2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 美的センスが光る黒板アート | トップページ | 2016年3月期のCMベスト5 »

2016年3月30日 (水)

旅の目的~日本文学の舞台を旅する~

 私の趣味のひとつに旅行がある。おそらく人は多かれ少なかれ旅が好きな生き物かもしれない。見知らぬ土地に身を置くことで、自分を見つめ直す契機ととらえたり、都会で生活している人は、日々の喧騒や雑踏を離れ、田舎の長閑な風景に触れることで、癒されたり、あるいは未知の場所を訪ねて、新たな発見があるかもしれない。予期せぬ出逢いを期待するのも旅の醍醐味のひとつと言えるだろう。
 ところで、旅の趣旨や楽しみは人それぞれだが、私がこれまでにテーマにした旅を幾つか紹介すると・・・

 1 北海道バイクツーリング(離島以外はほぼ網羅)
 2 映画やドラマのロケ地めぐり(北海道・東京・尾道)
 3 有名人の墓参り(天知茂・坂井泉水・石原裕次郎)
 4 古都めぐり(奈良・京都・鎌倉)
 5 震災遺構を訪ねて
 6 震災支援感謝のための台湾ツアー
 7 北海道回帰旅行
 8 奥の細道の足跡を辿る
 9 戦地を訪ねて(広島・沖縄)
 
 ほかにも修学旅行や職場旅行、新婚旅行など、旅の種類は多様にあった。何十年振りかで再訪した観光地が、以前の訪問時とどれだけ変化しているのかを確認する旅もまた面白い。最近は、テレビの影響か、路線バスだけを使った旅行や、ヒッチハイクや徒歩だけで日本を縦断する若者さえもいるようだ。

 最近、この歳になって思うのは、ことのほか古典的な日本の純文学に登場する舞台を自分の足で歩いてみるのも乙ではないか?と思い始めてきた。私は純文学にはさほど造詣があるわけではない。むしろ学生時代は、あまり読書に勤しまなかった部類だ。
 しかし、年齢を重ねるうちに、有名な物語の舞台になった場所を訪ねてみたいという衝動に駆られている。例を挙げれば下の通り。
 
 1 武蔵野  (東京)     4 城の崎にて (兵庫県城崎温泉)
 2 金閣寺  (京都)     5 伊豆の踊り子(静岡)  
 3 夜明け前 (木曽・馬籠) 6 智恵子抄  (福島・草津・東京都品川区)

 では主な日本の文豪と呼ばれる有名作家の文学作品の舞台となっている場所を備忘録を兼ねて列挙したい。

      
 1 こころ            夏目漱石     東京都神田・本郷・水道橋周辺
 2 暗夜行路        志賀直哉     東京・金刀比羅宮・尾道・京都・城崎・大山
 3 河童            芥川龍之介   上高地梓川
 4 細雪            谷崎潤一郎   大阪船場
 5 雪国            川端康成     新潟県湯沢温泉   
 6 檸檬            梶井基次郎   京都市中京区二条寺町
 7 黒い雨          井伏鱒二     広島県小畠村・広島市横川駅・比治山公園
 8 津軽・斜陽       太宰治       青森県津軽半島・金木町
 9 潮騒            三島由紀夫   三重県神島(伊勢湾歌島) 
10 たけくらべ        樋口一葉     東京都台東区竜泉・吉原遊郭
11 山椒大夫        森鴎外       京都府由良安寿汐汲み浜
12 カインの末裔     有島武郎     北海道
13 恩讐の彼方に    菊池寛       大分県中津市本耶馬渓町
14 浮雲            二葉亭四迷   東京都神田見附・小川町
15 破戒            島崎藤村     長野県飯山市・千曲川
16 高瀬舟          森鴎外       京都府木屋町・高瀬川
17 野菊の墓        伊藤左千夫   千葉県松戸市矢切
18 風立ちぬ         堀辰雄       富士見高原
19 五重塔          幸田露伴      江戸谷中の感応寺
20 樹木の二人      高村光太郎   福島県安達太良山
21 風の又三郎      宮沢賢治     奥州市江刺区・旧木細工中学校
22 吉里吉里人      井上ひさし     岩手県上閉伊郡大槌町近辺 
23 一握の砂        石川啄木     東京都・岩手県日戸村・渋民村・北海道函館市
24 やわ肌のあつき血潮 与謝野晶子  福島県福島市飯坂温泉
25 ノルウェイの森     村上春樹     東京都飯田橋・水道橋・市ヶ谷周辺     
26 遠野物語         柳田国男     岩手県遠野郷
27 思ひ出           北原白秋     福岡県柳川市水郷
28 田舎教師         田山花袋     埼玉県羽生市
29 金色夜叉         尾崎紅葉     静岡県熱海市
30 二十四の瞳      壺井栄      瀬戸内海

 最後に、本旨は外れるが、私が個人的に是が非でも訪ねたい場所を列挙して締めとしたい。

 1 倉敷(ドラマ「同窓会へようこそ~遅すぎた夏の帰郷~」ロケ地めぐり)
 2 天空の城めぐり(竹田城・大野城)
 3 長崎端島(軍艦島) 世界遺産になるずっと前から40年越しの悲願  
 4 三大合戦地(関が原・壇ノ浦・桶狭間)
 5 京都(新撰組・坂本龍馬の足跡を尋ねる。池田屋・寺田屋・近江屋)
 6 小京都巡り(角館・飯山・小浜・津和野など)

   

 記事作成:3月22日(火)

« 美的センスが光る黒板アート | トップページ | 2016年3月期のCMベスト5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ