渋滞解消に役立つはずだ。完成しても環状しない不思議な道路だ。

 http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=1b974dc4489905104daa8b7f46cbf716

 http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/54956.pdf#search='%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%B8%82%E5%86%85%E7%92%B0%E7%8A%B6%E7%B7%9A'

 3.市役所の駐車場の拡張

 いつ訪れても駐車場が満杯の状態で、満足な行政サービスを受けられない。利用者、つまり市民に不便を掛けているようでは、税金を有効活用しているとは言えない。

 4.国道4号線のバイパス完全立体化

 針生のオーバーパスの先、柴宮団地入口から須賀川手前の4号国道との合流地点まで信号が6か所もあり、そこだけ立体になっておらず、慢性的な渋滞の発生地点となっている。早急に立体化工事を実施し、郡山市街地を通過するだけの車両をスムーズに抜けるように整備して貰いたい。

 課 題

 郡山市は先人たちの知恵と献身的な精神により、かなり都市整備が進んで暮らし向きが良い場所だ。しかし、市街地を見渡せば慢性的に渋滞が発生している箇所も多い。道路整備は都市開発の基本なので、物流の流れがスムーズに行くように、解消するための方策をお願いしたい。また、大小合わせ、市内には数多くの公園が点在し、緑豊かな市街地というのは環境面においても子育て面、あるいは健康増進にも役立っている。しかし、やたら多すぎて土地の有効活用が出来ていない。市街地の公園には駐車場が足りないし、防災機能を兼ね備えているのは僅かしかない。税金の使い道として箱物が多いのはわかるが、スケジュールが埋まらずほとんど利用価値が無い施設も多い。では、どうすれば市民から不満がでないような税の有効活用が可能か?ならば、市主導でエネルギーの安定供給を目指すことと、米や野菜などを安全供給のための具体策を具現化してほしい。風評被害は未だ多く、「あさか舞」などのブランド米は震災前と比べ、売り上げ激減。きゅうりなどの基幹農業も頭打ち。地産地消しかないのが実情。このへんの改善策をお願いしたいのだ。

 ところで、県外から来た方に言わせれば、郡山は公園と病院、それにホテルとラーメン屋が多いと口を揃えて言う筈だ。しかし反面、郊外に人の流れが映り、駅前周辺は閑散としている。金曜日であってもアーケード内は人影少なく、呼び込みの店員のほうが多いことさえある。丸光、ダイエー、西武、丸井と大型百貨店が相次いで撤退し、大学誘致はことごとく失敗を繰り返してきた。ホテルハマツ、うすい百貨店、福島交通は一時は多額の負債を抱え、会社更生法適用で、再建の道半ばである。大都市圏の大型資本の助けを借りて、何とかやりくりしているのが現状だ。駅前のタクシープールをのぞいても、客待ち車両がまったく減らない状況。これでよく採算が合うと感心してしまう。

 インフラ整備が幾ら進んでも、市の財政状況は厳しい。税金は半端なく高い。郡山は商都として有名だが、特定の業界しか潤っていないし、年度内に予算を使い切る目的で、無理やり道路整備に無駄な税金を投入している節も見受けられる。血税であることを認識し、実りある施設をぜひ充実させて貰いたいものだ。

 記事作成:4月27日(月)

 

« 伝説の男⑮ ~華麗なる舞い~ | トップページ | THE 変化球 »

郡山の話題」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ