2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2015年お気に入りの女子アナ(キー局編) | トップページ | 元気を取り戻してくれる癒しの洋楽 »

2015年7月 3日 (金)

2015年お気に入りの女子アナ(福島のテレビ局編)

 本日は後半戦として、地元・福島県内のテレビ局で活躍している若手女子アナのうち、特に私がお気に入りの方を紹介したいと思う。全国ではまだまだ認知度はないが、地元では結構人気が高い方々だ。彼女たちなりに健気に頑張っているため、いつも親心のつもりで応援しながら見ている。
 なお、この手の話題は過去、当ブログで繰り返し掲載している。まったくの個人の好みを暴露しているだけの、何の変哲もない記事なので、興味の無い方はご遠慮ください。ではどうぞ!

<福島の各テレビ局の女子アナ>

 1位 小野紗由利

Img_1400_r Img_1523_r

 「ゴジてれchu !」にレギュラー出演。中継だけでなく、金曜日のメインMCを担当。料理コーナーでのエプロン姿がたまらない。女優の菊地麻衣子さんに似ている。数少ない福島県(いわき市)出身のアナウンサーだ。A型

 2位 梅田澪理

Umeda2 Umeda3
Img_1950_r Img_1951_r
Img_1952_r Img_1953_r

 出身は大阪府だが、すでにTUFでは小野美希アナと並んで2枚看板。彼女は絶対に転勤させないで欲しい。この春より、月曜日から金曜日まで午前中の情報番組「げっきんチェック」のメインMCを担当。朝から癒しの雰囲気を醸している。月曜日夜放送の「キラリふくしま」にも出演し、県内各要所でロケを行っている。梅沢富美男やマツコデラックスなどのゲストと渡り合い、福島県の魅力を伝えている。エクボがチャームポイント。A型。
 やさしい笑顔が素敵な彼女だが、外面が良い反面、カメラの視線を気にしすぎている印象。もしかするとA型特有のプライドが高く、画面に映っていない時にはギャップがあって、感情の起伏が激しい面があるかも?そうでないことを願う。

 3位 名切万里菜

Nakiri1 Nakiri2

 長崎県出身。NHK長崎放送局の契約アナだったが、契約満了によりこの3月に福島テレビへ異動。とても美人で、アグネスチャンや倉沢淳美の若い頃に似ている。清楚でお嬢様風の印象。血液型は不詳だったが、A型と記載されたサイトを見つけた。松永安奈アナと同様、FTVを明るく元気に出来る逸材だと思う。名切さんの場合は20代だが、落ち着いた雰囲気がとても大人っぽい好印象。
 「みんなのニュース」(月~水)のMCやFTVニュースを担当している。

 4位 松永安奈

Matsunaga3 Matsunaga6
Img_1943_r Img_1949_r

 神奈川県出身。この3月まではNHKの沖縄放送局勤務。異動早々にFTVの看板番組「サタふく」のメインキャスターに大抜擢。溢れる笑顔と元気印いっぱいのアナウンスで、早くもお茶の間の人気者に。丸い顔立ちで愛嬌ある印象。3年前にFTVを退社した名和田アナに顔立ちが似ている。6月13日(土)放送の「サタふく」で、趣味のアマチュア無線を実演した。血液型はA型。

 5位 岸野文絵

Kishino Kisino3

 彼女は秋田美人。青山学院大学在籍中に女子大生アナとしてBSフジなどでキャスターを経験した。明るく爽やか。「みんなのニュース」の木~土を担当。また、「サタふく」のレポーターとしても活躍している。えくぼがチャームポイントのB型

 他にも飯田麻菜美アナや小野美希アナも気に入っている。やはり他の方とは何か違う個性的な魅力を秘めている。両者ともにB型。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今春退社した女子アナ(追記)

 千原礼子

 残念ながら「ドミドラ」などで人気があったKFBの千原礼子アナウンサーは3月いっぱいで出産のため退社されてしまった。ご主人がいわき市勤務、その主人の実家が福島市なので、数年後はレポーターなどで復帰されることを願いたい。

Img_0503_r Img_0501_r

 想い出の映像・・・新婚生活についての女子トーク

 若槻麻美

 そしてFTVの若槻麻美アナも、4月30日付けで退社されたことを知った。アナウンサーとして採用され、その後、いったん退社したが、再び入社。あしかけ8年間アナウンサーとして活躍された。とても明るく、清楚なイメージで、私も好きなアナウンサーだった。フジテレビの番組で、全国の女子アナと「ライアーゲーム」に挑戦し、優勝した時のことを忘れはしない。

 お別れの挨拶はコチラ http://www.fukushima-tv.co.jp/blog/2015/04/#!prettyPhoto

 懐かしい映像はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=B6d6uuE32ZY

 今春は、福島テレビの女子アナの異動が激しかった。安河内程子アナ、宍戸真詩美アナ、長澤彩子アナ、若槻麻美アナと相次いで福島を去っていった。残念でならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新加入アナウンサー(追記)

 FCT 長江麻美

Nagae

1992年8月17日生まれ(22歳) 
待望の血液型O型アナ

 愛知県瀬戸市出身。2015年4月、福島中央テレビ入社。同期は石井佑弥。学生時代はテレビ朝日アスクのアナウンススクールに所属し、BS朝日の『News Access』にて学生キャスターを務めた。趣味は御朱印集め、カラオケでなりきること、ギター(練習中)。
 アナウンサーになった理由は小学生のころから「アナウンサーごっこ」をしていました。
妹や従妹と一緒にホームビデオを使って番組を作っていたのです。

 彼女は4月入社だが、約2か月間のボイストレーニングなどの研修を終え、この6月から「FCTニュース」などに出演している。今後、レポートや番組MCにも登場するかもしれない。O型アナは色白で、ロリ顔の可愛らしい顔立ちをしている。

 さて、このように写真入りで列挙すると、自分の好みをカミングアウトしてしまっているようで心苦しいが、容姿端麗に加え、女子アナの持つ知性と教養を兼ね備えた魅力は、女性の鑑のように思えてしまう。知的なアナウンスはグッと魅かれるものがある。地元福島に縁あって異動した方たちには、ぜひ、県内隅々まで歩いて取材し、どっぷり浸かってほしいと思う。そして、私たち視聴者に明るい笑顔を振りまき、元気を与えてほしいと願っている。

 記事作成:6月14日(日)

« 2015年お気に入りの女子アナ(キー局編) | トップページ | 元気を取り戻してくれる癒しの洋楽 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ