2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 私の青春ソング ~大学時代編~ | トップページ | 伝説のバンド ~トランザム~ »

2015年6月15日 (月)

美しきアスリートたち第四弾

  このシリーズ記事も今回で第4弾を迎えることとなった。最近は、美人のアスリートがやたら多くなった。女子プロゴルフ界も華やかで、カラフルなウェアに身を包んだうら若きゴルファーがコースを闊歩している。また、以前なら男性が大多数を占めるスポーツの分野にも美しき女性ファイターが進出し、見た目とのギャップにサプライズを感じることも多くなった。では今回は6種目、6名の美人アスリートを取り上げてみたい。

 バドミントン

 栗原文音

Kurihara2 Kurihara1

 1989年9月27日生まれの25歳。福岡県出身のバドミントン選手。身長は172cm。

 九州国際大学付属中学校・高等学校卒。現在は日本ユニシス所属。趣味は音楽鑑賞。

 バスケットボール

  藤吉佐緒里

Fujiwara2 Fujiwara3
Fujiwara4 Fujiwara




1987年4月9日生まれの28歳。福岡県筑後市出身でバスケットボール女子日本リーグ機構のシャンソンV マジックに所属。ポジションはガードフォワード。
 名門中村学園女子高校ではエースとして全国大会で活躍。3年時にウィンターカップ優勝を経験。在学中はジュニア日本代表にも選ばれる。卒業後、シャンソンに入社。主力としてチームに貢献。U-21世界選手権代表にも選ばれる。
 2009年のウィリアム・ジョーンズカップで日本代表初選出。
 2010年世界選手権の代表にも選出される。 身長178cm、体重67kg。血液型はB型

 陸上

 市川華菜

Ichikawa Ichikawa2


1991年1月14日生まれの24歳。愛知県豊田市出身 。豊田市立豊南中学校、岡崎城西高等学校を経て中京大学を経てミズノ所属。2010年には世界ジュニア陸上競技選手権大会の日本代表に選ばれ、女子200mで日本人初となる決勝進出を果たす(決勝8位)。2012年9月には日本学生対校選手権で女子100m・200m・400mの3種目を制する。

 バレーボール

 滝沢ななえ

Takizawa1 Takizawa2


1987年9月22日生まれの27歳。日本の元バレーボール 選手、現在はバレーボールコーチ・タレント。 東京都三鷹市出身。

 八王子実践高校時代は同級生の服部安佑香、和田麻里江とともに春高バレー等で活躍。リベロとしてプレーし、3年生では主将としてチームを率いた。
 2006年、パイオニアレッドウィングスに入団。2007年、2007/08V・プレミアリーグ開幕戦でリーグ戦初出場。パイオニア時代は、吉田真未がリベロのレギュラーでプレーしていた事もあり、レシーバーとしての途中出場が多かった。
 2009年6月にパイオニアを退団。7月にV・チャレンジリーグの上尾メディックスに移籍。リベロのレギュラーに定着し、チームも2009/10V・チャレンジリーグで準優勝を果たした。

 ゴルフ

 香妻琴乃

Kouzuma1 Kouzuma2
Kouzuma3 Kouzuma4


 1992年4月17日生まれの23歳。日本の女子プロゴルファー。鹿児島 県鹿屋市出身。宮崎県宮崎市在住。サマンサタバサ所属。157cm51kg。血液型はA型。
 3歳からゴルフを始める。幼少期は横峯良郎が主宰する「めだかクラブ」で弟の陣一郎や横峯さくらと共に練習に励んだ。
 中学3年の1月からは宮崎県宮崎市にある日章学園中学校・高等学校において父親をコーチに練習を重ね、アマチュア・ジュニアの大会で好成績を挙げた。 また、高校2年からはJGAナショナルチームの一員として国際大会にも参加した。
 2011年7月、日本女子プロゴルフ協会プロテストに合格しプロ転向。2014年にはたびたび優勝争いを演じ、ツアー初優勝こそ逃したものの賞金ランキング19位で初のシード権を獲得した。

 女子ゴルファーでは藤田光里もべっぴんさんだ。

 シンクロ

 青木愛

Aokiai2 Aokiai1


  日本の元シンクロナイズドスイミング選手 、タレント。元オリンピック日本代表。スポーツビズ所属。 1985年5月11日生まれの30歳。血液型はA型。 身長173cm。

 京都府出身。京都市立錦林小学校、京都市立岡崎中学校、京都文教女子高等学校を経て、びわこ成蹊スポーツ大学卒業。2003年に開学したびわこ成蹊スポーツ大学で初の五輪代表選手。身長173cmと、シドニー、アテネ両五輪に出場した米田容子と並ぶ歴代代表一の長身である。

 女子アスリートたちも、近年はアイドル化している。そのままヤング雑誌のグラビアを飾ってもおかしくない美貌を兼ね備えている。目の保養には持ってこいだが、当の本人たちは肝心のプレーではなく、別視点で脚光を浴びて知名度を上げても戸惑うだけかもしれない。実力と人気を備えてこそアスリートであり、このままでは人寄せパンダやひな壇に飾られたおひな様状態だ。ぜひ奮起を期待したい。

 記事作成:5月17日(日)~18日(月)

« 私の青春ソング ~大学時代編~ | トップページ | 伝説のバンド ~トランザム~ »

スポーツ」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ