2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 郡山の魅力再発見!⑭ ~塔マニア~ | トップページ | シャレにならない海外の恐怖どっきり! »

2015年6月10日 (水)

国民的美少女コンテストに見る血液型検証

 以前、「朝の連続テレビ小説のヒロインに見るO型考」という記事を書いた。現在の土屋太鳳もまたO型だが、歴代のヒロインは日本人の4割を占めるA型を凌ぎ、O型が1位だったことを結論づけた。

 今回は「国民的美少女コンテスト」と「ホリプロスカウトキャラバン」、「ジュノンスーパーボーイ」を題材に、血液型の統計から、何型がアイドルに向いているのか探りたい。
 私の予想ではO型優位は動かないと見ている。男性も国民的アイドルや女性を虜にするような人気抜群の有名人はO型が多いからだ。例えば
福山雅治、木村拓哉、妻扶木聡、向井理、小栗旬、堺雅人、内田篤人、川崎宗則などのO型は熱狂的なファンがつく。

 では、さっそく見てみたい。

<全国美少女コンテスト>

    グランプリ受賞者 血液型 その他受賞者 血液型 その他出場者 血液型  

1987年  藤谷美紀    O型  

1988年  細川直美    O型    田中規子    A型     羽田惠理香    B型
1989年  小原光代    B型
1990年  小田 茜     A型    石川亜沙美   B型     村田和美     AB型
1991年  今井雅美     ?      斉藤まりあ   B型 
1992年  佐藤藍子      AB型    米倉涼子    B型    鈴木紗理奈     A型
1997年  須藤温子    A型    上戸彩      O型    橋本マナミ     AB型
2002年  渋谷飛鳥    O型    阪田瑞穂   AB型     剛力彩芽      O型
2003年  河北麻友子   O型    皆川玲奈    ?     原 幹恵        O型
2004年  山内久留実     ?      福田沙紀   O型     杉浦加奈      O型  
2006年  林丹丹        A型     忽那汐里   A型     武井咲        A型
2009年  工藤綾乃      O型    小西沙絵加  B型    荒井玲良     AB型  
2012年  吉本実憂     AB型    小澤奈々花 AB型    若山あやの    O型
2014年  高橋ひかる    O型

 やはり私が睨んだ通りの結果。グランプリ受賞者は血液型が判明している12名中、半数の6名をO型が占めた。記載した32名の中でO型は12名とトップの占有率だった。日本人の4割を占めるA型は7名に甘んじた。いかにアイドルはO型が適役かわかるだろう。
 このコンテストは毎年実施されている訳ではなく、28年間の間に14回しか開催されていない。毎回数万人の応募があり、予選が書類審査、本選に出場できるのも20名程度の狭き門だ。よほどの強運の持ち主でないと通過は難しい。そしてズブの素人の応募ではなく、各モデルクラブや有名プロダクションの下部組織でレッスンを積んだ芸能人の卵の応募もある。何か光るものがないと、大勢の美少女の前では霞んでしまう。そういう意味では、O型は人を惹きつける何かを持っている。愛嬌ある顔立ちや息をのむような色白な素肌なども有利に働く。

<ホリプロスカウトキャラバン> *今も認知度が高い芸能人のみ掲載します。

     グランプリ受賞者  血液型  特別賞受賞者  血液型

1976年  榊原郁恵      B型    荒木由美子    B型

1978年  能勢慶子      O型
1979年  比企理恵      O型

1981年  堀ちえみ       B型
1982年  大沢逸美      A型    渡辺桂子      ?

1984年  井森美幸      A型    鈴木保奈美    A型
1985年     山瀬まみ      O型
1986年  伊藤美紀      B型    仁藤優子      O型
1989年    田中陽子      A型
1990年  戸田菜穂      A型
1994年  上原さくら       A型 
1985年  佐藤仁美       A型     新山千春     B型
1986年  深田恭子      O型      酒井彩名         AB型
1998年  平山あや      A型  
2000年  藤本 綾       O型     綾瀬はるか    B型
2001年  浜口順子      A型
2002年  石原さとみ     A型
2006年  石橋杏奈      A型
2007年  足立梨花      A型     入来茉里     O型
2009年    小島瑠璃子     O型
2012年  優希結青      O型
2013年  佐藤美希      B型

 ホリプロはかつて山口百恵が所属していた。正統派の大物アイドル=A型というコンセプトを確立した。松田聖子もA型だったし、中森明菜もA型だった。したがってホリプロの全国スカウトキャラバンのグランプリ受賞者は圧倒的にA型が多く、現在も人気女優として活躍している方たちが多い。22名のグランプリ掲載者のうち、A型は半数の11名。次いでO型が7名、B型が4名という結果。これは事務所の好みや方針のようで、昔からオーソドックスアイドルのA型と個性的で天然なB型に両極端になる。それにしてもこの事務所は誰もが憧れる超有名芸能プロだけに、大物の応募が目立つ。鈴井保奈美や綾瀬はるかが参加していることが凄い。

<ジュノンスーパーボーイコンテスト>  *今も認知度が高い芸能人のみ掲載します。

     グランプリ受賞者  血液型  特別賞受賞者  血液型

1989年  武田真治      AB型
1990年  葛山信吾        O型     原田龍二    A型
1991年    袴田吉彦        B型
1993年  柏原 崇         A型     加藤晴彦    O型
1998年  金田 直        B型     松田悟志    B型
2001年    小池徹平       B型  

2002年  平岡祐太      O型
2005年  中村 蒼       A型      山本裕典    A型
2006年  溝端淳平      A型
2007年  竹内 寿       A型      三浦翔平      A型

 2008年以降は認知度が低いため割愛します。美少年はO型上位で、次いで細身体型のB型が断然有利かと思っていたが、ジュノンスーパーボーイの歴代グランプリを見れば、A型が4名、B型が3名だった。B型は外見がかっこよく、女性が一目惚れしやすい。プレーボーイのため、女性遊びが凄いように映る。いろいろなアピールタイムを経ると、女性は母性本能をくすぐるような可愛いタイプや、誠実な人柄で、かっこつけだけではなく、少年っぽい印象に惹きつけられるようで、自分が育ててあげたいと思うようだ。そういう意味ではA型の真面目さにも票が集まったのかもしれない。

 総括して言えることは、女性の国民的アイドルはO型が多く、男性は最近ではA型が多くなってきた。今をときめく佐藤健や松坂桃李、斎藤工、西島秀俊、東出昌大もまたA型だ。
 アイドルと血液型の因果関係は無いと思えるかもしれないが、統計立ててみれば、このように興味深い結果が得られる。アイドルになりたいと思っているそこのあなた、何型ですか?

 記事作成:6月4日(木)

« 郡山の魅力再発見!⑭ ~塔マニア~ | トップページ | シャレにならない海外の恐怖どっきり! »

血液型」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ