2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 著名人訃報報道 | トップページ | 2015年福島のテレビ局新加入アナウンサー(続編) »

2015年12月11日 (金)

感動!SLに手を振ろうプロジェクト動画集

 今年、福島県は県産品を県内外に広くアピールするために、大々的に「ふくしまDCキャンペーン」を全国展開した。数多くの方々が福島県に足を運び、福島の復興に貢献してくれた。この福島県を挙げての戦略は大成功を収めた。その締めくくりに、SLを郡山駅~福島駅を走らせ、感謝の気持ちを表すイベントを行った。当日は雨にもかかわらず実に数多くの人出で賑わい、沿線には福島県民の人並みが途絶えることはなかった。これは震災の翌年にも、JR東日本スマイルプロジェクトとして初めて実施され、今回は2度目の試みとなった。

 こうした取り組みは、人々の感動を呼び、多くの方々が参加し、動画サイトにアップされて、大反響を巻き起こした。日本人なら「涙腺崩壊」の感動イベントとなった。今回は、こうした「SLに手を振ろう」の動画をいくつかピックアップし、ぜひ感動を分かち合いたいと思う。

 1 SLふくしまDC号に手を振ろう~ふくしまDCファイナルイベント~   

 震災以降、復興支援で手を差し伸べてくれた全国の方々に、「福島は元気です」という報告と、感謝の意を表したイベント。6月29日(土)に郡山駅から福島駅までSLを走らせ、沿線には多くの人が溢れ、思い思いのプラカードを自作して掲示し、手を振った。

 BGM担当は、福島県出身の歌手のShimva。「果てなき路へ」

 車内からの映像はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=agC_jfH3p0Q

 2 水郡線SLにみんなで手を振っちゃおう♪プロジェクト「本編」常陸大宮CM 【茨城県 震災復興の思いを乗せて】   

 予告編(180秒)はコチラ https://www.youtube.com/watch?v=kGU6y6aTMA4

 3 JR東日本 千葉支社 手を振ろうプロジェクト

埋め込み処理無効 https://www.youtube.com/watch?v=CKM7KrKRrEU

 2013年2月9日~11日の3日間、佐原-銚子間で「SLおいでよ銚子号・DLおい­でよ佐原号」を運転し、手を振ろうプロジェクトを実施しました。沢山のお客さまに笑顔­でSL・DLに手を振っていただきました。

 次に、SLではないが、地元密着のローカル線に手を振るイベントを紹介したい。

 【スマイルプロジェクト100】第2回フラワー長井線に手を振ろう

 2014年5月31日に行われた「おしょうしな号」
元気いっぱいの笑顔で、フラワー長井線にご乗車いただいたお客様へのおもてなし!
たくさんのご参加ありがとうございました!
テーマソング 「百年線路」/影法師

 長井線といえば、山形県の女子高生を舞台にした映画「スウィングガールズ」に登場したローカル線だ。地元密着で、地元民に愛され、その生活を支えて来た列車だ。その列車に感謝を伝える感動のイベント。なんと半年ごとで3回も開催されている。

 第1回スマイルプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=2PgoSdcg1lk

 第3回スマイルプロジェクト https://www.youtube.com/watch?v=hwjJmlxpbBM

 さて、どう感じたでしょうか?私は福島県在住なので、こうした映像を見ると、つい目頭が熱くなる。震災を経験し、今も多くの被災者が自分の住み慣れた家を追われ、被災者住宅に移り住んでいる方々がいる。愛する故郷を離れ、懸命に生きている人々が大勢いる。人生は「旅人」に例えられることがあるが、鉄道はそうした人生の水先案内人であり、明るい未来を照らす象徴だと思う。人の生活に密着し、支える唯一無二の存在、それがローカル線であり、SLの力強い歩みと希望の汽笛が多くの人を励ましてくれてるように思えてならない。

 記事作成:11月29日(日)

« 著名人訃報報道 | トップページ | 2015年福島のテレビ局新加入アナウンサー(続編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ