2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

2016年6月期のCMベスト5

 昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、今年からは毎月末に傑作CMを5作品ずつ紹介しています。

 1位 「アイプリモ」

 “プロポーズの本質的な素晴らしさをお届けしたい″
そんな願いをこめて、婚約指輪を贈りプロポーズをする瞬間、 される瞬間の緊張感や喜びを表現しました。楽曲は本CMのために書き下ろされたオリジ­ナルソングです。

内容:思い出の場所でもある横浜で1日デートをしていたふたり、日が暮れる頃、男性は­意を決して彼女にプロポーズ。30秒verは男性篇・女性篇を合わせた内容です。

 2位 「かっぱ寿司」

2016年6月3日~19日開催の「彩り貝三昧」TVCMです!CMも期間限定。

 3位 「カルピスウォーター」「青春と花火」編 30秒 永野 芽郁 2016年   

 

 夏の定番CMと言えばこれ。かつては長澤まさみ、川島海荷、能年玲奈らが出演した。

 ”ぜったい、いい夏に、しよう。” カルピスウォーター
彼女が高校最後の夏に友だちと見たかったものは、とっておきの場所から見る花火でした­。
 “青春”のように一瞬に美しくきらめく「花火」を通して、“ぜったい、いい夏にしたい­”と思うまっすぐな姿を、永野芽郁さんが爽やかに演じます!

出演者:永野芽郁(ながの めい)
曲名:宝石になった日  歌手名:BUMP OF CHICKEN

 4位 「ベネッセ進研ゼミプラス」

 今年ブレイク必至のジュニアモデルが「泉口美愛」。

 2003年1月26日生まれ みずがめ座 兵庫出身 中学2年生。血液型はA

 昔、「おニャン子クラブ」にいた会員番号No.14の富川春美に似ている。

 5位 「LOVE DISH #愛してるをカタチにしよう 」

 6月は「ジューンブライド」。花嫁の幸せがクローズアップされる中で、花嫁の父親の心情や家族の寂しさに焦点を当てた秀作CM。

 記事作成:6月中

2016年6月28日 (火)

郡山の魅力再発見!37 ~郡山の魅力的な建造物~

 今回はこれまで当ブログでなかなか紹介できなかった魅力あふれる郡山の建造物にスポットを当てたいと思う。それはやはり古い時代の建物が多い。自分の年齢よりも前に建てられた歴史と格式あるものにノスタルジーを感じるからだ。

 これまで当ブログで紹介した建造物は以下の通り

 1 郡山市公会堂
 2 聖パウロ教会
 3 福島県合同庁舎
 4 福島尋常中学(安積高校)
 5 開成館
 6 静御前堂
 7 寺社(安積国造・如宝寺・開成山大神宮など)
 8 高屋敷稲荷神社
 9 東北歯科専門学校

 今回取り上げるのはコチラ

 1 細沼教会

Hosonuma_church
Hosonuma

 震災で外壁にヒビが入るなどの大規模損壊となった。しかし、その後、修復された。

 2 東日本大震災復興記念土塀(開成二丁目)

Dobei

 3 財団法人 郡山高等厚生学院准看護師高等専修学校(清水台)

Koriyamajyunkango

 平成24年4月1日に、郡山医師会(財)郡山高等厚生学院郡山准看護師高等専修学校は法人合併を行い、「郡山看護専門学校」として発足。新校舎も亀田に新築移転した。

 4 阿部家住宅(磐梯熱海温泉)

Abeke

 郡山の奥座敷、磐梯熱海温泉街の一角に建つ大きな古民家である。ここは、江戸時代から若松屋という旅館を営んでおり、幕末新選組の土方歳三や明治の有栖川宮などが宿泊した歴史のある旅館で あった。
 現在は住居として使用されており、茅葺は鋼板で覆われているが、白壁の二階建と外塀は威風堂々としている。

 5 旧郡山尋常小学校(現・金透小学校)

 明治8年(1875)に建てられた擬洋風建築で、明治9年(1876)に明治天皇東北御巡幸に随行し当地を訪れていた木戸孝允によって「金透学校」(朱子語録:陽気發處金石亦透、 精神一到何事不成、から)と名付けられました。

 郡山にも由緒ある伝統的な建造物が数多く存在する。それが明治時代に建てられた格調あるものだったりすると、いやがうえにも時代の香りを感じさせる。そういう建物に侘び寂びを感じ取ったり、歴史に触れたりするのは自分も歳をとった証拠。
 しかし、わが街、郡山にもまだまだ知られざる魅力溢れる建物があることを知っていただき、訪れてほしいと願う。時代絵巻や歴史ロマンを感じることうけあいだ。

 記事作成:6月5日(日)

2016年6月26日 (日)

郡山の魅力再発見!36~郡山の情報誌~

 当ブログでも郡山の魅力を伝えてきたつもりだが、我が郡山には老舗の情報誌や街の旬な話題を提供してくれているフリーペーパーやタウン誌が多数存在する。今回は、そうした郡山の魅力を存分に紹介してくれる情報誌を取り上げたい。

 ① 月刊こおりやま情報

 郡山市のタウン情報誌「こおりやま情報」は、グルメ、スイーツ、飲食店、映画館、 イベント、結婚式場など情報満載!確か私が高校生時分に創刊された。美味しい店や開店情報はもちろん、恋愛メッセージコメントや探しもの、Q&Aなどの情報交換ページ、様々な生活に役立つ情報が満載のタウン誌。ジャン別の食に関する別冊を不定期に出版している。

 編集元はケイシイシイ株式会社
 福島県郡山市中町14-19 《〒963-8004》. TEL: 024-922-3131 / FAX:024-922- 3138

 http://www.koriyama.co.jp/

 一世を風靡した「こおりやまJOHO」のCMはコチラ(2つ目のCM)

 

 ② リビング郡山

 女性がつくる女性のための新聞型の生活情報紙です。
 新聞創刊 昭和59年9月11日 
 発行元 株式会社福島リビング新聞社

 郡山支社 〒963-8005 福島県郡山市清水台1-3-8 郡山商工会議所会館4F
    電話024-934-6120 FAX024-934-7231

 http://www.f-living.co.jp/backnumber/koriyama.html 

Living

 ③ 月刊街こおりやま

 郡山市民は誰でも一度は見たことがある横に細長い見開きのタウン誌。表紙が水彩画で、郡山の名所や街並みを紹介している。また、今月の催事や毎回郡山の魅力や生活を伝える座談会が催され、月替わりで写真入りで10名登場する。たまに同級生や知り合いが登場したりする。郷土研究科が地元の歴史などを伝える連載記事や短歌・川柳・俳句のページもある。

 発行元 街こおりやま社 郡山市清水台1-1-38 TEL 024-934-5577

 http://navifukushima.com/024-934-5577/

Img_6844_r

 ④ 週間郡山「ザ・ウィークリー」

 毎週ポストに入る12万部発行のフリーペーパー。広告や出店情報や美容系の紹介が多い。

 発行元 株式会社 企画室 コア

 福島県郡山市柏山町3番地 TEL024-961-7111(代) FAX024-952-6788

 http://www.the-weekly.jp/

 ⑤ aruku  

 ARUKUは福島の女性に人気のwebマガジン!!福島の多彩な情報が満載です。web マガジンARUKUを読み街に出て、街恋をしよう. ... 郡山市、福島市、猪苗代町等福島県 のおいしいそば屋を集めました ... メイン. 福島県のラーメン特集 美味しいラーメンが沢山 !地元アイドルの植木安里紗ちゃんが専属モデルを務めた。

 郡山市富田の喜久田街道沿いに事務所がある。来年開業する「郡山富田駅」の向かい側にある。

 a.ru.ku 出版株式会社
 郡山市富田町字逆池下1-6 パストラル1F 024-991-6323

 http://www.arukunet.jp/

Aruku1 Aruku

 ⑥ 広報こおりやま

 郡山市が毎月発行する市民向けの広報誌(官報)だが、これがとても内容充実している。

Img_6846_r

 ⑦ 情報誌スタイル郡山「Style」

Style郡山は地域の魅力をキャッチして発信する月刊無料情報誌です市内で毎月2日に5万部発行。充実したライフスタイルのために役立つことができる、そんな情報誌を目指します。

 http://www.style-koriyama.com/

 発行元 WORLD MAGAZINE 郡山市大槻町字上篠林5-6. 024-953-3182 

⑧ だいすき

 地元郡山を中心とした地域情報誌「だいすき」を発行。毎月、季節に合わせた内容と美容・グルメ・温泉の情報を読者の皆様に提供しています。

 発行元 有限会社おの印刷

 郡山市富久山町久保田字古坦8-2 TEL 024-943-3337

 http://www.ono-printing.co.jp/daisuki/

 http://www.t-one.co.jp/2008/02/post-11.html

Daisuki

 ⑨ Hughug(ハグハグ)

 1970年1月創刊。コンセプトはhugして育む~現役ママが贈る子育て情報誌~

 読者ターゲットは21~40歳の主婦。

 発行元は福島カラー印刷株式会社 郡山営業所
 郡山市田村町上行合字北川田26-3 TEL 024-956-2113

 http://www.u-nyo.com/detail/859

Hughug0
 他にも全国誌の郡山版として「ホットペッパー」なども無料配布されている。また、求職情報や不動産情報を含めるとたくさんある。

 改めて列挙してみると、郡山はこんなに情報誌が溢れているとは思わなかった。この記事を執筆した日に我が家を探しただけでも下記の情報誌が見つかった。

Img_6843_r

 郡山の魅力的な情報を満載しているこのフリーペーパーだが、いかに広告でのPRが重要かがわかる。私たちは今、情報化社会真っ只中に生きているが、これらを好みや趣向に合わせて情報を取捨選択して生活に結び付けている。これらの細かい情報を収集し、生活に役立つ情報を提供してくれる編集者や発行元の努力に敬意を表して結びとしたい。

 記事作成:6月5日(日)

2016年6月25日 (土)

2016年 好きな女子アナ10傑

 本日は、またしてもミーハー記事で恐縮だ。女子アナの話題だ。これまでに女子アナで歴代お気に入りだったのが、高島彩、長野美郷、山岸舞彩、加藤綾子だった。彼女たちはすでに私の中では殿堂入りしているために、今回の2016年の好きな女子アナのランキングでは除外したい。ではまず、世間の人気女子アナベスト10を紹介し、その後で私が個人的に好きな女子アナを挙げたい。

<オリコンスタイル発表の好きな女子アナ 2015.12>

 1位 水卜麻美 日テレ  6位 狩野恵里 テレ東京
 2位 加藤綾子 フジ    7位 竹内由恵 テレ朝
 3位 有働由美子NHK  8位 夏目三久 フリー 
 4位 山崎夕貴 フジ   9位 赤江珠緒 フリー
 5位  桑子真帆 NHK  10位 大江麻理子 テレ東京

 水卜麻美アナが3連覇を達成。飾らない人柄が女子の好感度を得ての1位獲得。

<私がお気に入りの女子アナ>

 1位 伊藤友里(セントフォース)O型

 「サンデーモーニング」は毎週日曜日の朝の楽しみになっている。優しい雰囲気で癒し計の魅力たっぷり。

 2位 田中萌 (テレビ朝日) O型

 めざましテレビの裏の朝の情報番組「グッド!モーニング」などに出演。ピュアで可愛らしい。

Yuri1 Moe1

 3位 松尾由美子(テレビ朝日)O型

 テレビ朝日のエースアナ。慶應大学卒。才色兼備で安心して見られる実力派アナだ。O型は小顔が多いが、彼女も色白でその典型。髪型も大好きだ。

 4位 川田裕美(フリー)B型

 読売テレビからフリーアナに転身。全国で露出度が多い。バラエティ向き。

Matsuoyumiko Kawata3

 5位 鈴木沙喜代(ミヤギテレビ) B型  

 ミヤギテレビの夕方の情報番組「OH!バンデス」のMCを務める。とにかく明るくて可愛い。ベビーフェイスで誰からも好かれる愛嬌のある性格もGOOD!

  6位 新井恵理那(フリー) O型

 色白な感じはO型の典型。学生時代、青学で弓道部の主将を務めたほどの腕前は体育会系TVで実証済み。水着でグラビアモデルもこなす度胸はやはりO型っぽい。

Suzukisakiyo Arai5

 7位 皆藤愛子(セントフォース)B型

 もう彼女も三十路を過ぎたが、年齢を感じさせないほど可愛らしさ満開。

 8位 曽田麻衣子(セントフォース)O型

 立教大卒のセントフォース女子アナ。めざましテレビのリポーターを務めている。

Aiiko Maiko1_r

 9位 阿部華也子(めざましお天気キャスター)B型

 今年4月から小野綾香キャスターに代わり、「めざましテレビ」のお天気キャスターを務めている。屈託のない爽やかな笑顔で朝から元気を与えてくれている。

10位 狩野恵里(テレビ東京)B型

 「モヤさま2」のアシスタントを務め、その才媛ぶりと運動神経抜群、それでいて天然が入ったおてんば振りが魅力。ピアノも英会話も抜群!

Abe20160425_12 Kano3

 血液型で見ると、B型が6名でトップ。次いでO型が5名。そしてA型は0名。昔は小林麻耶や椿原慶子、皆川玲奈、田中みな実などのA型アナも気に入っていたし、残念だったのはお天気キャスターだった岡村真美子(A型)さんだった。あどけない笑顔が好きだったのに・・・。

 <私が好きな福島県内の女子アナ>

 残念ながら、私が大好きだった梅田澪理アナがTUFを寿退社し、福島県を離れた。県内のテレビ局の場合は、昔から正式採用のアナウンサーと2~3年の契約アナがいるために、どうしても県民に慣れ親しんだ頃にお別れとなってしまう。そんな中、私が今年、お気に入りの女子アナは・・・

 1位 小野紗由利(福島中央テレビ)A型

 私が2年前から一押しの女子アナ。いわき市出身なので、長くFCTで活躍して欲しい。おっとり系のお姫さま風の彼女。出演場面からも一生懸命さが伝わって来る。

Img_6839_r

 2位 名切万里菜(福島テレビ)A型

 ニュース報道番組に出演している美人アナ。長崎県出身で今年2年目。契約アナウンサーだが、出来るだけ長く福島県に留まってほしい。ニュース読みは落ち着いて安定感抜群。

Nakirimarina

  3位 寺本緒麻里(福島テレビ)血液型は不明

 ややぽっちゃり系だが、しゃべり方が可愛らしい。顔立ちは「綾瀬はるか」っぽい印象なので、ほんわかした天然っぽい柔らかい雰囲気を醸し出している。東京都出身。

Teramoto2

  さて、今回も性懲りもなくミーハー企画と思われてしまいがちな女子アナの記事を書いてしまったが、弁解すると決してそうではなく、単に可愛いからという理由ではなく、むしろ女子アナのその才媛振りや賢さをアピールしたい。彼女たちはほとんどが超一流大学を卒業している才色兼備で、とっさの対応を迫られても冷静に対処できるだけの技術も身に着けている。それに清楚なイメージと落ち着いた物腰の印象が実に良い。
 逆に四六時中、衆人環視の状況下にあって、私生活も落ち着けないのではないかと心配にさえ思ってしまう。睡眠時間も不規則な職業だと思うが、視聴者に笑顔を振りまき、頑張っている女子アナに今後もエールを送りたいと思う。

 記事作成:6月5日(日)

2016年6月24日 (金)

福島県内にある塔

 2015年6月に当ブログで「郡山の魅力再発見!⑭ ~塔マニア~」を掲載したが、今日は福島県内にある、正真正銘の歴史的建造物である塔を取り上げたい。
 しかし、我が福島県には「五重塔」は一切なく、あるのは三重塔が3か所のみ。いや、あることはあるのだが、それは近年に観光目的で建てられた五重塔と、或る寺院が建立した俄か五重塔だ。今日は、モドキも含め、歴史的な塔をお送りします。

 三重塔

 ① 木幡山・隠津島神社三重塔(二本松市)

Kakuretu2_2

 隠津島(おきつじま)神社は、二本松藩主丹羽長貴公の命により、 寛政元年(1789年)造営始めとなり、上記の画像の本殿は、 寛政12年(1800年)4月に竣工となり、遷宮(せんぐう)を行いました。
 三重塔は、室町時代の文明4(1472)年に建立されました。 天正年間伊達政宗の兵火によって全山炎上した際、三重塔だけ残りました。 延宝2(1674)年二本松藩主丹羽光重公により修復されましたが、 明治35(1902)年の大暴風により第一層を残して倒壊し、 大修理したものが現存しております。 昭和30(1955)年に、県の重要文化財に指定された。

 ② 高蔵寺三重塔(いわき市)

Takakura

 高蔵寺三重塔は安永3年(1774年)、当山17世住職承隆和尚により再建された ものであり、県の重要文化財に指定されております。 また、当地方の建築文化の象徴 として建築を目指す学生達の、良き研究材料としても親しまれております。

 http://kohzouji.com/sanjuu.html

 ③ 法用寺三重塔(喜多方市)

Hoyouji

 会津三十三観音の第29番札所。会津坂下町の恵隆寺に次いで、会津で二番目に古い寺院です。養老4年(702)年、徳道上人による開基と言われています。その後火災により焼失しますが、徳一大師が再興。現在の地に堂塔が再建されたと言います。三重塔は、会津に現存する唯一の塔です。江戸時代中期(安永9年・1780)に完成しました。屋根の逓減率(初重から三重までの屋根の大きさの差)が少ないことや、相輪までの高さが20mを越すなど、大変美しい三重塔といえます。 県重要文化財に指定されています。

 泣いても笑っても県内に現存する三重塔はこの3か所のみ。以下は最近建てられた寺院にある三重塔。

 ① 勝行院三重塔(いわき市湯本)

 http://www.fukutabi.net/fuku/iwaki/syougyou.html

 ② 会津村三重塔 http://aizumura.jp/index.php

 ③ 恵隆寺三重塔(会津坂下町) http://tachikikannon.jp/keidai/syoukontou.htm

Syoukouji Aidumura Eryuuji

 五重塔モドキ

 ① 福島市上鳥渡 観音寺五重塔

Kannonji Kannonji2

 1995(平成7)年建立。高さ23m。 ガラス繊維強化セメント 製(GRC)。 最近多い形の五重塔。当観音寺の五重塔永代供養塔は一般の祖先供養はもちろんの事、後継者のない方や核家族化でお墓が作れない方などの為に納骨からお引き受けし、ご位牌並びに分骨五輪塔を安置して永代の供養を司る殿堂となります。

  http://toriwata.com/eidai/

 http://toriwata.com/keidai/#yakushidou

 ② 二本松市安達ヶ原ふるさと村

Hurusatomura

 今、蘇る奥州二本松「鬼ばば」伝説の里。懐かしさと暖かさとがあふれる、安達ヶ原ふるさと村。 二本松の歴史と伝統的生活文化がひとめでわかるよう、武家屋敷・養蚕農家・茶室などを再現しました。 触れて・見て・遊び・学べる大人から子供まで楽しめる施設です。
また、バイキングレストランもあります。

 安積女子専門学校・高等文化学院

 郡山市の中心街に昔あった近代様式(鉄筋仕様)の五重塔造りの女子専門学校校舎。芳山小学校の北側にあり、魚喜という魚屋さんの北隣に建っていた。現在は高層マンションが建つ地点に、昭和55年頃まであった。残念ながら写真は残っていない。

 我が福島県は奥州の日本史とは無縁の土地柄にあるせいか、国宝はひとつしかないし、歴史的な文化遺産と呼べるような建造物も少ない。今日は、数少ない中から吟味し、三重塔、五重塔に特化してお送りしました。

 記事作成:6月5日(日)

2016年6月22日 (水)

私が好きな福島県の建造スポット30傑

 福島県の面積は北海道、岩手県に次いで日本で第3位。それゆえ様々な名勝旧跡が点在している。私が47年の長きに渡って住んでいる福島県において、人の手によって建造された歴史と伝統、そして由緒ある建造物が多数ある。今日は、我が福島県においてぜひ訪れてほしい名所をピックアップしたい。

 1位 左下観音堂

Img_6812_r

 会津美里の山の中にひっそり建つ、珍しい懸造りの観音堂。昨年、県の重要文化財に指定されるまでは、この建造物の存在を知らない人が多かったに違いない。しかし、崖にもたれかかるように聳え立つこのお堂は、下から見上げると壮観。まるで清水寺の舞台のような柱の列。お堂の上を一周すると、床面の板が軋み、微妙に揺れるため、下手なアトラクションよりよっぽど怖い。一度訪れてほしいが、標識もなく非常にわかりづらい場所にあるので下調べを入念に!

 2位 飯盛山さざえ堂

Sazaedo

 白虎隊の悲劇の場所「飯盛山」の一角にひっそり建つ世にも不思議な建造物。入口からお堂に入り、頂上を目指して螺旋状の板張りの上りスロープ斜面を駆け上がるとてっぺんへ。しかし、下り坂では一切上り斜面とは交わらない。まるでメビウスのような造り。高さ16. 5m、六角三層のお堂で、 正式名称は「円通三匝堂(えんつうさんそうどう)」という。江戸時代後期にこのような設計を立てた昔人の知恵には脱帽だ。

 3位 東堂山満福寺鐘楼

Img_6244_r

 動画サイトで小野町の観光案内を見て、ひとめ惚れしたスポット。わが福島県にこんな場所があったのかと意外に思った。荘厳な雰囲気が漂い、歴史を感じさせるパワースポット。苔生した石段を上った先にあるのは、古にタイムスリップしたような鐘楼(鐘突き堂)。その配置が素晴らしい。それがあるのはそそり立つ石垣の上。何か映画のロケに使いたくなるような侘び寂を感じられる不思議な空間。訪れて損はない場所。そしてその先の山道に沿って、百羅漢像が所狭しと並ぶこの世のものとは思えない不可思議な場所へ迷い込む。

 4位 大内宿

Img_6762_r

 ここもタイムスリップして江戸時代に舞い降りたかのようなスポット。かつて奥州街道の宿場町として栄えた大内宿。宿場町の目抜き通りに所狭しと茅葺屋根の民宿が連なるその光景はどこか懐かしさと共に郷愁を感じる。秋の紅葉シーズンの訪問がベスト。ここの名物が箸代わりに曲がり長ネギ一本で食べる高遠そば。ぜひご賞味あれ。

 5位 菅船神社境内

Img_1005_r

 昨年から4回も訪れている私が大好きな神社。逢瀬町の河内(こうづ)にあり、静かな佇まい。私は4度訪れて誰とも会わなかった超穴場の神社だが、なかなかどうして。とても立派な造り。天皇陛下も植樹された由緒あるパワースポットだ。

 6位 霞ヶ城箕輪門(二本松)

Minowamon

 ここも私が大好きで毎年欠かさず訪れる場所。母方の祖父母が生前住んでいたため、幼少期から何度も訪れている馴染みの場所。菊人形や二本松提灯祭りなど見どころは多い。この箕輪門や山頂の石垣も再建され、綺麗に整備され、展望台からの360度の大パノラマは必見の価値あり。智恵子が言う「ほんとうの空」が広がる。安達太良山の眺望がすばらしい。

 7位 鶴ヶ城

Img_4078_r

 シックな黒瓦だったのが、築城当時と同じ赤瓦に葺き替えられた。ふくしまDCキャンペーンではイベント尽くしで大勢の観光客が押し寄せた。テレビドラマ「白虎隊」や大河ドラマ「八重の桜」の効果で、その後も有数の観光地として君臨している。日本で10本の指に入る名城だと思う。滝廉太郎の「荒城の月」のモデルと言われている。

 8位 相馬松川浦大橋

Matsukawaura

 東日本大震災のの際、橋脚のすぐ下まで大津波が押し寄せた。私のお気に入りの釣り場だった松川浦や沖堤防は損傷が激しく、いまだに渡船は再開されていない。大型のカレイの穴場だった。

 9位 小峰城

Komine

 格調高い三重櫓。江戸幕府は一国一城政策をとっていたため、天守閣を持つ城の建造を認めなかったため、白河藩は櫓という名称になった。しかし黒のシックな色調は格調高く、凛とした印象がある。しかし、2011年の東日本大震災で石垣が崩壊するなど大規模な損壊があり、再建までに4年がかかった。熊本地震で崩落した熊本城の修復のために関係者が小峰錠を視察に訪れた。

10位 喜多方のレンガ蔵群(三津谷)

Kitakatamitsuya

 喜多方と言えば「ラーメン」と「蔵の街」。通りには馬車が行き交い、時々古い蔵が登場する。特に市街地から北に数キロ進んだ「三津谷」地区は、レンガ調の蔵が多く立ち並ぶ、ちょっとした異次元空間を味わえる。

 11位以下はスペースの都合上、2箇所ずつの紹介とさせていただきます。

11位 熱塩加納駅           12位 新宮熊野神社長床

Img_4150_r

 廃線となった日中線の終着駅。今でも鉄道ファンの多くが訪れる。駅舎は当時のまま残され、建屋内に当時使われた国鉄の改札や信号、切符販売機などが展示されている。また、ラッセル車や客車が鎮座し、観光客を楽しませてくれる。

 長床は喜多方市街地から西に5km離れた熊野神社境内にある。訪れた人を圧倒する吹き抜けの豪壮な拝殿。 国指定重要文化財の「長床」は、熊野神社の拝殿として平安末期に建立された寝殿造の建物。境内にある樹齢800年のご神木・大イチョウが四季折々に「長床」を彩る光景が見事だ。「 新宮」と称しているが、本宮・新宮・那智の熊野三山を祀っている。

 13位 柳津虚空蔵尊        14位 本宮映画劇場

Yanaizu Motomiya

 柳津虚空蔵尊は郡山の小学校で遠足で訪れる場所。正月過ぎの「七日堂裸まいり」は勇壮で、下帯姿の男衆が我先にと注連縄をよじ登る。ここの名物はあわ饅頭。

 本宮映画劇場はTV取材殺到のレトロモダンなつくりの映画館。震災で外観の損傷が激しかったが、復旧。日本最古の映写機がある。

 15位 医王寺             16位 天鏡閣

Img_1953_r Tenkyokaku

 826年(天長3)年、空海作の薬師如来像を祀り、草堂を建てたことに始まると伝え、平安時代末、信夫荘司佐藤一族が菩提寺とした。佐藤基治は信仰心が厚く、居城とする大鳥城から眼下に望む薬師堂を改築し、伽藍を多数建立し境内を整えたとされている。

 天鏡閣は、天皇の静養地とされ、レトロモダンな造り。猪苗代湖の翁島の南ヶ丘牧場の近くの高台にある。道路からは見えない山林の奥にある。お姫様のような衣裳を着て記念写真が撮れる。
 

17位 旧伊達郡役所               18位 只見線河川橋

Dategunnsyo Tadamigawa

 伊達町には一度も足を踏み入れていないため、今年中には訪れたい。こんなレトロチックな建物が県北地方には多い。

 只見線は未だに一部不通だが、この橋梁は全国の鉄道ファン必見の「神的」存在。特に紅葉シーズンと真冬の雪の中を疾走するSLは見ごたえ十分。

  19位 鯖湖湯(飯坂温泉)          20位 白河の関

Img_1988_r Img_1588_r

 あの松尾芭蕉も訪れた飯坂町に建つ老舗の公共浴場。平成に入って建て替えられたが、内部の湯船は当時のまま。ここは源泉かけ流しだが、とても熱いので有名。

 白河の関は奥羽街道の難所。しかし、実際の所在地は定かではない。様々な文献を元に学者が推測し、ここが白河神社のある場所が有力。厳かな雰囲気が漂う。資料館が隣接する。

21位 旧亀岡家住宅 伊達市      22位 湯野上温泉駅

Kameokake Img_6713_r

 旧亀岡家住宅は旧保原町の公園内に建つ。一瞬、「鹿鳴館」をほうふつさせるレトロな造り。一度も訪れたことが無いため、今年必ず見たいスポット。

 全国的にも珍しく希少な茅葺屋根の駅舎。会津高原鉄道の湯野上温泉駅。東京浅草から東武が乗り入れている。隣りには無料で足湯が楽しめるスポットがある。大内宿への最至近駅。

 23位 郡山合同庁舎       24位  郡山公会堂

Koriyamagoudou Koriyama_cityhall

 県合同庁舎は細沼にある。私の子供時代の遊び場で、鼓笛隊パレードの出発点だった。古くなったため県は移転を考えているようだが、絶対に壊さないで欲しい。あの三島由紀夫が壮絶な最期を遂げた自衛隊市谷駐屯地に作りが似ているため、緒形拳主演の映画「MISHIMA」では、決起を呼びかける演説シーンの撮影に使われた。
 郡山市役所が現在の朝日に移転するまでは、ここが市役所だった。

 郡山市公会堂は1924年(大正13年)9月の郡山市の市制施行を記念し、その翌月10月に完成した。 オランダデン・ハーグの平和宮、および大阪市の大阪市中央公会堂がモデルと伝えられている。建設当時には塔屋に時計が埋め込まれていたが、次第に時刻が狂うようになり、第二次世界大戦中に市民からの苦情で取り外された。(時計の後には長年、市章が埋め込まれていた)平成10年頃、塔屋に再び時計が埋め込まれた。
 2002年(平成14年)、国の登録有形文化財に登録された。
 また、その南側に隣接していた中央公民館は、震災で損壊し、このほど再建された。

 25位 星の村天文台    26位 隠津島神社三重塔

Hoshinomura_2 Nihonmatsu

 滝根町のあぶくま洞に隣接する天体観測所。県内最大級の口径65cmの反射望遠鏡があり、日中も太陽の観察もできる。プラネタリウム館(60座席)や研修施設が併設されている。大型の望遠鏡がある天文台にはらせん状のスロープを登るが、外観はバベルの塔をほうふつさせる造り。

 隠津島神社三重塔は二本松にある。昭和30年福島県の重要文化財に指定されたこの三重塔は、室町時代の文明4年(1472年)に建立された。天正年間伊達政宗の兵火によって全山炎上した際、この三重塔だけが残った。 延宝2年(1674年)二本松藩主丹羽重公により修復されたが、明治35年の大暴風雨により第1層を残して倒壊した。これを大修理したものが現存している。 福島県内遺存の塔は少なく、会津高田町「法用寺」、いわき市「高蔵寺」と当社の三基のみとなっている。確かに福島県にはこうした塔が少ない。
 霞ヶ城や二本松少年隊、高村智恵子にゆかりのあるスポットは訪れているが、ここに足を踏み入れたことは無い。ぜひ今年中には行ってみたい。

 27位 高柴でこ屋敷        28位 安倍文殊堂

Img_2127_r Img_6698_r

 茅葺屋根の古民家が立ち並ぶ高柴の集落。そこで地元の名産品である三春駒、三春張子、伝統民芸品である三春人形、だるまなど様々な工芸品が作られている。その製作模様を間近で見て、購入することが出来る。

 安倍文殊堂は平成28年5月に訪れたばかり。私は船引にも三春にも勤務した経歴があるにもかかわらず、訪れたことが無かった。学問成就のお堂で、杉林の小道を400mほど登山すると文殊堂が頂上部に現れる。パワースポットとしても森羅万象を感じとるにも絶好のマル秘スポット。

 29位 白河ハリストス正教会  30位 郡山聖ペテロ聖パウロ教会

Harisutos Pauro

 白河ハリストス正教会は、大正4年(1915)に建てられた正八角形のドームと白い壁が特徴のビザンチン様式の教会で、建物と教会内にあるイコン(聖像画)が福島県の重要文化財に指定されていることで有名です。

 聖パウロ教会は、郡山市の中心に位置する高台、麓山の地にあり、周囲は麓山公園、21世紀記念公園、酒蓋公園に囲まれ、郡山市公会堂、公民館、図書館なども近くにある閑静な住宅地。郡山への宣教は明治36年、郡山駅前にあった郡山講義所がスタートで、それから100年以上経たった。現在の聖堂は昭和6年に新築され、築後76年を経たゴシック風の建物で郡山市内の建築物の中でも由緒ある建物の一つになっている。

 今回は、たとえば「塔のへつり」とか「裏磐梯噴火口」、「滝桜」、「きのこ岩」などの自然の造形美などは除外した。

記事作成:6月2日(木)~

2016年6月20日 (月)

郡山の公共施設工事進捗状況(2016.6)

 今年、郡山市はインフラ整備のピークで、現在建設中の公共事業が来春に完成を迎える予定だ。そこで今日は、今、急ピッチで工事が進んでいるであろう工事について、6月17日(土)・18日(日)に取材を行った。この時点での建設の進捗状況を報告したい。

 1.「郡山富田駅」

 喜久田街道のセブンイレブンに架線を跨いでホーム側へつなぐ高架橋階段を設ける。5月下旬から大型の重機類が入り、急に工事が慌ただしくなった。冬の間にホームらしき土台を盛り土していたが、駅の南側に隣接する「ふくしま医療機器開発支援センター」の施設建設と合わせ、地形が変るほどひと山を切り崩している。国土地理院が慌てて吹っ飛んで来そうな勢いだ。

 平成28年6月18日(土)時点での進捗状況

 まずは工事現場に設置されていた完成予想図から

Img_7245_r Img_7252_r
Img_7246_r Img_7247_r
大型の掘削工事用の重機が置かれていた。工事担当者が数名、現場で指揮していた。
Img_7248_r_2
この日は土曜日だったが、工事の真っ最中。重機が入り、造成と土木工事が行われていた。警備の方に許可を得て撮影した。
Img_7249_r Img_7250_r
一番下の写真が向かい側のセブンイレブンの駐車場に建設される高架橋の階段口と喜久田街道を跨ぐ高架橋の橋桁部分。
 この駅が完成すると、駅前に飲みに行くのが随分と楽になる。駅から自宅まで徒歩10分かかるので、本当はもっと内環状線の西側に作って欲しかったが、北向踏切が列車が駅に到着して、1分停車後、発車して踏切を通過するまでの約3分間、踏切が閉じたままになってしまうため、セブン前になったようだ。

 下は「ふくしま医療機器開発支援センター」の完成予想図

 http://www.city.koriyama.fukushima.jp/shise/citysales/sineki.html

Iryoukaihatuxeter

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2.「開成山屋内プール」

平成28年6月19日(日)時点での進捗状況

 まだ土台となる基礎部分の工事だけ。本当にあと9ヶ月で50mと25m(可動式)の2つを併設した競泳プールが完成できるのか?という状況。

Img_7256_r Img_7257_r
Img_7253_r Img_7254_r
Img_7258_r_2
Img_7259_r

○構造
鉄骨造一部RC造地下1階・地上2階建
○延床面積
6,500㎡
○プール施設(屋内温水)
50m×10コース水深2.0m
25m× 8コース水深0~1.4m(可動床式)
概要
【イメージ図】

Pool_2

〈現状〉
東日本大震災による影響
○運動不足による体力・運動能力の低下及び肥満の増加
○子どもや保護者がもつ不安やストレスの増大
○地震による既存水泳場の損壊

〈改善策〉
開成山水泳場の屋内温水化
より安全に安心して運動に取
り組むことができる環境整備

〈施設活用〉
子どもたちの運動機会を確保
○小・中学校の授業での活用  ○部活動、水泳交歓会等での活用
○子どもたちをはじめ、市民への一般開放  ○各種スポーツ教室の開催など

〈効果〉
子どもたちの体力向上と健康増進

○諸室
更衣・シャワー室、救護室、見学スペース、会議室、事務室ほか
○設備等
珪藻土式ろ過器、都市ガス式ボイラー、全館LED照明、太陽光パネル、太陽熱給湯
地中熱床暖房設備
○財源区分
補助対象経費:国  補助対象外経費:基金

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 3.「磐梯熱海フットボールセンター」

 まだ更地の状態。

  熱海行政センターを中心とした公共・多目的交流施設とフットボールセンターを、磐梯熱海駅前の市有地に一体的に整備するため、施設建設に必要な設計を行います。

Img_7260_r

 詳しくはコチラ

 ○整備面積
熱海町駅前市有地28,294㎡のうち20,593㎡

 ○整備内容
・行政センターを中心とした公共・多目的、交流施設の整備
 多目的交流エリア(物産品販売・休憩・軽食・観光情報・地域交流・大ホールなど)
 公共サービスエリア(行政センター・施設管理事務所など)
 貸館エリア(公民館会議室・図書館分室など)

・フットボールセンターの整備
 正規ピッチ(105m×68m)の人工芝サッカーグラウンド1面(防球ネット付)、観覧席、夜間照明設備、クラブハウス1棟
○整備期間
平成28年度~29年度(予定)

 このフットボールセンターには反対意見も多い。サッカー専用グランドであり、ラグビーは一さ使用不可である。復興支援金と郡山市の税金の無駄遣いとの指摘が多い。

さらに、公共工事ではないが、駅前の旧丸井跡地に建設中の「ダイワロイネットホテル」もまた工事が進み、西口の顔がガラリ変わりつつある。

 さて、この来年春に完成予定の3つのインフラ工事が郡山市の公共工事の目玉となっている。早い完成が待たれるが、利便性が向上するだけでなく、市民にとって使い勝手がよく、ソフト面での整備も試されるということを念頭に置いて貰いたい。こういう箱ものを作ったからには維持費もかかるし、それを管理するための人件費も嵩むということを常に意識しなければならない。

 記事作成:6月5日(日)~19日(日)

2016年6月13日 (月)

郡山の魅力再発見!35~郡山の発展に寄与した人物~

 郡山市は今年、市制92年を迎えた。隣接する町村が合併して大郡山市が誕生して、新産業都市に制定されてからも52年も経過する。日本一のマンモス議会と話題になったこともあり、日々発展を重ねてきた。そんな我が故郷、郡山市において、その発展に貢献した方々がいる。今日はそうした人物(故人)を10名取り上げたい。もちろん政治分野がわかりやすいが、市長はあえて除外したい。郡山の発展に寄与するのが本職だからだ。

 太田緑子

Ootamidoriko 郡山市にある老舗の大型総合病院「太田綜合病院」の娘として誕生し、その後、病院の名誉理事長として長らく郡山市の医療発展のために寄与した人物。
 太田緑子理事長が他界したのは平成22年10月22日で、95歳の天寿を全うされた。病院と太田家の合同葬として10月29日に葬儀告別式が営まれた。
 友人の彼女の死去を悼むブログには、病院の理事長を務める傍ら、社会福祉、教育、社会事業など様々な分野に貢献され、福島県社会福祉協議会長、福島県教育委員、中央教育審議会委員、福島県養護教育振興会長、文部省社会教育審議会委員、等々。

 忙しい病院経営の傍ら、上記の様々な仕事を全く私利私欲なく、献身的になさってきました。“生命の尊厳”、“人間愛”と“平等”の精神および医の倫理を基盤 として、地域社会の幸せに貢献することを理念として活動された。

 大高善兵衛

Ohtaka_2 元郡山商工会議所会頭でヨークベニマルを父親の大高善雄氏が創業した紅丸商店からイトーヨーカドー資本を導入し東証一部上場企業へ成長させた。1994年の退任まで31年間社長を務めた。
 福島県立安積高等学校を卒業し、父親の大高善雄が創業した紅丸商店(現ヨークベニマル)に専務取締役として入社する。
 1963年、紅丸商事株式会社(現ヨークベニマル)代表取締役社長に就任。
 1994年、社長を弟の大高善二郎と交代し相談役に就任。同年から郡山市商工会議所第19代会頭を務める。2007年にヨークベニマル相談役及び郡山市商工会議所会頭を退任した。
 一節では、会長時代にマカオカジノで巨額の財をつぎ込み、多額の負債を抱え、それで自己破産に追い込まれたとの噂が流れた。真相は不明。

 坪井栄孝

Tsuboi 福島県郡山市生まれ。福島県立安積高等学校を経て、1952年、日本医科大学卒業。1953年に医籍登録。国立がんセンター病院放射線部医長を経て、1970年、福島県郡山市にて診療所を開設する。1974年、慈山会医学研究所を設立し、理事長に就任。同研究所付属坪井病院において地域医療に従事する。
 2011年6月より財団法人慈山会医学研究所付属坪井病院名誉理事長。
 医師会の活動としては福島県医師会役員を経て、1988年より日本医師会常任理事。1992年には副会長、1996年から2004年3月まで、4期8年にわたり日本医師会会長を務める(日本医科大学OBとして初)。
 2000年10月より1年間、世界医師会会長を務めた。日本人の世界医師会会長就任は、武見太郎以来2人目。

 2003年12月、アジア太洋州医師会連合会会長に就任。2004年4月より、財団法人日本医療機能評価機構理事長。

 2001年5月、勲一等旭日大綬章。
 2011年3月11日、郡山市内でNHKからの取材を受けている最中に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生した。室内の棚が倒伏するといった地震被害の貴重な様子がテレビカメラに捉えられ、全国的に放映された。
 2016年2月9日に86歳で呼吸器不全で死去。郡山市名誉市民

 丹治一郎

Tanji 丹治氏は郡山市出身、岩瀬農高卒。郡山商工会議所の副会頭を経て平成19年に第20代会頭に就任した。現在3期目で、商都の発展をけん引してきた。23年に起きた東日本大震災後は市内の産業復興に力を注いだ。
 西部自動車学校の創業者で、西部自動車、西部観光バスなどの会長も務めていた。
  県交通安全協会長、県指定自動車教習所協会長、県中小企業家同友会理事長、県共同募金会長などを歴任した。17年春の褒章で藍綬褒章、25年秋の叙勲で旭日小綬章を受けた。

 4月中旬に体調を崩し、入院していた。

 平成28年5月31日午後7時13分、肺がんのため福島県郡山市の病院で死去した。77歳。 

 関口富左

Sekiguchi 終戦直後、女子教育の遅れを取り戻すため、三十四歳の若さで「郡山女子専門学院」を開設。後に、日本最初の短期大学の一つとして、「郡山女子短期大学」家政科を開学された。
 初代学長に就任して以来、先生は付属幼稚園、付属高校、女子四年制大学、大学院を開学された「郡山開成学園」の創設者であった。長年日本私学会や、教育界の重鎮として、県や国の要職を歴任され、藍綬褒章、県文化功労章、勲三等宝冠章等の勲章を受章された。
 女子教育にその生涯を捧げられ、平成25年1月3日に99歳の天寿を全うされた。

 私は女子大附属幼稚園の卒園者(うめ組・もみじ組)なので、いつもにこにこされた「優しい園長先生」という印象が強い。

 ファン・ドールン

Fandoren 年間雨量が 1,200mm にも満たない当地は、疏水が引かれる前は、阿武隈川に向かって傾斜して水利が悪い丘陵地帯であったこともあり、荒涼とした安積原野となっていた。安積原野を流れる五百川、藤田川、逢瀬川、笹原川などの河川は流域面積が小さく、安積原野にあるため池群も流入河川がなく干ばつの影響を受けやすく、広大な原野は牛馬の餌となる牧草を取る入会地しか用途がなかった。

 一方、明治維新の最中、各地で士族の反乱が起こり、その対策として安積原野開拓が脚光を浴びるようになる。そこで、1878年(明治11年)にオランダ人技師ファン・ドールンを現地に派遣し、猪苗代湖から安積野原野一帯の調査を行い、その調査の結果、安積疏水の開削を政府に決断させた。1879年(明治12年)、国直轄の農業水利事業第1号地区として着工され、日本海への流量を調整し水位を保持する十六橋水門、安積地方へ取水する山潟水門が建設され、隧道、架樋等、延85万人の労力と総工費40万7千円(現在約400億円)によって127kmに及ぶ水路工事が僅か3年で完成した。灌漑区域面積は約 9,000 haと広大で、当地を一大穀倉地帯に変えた。 なお、郡山市は、平成の大合併により市域を広げた新潟市が誕生する前は、米穀生産量日本一の市であった。

 他にも中央通りに店舗を構える関川栄達氏や郡山市体育協会長を長らく務め、福島県スポーツ民踊連盟を創設し、金ベロと称された鈴木博氏も欠かせない。

 記事作成:6月1日(水)~

 

 

2016年6月 8日 (水)

2016 パ・リーグチームの血液型比較

  昨日に引き続き、プロ野球チームの主力やスタメン選手たちの血液型から、そのチームの特徴を検証しようというこのテーマ記事をお送りします。本日は、今や実力だけでなく、セ・リーグを凌ぐ人気のパ・リーグを取り上げたい。血液型のバランスでいかにチーム事情が異なるのか、その傾向を探るものだ。ではさっそく見て行きたい。

<パ・リーグ>

 ソフトバンク

 1 中村  O型   5 長谷川 AB型   9 本多 O型
 2 今宮  O型   6 松田    O型
 3 柳田 AB型   7 城所    B型
 4 内川  B型   8 鶴岡    A型

 DH制のパ・リーグでは、スタメン9人が野手だが、なんとソフトバンクはO型だらけ。4人がO型でB型とAB型が2名ずつ。日本人の4割近くを占めるA型はたったひとり。これは、監督の工藤がO型で、それゆえ選手はO型とB型を中心に配置する典型例。怪我や故障が多かったり、変に真面目でプレッシャーに弱いことと、PR不足のA型を嫌ってしまうからだ。 
 主な主力投手

 A型 千賀、東浜、森福、寺原、森
 O型 和田、松坂、摂津、岡本
 B型 武田
AB型
 不明 バンデンハーク、サファテ、スアレス

 エース級はO型が多い。A型の投手は多いものの、好不調の波が激しく、故障も多い面々

 ロッテ

 1 岡田    O型    5 角中  A型   9 中村 A型
 2 高濱    A型    6 井上  A型
 3 清田    A型    7 鈴木大 O型
 4 デスパイネ ?    8 吉田  O型
                         
 主な主力投手

 A型 大嶺、石川、涌井、内、西野、南、香月
 O型 唐川、松永、二木
 B型
AB型 藤岡

 ロッテはO型のバレンタイン監督時代には、選手はO型とB型だらけだった。同じO型の伊東監督は、スタメンのB型はゼロ。パワーヒッターの多いO型と小技が利くA型という配置。主力投手はB型がゼロと言う怪奇現象。主力投手の大多数がA型。珍しい配置。

 日本ハム

 1 陽   A型      5  近藤  O型   9 中島  A型
 2 西川  A型       6 レアード ?
 3 田中  O型         7 谷口  B型
 4 中田  O型        8 大野  O型
 
 主な主力投手

 A型 増井、谷元、齋藤
 O型 宮西、井口、吉川、榎下
 B型 大谷、高梨
AB型 加藤、有原
 不明 メンドーサ、バース、マーティン

 緻密で管理野球を徹底するA型監督の栗山は、主力投手はO型を多く配置。しかしスタメンは、クリーンナップをO型で揃え、小技のA型を1・2番に据えた布陣。A型監督にとって扱いづらいB型は少ない。

西武

 1 秋山  A型    5 浅村  O型     9 外崎  O型
 2 栗山  O型    6 坂田  A型  
 3 メヒア  ?     7 山川  A型
 4 中村  O型    8 岸谷  O型
 
 主な主力投手

 A型 岸、野上、藤原、小石、牧田、武隈
 O型 十亀
 B型 菊池、高橋
AB型 増田、
 不明 郭、バスケス、C.C.リー

 O型の田邊監督は、主戦級投手にA型を揃えている。なぜかO型が極端に少ない。しかし、打線はO型とA型に綺麗に分類できる。やはりスラッガーはO型に限るようで、動体視力に優れているために長打力にかけてはO型にはかなわないようだ。しかし、楽天家のB型がスタメンに一人もいないのが気になる。プッシャーに強いB型を置かないと、変化が無くなる。

 楽天

 1 岡島   B型   5 今江 B型    9 嶋  A型 
 2 銀次   A型   6 茂木 O型
 3 松井   O型   7 ゴームズ ?
 4 ウィーラー ?   8 藤田 O型
 
 主な主力投手

 A型 則本、松井裕、塩見、濱矢、釜田、安楽、横山、辛島
 O型 美馬、
 B型 戸村、金刃、青山、福山
AB型
 不明 プリガム、ミコライオ、

 監督はA型の梨田。面白いことに、投手陣の編成はA型が圧倒し、ついでB。O型とAB型はほとんどいない。梨田監督は、同じA型だった仰木監督とイメージがダブる。

 オリックス

 1 吉田   B型   5  ボグセビック ?    9 西野 O型
 2 小谷野  O型   6 中島     A型
 3 糸井   A型   7 T-岡田    B型 
 4 モレル  ?    8  伊藤     B型
 
 主な主力投手

 A型 吉田一、岸田、近藤
 O型 平野、金子、東明、塚原
 B型 松葉、佐藤達、西、梅田
AB型
不明 ディクソン

 O型監督の福良は、エース級はO型、そして敵を欺く技巧派のB型を多く配置。オリックスはスタメンにB型が多い。A型とO型は2人ずつ。小谷野の2番は疑問だが、T-岡田が7番を打つオーダーはかなり贅沢。中島は3番タイプだと思っている。西武時代は良かったが、やはりメジャーに行ってダメになった典型パターン。

 選手起用やスタメンの配置など、チームの血液型の傾向によって、味があるというか、チームカラーも異なって見える。私は名球会のメンバーを見ると、野球はO型とB型の世界と見ている。この血液型の傾向も、プロ野球の見方、楽しみ方のひとつにしてもらえると異なる視野で観戦できると思う。

 記事作成:5月18日(水)

2016年6月 7日 (火)

2016 セ・リーグチームの血液型比較

 またしても懲りもせず、このような血液型ネタでブロガーの方々の怒りを買うような記事を書いてしまった。今年の各チームの主力選手、つまりスタメン起用される選手達の血液型を調べ、各チームの特徴や特色を探ろうという愚かな企画だ。
 この手の話題に関心がない方、血液型別性格診断に批判をお持ちの方(たぶんB型が多いはず)は、ここで退去願います。

<セ・リーグ>

 巨人 

 1 長野     O型    5 クルーズ    不詳
 2 立岡     A型     6 亀井     AB型
 3 坂本    AB型     7 村田     AB型
 4 ギャレット 不詳     8 小林     O型

 阿部 A型
 
 主な主力投手

   A型 菅野、高木勇、内海、杉内、西村、戸根、山口、澤村
  O型
  B型 宮國、大竹、田口、江柄子
 AB型 今村
 

 <特徴>

 巨人はなぜかスタメンはAB型が多い。投手を除く8名中、AB型は3名。血液型が不明の外国人を除けば6名中、半数がAB型。これは日本人の9%程度しかいないAB型なので、明らかに異様。かつては小久保、斉藤雅樹、桑田、宮本などもこの型だった。
 一方、投手はA型だらけ。だからケガに弱い。主力投手でO型は見当たらない。O型は本格派でエース級の存在になりえるのに・・・。

 中日

 1 大島   A型  5 ナニータ O型
 2 荒木   A型  6 堂上    O型
 3 平田   B型  7 亀澤    B型
 4 ピシエド 不詳  8 桂           B型
 
 主な主力投手

 A型 又吉、吉見、岡田、山井、浅尾、小川
 O型 大野、福
 B型 田島、福谷、ジョーダン
AB型 岩瀬、若松

 監督は緻密な管理野球を励行したがるA型の谷繁。キャッチャー出身のため、全体を掌握するのが上手い。昨年まではプレーイングマネージャーだったため、厳しかった。A型はそんなに起用ではないので、監督業に専念したほうが上手くいく。昨年現役を引退し、環境が整ったので、選手の観察が行き届いている分、結果が出ている。

 選手はB型が3名、AとOが2名ずつとバランスは良い。しかし、B型は若くして才能を発揮するが、我や個性が強く操縦が難しい。お祭り騒ぎになると手がつけられず、周囲への悪影響も考えられる。
 投手はA型が圧倒的に多く、1シーズンを通して活躍できるかが鍵。ケガや故障が多いからだ。

 広島

 1 田中   A型    5 エルドレッド  不詳
 2 菊池   A型    6 鈴木   A型
 3  丸   AB型    7  安部 O型
 4 新井   B型    8 石原 A型

 会澤B型、松山B型、赤松O型、天谷O型、堂林A型
 
 主な主力投手

 A型 九里、福井、江草、戸田
 O型 永川、横山、一岡
 B型 黒田、今村、中崎
AB型 野村、大瀬良

 不明 ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ

 広島はスタメン野手はA型主流。そして投手はバランスが良い。主戦級はB型。
監督はA型で紳士的な緒方孝市。

  阪神

 1 高山 O型  5 ゴメス 不詳
 2 大和 A型  6 板山  B型
 3 鳥谷 B型  7 今成  O型
 4 福留 B型  8 原口 AB型
 
 西岡A型、俊介A型、新井AB型、上本O型

 主な主力投手

 A型 藤川、岩貞、藤浪、高宮、高橋聡
 O型 安藤、横山、岩田、福原
 B型 歳内
AB型 榎田、能見

 不明 マテオ、メッセンジャー

 阪神はスタメンはB型が多く、投手はB型が極端に少ない。投手は痩せ型でキレで勝負のA型とポーカーフェイスのO型で持っている。
 

ヤクルト

 1 坂口        O型   5 雄平   A型
 2 今浪     A型    6 畠山   O型
 3 山田        O型   7 大引   A型
 4 バレンティン不明   8 西田   AB型

  川端O型、武内O型、飯原O型、比屋根O型、中村悠A型
 
 主な主力投手

 A型 石川、秋吉、原、小川
 O型 館山、新垣
 B型 村中
AB型 松岡、中澤、成瀬

 不明 ルーキ、オンドルセク、デイビーズ

 ヤクルトほどハッキリしているチームは無い。主力はB型がゼロで、O型とA型で占めている。控えもO型だらけ。しかし、投手は本格派と呼ばれるO型がいない不思議。
 過去の名球会入りしている名選手には、O型の投手は何時の時代もエース級で、力でねじ伏せる豪腕タイプが多かった。村田、東尾、山田、江川、今中、松坂などだ。しかしこのタイプは太りやすいという欠点と、9回を持たせるために、ペース配分を重視し、途中で力を抜くことが多い。力関係に敏感なので、相手が上と見ると、全力でぶつかっていくが、格下と見ると、途端に力を抜く悪い癖がある。

 DeNA

 1 桑原  B型   5 ロペス  不明
 2 梶谷  A型   6 倉本     B型
 3 石川  O型    7 白崎    O型
 4 筒香  A型   8 戸柱     A型
 
 主な主力投手

 A型 井納、今永
 O型 石田、山口、三浦、山崎、藤岡
 B型 田中、久保康、久保裕、砂田
AB型 三上、須田

 不明 サガースキー、モスコーソ

DeNAの場合はスタメンがほぼ固定で、あまり開幕から入れ替えが少ない不動のメンバーだ。O型のラミレス監督にしては、バランスよく配置している。投手はO型とB型だらけ。この辺がO型監督の好みが出ている。扱い易い選手で固めている。

 さて、今日の記事は、あまり面白くなかったと思うが、これも「ひとり言」なのでご容赦願いたい。プロ野球選手や専門的職業だと、不思議とB型が多くなる。特に派手な世界や華やかな分野ではぬきんでている存在だ。とても日本人の22%しかいないとは思えない。やはりB型は目立つ存在なのだ。

 また、外国人はこうした血液型による性格診断などないので、おそらくは自分の血液型を知らない人が多い。よって、統計には表れないのだ。

 今年のプロ野球を見ても、血液型別の特徴を踏まえ、適材適所に傭兵すれば、作戦もズバリ当たるかもしれない。
 例えば1番打者は足の速いA型を置くと良い。またクリーンアップはプレッシャーに強いB型と長距離砲のO型が適役といった具合だ。先発はO型で、中継ぎに技巧派のB型、そして抑えは開き直ると強いA型。しかし、A型はプレッシャーに弱く、苦手打者には滅法ダメ。過去のリリーフエースは、江夏、藤川などがいたが、私は津田、山口、佐々木のようなO型が向いていると思っている。向こう気が強く、力ずくで相手をねじ伏せるタイプで、しかも決め球を持っている投手こそが適役だと思う。

 私の持論だが、こうした血液型による性格も野球に取り入れたら、面白いと思うのだ。性格的に向いているポジションや打順があったり、役割も違うと思う。好奇心が強く、凝り性のB型は、その道のプロになれる逸材だし、A型は開き直ると強いので、それなりの持ち場を与えれば活躍できる。O型はエース級、4番に適役だし、AB型は相手の心理を読み、裏をかく能力に長けている。

 記事作成:5月18日(水)

2016年6月 5日 (日)

福島県の隠れスポット10

 福島県は面積で日本第3位、東西に広い国土を有しているせいか、福島県民でもあまり知らないような名所が数多く存在している。国宝こそいわき市の白水阿弥陀堂しかないが、実は、由緒正しき名勝や旧跡が点在する。

 まずは全国にも知れ渡っているような観光地やメジャースポットを紹介し、対比する形で、アド街ック天国の「気にスポ」のような、レアな場所を取り上げたい。

 <メジャースポット>

 1位 鶴ヶ城・飯盛山・・・会津藩の学び舎、白虎隊の悲劇の舞台
 2位 大内宿・・・江戸時代の茅葺屋根の宿場町。長ネギ1本で食べる高遠そばが名物。
 3位 裏磐梯(五色沼・桧原湖周辺)・・・遊覧船やバス釣り、ボートで♡型の鯉を探す。
 4位 三春滝桜・・・日本三大桜。枝垂桜の巨木で日本各地にその子孫がいる。
 5位 スパリゾートハワイアンズ・・・フラガールを生んだ遊戯施設
 6位 新宮熊野神社長床・・・平安末期の太古浪漫を掻き立てる寝殿造の建造物
 7位 猪苗代湖・スキー場・・・数多くのゲレンデが点在。真冬のしぶき氷も名物
 8位 尾瀬・・・群馬県との県境。水芭蕉が美しい。
 9位 白河小峰城・・・地震で崩れた石垣を修復。白ではなく三重櫓
10位 塔のへつり・・・大川沿いに奇岩がせり出す。つり橋を渡り対岸散策。岩魚の塩焼
    きが絶品

 食べ物

 円盤餃子(福島市)、粟まんじゅう(柳津)、ソースカツ・味噌田楽・こづゆ(会津若松市)、いか人参(福島県内)、喜多方ラーメン(喜多方市)、白河ラーメン(白河市)、てんぷらまんじゅう(強清水)、浪江焼きそば(浪江)、グリーンカレー(郡山市)、玉羊羹(二本松市)等

 <隠れスポット>

 1位 左下観音堂

Img_6782_r Img_6804_r

 会津美里町にある。私も福島県に50年近くも住んでいて、こんな場所があったとは全く知らなかった。それもそのはず、人里離れた山林の奥深くにひっそりと佇んでいたからだ。しかもそれは崖に寄り添うように建っている。木造懸造の珍しい建築様式で、お堂というよりもまるで神社仏閣。清水寺のミニチュア版という印象さえ感じる。土台部分は木枠で組まれており、高さは20ほど。下から見上げるとそれは聳え立ち、その威容は圧巻。実際にお堂に登ると、振動で揺れるし、板張りの床がみしみし軋むので、下手なアトラクションよりよっぽど怖い。最近、県の文化財に認定されたため、メジャーな観光地になりつつある。私はネットでたまたまここを訪れた方のブログを見て存在を知った。

 2位 東堂山満福寺鐘楼

Img_6206_r Img_6219_r

 この場所は、今年4月に初めて訪れて知った穴場中の穴場と言えるパワースポット。山中にひっそり建っている。目玉は鐘楼で、苔生した石段を歩くと、まるで別世界。時代絵巻にタイムスリップし、都会の喧騒を離れ、侘び錆の世界観を満喫できるスポット。そして周辺の山林には百体を超える羅鑑の石仏像が密集して置かれている。この世のものとは思えないありさまだ。
 私が訪れたのは4月だったが、冷え込みが厳しく、3℃という寒さで、良い季節に再訪したいと思わせる寺院だ。

 3位 岩角山

Img_2500_r Img_2536_r

 「いわづのさん」と呼ぶ。ここは山全体が霊場。霊験あらたかな厳かな雰囲気を醸し、一瞬足を踏み入れていいのか戸惑う。私はひとりで訪れたが、不気味な雰囲気。青森の恐山の賽の河原と同様に、この世の世界とは思えない厳粛な気持ちにさせられる。「あの世」を実感できる不思議体験できるスポット。そして山頂までの散策路の途中、大小さまざまな奇岩が点在する。場所は本宮市街地から北東に5kmほど行った山の中。

 4位 菅舩(すがふね)神社

Img_1001_r Img_1005_r

 ここも私が驚いた隠れスポット。私が居を構える郡山市にあるのだが、昨年までその存在を知らなかった。ユラックス熱海で逢瀬町の観光案内パンフを貰って、こんな素敵なパワースポットがあると知った。それは人里離れたわかりづらい場所にあるからだ。昨年初訪問し、季節を変えて3回訪れ、今年も1度、計4回訪れている。それほどこの菅舩神社は期待を裏切らない魅力的なスポット。4度訪れて、いずれも誰もいなかった隠れたスポットだ。狛犬が迎える赤い鳥居をくぐると、幾重にも続く緩やかな石段が現れる。左に折れるように石段は続く。周辺は杉林で、昼間でも薄暗い。無人の社務所の前に絵馬が書かれ、受験生の願掛けメッセージが。そして鳥居を幾つか潜ると、2~3分歩けばすぐに山頂の境内へ。立派なつくりの「随神門」が出迎えてくれ、そこを抜けると拝殿とその奥に神楽殿が。防犯カメラと人の気配を感知し点灯するライトが。天皇陛下が植樹した木もある。とにかくレアな場所でひっそりしている。こんなところにこれほど立派な神社があろうとは、郡山市民ですら知らない筈だ。森林浴にも最適で、街の喧騒を離れ、自分を見つめなおせる場所だ。場所は郡山の西部、片平町の更に奥、逢瀬町のゴミ処理工場の北側の河内(こうづ)という町から1kmほど西に行った場所。

 しかし、5月18日に、この神社がある河内のさらに奥の山林で男性の殺害遺体が発見されたため、あまりうろつくと犯人と怪しまれるため、近づくのも躊躇うことになった。

 5位 原町無線塔跡

Haramachi1 Haramachi2

 ここは大正10年に建造された由緒ある無線塔だった。1923年(大正12年)9月1日に関東大震災が発生した際に、第一報を無線通信によってアメリカに打電し、これにより震災のニュースが世界中に伝わった。バベルの塔の如く、200mを越す、日本最大級の高層建造物だった。市内のどこからでも確認できるお化け煙突風で、ラウンドマークだった。これが昭和56年に取り壊され、その後、10分の1スケールの高さ20mほどのメモリアルタワーが国道6号線沿いに建てられている。

 6位 相馬百尺観音

Soumakannon Soumakannon2

 ここも知る人ぞ知る隠れスポット。相馬市街地から南に2km下った国道6号線の西側にある。本来は百尺(高さ33m)ほどの予定で、個人が建設を開始したが、胸から上部完成したところで、亡くなり、その遺志は身内の方に引き継がれ、今も建設中。大震災で手の部分が崩れるなどのアクシデントに見舞われた。バルセロナのサグラダファミリアと同様、完成にはまだ長い歳月を要する。

 7位 ふれあいUFO館(飯野町)

Img_6979_r Img_6980_r

 二本松市から阿武隈山系に向かって北東側に10kmほど行くと、三角錐のような異様な形の山「千貫森」がある。その中腹に六角形の形をした公民館があるが、それを「UFOふれあい館」として広く開放した。実はこの山の界隈は、古くからUFOの目撃例が多発。いっそUFOで町おこしを決行した。UFOふれあい館には有名芸能人が多数訪れているし、取材も殺到した。不思議な宇宙空間をイメージしたつくりで、宇宙人やUFOの模型、紹介するパネル、なんとアメリカのCIAの極秘文書まで展示されている。そしてシアタールームでは、この千貫森に関わる不思議な一致やミステリーな事象などが紹介されている。
 そしてここでは畳敷きの和室大広間からの眺望が楽しめるし、カラオケも可能。また豊かな自然を眺望できる入浴施設まである。またはす向かいのレストランでは隕石?の鉄板で焼いた特製メニューも楽しめる。

 8位 二本松(霞ヶ城・黒塚)

Img_6960_r Img_6971_r

 ここは県内では菊人形会場として広く知れ渡る有名観光スポットだが、全国の方にはあまり認知されていない。
 高村光太郎の妻・智恵子のふるさと二本松市。「ほんとうの空」がそこには広がる。安達太良山の稜線が青空に映え、それは見るものを魅了する美しさ。そして忘れてはならないのは、幕末期に起きた戊辰戦争の際の二本松少年隊の悲劇。わずか15歳前後の少年達が戦場に赴き、その幼い命を散らした。その英霊たちを偲ぶ場所が霞ヶ城。
 私は毎年必ず、歩いて山頂の石垣に登り、そこからの眺望を楽しんでいる。途中の散策路には、智恵子の句碑や二本松少年隊の奮戦を描いたモニュメントと慰霊碑、そして展望台もある。帰りは季節折々の花々が憩いを与え、また日本三大井戸もある。下山すると、菊人形の会場にもなっている公園に辿り着き、さらには再建された箕輪門と、二本松少年隊とその母親の姿を描いたモニュメント像と出会える。
 ぜひここは神妙な面持ちで訪れて欲しい。
 また黒塚は、歌舞伎でも演じられる安達が原の鬼婆伝説があるいわくつきの場所。安達が原ふるさと村の入り口に観世寺があるが、そこに鬼婆が潜んでいたとされる岩屋があり、その悪行を記した書物や絵巻が展示されている黒塚宝物資料館も併設されている。

 9位 安倍文殊堂(田村市船引)

Abemonjyu

 私はここを「YouTube」で田村市のアイドルレポーター「しおん」ちゃんが紹介している動画を見て知った。50歳を過ぎて、神社仏閣に興味が沸き、人ごみよりは人気の無い森羅万象を感じ取れるようなスポットを歩くのが好きになった。以前、伊達政宗の800人なで斬りの呪いの小手の森城址を訪れて、右膝を痛めてしまったが、山城や人里離れた山奥の寺社を訪ねることが多くなった。体力不足解消の意味合いがあって、まだ体が動くうちにあちこち行っておきたいのだ。
 ここは日本五大文殊なのだそうで、やはり杉並木に覆われたひっそりした山中に建ち、あまり人が訪れない場所。クマが出そうで不気味だが、石段を登って辿り着いた場所は、霊験あらたかなお堂。受験の合格祈願には最適な場所。地元の人でもあまり訪れない穴場だ。

10位 白河アウシュビッツ博物館

Img_1619_r Img_1630_r

 ここは3年前のお盆に訪れたが、施設の博物館。ポーランドにあるアウシュビッツ収容所で処刑あうりは大量虐殺(毒殺)されたユダヤ人たちの惨劇を伝えるための日本唯一の伝承施設で、現地から実際に使用された毒薬や被害者たちの遺留品などが展示されている。またナチスドイツ兵が両親を連行した際に子供たちが描いた絵などが展示され、戦争の悲惨さを知る証拠であり、またナチスドイツの残虐性を学ぶ博物館だ。写真パネルやビデオ鑑賞も可能だ。

 次点 木幡山隠津島神社

Kakuretu1 Kakuretu2

 「おきつしま」と読む。県の中通りの北部、阿武隈山脈の西斜面における丘陵地帯の東端に円錐形の姿で聳える木幡山の8合目に巨岩を背に鎮座する。木幡山全域を境内地とし、山麓には遙拝殿もある。木幡山は古くから神霊の籠る山として「御山(おやま)」とも称され信仰の対象とされた為に、山中に鎮座する当神社を指して「御山」と呼ぶ場合もある。かつては弁才(財)天宮と称しており、現も「木幡の弁天様」と呼ばれて親しまれる。12月に行われる木幡の幡祭りが国の重要無形民俗文化財に指定されている。旧社格は県社。隠津島姫命(おきつしまひめのみこと)、田心姫(たごりひめ)命、湍津姫(たきつひめ)命の宗像三女神を祀る。福島県には珍しい三重塔があるが、最近朱色に塗り替えられ、けばけばしい印象の佇まいになってしまった。
 昭和30(1955)年に、県の重要文化財に指定された この三重塔は、室町時代の文明4(1472)年に建立された。 天正年間伊達政宗の兵火によって全山炎上した際、三重塔だけ残った。 延宝2(1674)年二本松藩主丹羽光重公により修復されたが、 明治35(1902)年の大暴風により第一層を残して倒壊し、 大修理したものが現存している。

 ほかにも「きのこ岩」(郡山市浄土松公園)や「ハートレイク半田沼」(伊達町)も是非訪れたい。また、京都の伏見稲荷神社を髣髴させる、国見町にある朱塗りの鳥居が連なる「万蔵稲荷」も訪れる価値はある。そして古殿町の「鎌倉山」に登って300km以上も離れた富士山を拝むのも良し。さらには郡山の西田地区にあるデコ屋敷も古民家体験には打ってつけ。
 県民や県外の方を問わず、こうした隠れたスポットを訪ね、その郷土歴史や自然、土地柄に触れるのも一興かと思う。ぜひ、福島県の隠れた魅力に触れてほしい。

 記事作成:5月20日(金)

2016年6月 4日 (土)

私の好きな福島県内のCM

 過去、何度もこの手の記事を書いた。たとえば「福島県民なら誰でも知っているCM」などがそうだ。詳しくは当ブログの「CM」のカテゴリーをご覧頂ければ幸いです。
 今回も懲りもせず、福島県内で放送されている、感動的だったり、珍しい手法や作風だったりするCMを何点か取り上げたい。原発事故の放射線被害ばかりでなく、福島に少しでも目を向けて頂けたらありがたいという趣旨からお送りしたい。

 1 塩屋崎カントリークラブ

 親子三代、父と廻ったコースを今、息子と歩く。これがコンセプト。名門コースであることを暗にPRしているが、何か感動を誘う。

http://www.shioyazaki.jp/index.php

 2 こころネットグループ

 心のある仕事がテーマ。愛、偲、慶、慈など心の漢字をつなぎ合わせ、人生を物語っている。互助システムサークルのPR用のCMだが、心打たれる。この歌も大好きだ。

https://www.youtube.com/watch?v=AE7OziMGumY

 3 さがみ典礼左とん平

 海に散骨編

 さがみに相談編 https://www.youtube.com/watch?v=5ne7GZvp32k

 以前は、小野ヤスシさんがCMに出演していたが、亡くなってからは左とん平さんが務めている。海に散骨は目から鱗だが、墓を持たなくて良いし、私のように海釣りを趣味にしている者にとっては分骨しても良さげだ。

 4 うすい百貨店「初夏編」

 私も小さい頃から庭のように何度も訪れた「うすい」。郡山では老舗デパートだった。7階のレストランでお子様ランチを食べるのが大好きだった。切手を購入したり、第1うすいと第2うすいを行き来して楽しんだものだ。

 5 昭和ドライバーズカレッジ

 初々しい若さあふれるCM。免許取得に大いなる夢や希望を見出し、世界観が広がるようなイメージの作品。

 最後に今回のテーマとは離れるが、かつて福島県で営業し、現在は廃業に追い込まれた懐かしい店舗やホテルなどのCMをお送りします。

 1 磐梯グランドホテル

 その昔、30名以上が亡くなる大火災に見舞われたが、再建された。その隣りには「磐光パラダイス」という名のイベント会場兼遊技場があった。いろんな歌手のリサイタルやショーを温泉の浴衣を着たまま観劇出来た。ユラックス熱海の建設と共に姿を消した。
 熱海の街もバイパス開通に伴って、温泉街を通る車が激減し、奥座敷化してしまっている。活気が失せ、駅前のスーパーも廃業した。その後、磐梯熱海駅の北側の磐梯グランドホテルと隣に隣接していたパラダイスの跡地は、しばらく更地状態が続いているが、もうすぐ、総合運動場が着工となる見通し。

 2 ダイエー郡山店

 昭和50年頃の郡山は、デパートの進出ラッシュで過当競争になった。既存のうすい百貨店、丸光デパート、津野デパートに加えて、ダイエー、西武、丸井が駅前周辺に相次いで出店した。しかし、その後、10年後には相次ぎ撤退した。ダイエーは、系列のディスカウントストア「トポス」に変わったが、それも長続きしなかった。

 「そごう」進出の話もあったが、県議会議員だった青木久氏が反対派の後押しで、市長に就任したら、これを白紙撤回してしまった。

 3 大黒屋

https://www.youtube.com/watch?v=flnoGPdnxdc

 4 赤トリ井

https://www.youtube.com/watch?v=jd2pRSQfRos

 5 エンドーチェーン

https://www.youtube.com/watch?v=dCpS7qIVy5o

 福島市にあったデパートやスーパーの大型店もバブル崩壊で相次いで閉店。駅の東口には長崎屋福島店があったが、ここも閉店し、撤退した。

 6 いわきダイエー閉店

https://www.youtube.com/watch?v=5p8J4jSjxRU

 7 会津中合閉店

https://www.youtube.com/watch?v=798AuQLve3Q

 記事作成:5月1日(日)~

2016年6月 1日 (水)

福島県内の大学CM

 最近は少子化の影響で、選ばなければ簡単に入れてしまう私立大学が多く存在する。10年ほど前に、こうなることは見えていたのに、補助金目当てで学部増設や大学時代を新設、あるりは定員増などの戦略を実行した結果、今になって定員割れや募集停止などの憂き目に遭っている。
 我が福島県もその例に漏れず、震災以降、放射線被害を懸念して、人口流失が相次ぎ、こと県内の私大は死活問題となっている。そこで打開策ではないが、どの私大も、近年、TVCMによるPR作戦に余念がない。人集めは明るく楽しい校風をアピールし、いかにも今の若者が求めるニーズに即応した雰囲気を築き上げている。
 今の時期は各大学共にオープンキャンパスを控えて、受験生に好印象を与えるべく、CM作戦を実施してる。毎日、地元のテレビCMで私大の宣伝を見ない日は無いに等しい。それでは福島県内でどんな大学のPRCMが流れているか紹介したい。

 1 東日本国際大学・いわき短期大学(2016年バージョン)

 なんとここの学長は、あのエジプト考古学者の「吉村作治」氏。

 過去のCM https://www.youtube.com/watch?v=EIIdN7XHeOk

 2 郡山女子大学・短期大学部

 CMギャラリーはコチラ(大学の公式HP)  http://www.koriyama-kgc.ac.jp/movie

 在校生ではなく、わざわざモデルを起用して制作された。

 

 今年で創立70周年を迎える老舗の女子大学。創立者の故・関口富佐先生が女子教育に一生を捧げた。何を隠そう、私はここの附属幼稚園を卒園した。

 3 福島学院大学・短期大学

 こちらは、在校生を起用しているが、毎月のように異なるバージョンを制作して流している。広告費をかなり使っている。

 過去のCM https://www.youtube.com/watch?v=8ssVb0wWzwE

 4 奥羽大学

 もともとは「東北歯科大学」として開校したが、文系学部を増設する際に「奥羽大学」に名称変更した。しかし、日本文学部は当の昔に廃止。現在は薬学部を設置した。あの人気バンド「GReeeeN」のメンバー全員がここで学び、音楽活動を謳歌し、メジャーデビューしたのはあまりにも有名。
 ここはあまりCMを制作していないので、在校生のインタビュー形式のプロモーションPVをご覧ください。

 県内には、ほかにも私立大学で、日本大学工学部(郡山市)や桜の聖母短期大学(福島市)などがある。もちろん国立は福島大学、公立では福島県立医科大学と会津大学、会津短期大学がある。
 今、県内の学生も東京や仙台への流出が相次ぎ、優秀な学生がどんどん地元を離れていく傾向がみられる。福島の復興は、若者たちの熱意とフレッシュなエネルギーに依存するところが大きい。故郷愛をぜひ発揮し、明るい未来創造のための一翼を担ってほしいと考える。ぜひ、地元の大学で学び、福島県の真の復興・再興に貢献して欲しいと願うものである。
 

 記事作成:5月23日(月)
 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

福島県の天気


無料ブログはココログ