2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 福島県の激レアおもしろスポット | トップページ | 2015年福島のローカルCM »

2015年11月29日 (日)

バラエティ番組に見る血液型偏重のキャスティング

 以前、当ブログ「どーでもいい疑問Part15」で、示し合わせた訳でもないのに、自然に同じ血液型同士で群れるという記事を書いた。また、それ以前にも、番組の出演者もまた同じ血液型同士のタレントを起用することが多いというテーマで記事を書いたことがある。ひとつは「テレビ番組別出演者の血液型」、ふたつめは「番組司会とアシスタント・共演者の血液型考察」だった。あれから3~5年以上が経過し、本当にその傾向が合っているのかを再度検証するために、最近の番組で確認してみたい。

 「火曜サプライズ」(11/17放送)

 ウェンツとジャニーズの玉森裕太が原宿界隈に出没し、アポなしで店に入るというもの。その時の出演者は・・・。

 ウェンツ瑛士(O型)       新川優愛(O型)
 山瀬まみ(O型)         玉森裕太(B型)
 和田アキ子(O型)       藤森慎吾(B型)
 石塚英彦(O型)                大杉  蓮(B型)
 中田敦彦(O型)                DAIGO(AB型)

Surprise

 O型司会の番組では、A型の出演者はなんとゼロ。日本人の4割を占めるのに、この構図は実にわかりやすい。番組制作者のキャスティングの意図が十分読み取れる。バラエティ番組では、神経質で真面目すぎるA型は、番組の雰囲気になじめない。児嶋一哉や狩野英孝、磯野貴理のようにいじられ役が関の山。
 O型はやはり私の指摘通り、O型とB型で群れる。O型はA型を自分より格下に見る傾向が強く、個性的で才能あるB型を重用する。
 この番組ではO型2人の司会を含め、10名中半数以上のO型が6名、B型は3名、AB型は1名という配置。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「笑ってコラえて」(11/18放送)

 所ジョージ(O型)     陣内智則(O型)
 佐藤栞里(A型)      平愛梨(O型)
 又吉直樹(B型)     DJ KOO(O型)
 玉森裕太(B型)     臼田あさ美(A型)
 綾部祐二(O型)

Waratte 

 O型の司会の番組だと、男性のO型とA型は合わないが、女性のA型はアシスタントとしては最適。緻密で、細かい気配りができる。少し前までは、やはりアシスタントにO型の関根麻里を起用していた。この回の放送では、出演者9名のうち、O型が6名。6割6分を占める。次いでB型とA型が2人ずつ。AB型とO型は根本的に対極に位置する関係で合わないが、O型にとって好都合なのは、敵対する関係のAB型は日本人の9%しかいないため、司会業でも世渡り上手ぶりを発揮できる。

 O型のタモリやビートたけしの番組では、AB型のウッチャンナンチャンは共演しなかった。タモリは人畜無害で誰とでも合わせるが、毒舌のビートたけしとは共演したことがない。また、同様にビートたけしは、AB型のベッキーやDAIGOとは共演しない筈。
 現在は、O型のたけしと番組で共演しているのは、安住紳一郎はAB型で、共演しているが、あれは我を通さない局アナだから上手くやっているだけだ。O型同士は年が離れていると主従関係がはっきりして上手く行くが、歳が近いと力関係が拮抗し、ライバルとみなし、互いにお山の大将になりたい性質なので、軋轢を生むため上手く行かず、互いに避ける傾向。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「爆報THE フライデー」 (11/20放送)

 太田  光(O型)         田中卓志(B型)
 田中裕二(B型)         山根良顕(B型)
 吉田朋世(B型)        中田敦彦(O型)
 田原俊彦(B型)        藤森慎吾(B型)
 友近      (B型)

Friday

 O型とB型の芸人コンビニは、O型とB型しか出演しなかった。これほど極端なキャスティングは例を見ない。9人全員がO型とB型。B型7人は珍しいし、凄すぎる。おそらくは番組プロデューサーとディレクターもB型としか思えない。また、干された田原俊彦(B型)を支えるのはO型の太田とB型の田中だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「めざましテレビ」

 以前は全員がO型とB型だった。

  司会者   アシスタント    主な他の出演者

 大塚範一(B)高島彩(B)中野美奈子(B)皆藤愛子(B)軽部真一(O)松尾翠(O) 

 三宅正治(O) 生野陽子(O) 加藤綾子(O) 長野美郷(O) 山崎夕貴(O) 高見侑里(O)

 三宅正治(O) 加藤綾子(O) 三上真奈(O) 山崎夕貴(O) 軽部真一(O) 宮司愛海(O)

          牧野結美(B) 小野彩香(A) 永島優美(A) 岡副麻希(A)

 最近のA型出演者(端役が多い)・・・倉田大誠、立本慎吾
 B型・・・中村光宏

Mezamashi_2

 B型の大塚範一が司会だっ時は同じB型の高島彩がアシスタント。お天気お姉さんにB型の皆藤愛子を起用。O型の三宅正治がMCに就任した途端、アシスタントが生野陽子と加藤綾子に交代。お天気お姉さんは長野美郷と全員O型で固めた。もちろん軽部真一もO型。
 しかし、最近は傾向を少しずつシフトしてきた。底抜けに明るく、元気な一日にしてくれそうなB型とO型の牙城だったこの番組だが、爽やかで落ち着いた印象を醸すA型を徐々に増やしてきた。

 ちなみに「めざまし土曜日」は未だにO型が圧倒的に多い。

 佐野瑞樹(O) 長野美郷(O) 高見侑里(O) 木村拓也(O) 曽田麻衣子(O)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「サンデージャポン」 レギュラーと準レギュラー

 太田  光(O型)        杉村太蔵(O型)        坂上忍 (AB型) 
 田中裕二(B型)        壇蜜(O型)           鈴木奈々(B型)        
 吉田朋世(B型)        橋本マナミ(AB型)       児嶋一哉(A型)
 テリー伊藤(O型)       中村アン(AB型)        柳ゆり菜(O型)
 西川史子(B型)        おのののか(A型)       寺田御子(B型)
 細野 敦(?)          ダレノガレ明美(B型)     堀江貴文(O型)
 デーブスペクター(A型)    高橋茂雄(O型)  

Sunday2 Sunday1

 O型とB型のコンビのMC。アシスタントはB型の吉田。この構図ではA型は入りにくい。だからコメンテーターはO型とB型で占める傾向が強い。A型はコメントベタなので、場に合わない発言をしてひんしゅくを買う。デーブといい、児嶋といい、どうしてもいじられ役で終わってしまう。結果、レギュラーと隔週で出演する回数が多い準レギュラー総勢19名のうち、O型は7名。B型がなんと6名。司会者と同じ血液型のOとBで13/19、つまり3分の2以上を占める。AB型が多いのは、番組の趣旨に合っているから。辛口コメントが多いAB型を起用することで、厳しい発言や意見を吸い上げやすいからだ。A型と同数の3名。
 結果A型はバラエティに向かないことがよくわかる。A型はTBSに多いが、やはり、オーソドックスでアドリブが利かないため、堅いイメージのニュース報道向きだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「志村どうぶつ園」

 志村けん     (A型)        近藤春菜    (A型)
 山瀬まみ     (O型)        箕輪はるか (A型)
 相葉雅紀   (AB型)         ベッキー   (AB型)
 タカトシのトシ(A型)           DAIGO     (AB型)
 タカトシのタカ(B型)

Shimura

 A型の年長MCにはA、O、ABが群れる。これはAはAOの遺伝子を持つので、自然の生業といえる。B型とは対極なので、性格が真逆だが、それ以外とは相性は悪くはない。A型が悪くなるのは、年上のO型の時だけ。「志村動物園」のレギュラーを見ると、園長のA型に対し、同じA型は4人、AB型がなんと3人、OとBが1人ずつという結果。わかりやすい。しかもO型は親子ほど年の離れた山瀬まみだから上手く行くのだ。

 このように番組製作者は意図的に同じ血液型同士で共演者を組んでいるとしか思えない。やはりO型は個性的で才能溢れるB型を尊重する構図が顕著になる。たとえば太田光や上田真はO型だが、B型をヨイショする。北野武もB型の高倉健を崇拝していた。O型が上に立つと、途端に横暴ぶりを発揮し、お山の大将的になる。命令口調で体育会系のような構図が出来上がる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 最後に、数が少ないAB型同士はどうか見てみたい。ベッキーはAB型だが、同じAB型の内村光良や小泉孝太郎、それにDAIGOと共演するケースが多かった。「モニタリング」や「志村どうぶつ園」がそうだ。A型はB型とは合わないが、歳が離れたO型とAB型とは相性が良い。

 さて、今日の記事は、血液型別相性診断に興味関心の無いひとには何の意味もなさないのであしからず。アタマから真っ向否定されたのでは元も子もない。人は必ず相性が合うとか合わないというのがある。誰とでも上手くやろうなんて奢り以外の何物でもない。それは育った環境も左右される要因だが、血液型でこれだけ違いが顕著なのだから因果関係は少なからずあると思って間違いない。 

 今回はもっとも顕著に傾向が表れやすい「テレビのバラエティ番組」にスポットを当て、分析資料として用いたが、テレビドラマの出演者(共演者)を見ればより顕著になる筈だ。一礼を紹介すると、今秋フジテレビで放送されている、トレンディドラマの代表格、「月9」は「5→9~私に恋したお坊さん~」のキャスティングを見ただけでも一目瞭然。

 石原さとみ  A型      田中 圭        O型
 山下智久  A型      紗栄子         O型 
 古川雄輝   A型      中村アン     AB型
 高梨臨    A型      速水もこみち    B型
 吉本実憂 AB型       戸田恵子      O型
 長妻怜央  ?        高田彪我       A型
 寺田 心  A型             加賀まりこ    O型

Obousan

 A型の石原と山下の主人公のロマンスがテーマのこのドラマ。A型が13名中6名を占める。次いでO型の4名、そしてAB型が2名。A型と相性が良くないB型は1名。ん~実にわかりやすいキャスティング。 田中圭はO型の典型顔。雰囲気が同じO型の向井理っぽい。爽やか系イケメン。 

 どうです?今回の選りすぐった番組内の共演者を見ても、今回のテーマ通りだと証明がつく結果となった。やはり血液型である程度相性がわかるといえないだろうか?まぁ、これでも単なる偶然だと言い張る方には、ぜひ今回の記事はスルーして貰いたいと思うし、こういう記事に興味ある方だけ閲覧して欲しいと思う。

 記事作成:11月17日(火)

« 福島県の激レアおもしろスポット | トップページ | 2015年福島のローカルCM »

血液型」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ