2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 私が愛した番組~NHK編~ | トップページ | 福島県内の意外なお国自慢 »

2016年9月 3日 (土)

伝説の男⑰~不敗神話を築いた投手~

 2011年、東北地方は未曾有の大震災と大津波に襲われ、非業の土地と化した。沿岸部一帯は、ここに街があったとかという変わり果てた無残な姿を晒した。落ち込む人々に勇気を与えてくれたのが、その年に行われたドイツワールドカップで、なでしこJAPANが一度も勝ったことのない最強アメリカをPK戦の末に破って初優勝を遂げたことと、その2年後の2013年に打ちひしがれた東北地方の方たちに、元気とパワーを与え続けた東北楽天ゴールデンイーグルスの創立9年目にしての悲願の初優勝だった。それは震災直後の開幕戦で嶋主将が呼びかけた「見せましょう、東北の底力を」という言葉が現実になった瞬間だった。
 その歴史的快挙の立役者となったのが、そのシーズン負けなしの24連勝で、伝説を作った「田中将大」だった。これは剛腕で相手をねじ伏せ、バッタバッタと三振の山を築いたかと思えば、頭脳的に相手の打つ気をそらす、角度の大きいスライダーと伝家の宝刀、鋭く落ちるスピリットを駆使する頭脳派タイプのエースだった。

 彼はその年、まぎれもなく伝説を作ったが、その毎回の快挙にはマウンドに立っていた。シーズン初優勝のマウンドにも彼が仁王立ちで、敵地西武球場で優勝投手になったし、楽天Kスタ宮城でのCSシリーズでも優勝の瞬間には彼がマウンド上にいた。そして、人々を感動の渦に巻き込むドラマチックゲームの主役にいたのもやはり彼だった。まさに「千両役者」は彼のためにあるような言葉だ。

 その前日、初優勝がかかった日本シリーズ第6戦で彼は先発したが、巨人打線に打ち込まれ、160球を投げぬいたものの報われず、初めて黒星を喫した。誰もが第7戦の登板などありえないし、ベンチ入りすら回避されるだろうと思っていた。それはつまり、楽天の初優勝が遠のいた瞬間でもあった。しかし彼は、監督に直訴し、ベンチ入りを志願。しかも3-0と楽天がリードした場面で先発の美馬が6回まで完璧に巨人打線を封じ、そして7・8回とリリーフした新人則本が完璧なリリーフ。誰もが、則本が続投し、締めると考えていた。しかし、9回の最後の場面で、満員の観客にコールされたのは「背番号18、田中将大」だった。
 その瞬間、スタジアム中の観客が総立ちとなり、スクリーンに映し出された彼と共に大合唱が始まった。ファンモンの名曲で彼の登場テーマである「あとひとつ」が流れ、誰もが彼に感謝し、大拍手を送り、そして彼の登場を讃えた。その時の模様は、小雨が降り続く中で、ファンと選手の一体感の中、マウンドに向かう彼は、まさに仙台市民のHEROだった。そして前夜のリベンジを果たす格好の舞台が整った。観客席には新婚ホヤホヤの愛妻・里田まいも手を合わせて固唾を飲んで見守っていた。
 解説の古田敦也や工藤公康も震えるほどの信じがたい光景を前に、彼の日本球界最後の伝説の幕がおろされたのだった。
 
 リリーフした彼は、先頭の村田と2死後、ロペスにヒット2本を打たれ、ピンチを迎えながらも、スタジアムを覆うファンの大声援を力に変え、そして最後のバッターとなった代打の切り札の矢野を気迫のスプリットで三振に仕留め、楽天に初優勝をもたらしたのだった。球場中が彼の快投に涙を流し、共に初優勝を祝った。僅か2年前に起きた大震災で、悲しみに暮れていた仙台市民、そして東北の人たちに感動と生きる希望を与えたのだった。

 その時の伝説となった彼の登場シーンから優勝決定までのシーンをどうぞ

 あの日、球場が震えた。大合唱は鳥肌もので、皆、涙を流しながら歌ったに違いない。前日160球を投げた投手が、翌日マウンドに立つなどということがこれまでにあっただろうか?彼のむき出しの闘志と気迫が楽天に勝利を呼び込んだのだろう。ファンも来年はメジャーへ挑戦のため、楽天を去ることを知っていた筈だ。しかし、1年間彼がマウンドに立ち続け、不敗神話を24にまで伸ばし、立派にその役目を果たしたことに誰もが感謝し、彼の背中を優しく見送ることを覚悟していた。だから、これが最後で彼の雄姿の見納めだと悟り、心の底から声援を送ったに相違あるまい。
 あの日、間違いなく楽天スタジアムには野球の神様が降りたし、奇跡を生んだのも間違いなく田中将大がいてこそだった。何を隠そう、生来の巨人ファンの私が、あの日は100%楽天を心底応援したし、田中将大が神に見えた。

 最後に、彼が登場したシーンを多くの楽天ファンが撮影していた。彼を待っていたファンの大歓声と大絶叫、感動的な「あとひとつ」の大合唱を撮り収めた模様をご覧になりながら、今回の記事を結びたい。

https://www.youtube.com/watch?v=kDc-Pnnwfyk

 駒大苫小牧出身の彼が、今も北海道民に愛されている様子がわかる動画はコチラ。優勝を決めた瞬間の札幌駅構内の様子です。

 「ありがとう、田中将大、ありがとう楽天」。東北に勇気と希望を与えてくれて・・・。次はあなたの雄姿を東京五輪で見てみたいです!

 記事作成:8月29日(月)

« 私が愛した番組~NHK編~ | トップページ | 福島県内の意外なお国自慢 »

野球」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ