2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 日本最果ての地の不思議 | トップページ | 笑っちゃう動画集 »

2016年5月29日 (日)

昔の青春ドラマの定番

 最近は青春学園ドラマがめっきり少なくなった。シリアスな教育問題ばかりが取り上げられ、若い時分の仲間意識や友情や絆、若者特有の悩みや挫折、泥臭さといった部分が少なくなった気がする。イケメンばかりがクローズアップされるのも良くない。人間の本質や内面の泥臭さがあまり感じられない。
 そこで今回は、1970年代から80年代に全盛を迎えた学園もののドラマで、特に印象深いものをピックアップしたい。オープニングやエンディング映像だったり、「若さの象徴」や「青春時代の絆」を描いた作品をセレクトしたい。

 1 俺たちの旅 オープニング&エンディング「ただおまえがいい」

https://www.youtube.com/watch?v=ptVxGZz2hak

 中村雅俊が70年代の青春ドラマの象徴だった。男くささや人間臭さをそのまま味としてさらけ出した。学園ドラマではないが、20代の若者が陥る葛藤を人間関係を通して乗り越えていく様を実像として取り上げた。

 2 ゆうひが丘の総理大臣のオープニング&エンディング「海を抱きしめて」

 教師役に中村雅俊、由美かおる、神田正輝、生徒役に井上純一と藤谷美和子のコンビが定番で、そこに妹役で岡田奈々、そして女性教師役も番組ごとに変わっていった。
 エンディングの最後に流れるあいだみつを張りの短い抒情詩が泣かせる。

 3 ただいま放課後

 たのきんトリオが活躍していた1980年頃の青春ドラマ。必ず部活動と結び付けている。 マッチの人気とりのようなドラマだった。教師役に寺泉哲章(チョロ)、本田博太郎(ドンガメ)、女教師役に秋野暢子、荒木由美子、婦人警官役に古手川祐子、生徒役に田原俊彦や川島なお美を配した。オープニング映像は、躍動感そのもの。
 この動画は著作権の関係ですぐび削除されてしまう傾向があるのでご容赦を。

 記事作成:5月5日(木)~

« 日本最果ての地の不思議 | トップページ | 笑っちゃう動画集 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ