2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2016 セ・リーグチームの血液型比較 | トップページ | 郡山の魅力再発見!35~郡山の発展に寄与した人物~ »

2016年6月 8日 (水)

2016 パ・リーグチームの血液型比較

  昨日に引き続き、プロ野球チームの主力やスタメン選手たちの血液型から、そのチームの特徴を検証しようというこのテーマ記事をお送りします。本日は、今や実力だけでなく、セ・リーグを凌ぐ人気のパ・リーグを取り上げたい。血液型のバランスでいかにチーム事情が異なるのか、その傾向を探るものだ。ではさっそく見て行きたい。

<パ・リーグ>

 ソフトバンク

 1 中村  O型   5 長谷川 AB型   9 本多 O型
 2 今宮  O型   6 松田    O型
 3 柳田 AB型   7 城所    B型
 4 内川  B型   8 鶴岡    A型

 DH制のパ・リーグでは、スタメン9人が野手だが、なんとソフトバンクはO型だらけ。4人がO型でB型とAB型が2名ずつ。日本人の4割近くを占めるA型はたったひとり。これは、監督の工藤がO型で、それゆえ選手はO型とB型を中心に配置する典型例。怪我や故障が多かったり、変に真面目でプレッシャーに弱いことと、PR不足のA型を嫌ってしまうからだ。 
 主な主力投手

 A型 千賀、東浜、森福、寺原、森
 O型 和田、松坂、摂津、岡本
 B型 武田
AB型
 不明 バンデンハーク、サファテ、スアレス

 エース級はO型が多い。A型の投手は多いものの、好不調の波が激しく、故障も多い面々

 ロッテ

 1 岡田    O型    5 角中  A型   9 中村 A型
 2 高濱    A型    6 井上  A型
 3 清田    A型    7 鈴木大 O型
 4 デスパイネ ?    8 吉田  O型
                         
 主な主力投手

 A型 大嶺、石川、涌井、内、西野、南、香月
 O型 唐川、松永、二木
 B型
AB型 藤岡

 ロッテはO型のバレンタイン監督時代には、選手はO型とB型だらけだった。同じO型の伊東監督は、スタメンのB型はゼロ。パワーヒッターの多いO型と小技が利くA型という配置。主力投手はB型がゼロと言う怪奇現象。主力投手の大多数がA型。珍しい配置。

 日本ハム

 1 陽   A型      5  近藤  O型   9 中島  A型
 2 西川  A型       6 レアード ?
 3 田中  O型         7 谷口  B型
 4 中田  O型        8 大野  O型
 
 主な主力投手

 A型 増井、谷元、齋藤
 O型 宮西、井口、吉川、榎下
 B型 大谷、高梨
AB型 加藤、有原
 不明 メンドーサ、バース、マーティン

 緻密で管理野球を徹底するA型監督の栗山は、主力投手はO型を多く配置。しかしスタメンは、クリーンナップをO型で揃え、小技のA型を1・2番に据えた布陣。A型監督にとって扱いづらいB型は少ない。

西武

 1 秋山  A型    5 浅村  O型     9 外崎  O型
 2 栗山  O型    6 坂田  A型  
 3 メヒア  ?     7 山川  A型
 4 中村  O型    8 岸谷  O型
 
 主な主力投手

 A型 岸、野上、藤原、小石、牧田、武隈
 O型 十亀
 B型 菊池、高橋
AB型 増田、
 不明 郭、バスケス、C.C.リー

 O型の田邊監督は、主戦級投手にA型を揃えている。なぜかO型が極端に少ない。しかし、打線はO型とA型に綺麗に分類できる。やはりスラッガーはO型に限るようで、動体視力に優れているために長打力にかけてはO型にはかなわないようだ。しかし、楽天家のB型がスタメンに一人もいないのが気になる。プッシャーに強いB型を置かないと、変化が無くなる。

 楽天

 1 岡島   B型   5 今江 B型    9 嶋  A型 
 2 銀次   A型   6 茂木 O型
 3 松井   O型   7 ゴームズ ?
 4 ウィーラー ?   8 藤田 O型
 
 主な主力投手

 A型 則本、松井裕、塩見、濱矢、釜田、安楽、横山、辛島
 O型 美馬、
 B型 戸村、金刃、青山、福山
AB型
 不明 プリガム、ミコライオ、

 監督はA型の梨田。面白いことに、投手陣の編成はA型が圧倒し、ついでB。O型とAB型はほとんどいない。梨田監督は、同じA型だった仰木監督とイメージがダブる。

 オリックス

 1 吉田   B型   5  ボグセビック ?    9 西野 O型
 2 小谷野  O型   6 中島     A型
 3 糸井   A型   7 T-岡田    B型 
 4 モレル  ?    8  伊藤     B型
 
 主な主力投手

 A型 吉田一、岸田、近藤
 O型 平野、金子、東明、塚原
 B型 松葉、佐藤達、西、梅田
AB型
不明 ディクソン

 O型監督の福良は、エース級はO型、そして敵を欺く技巧派のB型を多く配置。オリックスはスタメンにB型が多い。A型とO型は2人ずつ。小谷野の2番は疑問だが、T-岡田が7番を打つオーダーはかなり贅沢。中島は3番タイプだと思っている。西武時代は良かったが、やはりメジャーに行ってダメになった典型パターン。

 選手起用やスタメンの配置など、チームの血液型の傾向によって、味があるというか、チームカラーも異なって見える。私は名球会のメンバーを見ると、野球はO型とB型の世界と見ている。この血液型の傾向も、プロ野球の見方、楽しみ方のひとつにしてもらえると異なる視野で観戦できると思う。

 記事作成:5月18日(水)

« 2016 セ・リーグチームの血液型比較 | トップページ | 郡山の魅力再発見!35~郡山の発展に寄与した人物~ »

血液型」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ