2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 郡山の魅力再発見!⑰~郡山富田駅開設決定!~ | トップページ | 郡山の魅力再発見!⑱~開成山公園散歩~ »

2015年9月22日 (火)

今は亡き名ナレーターたち

 以前、当ブログで「私の好きなナレーター(男性編)」をお送りしましたが、惜しまれながら亡くなられている方も少なくない。しかも前回は男性編しかお伝え出来なかったため、今回は女性を含めた、かつて聞き覚えがあるであろう有名なナレーター(故人)を取り上げ、彼らの生前の活躍を偲び、懐かしみたいと思い、このテーマを設定した。

 来宮良子(きのみやりょうこ) 1931年7月10日 - 2013年11月25日

 1950年代後半から上映用『毎日ニュース』や、資生堂のCMのナレーションなど多数出演し、また数々の洋画吹き替えでも活躍、特にモーリン・オハラやフェイ・ダナウェイなどのクール・ビューティーな女優を多く担当した。
 他のナレーションでは、『演歌の花道』や、フジテレビ水曜20時台の大映ドラマなどで聴かせたドラマティックな節回しが話題を呼び、「来宮節」として高い人気を誇っていた。

Kinomiya Kinomiya2

  •  <印象に残る代表作>
  •  スケバン刑事シリーズ(東映・フジテレビ系)

     スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説(1985年11月 - 1986年10月)
     スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇(1986年10月 - 1987年10月)

  •  大映ドラマ 各作品(大映テレビ・フジテレビ系)
    • ヤヌスの鏡(1985年12月 - 1986年4月)
    • 花嫁衣裳は誰が着る(1986年4月 - 10月)
    • このこ誰の子?(1986年10月 - 1987年3月)
    • アリエスの乙女たち(1987年4月 - 9月)
    • プロゴルファー祈子(1987年10月 - 1988年4月)
  •   演歌の花道 https://www.youtube.com/watch?v=UIayrMBhYVU

     広川太一郎 1939年2月15日 - 2008年3月3日

     俳優、声優、CM&番組ナレーター、テレビ司会者、ラジオDJなど幅広く活躍した。ビートルズの映画ではジョン・レノン、また他にはトニー・カーティス、ロジャー・ムーア、マイケル・ホイなどの吹き替え、『宇宙戦艦ヤマト』の古代守、『ムーミン』のスノーク、『名探偵ホームズ』のホームズなどで知られる。テレビ朝日『おはようテレビ朝日』、フジテレビ『競馬中継』の司会など数多くのテレビ番組の司会やラジオ番組のディスクジョッキーなどのタレント活動も行っていた。1990年代後半からはナレーター業を仕事の中心に活動していた。

    Hirokawa

     滝口順平 1931年4月17日 - 2011年8月29日。

     ナレーションを多数手がける。日本初の吹き替え放送を担った人物で、民間放送初の声優でもある。アニメ声優としては、『ヤッターマン』でのドクロベエ役をはじめとした「タイムボカンシリーズ」が代表作に挙げられることが多く、「おしおきだべ」の台詞が知られている。『ぶらり途中下車の旅』などのナレーターを務める。

    Takiguchi Takiguchi2

     大塚周夫 1929年7月5日 - 2015年1月15日

     『ルパン三世』の石川五エ門、『ガンバの冒険』のノロイ、『美味しんぼ』の海原雄山といった重厚な演技、『ピーターパンの冒険』のフック船長、『ソニックシリーズ』のDr.エッグマン、『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授、そして後述にある代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』のねずみ男]や『チキチキマシン猛レース』、『スカイキッドブラック魔王』のブラック魔王といった、悪役に分類されるがコミカルな面から憎めないキャラクターたちの二つがある。一方で、『機動戦士ガンダム0083』のエイパー・シナプス艦長のような頭の切れるキャラクターや、『忍たま乱太郎』の山田伝蔵先生のような柔和な面をあわせ持つキャラクターまで演じ分けられる。『タイガーマスク二世』ではヒーロー物作品によくある、主人公の隣のギャグキャラと、悪の幹部を一人二役で演じた。
     吹き替えではウィドマークをはじめ、チャールズ・ブロンソン、ジャック・パランス、ピーター・セラーズなどを持ち役とする。

    Ohtsuka Ohtsuka2

     芥川隆行 1919年3月6日 - 1990年10月2日

     1951年10月にTBS(ラジオ東京)にアナウンサー第1期生として入社。1959年12月にTBS(ラジオ東京)を退社。1960年1月にフリーとなり芥川企画を設立し司会者・ナレーターとしても活躍した。ナレーターとしては時代劇、演歌番組において、名調子「芥川節」で有名、代表作には、ナレーションの第一人者として、TBS『ナショナル劇場』や『ザ・ガードマン』、『キイハンター』、『シークレット部隊』、『木枯し紋次郎』、『西遊記』、『Gメン'75』、『必殺シリーズ』、『スクール☆ウォーズ』、『ポニーテールはふり向かない』、『乳姉妹』、『もりもりぼっくん』、『三匹が斬る』、『水戸黄門』等。TBS系土曜21時台の歴代ドラマでは、 多数の作品で芥川隆行がナレーターを務めていた。

     水戸黄門やスクールウォーズの名ナレーションで一世を風靡した。

     他にもサザエさんの波平の声を担当された永井雄一郎さん、初代ジャイアンの声を担当された半田雅和さん、クリントイーストウッドの吹き替えを行った野沢那智さん、ルパン三世の山田康雄さんなどが偲ばれる。
     また、今も現役バリバリで活躍されているベテランナレーターには久米明さん、森本レオさん、柳生博さんなどがいる。

     さて、今日の記事はいかがでしたか?この仕事は日の目を浴びない裏方に徹するため、顔や名前を知らないケースがほとんどだ。しかし、その声を聴けば一発でわかるから凄い。発声が美しく、視聴者が聞き取りやすいし、ナレーターの一言一言が番組に臨場感を与えるし、雰囲気を作り、情景が浮かぶ。言ってみれば番組作りには欠かせない水先案内人なのだ。往年のナレーターたちが惜しまれながら天国に旅立っている中で、私たちはこうした声を忘れてしまいがちになる。彼らの残した番組に思いを馳せとともに、彼らの功績を振り返って懐かしみたいと思う。

     記事作成:9月17日(木)

    « 郡山の魅力再発見!⑰~郡山富田駅開設決定!~ | トップページ | 郡山の魅力再発見!⑱~開成山公園散歩~ »

    映画・テレビ」カテゴリの記事

    福島県の天気


    無料ブログはココログ