2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

2016年5月期のCMベスト5

 昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、今年からは毎月末に傑作CMを5作品ずつ紹介しています。

 1位  「レオパレス21」

 現代日本の寵児と言っても過言ではない人気者。目鼻立ちが整っている。大きな瞳と堀の深い顔立ちが特徴で、愛くるしい。AB型だけあって小悪魔的な魅力も満載。18歳には思えない。自分では性格が男っぽいと思っている通り、スポーツ万能少女でもある。

 2位 ニベア新CM ・桜井日奈子

 岡山の奇跡と言われて久しい桜井日奈子。今年ブレイク中のアイドルだ。CMも多数出演中。あどけない表情はO型の典型。

 3位  「カルピスウォーター」 CM 「登場」編 15秒 永野 芽郁 2016年   

 夏の定番CMと言えばこれ。 ”まっすぐ、かけぬけたい。” 「カルピスウォーター」
今しかない青春をまっすぐにかけぬける、キラキラした日常を
永野芽郁さんがさわやかに演じます!

 メイキング映像はコチラ

 今年ブレイク間違いなしの16歳。血液型はAB

 4位 コーセー雪肌精 マレーシア人アイドル Iris

 新垣結衣の後任として、「イモトの世界番付」で日本縦断ヒッチハイクを敢行中のマレーシアアイドル「アイリス」が登場。小顔で明るい性格が、このCMにマッチしている。昔の林寛子を思い起こさせるベビーフェイス。

 5位 ポカリ ウクレレ編

https://www.youtube.com/watch?v=BVbX5PGLVUs

https://www.youtube.com/watch?v=7GiFE6ryeXw

 ポカリのCMが流れると夏という気分になる。フラガールでもお馴染みのハワイアンメロディに乗せて、ウクレレ演奏の替え歌も美しくハモっている。

 記事作成:5月中

2016年5月28日 (土)

日本最果ての地の不思議

 日本には、最北端とか最南端の地と謳って、観光地として盛り上げている土地柄がある。一見すると、そこが日本最北端かと納得してしまいがちだが、実はそこは極限の地でもなんでもないことがわかる。まさか、正直者で素養もあり、民度が高い民族として全世界に知れ渡っている日本人が偽りででっち上げているとは思えないが・・・・。ではそう思う根拠を述べたい。

 1 日本最北端の地は「宗谷岬」?

 宗谷岬に3回訪れたことがあるが、てっきり三角形の形のモニュメントを鵜呑みにしていた私は、売店で売っている最北端到達証明書を貰って、てっきり日本の北の最果ての地にたどり着いたと有頂天になっていた。
 ところが、地図上で確認してみると、日本最北端は別の場所にあったのだ。それは日本政府が日本固有の島と主張して憚らない、「北方領土」の最大の島にして国境の一番北の外れにある「択捉島」だ。

 緯度を見ても「宗谷岬」は北緯45°51′87″

 一方の択捉島の一番北側はカモイワッカ岬で 緯度(北緯)45°33′28″

 よって、択捉島のほうが北に位置している。つまり日本最北端は、日本政府の主張の通り、紛れも無く「択捉島」の最北地点ということになる。
 日本人自らが、領有権を放棄してしまい、北方領土を切り捨ててしまっているこの状況に、日本人としてどう判断すればいいのか。みすみす「択捉は日本の領土ではありませんよ、だからそこには最北端の場所はありませんよ」と暗に認めてしまっていることになる。

 北方領土は、第二次世界大戦末期に、旧ソ連が一方的に日ソ不可侵条約を破棄し、不法占拠しているにすぎず、日本固有の領土であるには偽りはない。

 しかしながら、現況は戦後70年間変らず、よって「宗谷岬」は日本政府の現段階での行政権が及ぶ「最北の地」と解釈したほうが良さそうだ。わかりやすく言えば、日本人が自由に到達できる場所ということだ。つまりは離島を含まない本土最北の地ということになる。

 それを鈴木宗男氏などが、単独でロシアと交渉し、「友好の家(通称宗男ハウス)」などを建設していい顔しようと独断専行交渉するから、政府としての面目は丸つぶれで、話が進まなくなるのだ。アントニオ猪木や鳩山由紀夫が勝手な自己判断で、北朝鮮や韓国首脳と面会するのも同類。

 本来は宗谷岬は、「北海道最北端」とか「北海道本土最北の地」と改めたほうが良さそうだ。

Saihoku Kamoiwakka

 2  日本最東端は納沙布岬?

 1980年代、私が北海道に住んでいた時、納沙布岬には2度訪れた。そこの灯台の前には、「日本最東端の地」という名の標札が誇らしげに立っていた。私は「これも待てよ」という疑念が沸いた。日本最東端は、北海道本土だけの話で、上の話に当てはめれば、北方領土の択捉島が最東端に位置するし、実際の最東端は、離島にこそある。日本国が定めている「日本最東端」は以下の地点にある。

  •  南鳥島・坂本崎(東京都小笠原村)
  •  島に施設を有する海上自衛隊と気象庁の職員のみが上陸可能で、それ以外は工事関係者などに限られる特別な許可が必要である。

      よって「納沙布岬」は離島を含まない本土の最東端というのが正しい。

    Saitoutan Nihonsaitoutan

     3 日本最南端 

     波照間島・高那崎(沖縄県八重山郡竹富町)

     ここは無人島を含まない日本の最南端でもある。有人島であり、南十字星も見ることができる島。しかし、日本の領海上の最南端の離島は別に有る。

     沖ノ鳥島・北小島(東京都小笠原村)

     数10cmの露岩2つからなる島である。浸食保護などのため東京都の管轄を離れ、日本政府の直轄管理下に置かれており、民間人が上陸することは困難である。

     最近、政権末期の台湾・馬総統が、自らの影響力を誇示しようと、あれは岩礁帯であって島ではないと中国本土寄りの主張を行い、日本を非難した。確かに、あれはバリケードで海面が島を飲み込まないように周囲を保護している。しかし、あれがあるおかげで日本の領海は保たれている。

    Sainantan Okinotorishima

     離島を含まず、本土で考えると最南端の地は佐多岬(鹿児島県肝属郡南大隅町)だ。

     4 日本最西端

     予想したかもしれないが、韓国と領有権を巡って対立している「竹島」でも、中国や台湾と争っている尖閣諸島でもない。

     与那国島・西崎(沖縄県八重山郡与那国町)らしい。北緯24度26分58秒東経122度56分01秒座標: 北緯24度26分58秒 東経122度56分01秒に位置する。

     西崎は、正確な日本の東西南北の最端部の中で唯一、一般の交通手段で誰でも自由に訪れることができる場所である。岬の突端には西埼灯台が立ち、「日本最西端の地」の碑と展望台が設けられている。天気のよい日には約110km先の台湾を眺望することができる。

    Saiseitan Kanzaki

     なお、離島を含まない本土の最西端は神崎鼻(長崎県佐世保市)だそうだ。


     最後に、これでテーマの意味を理解して貰えたと思うが、日本人が日本最端と謳っている場所は、観光客を誘致したいという思惑が見え隠れする。何も産業もない寂びれた町ならなおさらそうで、それを宣伝文句に客を呼び込みたいという意図はありありだ。
     本当の意味での日本の最果てを知れば母国・日本に対する見方も見識も違って見えるものと思う。 

     さて、その先は異国ということを考えれば、最果てという言葉は、ズシリと重みがある。そしてロマンを掻き立てる。それは容易にはたどり着けない距離感や日常生活では思いもよらない場所だからだ。一体そこは如何なる場所なのか。きっと訪れた者、つまりは足を踏み入れた者にしか味わえない感覚だろう。日本人であるならば、日本国の一番端っこを見てから死にたいと思う。

     記事作成:5月17日(火)

    2016年5月27日 (金)

    坂井泉水の命日に寄せて

     今日5月27日は、2007年のこの日に不慮の死を遂げたZARDのヴォーカル「坂井泉水」さんの9回目の命日にあたる。あの日から早9年とは、時の流れとは何と薄情なのかと一抹の悲しみを覚える。私はデビュー当時からずっとZARDの熱烈なファンだった。いやもっと遡れば、彼女が本名の「蒲池幸子」名義で、モデルとして登場していた頃から、ピュアで清楚でお嬢さん風の容姿に心惹かれていた。そしてどこか悲しげな影があって、謎めいた雰囲気にも。彼女のCDは毎回欠かさず購入し、聴き入っていた。
     しかし、あの日、NHKのニュースで彼女の急死が報じられ、我が耳を疑ったものだ。「何かの間違いだ!嘘であってほしい・・・」。そんな気持ちと共に、打ちひしがれた絶望感が全身を襲ったのだった。その衝撃のニュースはコチラ。

     https://www.youtube.com/watch?v=gqBj2x-eTwo

     彼女は生前、照れ性で自己表現が苦手な性質でありながらも、精一杯音楽を通じて私たちにメッセージを送り続けてくれた。時に悩みを吹き飛ばすような曲も書いてくれたし、人間が抱える内面の葛藤、悩みも打ち明けるように書き綴った詩歌は琴線に触れた。その美しくも儚い印象の詩は、人々の心に安らぎと癒しを与えてくれていた。それは今も変わらない。現に、私の車のCDにはいつも彼女のアルバムを入れている。彼女がその限られた命を燃やして訴えたかったことは何だったのか。切ない乙女心か?生への執着か?美しいものへの憧れか?人間の本質を包み欠かさず表現したと個人的には思っている。

     本日は彼女の命日にあたり、以前も当ブログで紹介した記事「坂井泉水FOREVER」を再掲することで、彼女を偲び、彼女の存在を永遠の記憶の中に閉じ込めたいと思う。10年経っても20年経っても、坂井泉水という素晴らしいアーチストがこの世に存在していたことを忘れないために。そして彼女の遺した遺作とも思える楽曲の数々を後の世代に語り継ぐために・・・。8年越しとなる哀悼の意を捧げたいと思います。ではお送りします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「坂井泉水FOREVER」

     1990年代、その女性は日本のポップス界において最も光彩を放ち、輝いていた。彼女が出すシングルやアルバム曲は、毎週ヒットチャートの上位を独占。テレビアニメの主題歌に幾度となく起用され、誰もが口ずさめるシンプルでアップテンポでリズミカルなメロディーライン。しかし、神は無慈悲にも彼女に永遠の輝きを与えることはなく、試練を授けた。傍目には順風満帆の歌手人生に見えていたが、いつしか忍び寄る病魔に蝕まれ、あのような非業の死を遂げるとは思いもしなかっただろう。いやそれともそれも承知の上での覚悟の事だったのだろうか・・・。

     生前、彼女のデビューは秘密のベールに包まれていた。覆面歌手(ユニット)として、公の場に姿を見せることを頑なに拒むかのような身の置き方であった。まるで正体不明で、一時「彼女はこの世に実在しないのではないか」との憶測も飛び交うほどであった。デビュー当時の松山千春を彷彿させる、そんな不思議な存在だった。一体どんな人が歌っているのだろうと興味津々だった。独特な鼻にかかった甘ったるい声質。それでいて艶やかで伸びのある美声。初めて彼女の姿を見た時、私は言いしれぬ衝撃と感動を覚えた。「何て美しい女性なのだろう」と。ピュアな印象と透明感を醸し、現代の若い人には珍しいくらい独特な落ち着き。そしていつも伏し目がちで少し影を感じさせる妖しい雰囲気の持ち主。何もかもが魅惑的で神秘的。
     彼女はデビュー前、様々な職業をこなしていた。OL、レースクイーンやモデル、、そして時には、その美形な顔立ちとスタイリッシュな体型を活かしてカラオケのPVやセクシーイメージビデオにも出演した。
     しかし、もしかすると、そうしたシンガーとしての地位を確立する以前の過去を包み隠そうとしてテレビ出演を拒み、CDリリースのみで自分の感性を発表する場とし、そのような存在形態を確立しようと模索していたのかも知れない。そして彼女の雰囲気の中にあるそうした「影」の部分を自然に作り出していたのかもしれない。彼女のCDジャケットやZARDのボーカルとして撮影された画像は、殆どがカメラ目線はなく、素顔を見せることを避けているかのように伏し目がちかあるいは遠目に撮影したものばかりである。ファンならずともここで言う「彼女とは誰なのか」もうおわかりだろう。そう、彼女とはポップス系ユニット「ZARD」のボーカルだった「坂井泉水」である。

    Sakai1 Sakai2 Sakai4 

     彼女の歌声は1990年代、世の中を席巻し、テレビ、ラジオ、CDショップなどでは毎日のようにBGM替わりに流されていた。リリースする曲がすべてメガヒット。私は8cmCDの時代から、ずっとZARDのシングルを所有していた。デビュー曲の「Good-bye My Loneliness」から遺作となった「グロリアスマインド」まで。シングルは実に45枚発表された。
     オリコン調べによる(2009年6月現在)ランキングによると、アーティスト・トータル・セールス(CD総売上枚数)は3,743万枚で歴代7位の記録。
     シングル:1,768万枚(女性ボーカルアーティスト歴代2位)
     アルバム:1,971万枚(女性ボーカルアーティスト歴代4位)
     シングルTOP10獲得数:43作(歴代5位タイ)(女性ボーカルアーティスト歴代2位)
      90年代アーティスト・トータル・セールス:3位(女性ボーカルアーティスト1位)
     シングル1位獲得数:12作(女性ボーカルアーティスト歴代4位)
     シングルTOP100チャートイン数:45作(90年代デビューアーティスト歴代2位)
     アルバムミリオン獲得数:9作(歴代4位タイ)
     アルバム連続ミリオン獲得数:9作(歴代1位)
     アルバム1位獲得数:11作(女性ボーカルグループ1位タイ)

     以上、実に輝かしい記録を遺した。

     <私の好きなZARDの曲ベスト20>

     1位 「揺れる想い」・・・1993年5月19日発売 最高位1位
     2位 「マイフレンド」・・・1996年1月8日発売 最高位1位
     3位 「永遠」・・・1997年8月20日発売発売 最高位1位
     4位 「負けないで」・・・1993年1月27日発売 最高位1位
     5位 「心を開いて」・・・1996年5月6日発売 最高位1位
     6位 「君に逢いたくなったら」・・・1997年2月26日発売 最高位2位
     7位 「きっと忘れない」・・・1993年11月3日発売 最高位1位
     8位 「この愛に泳ぎ疲れても」・・・1994年2月2日発売 最高位1位
     9位 「風が通り抜ける町へ」・・・1997年7月2日発売 最高位3位
    10位 「愛が見えない」・・・1995年6月5日発売 最高位2位
    11位 「こんなにそばに居るのに」・・・1994年8月6日発売 最高位1位
    12位 「Good-bye My Loneliness」・・・1991年2月10日発売 最高位9位
    13位 「眠れない夜を抱いて」・・・1992年8月5日発売 最高位8位 
    14位 「君がいない」・・・1993年4月21日発売 最高位2位
    15位 「運命のルーレット廻して」・・・1998年9月17日発売 最高位1位
    16位 「息もできない」・・・1998年9月17日発売 最高位3位
    17位 「瞳閉じて」・・・2003年7月9日発売 最高位4位
    18位 「もう少しあと少し」・・・1993年9月4日発売 最高位2位
    19位 「あなたを感じていたい」・・・1994年12月24日発売 最高位2位
    20位 「痛いくらい君があふれているよ」・・・1999年10月14日発売 最高位5位
    次点  「この涙  星になれ」・・・1999年12月1日発売 最高位5位

      シングル曲ではないが、「Oh my love」も大好きな曲だった。

     タイトルを見ると、彼女はまるで自らの死期を悟り、悲しい別れを暗示しているかのような意味深なネーミングばかりである。タイトルを知らなくても、そのサビの部分やメロディラインの一部を聴いただけでも一度は聞き覚えのある曲ばかりに違いない。

    Sakai7 Sakai5  

     次に、デビュー前から彼女がスターダムにのし上がるまでの経歴をここで簡単に振り返ってみたい。
     彼女は1967年2月6日神奈川県平塚市生まれ。秦野市育ち(小学校4年より)。本名は蒲池幸子。血液型はA型。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部で活動をする傍ら、ギタークラブでも活動していた。高校時代は硬式テニス部に所属。松蔭女子短期大学を卒業後、不動産会社にOLとして約2年間勤務した。
     しかし、転機が訪れた。街頭でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属し、本名「蒲池幸子」でモデル活動を行う。モデル時代の公式プロフィールは1969年生まれとなっていた。この時期、セミヌード写真集「nocturne」を出している。1989年(22歳) からドラマや人気歌手のPV、更にはバラエティ番組のアシスタントなどに多数出演する。東映カラオケのPR活動などで地方のカラオケ店を巡業する。この企画はZARDでの歌手デビュー後の1991年3月まで続いた。日本エアシステムのフルロードキャンペーンのキャンペーンガール。
     1990年(23歳)の時には日清カップヌードルレーシングチーム(2輪)のレースクイーン。岡本夏生は同期。 6月、写真集『Body Works』出版。 6月21日、ビデオ『SEXY SHOOTING』(サザンクロスビデオアーツ)発売。7月24日、写真集『NOCTURNE出版。モデルやグラビアアイドルとして順調に仕事をこなしていた。 冬にはフジテレビ系番組『オールナイトフジ』のグラビア美少女のコーナーに出演。 その他、雑誌グラビアに多数掲載される。これらは華やかで決して下積みとは呼べないが、彼女がひた隠しにしたかった過去だったのかもしれない。
     そしてまたまた一大転機が訪れた。1990年8月に所属の「スターダストプロモーション」の代表取締役、細野義朗にビーイング社長、長戸大幸を紹介されオーディションを受ける。長戸に才能を認められ、坂井泉水として音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。そして念願だった歌手デビューを1991年(24歳)で果たすこととなった。2月10日にシングル「Good-bye My Loneliness」でデビューし、 以降、音楽活動を続ける。それ以降の活躍については前述の通り。

    Sakai3 Sakai6

     感動のクルージング初ライブ(1999)

     「美人薄命」とは彼女のために用意された言葉なのかも知れない。運命の悪戯に翻弄され、天国と地獄の両方を味わい、人知れず病気と闘い、ひとり天国へと旅立っていった。ファンにあまりにも突然の悲しい訃報を残しただけで・・・。彼女は素顔を晒すことはあまりなかった。あれだけの美貌の持ち主ながら、結婚もせず、女性としての幸せを掴むことすら望まなかったように思える。ここから先の文面は、ややショッキングなため掲載するかどうか迷いに迷ったが、彼女の人生を締め括るエピローグなので、やはり包み隠さず全てを掲載したい。

    Sakai11  2000年以降、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症と次々に病気を患い、通院の日々が続いた。その年のNHK紅白歌合戦を「体調がすぐれないため」として出場を辞退した。2006年4月、仕事中に体調が悪化したため、病院で検査をうけたところ子宮頸癌が発見される。6月1日に慶應義塾大学病院で病巣の摘出手術を受けて、7月に退院。 2007年年4月、肺への転移が見つかり、再入院。入院中は抗ガン剤による治療を受け、治療後のアルバム製作とコンサートツアーに向けて作詞を行うなど、再始動を目指していた。しかし、5月26日朝の5時40分頃、目撃者の証言によれば、入院先の病院内のスロープの手摺りに腰をかけていたのだが、そこから3メートル下に予期せぬ転落をして、駐車場で仰向けに倒れているのを通行人に発見される。ICUで緊急処置を受けたが、翌5月27日午後3時10分、後頭部強打による脳挫傷で急死し、還らぬ人となってしまった。倒れていたのが早朝6時前という時刻で、あまりにも不自然で不可解な突然死に、事件事故の両面から検証が行われたが、自殺とみられる兆候はなかったことから事故として処理された。これからという矢先の40歳という若さでの孤独な旅立ちであった。しかし真相は本人にしかわからない。闘病生活に疲れ、死を予感して、または先行きを不安視しての発作的に自ら落ちたのかも知れない。彼女の葬儀は青山葬儀所で、しめやかに親族だけの密葬として執り行われた。そして、レコード会社と所属事務所の合同音楽葬としてファンとのお別れ会が6月27日に青山斎場で開かれ、往年のヒット曲が会場に流れる中、四万人を越える大勢のZARDファンが詰めかけ、あまりにも唐突で早すぎる死を悼むと共に、彼女との永遠の別れを惜しんだ。

     彼女の衝撃的な死から早いもので9年の月日が流れた。私は未だに彼女がもう過去の人だという事実を受け止めきれないでいる。彼女のPVを見ると居た堪れない気持ちになる。今でも「名探偵コナン」のエンディングテーマに坂井泉水の声が鳴り響く時がある。私は毎日のように彼女のベスト盤CD(MD)を聞きながら、職場までの道のりを往復運転している。彼女の甘い歌声、時には「彼女が生涯をかけて伝えたかったことは何だったのか」という文字通り命題に至るまで深く考えさせられ、身につまされて感じることもしばしである。もう二度と生で歌う姿を見ることは叶わないが、彼女のあの愛らしい、そしてちょっと照れた素振りで歌う姿やスタイル、笑顔、そしてその美声を永遠に忘れはしない。
    「坂井泉水、フォーエバー(永遠なれ)!」

    Sakai8 Sakai10

     最後に在りし日の彼女の歌声をどうぞ!

    http://www.youtube.com/watch?v=lvYW1KDIPlI&feature=related

     「心を開いて」

    「♪人と深く付き合うこと 私もそんなに得意じゃなかった
    でもあなたを見ていると 私と似ていてもどかしい
    そういうところが たまらなく好きなの♪」

     この部分歌詞が大好きで、おそらく彼女自身もこういう生き方をしていたのだと思う。

     Oh my love

    http://www.youtube.com/watch?v=dbqrY2vmSQ4&list=RD02OZEt21pk6pM

     関連記事(我が永遠なる歌姫)はコチラ↓

    http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-abd8.html

     彼女を追悼するファンの想い

     ZARD 坂井泉水さん 追悼◆その足跡と魅力

     彼女の面影を偲ぶ「ZARD Small Live」はコチラ

    https://www.youtube.com/watch?v=fU494K-3cps

     貴重な映像集(長嶋茂雄とのデュエット映像あり)

    https://www.youtube.com/watch?v=bCnvub0JtFo

     
     記事作成:3/26(木)

     <関連記事>

     坂井泉水さんのお墓参りの記事はコチラ ↓

    http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1022-6804.html

     * ご親族の強い意志により場所が特定できないような処置を施してあります。予めご了承ください。

     坂井泉水さんの転落事故現場訪問の記事はコチラ ↓

    http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/1023-1efb-1.html

    2016年5月23日 (月)

    結婚しない芸能人

     他人のプライバシーや芸能人のプライベートに首を突っ込むようで心もとないが、芸能界という特殊な世界では不思議なことが多々ある。よく言われるのは、犯罪行為を犯した者が、いとも簡単に復帰できてしまうことだが、それ以外にも芸能界七不思議になりそうなことが山ほどある。今日は結婚しない面々を取り上げたい。以前、「結婚できない男」というタイトルのドラマが放送され、阿部寛が主人公を好演したことがあった。
     昨年、福山雅治が結婚し、世の女性の嘆きを聞くこととなったが、そうした華やかな世界で目移りしてしまいそうな美男美女だらけの芸能界で、頑なに結婚を拒んでいる方々がいる。離婚・再婚が多いのがこの世界のルーティーンだが、そうしたことも要因になっているのかもしれない。では適齢期(男性40歳以上、女性35歳以上)を過ぎた方々で、独身を貫いている芸能人を見て行きたい。なお、現在は独身であっても、かつて結婚歴のある人とアイドルのジャニーズ系は除きたい。

     男性芸能人 

     41歳 徳井義実、中村俊介、有吉弘行

     42歳 金城武、 安住紳一郎、GACKT、渡部健

     44歳 平井堅

     45歳 有田哲平、竹野内豊、岡村隆史

     46歳 東幹久

     48歳 佐々木蔵之介

     50歳 今田耕司、YOSHIKI

     51歳以上 マイケル富岡 55歳、 春風亭昇太 56歳、 志村けん 66歳

     女性芸能人

     38歳 菊川怜、滝川クリステル

     40歳 中谷美紀、黒谷友香 

     41歳 水野美紀

     43歳 中山忍、深津絵里、さとう珠緒、島崎和歌子、吉田羊

     44歳 稲森いずみ

     46歳 石田ゆり子 

     47歳 井森美幸、松下由樹、森口博子、鈴木京香、夏川結衣

     48歳 天海祐希 有森也実
     
     49歳 坂本冬美

     50歳 中森明菜、沢口靖子

     55歳 浅野ゆう子
     
     56歳 片平なぎさ 

     57歳 岡田奈々、久本雅美

     58歳 名取裕子、かたせ梨乃

     60歳以上 中島みゆき 64歳、由美かおる 65歳、酒井和歌子 67歳

            木の実ナナ 69歳、栗原小巻 71歳、山本陽子 74歳、黒柳徹子 82歳

     こうしてみると、いかに芸能人は未婚でも仕事をバリバリやっていけるかだ。結婚をしない理由は、出来ないのではなく、たぶんしたくないというのが見て取れる。決して「負け組」なんかじゃない。売れっ子ともなれば、忙しい日常で、恋愛の機会を失うこともあるだろうが、どちらかといえばシングルライフを満喫したい方々という印象が強い。

     自分の時間を邪魔されたくないとか自分の生きたいように生きたいとか、趣味に没頭したいなど、独身貴族をとことん追求したいという発想が優先し、恋愛や結婚への概念が遠のいて行ってしまっているのだろう。結婚願望が少しでもあれば、すぐにでもできるだけの美貌やカッコ良さを秘めているが、機会を待っているうちに逃してしまうケースも多々ある。どこかで妥協をしないと永遠に独身のままで終活してしまうこともあり得る世の中だ。

     自分の理想を抑え、相手の考えを尊重する気持ちがなければ結婚生活は長続きしない。我を押し通すのではなく、寛容な気持ちがあれば、いずれ近いうちに結婚できるチャンスは訪れるということを知ってほしいと思う。

     記事作成:4月25日(月)

    2016年5月22日 (日)

    2016年ぶらり旅 ②~田村市珍スポット~

     これは昨日(5/21)の午後に強行しようと考えたが、午後に通り雨があったため、本日に移動した。地元福島県の中でもレアな珍スポットをぜひ訪問したいのと、alltamuraTVのしおんちゃんが動画で紹介していた穴場スポットを自らの目で確かめたい衝動に駆られての実施となった。予定は以下の通り。

     1 自宅に手作り富士山

     http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/10069/honkisyumi_002/

     2 安倍文殊堂 https://www.youtube.com/watch?v=uBpADexJQDE

     3 落ちそうで落ちない石(要田柿木内)
     https://www.youtube.com/watch?v=4wDIZE2hR78

     4 デコ屋敷秘宝館 http://bqspot.com/tohoku/fukushima/662

     以上、3時間、往復60kmコースを考えてみた。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     5月22日(日)くもり/快晴

     5:30 起床
     6:39 自宅発 くもりだが晴れの予報 暑くなりそう R4号からTSUTAYAの坂左折
          内環状線へ。R288バイパスへ 
     6:49 郡山東IC入口 60km/hペース後ろ、元同僚のガンメタFit?行き過ぎてUターン
     6:59 田村手作り富士山へ。久しぶりの訪問 山頂修理?シートが掛かっている。

    Img_6659_r Img_6662_r

     7:03 田村富士山発 R288復帰 ナビで信号かた左折 遠巻きに農村地帯を進む
         朽ちた低い火の見櫓から右折し、JR磐越東線の踏切に標識発見 あと1km
         すでにナビ終了 急な山道を登り、右折すると右カーブに安倍文殊堂の入口
     7:09 農村公園駐車場着 21.3km。景色良い。片曽山?しおんちゃんの紹介動画
         の場所。日本5大ちえ文殊の表示。杉並木の参道狭い。登山開始。400mの表
         示。バークチップの散策路。杉林多数。薄暗い。靴汚れる。時々急坂で勾配きつ
         い。石滑る。熊出たら終わり。誰も助けに来なそう。鬱蒼とした山林を行く。ラスト
         100mが急こう配で息切れ。しおんちゃんが登ったラストの階段あり。

    Img_6667_r Img_6669_r
    Img_6668_r Img_6673_r
    Img_6674_r Img_6675_r

     7:17 山頂の安倍文殊堂へ。鐘楼と拝殿、左にお水取り。広い。賽銭箱無し。お参り。
         絵馬や千羽鶴が多数掛けられている。無人で人っ子一人いない。
         JRの電車の通過音。「心のままに」というメッセージノートあり。今日の日付と到達
         日時、「時遊人SUZUのひとり言」と記載。境内一周。奥まで広い敷地。石碑多数。
         平安時代の建立。歴史と伝統、格式を感じる。隣に砂利の林道。車でも登れそう。
         杉林深い。帰りは木漏れ日優しい。晴れて暑くなってくる。

    Img_6676_r Img_6678_r
    Img_6679_r Img_6681_r
    Img_6682_r Img_6685_r
    Img_6686_r Img_6690_r
    Img_6692_r Img_6693_r
    Img_6696_r Img_6698_r
    Img_6699_r Img_6701_r

     7:32 車へ戻る。15分で往復と見学を満喫。駐車場にトイレあり。カーブに入口あり。



     7:36 安倍文殊堂入口発 ナビを見て近道行く。線路沿い。しおんちゃんが紹介した
         標識?動画ではさらに100m離れた標識だった。彼女は4か月前に訪問した。

    Img_6703_r Img_6705_r

         民家伝いの道をアップダウンし、近道だと要田の「落ちそうで落ちない岩」はすぐっ
         ぽい。お地蔵さんが並ぶ満圓寺の前を通過。県道50へ左折。昔通勤で使った道
         路。左折して合流。踏切を渡る。右に小さな磐越東線トンネル。
         右折して山越え。ここも懐かしい。17年振りに走った。再び踏切渡り右折。岩は左
         側にあると思い込み、左ばかり気にしていたら、県道沿いに全く現れない。すると
         どんどん進み、中森まで来てしまいUターン。朝食抜きで車酔いの症状。気持ち悪
         い。4kmは無駄走り。

     7:53 徐行して奇岩を偶然発見。急停車。要田柿木内落ちそうで落ちない岩到着。
         30.4km地点。するとその目の前が死亡事故発生地点。長居したくない。逆光。
         確かに2つ折り重なって岩がずれて立っている。地元では天狗が運んできた「つっ
         かけ岩」と呼ぶ。周辺には山藤が樹生して咲いている。

    Img_6706_r Img_6707_r
    Img_6708_r Img_6710_r



     7:56 死亡現場に長くいたくなく、すぐに出発。祟られそう。心霊写真?そう言えば、ここ
         の近くの山の中に、二週間ほど前にグライダーが墜落して宮城の男性が亡くなっ
         ている。  
         要田駅の手前右折して要田中の坂道へ。湯殿山の石碑前を左折。三春スカイライ
         ン。三春の立体交差を下へ。合流。
     8:03 三春駅前通過。雷医院の三差路を右へ。すぐに西田方面へ左折。くねくね道。
         「デコ屋敷」の標識を右折。そして1kmほどでデコ屋敷入口へ。
     8:08 大黒屋の駐車場へ。40.5km。デコ屋敷の民芸店街、ひっそり。まだ開店してい
         ない。ひっそり。誰もいない。「秘宝館」を探して周辺を2往復。見つからず。彦治民
         芸も開店前。いったん車に戻り、資料館へ移動。夫婦桜でUターン。気分悪くて吐
         きそう。メニエール病の症状。空腹に加え、車酔い。戻って再度車で乗り付け、奥
         に「道六館」の文字が・・・。あれか?車での立入禁止で、大黒屋Pへ戻る。
         吐き気をこらえて暑さの中、また坂を上る。標識の通り「道六館」を目指す。
         するといきなり人感知センサーでチャイム作動。やはりこの奥の蔵造のような建物
         が子宝祈願で建てられた性信仰玩具を展示した資料館「道六館」だった。入口の
         自販機で入場料400円替わりのメダルを購入して、回転式バーを動かして中へ入
         るようだ。人目につかない奥に設置してあり、入り口には「18歳未満の入場お断
         り」の文字と、防犯カメラ設置のシールが・・・。どれだけ厳重の警備を敷いている
         のか?ブログのネタ作りに訪問したが、なんと、入場は9:00~17:00の表示
         が・・・。
         このときまだ8:26、待つのも面倒なので入場を断念。車へ戻る。脚吊りそう。
         車内温度計では、19℃。車内はかんかん照り。

    Img_6712_r Img_6714_r
    Img_6715_r Img_6716_r
    Img_6717_r Img_6718_r
    Img_6719_r Img_6721_r
     内部の模様は、実際に入られた方のブログをどうぞ!

     http://bqspot.com/tohoku/fukushima/662

    8:29 デコ屋敷発。
    8:33 小和滝 安達太良山くっきり綺麗。清掃工場前右折。R288バイパス。
    8:41 内環状線の柏屋交差点。眼鏡市場前右折。極楽湯交差点左折。
    8:46 帰宅 走行距離54.3km 所要時間3時間7分

     帰宅後、高柴ダムを訪れるのを忘れてしまったことに気づく。気持悪くてそれどころではなかったが・・・。そして田村富士山から安倍文殊堂まではもっと近道があった・・・。

     さて、朝の早い時間を有効活用すれば、3時間程度でちょっとした珍スポット巡りのドライブが可能。県内の至近のエリアにもこんなにも未知のスポットがあったとは・・・。掘り出し物だ。小野町の東堂山の鐘楼に続いて、今回の安倍文殊堂も近場ながら、また森羅万象を味わいに訪れたい場所だ。パワースポットとしての価値や軽い山登りで有酸素運動にも持って来い。葉緑素を味わいながら、体力作りになる格好のスポットだと思う。日頃の運動不足解消のため、今年もあちこち散策して、皆様に報告したいと思います。

    2016年5月18日 (水)

    追悼「金子ひとみさんの命日に寄せて」

     この記事は2013年1月28日に掲載したものですが、この話の主人公である金子ひとみさんの命日にあたる今日、再掲載させていただきたいと思います。
     スキージャンプで大怪我をした恋人を真実の愛で献身的に看病し、そして記憶喪失から奇跡の復活を陰で支え続けた金子(旧姓・長井)ひとみさんへの尊敬の念、そして真実の愛の深さや人間の本質に向き合い、そのお手本を身を持って教えてくれた彼女への感謝の気持ちから、彼女の存在とその生き方を世間の方々に知ってほしいがために、ここに再掲させていただきます。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     2013年1月27日、16時5分から放送されたドラマ「バッケンレコードを超えて」
     スキージャンプの有望株で、大倉山シャンツェのバッケンレコードを更新するなど、オリンピック代表当確だった金子祐介さんと、その恋人で後に妻となった長井ひとみさんの真実の愛を描いた作品に誰もが涙した。海外合宿で生死の境をさまよう大怪我を負った彼を介護し、復活までの道のりを、真実の愛で支え続けたひとみさん。彼女の人を想う生き様やラストシーンにはジーンと来て鳥肌が立つと共に、言い知れぬ感動が全身を包む作品だった。

    Bakenrecord Baken

     ~ドラマのあらすじ~

     舞台は、北海道札幌市。歯科衛生士の神足はるか(比嘉愛未)にとって、恋人の本田浩輔(福士誠治)は自慢の彼だった。浩輔は、日本最大級の札幌・大倉山ジャンプ競技場のバッケンレコード(最長不倒記録)保持者で、オリンピック出場を有望視されるスキージャンパー。二人の仲は、互いの親も公認で、浩輔の父・本田隆利(陣内孝則)も、「二人の子供も、スキージャンパーにしたい」と、今から楽しみにしているほどだった。
     しかし、悲劇は突然起こった。フィンランドでのオリンピックの強化合宿中に、浩輔が事故に遭ったのだ。「浩輔が、飛んだ瞬間に板が外れて頭から落ちて…」事故を知らせる浩輔の母・本田留美(手塚理美)の悲痛な声に、ぼうぜんとするはるか。東京の病院に搬送された浩輔の変わり果てた姿に対面した家族はがくぜんとする。奇跡的に一命は取り留めたものの、浩輔は脳挫傷のために記憶を失い、恋人のはるかのことさえも忘れてしまっていた。それだけではない。あれほどまでに全てを懸けて打ち込んできたのに、自分がスキージャンパーだったことさえも分からなくなっているのだ。もはや社会復帰できるかさえも分からないという。「浩輔は、もう昔の浩輔じゃない…。結婚を取りやめるのなら、今だと思う」父の責務として、振り絞るように告げる隆利。しかし、はるかは、浩輔から離れることなどできなかった。
     記憶を失い、ネコ、イス、トケイ…そんな簡単な言葉さえもなくした浩輔のリハビリ生活は、一進一退を繰り返す、長く険しいものだった。昨日思い出したことを、今日はまた忘れてしまう。祈るような思いで寄り添い続けたはるか。しかし、一方の浩輔は、「あの親切な人、誰…?」と、いまだはるかのことが分からないでいた。
     そんなある日、奇跡が起こる。かつてバッケンレコードを記録した大倉山ジャンプ競技場からの景色を目にし、浩輔に、スキージャンパーの記憶がよみがえったのだ。と同時に、はるかが自分の恋人であることも思い出した浩輔。こうして、二人は、事故の悲劇を乗り越え、さらに絆を深め共に生きることを誓い合った。
     しかし、結婚式当日、さらなる悲劇が二人を襲った。はるかが原因不明の難病に冒されてしまったのだ。せっかく選手として復活を遂げた浩輔の足手まといになりたくない…そう思ったはるかは、浩輔の元から去ろうとするが……。

     ドラマのシーン(比嘉愛未と福士誠治)

    Baken3 Baken4P1272869 P1272870P1272872 P1272877

     ドラマのモデルとなった金子(長井)ひとみさんと金子祐介さん(ご本人)

    P1272873 P1272874

    P1272875 P1272876

    P1272878 P1272879

     そして、この番組の録画を観る前に、妙な胸騒ぎと嫌な予感がしてHPで調べたら、外国で合宿中のジャンプで落下し、意識不明・記憶喪失の大怪我を負った金子祐介選手をあれほど献身的に看病し、陰で支え続けたフィアンセ(その後結婚して妻に)のひとみさんが、昨年5月18日に37歳という若さで亡くなられていたことを知り、愕然と来た。まるで女神や天使のような存在だった彼女。美人で、優しくて、芯が強くて、逆境に負けない強い精神の持ち主だったあの彼女が・・・・。どうして神様は、献身的に尽くした彼女を天に召してしまうのか。UHB制作のドキュメンタリー番組が放送された時もDVD録画したし、「ザ・ベストハウス123」で感動話として取り上げられた時も録画した。そして今回も・・・。
     しかし、このような信じられない悲劇的な結末が実話としてあったとは・・・・。

     「関連記事のリンク」はコチラ 

    http://www.youtube.com/watch?v=5E-Aj4wT84I (金子祐介選手の大記録)

     「バッケンレコードを超えて」の公式HP」はコチラ

    http://uhb.jp/program/backenrecord/

     ひとみさんのメモリアルブログと闘病日記や訃報、告別式の模様が掲載されています。 

    http://kanekohitomi.web.fc2.com/

    http://ameblo.jp/uskgla/entry-11257539720.html 訃報

    http://ameblo.jp/uskgla/entry-11269367849.html#main 告別式の模様(閲覧注意)

     比嘉愛未さんのブログに掲載された「金子ひとみ」さんへの追悼メッセージ

    http://ameblo.jp/higa-manami/day-20120523.html

    http://ameblo.jp/higa-manami/day-20120524.html

     福士誠治さんのブログに掲載された「金子ひとみ」さんへの追悼メッセージ

    http://seijifukus.exblog.jp/17577173/

    T02200329_0452067611987163161

     謹んで金子(旧姓長井)ひとみさんのご冥福をお祈り申し上げます。合掌

     記事作成:平成25年1月27日(日)
     
     再編集:平成25年2月4日(月)

     ひとみさんが亡くなられた後も、お身内の方によって更新され続けている「金子ひとみmemorialブログ」はコチラです。

     http://ameblo.jp/kaneko-hitomi/ 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                    

     追記(平成28年3月20日)

     この日、フジテレビ系列で「世界ベスト映像ショー(五輪候補のスキー・ジャンパーが記憶喪失、名前忘れられた妻の愛の3700日全記録・・・奇跡が)」と題された金子祐介さんと妻ひとみさんの愛の物語が放送されました。その番組の最中から、3年以上も前に公開した本記事にアクセスが殺到し、20時台の1時間にこの記事だけで12,000件を突破致しました。お二人の感動実話を少しでも多くの方々に知っていただくことができ、私自身も有り難く感じました。
     ひとみさんが亡くなった後、夫・祐介さんは再婚せず、ずっと亡き妻との想い出を胸に、互いを支えあった日々を偲び続けており、改めて「真実の愛の尊さ」を思い知らされた気が致します。彼女の芯の強さを象徴する「どこまでもあきらめない」。心に響く言葉です。
     ブロガーの方々も、金子祐介さんと妻ひとみさんの愛の深さを確かめるために、時々お二人の愛の物語を思い起こして頂ければ幸いです。

    Img_5808_r Img_5809_r
    Img_5810_r Img_5813_rImg_5814_r Img_5815_r

      なお、掲載記事の時間が前後して、読みづらいと感じたため、この日に記事を再編集して記載内容の文面を入れ替えたことをご容赦願います。 

      最後に、4年越しになりますが、改めましてひとみさんのご冥福をお祈り申し上げ、追記と致します。

    2016年5月17日 (火)

    男泣きの花道(プロ野球引退試合)

     プロ野球は男と男の真剣勝負で、そこに台本や筋書きはない。しかし、いわゆる優勝決定後の消化試合に、長年活躍した選手が引退を表明し、その慰労と敬意を表して引退試合やセレモニーが行われる。
     現役を退く選手は、体力の限界を悟り、あるいは怪我で苦しんだ時機など自分の野球人生を振り返り、涙を見せることが多い。ファンの熱き声援に感謝し、

     引退はどんなに優秀な選手にも必ず訪れる。華やかにセレモニーを開催し、花束をもらい、ファンの前で感謝の意を述べて、惜しまれつつグラウンドに別れを告げる選手もいれば、ひっそりとユニフォームを脱ぎ、人知れず球界を去る選手もいる。今回は前者を取り上げ、涙の引退試合で「男の花道」で有終の美を飾った選手たちを振り返りたい。

     楽天 永井 怜

     6回、マウンドに向かう前の投球練習から涙の止まることがなかった永井怜。想いに溢れ­るマウンドへ登り、最後の雄姿を見せた。(2015年10月6日 楽天-ロッテ)

     現役生活ラスト登板で、途中から涙を流しながら最後の闘志を見せた。

     楽天 斎藤 隆

     9回、今季限りでの引退を表明している斎藤隆が現役最後の登板。日米通算24年のプロ­生活に幕を閉じた。 (2015年10月4日 楽天-ソフトバンク)

     新庄剛志

    https://www.youtube.com/watch?v=GwPkvuiWzLs

     日本シリーズという最高の舞台が派手男、新庄の引退試合となった。最後は涙のフルスイングに観衆は総立ちで、惜しみない声援と拍手を送った。

     DeNA 小池正晃の引退試合! 現役最後の試合で2本のホームランを含む3安打!

     DeNA小池正晃の引退試合です。自身最後の試合に先発出場し、2本のホームランを含­む3安打。最後の最後のDeNAの攻撃で打席が回り、現役最終打席をホームランで飾り­ました。プロ野球生活の全ての思いをぶつけるようなスイングでレフトスタンドに放り込­みました。小池も、同期の後藤も涙しました。

     清原和博

     地元オリックスの本拠地大阪ドームで現役最終打席を迎えたのはスーパースターの清原和博だった。球界のカリスマにして番長。誰もが彼の引退を惜しんだ。彼のテーマソング、「とんぼ」で登場した清原。相手の杉内も失礼なきように真剣勝負で彼の花道を飾った。最後は彼らしいフルスイングで空振り三振。男と男のガチのぶつかり合いだった。

     男の花道をイチローもスタジアムで見送った。

     金本知憲 引退試合

     2012年10月9日の金本知憲の引退試合 盗塁・激走と清原和博が引退セレモニーで花束を抱えて登場した。
     セレモニーの挨拶で、相手のDeNA選手へ「監督ひとりが目立っても駄目だ」と苦言を呈したことを今でも鮮明に覚えている。敵味方を超えた叱咤激励にDeNA監督だった中畑清は帽子をとって深々とお辞儀したのだった。

     プロ野球   まさに涙腺崩壊の引退試合特集

     阪神・関本、横浜・佐々木、広島・石井琢朗、中日・小笠原、広島・緒方、ヤクルト・古田、巨人・原、DeNA・小池、ヤクルト・鈴木健

     感動で泣ける!?プロ野球の引退試合をまとめてみた

     広島・佐々岡対ヤクルト・古田

     さて、本日お送りした選手たちは、プロ野球界に君臨し、名球会入りするほどの功績を残した方々がほとんどだ。記録にも記憶にも残る名選手だが、そこへ辿り着くには単に才能だけではない。陰では想像できないほどの苦労や厳しい練習があってこそだ。そして徹底した健康管理や食事制限など内助の功もあったと思う。今さらながらだが、それを実践し、輝かしい実績を残し、「男の花道」を飾った選手を称え、第二の野球人生で名選手を育成する指導者としての活躍を祈念し、結びとしたい。

     記事作成:5月2日(月)

    2016年5月15日 (日)

    福島県田村市の魅力を紹介する美少女

     かつて私も6年間勤務したことがある「田村市船引町」。通勤していた時には気づかなかったが、知られざる名所が点在していた。それを紹介するのが「alltamura.tv」という動画サイト。その女子高生キャスター兼リポーターの「しおん」ちゃんが、見どころや魅力、旬の話題や情報を発信してくれている。

     まずは「しおん」ちゃんからの挨拶とおしらせから。

     キャスターのしおんちゃんは、AKBのメンバーにいても不思議ではないほどの美少女だ。自分が暮らす田村市周辺の魅力を余すことなく伝えようとしてくれており、その郷土愛に好意を抱き、つい応援したくなってしまう。では彼女が動画で紹介したスポットをどうぞ!

    1 田村市船引町安倍文殊堂

     日本五大文殊堂に数えられる由緒あるお堂。なんでも平安時代の創建らしい。巨大な杉林の間の細い石段を山頂まで登ればお堂が現れる。

     受験にご利益があるお堂で、受験シーズンにはお参りに来る受験生が多いとか。

    2 田村市要田町 つっかけ石

     落ちそうで落ちないことから、受験のお守り代わりにお参りに来る方が多いとのこと。

    3 入水鍾乳洞

     入水鍾乳洞は、福島県田村市滝根町菅谷にある国の天然記念物。本格的なケイビングの醍醐味が味わえる鍾乳洞です。全長900メートルの狭い洞内は、入口から最奥部までA、B、Cの3コースに分かれて­いて、Aコースは、普段着のままではいれますが、Bコースから奥はほとんど手が加えら­れていないため、水温10度の冷たい水に膝まで浸かり、懐中電灯やろうそくの灯りを頼­りに鍾乳洞の隙間をくぐったり、よつんばいになりながら進みます!ですから着替え、照­明器具、ゴムぞうり等の履物が必要になります。特にCコースは案内人が必要です。なお­、ハーフパンツ、ろうそく、合羽、コムぞうりなどは、入水鍾乳洞管理事務所窓口でレン­タルできますから、気軽に立ち寄って気軽にケイビングが楽しめますよ!
     あぶくま洞よりも険しく、水の中を浸かりながら探検して歩くのが入水鍾乳洞。中は夏もひんやりで、涼を求めるなら最高。

    4 カブト屋敷

    https://www.youtube.com/watch?v=v22mHioKsV8

    5 たむら八彩カレー https://www.youtube.com/watch?v=Ke3mIsHw5I8

    6 けやきの森 https://www.youtube.com/watch?v=bPXQAMca6T0

    7 田村市役所・多目的ホール https://www.youtube.com/watch?v=9NVzNQv-Yv8

    8 告知 https://www.youtube.com/watch?v=-C6YxMXFerQ

          https://www.youtube.com/watch?v=xJ4vuEMTckM

     彼女は田村市在住の女子高生だった。合併で田村市は広くなったが、その魅力を包み隠さずに広く世間にPRしてくれている。健気で、つい応援してあげたくなる。
     この動画を見た皆さん、ぜひ田村市を訪れ、その魅力に触れていただけたらと思います。私も近いうちに安倍文殊堂とつっかけ石を訪れたいと思っている。

     記事作成:5月7日(土)

    2016年5月12日 (木)

    芸能人のサプライズ登場に見る底力

     私は昔から人を驚かせたり、喜ぶ瞬間を見るのが好きだった。いわゆるハッピーサプライズだ。特に芸能人を街角で見たり、突然にサプライズで登場するシーンなどは大好物だ。その都度、彼らの認知度の凄さと影響力の大きさを思い知らされている。
     今日は、私が普段よく見ている動画サイトにアップされている「芸能人のサプライズ登場シーン」を集めてみた。

     広瀬すず

     ① CM「MATCH」のPRで高校訪問

     ② 映画「ちはやふる」の番宣で静岡県の高校の「競技かるた部」を電撃訪問

     斉藤工 ドラマ先行試写会でに登場

     俳優の斎藤工さんがこのほど、東京女子大学(東京都杉並区)で行われた主演ドラマ「臨­床犯罪学者 火村英生の推理」(日本テレビ系)の先行特別試写会にサプライズゲストとして登場。集­まった約250人の女子学生は大興奮で、「えー!」などと悲鳴も上がった。共演の窪田­正孝さんも登場すると会場は大歓声で、スマートフォンでの撮影が止まらなず、“撮影会­”状態に。斎藤さんも思わず「(スマホの)メモリーなくなるよ、大丈夫?」と声をかけ­、会場を沸かせた。

     特別試写会では学生との質疑応答も実施。女子学生から「もし女子大生になれたら」と聞­かれた斎藤さんは「コンパしてみたいですね。コンパの前か後の女子会で、男子を欺く感­じの会議をしてみたい」と回答。質問した学生から「そんなことしないですよ」と返され­、「すみません。偏見です」と苦笑交じりに謝る場面も。

     AKB卒業式サプライズ登場

     毎年のようにAKBは被災地支援や卒業式でのサプライズ登場を行っているが、今年の春はお嬢様学校でのサプライズ出演となった。

      佐藤健、街角インタビューに登場

     「モニタリング」の番組企画で、インタビュー中のファンの女性の前にいきなり本人が登場するお馴染みの企画。以前も、福士蒼汰や三浦春馬、速水もこみち、ローラ、3代目J Soul brothersらが街角に突然現れて、周囲を驚かせた。

     こういう動画はテレビで放映されたものが大部分で、「人間観察バラエティー・モニタリング」や「火曜サプライズ」、「笑ってコラえて」、「おじゃマップ」、「ぴったんこカンカン」などの企画で実施されることが多い。

     芸能人は偉大だ。突然のサプライズで泣き出すファンが大勢いる。不思議なオーラがあるし、その喜びは計り知れない。幸せを運ぶ「ハッピーサプライズ」は見ていてほっこりする。ぜひテレビ関係者はこういう企画を続けてほしいと思う。

     記事作成:4月29日(金)

    2016年5月10日 (火)

    天国と地獄を味わった有名人

     今日の記事は、芸能界において一時は飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍や人気があったにも関わらず、私生活面で不祥事に見舞われたり、スキャンダルにまみれ、天国から地獄を味わった方々を取り上げたい。
     これは、支えてくれるファンの気持ちを無視し、勝手な振る舞いをした結果、身から出た錆と言えるような前例の数々だ。反面教師として軽率な行動は厳に慎んで欲しいことを意図する目的と再発防止の警鐘を鳴らすためにあえて掲載するものである。
     取り上げた方々には、なぜ世間の集中砲火と思えるような批判を浴びたのか、ぜひ猛省て捲土重来を期して貰いたい。

     男性編

     桃田賢人

     バドミントンの世界選手権で強豪を次々撃破し、今夏開催のリオ五輪当確。しかもメダル最有力候補だった彼が、違法カジノ店への出入り、違法賭博を行っていた事件が明るみになり、今回の五輪出場を棒に振った。
     彼は我が福島県の富岡高校にバドミントン留学し、県民にとって希望の輝ける星だった。それが軽率にも違法行為に染まり、このような結果を招いたことで、震災以降、放射線被害で打ちひしがれた県民を励ます存在だっただけに、その衝撃は大きかった。血液型はA

     多くの人の応援と支援を貰い、結果的にそういう方々の期待を裏切った。我が福島県に縁がある人だったので、残念だし、五輪を棒に振って実に勿体ない幕切れとなった。

     女性編

     加護亜依

     かつて「モーニング娘」のメンバーだった彼女。全盛期には「ミニモニ」としても活動した。その時のメンバーも、3人中2人がスキャンダルで一時芸能活動を停止した。

     彼女は未成年での喫煙に始まり、不純異性交遊(不倫)で相手の元妻から訴訟を起こされたりと相次ぐ不祥事にファンを落胆させた。まるでさげまんを地で行く転落人生だった。
     やはり若くしてチヤホヤされ人気が出ると、まっとうな善悪の判断が出来なくなり、横柄な態度や傲慢さが現れる典型例だ。 血液型はAB

     小保方晴子

     万能再生細胞である「STAP細胞」を発見し、華々しく記者会見でその研究成果を発表した。SPI細胞以上の医学会に革命をもたらす世紀の大発見と揶揄され、大々的に発表された。彼女自身も理研の生物研究員として白い割烹着姿で研究に没頭し、リケ女ブームを構築するなど世間から注目を浴びたが、その後、研究論文での盗作疑惑やデータの改ざん疑惑などが持ち上がり、スキャンダルの当事者に・・・。
     やがて所属する理化学研究所の上司で主任だった笹井氏が一連の騒動の責任をとって自殺に追い込まれ、自身も責任を追及され、連日マスコミの批判を浴び、スタッフを解雇された。
     この一連の不祥事に対し、書籍で反論したが、名誉回復には至っていない。

     岡村真美子

    Okamura12 Okamura_mamiko14

     NHKの「ニュース7」で、半井小絵さんの後任として気象予報士で出演した。あどけないベビーフェイスで「19:27の妹」と呼ばれ人気が出た。本職はピアニストであり、その才能の高さと知性を感じるコメントは、安らぎと癒しを与えていた。
     しかし、一昨年の12月に週刊誌で所属するウェザーマップの男性気象予報士佐藤大介氏とのW不倫が報じられると状況は一変。プライベートでのベッドで寄り添う場面などの画像が流出。その模様を写真付きで報じられると状況は一変し、突然休養。その後も二股疑惑だけでなく五股疑惑と書きたてられた。可愛い顔とは裏腹で、陰でやっていることとのギャップの大きさに、世の男性ファンは大きなショックを受け、裏切られた感は半端なかったに違いない。
     彼女の場合、一度も弁明する機会や復帰することがないまま、テレビ業界から姿を消し、3つ開設していた自身のHPやブログも閉鎖された。ピアニストとしての活動も一切自粛し、活動を停止している。
     私自身は彼女の大ファンで、毎日彼女が出演するお天気コーナーは録画していたし、彼女のフォトエッセイ集「空のソムリエ」も購入するほど熱を上げていたので、残念すぎる結末だった。彼女は今、元気でいるのだろうか?心配でならない。 血液型はA

     彼女は今、どうしていうのかというと、以前お天気キャスターとして勤務していた静岡県で静岡県警の刑事さんと交際し、半同棲生活を送っていることが「文春」の記事で明らかにされた。

     関連記事はコチラ http://nhk-jyoshi.club/archives/376

      松村沙友理

     2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった。2014年10月、週刊文春によって、私生活でナンパされた、妻子ある一般男性との路上チューなどの不倫スキャンダルを報じられた。アイドルのこの軽率行為は前例がなく、自覚もなければファンの心情を逆なでするものだった。
     しかし、乃木坂46の所属事務所は、他のメンバーには処分を下したが、松村沙友理には、なぜか処分を下さなかった。それが尾を引き、松村沙友理は未だに悪いイメージをもたれている。
     アイドルはファンの存在を常に考え、好奇心だけでこのような軽率な行動は厳に慎んで貰いたい。応援してくれる少年の気持ちを弄んでいるのと同じだ。アイドルならアイドルらしく自覚を持った行動をしてもらいたい。私生活をとやかく言われたくないなら、芸能人でいる必要はないのだ。衆人環視の身の上であることを常に意識して貰いたいものだ。

     血液型はB

     ベッキー

     「バラエティ番組の女王」という立ち位置を確立し、彼女をテレビで見ない日はないほどだった。司会業も器用にこなし、男女を問わず人気が高かった。芸能人同士の人間関係もそつなくこなし、周囲の信望も厚く、友人も多かった彼女。
     それが「ゲスの極み乙女」のヴォーカルとの不倫を週刊誌「文春」にすっぱ抜かれ、状況が一変。彼女は活動停止に追い込まれた。活動宿自粛中にもSNSでの反省していないかのようなコメントが掲載され、窮地に追い込まれている。「不倫は文化」などとのたまった芸能人がかつていたが、芸能界はコンプライアンスに疎く、規範意識も薄い。覚せい剤などの麻薬、不倫、泥沼離婚などの不祥事が多すぎる。反省もないまま、いとも簡単に復帰できてしまう甘すぎる世界だ。

     血液型はAB

     さて、こうしたSNSにおいて、あまり個人の批判や中傷的な掲載は好ましくないが、芸能人はテレビで顔を売ってナンボの世界で、一般社会に与える影響は大きいため、そうした不始末が二度と起きないことを祈念して掲載した次第だ。
     特に、若い世代の不祥事は致命的になるケースが多く、二度とテレビに出演できないばかりか、街を歩いていても後ろ指を差されるケースが多々ある。そうした前途洋洋の若い世代の芽を摘み取ることは残念至極だ。
     だからこの記事をご覧になったファンの方は不快に思わず、再発防止の啓蒙としていただきたい。

    記事作成:平成27年7月9日(木)~平成28年4月

    2016年5月 7日 (土)

    芸能人の身内に起きた悲劇

      芸能界は派手で華やかな世界だが、その一方で陰の部分がある。そこにはタブー視されるような悲劇に見舞われた事件に遭った方や身内と突然の別れを突きつけられた凄惨な出来事に耐えながら、その悲しみを隠して、それを乗り越えながら現在も活躍されている方も多い。
     今日はあまり知られていないかもしれないが、そうした方々にスポットを当てたい。ただし、決して冷やかしなどで心情を逆なでする意図はないことを予めお断りしておきたい。

     近藤真彦の実母の遺骨盗難

     マッチこと近藤真彦の実母は、不慮の交通事故によって急逝された。しかし、卑劣にも心無い人間の手によって遺骨が盗まれるという事件に巻き込まれた。
     恨みつらみでこのような犯行に及んだ犯人は、マッチにその年の紅白を辞退するよう脅迫してきた。この卑劣な犯罪は、ご本人にとってどんなに辛いことかしれない。精神的な苦痛を味あわせようという悪意は絶対に許されるものではない。
     遺骨盗難は、あの王貞治氏の奥さんにも起きてしまった。身代金目的誘拐と同犯で、非人道的な愚劣な犯行だ。

      マッチは私と同い年。高校時代は、私自身、彼に顔立ちが似ていたことから、よく彼と間違われて声を掛けられたり、写真を撮られたりした。彼がのめり込んだ自動車レース。その車が彼のお母さんの命を奪い、それだけでショッキングで辛い出来事だったのに、あろうことか墓から遺骨を盗むなど、絶対にあってはならぬこと。犯人はなんの目的でこんな非人間的な振る舞いをしたのか、彼に相応の恨みでもあったのか、理解に苦しむ。

     安室奈美恵の実母殺害事件

     1999年3月17日午前10時40分頃に歌手の安室奈美恵(当時21歳、以下安室と表記)の実母(当時48歳)が義理の弟(当時44歳。安室の叔父にあたるが、安室の実母の再婚相手の実弟であるため、安室との血縁関係はない)に車で轢かれた後にナタで殴られる事件が発生。実母は病院に搬送されたが午前11時50分頃に死亡が確認された。殺害を犯した叔父は事件から4時間後に山中で死亡しているところを発見された。農薬による服毒自殺だった。

     このような辛い出来事に見舞われても、その後、彼女はシンガーとして活躍されている。1990年代には「アムラー」としてファッションリーダーとなり、少女たちにとって「神」だった。ダンスも素晴らしいが、歌唱力も群を抜いている。彼女自身、私生活では、離婚してシングルマザーとしても頑張っている。そうした悲運や不幸に遭ってもファンの前で懸命に歌い続ける彼女は真の「歌姫」だ。

     風見慎吾愛娘交通事故死

     タレント風見しんご(44)の長女で、東京・世田谷区立桜町小5年の大下えみるさん(10)が2007年1月17日午前8時8分ごろ、同区中町4丁目の都立園芸高裏交差点で、右折しようとしたトラックにはねられた。えみるさんは病院に搬送されたが、頭がい底骨折で死亡した。えみるさんは通学途中で、青信号の横断歩道を渡っていた。関係者によると、ダンサー志望だったえみるさんは自慢の娘で、子煩悩な風見はショックで泣き崩れているという。警視庁玉川署は、業務上過失傷害の現行犯で、トラックを運転していた埼玉県所沢市の会社員加藤雅哉容疑者(22)を逮捕した。

     風見は、えみるさんとともに、夜になって搬送先の病院から都内の自宅に戻った。朝、元気に出掛けたはずだったが、約12時間後の悲しみの帰宅となった。学校関係者によると、風見夫妻は「うちの子には何の非もないのに、なんでこんなことになるのか。なんでこんなことに…」と、娘を失ったショックで病院では立っていることもできず、床に泣き崩れていたという。

     欽ちゃんファミリーはこの時期、不幸が相次いだ。小西博之ががんを公表し、清水由貴子が過酸化水素による自殺、そして風見慎吾にも・・・。気の毒としか言いようがない。

     高島忠夫の長男殺害事件 

     1964年8月24日の未明、東京都世田谷区上野毛に在住の俳優・高島忠夫方より警察及び消防へ「息子が風呂に沈められ、部屋が荒らされている」との通報があった。

    同日午前2時40分頃、高島宅に住み込みで働いている女中Aが「長男(高嶋道夫・生後5カ月)の姿が見当たらない」と高島夫妻に連絡し、ただちに高島夫妻(高島忠夫・寿美花代)と女中Aが家中を探し回った。室内は物色されており、風呂場できちんと蓋の閉まった風呂桶の中に沈められている長男が発見されて大騒ぎとなった。警察や消防への通報と共に、長男はただちに自宅近くの小倉医院へ搬送されたが、既に心肺停止状態であり、人工呼吸などが試みられたが助からなかった。

     幸福そうで、典型的な仲の良い家族に見える高島ファミリーだが、実は政宏、政伸兄弟には、一番上の兄がいたのだった。しかし、事件の真相は、その長男が生まれてすぐ、嫉妬した10代の家政婦によって無残にも殺害されたのだった。
     誕生したばかりの愛息を殺された高島・寿美夫妻の悲しみは計り知れないものだったに違いない。

     森進一の母親自殺

     1972年(昭和47年)、森の狂信的なファンの女性から婚約不履行、未成年者略取で告訴された。実際には女性の主張していた内容は全くの狂言だったが、彼女がそうした妄想にとらわれるようになったのは、以前病気療養中の森の母を見舞った際に母から親切に対応されたのがきっかけだった。このことを苦にした母は翌1973年に自殺。山口地裁が森の全面勝訴を言い渡したのはその半年後だった。

     こうした経緯を知って、「おふくろさん」を聞くと、身につまされるものがある。息子への冤罪がもとで母親が悲観して自ら命を絶った非業の死。狂言を行った女性に責任はないというのか・・・。残念でならない。

     明石家さんまの弟焼死

     1983年に家の火事で当時19歳の弟さんが亡くなっている。火事になった時に、お婆ちゃんの位牌を取りに行って焼死したということでした。心無い週刊誌が自殺したとよからぬ噂から記事を掲載した。

     お笑い怪獣との異名をとった明石家さんまも、生まれてすぐに実母を亡くすなど、苦労が絶えなかった。だから今、そうした暗い過去や不幸を払しょくするために、一生懸命笑いで自分自身を奮い立たせている。

     美空ひばりの家族に相次いでふりかかる不幸

     1981年に実母・喜美枝が転移性脳腫瘍により68歳で死去。また、父親の代わりを担っていた田岡一雄も相次いで亡くなった。1982年に「三人娘」以来の良きライバルで有り、大の親友だった江利チエミが45歳で急死した。1984年は「銭形平次」を18年間主役を演じ、同番組の最終回にひばりが特別出演するなど親交のあった大川橋蔵も55歳で死去した。さらには、ひばりの2人の実弟だった、かとう哲也(1983年)と香山武彦(1986年)まで、共に42歳の若さで次々と肉親を亡くすという悲運が続いた。

     彼女ほど表と裏の世界が明確だったスターはいない。表向きは、幼少の頃から華やかなスポットに包まれてスーパースターの道を歩んで来たが、その代償ではないが、私生活では不幸が相次いでいた。そんな出来事をおくびにも出さず、真剣に歌と向き合い、身体がぼろぼろになってもステージに立ち続けた彼女の姿に敬意を表さずにはいられない。

     さて、一見華やかな芸能界に身を投じ、身を立てて売れっ子になった方々にも、陰ではこうした不幸があったことをご存知でしたか?家族が亡くなるというのは精神的なショックは大きく、それでも心の傷が癒えぬうちに、仕事に復帰し、ファンの前では涙や悲しみを見せず、精一杯舞台に立ち、カメラの前で笑顔を浮かべ続ける。
     親の死に目に会えないことも多い。ファンはそうした事情をすべて理解した上で声援を送り続ける。
     芸能人は衆人環視でプライベートも変装をしなければ街歩きもできない。SNSでいつバレるかわからない厳しい生活の中で、心休まるひとときも欲しいに違いない。
     今日紹介した方々は、皆、一流芸能人の方々だが、人知れず悲しみを乗り越えて現在もファンや世間の前に立ち続けていることを理解していただきたい。

     記事作成:4月25日(月)~29日(金)

    2016年5月 5日 (木)

    福島県内で富士山が見えるスポット

     福島県から約250km離れた場所に「世界遺産・富士山」はある。肉眼では到底見ることが難しいと思われがちだが、気象で好条件が整えば、誰にでも見ることができるという。しかもそれは一カ所ではなく、複数あるという。もちろん「吾妻小富士」などと冗談を語るつもりは毛頭ない。
     そこで今回は、夢のある話で、「福島県内から富士山が拝めるスポット」をお送りしたい。

     1 朝日山(いわき市)

     https://www.youtube.com/watch?v=v0Gpmuhcd6o

     2 三株山(みかぶやま:古殿町)

     実際に拝んだ方のブログはこちら

     http://blogs.yahoo.co.jp/legacykoji/10674589.html

     http://ameblo.jp/ujiujiuji1919/entry-11402554171.html

     http://hukushimaniumarete.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

     3 八溝山

     https://www.youtube.com/watch?v=RWgEawG6rR8

     この山から見える東京スカイツリー

     

     4 犬仏山

     5 花塚山(川俣町)

     https://www.youtube.com/watch?v=QuCUx3dEVOs

     6 日山(岩代)

     http://hukushimaniumarete.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

     http://www.k3.dion.ne.jp/~mlb/hanfree/kitafj/fujin.htm

     http://www.geocities.jp/ybbtom_ono/page005001.html

     7 麓山(羽山)

     http://yamayama.jp/towahayama/towahayama.htm

     http://shironeko.world.coocan.jp/hiyama.htm

     さて、いかがでしたか?意外や意外。本当に富士山が望めるスポットが我が福島県にも複数存在していたのだ。富士山がくっきり見えるのは、11月から2月頃の「とびっきり」視界の良い朝と夕時だ­けなのだそうだ。

     http://www.digibook.net/d/2a958757b01cb098f6fdb156aaa4fdcb/

     他にも須賀川市郊外からでも拝める。

     かつては、福島県の日山が富士山が見える最北限だった時があった。それが今では川俣町の花塚山と言われている。
     それにしても本当に「夢のような話」だと思う。福島県にいながらにして比較的高い山に登り、他の山脈に遮らない直線距離で富士山頂が拝めるなどと考えもしたことはなかった。それが現実に自分の目で確かめられたら・・・。今や「世界遺産」。福島県には国宝すら1軒しかないのが実情。それを250km彼方とはいえ、世界遺産が拝めるかもしれないのであれば、空気が澄んだ晴天を狙ってぜひ「富士ウォッチング」にチャレンジしてほしいと思う。

     記事作成:4月23日(土)

    2016年5月 2日 (月)

    手作り世界遺産もどき

     実物の何分かの1のスケールで精巧に再現されているミニチュア世界遺産が日本中に点在している。その最たるものは、栃木県鬼怒川市にある「東武ワールドスクエア」だ。しかし、個人で長い歳月を費やして地道に作り上げたミニチュアのジオラマが多数実在するのをご存知でしょうか?今日のテーマはそんな日本全国に散らばる「手作り世界遺産もどき」を紹介したいと思います。

     1 富士山

    Img_1050_r Img_1046_r

     以前、当ブログで紹介したが、この富士山のミニチュア版は福島県内に存在する。しかも一個人が自作したもの。山梨県在住時に毎日見ていた富士山に心惹かれ、福島県に移住後、なんと自宅敷地(庭)に自力で製作してしまった。
     その話題の富士山は磐越自動車道の三春・船引ICに南側にある。高さ5~6mほどだが、それでも富士山らしい威容を誇る。製作した当初は、テレビ取材が殺到した。
     世の中にはいろいろなことに興味を持ち、実践している方が大勢いるが、ここまで魅せられるからには筋金入り。

    http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/10069/honkisyumi_002/

     2 姫路城

    Himeji Himeji2

     国宝にして世界遺産になった姫路城。通称「白鷺城」。日本で最も美しく、巨大な城だ。その話題の城は、兵庫県姫路市ではなく、なぜか三重県伊勢市に存在する。これをひとりで製作したのは村井さん。
     中学2年生の時、雑誌で見た美しい城の写真と付録の模型に感動。「大人になったらもっと大きいものを作りたい」――。47歳で夢を実行に移す。近くに民家や電信柱がなく、山が見えるという条件を満たした土地を3年かけて探し、19年の歳月を経て、23分の1スケールの、築城当時の姫路城を再現。「特に後半は取り憑かれたようだった。これを作るために生まれてきたのかも」と井村さん。特に意識はしていなかったが、偶然にも本物とほぼ同じ方位で建てていた。そして気になる製作費用は、なんと本物の家が一軒建つほどの1,800万円を投じた。
      ここまで来ると巨額の私財投入だけでなく、製作に人生を捧げている。道楽というより、男の浪漫をとことん追求しているが、奥さんや女性には理解しがたいところだと思う。
     それにしても個人でここまで精巧に築くとは、芸術的センスや美的感覚、そして根気強さと、普通の人間には真似出来ない。

    http://dot.asahi.com/photos/photogallery/archives/10069/honkisyumi_001/

     3 日光東照宮

    Nikkou Nikkou3

     こちらも豪華絢爛な陽明門を始め、世界遺産に認定される観光名所。しかし栃木県日光市にある本家に対し、その自作ミニチュアはどうしたことか飛騨高山市に存在する。しかもそれは老舗旅館の中にある。こちらはよくあるジオラマ模型だ。

     http://www.hidahachimangu.jp/yataikaikan/nikkoukan.html

     http://kankou.city.takayama.lg.jp/2000002/2000026/2000206.html

     <蛇足> 

     安土城(幻の名城)

    https://www.youtube.com/watch?v=8XmiRsS2zC4

     今回のテーマから外れるが、これは今は実在しない幻の城で、世界遺産にも認定されてはいない。しかし、図面や設計図も残されておらず、謎多きこの城が、地方自治体の手で再現されている。
     それは安土城が実際にあったとされる滋賀県の琵琶湖東岸ではなく、なぜか伊勢志摩。織田信長が築城してとされるが、僅か1年で焼失した謎多き幻城だ。
     これは「伊勢桃山文化村」内にある。しかもミニチュアではなく、原寸大と謳っている。設計図も図面も残されていないのに、どうやって再現したかは定かではない。

     http://www.ise-bunkamura.co.jp/azuchi.html

     さて、今日はこのようなテーマでお送りしましたが、これらはもはやプラモデルとか模型というような類ではない。私財を投じ、大掛かりな仕掛けと長い歳月をかけて作り上げた芸術品と言えるだろう。その熱意も凄いが、最後まで完成させた努力にも脱帽せざるを得ない。世の中、いろんなことに興味を抱き、首を突っ込んでいる方やひとつのことに固執し、どえらいものを築き上げる人がいたものだ。

     最後は、当然のように45もの世界遺産を忠実にスケールダウンして再現している「日光東部ワールドスクエア」を紹介したい。

     記事作成:4月23日(土)~24日(日)

    2016年5月 1日 (日)

    福島遺産百選

      4月25日、日本遺産に「会津三十三観音巡り」と郡山市の「安積疎水事業」が選ばれた。

     福島県にも、2007年に「福島遺産」なるものが百箇所選ばれ、認定された。これは福島民友が主体となって制定した観光誘致目的の意味合いが濃い。

     その選定の目的と趣旨は以下の通り(みんゆうNetから引用)

     「あなたが選ぶ『福島遺産 百選』」選定事業で、県内60市町村のふる里の誇りである「福島遺産」120件が30日、決まった。同事業は福島民友新聞社が、全国に誇る美しい自然や歴史、文化、建造物など本県が有する「宝」を全国に発信、地域の活性化につなげるため、県、県教委などの後援で進めてきた。「福島遺産」には全国区となった花見山(福島市)をはじめ鶴ケ城(会津若松市)や白水阿弥陀堂(いわき市)、須賀川の松明あかし(須賀川市)など自然景観や伝統行事、歴史的建造物が名を連ねた。   福島遺産は当初、100件を選定する計画だったが、本県には数多くの「宝」があることから枠を広げ120件とした。  地域別にみると、浜通りが23件、中通りが57件、会津が40件。各地域に占める市町村数に配慮した地域バランスの取れた結果となった。

     では「福島遺産百選」を掲載し、私が訪れた場所は朱色で塗りつぶしたい。ぜひ福島観光の参考にしていただきたいと思う。

  • (1)吾妻連峰(福島市、猪苗代町、北塩原など
    (2)鹿狼山と新 地貝塚(新地町)
  • (3)宮畑遺跡(福島市)
  • (4)喜多方の蔵群(喜多方市)
    (5)土湯こけし (福島市)
    (6)松川浦(相馬市)
  • (7)荒川の清流とかすみ堤(福島市)
  • (8)飯豊連峰(喜多方市、西会津町)
  • (9)信夫文知摺 (福島市)
    (10)相馬中村神社(相馬市)
    (11)阿津賀志山防塁(国見町)
    (12)福満虚空蔵尊円蔵寺と七日堂裸まいり(柳津町)
  • (13)旧伊達郡役所(桑折町)
    (14)大堀相馬焼(浪江町)
  • (15)半田山(桑折町)
  • (16)新宮熊野神社長床(喜多方市)
  • (17)霊山(伊達市)
    (18)大尽屋敷跡(葛尾村)
  • (19)コスキン ・エン・ハポン(川俣町)
  • (20)願成寺の仏像群(喜多方市)
  • (21)頭陀寺回転輪蔵(川俣町)
    (22)天神原遺跡(楢葉町)
  • (23)霞ヶ城と二本松の菊人形(二本松市)
    (24)大山祇神社(西会津町)
    (25)二本松のちょうちん祭り(二本松市)
    (26)勿来の関 (いわき市)
    (27)安達太良連峰(二本松市など)
    (28)立木千手観音(会津坂下町)
    (29)白河だるま(白河市)
    (30)信夫山と暁まいり(福島市)
    (31)一の戸橋梁(喜多方市) 
    (32)上川崎和紙(二本松市)
    (33)清戸〓( さく)横穴(双葉町)(〓は「廴」と「白」の合わせ字)
    (34)智恵子の生家(二本松市)
    (35)裏磐梯湖沼群(北塩原村)
    (36)安達ケ原黒塚(二本松市)
    (37)三島の三月節供と雛流し(三島町)
    (38)熊川稚児鹿舞(大熊町)
    (39)岩角山(本宮市)
    (40)安積疏水 (郡山市)
    (41)白水阿弥陀堂(いわき市)
    (42)安積歴史博物館(郡山市)
    (43)雄国沼湿原(北塩原)
    (44)背戸峨廊 ・夏井川渓谷(いわき市)
    (45)猪苗代湖(猪苗代町、郡山市、会津若松市)
    (46)つつこ引き祭り(伊達市)
    (47)常磐炭田遺産群(いわき市)
    (48)花見山(福島市)
    (49)野口英世の生家(猪苗代町)
    (50)開成館(郡山)
  • (51)豊間海岸と塩屋埼灯台(いわき市)
  • (52)天鏡閣と 県迎賓館(猪苗代町)
    (53)あぶくま 洞・入水鍾乳洞(田村)
    (54)波立海岸の植物群(いわき市)
  • (55)三春張子人形と三春駒(三春町・郡山市)
  • (56)水原のクマガイソウ(福島市)
  • (57)木幡の幡祭り(二本松市)
    (58)磐梯山( 猪苗代町、磐梯町、北塩原村)
    (59)須賀川の松明あかし(須賀川市)
    (60)今出川、北須川の桜(石川町)
    (61)飯野堰堤公園(飯野町)
  • (62)夜の森桜のトンネル(富岡町)
    (63)馬場桜(大玉村)
    (64)三春滝桜 (三春町)
    (65)夏井の千本桜(小野町)
    (66)鶴ケ城( 会津若松市)
    (67)須賀川牡丹園(須賀川市)
    (68)風呂山公園の山ツツジ(塙町)
    (69)慧日寺跡 (磐梯町)
    (70)土湯男沼 ・女沼(福島市)
    (71)稚児田楽風流(いわき市)
    (72)沼沢湖(金山町)
    (73)比曽の水芭蕉群生地(飯舘村)
    (74)矢祭山(矢祭町)
    (75)飯野八幡宮(いわき市)
  • (76)伊佐須美神社(会津美里町)
    (77)会津の伝統工芸・民芸(会津若松市)
    (78)じゃんがら念仏踊り(いわき市)
    (79)桧枝岐歌舞伎(桧枝岐村)
    (80)熱塩加納のヒメサユリ群生地(喜多方市)
    (81)浅見川の浜下り神事(広野町)
    (82)会津の酒蔵群(会津若松市)
    (83)岩瀬牧場 (鏡石町)
    (84)空也念仏踊り(会津若松市)
    (85)照島とウの生息地(いわき市)
    (86)一字蓮台法華経開結共・龍興寺(会津美里町)
    (87)乙字ケ滝 (須賀川市・玉川村)
    (88)御薬園(会津若松市)
    (89)白河提灯まつり(白河市)
    (90)飯盛山とさざえ堂(会津若松市)
    (91)南湖公園 (白河市)
    (92)大内宿と下野街道(下郷町)
    (93)羽鳥湖(天栄村)
    (94)会津本郷焼(会津美里町)
    (95)山鶏滝(平田村)
    (96)駒止湿原(南会津町、昭和村)
    (97)鹿角平(鮫川村)
    (98)旧南会津郡役所(南会津町)
    (99)泉崎横穴 (泉崎村)
    (100)田島祇園祭(南会津町)
    (101)代畑の 汗かき地蔵(中島村)
    (102)七日町通り(会津若松市)
    (103)南須釜の念仏踊り(玉川村)
    (103)滝八幡の三十三観音磨崖仏群(矢吹町)
    (104)平伏沼のモリアオガエル(川内村)
    (105)塔のへつり(下郷町)

    (107)八溝山と久慈川渓谷(棚倉町、塙町、矢祭町)
  • (108)相馬野馬追(南相馬市、相馬市、浪江町)
  • (109)藤沼湖自然公園(須賀川市)
  • (110)奥会津のブナ林(只見町、桧枝岐村、金山町)
  • (111)白河の関(白河市)
  • (112)只見の民具(只見町)
  • (113)阿武隈川源流域(西郷村)
  • (114)八槻都々古別神社(棚倉町)
    (115)古殿八幡神社の流鏑馬(古殿町)
    (116)昭和のからむし織(昭和村)
  • (117)浅川の花火
    (118)田子倉湖(只見町)
    (119)勝常寺の仏像群(湯川村)
    (120)尾瀬(桧枝岐、南会津町)
  •  なぜか106位が欠落している。震災で崩落して取り消しになった可能性がある。

     参考資料

    http://www.minyu-net.com/tourist/isan2007/

     さて、福島遺産百選を見てきたが、実際は119カ所認定されている。福島県在住48年目の私だが、45箇所しか訪れていないのは情けない。それほど福島県は広大な面積を有していることにほかならない。何せ日本で3番目に大きいわけだから、すべて巡るのは無理からぬこと。でも残りの半生で自分が生まれ育ち愛した故郷を隅々まで自分の足で歩いてみたいという希望は持ち続けたいと思う。

     記事作成:4月26日(火)~4月29日(金)

    « 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ