2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 衝撃事故映像検証~なぜ死亡事故は起きるのか~ | トップページ | 国民的美少女コンテストに見る血液型検証 »

2015年6月 9日 (火)

郡山の魅力再発見!⑭ ~塔マニア~

 始めにお断りしておくが、私自身が塔マニアという訳ではない。郡山に関するネタを考えていたら、行き着く先がこれだった。
 郡山市に点在する無線局系の鉄塔や通信塔。普段空を見上げて観察することが少なく、ともすれば忘れがちだ。今日は、郡山市内にある鉄塔を取り上げたい。なお、携帯電話系の中継ポイントや基地局と広報こおりやま公報のスピーカー塔、そして東北電力の送電線鉄塔は高くて当たり前なので除き、ここでは掲載しません。

 合同庁舎(細沼)

Goudou Img_1342_r

 いつも不思議に思っていたが、合同庁舎の右上に映り込む鉄塔があって、それが何なのかずっと気になっていた。

建屋内見取り図→ https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01220a/

 御霊櫃峠無線(電波)塔(大将旗山)

Goreibitsu

 御霊櫃峠の山頂にある。正しくは大将旗山と言うようだが、いきなりどーんと聳え立つように現れるからびっくりする。これが山頂のラウンドマークの役割を果たし、これが見えると山頂に着いたことを実感できる。どうやらNTTの無線塔らしい。

 郡山駅前NTT無線塔

Ntt_tower Img_1293_r

 ビッグアイが出来るまでは、郡山一高い建造物だった。紅白とシルバーのの鉄塔が並んで建っている。

 <放送局>

 NHK麓山

Nhkkoriyama Img_1288_r

 FCT(福島中央テレビ)

Fct Fct2
Img_1286_r Img_1316_r_2

 KFB(福島放送)

Kfb2 Kfb

 ラジオ福島郡山放送局(菜根)

Rfc1 Rfc2

 写真は郡山スタジオと送信塔。

 NHK福島放送局安積ラジオ放送所

Nhkasaka Nhkasaka2

この画像は下記のサイトよりお借りしました。この場を借りて御礼申し上げます。

http://tvdx7.kt.fc2.com/asaka.html

 ふくしまFM

Img_1281_r Img_1282_r

 正しくは「株式会社エフエム福島)。コールサインはJOTV-FM。JFN系列局。場所は神明町にあり、スーパー「いげたストア」の配送センター跡地に建てられた。1995年に設立され、10月1日に福島市に開局したが、2005年に本社を郡山に移転し、スタジオも新設した。

 郡山消防署

   昔の郡山消防署 

Dvc00221Img_8006_r

 私が小さい頃は、この火の見櫓塔が郡山のラウンドマークだった。隣りには移転する前の郡山警察署があった。「悪いことをすると、ここに連れて行くぞ!」と叱られたものだ。

  現在 (1999年9月竣工)

Koriyamasyobo Img_1344_r
Img_1312_r

今回掲載の塔の写真は、平成27年5月31日に各ポイントを周遊して撮影したものです。

 「ソフトバンクテレコム郡山センター」の送信鉄塔

Softbank

 郡山駅北側、星総合病院の北隣にある、逢瀬川沿いに建つ鉄塔で、昔からある。

 他にも、郡山変電所通信鉄塔(下行合石山田)などは高い。

 さて、私は特段に塔が好きなわけではないし、どちらかと言えば高所恐怖症のほうだ。しかし、忙しい日常に空を見上げることが少なくなっている中、ふと見れば、このような高い鉄塔が聳え立ち、郡山市民の生活を見守っていてくれる。今回は、このテーマを設定後、郡山の各地を歩き、身近ゆえに気づかなかった魅力に触れることが出来た。とりわけ、震災で大規模半壊し、このほど改築なった中央公民館の展望台からの眺めは圧巻だった。たまには休日に散歩がてら登ってみるのも一興かと思う。

 記事作成:5月31日(土)~6月6日(土)

« 衝撃事故映像検証~なぜ死亡事故は起きるのか~ | トップページ | 国民的美少女コンテストに見る血液型検証 »

郡山の話題」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ