2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 知られざる福島の素顔 | トップページ | 少年時代の想い出が蘇る映像集 »

2016年1月 3日 (日)

この冬の福島県の楽しみ方

 ふくしまDCキャンペーンとふるさと旅行券(プレミアム商品券)のおかげで、我が福島県は「この冬訪れたい旅行先」で国内3位の人気なのだそうだ。ありがたい限りだ。震災の原発事故の影響で、観光業界もここ4年間は厳しい状況下に置かれていた。しかし、県内各地で除染が進み、昔の賑わいを取り戻しつつある。年末年始、あなたも大自然に抱かれて過ごしてみませんか?

1 全国新酒鑑評会3年連続日本一の地酒を味わう

 会津地区や喜多方地区、二本松地区には全国に名を轟かせる銘酒の数々がある。清冽な自然水を利用して新米を仕込み、卓越した技術の酒造りで醸した新酒がこの時期出回る。有名なのは坂下町の「飛露喜」だが、二本松の「大七生もと」は、この冬にはうってつけの酒。寒さで冷え切った体を熱燗でキューっと一杯飲んで、体内から温めてほしいと思います。

Jizake

 個人的にお勧めは・・・

 國権の「春一番」、「天明中取壱号」、「大七生もと」、「雪小町」、「奈良萬」です。

 詳しくはコチラ→ http://homepage3.nifty.com/tmsuzu/My%20homepage%2020.htm

2 温泉三昧

 今年、若旦那が脚光を浴び、誘客率がアップした福島の土湯温泉郷や飯坂温泉、高湯温泉、美肌の湯として名高い二本松岳温泉、会津東山温泉、芦ノ牧温泉、そして常磐湯本温泉など県内のどこかしこにも温泉街が点在している。冷えた体を癒してくれます。いずれも街角に足湯の施設があります。特に福島市の飯坂温泉のめちゃ熱い温泉に肩までつかれたら、あなたは相当の温泉通です!

Takayu Onsen

3 スキー&スノボパーク

 各スキー場ともさまざまなイベントや割引券を用意して皆様のお越しをお待ちしている。特に磐梯山周辺は、無料のシャトルバスで各スキー場間を行き来している。連泊すれば、共通のリフト券で、異なるスキー場での滑りを楽しめる優れもの。
 1980年代後半のスキーブーム世代が親になり、ぜひファミリーで昔を思い出しながら、家族でシュプールを描いてみませんか?昔と違い、リフト待ち30分とかレストハウスでの椅子取り合戦ということは、まずありません。空いているゲレンデで、思い切り楽しんでいただきたいと思う。
 震災以降、ナイター営業を自粛していた各スキー場だが、今年は、猪苗代スキー場が金・土限定で午前零時まで営業という妙案を編み出した!遭難しかけるかも?

Ski Ski2

http://www.inawashiro-ski.com/

4 雪の大内宿、塔のへつり

 大内宿はテレビの「旅番組」で何度も取り上げる名所。昔ながらの茅葺屋根の民宿や民芸品店が軒を並べ、まるで江戸時代に迷い込んだかのような錯覚を覚える場所。そこの名物は曲がりネギ一本を箸替わりにして食べる「高遠そば」。薬味の長ネギを齧りながらそばを食べる風情も乙なもの。雪景色の大内宿、塔のへつりで、江戸時代にタイムスリップして冬の情景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Ouchijyuku Tounohetsuri

5 桧原湖のわかさぎ釣り体験&五色沼でハート模様の鯉を探してみよう

 「嵐にしやがれ」で相葉JAPANがロケで訪れ、実際に見つけた。カップル必見のトレンディスポットです。スキースノボの帰りにぜひ立ち寄ってみては・・・。一方、檜原湖の名物は特設のテント内で暖をとりながら行う「わかさぎ釣り」。道具はすべてレンタルできるので、手ぶらで訪れても心配なし。寒さにかまけて炬燵で丸まっていないで、ぜひ冬にしか出来ないレジャーを存分に楽しんでほしいと思います。

Wakasagi Goshikinuma_carp

6 イルミネーションを堪能する

 郡山駅西口・福島市パセオ通り、三春の影山邸、船引町移地区のストリートイルミネーションは凄い!郡山駅前広場は光のカーテンと街路樹を彩るLED電飾のネオンが美しい。

Illumination1 Illumination2

7 郡山スペースパークの「錯覚美術館」は必見の価値あり(1/11まで)

http://www.space-park.jp/events/exhibition/2015/1205/index.html

8 満天の星空観測!

 冬は空気が透き通り、天体観測には最適の季節。滝根町の星の村天文台では、冬の星座を楽しむイベントが開かれる。また、防寒に気を付けて、ぜひ午前3時頃の中之作漁港を訪ねてほしい。防波堤で夜空を見上げれば、星屑たちがあなたに語り掛けてくれます。その様は、必見です。

Hoshinomura

http://www.city.tamura.lg.jp/soshiki/20/hosihomura-top.html

9 雲海に浮かぶ天空の城が見られるか?

 天空の城と言えば、兵庫県朝来市にある竹田城、福井県大野市の大野城、島根県安来市にある月山富田城、島根県津和野町の津和野城 備中松山城などが有名だが、実は福島県にもある。二本松の霞ヶ城だ。霞ヶ城公園の山頂部は、かつて天守があった場所だが、朝に気象条件が整えば、雲海に浮かぶ天空の城が現れる。駐車場から15分ほどで登頂できるので、さほど苦にならない。狭い山道を車で上がれば、9合目の駐車場までたどり着ける。ぜひ、天気予報をチェックしてチャレンジしてみてください。

Kasumiga_castle_2 Unkai

10 レアなスポット巡り(神社ほか)

 ① 郡山 高屋敷稲荷神社(朱塗りの鳥居がずらり立ち並ぶ)
        菅船神社 私が今年嵌って、3回も訪れた神社。市内西部の片平地区にある
        王宮伊豆神社 急な石段を登った先にある。片平地区
        田村神社 国道49号線の守山地区。あの松尾芭蕉も訪れた由緒ある場所

        でこ屋敷・・・張り子人形や三春駒、干支の民芸品が多数 怪しい宝物殿も 

Takayasikiinari Sugafune        

 ② 福島 中野不動尊 滝修業ができる。朱塗りの本殿の真下が洞窟で仏像多数

Nakano Nakano2

 ③ 喜多方熊野神社の長床 歴史的な和風建築 和製パルテノン神殿を思わせる。
                           本音を言わせてもらえれば大イチョウの紅葉の時期に訪れてほしい。

Nagatoko Nagatoko2

 ④ 巨大造形物 相馬の百尺観音 ガウディのように未だに完成していない
            原町無線塔ミニチュア版(実物の1/10で20m)
            会津村 慈母大観音 高さ57メートル 総工費10億円 S62に完成
            会津村 涅槃像(釈迦横臥像)お釈迦様が腕枕で寝そべっている
            会津美里町左下観音堂 京都清水の舞台を彷彿させる造り

Soumakannon Haramachimusen
Aidugibo Sakudari

11 食べる・飲む

 ①ラーメン食べ比べ

 ラーメンと言えば、喜多方と白河が本場だが、郡山市の場合、ラーメン激戦区であるのを御存知でしょうか?ラーメンランキングTOP100というサイトがあるくらいだから、味は確か。各店が鎬を削っている。12月23日現在の1~10位までを紹介します。

 1位 春木屋 郡山分店   6位 麺屋 信成
 2位 正月屋          7位 めん処 成
 3位 ケラン           8位 味よし食堂
 4位 枡はん          9位 まぜそば凛々亭 
 5位 じゃじゃ。        10位 大三元

 この順位は週単位で入れ替わるので、シビアだし、店主も気が抜けない。それほど郡山市民はラーメンの味にうるさいことの証明。最新順位は下をクリック。

http://tabelog.com/ramen/fukushima/A0702/A070201/rank/

 ②グリーンカレー

 郡山市が旗振り役を行い、食文化の開発ということで、今年誕生した新名物。

https://www.city.koriyama.fukushima.jp/shise/citysales/kankou/taberu/greencurry.html

Harukiya Green_curry

 ③クリームボックスとホイップメロンパン(カフェオレ味)

 郡山の大人気老舗パン屋の「大友パン」や「ガトーナカヤ」が有名な郡山名物「クリームボックス」。正方形型の食パンにクリームたっぷり乗っかったシンプルなパンです。一度口にしたら病みつきになります。

Creambox Hoipmelon

 他にも福島県の名物グルメと言えば、福島市の円盤餃子、浪江焼きそば、会津こづゆと味噌田楽、強清水名物の天ぷら饅頭、曲がりネギ一本で食べる高遠そば(大内宿)も有名で、ぜひ話のタネに味わってほしい。ぜひお試しあれ。綿帽子をかぶった茅葺屋根が連なる民宿通りを歩くのも一興です。

Enbangyoza Namie
Kozuyu Dengaku
Tenpuramanjyu Takatousoba

 お土産はこれで決まり! 「福島県の人気お勧めお土産ランキング」

 1位 ままどおる       6位 桃みるくわっふる
 2位 喜多方ラーメン    7位 胡桃ゆべし
 3位 エキソンパイ      8位 檸檬(柏屋)
 4位 薄皮饅頭(柏屋)  9位 絵ろうそく
 5位 赤べこ               10位 凍天(もち処木の幡 福島)

 さて、長くなってしまったが、当地・福島県の魅力の一端を理解していただけたら有り難いと思います。原発事故以降、風評被害に苛まれた福島県も、ようやく震災前の姿を取り戻しつつある。失われた信頼を取り戻すのはまだ先だが、我が福島県民は懸命に日常を生きている。ぜひ、当地を訪れ、そんな真摯な姿を間近でご覧いただき、復興を後押ししていただけたら幸いです。

 記事作成:12月23日(水)

 

 

« 知られざる福島の素顔 | トップページ | 少年時代の想い出が蘇る映像集 »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ