2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

2016年10月期のCMベスト5

  昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、今年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの10月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 pray for one

 あなたは誰の幸せを祈りますか?このCMの中に人生の縮図が詰まっている気がする。

 2位 ラ王 「食べたい男 遠くの幸せ 篇」

 遠い記憶を蘇らせてくれそうなシチュエーション。街角で偶然に、学生時代の出来事を思い起こさせるような相手に遭遇。しかし、相手には子供が・・・。ろくに会話も交わせずその場を離れる二人・・・。続きが気になるストーリーだ。

 3位 貫地谷しほり トミーリージョーンズ タモリ CM サントリー プレミアムボス「プレミアムTOKYO」   

 4位 エネオス 吉田羊 丁寧なプロの仕事

 5位 ダイハツキャスト 「そびえ立つ道」編

 10月に何度も放映されたCM。ダイハツは綾野剛出演のベタ踏み坂など、日本全国の隠れた面白い道路事情を紹介するCMを制作して来た。今回は山崎賢人が出演。

2016年10月30日 (日)

日本で開催された世界規模のイベント

 私が生まれたのは西暦1964年。そう、東京オリンピックが開催された年だ。時代は高度経済成長の真っ只中で、工業や産業技術が進歩し、それに伴い景気が良く、経済も大きな発展を遂げた。それ以降、私はいろんな社会の節目となる大事件、ビッグイベントを経験して来た。そこで今回は、まだ人生を回顧するにはまだ早いが、私が生まれてから今日までに日本国内で行われた世界規模のイベントを取り上げたい、そして同世代の人たちに、懐かしんで貰えたら幸いだ。

 1964年 東京オリンピック

 1964年(昭和39年)10月10日(後の体育の 日)から10月24日の期間にかけて日本の東京で開かれた第18回夏季オリンピック。歴史的には、第二次世界大戦で敗戦し急速な復活を遂げた日本が、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な意味を持つ。 自国開催のこのオリンピックで、日本選手団は金メダル16個を含む29個のメダルを獲得。アメリカ、ソビエトに続く3位の好成績を収めた。「東洋の魔女」や体操の遠藤幸雄らが活躍した。

 1970年 大阪万国博覧会

 正式名称は「日本万国博覧会」 「人類の進歩と調和」をテーマに掲げ、77ヵ国が参加し、戦後、高度経済成長を成し遂げアメリカに次ぐ経済大国となった日本の象徴的な意義を持つイベントとして開催された。日本においては1964年の東京オリンピック以来の国家プロジェクトであり、多くの企業・研究者・建築家・芸術家らがパビリオン建設や映像・音響などのイベント制作・展示物制作に起用された。大阪市など会場周辺市街地では万博開催への整備がなされ、道路や鉄道・地下鉄建設など大規模開発が進められた。目玉はアポロ計画でアポロ12号の宇宙飛行士が持ち帰ったとされる「月の石」と日本が誇る大芸術家の岡本太郎が建設した「太陽の塔」がシンボルとしてラウンドマークの役割を果たした。

 1972年 札幌オリンピック

 北海道札幌市で1972年2月3日から 2月13日まで行われた冬季オリンピック。日本およびアジアで初めて開催した冬季 オリンピック。実際には1940年に計画されたが、日中戦争により中止された経緯がある。日の丸飛行隊の表彰台独占でジャンプフィーバーが巻き起こり、銀盤の妖精・ジャンットリン人気など見どころ満載で、テーマ曲の「虹と雪のバラード」が大ヒットした。

https://www.youtube.com/watch?v=-8gI9S4pKrU

 1972年 パンダ来日

 1972年11月5 日に、上野動物園でジャイアントパンダのカンカンとランランの一般公開が開始されまし た。  パンダが来日するきっかけは、同年9月に日本と中国が国交を結んだことでした。第二次世界大戦後の懸案となっていた外交問題でしたが、時の内閣総理大臣である田中角栄が総理大臣として初めて中国の北京を訪問し、日中共同声明の調印式で、田中角栄、周恩来両首相が署名したことで日中国交は正常化しました。
 この日中国交正常化により、中国はパンダ外交を展開し、上野動物園に2頭のジャイアントパンダが贈られたのです。 カンカンとランランだ。そのぬいぐるみのようなかわいさに、日本じゅうが熱狂。上野周辺では、「パンダ大歓迎」のムードに包まれていた。この当時、ほとんどの子どもがパンダ・グッズを持っていたはず。

 1976年 沖縄海洋博覧会

 正式名称は「沖縄国際海洋博覧会」。沖縄県の本土復帰 記念事業として沖縄県国頭郡本部町で183日間の会期(1975年7月20日 - 1976年1月 18日)をもって行われた国際博覧会(特別博)。
 「海-その望ましい未来」を統一テーマとし、日本を含む36か国と三つの国際機関が参加した。会場規模は、100万m2(うち陸域75万m2、海域25万m2)であった。博覧会会場は海岸沿いの非常に細長い敷地であったため、会場内のアクセス向上策としてKRTやCVSなどの新交通システムが日本で初めて試験的に導入された。
 展示施設の中でも最大の目玉とされたのが、未来型海洋都市のモデルとなる人工島「アクアポリス」であった。しかし、アクアポリス自体が展示物であり内部にさしたるアミューズメント的な仕掛けもない施設となっていたことから、訪問客のなかには拍子抜けした者も少なくなかった。

 1985年 つくば科学万博EXPO’85

 正式名称は「国際科学技術博覧会」。主に筑波研究学園都市の茨城県筑波郡谷田部町御幸が丘で、1985年3月17日から同年9月16日までの184日間にかけて行われた国際博覧会である。「人間・居住・環境と科学技術(Dwellings and Surroundings - Science and Techonology for Man at Home)」を博覧会統一主題(いわゆる「テーマ」)とし、日本を含む48ヵ国と37の国際機関が参加した。総入場者数は、2033万4727人で、当時の特別博覧会史上最高入場者記録となった。会場面積は101.6ヘクタール。
 シンボルマークは「宇宙」「地球」「人間」「科学」「芸術」などの未来像をイメージして作られたという。形は、青地の三角形の中に白丸と2個の輪が描いたものが使用された。三角形の頂点は「筑波の山々」を表し、みっつの角は、「人間」「居住」「環境」を、白丸は「太陽」を、ふたつの輪は「人間」と「科学」を表す。田中一光作。マスコットキャラクターは「コスモ星丸(ほしまる)」。

 東京サミット

 過去3回開催された国際会議。第5回先進国首脳会議(1979年); 第12回先進国首脳会議(1986年); 第 19回先進国首脳会議(1993年)

 第5回先進国首脳会議(だい5かいせんしんこくしゅのうかいぎ)は、1979年(昭和54年) 6月28日から29日までの日程で東京で開催された先進国首脳会議。通称は東京 サミット。初めて日本で開催されたサミットである。会場は東京都港区赤坂の迎賓館。

 第12回先進国首脳会議(だい12かいせんしんこくしゅのうかいぎ)は1986年5月4日から 6日まで日本の東京で開催された先進国首脳会議。通称:東京サミット。日本で2回目に 開催されたサミットである。会場は東京都港区赤坂の迎賓館。

 第19回先進国首脳会議(だい19かいせんしんこくしゅのうかいぎ)は、1993年7月7日 から9日まで日本の東京で開催された先進国首脳会議。通称東京サミット。日本で3 回目に開催されたサミットである。会場は東京都港区赤坂の迎賓館。

 
 特に印象深いのは1986年に実施された第12回。その時、私は東京に住んでいたが、街のいたるところに警官が立ち、厳重警備を施していた。バイクで走行して何度検問を受けたかしれない。

 1986年 ダイアナ妃来日

 1986年5月8日にイギリス王室のチャールズ英皇太子とダイアナ妃が来日。東京では盛大なパレードが行われ、宮中晩 さん会にも出席した。ロイヤルファッションが注目され、行く先々で大歓迎を受けた。国際的なイベントではないが、大フィーバーしたことは確かなのでここに掲載させていただいた。

 1991年 世界陸上東京大会

 第3回世界陸上競技選手権大会は、日本の東京・国立霞ヶ丘陸上競技場をメイン会場とし、1991年8月23日から9 月1日まで開催された。43種目(男子24・女子19種目)が実施され、167の国・地域から1517人の選手が参加した。この大会では男子100m(9秒86・カール・ルイス)と男子4×100mリレー(37秒50・アメリカ合衆国)、男子走幅跳(8m95・マイク・パウエル)の世界新記録が誕生した。男子マラソン表彰式では、当時の内閣総理大臣(海部俊樹)により金メダルが授与された。

 1993年 皇太子妃ご成婚

 皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀は、1993年(平成5年)6月9日に日本の皇居にある宮中三殿において、 国事行為として行われた皇室の儀式(結婚の儀)である。本儀式により日本の皇太子・ 徳仁親王(当時33歳)と小和田雅子(当時29歳)は結婚し、雅子は皇太子妃となった。

パレード https://www.youtube.com/watch?v=nW9T71pLMvM

 1998年 長野オリンピック 

 1998年(平成10年)2月7日から2月22日まで長野県長野市とその周辺を会場にして開催された20世紀最後の冬季オリンピック。冬季オリンピックとしては、最も南に位置する都市で開催された。72の国(地域)から選手・役員4638人が参加し、延べ144万2700人の観客が会場に集った。日本勢が大活躍し、モーグルの里谷多英、ジャンプの団体、個人の船木、スピードスケートの清水宏保m西谷岳文らが金メダルを獲得した。

 2000年 沖縄サミット

 第26回主要国首脳会議は、2000年(平成12年 )7月21日から23日まで日本の沖縄県名護市の万国津梁館で開催された主要国首脳 会議。20世紀最後のサミットであり、日本初の地方開催のサミットでもあった。日本の首相は森喜朗で議長役を務めた。また、この開催を記念して「2000円札」が誕生し、発行された。

 2002年 日韓共催ワールドカップ

 2002 FIFAワールドカップが、2002年5月31日から6月30日に大韓民国と日本で開催された。 本大会に出場できるのは32か国で、各地域の出場国の出場枠数は、アジア:2.5、アフリカ:5、北中米カリブ海:3、南米:4.5、オセアニア:0.5、ヨーロッパ:13.5であった。これに、予選を免除された前回大会優勝国のフランスと開催国の日本、韓国が加わる。日本はトルシエ監督のもと、予選リーグを突破して決勝トーナメントに進出したが準々決勝でトルコに惜敗した。一方の韓国は、レフェリーの明らかな韓国贔屓の不可解な判定によって4位になった。主審を買収したと八百長疑惑が囁かれた。

 2008年 洞爺湖サミット

 第34回主要国首脳会議(だい34かいしゅしょうこくしゅのうかいぎ、英:34th G8 Summit )は、2008年7月7日から7月9日まで日本の北海道虻田郡洞爺湖町のザ・ウィンザー ホテル洞爺リゾート&スパを会場にして行われた主要国首脳会議。2005年における北海道庁の試算では警備費だけで約30億、全体では約70 - 80億円となっており、夕張市財政破たん問題を抱え、巨額の積算赤字に苦しんでいる財政難の中でさらに重い負担が北海道にかかる見通しとなっていた。この時の座長は福田康夫首相。

 20016年 伊勢志摩サミット

 第42回先進国首脳会議(だい42かいせんしんこくしゅのうかいぎ、英語: 42nd G7  summit)は、2016年5月26日から5月27日に日本の三重県志摩市阿児町神明賢島で 開催された先進国首脳会議。愛称は伊勢志摩サミット。座長は安倍晋三首相。

毎年

 札幌雪まつり

 以上、日本で開催された世界規模の国際的ビッグイベントを紹介したが、懐かしく感じていただけたでしょうか?「あれってそんなに前だっけ?」とか「もうそんなに年月が過ぎたのか」と感慨深いものがあることでしょう。あっという間に月日は経ったということ。あの時分、自分が何歳で何をしていたかも、こうしたイベントと照らし合わせれば記憶が甦るかもしれない。実際にそのイベントを自分の目で見た人、参加した人、あるいはテレビの前で熱狂的に応援していた人、さまざまいることでしょう。
 こうしたイベントが日本国民の記憶の中にいつまでも残ってくれていたら、今回のこうした記事の意図も意義深いものになることだろう。

記事作成:10月9日(日)

2016年10月29日 (土)

一流選手のプライド

 今年の沢村栄治賞が発表され、広島を25年ぶりの優勝に導く立役者となったジョンソン
投手が受賞した。外国人投手の受賞は、阪神のバッキー以来という久しぶりの快挙となった。この沢村賞、以前は戦前の日本プロ野球の黎明期に活躍しながら、戦死した沢村栄治の偉業を称えての創設で、先発完投型の右投手がその対象とされていた。しかし、近年は左投手もその権利を得、さらには外国人投手も対象となった。しかし、太平洋戦争でアメリカ軍によって命を落とした沢村栄治の遺志を、いまやアメリカ人投手が受賞する数奇な事態を招いている。
 一方、今年も現役生活に終止符を打った選手も数多い。代表的な名選手に、広島の黒田博樹投手、DeNAの三浦大輔投手、巨人の代走のパイオニアだった鈴木尚広選手などが挙げられる。長く現役生活を続け、ファンに愛され、記憶に残る名プレーを演じた選手達に、あらためてご苦労様を言いたい。毎年のことながら、このシーズンオフは一抹の寂しさを禁じえない。
 さて、このアスリートの引き際については、私はふたつのパターンがあると思っている。
 ひとつは、「まだやれる」と周囲が思っていても、自分が目指すパフォーマンスができな
くなった」と自らの体力の限界を悟り、美学を貫き、惜しまれながらユニホームを脱ぐ場合
と、ふたつめはマスコミに叩かれ、周囲からは揶揄されながらも、自分が納得 するまで、
つまりボロボロになるまでプレーを続けるタイプ。そして完全燃焼を感じ取った時点で引退
を決意する。前者は王貞治、江川卓、今年限りで引退を表明した黒田博樹らがいて、後者は野村克也、工藤公康、清原和博、中村紀洋、山崎武司、山本昌、そして三浦大輔がいる。おそらくは世界のイチロー選手は後者のように思える。もっとも彼は体力の限界を微塵も感じないほど、入念に準備しているし、ストイックなまでに追い込むことができるため、本人は50歳まではやるつもりでいる筈だ。
 イチローは別格として、一流選手はやはり、35歳を過ぎた頃から、自らの引き際の美学
を思い描き、花道をどこで飾るかを考えるも のらしい。
 ちなみに前者の世界のホームラン王として「一本足打法」でファンを魅了した王貞治選手はホームランを30本放った年に引退を決意した。理由は「王貞治としてのバッティングができない」と感じ取ったから。ホームラン30本以下の選手など五万といる。にもかかわらず、自分の体力の限界を悟ったのだ。これぞ一流選手としての証だ。
                                                  


 また、江川卓もまた13勝5敗の年に引退した。右肩に痛み止めの注射を打ちながら登板を強行した試合で、広島の4番小早川毅彦に真っ向勝負を挑み、それをライトスタンドに軽々と運ばれ、引退を決意した。32歳での早すぎる引退だった。その瞬間、ボールが吸い込まれたライトスタ ンドをマウンド上で呆然と見送り、膝から崩れ落ちた彼の姿が痛々しかったことを今でも脳裏に焼きついている。
                                                      
                                                      
 ところで、今回の沢村賞関して苦言を呈すれば、「怪物」という名をほしいままにし、超一
流がゆえに紆余曲折の末に、入団を熱望していた巨人に入団した江川卓について一言述べたい。
 先発完投型の、いわゆる力投型の投手に与えられる沢村賞だが、この江川は一度も受賞していない。正しくは受賞する資格が与えられなかったといったほうがいいかもしれない。 彼は球界のルールを揺るがす騒動の末に巨人に入団したという負の印象が尾を引いて、悪役のイメージが常について回った。
 彼は入団1年目こそ9勝10 敗というマスコミに散々叩かれる成績しか残せなかったが、2年目に16勝、3年目の1981年には20勝(6敗)を挙げながら、「沢村賞」を授賞される
ことはなかった。その年、沢村賞の栄に輝いたのは、同じチームメイトだった西本聖(たかし)投手だった。派手な江川に比べ、黙々と真面目に取 り組む彼のひたむきな姿勢が高評価を得たのだった。
 首をかしげるような選考に、当時のファンは疑問に思ったに違いない。1981年の両者の
成績を比較すれば一目瞭然。                     
    登板  封   勝-敗-S  勝率   投球回  四球 死球 三振  自責   防御率  奪振率
江川    31   7  20-  6- 0  .769    240.1    38      4      221   61      2.29       8.25
西本    34   3   18-12-  0  .600   257.2     55      3     126    74      2.58        4.40
 1981年のセ・リーグは巨人が優勝し、最多勝、奪三振王、最優秀防御率の投手三冠を達成した江川卓がMVPと沢村賞をW受賞してもおかしくないはずなのに、MVPには選ばれたものの、沢村賞は逃した。沢村賞はチームメイトの西本聖が獲得。上の比較を見れば、両者の差は歴然。勝ち星の多さ、負け星の少なさ、完投数、勝率、四球の少なさ、奪三振数、自責点の少なさ、防御率とどれをとっても江川が数段上回っている。にもかかわらず、彼が投手として最高の栄誉ある「沢村賞」を受賞できなかったのには深い理由がある。
 理由1(OKWAVEのQ&Aより)
 時はまだ江川の入団時のいきさつから、ダーティイメージが払拭されておらず(空白の1日はご存知でしょうか)記者からも好かれてはいませんでした。
当時の沢村賞は記者投票で決めていたので、ドラフト外からここまできた西本に投票が集まってしまいました。西本にあげたいというより、江川に投票したくない記者があまりにも多かったんだと思います。
 そのような反省からと思いますが、今沢村賞は過去受賞したご意見番が合議で決めているはずです。
 理由2
 江川がごたごたを起こして入団したのが1979年です。ちまたでは、江川の投球スタイル
(序盤は手抜きとも思える投球をし、要所で力を入れる)とあいまって、常に全力投球のような力投派の西本と対比され、常に悪役でした。
 そのため、沢村賞選考の前から世間は、沢村賞ぐらいは西本にあげろ、みたいな風潮でした。新聞の論調もどちらかというと西本擁護論が多かったと思います。
ですが実際、西本が沢村賞を受賞するとマスコミの中から、“世間の世論に左右されるような選考はいかがなものか”といった記事も見受けられました。
結 局は、日本人の好きな“判官びいき”のようなものだったのではないかと思います。ただ、二人の投球スタイルを見ていると西本の悲壮感あふれるピッチングには思わず応援したくなり、江川の手抜きスタイルには罵声を飛ばしたくなるときもありました。
                                                
                                                     
 確かに現役時代の江川は、横暴とも言えるわがままな振る舞いがあった。怪物がゆえに、練習嫌いで、天性の素質だけでやってきた。入団のときから「巨人命」を貫き、二度のドラフト指名拒否、浪人の末に3度目のドラフトの前日に事件が起きた。巨人が野球協約の空白の一日の間隙を突いて強行的に江川と契約を結び、発表。これが認められないとなるや、巨人は翌日のドラフトをボイコットした。入団後も、そのわがままぶりは衰え知らずで、リリーフを嫌がり、豪快に力で相手をねじ伏せる剛速球とは裏腹に、手抜きで一発を浴び、一発病と言う代名詞までついた。契約更改では、常にトラブルだらけ。金銭交渉にはがめつい側面もあり、いかにもO型らしい振る舞いだ。こうしたダーティーなイメージが彼には絶えずついて回り、多方面に悪影響を及ぼしている。あくまで巨人にしがみついた結果、未だにコーチや監督への招聘は影を潜め、評論家止まりだ。彼のチームメイトだった原、中畑はその後、監督に、篠塚や吉村もコーチになっているのに、自業自得と呼べるような状況を自らが招いている。このまま、現場復帰できないのはあまりにも勿体無いが・・・。
 さて、タイトルの主旨とは大きく外れたが、沢村賞発表に寄せて、私なりの見解を述べさせていただいた。しかし解せないのは、この栄えある偉大な賞の選考委員に堀内恒夫がいることだ。彼は、現役時代に二度、この賞を受賞し、名球会にも入るような秀逸した投手だったが、「甲斐の小天狗」とか「悪太郎」などと呼ばれるほど素行が悪く、新人で13連勝した好成績を鼻にかけ、寮の門限を破るなどいい気になって、やりたい放題。それこそ全盛期の江川のような振る舞いだった。彼もO型やんちゃ坊主型だが、そんな彼が巨人の監督を2年務め、満足できる成績を挙げられず、政界へ転身しておきながら、よくも偉そうなことが言えるものだ。
 彼は引退会見で、「練習嫌いで才能だけでやってきた人間だ」と最後まで自画自賛するタイプで、人を指導できる性質ではなかった。単なる評論家は出来ても、指導者としては不適格な人物だ。それを投手の最高賞である沢村賞を選べる立場にはないし、その資格もない。選ぶ側の人間が不相応であるのだから、沢村賞も地に堕ちた存在になるだけだろう。偉そうなことは、監督としてもファンが納得する成績を収めてからで、そんな人間が人を評論したり、とやかく言う権利も資格もないということをここで苦言を呈して結びとしたい。
 記事作成:10月25日(火)

2016年10月28日 (金)

1980年代福島県内の週末のお楽しみテレビ番組

 1980年代は、私が高校時代、そして大学時代を過ごした時期で、世間はバブル景気を迎え、飽食の時代と呼ばれていた。文化的には洋楽が持て囃されたり、アイドルブームで親衛隊が闊歩し、竹の子族やなめ猫、ツッパリブームなどが沸き起こった。
 我が福島県でも民放2局に加え、テレビ朝日系列をネットする福島放送(KFB)、そしてその数年後にはTBS系列をネットするテレビユー福島(TUF)が開局した。様々なテレビ番組がLIVEで見られるようになった。では、昨日に引き続き、私が1980年代の週末に楽しみにしていた番組を取り上げたい。

 土曜日

 7:00 巨人戦のナイター中継が多かった。 まんが日本昔ばなし

 常田富士男さんと市原悦子の巧妙な話しぶりが大人気となった。龍にまたがって登場するオープニング映像は長年見ていた。私は「三枚のお札」が大好きだ。

https://www.youtube.com/watch?v=3XkKD4vA7sQ

 7:30 クイズダービー

 やはり70年代から80年代はこれが定番。高視聴率で回答者も宮崎美子や齋藤慶子、井森美幸、北野大と入れ替わった。漫画家のはらたいらの知識量は半端なく、大橋巨泉をもってしても「宇宙人」と言わしめた。

 8:00 オレたちひょうきん族

 「全員集合」がマンネリ化し、80年代の漫才ブームを支えたコンビやトリオがこぞって出演し、パロディーを繰り広げた。「ひょうきんベストテン」や「たけちゃんマン」などの冠コーナーから「懺悔コーナー」まであり、人気歌手であってもバケツの水を喰らった。山村美智子や寺田理恵子アナもよくかぶっていた。

 9:00 土曜ワイド劇場 池中玄太80キロ

 西田敏行がカメラマンで、娘役に杉田かおる、同僚に坂口良子、長門裕之、三浦洋一などが出演し、ファミリー的なドラマだった。北海道のタンチョウヅルが舞う映像に憧れて、私は北海道に住むことを決意した。主題歌の「もしもピアノが弾けたなら」と挿入歌の「鳥のうた」が大ヒットした。あまりの高視聴率と反響につき、第二弾(続編)も制作された。

11:00 ねるとん紅鯨団

 深夜に放送していたとんねるず司会の出会い系番組。カップル誕生までをとりもつ。「ちょっと待った」コールや「お任せ」コールが生まれた。中高生は毎週欠かさず視聴していたと思う。現在はナインティナインのお見合い大作戦に受け継がれている印象。

11:15 プロ野球ニュース

 佐々木信也やみのもんたが司会を務めた情報スポーツ系番組。プロ野球の全試合を細かく解説付きで回顧する。珍プレー好プレーコーナーや今日のホームランのコーナーもお馴染みのBGMに載せてお送りされた。

 0:50 テレビ海賊チャンネル

 これは私が北海道に住んでいた頃に放送されていた。所ジョージがMCを務めるお色気系バラエティ番組。「ティッシュタイム」や「シャワータイム」などがあった。同じ深夜の時間帯に松山千春がMCを務めた「ハローミッドナイト」も放送されていた。

 日曜日

 7:00 巨人戦のナイター中継が多かった。

 7:30 クイズヒントでピント・テレビ探偵団

 土居まさる司会のクイズ番組。白組と紅組に分かれてクイズに答え勝敗を決める。デジタル技術を用いたハイテク映像などを駆使した。回答者は中島梓、小林千登勢、薬丸裕英、高田純次などがいた。

 テレビ探偵団は懐かしのテレビ番組や懐かしのテレビCMを紹介するバラエティ番組。三宅裕司とデビュー間もない時期の山瀬まみが総合司会を務めていたほか、当時『週刊TVガイド』の編集記者だった泉麻人が本名の朝井泉名義でコメンテーターとして出演していた。

  8:00 TVスクランブル 天才たけしの元気が出るテレビ

 1985年 4月14日から1996年10月6日まで日本テレビ系列ほかで放送されていたバラエティ 番組で、ビートたけしの冠番組。いろいろなコーナーがあった。初代元気村、やカフェド半魚人、元気温泉などがあった。ほかにもダンス甲子園が人気があった。オスマンサンコン、松方弘樹、兵頭ユキ、高田純次などがレギュラーだった。

 9:00 知ってるつもり?!

 関口宏の冠番組。当時関口が司会する番組は多かった。1989年10月8日から2002年3月24日まで日本 テレビ系列局で毎週日曜日 21:00 - 21:54 (JST) に放送されていた。教養番組で、毎回歴史上の人物を取り上げて紹介していた。大半がその人物の生涯を振り返るものだった。主題歌も何度か変わったが毎回名曲ばかりだった。

10:00 アイアイゲーム  

 山城新伍が司会を担当するバラエティ系クイズ番組。フジテレビ系列局ほかで放送されていたフジテレビ製作のクイズ番組である。フジテレビ系列局では1979年10月14日から1985年9月29日まで放送された。解答者(いわゆるパネリスト)には名高達郎、クロード・チアリ、芹沢博文、中尾ミエ、デヴィ・スカルノ、せんだみつお、高見知佳、島田紳助、成田三樹夫、山下規介などがいた。また、当初はアシスタントとして出演していた川島なお美も、後期には解答メンバーに加わっていた。この番組で生まれた「チョメチョメ」とは「×」「駄目」「いけない」を意味する俗語だった。

 https://www.youtube.com/watch?v=SfNG3ODc5hk

 記事作成:10月8日(日)

2016年10月27日 (木)

1970年代福島県内の週末のお楽しみテレビ番組

 1964年には歴史的な出来事があった。東京オリンピックが開催され、戦後日本の復興を世界にアピールできた時期だった。さらには首都高速や東海道新幹線開業により、インフラ工事が進み、その後の高度経済成長につながった。いうなれば副産物として公害問題を生み出したが、ベビーブームと相まって、人々が夢と希望に満ち溢れていた時代と言える。
 そんな1960年代に私はこの世に生を受けたが、その頃は、テレビと言えば街頭テレビであり、各家庭へのテレビの普及はさほど高くはなかった。力道山が外国レスラーと対峙したり、シャボン玉ホリデーやてなもんや三度笠などが盛り上がっていた。

 一方、1970年代と言えば、私が小学生~中学生の時期にあたる。その頃は高度経済成長期で、3Cが持て囃され、「巨人・大鵬・玉子焼き」の時代であった。テレビが急速に普及し、脚付きの白黒テレビでは、コンバーターでUチャンネルを見て、そして大きく見えるスクリーンを取り付けたり、そしてほどなくカラー化した時代だ。テレビを小さい頃から見て過ごした私だが、当時はNHK2局と民放2局(福島テレビと福島中央テレビ)しかなかった。だから、東京地区では放送されても、ここ福島県内では見られなかった番組も多かったし、数か月遅れで見ることができた番組もあった。そんな中、私が週末に一家団欒で楽しみに見ていた番組があった。今日は1970年代に、福島県内で放送していた番組で、特に想い出に残っている番組表をお送りしたい。

 土曜日

 7:30 巨泉のクイズダービー

 1枠 篠沢教授、2枠 長山藍子 3枠 はらたいら 4枠 竹下景子 5枠 ゲスト

 ロート製薬提供の高視聴率を獲得していたTBSの人気長寿番組だった。

 8:00 8時だヨ!全員集合

 ザ・ドリフターズが生放送でコントや合唱隊を繰り広げ、お茶の間の人気をつかんだ。多彩なゲストが持ち歌を歌い、多くの流行語を生み出した。

 9:00 どてらい男・土曜グランド劇場・横溝正史シリーズ

 あおい輝彦が主演したフジテレビ系列の4年越しの長編ドラマ。昔は1年以上の長きに渡り、ストーリーが続いた。土曜グランド劇場は、NTV系列の数回完結のドラマで、私は「おとこ同志おんな同志」、「姿三四郎」、「パパの結婚」が大好きだった。とにかく竹下景子さんの大ファンだった。

 

 横溝正史シリーズは古谷一行が金田一耕介役で出演。各シリーズごとに難事件に挑んだ。シリアスかつおどろおどろしい殺戮シーンが怖かった。昔はフィルム撮影だったので、重々しく臨場感があった。テーマ曲 茶木 みやこ 「あざみの如く棘あれば」も大好きで、エンディングの映像もどこなのか気になっていた。富岡製紙工場らしい。

10:00 土曜ワイド劇場(福島放送)・大江戸捜査網・ウィークエンダー 

 土曜ワイドは、東京では21時からの放送だったが、こちらでは1時間遅れての放送。明智小五郎の「美女シリーズ」や「幽霊温泉シリーズ」が大好きだった。結構エッチなシーンが多く、家族で見るには抵抗があった。

 大江戸捜査網は痛快時代劇の大江戸捜査網も楽しみだった。

 ウィークエンダーは三面記事を各レポーターが取材した内容をより詳しく解説報道する。再現VTRはかなりエロかった・・・。

 この頃の「大人のテレビ」と言えば、「11PM」「アフタヌーンショー」、「あなたの知らない世界」、「独占おとなの時間」、「トゥナイト」で、週末は「テレビ海賊チャンネル」、「オールナイトフジ」だったと思う。

 日曜日

 7:00 アップダウンクイズ

 クイズに答えるたびに、回答者が乗ったワゴンが上がり、10問正解すると海外旅行が当たる。タラップでスチュワーデスに扮したアシスタントのミニスカートが見えそうでヤバかった。

 7:30 シルバー仮面・猿の軍団

 幼少の頃は「赤影」や「シルバー仮面」を放送し、小学生の頃に「猿の惑星」をパクったドラマが制作された。子供ながらにマジで猿に世界が支配されるものと思い込んで怖くて眠れなかった想い出がある。

 8:00 笛吹童子・日本沈没

 笛吹童子はかつて山城新伍が扮したが、そのリメイク版。ヒーローの笛吹童子が横笛を吹いて登場し、勧善懲悪の如く、悪い奴らは成敗した。
 そしてその後、1974年に始まったのが「日本沈没」。村野武範と田所博士役の小林桂樹が地殻変動や大地震によって日本列島が海の底に沈むという悪夢に挑んだ。ケルマディック号やノーチラス号などの潜水艦が登場し、私もプラモデルでこれを作り、風呂の湯船に浮かべて遊んだものだ。五木ひろしが歌う主題歌「明日の愛」が大ヒットし、私もレコードを購入した。

 9:00 花王名人劇場

 漫才は1980年代に若手漫才師ブームを迎えるが、その前にやすきよや漫談、落語が娯楽の頂点に立った。

10:00 ラブラブショー

 1970年4月5日から1979年9月30日までフジテレビ系列局で放送 されていたフジテレビ製作のトーク番組である。 芳村真理が司会を務め、旬なタレント同士がトークと歌で一夜限りの番組デートをスタジオで行う出会い系番組だった。近年の「恋するハニカミ」や「ラストKISS」、「もしもの二人」的な番組だった。ここからアントニオ猪木と倍賞美津子、三浦友和と山口百恵などのビッグカップルが誕生した。

 さて、1970年代と言えば、もう50代以上の方々しか記憶にないかもしれない。そして全国区と我が福島県では放送曜日もその時間帯も異なる。だからこのような感慨に浸ることもないだろうが、少なくとも同郷出身者には懐かしく思えると思う。明日は、1980年代の番組を続編としてお送りする予定です。

 記事作成:10月8日(日)

2016年10月26日 (水)

NPBのプレイングマネージャー

 長い歴史を持つ日本のプロ野球。その中で幾人もの名選手が登場した。しかし、器用にも選手兼任監督、つまりプレイングマネージャーは少なかった。選手兼任となれば、一流のプレーヤーであり、選手から人望があって監督としての資質や貫禄や戦術に長けた知性もある人しかなれないと思っている。ではこれまでの長きNPBの歴史の中で、その重要な役職を負かされた選手は誰なのかを見てみたい。しかし、私が生まれたのは「東京オリンピック」の1964年のため、それ以前の選手兼監督は簡略して名前だけ取り上げ、それ以降を詳しく紹介することにする。

 <1964年以前>

 ~巨人~ 

中島治康(外野手、1943・1946途 - 1947途・1949)※1949年は監督代行
藤本英雄(投手、1944・1946 - 1946途)
水原茂(内野手、1950)※引退後も1960年まで監督専任で残留

  •  ~阪神~
  • 松木謙治郎(内野手、1940 - 1941・1950 - 1951)※引退後も1954年まで監督専任で残留
  • 若林忠志(投手、1942 - 1944・1947 - 1949)
  • 藤村富美男(内野手、1946・1955途 - 1956)※1955年は監督代行、引退後も1957年の1年間監督専任で残留し、監督退任後の1958年に現役復帰している
  •  ~中日~

  • 桝嘉一(外野手、1937春途 - 1937秋・1943)
  • 本田親喜(外野手、1941 - 1942)
  • 杉浦清(内野手、1946途 - 1948)
  • 野口明(捕手、1955 - 1956)
  • 杉下茂(投手、1959 - 1960)※登録上は投手兼任監督だったが、実際に試合への登板はしなかったため事実上は監督専任であった。
  •  ~大洋~

    中島治康(外野手、1951)※シーズン途中で退任
    藤井勇(外野手、1955)

     ~広島~

    白石勝巳(内野手、1953途 - 1956)※引退後も1960年まで監督専任で残留

     ~国鉄~

  • 宇野光雄(内野手、1956)※引退後も1960年まで監督専任で残留
  •  ~阪急~

    山下実(内野手、1938 - 1939途・1940 - 1940途)
    井野川利春(捕手、1940途 - 1942)
    西村正夫(外野手、1943 - 1944、1946 - 1947途)
    浜崎真二(投手、1947途 - 1950)※引退後も1954年まで監督専任で残留

  •  ~南海~
  • 山本一人(内野手、1946 - 1952)※引退後も1968年まで監督専任で残留
  •  ~東映~

  • 苅田久徳(内野手、1947 - 1948)※1948年はシーズン途中で退任
  • 井野川利春(捕手、1949)
  • 岩本義行(外野手、1955 - 1956)
  •  ~大毎・ロッテ~

    湯浅禎夫(投手、1950)※引退後も1952年途中まで監督専任で残留
    若林忠志(投手、1953) 1950年 - 1952年途中の毎日オリオンズ(ロッテの前身)は名目上
                                の監督は若林であったが、実際の指揮は「総監督」として湯浅が執っ
                                ており、記録上の監督も湯浅となっている。2人は1952年の平和台事
                                件を受けていったん更迭され、翌1953年に復帰したが、このときは
                                若林が実際の指揮を執っている。

  • 別当薫(外野手、1952途 - 終了・1954 - 1957)※1952年は監督代行、引退後も1959年ま
                               で監督専任で残留
  •  ~西鉄~

  • 宮崎要(内野手、1950)
  • 中西太(内野手、1962 - 1969)※1969年はシーズン途中で退任
  •  ~近鉄~

    小玉明利(内野手、1967)

     東京五輪前だと、ほかにも「松竹ロビンス」「西日本パイレーツ」「大和軍」「西鉄軍」「名古屋金鯱軍」「翼軍」などにも選手兼任監督がいたが、あまりにも古いので、ここでは割愛させていただく。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ではやっと本題だが、1964年以降の「プレイングマネージャー」を見て行きたい。ここでは「独立リーグ」の選手兼任監督は除外したい。
     

  • 村山実(阪神・投手、1970 - 1972)

    ※1972年はシーズン途中で指揮権を返上し、監督の肩書はそのままながら、金田正泰ヘッドコーチに監督代行を委ねる。
  •  1970年 77勝49敗4分で2位
     1971年 57勝64敗9分で5位
     1972年 71勝56敗3分で2位
  •  村山はA型。打たれると頭に血が上り、カッときやすいタイプ。瞬間湯沸かし器で、選手に当り散らすこともあるだろうし、首切り人事しかしない筈。責任感があるように見えるA型は外面はいいが、キレると恐ろしい。何度ベンチで帽子を床に叩きつける場面を見たかしれない。

    Murayama

  • 野村克也(南海・捕手、1970 - 1977)※1977年はシーズン途中で退任
  •  1970年 69勝67敗 4分 2位
     1971年 61勝65敗 4分 4位
     1972年 65勝61敗 4分 3位
     1973年 68勝58敗 4分 1位
     1974年 59勝55敗16分 3位
     1975年 57勝65敗 8分 5位
     1976年 71勝56敗 3分 2位
     1977年 63勝55敗12分 2位

     野村があまり成績が良くなくても選手兼任を続けられたのは、他に人材がいなかったからだ。7年間で優勝1回しかない。やはり大阪チームの気質というかチーム事情だろう。血液型はB

    Nomurakatsuya

  • 中西太(西鉄・内野手、1962 - 1969)※1969年はシーズン途中で退任
  •  1962年 62勝68敗 6分 3位
     1963年 86勝60敗 4分 1位
     1964年 63勝81敗 6分 5位
     1965年 72勝64敗 4分 3位
     1966年 75勝55敗 8分 2位
     1967年 66勝64敗10分 2位
     1968年 56勝74敗 3分 5位
     1969年 51勝75敗 5分 5位

     野村と同じ血液型はB この型は限界しらず。頼まれると嫌といえず、マイペースで前向き楽天家。それが選手兼任にはもってこいだ。野武士のような豪快な人だ。

    Nakanishi

    江藤愼一(太平洋・外野手、1975)

     1975年 58勝62敗10分 3位

     現役時代は首位打者3回、しかも両リーグで獲得したのは彼と内川のみ。しかし、監督としては大成せず、1年で解任となった。

    Eto

  • 古田敦也(ヤクルト・捕手、2006 - 2007)
  •  2006年 70勝73敗3分 3位
     2007年 60勝84敗0分 6位
  •  彼は野村克也が監督時代の愛弟子でID野球を叩き込まれた。同じくB型。初の「代打オレ」コールが話題となったが、2年目に最下位になり、事実上解任された。

    Furuta

  • 谷繁元信(捕手、2014 - 2015)※引退後も2016年途中まで監督専任で残留
  •  2014年 67勝73敗4分 4位
     2015年 62勝77敗4分 5位
     2016年 43勝58敗3分 6位

     年々成績が悪くなった以上は責任を取らなくてはならない。谷繁はA型。器用ではない人間が選手兼任などおこがましいことは辞めて、始めから監督専業で行くべきだった。

    Tanishige

     あれっと思うかもしれないが、この50年ではたった6人しかいない。それだけ監督業は責任重大で、一筋縄ではいかない仕事だということだ。そして「代打・俺」とは言いづらい。選手の手前、自分が出て行って、もし凡退や三振でもしたら示しがつかない。やはりプロたるものは一つの仕事に専念しないと務まらない専門的職業ということだ。したがって昨オフ、巨人の監督を打診された高橋由伸が、巨人の監督をやるのであれば二束のわらじで務まるほど甘くは無いと現役をきっぱり諦めて引退した。私はあと1年は選手として完全燃焼するまでやると思っていたので残念だったが、彼の英断は監督としての責任の重さを感じてのことだと思う。
     事実、最近のプレイングマネージャーの戦績を見ても、あまり芳しくない。そんなに簡単に選手起用や采配は送れないことの証明だと思う。見ているほうはいいだろうが、絶えず戦績を問われる仕事だということは自覚すべきだろう。

     記事作成:10月8日(土)

    2016年10月25日 (火)

    危険な迷惑行為特集1

     命はたったひとつしかない。それは当たり前のこと。だから何よりも尊い。しかし世の中にはルールを守らずに、他人に迷惑をかけようが、何振り構わぬ輩が多い。ここは中国か何かか?と疑問を抱くほど、日本人のマナーも地に堕ちたものだと嘆きたくなる映像を今回はお送りしたい。

     1 赤川鉄橋で列車緊急停止!見物客に注意

     

     「撮り鉄」ほど自分本位の者はいない。いい絵を撮るためには手段を選ばず、平気で線路や踏切内に立入り、列車を停止させたり、警笛を鳴らされて逆ギレしたり、それでも悪びれず、いくら注意されてもその場を立ち退かない図々しい面々。まして列車通過の直前横断などもってのほかで、自分さえ良ければそれでいいという発想は、運よくその場は切り抜けられても、必ずしっぺ返しを喰らうことを肝に銘じた方が無難だ。撮り鉄全員がそうだとは思わないが、ルールを守ってこそであり、一部のこうした無法者のせいで、純粋に鉄道写真愛好家までが同じと判断されるとしたらいい迷惑だ。

     2 ポケモンを探して、車道にまで溢れるゲーマー

     「ポケモンGO」のレアポケモン欲しさにゲームユーザーが歩行者進入禁止のレインボーブリッジへ。
     警察の注意を無視して、大量逆走・進入。くだり左折車線を完全占領し、交通に混乱が起こった。警察車両4台ほど(もっといたかもしれません)、白バイ4台、海上保安庁長船2艘、が出動し、交通整理にあたったが、事態はポケモンの消失に従って収拾した。

     集団心理とは恐ろしいもので、みんながやっていると思えば、ルールを平気で無視し、社会の迷惑行為を堂々と行う。「自分だけが捕まる訳がない」と開き直っている。こういう輩はは、自分が違法行為をしでかしておきながら、車にはねられて怪我でもしたら車に食ってかかるに違いない。始末が悪いし、こういう行為がまかり通る日本では世も末だ。

     3 電車に飛び込み 3人巻き添え

     大阪市港区のJR大阪環状線の弁天町駅で、線路に飛び込もうとした男性が特急電車にはねられた後、女性3人にぶつかり、男性は死亡、女性3人は軽傷を負った。男性は同市の会社員(24)。4月1日午後7時ごろ、ホームから線路側に乗り出していたため電車に衝突し、約10メートルはね飛ばされた。4メートルほど先にいた女性3人(21~44歳)にぶつかった後、さらに約6メートル先まで飛ばされ全身を強く打ち死亡。女性3人は頭などを打ち、軽傷を負った。運転士は「男性が急に飛び込んだように見えた。非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」と説明しているという。この事故で、大阪環状線と桜島線の全線で1時間ほど運転を見合わせ、約3万7千人に影響。警察は詳しい経緯を調べている。

     自ら死ぬのは勝手だが、他人や偶然そこに居合わせた人々を巻き込まないで欲しい。自殺する本人は、事故の後先など考えが及ばないだろうが、その現場検証で足止めを食う乗客や事故処理にあたる救急隊員やレスキュー隊員の苦労も考えてほしい。死んだ後の責任の所在はどこに行くのか?巻き添えで亡くなった人の人生は戻らない。遺族は誰に損害賠償を請求するのか・・・。

     4 警察は力の入れ方を誤るな!

     例えば50km/h制限の道路をその速度で走っているドライバーはまずいない。もし制限速度以下でずっと正直者を貫いて真面目に走行すれば、後方は大渋滞で、イライラや逆に危険運転を助長する。見通しの良い道路や、深夜の歩行者のいない国道などで10km/h程度オーバーは当たり前になっている。それを重箱の隅をつつくような取り締まりは無意味だ。逆に安全運転をしている善良なドライバーを脅かす、危険極まりない暴走行為をしている暴走族や違法改造車をどんどん取り締まるべきではないのか?改造バイクを駆って蛇行運転や危険運転、信号無視などありとあらゆる違反を繰り返す輩を徹底的に追い詰めるべきだ。

     5 危険な場所で自撮りをするDQNたち(閲覧注意)

     見てるだけで足がすくむような高い場所で自撮りをしている人達の画像をまとめてみました。スリル感を味わいばかりに、転落して取り返しがつかない事故に遭った人も大勢いる。もちろんこれらは不法侵入だし、命が惜しくないのか?もうキチガイだ。自撮りで命を落とした人も沢山います。絶対に危険な自撮りはやめましょう。
      

     さて、命知らずな面々や他の迷惑を顧みず自分本位の身勝手行動を挙げたみたが、みなさんはどのように感じたでしょうか?面白がってもっとやれやれと思ったでしょうか?日本人は謙虚で気配りと思いやり、そしておもてなしの民族であって欲しいと心から願う。それが日本人らしさであり、とりえであり、長所だと信じている。
     しかしながら、最近はスマホの普及によって、どこでもだれでも総新聞記者&カメラマンになった気で、撮影した画像や動画をSNSにアップし、人々に見てもらって注目されたいとか自慢したいという気持ちが優先されてしまう。だからルールを無視した行き過ぎた行為で投稿し、それが思わぬ反響を生むことになる。マナーもへったくりもない。目立ちたいとかチヤホヤされたいという意識が強くなった結果、犯罪行為に陥ることがあるということを撮影者は肝に銘じる必要がある。

     記事作成:9月28日(水)

    2016年10月24日 (月)

    V9戦士の監督としての戦績

     過去何度もプロ野球の話題に触れてきたが、今回はかつてプロ野球界を席巻し、9年連続の日本一の栄冠を獲得するという大金字塔を打ち立てた川上哲治監督。ONを中心に役割分担をきっちり決め、分業制を確立し、手堅い管理野球を徹底した結果だった。この時活躍した黄金世代をV9戦士と呼び、伝説として語り継がれている。
     大変な実績を残した彼らは、指導者、つまりコーチや監督として他チームからも引く手あまたで、三顧の礼をもって招聘されることが多かった。 しかし、「名選手は名監督に非ず」という言葉がある通り、現役時代と比べ、監督としての成績はお世辞にも良かったとは言い難いものだった。それを数字で検証したい。

     先ずは、あの野村監督も崇拝し、管理野球を継承して成功した広岡達朗、藤田元司、森昌彦らを育て、大監督として君臨した川上哲治の戦績から。

      1,866試合1,066勝739敗61分 勝率.591

      実に14年の監督生活でリーグ優勝11回。その全てで日本一!

     打撃の神様と称された川上哲治は監督としても超一流で、野球を通して人間を育てるという人生哲学が随所に見られた。そのゆるぎない信念はあの野村克也も彼の管理野球を参考にし、データ重視をプラスしたID野球を編み出した。牧野茂を参謀役として配し、緻密で徹底した分業制による適材適所に駒を置いた。その常勝巨人の勝利の方程式は、その後、川上野球の愛弟子で、監督に転身した広岡達朗、藤田元司、森昌彦に受け継がれ、名将を生み出すお手本となった。
     しかし一方で、V9戦士が監督に招聘された後、ファンがその実力を認める名監督は藤田氏だけであり、ONもまたその偉大さゆえに監督としては棘の道を歩くこととなった。

     それでは9戦士たちの戦績を挙げ、比較したい。

    1番センター 柴田勲 スイッチヒッターで俊足、2,000本安打を達成した理想の先頭打
                 者  残念ながら、監督としては招聘されなかった。

    2番セカンド 土井正三 小技が利く頭脳派の二番打者 守備の名手でもあった。故人

     監督としての戦績  390試合195勝183敗12分 勝率.516 オリックス3年 

    3番ファースト 王貞治 世界のホームラン王 一本足打法。敬遠も多かった。

     監督としての戦績  630試合327勝264敗39分 勝率.553  巨人5年
                1,877試合988勝854敗35分 勝率.536 ダイエー14年

     王が現役を引退してもすぐに監督就任とはいかなかった。王には長期政権を期待した結果、長嶋の失敗の二の舞を避け、助監督として藤田監督の下で采配を学ばせた。V9時代の名参謀役だった牧野茂を招聘し、ヘッドコーチを任せ、徹底的に監督業を学ばせた。トロイカ体制とも呼ばれた新たな采配方式を確立した。しかし、藤田が3年契約で2度の日本一という戦績を残した後を引き継いだ王は、采配が空回り、クロマティーと鹿取を酷使したものの、就任5年で成績不振を理由に解任されてしまう。「世界の王」を持ってしても監督は別世界というのを強く印象付けた。しかし、巨人一筋を貫いた長嶋とは異なり、彼は捲土重来の機会を別チームに求めた。ダイエーとソフトバンクの監督に就任し、リベンジを果たそうと試みた。ダイエー就任後は負けが込み、ファンからは心無い野次や「辞めろコール」を浴び、外野スタンドには「腹を切れ」という横断幕まで掲げられたこともあった。

    4番サード 長嶋茂雄 ミスタープロ野球

     監督としての戦績 1,982試合1,034勝889敗59分 勝率.538 巨人15年

     長嶋は現役引退の翌年、川上監督からバトンを渡され、監督に就任した。その1年目は球団創設初となる最下位転落という散々たる結果だった。自身が引退し、頼みの王貞治も35歳を過ぎ、ピークを越えていた。投手陣もWエースの堀内や高橋一三を始め高齢化が進んだ。そこで複数の大型トレードを敢行し、日本ハムから安打製造機の異名をとった張本勲を獲得し、新生OHを結成。打線のテコ入れに成功した。翌年は王のホームラン世界一フィーバーも手伝い、最下位から見事、奇跡の優勝を果たした。ド派手な長嶋野球らしかった。しかし、その2年後には主砲の王がシーズン30本塁打を放ちながら現役を退き、長嶋も成績不振を理由に電撃解任に追い込まれた。
     長嶋は長い浪人生活を送った末に巨人の監督に復帰。再び背番号3を身に纏い脚光を浴びたが、監督が偉大すぎて、あるいは目立ちすぎて選手が萎縮。結果、ドラフト改革で逆指名によって上原、高橋由、仁志、二岡らを獲得、さらには大型トレードやFA導入で根こそぎ他球団の主砲やエース級を強奪するという荒療治に出た。その場しのぎの付け焼き刃的な発想で補強に次ぐ補強を敢行。生え抜きの若手を育てるといった「巨人愛」は影を潜めた。それだけ球界の盟主として、常勝を義務付けされた人気球団の宿命だった。清原、石井、蓑田、加藤英、広沢、江藤、マルチネス、ペタジーニ、ラミレス、落合、ローズ、小久保、小笠原、村田などを入団させた。投手もグライシンガー、川口、工藤、杉内、ゴンザレスなどを獲得するまでに至った。外国人助っ人の獲得はことごとく失敗に終わった。

    5番ライト 末次利光 コーチ経験はあるが、監督にはならなかった。 

    6番ショート 黒江修 彼も巨人や西武でコーチを長く務めたが、監督にはならなかった。

    7番レフト 高田繁

     監督としての戦績 854試合385勝433敗36分 勝率.471

      明治大学時代は主将として抜群の統率力を発揮したが、日本ハム4年ヤクルト3年弱ですべて3位以下に低迷。3年目にはペナント途中で休養に入ることとなった。事実上の解任だ。そんな実績のない彼がなぜDeNAのGMをやっているのか不思議でならない。

    8番 キャッチャー 森昌彦(監督時代は祇晶に改名)

     監督としての戦績 1,436試合785勝583敗68分 勝率.574 10年 

     広岡監督の後を引き継ぎ、西武の黄金時代を築き上げ、盤石だった。秋山、清原のAK砲に加え、デストラーデ、平野、辻、石毛などのスターを揃え、投手陣も松沼兄弟、森、工藤、渡辺久信、郭、潮崎など完璧な布陣だった。8年間で7度のリーグ優勝、6度の日本一に輝いた。その実績を買われて横浜の監督に招聘されたが、結果を出せず解任となった。

     その他

     広岡達朗

     監督としての戦績 966試合498勝406敗62分 勝率.551  

     8年間でリーグ優勝4度、3度の日本一に輝いた。強い川上野球を間近で見ていた彼は、他チームでもその手法を活かし、セ・リーグのお荷物球団だったヤクルト、そしてパ・リーグでも球団売却で実績が出せなかった西武を率いて共に優勝を浚った。しかも巨人が倒せなかった当時最強だった阪急を倒して日本一の栄冠に輝き、西武では宿敵巨人に競り勝って日本一になった。早稲田卒の頭脳明晰、知性派の監督となった。 

     投手出身の巨人監督

     藤田元司

     監督としての戦績  910試合516勝361敗33分 勝率.588 7年間で優勝4回 

     彼は川上野球の継承者ではないものの、管理野球+温情采配の持ち主だった。V9の初期に現役を引退した。慶應出身のエリート投手の彼は、短命だったが8年間の現役ながら119勝を上げた。シーズン29勝という戦績も残した。監督としてはONの後の尻拭い約だったが、紳士的な立ち居振る舞いを徹底し、2度共に見事チームを立て直した。そその藤田野球の影響を受け、継承したのが原監督だった。

     堀内恒夫

     監督としての戦績 284試合133勝144敗7分 勝率.480 

     巨人監督として唯一負け越している監督だ。原監督が電撃辞任し、コーチも決まらない中で、後を引き継いだ。しかし、現役時代の天狗状態は成りを潜め、全く奮わなかった。そんな彼が、呑気に専門家気取りで解説などよくできると思ってしまう。理論は一流でも実践が伴わなかった典型。今では参議院議員とはいい身分だ。 

     宮田征典 

     リリーフエースとして活躍したご存知「8時半の男」。セーブという制度が無かった時代に大活躍したセットアッパー兼クローザー。故人
     試合の終盤、7回頃に登場すると、時間が20時半頃だったことからそう呼ばれた。267試合に登板し、45勝30敗の成績だった。残念ながらコーチ経験はあるものの、監督としてはお呼びがかからなかった。

     さていかがでしたか?冒頭で「名選手は名監督に非ず」という言葉の意味を理解できたと思う。自分自身が選手として華々しい活躍をしても、人間を観察し、適材適所や調子の良し悪しを見極め、人を配置して使う能力は別物だということがわかる。

     しかし、1980年代以降、不思議なことがある。V9戦士以外の生え抜きの巨人の選手で監督をしたのは、原辰徳、中畑清(DeNA)、高橋由伸しかいない。江川、桑田、松井秀喜らは監督に就いていない。やはり現役時代にどんな名選手でも、記憶に残る活躍をした選手でも、人を使いこなす監督業はやはり違うのだ。

     記事作成:10月4日(火)

    2016年10月23日 (日)

    珠玉のフォークシンガー三人衆

     今日はオジさん世代にはたまらない珠玉のフォーク三人衆を記事にしたい。おそらく五十路前後の方々には青春時代を思い出すような、そんな懐かしい歌声と美しいメロディラインが胸に焼きついていて、厭が応にも若かりし頃のひとコマひとコマが、映像として蘇って来るに違いない。そんな青春群像を彷彿させる名シンガーたちが奏でた名曲をどうぞ!

     村下孝蔵 「初恋」

     名曲「初恋」「踊り子」「ゆうこ」「陽だまり」などを生み出したヒットメーカー。若かりし頃の想い出に触れるような甘酸っぱさが溢れ出てきそうな歌詞が同世代の方々の共感を呼ぶ。「好きだよと言えずに初恋は~」という歌詞が見に詰まされる。あの時、周囲を気にせず、傷つくのを恐れず勇気を振り絞って彼女に告白していたら、今頃どうなっていただろうと考えることがある。そんな時代の感傷に浸ることを禁じ得ない状況にしてしまう歌詞だ。
     1999年6月20日、駒込のスタジオでコンサートのリハーサル中に突然「気分が悪い」と体調不良を訴え、当初は救急車も呼ばずスタッフ付添のもと自力で病院を訪れていた。診察で「高血圧性脳内出血」と判明した直後、意識不明の昏睡状態に陥り、僅か4日後の6月24日に死去。46歳没。葬儀は6月26日に営まれた。夫人の希望により、出棺の際には村下が生前最も気に入っていた楽曲「ロマンスカー」がかけられた。7月3日には東京の渋谷公会堂でお別れ会が、8月8日には広島市内の寺院において音楽葬が営まれた。戒名は「乾闥院法孝日藏清居士」、墓所は茨城県稲敷郡茎崎町(現・つくば市)の筑波茎崎霊園にある。血液型はO

     河島英五 「酒と泪と男と女」

     他にも男にはグッとくる名曲を多く世に遺した。「野風増」、「時代おくれ」は琴線に触れるし、心の奥底にビンビン響いて来る。彼の嘘偽りのない、ストレートな歌声は何か心臓を鷲掴みにされるような感覚に襲われる。
     男の強さや哀しさ、優しさ、父親としての心情を唱いあげた数々の曲は、時代を越えて男性の共感を呼び、歌い継がれている。若いころにギターを持って世界を放浪し、庶民の暮らしに触れ、音楽を通して共に喜怒哀楽を共有し合った経験が、河島英五の音楽の礎を築いている。内外のミュージシャンが驚くほどパワフルな音量と大声で唱いあげる姿、「男らしさ」にこだわった歌詞が特徴。
     コンサート活動は、大都市だけでなく山間部や僻地でも行い、音楽を通じてファンと交流することに主眼を置いた。
     長女・河島あみるの結婚式に参列後の2001年4月16日、肝臓疾患のため急逝した。亡くなる2日前にライブに立ったのが最後の仕事だった。亡くなる前日に体調を悪くし、病院に運ばれるも既に手遅れの状態で家族に看取られ息を引き取った。告別式終了後の出棺の際、棺の上に遺影が置かれ、参列者から「英五」の連呼が起こった。自身のヒット曲「野風増」の歌詞には、息子が20歳になれば2人で酒を酌み交わしたいという内容があったが、河島本人は歌詞通りに息子・翔馬と杯を交わすことは叶わなかった。48歳という若さでこの世を去ってしまったが、彼の遺した楽曲は、世代を問わず魂の歌として歌い継がれている。血液型はB

     永井龍雲「道標ない旅」

     

     彼の持ち味はなんといっても天性の高音ボイス。透き通るような美声でいとも簡単にあんなに高い音域まで届く。彼の代表作は「道標ない旅」。
     1978年に「想い」でデビュー。1979年5枚目のシングル「道標(しるべ)ない旅」がCMソング(グリコアーモンドチョコレート)効果もありスマッシュヒット。1989年五木ひろしの「暖簾」の作詞で第22回日本作詞大賞「優秀作品賞」受賞。

     現在、沖縄県在住である。母の故郷は鹿児島県大島郡瀬戸内町で、奄美大島で数回コンサートを開くなど、当地にゆかりのある人物でもある。血液型はA

     さて、昭和を代表するフォークシンガーを取り上げましたが、今となっては時の流れと共に、昔懐かしいとか、時代遅れの古い曲と受け取られそうだが、どこか心に響き渡る名曲と言えるだろう。もちろん彼ら以外にも、昭和を代表するような名シンガーは人それぞれにあると思うが、個人的趣味だが、この三人だけは私は外せない。もうお二人は天国に旅立たれしまい、新曲を待つことはできないが、彼らの遺した曲を私たち世代が後世へと語り継いでいかなければならないし、歌い継いで行くことが、こんなに素晴らしい名曲を世に送ってくれた彼らへのせめてもの恩返しのように思えてならない。

     記事作成:10月5日(水)

    2016年10月22日 (土)

    郡山富田駅工事進捗リポート(10月22日現在)

     郡山富田駅の開設が発表されて以降、設置場所から半径500m以内に住む私は、その進捗状況が気が気ではない。前回は4か月前の6月20日付の当ブログ「郡山の公共施設工事進捗状況(2016.6)」という記事でも、工事の進捗状況を紹介した。
     今日は、その続編とばかりに来春の開業に向け、急ピッチで工事が進む「郡山富田駅」について、10月22日(土)時点での工事の進捗状況を報告したい。撮影はこの日の朝7時15分頃。

    Img_0296_r Img_0298_r
    Img_0301_r Img_0300_r
    プラットホームは6両編成の車両対応のため長い。ほぼ下工事が完了して
    いるように見える。

    Img_0303_r1 Img_0304_r
    上の2枚は喜久田街道の北側セブンイレブンの駐車場に建設中の橋脚の
    柱部分。まだ土台の工事のみ。光建工業が請け負っている。

    Img_0305_r
    Img_0306_r Img_0307_r
         雑誌「aruku」のオフィスが入るマンションの3階から撮影

    Img_0310_r Img_0314_r

    Img_0312_r

    南側のアクセス道路設営はノウチ工業が担当。旧農地試験場の鶏舎土手と
    雑草だらけだった線路沿いの場所がガラリと様相を変えた。医療機器開発支
    援センターの外観はほぼ完工している。

     プラットホーム設営は全容が見えたが、喜久田街道を跨ぐ跨線橋やセブンイレブン側の出口の階段などはまだ土台建造のための土木工事のみ。鉄筋であんなに奥までアンカー工事をするものなのだ。セブンイレブンが半分隠れてしまうほどの大掛かりな工事だ。また、南側は道路もまだ鉄板が敷かれているだけで未完の状態。完成予想図からは程遠いし、駅舎もまだ着工すらしていない。看板記載のようにあと5か月後の3月17日までに完工するのだろうか?

     この地域に住む住民にとって駅の招致は悲願だった。私が八山田界隈に引っ越した平成7年には、付近は田んぼだらけで何もなかった。それがベニマル、カインズ、多くの病院、メガネ屋、ケーキ屋、コンビニ、GSなど、住民にとって願ったり叶ったりの利便性溢れる有益な街になった。家電量販店も出店し、農家直売の野菜もお手ごろ価格で購入できる。本当にありがたいし、都市整備は着々と進み、まるでモデル都市のようだ。あとは駅の建設が待たれるだけで、私が町内会長を務めた平成17年には、市に陳情に訪れたこともあったし、JRとの懇談会にも参加し、実情を訴えたものだ。付近には工業高校や大学があり、劇的に商業施設やベッドタウン化した喜久田街道沿線には、駅さえあれば、中心市街地への交通も良くなり、飲んでも最終で帰れるだけに嬉しい悲鳴の連続だった。

     しかしながら、実情を見れば、下記の郡山市の公式HPに掲載されているレイアウト図や完成予想図とは程遠い状況で、一時、品川郡山市長の横槍で開成山屋内プールの建設と同様、建設の見直しなどで、工期が大幅に遅れている。本当に4月1日に間に合うのだろうか?

     平面図はコチラをクリック

    Tomita1
    Tomita2
    Tomita3

    Tomita4
     上の図の左側が医療機器開発支援センターで右側がセブンイレブン

    Tomita5

     セブンイレブンの丁字路の真正面が無人の駅舎。でも自動改札でsuicaが使える。

     郡山市の公式HPによる記載

    Tomita6

     利用見込み者数 約1,000人
     駅舎 待合室、駅倉庫、自動券売機、Suica対応改札機
     ホーム 1面、130m、6両編成対応
     トイレ 男子(小2・大1)、女子(大2)、多目的(大1)※オストメイト対応
     跨線橋(人道橋自由通路) 車いす及び自転車通行可、エレベーター2基

     駅前広場 車寄せ(乗降場)、ロータリー
     駐輪場 約200台収容

     実際、郡山駅から隣りの駅が喜久田駅など遠すぎて話にならない。バスとマイカーでしか足がないなんて不便極まりない土地柄だった。それがこの20年で劇的に変った。私は高校生までさくら通りの虎丸町という繁華街に住んでいたので、住所に「字」がつくような外れの場所に住んだのも初めてだったし、幼稚園、小学校、中学校が半径500m以内にすべて揃っているというだけで、店は無かったし道路は良くないしで大変だった。それがあれよあれよといいう間に、あちこちで工事が始まり、劇的に変貌を遂げたのだった。

     さて、駅が出ることによって、駅前の商業施設への買い物がし易くなる。車で行くと、駐車料金が気になって、落ち着いてショッピングが出来ない。また、駅前のオフィスや駅周辺の工場に勤務しているサラリーマンやOLは通勤に電車を使えるため、その分、車の利用が減り、朝夕の通勤ラッシュが緩和されるかもしれない。かくいう私も、今転勤希望を出しており、もし駅前のオフィスビルに異動となれば、自宅から800m、徒歩10分、自転車4分の郡山富田駅からひと駅乗って通勤したい。SUICAや定期券での電車通勤が私の夢でもあった。そして21時まで残業して、その後、毎食を駅前の居酒屋でひっかけて、最終で帰ればバッチリだ。1時間程度なら、悪酔いもしないだろう。快適な毎日を過ごせる。いいこと尽くめの新駅建設。早い完成が待たれる。

     しかし、一方では懸念材料もある。快速は止まるのか?という点と郡山駅から来た電車が富田駅のホームに入ると、その時点でその西側にある北向踏切が遮断機が下りてしまい、ホームに入るまでに30秒、停車して扉が開き、乗降に1分30秒、発車後にゆっくり加速して踏み切りを通過するまで1分以上で、合計3分以上で、今以上に踏み切りの待ち時間が長くなるのでは?そうするとベニマル側からの長蛇の踏み切り待ちの渋滞が出来てしまう。できれば、発車のベルが鳴った時から遮断機を下ろしてほしい。

     次回のレポートは約50日後の12月中旬頃を予定している。

     

     記事作成:10月22日(土)

    2016年10月21日 (金)

    歌舞伎座改築の呪い、いつまで・・・

     今年も歌舞伎界に激震が走った。2013年に旧劇場が表構えだけを残して解体され、2013年に歌舞伎座が現在の姿に改築されて、高層ビルと併設されてから、歌舞伎俳優に立て続けに不幸が訪れているのは周知の事実だが、これを怨念や祟りと呼ばずして何と言う。これまで大御所の人気歌舞伎俳優が立て続けに急死したり、舞台から奈落に転落して大怪我を負ったりと、まるでツタンカーメンの呪いの如く不幸が相次ぎ、歌舞伎関係者に衝撃を与え、震わせている。また、今年はスキャンダルと祝い事が交互に訪れた。真面目で誠実な人柄で通っていた阪東のまさかの不倫、歌舞伎界の汚点を払拭のため気丈に振舞っていた妻の三田寛子が健気で不憫に思った。梨園の妻になった藤原紀香にも何か起きやしないかと老婆心ながら心配してしまう。



     ではこれまでに起きた奇妙奇天烈あるいは不穏な出来事をまとめてみたい。

     <一連の発端となった出来事>

     歌舞伎座の施設老朽化に伴い、建て替えが2008年(平成20年)10月に正式に発表され、翌年8月26日には松竹と歌舞伎座により建て替えの具体的な計画が発表された。

     この直後から得体の知れない災難が連続して降りかかることとなった。

      2010年4月、旧歌舞伎座を閉場した翌11年1月に中村富三郎が死去(81歳)

     2010年11月25日 市川海老蔵暴行事件発生

     午前5時5分から55分頃、海老蔵は西麻布の飲食店(バー)で暴走族グループ・関東連合元リーダーの石元太一と同席中にトラブルに巻き込まれる。石元が連れてきた当時26歳の元暴走族の男から暴行を受け、左頬を陥没骨折、さらに前歯の損傷、鼻の腫れなど顔面全体に大ケガを負った。そして顔面整復手術を受けるほどの重傷だった。
     2010年12月7日 - 海老蔵が記者会見を行う。この席上で無期限の歌舞伎出演自粛が発表された。
     2010年12月8日 - 13日ぶりに海老蔵が自宅に帰宅。その後、妻麻央も帰宅し麻央は自宅前に集まっている報道陣を通し謝罪した。

      2010年11月には中村芝翫が死去 83歳

     中村富三郎と中村芝翫が亡くなった際には、両者とも高齢だったため、原因は病死ということであまり話題にもならなかった。

     2012年2月には中村雀右衛門も死去

     2010年(平成22年)1月19日、歌舞伎座さよなら公演 壽初春大歌舞伎『春の寿』の女帝役で1日だけ出演したのが最後の舞台となった。2012年(平成24年)2月23日肺炎のため死去。91歳の大往生だった。

      2012年8月には市川染五郎が奈落へ転落事故

     2012年8月で、舞踊劇に出演中の染五郎が舞台の迫(せり)から奈落に転落し、右手首複雑骨折などの大けがを負った。この負傷により、しばらく休業を余儀なくされたが、同年10月には復帰会見を行い、翌2013年2月に日生劇場で行われた2月公演で歌舞伎舞台に復帰した。

    https://www.youtube.com/watch?v=bD9Mq2cKpf0

     2012年12月には中村勘三郎が死去

     2013年(平成25年)4月には新生・歌舞伎座こけら落としを控えていた歌舞伎界に在って、その牽引役の一人と目されていた十八世勘三郎が57歳の若さで世を去ったことは梨園にとどまらず、各界各方面から「大きな損失」と大変に惜しまれた。

    https://www.youtube.com/watch?v=QU0cY5qqfxM

     2013年2月には市川団十郎が死去

     白血病を患っていたが、骨髄移植手術に成功し、回復したかに見えたが、肺炎のため亡くなった。66歳だった。市川海老蔵は実の息子。

      「今ある新しい歌舞伎座は、以前の劇場脇にまつっていた『歌舞伎稲荷』の上に高層ビルを建ててしまいました。ビルが邪魔でお社に降りられず、お稲荷さまが怒っているのでは、という声もあがっています」

     かつて、新歌舞伎座に対して市川海老蔵は、「歌舞伎座の上には守り主がいる。後ろにあんな高いビルができたら、舞台の神様も降りてこないよ」と語っていたが、そんな海老蔵の暴行事件も旧歌舞伎座を閉場した7カ月後のことだった。

     2015年2月21日には坂東三津五郎がすい臓がんで急死

     2013年8月、膵臓に腫瘍が判明し手術・治療のため入院。これにより「九月大歌舞伎」並びに「歌舞伎座特別舞踊会」を休演することになった。2015年2月21日、膵臓癌の治療を続けていたが59歳で死去。歌舞伎座の建設に絡む祟りが叫ばれる中でのガン発覚そして訃報だった。

     2016年 中村橋之助が不倫報道

     京都の芸妓との不倫が明らかになり、記者会見では「不徳の致すところ」を連発し、疑惑を否定しなかった。妻の三田寛子が事態の収拾に走るという本末転倒の所作が明らかに。歌舞伎界は男尊女卑が甚だしい。夫の不始末を被害者である妻が尻拭いをする不可解な世界。

     とにかく歌舞伎界は、新歌舞伎座建設、開場以降、スキャンダル事件が続発している。今年も信じがたいニュースが歌舞伎界に衝撃を走らせた。

     2016年9月 小林麻央を襲った病魔

     市川海老蔵が殴られ、大怪我を負った際にも、陰で支え続けた小林麻央にも病気の魔の手が忍び寄り、まさかの重病。乳がんに端を発した病は、若さゆえに進行が早く、10月初旬にはステージ4であることが明らかになった。ステージ4は末期がんで、5年生存率はわずか11%しかない。手術をした場合でも22%と極めて低い。すでに手遅れの危機的状況で、死に直面する最悪の状態。痛みを和らげる手術をされたようだが、深刻な状態。もしかすると近親者には、余命数ヶ月という過酷dで衝撃的な告知されているかもしれない。それでも闘病生活をしながら、ブログにその病状をファンに発信し続け、同じ病気で苦しむ方々にエールを送り続けている。
     あんなに美人で夫のために身を尽くした彼女が、なにゆえこのような試練と向き合う羽目に陥れられるのか?ひょとして、「歌舞伎の世界に身を投じなければ、梨園の妻にならなければ、このような不幸に遭うこともなかったのではないのか」とさえ感じる。

     歌舞伎役者だけでなく、その家族にも不幸や災難をもたらすこの「歌舞伎座の呪い」。お稲荷様の祟りであるのは明らかで、今後もこうした不可解な出来事は続くに違いない。

     記事作成:10月4日(火)

     追記(平成29年5月18日)

     この日、歌舞伎界にまたまた悪雲垂れ込めるニュースが流れた。若手歌舞伎人気俳優の中村獅童が初期の肺せんがんを患っていることを公表したのだ。幸い早期発見だったため、手術をすれば完治できる見込みだが、非喫煙者である彼が、肺のがんを発症するとは、つい「歌舞伎座の呪い」との関連性を疑ってしまう。
     歌舞伎座の改築以降、これだけの不幸が立て続けに関係者に起きている現状を考えれば、何者かの目には見えない何かの力が働いていると考えてもいたし方あるまい。

     追記(平成29年6月26日)

     私がもっとも恐れていたことが現実になってしまった。市川海老蔵の妻で、フリーアナウンサーの小林麻央さんが乳がんのためにお亡くなりになった。34歳という若さと幼いふたりの子供を残して・・・。さぞかし無念だったに違いない。がんを公表して、それでも情報をブログという手段で発信続け、生きる希望を多くの人たちに与えた。訃報が流れた23日、日本全体が悲しみに暮れた印象だった。
     もしかして歌舞伎に身を投じなければ、このような病気に襲われることもなかったのではないか、こんな目に遭わずに済んだのではないかと思ってしまう。
     彼女の死に際して、献身的な看病の末に亡くなられた長井ひとみさんを思い出してしまった。小林さんと長井さんは同じA型で、清楚で一途で、ピュアな印象までそっくりだった。
     最後に、あの美しい笑顔を私は忘れたくはない。

     追記(平成29年10月9日)

     新橋演舞場で「ワンピース」を歌舞伎化した演目の稽古中、人気歌舞伎俳優の市川猿之助が機械装置に着物を巻き込み、腕を骨折する重傷を負った。これも歌舞伎界に起きた不幸で、一体このような不測の事態はいつまで続くのか?

    2016年10月20日 (木)

    新旧大学受験事情

     今日の記事のタイトルは大げさでものものしい印象だが、そんなにお堅い話題ではない。あくまで当ブログのテーマである「ひとりごと」の類なので、昔を思い出して気楽に読んでいただけたら幸いです。

     私は私立大学出身なので、当時の共通一次試験や現行のセンター試験が必須の国公立大学とは無縁で、その入試制度の知識すら乏しいし疎い。3教科型の受験で事足りて、定員も多い私立大学は、費用こそ高いが受験が容易だった。文系なら国社英、理系なら数理英という具合で、私は社会が政治経済で受験した。反面、競争率は半端でないほど高く、志願倍率は20倍を優に超えるほどの大学が大多数を占めた。東京の私大は、早慶上智、MARCHクラス、日東駒専、大東亜帝国などと呼ばれ、ランク付けされていた。私が高3だった昭和57年頃は、「受験戦争」と呼ばれるほど大学受験が過熱した時期で、一浪は「ひとなみ」と言って、浪人してでも早稲田に行きたいという若者が多く、駿台、代ゼミ、河合塾などの大手予備校は引く手あまたであり必需だった。一人の受験者が4~5校を掛け持ち受験(併願)は当たり前のご時世で、志望校以外にも、記念受験で早慶を受ける者が殺到した。挑戦校、本命校、すべり止め校などとすみわけられ、そうした括りで難易度が偏差値でランク付けされる有り様だった。

     近年は、受験事情も多様化し、AO入試や特色ある推薦入試、たとえば一芸入試などの導入で、最難関大学であっても合格できるチャンスが広がった。それらを利用すれば、芸能人でもたやすく一流大学への進学が可能になった。芸能人が入学すれば、その年や翌年は受験者が大幅増という恩恵に肖れるからだ。話題になったのは、吉永小百合の早稲田入学、薬師丸ひろ子の玉川大学、広末涼子の早稲田入学だ。また、櫻井翔の慶應、モー娘。の紺野あさ美も慶應合格。AKB48の仲俣汐里が早稲田卒なども受験事情に多大な影響を及ぼした。

     また、実績次第で入学が可能なスポーツ選手の特待生入学も多かった。江川卓の法政、瀬古俊彦が早稲田、高橋由伸が慶應などである。栗山英樹監督も東京学芸大学出身のエリートだし、サッカーではゴン中山と井原正巳が共に国立の筑波大を卒業しているから驚きだ。筑波大は旧東京教育大学だ。また、文芸界にもその傾向は顕著で、サラダ記念日が大ベストセラーになった作家の俵万智や10代で芥川賞作家となった綿矢りさも、その実績で早稲田大学への進学を勝ち取った。

     一方、国公立大学は授業料が比較的安く、全国に設置されていることから、「庶民の味方」との印象が強い。しかしその分、定員が少なく、特に地方の大学は限られた学科しか設置されていない。学科がなければ他県の国公立大学に進学せざるを得ない。もちろんセンター試験5教科6~7科目の受験に加え、二次(個別)試験の得点との合算で合否が決まるという長い道のりを強いられる。この国公立は首都圏に向かえば向かうほど難しさが増す傾向。芸能人では坂本龍一(東京藝大)、大久保佳代子(千葉大)、光浦靖子(東京外大)などは秀才中の秀才だ。またB'zの稲葉浩志や眞鍋かをりもまた横浜国立大学を卒業している。あのさかなクンは、国立の東京海洋大学の客員准教授で、内閣総理大臣賞を受賞したほどの実力者だ。格が違う。

     しかしながら、一般的な傾向を見ると、在京の大学は私大のほうがメジャーで優位と言わざるを得ない。就職状況を見れば、東証上場の一流企業へ入社した新卒者の出身大学一覧を見ても、東大は別格として、私大が圧倒する。私大はピンキリで、早慶などの最難関校もあるし、MARCHクラス、その下には受験者数で膨れ上がる日東駒専、更には大東亜帝国が控える。どの大学かご存知だろうか?また、語学系では上智大学やICU、津田塾がずば抜けているし、そのほかには神田外語大学や麗澤、国学院も語学系に強い。

     また、女子大と言えば、東京女子大や日本女子大、お嬢様学校と言えば、聖心女子大、清泉女子大、フェリス女学院、白百合女子大、昭和女子大、更には大妻、実践、共立などが控える。お坊ちゃまなら、学習院大学や成城大学、玉川大学が名を連ねる。

     また、同じ大学でも学部によって難易度が違う。医学部を持つ獨協大学は外国語学部が経済系よりも高く、中央大学は法学部が最高峰でダントツ。司法試験の合格者も早慶に引けを取らない。日本大学と言えば藝術学部が抜きんでている。他の私大でも医学部と他学部では雲泥の差だ。

     最近は、少子化の影響で、選ばなければ全入時代になり、誰でもお金さえあれば進学が出来る世の中となったが、その分、就職活動はし烈だ。大学名を言っただけで、門前払いとなるケースもあるようだ。かくいう私も、現役時代は私大型でもまったく歯が立たず、受験した大学はすべて不合格。一浪がひとなみと呼ばれた時代にあって、当然の如く浪人し、2年目は、現役時代に落ちた大学をすべてリベンジを果たし、更には慶應義塾、青山学院大などへの合格を果たした。

     次に、芸能界でも、最近は有名芸能人が有名大学を出ており、高学歴化が進んでいるようだ。知性と教養を求められるアナウンスーは別格として、タレントさんでも東京六大学の明治大学は山下智久や北川景子、向井理などが卒業した。女子アナウンサーは早慶、立教、青学出身が多い。特に最近青学の躍進ぶりが目立つ。田中みな実、滝川クリステル、江藤愛などがそう。我が福島県内でもFTVの名切万里菜アナやTUFを今春退社した私のお気に入りだった梅田澪理アナも青学出身だった。

     また、最近芸人さんも高学歴になった。ジャルジャルの二人は共に関西大学、フットボールアワーの岩尾、山里亮太も関西大学出身、レイザーラモンRGとサバンナの二人は立命館大学卒だ。レイザーラモンHGは絵も旨いが同志社大学、カズレーザーも同志社大学出身。にしおかすみこは青学卒、くり~むしちゅ~の有田が立教大学、上田は早稲田中退のエリート。手相占いの島田秀平は慶應義塾大卒。芸人も今や頭脳明晰でなければ生き残れない時代のようだ。

     最後に、今回の論旨とは外れるが、国公立大学と私立大学の東西対決というか、同じレベルであることを示す相対表を記載して結びとしたい。なおあくまで個人の勝手な思い込みでの相対表だ。

     <国立大学>

        東             西

     東京大学    ―   京都大学
     一橋大学    ―   神戸大学
     千葉大学    ―   大阪大学
     埼玉大学    ―   名古屋大学
     お茶の水女子大学― 奈良女子大学
     東北大学    ―   金沢大学
     九州大学    ―   北海道大学

     <私立大学>

       東             西

     早稲田大学   ―  同志社大学
     慶應義塾大学  ―  立命館大学
     立教大学     ―  関西大学
     青山学院大学  ―  関西学院大学
     明治大学     ―  南山大学
     日本大学     ―  近畿大学
     フェリス女学院大学 ― 神戸女学院大学
     東京女子大学  ― 甲南女子大学

     記事作成:10月1日(土)
       
     

    2016年10月19日 (水)

    2016年ぶらり ③~山形&二本松菊人形~

     今日の掲載記事は、旅行と呼ぶには不相応な二カ所の訪問と言える。初めにそれをご了承ください。

     1 山形県鶴岡市(10月13日~15日)

     先週3日間に渡り、初めて山形県鶴岡市を訪れた。仕事(出張)のついでに、空き時間を利用して鶴岡公園内やその周辺に点在する主要な名所を見て歩いたのだった。「藤沢周平記念館」、「大宝館」、「致道館」が主な訪問地だ。ゆったり&まったりな山形新幹線「つばさ」に揺られて、郡山市から4時間近くかけてたどり着いた日本海側の地方都市。海釣りでも足を踏み入れていない私にとって未踏の土地だった。

    Img_0151_r Img_0023_r

     新庄駅を終着とするこの山形新幹線だが、時速70km程度で、隣りを並行する国道13号線を走る軽自動車に抜かれたのにはただただ驚き・・・。

     ① 藤沢周平記念館

     「蝉しぐれ」、「刺客」など時代小説で一世を風靡した藤沢周平。彼の生まれ故郷がここ鶴岡だった。重厚感あふれる作風が魅力。ここには彼の直筆の原稿や彼の執筆していた部屋を再現してある。昭和の香りを感じながら、彼の偉大過ぎる人生の歩みに触れることができた。
     なお、自由帳に私のネーム「時遊人SUZU」で、メッセージをノートに書き記すことで足跡を残した。内部はすべて写真撮影不可。

    Img_0058_r

     ② 大寶館

     郷里出身の偉人たちのゆかりの品々やその足跡を振り返る展示物が並ぶ。そして鶴岡の文化や地元産業の今昔に触れられる価値ある資料が展示されていた。そして安積高校ゆかりの高山樗牛の資料や生家の一部を移築したジオラマが室内に展示されていた。鶴岡は昭和の名横綱・柏戸を始め、有名な方々の故郷であることを知れただけでも収穫だった。

    Img_0061_r Img_0062_r
    Img_0063_r Img_0064_r
    Img_0065_r Img_0066_r

     旧西田川郡役所 (レトロな時計台調)

    Img_0068_r Img_0138_r

     現在、北隣りの「致道博物館」が大規模改築中。入場料が700円と少し高い気がするが、中に入らなかったのでどんな建物なのかは不明。東大の赤門のような門がある。

     ③ 致道館

     かつての藩校。会津でいう日新館のような建物。超近代的な建造物である文化会館がそ裏手にどーんと建設中だが、無料で見学でき、その歴史や当時の教育の様子を偲ぶことができる施設だ。孔子廟や当時の教科書が木簡であり、精巧にできた木版であることにも衝撃を受けた。柱に備えられたボタンを押すと案内のガイダンスが流れた。記念スタンプあり。

    Img_0102_r Img_0103_r
    Img_0105_r Img_0106_r
    Img_0107_r Img_0108_r

     アートミュージーアムも訪ねたが、生け花の展示会だった。鶴岡ゆかりの有名画家の作品が陳列されていた。ガラス張りの現代様式のその建物から、美しい紅葉を眺めることができた。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     2 二本松の菊人形(10月18日 火曜日)

     この日は出張の代休。しかも青空快晴とあらば出かけたいということで、10月10日に開幕した「二本松の菊人形」に2年連続で出かけることにした。

      11:30 ダイソー発。ガス欠まであと目盛り3 持つか?バイパスへ 24℃
     11:39 本宮IC 11:43本宮のBIGへ 691円。
     11:52 BIG再出発ーおにぎり食いながら走行。 車多い。
     11:59 二本松分岐ー12:06 霞ヶ城公園P22.4km 空いている。700円で菊人形
          菊まだ早く咲いていない。暑い日ざし夏並み。RFCステージなし。世界に誇る偉
          人 虫飛び交う カードメモリ不足で、昔の画像を根こそぎ削除。綾瀬はるか、
          渡瀬恒彦、西田敏行似の人形 20枚は消す。平日で客少ない。
          再入場ゲートから出て、山頂を目指す。 
     12:35 笠松 息切れ 77.1kg 体重い。洗心滝 おばちゃん2人の後方
     12:45 山頂へ。曇っている。テレビカメラクルー。旅番組の先発隊?笠松 再入場
     13:09 出口 藤棚。
     13:12 霞ヶ城発 右折して亀谷坂 左折旧国道。

    Img_0228_r Img_0229_r
    Img_0234_r Img_0236_r
    Img_0240_r Img_0241_r
    Img_0244_r Img_0251_r
    Img_0253_r Img_0257_r
    Img_0261_r Img_0262_r
    Img_0263_r Img_0264_r
    Img_0268_r Img_0269_r
    Img_0271_r Img_0272_r
    Img_0276_r Img_0277_r
    Img_0279_r Img_0282_r
    Img_0285_r

     昔に比べて「菊人形」は規模が縮小した印象。昔は駐車場から入り口までの坂にも露店が並び、中腹の別棟の建物(NHK大河ドラマをモチーフにした菊人形の歴代PRポスターパネルなどを展示や団子茶屋があった)や16段返しの芝居小屋もあった。震災で倒壊し、撤去されてしまった。

     13:18 光現寺P 壁にぶつかりそう。墓参り H4とH9 南小そうじ。懐かしいBGM 
     13:27 光現寺発 プラド追い上げを振り切る
     13:50 本宮IC 日和田の交差点に白バイ待機。急ブレーキで回避。荷物飛び出す
           その後もプラドと無法トラックを振る切る。 
     14:03 BIG喜久田 646円。
     14:13 ヤマダ 50枚入りのブルーレイディスク3,880円+不織物布ケースで4,592
           円。10pt カラリオインクは標準の80で3,980円は高い・・・。
    15:06 GS給油 1L=119円
    15:12 帰宅 

     帰宅後、夕方の「ゴジてれchu!」のニュースで、一昨日、霞ヶ城の頂上のベンチで、何者かがバーベキューを行い、付近にごみを散乱させて行った不届きものがいたらしい。神聖な場所で一体何をしてくれるんだ!あのテレビクルーの意味が判明した。

     さて、今年は旅好きの私でも、仕事があまりにも忙しく、遠出の旅行は出来ずにいた。退職まであと8年足らず。退職したら国内、海外ともにいろいろな場所に出かけたいと思う。一番行きたいのは長崎と倉敷で、錦帯橋や一度も行ったことのない山陰地方にも足を運んでみたい。そう考えれば、歳をとるのも悪くはない。

     記事作成:10月18日(火)

    2016年10月18日 (火)

    福島県の地酒CM

     福島県を代表するものに地酒がある。今年で、全国新酒鑑評会で4年連続日本一となる金賞受賞となり、確かな酒造りと味が改めて証明できた。そこで今回は、過去に福島県内で流れていた懐かしすぎる地酒のCMを列挙したい。

     夢心・大七

     夢心は喜多方の造り酒屋。

     大七「二人の幸せな時間」(1999.3.22)   

     「酒は大七、うまさは第一」というキャッチコピー。二本松市に居を構えるが、国道沿いや東北本線沿いのあちこちに山の中腹に「酒は大七」の文字看板が聳えている。

     https://www.youtube.com/watch?v=5SLG-z9Ul4o

     「♪君も一杯やらないか~ハイハイハイセブン~こんなに美味い酒なんだ~ハイハイハイセブン」という軽快な歌のバージョンもあった。

     「退屈で退屈で・・・何よりですね」という「大七生元バージョン」はコチラ

     https://www.youtube.com/watch?v=GsUKTbVfmtw (1分39秒~)

     https://www.youtube.com/watch?v=VHavUr4hdfA

     会津ほまれCM

     民謡「会津磐梯山」の歌に乗せて流れた懐かしいCM。実は「サンデーモーニング」でアシスタントを務める「唐橋ユミ」アナウンサーの実家だ。最近はあまり放送されていないのが寂しい。

     末廣

     今は亡き春日八郎が出演した。末廣酒造は老舗中の老舗で、「野口英世青春通り」の「博士蔵」と嘉永蔵があり、毎年、全国新酒鑑評会の金賞受賞の常連だ。

     花春

     「会津の良さは酒の良さ」というコピーが長らく使われた。この和服が素敵な美人女優は若い頃の根本りつ子さんだと思う。1980年代には毎日流れていたCMで、後楽園球場にも看板が出ていたほど。会津を代表する酒蔵だったが、今年、多額の負債を抱え、経営陣を入れ替え、民事再生により、幸楽苑グループの傘下に。

    https://www.youtube.com/watch?v=XZYWWC_JXY0

    https://www.youtube.com/watch?v=VBQAjE-YllQ

    https://www.youtube.com/watch?v=OC_um0MJLzw

     奥の松

     こちらも全国では高評価の地酒だ。新酒鑑評会では毎回入賞している。これも二本松にある。奥の松酒造は創業300年の歴史と最新の設備を併せ持つ福島県の酒蔵です。
    創業は古く亨保元年(1716年)に遡ります。東北は福島の地酒として誇りを込めて、奥州二本松の「奥」と「松」から命名されました。300年の長い歴史を積み重ねられたのはお客様との信頼の証だと考えます。「伝統と革新」を信条に常に新しい日本酒造りを目指します。

     榮川

    昭和50年代後半から60年代前半にかけて福島県内で流れていた懐かしいCMです。出演は女優の竹村淳子さんです。

    https://www.youtube.com/watch?v=HiNOZma46-s

     入江繭子バージョンはコチラ

    https://www.youtube.com/watch?v=NH6CP87BGY8

     榮川も花春と同様、会津を代表する酒で、1980年代頃は、ひっきりなしにテレビCMに登場した。花春と同じで和服美人を起用し、40代以上の男性諸氏の注目の的となった。現在は「榮四郎」が最高峰だ。この酒は通好みでとにかく旨い。

     その他

     笹の川 https://www.youtube.com/watch?v=v4U33xvaOJI

     福島県民には見慣れた、あるいは懐かしいCMだが、県外の方々は初めて見るCMだと思う。我が福島県はいわれのない風評被害で、未だに農産物や水産業は復興を遂げていない。地酒の躍進はこうした福島県の産業に一筋の光明を与える。

     最後に「福島の地酒」をPRするPVをどうぞ!

     ふくしまの銘酒グループにお寄せいただいた投稿から福島の自然の美しさと会津のお酒のおいしさをご紹介します。

     記事作成:10月2日(日)

    2016年10月17日 (月)

    情念がにじみ出る哀歌

     古今東西、様々な楽曲が世に出たが、暗い歌の代表格と言えば、言わずもがなだが中島みゆきと研ナオコだろう。女性が訝しげに歌う別れの曲は、どこか「恨み節」が漂い情念が滲み出ている。これは男性歌手には出せないし、感情込めて歌えない。今日は、いつもと趣向を変えて、特に世相を反映して昭和の時代に多かった「情念が滲む暗い歌」をお送りしたい。なお、埋め込みした動画サイトの映像は、私がアップしたものではないので、予告なく削除される場合があることを予めご了承の上、ご覧ください。

     圭子の夢は夜ひらく(昭和45年)

     「十五十六十七と私の人生暗かった」

     少女時代に一体何があったのかと相談に乗りたくなるような狂気じみた歌詞。怨念を感じるし、深い嘆きと悲しみが溢れている。この人生の終焉をあのハスキーボイスで情感込めて歌い上げた。ご存知、宇多田ヒカルの母親の藤圭子が歌い大ヒットした曲だが、彼女自身は数奇な人生を送り、最後は不可解な投身自殺を遂げた。謎多き人生劇場だった。

     真夜中のギター(昭和44年)

     「街のどこかに~さみしがりやがひと~り~黙って夜明けまでギターを弾いている」

     千賀かおるが歌い大ヒットした。悲しげなメロディラインだが、どこか希望の光を射すそんな曲に仕上がっている。「愛を失くして なにかを求めて さまよう」がすべて。どうしていいのかわからずに、真夜中にギターを弾く。どうみても近所迷惑だが、それほど打ちひしがれた様子が漂う。

     男と女の話 日吉ミミ(昭和45年)

     「恋人にふられたの~よくある話じゃないか」

     榊原郁恵が物真似で歌った印象が強い。失恋ソングは基本的に失意、悲しみ、後悔などの情念がにじみ出てくる。どうみても明るい雰囲気や情景ではない。

     北の宿から(昭和51年)

     あなた変りはないですか~日ごと寒さがつのります 着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます 女ごころの未練でしょう」

     セーターを編む女性はヤバイ・・・。どんな思いを込めてひと編みひと編みしていたのか
     情念どころか怨念すら感じてしまう

     都はるみはこの曲でレコード大賞を受賞した演歌の女王だったが、キャンディーズに対抗して「普通のおばさんに戻りたい」と一時引退したが、戻りきれず芸能界に復帰した。

     天城越え

     「隠しきれない 移り香がいつしかあなたに 浸みついた 誰かに盗られるくらいなら あなたを殺していいですか」「あなた・・・山が燃える~」という歌詞は強烈で、よく放送禁止にならなかったものだ。

     石川さゆりのあの歌唱力抜群の高い声だから、この曲は売れたのだと思う。イントロを聴いただけで鳥肌が立つ。

     昭和枯れすすき(昭和49年)

     「(男)貧しさに負けた~(女)いいえ~世間に負けた~ この街も追われた~いっそこのまま死のうと」

     多額の借金を抱えた男女が、これから心中しようという雰囲気が感じられる怖い歌。さくらと一郎の名曲。この曲がカラオケのデュエットの走りだった気がする。

     恋人よ

     「枯れ葉散る夕暮れは~来る日の寒さをものがたり 恋人よそばにいてこごえる私のそばにいてよ」

     冒頭のイントロ部分が木枯しが枯れ葉を舞いあげて壮絶な情景を表す。すべてを無くし、絶望的になった女性の悲哀が重くのしかかっている印象。五輪真弓さんの歌唱力は半端なかった。彼女があの風貌でこの歌を歌ったから情感がドンピシャで感じ取れた。

     帰らざる日々

     「最後の電話を握り締めて~何も話せず、ただじっ~とあなたの声を聞けば何もいらない~命を飲み干して目を閉じる Bye Bye Bye 私のあなた~Bye Bye Bye私の命~Bye Bye Bye マイラブ~」

     これから自殺しようとする女が、別れた彼氏の声を一度聞きたくて電話をかけた背景が浮かぶ。アリスが登場した時、ガロの二番煎じかと思ったが、ニューミュージック界のトップに君臨したユニットだった。

     夜桜お七

     「赤い鼻緒がぷつりと切れたすげてくれる手ありゃしない 燃えて燃やした肌より白い花

     なんともなまめかしい歌詞に女の情念が漂う。艶やかで透き通る声の坂本冬美ならではの独特な世界観に吸い込まれてしまう。

     うらみ・ます

     https://www.youtube.com/watch?v=-apnKHCgCZE

     「うらみます うtらみます あんたのこと死ぬまで・・・」

     この歌詞を聴いただけでも中島みゆきの恨み節全開で、怖さしか伝わってこない。死んで化けて出てきそうな怨念に背筋が凍りつく。

     かもめはかもめ(昭和53年)

     あきらめました あなたのことはもう 電話もかけない 青空を渡るよりも 見たい夢は
     あるけれど かもめはかもめ ひとりで空を ゆくのがお似合い

     この曲は研ナオコのために中島みゆきが書き下ろした名曲だが、最後は人生や自分の生き方を悟り切ったような歌詞が続く。「醜いアヒルの子」に続く中島みゆきワールドを歌い上げた。

     喝采(昭和47年)

     ちあきなおみが歌い、レコード大賞を受賞した名曲。

     「いつものように幕が開き、恋の歌歌う私に届いた手紙は黒い縁取りがありました」で始まり、回想シーンが始まる。大事な人を故郷に残し、ひとり汽車に乗って都会へと旅立つ女性。その3年後、その人はこの世を旅立つ・・・。その情景が浮かんできそうな哀歌。

     いずれも昭和を代表するような暗くて切なくて怖い歌詞が躍る。しかし、そこには体験者だけが知る壮絶なエピソードが見え隠れする。今の世の中、やれスマホだGPSだのと最先端科学が世の中を闊歩し、心底悩んだり苦しんだりする情景が少ない。だからこんなに情念や悲哀があふれ出るような楽曲は皆無に等しい。やはり時代背景がすべてを物語っている。かつて「歌は世につれ人につれ」という名言を残した名司会者がいた。まさに的を射た表現だと思う。
     昭和生まれの私にとって、歌の変遷を辿るとき、こうした時代錯誤と思えるような情念漂う楽曲があったことを私は忘れないと思う。

     記事作成:10月3日(月)

    2016年10月16日 (日)

    世界に誇れるメイド・イン・ジャパン

     私が好きだった「所さんのニッポンに出番」は放送を終了してしまったが、「ニッポンへ行きたい人応援団」や「メイドインJAPAN」という番組は、いかに日本や日本製品が世界中で高い評価を受けているかがわかる。日本では当たり前のように一般家庭に普及しているのに、世界には無いものがたくさんある。日本人にはなかなか実感がないのに、世界では重宝される「メイドインジャパン」。今回は、世界でありがたがられている日本製品を取り上げたい。

     シャワートイレ&暖房便座

     排泄には金をかけないというのが世界の常識だが、きわまて潔癖で衛生には気を遣う日本人ならではの製品がこれ。お尻を洗うという発想はなかなかできない。我が家でも10年ほど前に全自動のシャワートイレを導入した。蓋の開閉から洗浄、水洗まですべて自動。暖房便座はもちろんだが、乾燥機能までついている。
     一方、海外のトイレ事情はすこぶる悪く、インドや中国の地方に行くと、道端で用を済ませたり、公衆トイレなどは無く、トイレに仕切りがないところが大多数。プライバシーも無い。日本は公衆トイレも水洗が完備。そしてトイレットペーパーも備えていることに外国人は一様に驚く。

     電動アシスト自転車

     これまでは急勾配や長い坂道は自転車を降りて押して歩かなければならなかった。高齢者にはきつい自転車漕ぎだ。それを解消したのが電動自転車。足腰が弱い方でもスイスイ坂道を登る。重たい荷物でもへっちゃら。発売当初は10万円前後と高価だったが、普及率の上昇と共に価格が下がり、今では5万円以下で買えるまでに。坂の多い場所での威力は絶大。

    https://www.youtube.com/watch?v=zWW_aFyQD-Q

     紙おむつ

     中国人がバク買いして買占め、ドラッグストアの店頭から商品(パンパース・ムーニーちゃんなど)が無くなるという品切れ状況を招くほど、使い捨てできる紙おむつは大ヒットしている。昔は布切れで赤ちゃんの下半身を巻き、洗濯して何度も使いまわしたが、その手間も不要。オムツ替えも簡単だし、おむつかぶれも解消。常に赤ちゃんのおしりは清潔を保てる。

     青色LED

     これも実現不可能といわれていた発明。これによって信号の青信号が緑色から青色へと変った。ノーベル賞を受賞した赤崎勇(名城大教授)、天野浩(名古屋大学教授)、中村修二(米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)の共同開発だ。

     和紙

     障子に使われる障子紙は昔は和紙で、行灯などにも用いられた。障子は光を通し、プライバシーは保つ優れもの。白さが際立ち、清潔感に溢れる。外国でもメイドインジャパンブームで、これを通販で取り寄せ、明かり取りに使う外国人が多い。また、墨絵や版画に高級越前和紙を使う人も世界中には多いという。

     インスタントラーメン

     日本で生まれた食品であるが、日本国外に多数輸出されて多く食べられている。日清食品によれば、インスタントラーメンは1958年に同社創業者の安藤百福が発明したとしている。また、海外でもそう認める報道が多い。安藤百福が発明した瞬間油熱乾燥法を含むインスタントラーメンの基本的な製法は1962年に「即席ラーメンの製造法」として特許登録されており、発明協会の戦後日本のイノベーション100選のトップ10にも選定されている。これについては「瞬間油熱乾燥法、またはフリーズドライによって製造された即席麺」を「インスタントラーメン」と定義するなら「チキンラーメン」が「世界初のインスタントラーメン」である。

     折り紙

     手先が器用な日本人の昔ながらの遊び。鶴を折れる日本人は70%以上にも上るといわれている。他にも兜や袴、やっこさん、鞠、器、手裏剣などいくらでも応用できる。千羽鶴は激励や応援、お守りとしても重用される。

     カラオケ

     日本で生まれたもので、カラオケの仕掛け、つまり、歌を歌うための装置、さらにはその装置を使って歌うことだけでなく、歌うための場所を提供している店(カラオケボックス)のことなどを、カラオケと略して指すようにもなっている。これは、カラオケがそれだけ一般化していることの証でもある。

     スーパーカブ

     世界中で販売されているホンダのスーパーカブ。累計生産台数が9000万台を超え、あと数年で1億台を突破しそうだ。50年以上前に発売されたスーパーカブは、主に東南アジアの国々で持て囃されている。台湾やベトナム、タイでは車以上にバイクが街を独占している。

     100均

     100円ショップ(ひゃくえんショップ)とは、店内の商品を原則として1点100日本円均一で 販売する形態の小売店。別名「100円均一」および略した「100均」(ひゃっきん)と 呼ばれることもある。 販売商品は、加工食品や化粧小物、食器や調理道具、乾電池などの日用品、文房具が多く、ほとんどの場合、大量の店舗(チェーンストア)を保有している。

     電卓

     手のひらに乗る小型の電機計算機を開発したのは日本。1970年代頃から一般家庭にも普及し、今では名刺サイズの電卓が100均ショップでも売られるほど。また、1980年代からインドで電卓を販売していたが、値段が高いため知名度の割に売れていなかったカシオ。しかし2010年発売の新商品が大ヒット、以来インドでの売れ行きはずっと好調だという。

      電子炊飯器(IHI)

     まるで竃で炊いたかのようにふっくらと仕上がるご飯。米の一粒一粒がつやつやと美しく立つ。電子制御によって、お米の持つ旨味を最大限に引き出す。米飯民族の日本ならではの発想で、どこの国にも真似が出来ない。

     新幹線

     1964年(昭和39年)10月1日に東京駅 - 新大阪駅間に開業した東海道新幹線に始まり、国鉄時代には山陽・東北・上越の各新幹線が開業した。JR化後も、従来のJR線(在来線)と新幹線とで直通運転を行うミニ新幹線として山形・秋田の2路線が開業し、高速運転が可能な本来の新幹線規格(フル規格)でも北海道・北陸・九州(鹿児島ルート)の3路線が開業に至るなど、新幹線網の拡大は半世紀にわたって続けられている。

     「よくぞ日本人に生まれけり」だ。日本人は頭脳明晰で、島国ならではの独特な発想を有している。それに加えて勤勉な民族だ。細かい作業にも強い。今年もノーベル賞を受賞し、アジアのけん引役になっているし、秀才振りを発揮している。日本初の製品や商品が世界中を席巻している事実は揺るぎが無く、日本人ならではの発想やあったら便利を実用化するユニークで柔軟な思考力が、こうしたメイドインジャパンを生み出す原動力となっているのは言うに及ばない。人生50年を過ぎ、今さらながらだが、日本人に生まれたことを改めて誇りに思う。

      記事作成:9月下旬

    2016年10月15日 (土)

    優勝を逸した巨人の課題と補強ポイント

      巨人の2016年シーズンが早くも終戦を迎えた。実に情けない。というか無様だ。選手は一生懸命やっているのだろうが、その気概を感じない。勝利に向かってがむしゃらに戦っているという印象を受けない。闘争心むき出しという選手は皆無で、打席に立っても何かやってくれそうだという期待感はないし、迫力もゼロだった。

     CS(クライマックスシリーズ)では、体調不良のエース欠場に加え、スタメン起用も監督の意図がわからない。同じ慶應大卒の後輩の山本を2番に据える抜擢起用も疑問だが、打てないギャレット、素行不良で大事な場面で二軍落ちしたクルーズ、捕手の小林誠司は戦犯と言って相応しい。また、杉内、片岡のベテラン勢の故障に加え、高木勇人、マイコラスも期待外れ。昨年から2年連続で菅野を見殺しにする貧打線は何とかならないのか・・・。応援のし甲斐もない。
     今季、頑張ったのは阿部、村田、坂本くらいで、長野もダメ。見ていて打てる気がしない。当たり損ねが運良くポテンヒットになるのがやっと。また、亀井の急速な衰えも気になった。
     今年の巨人の戦い方は、5割ラインを死守するのがやっとで、完全な消化不良。様々な場面で負のスパイラルに陥り、自滅パターンだらけだった。結果、広島の独走を許し、チーム内もちぐはぐ。私を含めファンの失望は大きかった。こうなった敗因は何か?そして来シーズンに向けた補強ポイントを探りたい。

     <巨人の弱点>

     1 固定しない二塁手、センターラインの弱さ

     巨人の二塁手と言って思いつくのはV9時代の土井と篠塚だけ。巨人は昔から二塁手を固定できず、ころころメンバーが変った。私は野球は投手、捕手、二遊間、中堅手、つまりセンターラインが大事だと思っている。鉄壁の二遊間で投手を助けた中日のアライバはその典型例で、守備の名手がいるチームは安定した戦いが出来る。巨人はエラーの多かった坂本が遊撃手では心もとない。ピッチャーは安心して低めにボールを集めて打たせて捕るピッチングが出来ず、つい力んで三振を取りにいく。その結果、コントロールが甘くなって痛打される。足の速い守備範囲の広い、強肩のセンターがいて、ライン上の抜けそうな当たりをセカンドが止めてファインプレーをすれば、投手は随分楽になる。

     2 打てない捕手

     相川が怪我、阿部が一塁手専任で、小林がスタメンマスクをかぶることが多かった今年の巨人。強肩が売りの小林だが、あまりにも打てなさすぎだし、リードも高校野球並み。捕逸気味のワイルドピッチも多数。あそこであの配球はないだろうという場面が多々あり、見ていてヤキモキしっぱなしだった。彼は高校時代は、広島の野村祐輔とバッテリーを組み、甲子園準優勝。その後、同志社大学を経てノンプロで2年間やってからのプロ入りした。3年目なのでもう27歳だ。中堅の年齢で、今年もゲーム中にマイコラスに「しっかりとれよ小林!」と喝を入れられた。実に嘆かわしい。彼はあまりにもスマートすぎる。泥臭さは皆無で、相手が嫌がるクセのある配球が出来ない。あれでは打たれる。

     そして何より打てなさ過ぎるのはプロ失格。捕手は確かに重労働で、守備の要という印象。だから打つのは二の次さんの次というイメージがある。しかし、恋女房として投手を助けるのはリード面だけではなく、打力も重要だ。セ・リーグの打者部門で、規定打席に達した選手の中で最下位の2割4厘では論外。129試合に出場してこの成績では、相手投手に楽な印象を持たれてしまう。相川が40歳を迎えた今、正捕手の座は彼が担うべきだ。しかしその安全牌にあぐらをかいているのか、それを死守しようという気概が感じられない。実松と加藤も35歳を越えている。彼に代わる捕手の育成が課題となる。

     巨人の捕手で思いつくのは、森、吉田、山倉、村田、吉原、阿部くらいだが、捕手は長年、固定されてきた。捕手がころころ変わるようでは、配球や打者への攻め方も捕手によって変わってしまう。キャッチング、コーナーワーク、リードは経験がものをいう。しかし、チーム事情からして、捕手は試合を重ねながら上達しなければならない。相手バッターのクセを知り、苦手コースや球種を頭にインプットして置かなければならない。加えてサインプレーなど果たす役割は多い。それだけに勘のよさと回転の早さ、観察力も必要。私が40年以上、日本プロ野球や高校野球を見続けてきた私が見るに、小林はまだまだひよっこだ。研究心が足りない。行き当たりバッタリで構えている。
     ちなみに、これまでに私が推す捕手は、野村克也、田淵幸一、福嶋久晃(大洋)、木俣達彦(中日)、八重樫幸雄(ヤクルト)、中尾孝義、古田敦也、城島健司、谷繁元信、阿部慎之助がいる。打力を除けば、近鉄の梨田、巨人の村田、ヤクルトの大矢、西武の伊東阪神の若菜嘉晴と木戸克彦、広島の達川光男が存在感抜群だった。

     3 ダメ外人

     巨人のスカウト陣はつくづく人を見る目が無いと思う。毎年、使えないダメ外人ばかりを大金はたいて連れて来て、役に立たず、数年でお払い箱。しかもその外人は他球団に移籍すると大活躍するというパターンが30年も続いている。他球団とは大違いだ。

     過去、ジョンソンに始まった巨人の獲得外人(FAやトレードで他球団から移籍した外人を除く)で記憶にあるのは、クロマティーくらいしかいない。その彼も打撃は良かったが、外野手としては肩が弱く、他球団に走塁で舐められた。トマソン、ガルベスなどろくでもない使えない外人ばかりだ。外人の獲得が上手いのは、西武、中日、ヤクルト、近鉄だった。日本野球に適応できる資質を見極める能力に長けており、巨人はフロントがアホすぎる。だから、シーズン途中でナベツネに「フロントが補強していないんだから」と高橋監督を擁護する発言が飛び出すのだ。常勝を宿命づけられた球団だからこそ、付け焼刃的に補強し失敗を繰り返すのだ。若い選手を育てようという育成プログラムもない。広島を見習ってほしいものだ。

     4 左投手不足

     内海、田口、戸根、杉内、今村、山口と駒は多いが、いずれも故障やら不調でパッとしない。巨人は昔から左腕は大成しない。工藤や川口、杉内など外人部隊を獲得して急場を凌いで来た。生え抜きで育てたのは、高橋一三、新浦、宮本、角くらいしか思い浮かばない。内海も絶対的エースと呼ぶには程遠い。真のエース級は高橋だけ。私が買っていた高木も野球賭博で球界を追われた。 どうして巨人のサウスポーは大成しないのか不思議だ。巨人のエースは昔から右腕だらけ。堀内、江川、西本、槙原、桑田、齋藤、上原、菅野くらいだ。今年はサウスポーだけでなく、ローテーションを任された大竹、高木の不調も敗退の元凶。そして先発陣がゲームを作れず、中継ぎ、抑えが勝星を積み重ねるのも問題。勝利の方程式が構築できず終いだった。

     5 不運のエース菅野

     昨年は防御率1.91でまさかの負け星先行。今年も2.01でよもやの9勝どまり。26試合に先発登板し、9勝6敗。11試合は中継ぎ陣や抑えが打ち込まれ、逆転負けを喫して勝利投手の権利を奪われた、エースを援護できない巨人打線。2年連続で見殺しだ。逆に言うと、菅野が投げると打線が沈黙するジンクス。よくこれで腐らずにやっていると思う。辛抱強いA型の宿命か?

     6 先発陣の好投をフイにする救援陣

     昨年、ノーコンでフォアボール連発で安定感に欠けたマシソンが、今年は見違えるように良くなった。155km/h前後のストレートは威力十分。今季はなんと70試合に登板し、41ホールドを記録した。彼は来日以来、5年で300試合も登板している最大の功労者。十分頑張ったと思う。地肩の強さがものを言っている。来年は33歳になる最強右腕だが、年齢的なことを考えて、来季は50試合前後で済むような試合展開を作れるかが鍵だ。

     しかし、一方で同じセットアッパーの山口がノーコンで自滅し、1勝6敗と背信につぐ背信。防御率4.88では話にならない。出ると打たれるの繰り返し。それでも首脳陣は根気強く彼を使ったが、結果が出せなかった。33歳という年齢で今季63試合登板はきつい。2試合に1回は投げ、常にチームに帯同し、休む暇も無い状況だった。
     また、頼みの澤村も太りすぎで体のキレが悪く、腕が触れていない。コントロールが甘くなり、一発を喰らう場面が多く、先発陣の頑張りをフイにすること頻繁。第一、救援で66試合投げて37セーブは立派な数字に思えるが、6勝4敗は不可解。つまり、終盤に僅差でリードしている場面で起用され、自分の不始末で同点に追いつかれ、9回裏に味方が勝ち越して勝利投手になったに過ぎない。言うなれば先発無視の無責任勝利を積み上げただけだ。これでは先発が試合を作っても安心して後を任せられない。広島のストッパーの中﨑は、24歳で61試合に登板し、34セーブだが、防御率は澤村(2.66)の半分以下の1.32と安定感抜群だった。

     7 期待にこたえられないドラフト1位

     昨季は即戦力の大学生2人を獲得した。しかし、1位の桜井(立命館大)は一軍に定着できず、ファーム暮らし。2位の俊足が売りの早稲田卒の重信もオープン戦での華々しい活躍とは裏腹に、ほとんどが二軍だった。巨人は外人の獲得だけでなく、新人も獲得下手。逆指名で入団した1位(高橋、上原、阿部)は別格として、くじ1位で大成したのは松井くらいしか浮かばない。いずれも巨人というプレッシャー負け。辻内、大田など期待されながら結果を出せない。岡本和真もこのままでは終われない。

     巨人は打線も左投手に弱いし、初物(初対戦の投手)にも弱い。応用力がないというか適応力がないのだ。打てなければ、セフティーバントやバスターなど相手が嫌がる戦法をとればいいものを、スマートに野球をやりすぎるきらいがある。

     8 O型高橋監督のコーチ陣はO型、選手はAB型とO型に固執

     原監督はA型だった。ゆえにコーチ陣はA型主流で固めた。つまり細かく緻密な野球、管理野球を徹底するためだった。しかし、高橋由伸が監督に就任するやいなや、コーチ陣を刷新した。しかも自分と気が合うO型ばかりを登用した。とてもわかりやすい。O型に親分から見ると、B型は扱いやすいが、神経質で細かいA型は個性もないので気に食わない。だからA型を一気に外し、O型コーチに入れ替えたのだ。来季はO型の二岡二軍コーチを一軍に昇格させることも決定した。
     選手はO型監督が重用するのはA型以外の選手だ。O型は長野、片岡、小林、AB型は坂本、村田、亀井で、B型は山本。 A型は相川、阿部、重信、立岡だが、怪我が多く、プレッシャーに弱いので、O型監督は安心して使えない。阿部は原監督時代の遺産で、高橋政権下では捕手ではなく、一塁選任となった。

     高橋由伸(O型監督)の首脳陣

     O型コーチ 村田ヘッド、福王、二岡、内田、豊田、田代

     B型コーチ 井上、木村、高田、井端、村田善、尾花

     かなり今年の巨人の短所を指摘してきたが、来年のオーダーはどうなるか予想を立ててみたい。

       打 線                  先発投手     リリーフ

     1 坂本                  1 菅野       マシソン
     2 片岡(セカンド)/長野/重信      2 マイコラス    澤村
     3 糸井                         3 桜井       今村
     4 マギー                  4 内海       新外国人
      5 阿部                  5 田口
     6 村田/岡本               6 高木
     7 長野/クルーズ(セカンド)       
     8 相川/小林              起用 微妙 杉内、宮國、大竹、山口、戸根

     控え 亀井、鈴木尚、吉川、堂上、橋本到、立岡

     FAでオリックス糸井を獲得するのは確実。ベテランの年齢だが、鋼のような体型と盗塁52個は魅力。打率も3割を打てる実力者。元・楽天のマギーも濃厚。2割8分、30本塁打、90打点を期待できる。マギー獲得に失敗した場合、もしかするとヤクルトのバレンティンにまで食指を伸ばす可能性もある。
     私はギャレットとクルーズはあと1年で結果が出せなければ解雇になると見ている。マイコラスも夫人の出産に伴い、アメリカに帰国する可能性がある。亀井は体力的に衰えが目立つ。たぶん視力低下が原因だろうと思う。来季は外野が糸井の加入で出番が少なくなる。いやもしかすると、糸井がFAすれば、人的補償でプロテクト選手を外れ、他球団に移る可能性もある。太田と立岡も一軍に残れるか微妙。松本哲也は飼い殺し。私は彼は鈴木尚広の後継者として足のスペシャリストとして考えればいいと思う。あの守備力は守備固めにも最適だ。

     最後に、結論を言わせてもらえれば、今年の優勝は広島カープで良かったと思っている。広島のファンと一体になった連帯感は素晴らしかったし、投打のベテランが引っ張り、若手も彼らを手本としてチーム一丸となって優勝に向かって邁進した。勝利への執念も感じたし、最後まで諦めない強さがあった。一方、巨人はベクトルがバラバラ。攻撃は淡白で、役割分担もなければ、誰かが打ってくれるのを黙って見ている、あるいは待っている状態。迫力もないし、凄みもない。淡々と試合が進んでも、誰かがチャンスメイクをす期待感すら感じない。広島の選手の気概をお手本として貰いたい。ひたむきに一生懸命努力する姿勢を示して欲しい。DeNAにCSで敗れたのも、勝利への執念が明らかに不足していた。敵地なのにあの青一色に染まったファンの応援は見事だった。選手も意気に感じ、実力以上のパフォーマンスが出来たと思う。巨人に欠けているものはそうした気力であり、勝利に突き進む気持ちだ。来シーズンは反省して、ファンを失望させる怠慢プレーをせず、一試合一試合、ひたむきさを示して欲しいと思う。

     記事作成:10月11日(火)

    2016年10月14日 (金)

    イメージが重なる芸能人

     今年1月に掲載した記事「イメージがダブる有名人」が今でも反響が大きい。私が思うに、血液型が同じだと、顔や性格はもちろん、存在自体も似た雰囲気を醸す。今日は、昔活躍した芸能人と最近の方を比較し、同じ類や種に属しそうな方々を検証したい。

     特にイメージが重なるタレントや女優を取り上げたい。

     夏目雅子(故人)と綾瀬はるか

     両者共にB型。少し天然が入った性質だが、演技力があって、ストイックなまでにのめり込む感じは一緒。

    そして我が福島県には女子アナで綾瀬はるかに似ている人がいる。それはFTVの寺本緒麻里アナだ。

     相田翔子と笛木優子

     両者共にB型 グラビアタレントの祥子も同じ匂いを感じるが彼女はA型。

     橋本マナミと

     戸田恵梨香と志田未来

     両者共にAB型 AB型は黒のストレートロングヘアーという印象が強い。手塚さとみ、浅野ゆう子、香坂みゆきがその典型。

     富田靖子と広瀬すず

     両者共にAB型

     他にも似ている芸能人は大勢いるが、それは1月掲載した当ブログ記事をご覧ください。血液型が同じ=似ている、雰囲気が同じという構図となっている。それが私の人を見る際のものさしというか基準だ。もちろん育った環境も異なるし、どの血液型の親から生まれ、どういう育てられ方をしたのかというのも人間形成ではポイントになる。まぁいずれにしても私の意見をどのように判断するのかはあなた次第です。

     記事作成:9月下旬

    2016年10月13日 (木)

    雑感⑫ ~おかしな世の中~

     この世の中はおかしなことだらけで、突っ込みどころが満載だ。今回は最近の出来事やニュースの中で、首をかしげるというか、愚の骨頂としか思えないおかしな事象について取り上げ、個人的な雑感として意見を申し述べたい。

     1 死刑廃絶を訴える日弁連

     私は弁護士は、凶悪な犯罪を犯した者の肩を持ち、罪を少しでも軽くするためにあれこれ法の抜け道を探り、弁明を行う行為そのものが問題で、私から言わせれば犯罪の片棒を担ぐ共犯者であり、この世の外道だと思っている。自らのエゴを押し通す偽善者に過ぎない。
     何ゆえ犯罪者を弁護する必要があるのか?そんな弁護士が死刑廃絶を訴えること自体おこがましい。死刑執行されて、それが冤罪だったら取り返しがつかないというのがその理由らしいが、昭和の混乱期に起きた犯罪ではあるまいし、現代の警察は、厳しい拷問の末にやってもいない犯罪をでっち上げたり、自白を強要するような取調べなどできやしない。むしろ、自分がやった行為を、シラを切ったり、弁護士を頼んで自らの罪を軽くしようと画策する強かでずる賢い犯罪者を作り出すだけであろう。そんな輩を弁護するのは愚の骨頂だ。厳しく断罪してこそ、善良な日本人の安全な生活は保たれるのだ。

     また、実際に殺人を犯していながら、弁舌が肥える弁護士に依頼し、裁判で無罪を勝ち得たら、それこそが犯罪であろう。被害者やその遺族は浮かばれない。弁護士は自らが犯罪に巻き込まれたことが無いから、呑気にもそんな流暢なことがいえるのだ。何の罪も無い人の命を、まるで虫けらの如く、残忍な方法で殺害し、遺体を遺棄し、証拠隠滅を図る凶悪犯や麻薬や覚醒剤に手を出し、心神耗弱状態に自ら陥って、人を傷つける行為をした人間をどうして許せよう。更正の機会を与えるというが、殺された人間はどう償われても生き返らないし、浮かばれない。遺族の心情を逆なでするかのような死刑廃止を叫ぶことは最も許されない悪徳行為だ。しかも死刑回避し、無期懲役であろうが、いいとこ20年経過すれば、仮釈放が認められるのが現行の法律だ。そういう凶悪犯罪に手を染めた粗暴な輩を再び実社会に放り出したらどうなるか?仕事に就けず、再び犯罪を犯すしかないだろう。しかも刑務所で生活する犯罪者の食費や刑務所の維持管理などの費用は我々の血税でまかなわれている。冗談じゃない。

     死刑廃絶を訴える弁護士は、もし愛する家族が残忍な方法で殺害されても、同じことを叫べるのか?犯人を殺してやりたいほど憎むのではないのか?人間の感情として、どんなに謝罪されても、お金を積まれても許せるとは到底思えない。死刑廃止の代替案として終身刑を導入することを提案するらしいが、そんなことしたら、日本の刑務所は定員オーバーで収容できなくなり、また、人を何人殺しても自分は死刑を免れるという安易な理由で、凶悪犯罪を助長する結果になりかねないのである。


     

     2 銃社会アメリカ 犠牲者が多くても銃規制できない馬鹿げた現状

     アメリカの巨大組織「北米ライフル協会」の抵抗によって、アメリカはいつまでたっても銃規制が実現できない。自分の命は自分で守るという方針がそもそもの間違いの出発点なのに、そこに気づかず法を是正できない。一般の人間であっても銃を所持できるこの国は、何かの拍子に自暴自棄に陥り、他人を巻き込んで自殺するために、学校で銃を乱射し、何人犠牲になっなろうが、いっこうにその方針は変らない。
     ライフル協会が頑なに銃規制を拒否しているため、下院議員に圧力をかけているのだ。もし規制に動いたら、その議員は落選に追い込まれるため、物言えぬ状況が続いている。「目には目を歯には歯を」という政策では変りようが無い。今後もアメリカではこうした銃犯罪によって命を落とす善良な市民が後を絶たないはずだ。一番許せないのは小学生がその犠牲になるケースがあることだ。断じて許すわけには行かない。人命より利権が優先されるのがアメリカの現状であり、犯罪の温床になっているアメリカ社会の闇なのだ。 

     3 泥仕合を繰り広げるアメリカ大統領選挙

     過去、2度に渡って行われたアメリカ大統領選のテレビ討論会。女性初の大統領を目指すクリントン氏と毒舌で民衆の心理を掴む作戦を展開してきたトランプ氏の一騎打ちだが、目立つのは政策論争ではなく、互いの過去のスキャンダルを暴露し、非難に次ぐ非難が主テーマと化し、その責任を追及する愚の骨頂の展開。互いの傷を舐めあう低俗な選挙戦に、国民はうんざりであろう。トランプが大統領になる可能性は、自らまいた不適切発言や過去の行動で自らの足を引っ張る結果によって低くなった。あの手この手で相手をこき下ろし、自らの正当性や大統領としての適性を訴える品のなさ。責任転嫁し、相手を批判しつくす。トランプは身から出た錆とはいえ、人を批判し、悪口をまくしたてるような人物に、本気で国を守るだけの気構えや気概があるとは到底思えない。自己弁護に終始し、責任逃れの弁舌ばかりを繰り返す者に国民は安心して国の未来を託せる訳がないのだ。

    Tv_debate

     私は個人的には民主党のクリントン氏が大統領になると見ている。従来の日米関係を継続し、未来志向と建設的な思考で対話を重視して柔軟に世界事情に対処できるからだ。強権的で上から目線でしか物言えぬトランプ候補では、戦争勃発の危険すら回避できない。万が一なったとしても、さらにスキャンダル三昧で辞任に追い込まれるのは必至。
     強大なアメリカがこのような候補しか生み出せない現実が、今のアメリカの人材不足を露呈している。過去の大統領候補は知性と弁舌の巧みな政治家ばかりで、あのような罵ることで、相手を罵倒したり、論破しようという稚拙な発想では、世界の危機的な状況に対応できる筈が無い。アメリカの利権ばかりを主張し、国際協調の立場で公平な判断などできるわけが無い。日本にとってはトランプ氏は危険因子でしかなく、北朝鮮の暴走に毅然とした態度を示すことが弱まる懸念はあるが、同盟関係を堅持するためにもクリントン氏が大統領に就任することを願いたい。

     4 北朝鮮の暴挙に物言えぬ国際社会

     北朝鮮の暴走が止まらない。ミサイル発射の回数が昨年比ではないほど頻発している。これで周辺国への警告や脅威、プレッシャーを与えているつもりだが、まるで逆効果。自らの首を絞め、ますます国際社会から孤立している。この国だけが昭和初期のまま変っていない。未来に逆行し、ひたすら軍備を増強し、富国強兵とばかりに軍事国家への道を突き進んでいる。そして水面下で核開発を続け、水爆実験まで強行した。この脅しは留まるところを知らない。潜水艦からのミサイル発射実験にも成功し、ミサイルに小型化した核弾頭を搭載すれば、日本は一気に核攻撃の脅威にさらされるし、アメリカと同盟関係にある日本もいつ標的にされるかわからない。
     こうした暴挙に対処するには、日本も憲法改正しかない。もし共和党のトランプ氏が大統領になったら、日本から駐留するアメリカ軍を撤退させることもありえる。現に、日本への安全保障に関する軍事費について対価を払わせると宣言している。多額の駐留費を国家予算から払うくらいなら、日本も自衛隊ではなく、軍隊を所有しなければならない。日本人は戦後70年続いた紛争なき平和が永遠に継続すると考えている。

     中国の横暴さ、韓国の遺恨、北朝鮮の脅威を考えれば、日本はアメリカに守ってもらうという発想ではもはや通じない。自らの手で自らの安全、つまり防衛を行うために、戦力を整えなければならない。そのための憲法改正であって、日本から戦争を仕掛けたり、周辺国家に脅威を与えるわけではない。もちろん唯一の被爆国である日本が核を保有することはありえない。自らの手で破滅への道を突き進んでいることを認識できぬ北朝鮮の一方的な脅しに屈しないためにも、それに対応できる強力な軍事力を装備しなければならないのだ。日本人の最先端科学や高度な技術をもってすれば、旧式の武器しか持たない北朝鮮の戦力に負けるはずが無い。是非、世論を盛り上げて、平和維持のための建設的な憲法改正論議を行って欲しい。

     世界は一体どこに向かっているのか。未だにテロが横行し、人が人を傷つけ、殺す世の中だ。真の意味での和平や平穏は訪れていない。紛争は絶えず、各国の勝手な思い込みや脅迫によって、自らの立場を正当化使用という動きは後を絶たず、ひとつしかない地球を自らの手で破滅へ導き、破壊しようと画策している。ここまで人類は愚かな生き物に成り下がったのか・・・。嘆きたくなる。こうした社会情勢を危惧し、国家レベルで行く末を今こそ考えなければならない。私たち子孫に負の遺産を残すのではなく、明るい未来を残すことこそ、現世を生きる私たちに託された使命であろう。

     記事作成:10月9日(日)

    2016年10月12日 (水)

    福島県内のロングランCM

     今日は、ご当地・福島県内で長きに渡って放送されているテレビCMを話題にしたい。もう10年以上繰り返し放送されているであろう、福島県民には愛着があり、慣れ親しんだCMだ。選りすぐって5本お送りしたいと思う。

     星総合印刷

     朝の情報バラエティ番組や夕方の県内のニュースの合間に流れることが多い。福島県民にはお馴染みのCM。このBGMも聞きなれているし、いったん伏し目にし、カメラ目線で「プリンティングメッセージ・・・」というのも

     阿部紙工

     これも彩り鮮やかで、主に朝の情報バラエティか夕方の県内ニュースの最中に流れる。

     ヨークベニマル1・2・3の市

     ベニマルは郡山市に本社がある大手スーパーだ。宮城や栃木、山形など店舗を拡大中。毎月1日~3日の「いちにさんの市」や「どまんなか得の市」などを実施。駐車場は満車となる。

     現在は放送されていないが、かつてよく放送されていたCM

     アサカヤの磐梯そば

     こおりやま躾会館

     飯坂温泉ホテル聚楽

     うすい(アヒル)

     幸楽苑(会津っぽ)

     大七酒造(1999年)

     記事作成:9月28日(水)

    2016年10月11日 (火)

    今見ても美しい女性タレント

     20年以上も前のCMや映像を見ても、綺麗な女性というのは古さを感じないし、その美しさは変わらない。もちろん20年前に20代だった方は、現在は40代になっているが、特に女優さんや芸能人、モデルの方々は美しい歳の重ね方をしていて、今見ても当時とあまり変わらないお姿で嬉しくなる。

     今回のテーマは、20年も前の映像を見ても、古さを感じず、やはり美人は20年たっても、その当時のお姿は色あせることなく綺麗のままでいるということを証明したい。ヘアスタイルや化粧、ファッションの流行は大きく変わっても、地が良い人は、やはり美しいままなのだ。そういう美しき女性を3人取り上げたい。

     三浦智子

     1960年10月25日生まれの55歳。兵庫県神戸市出身のファッションモデル。所属事務所はアン・カンパニー。身長162cm、B82 W59 H85、靴の サイズは23.5cm。血液型はA型。
     17歳からモデルを始める。「CanCam」の初代専属モデルとして活躍。1983年には表紙を飾る。 日本生命のCMで『ニッセイレディ、友子さん』として長年にわたり出演して親しまれたほか、ハウス食品の『♪あらこんなところに牛肉が』(『オクラホマミキサー』の替え歌)というハッシュドビーフのCMでもお馴染み。モデル活動以外にも、『さすらい刑事旅情編』などドラマ・舞台への出演経験もある。

     主に1990年代に、CMで活躍された。出演作品は以下の通り。

  • 日本生命(1989年-)、ドクターシーラボ(2013年-)、ハウス食品 ハッシュドビーフ(1991年)
  • 森永製菓、日本コカ・コーラ、日本マクドナルド、日本ケンタッキーフライドチキン
  • トヨタ カローラ、日産自動車、三菱自動車、花王、オッペン化粧品、セブン・イレブン
  •  では1990年代に放送され、今でも私が大好きで、つい見とれてしまう「ニッセイレディ
    ー・友子さん」のCMをどうぞ!
  •  彼女は私よりも4歳年上だが、今から27年ほど前、竹下景子さんと共に、大好きなモデルさんだった。知性が滲み出る大人の女性という印象だった。

     久保田早紀

     シンガーソングライターブームで沸いていた1970年代後半、「異邦人」で衝撃的なデビューを飾った彼女。ピアノの弾き語りであの美しい容姿は、当時の男性諸氏を虜にした。あの斬新なソバージュも初めて見たし、少しハスキーがかった甘ったるい歌声もベストマッチだった。その後、彼女は表舞台から姿を消していたが、音楽活動は継続し、今では本名の久米小百合名義で歌い続けている。

     確かこの曲は化粧品のキャンペーンソングに使われ大ヒットしたが、名曲は時代と世代を越えて歌い継がれるようで、その後、坂井泉水やMay.Jなど多くのシンガーがカヴァーしている。
     また、この曲のカラオケが動画サイトにアップされているが、ここに登場する女性が可愛い!誰なのかわからないがとにかく気になる存在だ。

     坂井泉水

     1990年代に最も輝いた女性アーティスト。私は3年前に彼女のお墓参りに行ったほどの筋金入りのファンで、今でも通勤時やドライブのBGMは彼女のCDを聴いている。彼女の出世作となった「揺れる想い」、彼女の乙女心をストレートに表現した詩作の中で、負けないで、心開いてと共に大好きな一曲だった。ポカリスエットのCMに使われて大ブレイクした。血液型はA型。彼女の一生については当ブログ記事の「坂井泉水forever」で記載しているので、そちらをご覧ください。

     松嶋菜々子

     彼女の美貌は語るに及ばないというかもう言わずもがなだが、彼女が20代でスクリーンに登場したときには、息を呑むような容姿にうっとりした男性諸氏が多かったに違いない。あの端正な目鼻立ちでややベビーフェイス系のお顔は、男心をくすぐり、虜にする雰囲気を醸し出していた。

     私が特に彼女の出演作品で好きなのは、映画が「ホワイトアウト」と「犬神家の一族」、「ゴースト」、ドラマが「魔女の条件」、「百年の物語」、「やまとなでしこ」、CMが「生茶」と「綺麗なお姉さん」、「マックスファクター」だ。いずれも彼女の美しさが際立っている。

     彼女は1973年10月13日生まれの43歳。血液型はA。身長172cmで、ファッションモデルとしても活動していただけあって、プロポーション抜群。小顔なので余計にスタイル良く見える。

     では私が絶賛する、彼女の飛びっきり美しい映像をお送りしたい。

     https://www.youtube.com/watch?v=U64R7Y3xgs8

     

     さて、いかがでしたか?私が今回、このテーマでお送りした意図を汲んでいただけたら嬉しく思う。女性は20代がもっとも輝いて美しい時期といわれる。通常は「お肌の曲がり角」などと呼ばれ、小じわが増えて、急速に衰えることが多いのが一般的だが、女優さんは、その人生をスクリーンで見て取れるだけに、常に紫外線対策や肌に良い食品を摂取したり、健康サロンに通ったり、普段から肌のケアに気遣っている。だから美肌を持続できるのだろう。大女優の吉永小百合さんは、いつまでも若々しい美しさを保っている。
     しかし、女優の役どころで、子役から始まった芸能人生も、トレンディドラマの主役で恋愛世代を演じ、母親役になり、さらにはおばあちゃん役へと移り変わることで、その人の人生を感じる。本日見ていただいたお二人の20代の輝いていた頃の映像を見ても、やはり美人は30年近い年月を超えても変らないという感想を持つ。「美人薄命」はごもっともだが、一番輝ける時の美しい姿を残せる20代女性が、人生の中で貴重な時期というのは間違いないと思う。

     記事作成:9月24日(土)
     

    2016年10月10日 (月)

    ふくしまの心の風景10

     我が福島県は、5年前の東電の原発事故のせいで、大打撃を被った。今でも農産物はその風評被害を受け、水産業は遠洋漁業を除いて再開の目処が立たない。港でも釣り人の姿はめっきり減った。この先10年でも収束しない原発事故の悪影響は福島県の産業を大きく変える結果となった。
     そんな福島県はもともと大自然豊かな地形に恵まれ、観光地としても収益を上げてきた。浜通り、中通り、会津と三つに分かれた地方で、それぞれに違う表情をみせていた。日本人の心のうた「ふるさと」にマッチした田舎の風景や田畑や山々の田園地帯が広がる、それは長閑な土地柄でもあった。そこで今回は、地元在住の私が考える「ふくしまの心の風景」を10箇所に絞ってお送りしたい。

     猪苗代湖と磐梯山

     秋晴れの日に湖南からみた猪苗代湖越しの磐梯山と、国道49号線の上戸の短いトンネルを抜け右にカーブした時、志田浜越しに聳える磐梯山が最高。

     大内宿・塔のへつり

     江戸時代にタイムスリップしたような茅葺屋根の宿場町。昔の会津への街道途中にあり、大名や旅人が宿泊したであろう駕籠屋などの民宿。ここの名物はなんと言っても、曲がりねぎ一本を箸代わりにして食べる高遠そば。縁側で日向ぼっこしながら食べたい逸品。
     塔のへつりは、大内宿から大川を挟んだ対岸にある川べりに突き出した奇岩群と緑が織り成す自然美が売り。吊り橋で対岸に渡り、自然遊歩道を行くのだが、震災でそれが崩れてしまい、途中までしか行けなくなった。ここではレストハウスで塩焼きの鮎が名物。全国的にも珍しい茅葺屋根の駅舎「湯野上温泉駅」も必見!

     只見線橋梁

     会津柳津から金山方面に向かうと、三島という町がある。国道沿いのトンネルを抜けた先に「道の駅みしま」がある。そのトンネルのわき道の遊歩道を10分ほど登山すれば、グラビアを飾る大パノラマが開ける。いつ行ってもカメラマンが居並ぶ景勝地で、そこからは只見線の橋梁が大川の皆も二映り、二重橋のように見える。そこをディーゼル車やSLが渡る様は、プロのカメラマンの絶好の被写体で、憧れの光景だ。春夏秋冬、それぞれの表情や美しさに見とれてしまう絶景だ。

     左下観音堂

     会津美里町にある、珍しい懸け造り構造のお堂。京都の清水寺のミニチュア版のような舞台。岸壁にへばりつくように木造のお堂が聳え立つ。今年、ようやく福島県の天然文化財に認定され、ようやく日の目を浴びることになったが、周囲にはこのお堂の在り処を示す標識が少なく、しかも山の中にあるため、素通りして気づく人も少ない。とにかく訪れて、自分の眼で見て驚いて欲しい建造物だ。

     五色沼

     磐梯山の噴火で堰き止められ大小多くの群沼地帯が誕生した。五色沼は文字通りカラフルな色彩の沼があちらこちらに点在し、そこを遊歩道で散策する。季節によって様々な表情を見せる。新緑か紅葉の時期に訪れたい名勝。特にマイカー横付けで土産屋も多い毘沙門沼では、ボート漕ぎが出来、しかもハート型模様の錦鯉を探すのも一興。

     檜原湖から見た裏磐梯

     檜原湖は裏磐梯最大の湖で磐梯山の噴火で堰き止められたカルデラ湖。遊覧船が湖内を一周し、表磐梯とは全く異なる磐梯山の険しく雄雄しい姿を拝める。激しい噴火と爆発で山体崩壊して赤茶色にぱっくり割れた噴火口が見渡せる。檜原湖の固定には旧檜原村があり、渇水時には鳥居などが湖面から姿を現す。また、冬はワカサギ釣り、夏も小型ボートでのバス釣りのメッカとなる。

     吾妻小富士・浄土平

     磐梯吾妻スカイラインが無料化となり、気軽に行けるようになった。一切経山から現在も立ち上る噴煙や湯煙、そして1時間程度で噴火口を歩いて一周できる吾妻小富士。福島市からは富士山の小型版のように見渡せるし、春先にはその中腹に雪解けで姿を現す「泣きウサギ」が眺望できる。浄土平からは紅葉シーズンには多数の登山客やハイキングウォーカーで賑わう。

     尾瀬

     郡山からはあまりにも遠いため、私は一度も行ったことがないが、大自然の美が織り成す景勝地。群馬県にまたがっているが、水芭蕉で有名。一本橋で遊歩道が築かれ、季節折々の花々が咲き誇り、大平原を散策する多くのハイカーで賑わう。

     布引高原とひまわり畑

     8月から9月にかけて咲き誇るひまわり。その山頂部に広がる畑一面、ひまわりの黄色一色となり、それを見下ろすかのように数多くの風車が回転する。それが布引高原の風景だ。今年、めざましテレビでもその絶景が生放送された。晴れた日は青空に黄色一面のひまわりが映え、そのコントラストは最高。辿り着くまでに時間を要するが、遠足の昼食場所などに最適。また、山頂からは青い猪苗代湖の湖面越しに見渡せる磐梯山が息を呑むほど美しい。ひまわりが終わった後は、一面の秋桜畑と化す。

     安達太良山

     かつて高村光太郎の妻だった智恵子が毎日見上げ、本当の空と語り感慨に浸ったのが安達太良山。私は二本松ではなく、ここ郡山市から眺望する安達太良山の稜線がとても綺麗で一番好きだ。見慣れた風景だが、時々ハッとするような美しさに見とれることがある。

     さて、これまでも当ブログで我がふるさと「福島県」の魅力を紹介してきたが、それほど福島県は大自然が創出する美しい田園風景や山岳風景画数多くある。日本三大巨桜の「滝桜」もそうだし、花見山の美しい花々も捨てがたい。とても10個では語りつくせないので、その中でも特に見ていただきたい名所を紹介した次第だ。

     記事作成:9月25日(日)

    2016年10月 9日 (日)

    THE 電撃結婚発表会見!

     芸能人同士のビッグカップルはそんなに珍しくはないが、いきなりの婚約発表や結婚発表はファンにとってはショッキングで、ワイドショーや週刊誌が飛びつく格好のネタとなる。今日はあまり報道されなかったのに、水面下で交際を深め、電撃的に記者会見で「結婚(婚約)発表」となったスクープ的映像やビッグカップルの結婚報道をお送りしたい。

     長渕剛・石野真子

     石野真子(20)が81年8月で引退して、9月頃にあった婚約記者会見。結婚式は82年1月15日ロスでとなっていたが、長渕剛の母の体調が悪く延期になったが、石野真子が二十歳の花嫁へのあこがれがあり石野真子の誕生日1月31日ギリギリでハワイで吉田拓郎、浅田美代子(当時夫妻)の仲人で無事、結婚式を挙げたが、83年若さゆえ離婚。A型同士。

     石橋貴明・鈴木保奈美

     交際僅か3か月で電撃入籍。両者とも離婚歴があり、再婚同士。しかも妊娠3か月と計算が合わないが、いきなりの会見となり、マスコミは騒然とした。
     当時石橋はとんねるずが人気絶頂で、ハリウッド映画に出演したり、冠番組を複数持つ売れっ子だった。一方の鈴木保奈美は「東京ラブストーリー」以降、月9ドラマで主演を務めるなど超人気女優だった。A型同士。

     唐沢寿明・山口智子 1995年

    Karasawa_yamaguchi

     1988年放送のNHK連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」の共演が交際のきっかけ。唐沢は山口の第一印象を「デカイ女」と思ったとのこと。また、山口は唐沢の第一印象を「日本一、顔の小さい男だと思った。握り拳くらいしかない」と結婚後に雑誌インタビューで語っている。
     そんな二人だが、1995年に結婚し、仮面の夫婦などと呼ばれたが、実はアツアツ夫婦で、20年が経過した今でも手をつないで寝ているなど、仲睦まじい生活をカミングアウトした。山口智子は一貫して子供は不要と主張し、新しい夫婦のライフスタイルを築き、カリスマ夫婦とも言われている。残念ながら映像は動画サイトにはアップされていません。あしからず。A型同士。

     江口洋介・森高千里 1999年

    Eguchi Eguchi_moritaka

     森高千里のラジオ番組「千里の道も一歩から」に、ゲストとして江口洋介が出演 したことがきっかけで知り合う。その後、急激に距離を縮め、99年6月に結婚。結婚時には森高千里のおなかの中に子供がいたようなので、今でいう「できちゃった婚」だった。O型同士。

     反町隆史・松嶋菜々子 2001年

     ドラマ『GTO』で共演した反町隆史と松嶋菜々とは、『GTO』撮影終了から約1年後の1999年11月に交際スタートし、2001年2月21日ZEPP TOKYOでのライブ(国内最後のライブとなっている)を終えた後に結婚。2月22日に、反町隆史自身の公式サイトでファンに報告し、フジテレビのスタジオで、反町隆史、松嶋菜々子2人揃って会見を開いた。2人の人気は当時絶頂であり、ビッグカップル誕生と騒がれた。反町はAB型で松嶋はA型。おしどり夫婦の三浦友和と山口百恵と同じ型。

     水嶋ヒロ・絢香 2009年

     2009年4月3日、俳優・水嶋ヒロと結婚予定であるとの報道を受けて記者会見を開き「2009年2月22日に入籍。この時、絢香はデビュー翌年からバセドウ病を患っていて治療に専念するため、歌手活動を年内で休止する」と述べる。水嶋ヒロはABで絢香はO型。

     福山雅治・吹石一恵

     歌手で俳優の福山雅治さん(46)と女優の吹石一恵さん(33)が吹石さんの誕生日の28日、結婚を発表しました。友人関係だった2人は数年前から交際するようになったということです。福山雅治はO型で吹石一恵はA型

     DAIGO・北川景子

     歌手のDAIGOと(37)と女優の北川景子(29)が1月11日に会見し、婚姻届を同日に提出したことを報告した。2人は2011年にドラマで共演し、3年後の1月11日にバラエティー番組で再会。その後、交際をスタートさせた。北川は「好きな数字が1なんです。(再会した)記念日のきょう11時11分に婚姻届を提出しました」と明かし、続けてDAIGOが「ゾロ目婚です」とコメント。仲むつまじい様子で、息がピッタリの掛け合いを見せていた。プロポーズは、DAIGOが「24時間テレビ」(日本テレビ系)の企画で100キロマラソンを完走した直後。北川に指輪を渡して「K(結婚)S(して)K(ください)」と「DAI語」で伝えたという。挙式について聞かれた北川が「考えたことがなかった…。私は何をすればいいかな?」とDAIGOに声を掛けると、「俺の隣にいてくれればいい」との答え。2人は見詰め合い、ラブラブぶりを見せつけた。DAIGOはAB型で北川はO型。水嶋ヒロと絢香と同じ型。

     さて、7組の芸能人ビッグカップルの電撃結婚会見の模様をお送りしました。前触れもなくいきなり入籍しましたというのも驚きで、最近ではカーレーサーの山本尚紀さんとテレビ東京の狩野恵里アナが電撃入籍した。どうも交際を隠す隠密行動が多く、週刊誌もかぎつけず、唐突感が半端ないサプライズ発表が多くなった。
     芸能人は応援してくれるファンにどう発表するかを想いをめぐらすと思うが、幸福になる権利はある。ファンなら、お二人の門出を心から祝福するのが、本当のファンだと思う。

     記事作成:9月24日(土)

    2016年10月 8日 (土)

    プロ野球2016年シーズン回顧

     2016年のNPBのシーズンは、セ・リーグが広島の24年ぶりのぶっちぎり優勝、パ・リーグは11.5ゲーム差を大逆転した日本ハムが劇的な優勝を遂げた。筋書きのないスポーツに恥じないドラマチックな結末だった。
     今回は、毎年この時期にお送りしているが、ペナントシーズンを振り返って、野球通を自負する私が、ファンである巨人を中心に、目に付いたことを各トピックに分類してお送りしたい。

     1 巨人のエースを見殺しにする貧打線

     巨人の菅野は悲運のエースといわざるを得ない。彼が投げる試合は、ことごとく打線が沈黙、いくら好投しても勝敗がつかずに降板するケースが多数を占めた。よくこれで腐らなかったと思う。江本孟紀なら「打線がアホやから野球でけへん」とキレていることだろう。防御率2.01でセ・リーグトップなのに、9勝6敗はありえない。試合を作り、勝利投手の権利を得て降板した後に、後を託した山口、マシソン、澤村が打ち込まれて逆転され、勝ち星を逸したことが何度あったことか・・・。終盤に試合をぶち壊す澤村が防御率2.66で、6勝4敗37セーブというのは先発陣にとったら、怒り爆発だ。澤村はどうみても太りすぎ。あのお腹の出方は、肉食のせいだ。一方、広島の野村は防御率2.77にもかかわらず、16勝で最多勝に輝いた。割に合わない。

     2 正捕手を固定できず、打てない捕手は全チームの悩みの種

     私は、阿部が体力的に厳しい状況で、小林誠司に期待していた。しかしフジテレビ女子アナとの恋愛にうつつをぬかし、本業が手薄になり、残念な結果ばかりを招いた。打率は.200程度と低迷。打てないしリードは下手くそすぎて話にならない。唯一強肩というだけで、イケメンは実力には全く関係が無い。野球一筋にのめりこんで欲しいし、26歳なんだからもっと勉強して欲しい。この小林、高校時代は広島の名門・広陵高校でマスクを被り、広島カープに入団した野村とバッテリーを組んでいたことを覚えているだろうか?夏の甲子園大会決勝で、佐賀北の副島に8回裏、逆転満塁ホームランを浴びて準優勝に沈んだ。盗塁阻止率は.420程度。
     捕手はもちろん守備の要で、サインを出して投手をリードし、全体に目配せしてプレーするため、大変な重労働のポジションだが、だからと言って打力はお構いなしというのは通じないと思っている。私が認める実力派の捕手は野村、森、田淵、木俣、福嶋、中尾、梨田、古田、谷繁、城嶋、阿部だと思っている。小林が女にうつつを抜かす前に、しっかり捕手業の真髄を勉強してもらいたい。そして打率.280以上、20本塁打を打って優勝してこそ名捕手の称号を刻めると思う。

     3 巨人のドラ1は大成しないジンクス

     1位 桜井俊貴は立命館大学から即戦力を期待されながら、故障とプレッシャーに弱いA型ぶりを露呈。1試合しか登板機会がなかった。プロ入り初勝利すらお預け。2位の早稲田の重信もまた、オープン戦での華々しい活躍は成りを潜め、鳴かず飛ばず。俊足と広範囲の守備力も生かせなかったし、一軍定着できなかった。打率も .190と低迷。逆指名で入団した選手は別として、この20年でドラフトのくじ引きで入団した巨人のルーキーで活躍したのは松井と坂本、菅野くらいしか記憶に無い。その菅野だって東海大学卒業時に某球団の横槍によって浪人生活を余儀なくされて、ようやく入団できた曰くつきだ。長野も同様。巨人以外はプロ入りしないと言い放ったつわもの。

     一方、他球団は阪神の高山俊は134試合に出場し136安打、打率2割7分5厘と期待通りの活躍を見せた。また、駒大からDeNA入団した今永は、8勝を上げたものの9敗と負け星先行。楽天のオコエも一軍よりファーム暮らしのほうが長い。打率も.185と低く、プロのレベルについていけなかった。複数球団が競合したロッテの平沢も打率1割4分台に低迷した。西武の多和田は7勝(5敗)したものの防御率は4.38程度。逆に来季楽しみなのはオリックスの吉田正尚。63試合に出場し、67安打を放ち、打率は2割9分台。
     いずれもプロ1年目から結果を出せるほどやはり甘くはないようだ。

     4 相変わらず見る目の無い巨人のスカウト陣 今年もダメ外人

     やはり巨人に来る外国人助っ人はカスばかり。去年のセペダに続き、ヤンキースから長距離砲として期待された大物のギャレットも打率は低く、下馬評より本塁打数は10本以上少ない。クルーズは、守備の達人として正二塁手を期待されたが、怪我と怠慢プレーで途中で戦線を離脱。ついに首脳陣の逆鱗に触れ、CSはまさかの登録抹消措置。マイコラスも2年目は最悪で、長期離脱。国産選手だけの苦しい戦いを強いられた。
     今シーズン外国人選手で及第点は日本ハムのレアードと故障明けで頑張ったヤクルトバレンティン、西武のメヒア、ロッテのデスパイネくらいだが、いずれも打率が低すぎて確実性に乏しい。巨人が放出したDeNAのロペスは34本塁打、95打点の大活躍だ。なぜこうなるか不思議だ。巨人を出ると水を得た魚のように決まって大活躍だ。
     今年のストーブリーグはもっぱらバレンティンの去就。打率が悪くても一発の魅力と打点を荒稼ぎできるぐ破壊力はまだまだ十分やれる。巨人が触手を伸ばすか・・・。 

     5 引退選手・戦力外通告選手

     ① 三浦大輔 (DeNA)   ⑪ 武田 勝(日本ハム)
     ② 小松 聖 (オリックス)  ⑫ 広瀬 純 (広島)
     ③ 久保裕也 (DeNA)   ⑬ 福原 忍 (阪神)
     ④ 須永英輝 (日本ハム)  ⑭ 鶴岡一成(阪神)
     ⑤ 大場翔太 (中日)     ⑮ 多村 仁 (中日)
     ⑥ 長谷部康平(楽天)    ⑯ 田中浩康(ヤクルト) 
     ⑦ 新垣渚(ヤクルト)
     ⑧ サブロー(ロッテ)
     ⑨ 栗原健太 (広島)
     ⑩ 岩田慎司 (中日)  

     結果が出せないヤクルトの佐藤由や日本ハムの斉藤祐樹はもう戦力外通告を受けるのも時間の問題だろう。プロは結果が全て。人気だけではやっていけない。
      そして日本球界復帰以降、「給料泥棒」のレッテルを貼られ、それを返上できないのが「平成の怪物・松坂大輔」。MLBに挑戦する前までの彼の活躍は賞賛できるし、WBCでの実績は凄いとしか言いようが無い。しかし、肘の手術以降、この5年の急速な衰えはもはやプロとはいえない。ITmediaビジネスオンラインの記事によれば、松坂はホークスと3年総額12億円プラス出来高(推定)という巨額契約を結んでいる。ここまで一軍公式戦で投げたのはこの2日の楽天戦のみなので、わずか1試合の登板によって2年間の総年俸8億円を手にした格好となるのだ。しかもこの楽天戦での投球数39球を8億円で割ると、1球当たりにつき何と約2050万円という計算になる。1球投げれば、フェラーリが買え、2球投げれば家が建つ。まったくいいご身分だ。自らの立場を察する判断力もない。まぁ自分から給料を全額返還すれば可愛げがあるのだが・・・。彼はどうみても太りすぎ。自己管理ができていない証拠で、プロ失格。高校時代はほっそりで、腕もよくしなり、切れ味の良い速球と大きく曲がるスライダーが武器だった。それがもう影も形もない。器が大きい分、態度もでかいというO型の典型だろう。かつての江川もそうだった。

     6 注目のスター選手はこぞってパ・リーグに入団する不思議

     イチロー、松坂大輔、杉内俊哉、大場翔太、一場靖弘、東浜巨、ダルビッシュ有、
     田中将大、斉藤祐樹、大谷翔平、松井裕樹、菊池遊星、安樂智大、島袋洋奨

     いずれも甲子園を沸かせたスターたちだが、不思議なことにクジでこぞってパ・リーグへ入団している。セ・リーグは相当、クジ運が悪いと見える。そして大多数がチームの中心選手として活躍している。これだからパ・リーグの人気も実力も上がる筈だ。

     さて、いろいろと好き放題書き綴ってきたが、この記事はあくまで個人の感想であることを最後に付記したい。一般サラリーマンが一生かけて2億円程度しか稼げないのに、1年で軽く天文学的な年俸を受け取るプロ野球の世界。夢を売る職業だとしたら、もっと真摯に野球に向き合ってもらいたい。
     毎年、私が酷評してきた巨人・坂本は打撃フォーム改造が奏功して首位打者に輝いたが、私はこれもまぐれで、来年以降は3割を割り込むと見ている。一時の成績に満足せず、野球に専念してもらいたい。多くの女性ファンの黄色い声援にうつつを抜かさず、今の10倍練習に取り組む姿勢を見せてもらいたい。張本勲バリに厳しいことを言うが、それだけの給料を貰い、巨人の顔となっているのだから、優勝して初めてでかい顔をできると思う。

     記事作成:10月6日(木)

      追記(10月10日)

     おかしなと言えば、CS第1ステージでDeNAに敗れてあっけなく敗退した巨人だ。敗因は2番に起用した山本、ギャレット、捕手小林の無安打にある。実に情けない面々。期待感ゼロで、見るからに打てそうもないし、何故こんな選手を大事な局面でスタメン起用したのか、その采配を疑う。一方、巨人を追われたロペスの活躍は目覚ましい。巨人の貧打は今に始まった訳ではないが、調子の良し悪しを見抜く眼力も無いコーチ陣、そしてチームに迷惑を掛けたクルーズも話にならない。ギャレットは全くのヘボ外人だし、負けるべくして負けた印象。チーム全体が勝利に対する執念もDeNAのほうが勝っていた。

    2016年10月 7日 (金)

    年度別歴代CM女王

     最近のテレビCMを見ていると、有村架純と広瀬すず、高畑充希の露出度がダントツに多い。もちろんローラも多い。彼女たちをCMで見ない日はないといって過言ではない。少し前までは武井咲と上戸彩、そして能年玲奈や長澤まさみ、もっと前は松嶋菜々子と広末涼子、昭和の時代には宮沢りえ、後藤久美子、小泉今日子がCMクィーンの座に君臨していた。ではどんな方々が歴代のCM女王に輝いていたかを調べてみた。この30年について発表したい。なお、2名いる場合は、上半期と下半期で異なるからだ。

     まず「日本を代表する女性人気タレントCM集12名」をどうぞ!

     では過去30年間のCM女王と人気CMをご覧ください。

                      CM女王         人気CM  
      
     1987年(昭和62年) 小泉今日子・松田聖子 亭主元気で留守がいい 

     https://www.youtube.com/watch?v=705OYwd-49E

     1988年(昭和63年) 菊池桃子・南野陽子   5時から男 お元気ですか~

     https://www.youtube.com/watch?v=Y6KPogtkVj0

     https://www.youtube.com/watch?v=ExvLcsH2W9c

     https://www.youtube.com/watch?v=ydfbpoZ6nxY

     1989年(平成元年) 宮沢りえ       24時間戦えますか 焼肉焼いても家焼くな

     https://www.youtube.com/watch?v=Al9l3NlJxY8

     https://www.youtube.com/watch?v=uud6K3ucCp0

     1990年(平成2年) 後藤久美子・浅野温子  バザールでござ~る 綺麗なお姉さん

     https://www.youtube.com/watch?v=1xsjqYAdhPE

     https://www.youtube.com/watch?v=B10KcWNZsK4

     1991年(平成3年) 小泉今日子・鈴木保奈美 セコムしたますか?まずいもう一杯

     https://www.youtube.com/watch?v=U7egm5zOGo4

     1992年(平成4年) 観月ありさ・安達祐美  見てるだけ~ 

     https://www.youtube.com/watch?v=yA9h9yLqT3M

     1993年(平成5年) 牧瀬里穂・和久井映見  私脱いでもすごいんです 

     https://www.youtube.com/watch?v=mu11LY_MLRU

     https://www.youtube.com/watch?v=RJku93kGzpg

     1994年(平成6年) 山口智子・安田成美   ねぇ、チューして ドンタコス

     https://www.youtube.com/watch?v=rkBGg9TE-XI

     1995年(平成7年) 内田有紀・西田ひかる アルシンドになっちゃうよ~

     https://www.youtube.com/watch?v=wBB-mBR11zk

     1996年(平成8年) 鈴木蘭々・安室奈美恵  引越しのサカイ~

     https://www.youtube.com/watch?v=nzVnNjXhmPE

     https://www.youtube.com/watch?v=DGWQujHVF-8

     1997年(平成9年) 広末涼子・森高千里   体が欲しがる

     https://www.youtube.com/watch?v=b4zJaiBkpB4

     https://www.youtube.com/watch?v=KTsest0h6WQ

     1998年(平成10年) 飯島直子・吉川ひなの そうだ、京都へ行こう。

     https://www.youtube.com/watch?v=PudKFvQS1l8

     1999年(平成11年) 藤原紀香・加藤あい  ヒューヒュー

     https://www.youtube.com/watch?v=fJtJ0GzT5KA

     https://www.youtube.com/watch?v=P5dUXBmtHAE

     2000年(平成12年) 田中麗奈・優香    芸能人は歯が命

     https://www.youtube.com/watch?v=DTdN4EQoslQ

     https://www.youtube.com/watch?v=790CazIhdE8

     2001年(平成13年) 浜崎あゆみ・松嶋菜々子 燃焼系~アミノ式

     https://www.youtube.com/watch?v=8A4x4niM6-w

     https://www.youtube.com/watch?v=HSdqEIRWupw

     2002年(平成14年) モー娘。菊川怜    もっともっとたけもっと~

     https://www.youtube.com/watch?v=obMCvyo91vQ

     https://www.youtube.com/watch?v=obMCvyo91vQ

     2003年(平成15年) 松浦亜弥・矢田亜希子 どうするアイフル~

     https://www.youtube.com/watch?v=hY8B2owfzHQ

     https://www.youtube.com/watch?v=a3BfzqV7v2k

     https://www.youtube.com/watch?v=-0lCthpKlYc

     2004年(平成16年) 上戸彩・長谷川京子 た~らこ~た~らこ~

     https://www.youtube.com/watch?v=febfqraQhcw

     https://www.youtube.com/watch?v=tk3E41t5z3M

     2005年(平成17年) 仲間由紀恵・柴咲コウ ドコモだけ

     https://www.youtube.com/watch?v=99AykF5zkCI

     https://www.youtube.com/watch?v=lGeRr_cMJRA

     2006年(平成18年) 菅野美穂・篠原涼子 予想外

     https://www.youtube.com/watch?v=gbZtLPApBLc

     2007年(平成19年) 長澤まさみ・相武紗季 噛むとふにゃんにゃん

     https://www.youtube.com/watch?v=lcBA_vxfcQY

     2008年(平成20年) 宮崎あおい・蒼井優 イインダヨ!グリーンダヨー!

     https://www.youtube.com/watch?v=Blhl0jRWgSY

     https://www.youtube.com/watch?v=_R1YFxp-ggk

     2009年(平成21年) 綾瀬はるか・ベッキー 7のチカラ リユースリチデュースリサイクル

     https://www.youtube.com/watch?v=ydShrdXjJao

     2010年(平成22年) 上戸彩・佐々木希・堀北真希 私はあなたを愛すのみ

     https://www.youtube.com/watch?v=u-Qabh8OhtU

     2011年(平成23年) 大島優子・木村文乃・吉高由里子  ホワイト家族

     https://www.youtube.com/watch?v=DSqLgdv6oBc

     2012年(平成24年) 篠田麻里子・板野友美  雪肌精 

     https://www.youtube.com/watch?v=yIG5bU82BmE

     2013年(平成25年) 剛力彩芽・武井咲 ワンダーコア ロト部長

     https://www.youtube.com/watch?v=FZAFxLhIT00

     2014年(平成26年) 有村架純・ローラ  au三太郎 ジューシーおいしい果汁ハイチュウ

     https://www.youtube.com/watch?v=N9K1Hhd4wYI

     2015年(平成27年) 上戸彩・北川景子 バカまじめ 結果にコミットする

     https://www.youtube.com/watch?v=4OFg_A7GqWg

     2016年(平成28年) 広瀬すず  一平ちゃん

     CMに起用されるタレントは好感度が高く、スキャンダルとは無縁な笑顔が可愛くて爽やか系の人たちが多い。そしてその時代に旬だった人気アイドルや女優を起用する傾向が強い。裏を返せば、CMの露出度=その時代の人気のバロメーターと言える。もちろん、ブレイクするきっかけはある。NHKの連続テレビ小説や大河ドラマ出演を機に人気が出た人もいる。また雑誌のグラビアから人気に火がついた方もいる。ひとたびブレイクすると、それに乗っかろうという企業のスポンサーが、こぞって起用する傾向がある。また、人気絶頂のタレントを「月9ドラマ」などに使うことも多い。現に名前が挙がった人は、人気ドラマの主演を務めている方々ばかりだ。面白いようにその傾向は顕著だ。

     記事作成:9月24日(土)

    2016年10月 6日 (木)

    アンチエイジングの女性⑧

     今世紀以降、この女性を雑誌やテレビCMで見ない日はないくらいメジャーなタレントさんはいなかったと思う。しかし、歌手や女優ではなく、専らモデル一筋に20年くらい活動されている方だ。私自身もよく見かけ、綺麗な女性と思いつつ、名前すらわからなかった。今日は、雑誌のファッションモデルやCMで今も活躍されている「五明祐子」さんをこのテーマに合致する美しい女性として取り上げたい。

     まずは彼女のプロフから。

     「五明祐子」(ごみょうゆうこ)

    Gomyo8 Gomyo2

     1973年2月9日生まれの43歳。神奈川県横須賀市出身、みずがめ座で血液型はAB型
     小顔なので大きく見えないが身長は172cmある。

     18歳で集英社の雑誌「non-no」にて応募総数5029通の中からトップで選ばれデビュー。30歳で「LEE」の看板モデルの地位を不動のものにする。以降、ファッション誌・CM等で活躍している。年齢を感じさせないキュートな若々しさで同年代の女性から支持を得ている。かつてはエナジーモデルエージェンーに所属していたが、2013年7月にranchに移籍した。
     特技はボウリングとランニング。現在は一児の母。5歳下の弟がいる。

    Gomyo4 Gomyo7

     ファッション誌の大多数に出演し、掲載されている。「non-no、、「with」、「Domani( - 2008年12月号)、「Precious(2009年1月号 - )」、「LEE」、「Grazia(2012年5月号 - 最終号)」、「ミセス」、「ESSE」、「BOAO」、「Saita」、「Style」、「Muffin」、「ELLE」、「からだにいいこと」と総なめ状態。しかも通販大手の「セシール」のモデルも務めている。

     女性なら一度は憧れる職業なのだが、彼女の場合、それらを25年の長きに渡り勤め上げている。しかも一児の母親でありながら、あまりお姿やお顔が変わっていないから驚く。

    Gomyo5 Gomyo9



     そして彼女がそのベビーフェイスの美貌を買われて出演したCMは23企業というから驚きだ。主な出演CMは以下の通り。 

  • 日本マクドナルド(1995)
  • 久光製薬「眼涼」(1996 - 97) 
  • 日本生命「いっぱいいちばん」(1996)
  • ネスレ日本「ネスカフェゴールドブレンド」(1996)
  • ニチレイ「アセロラドリンク」(1997)
  • 日本中央競馬会(1997)
  • キーコーヒー「ドリップオン」(1998)
  • 花王「エッセンシャル ビューティケア」(1999)
  • セガ「ドリームキャスト」(1999)
  • 三洋信販「ポケットバンク」(1999)
  • 日本IBM「ThinkPad」(1999)
  • 江崎グリコ「キスミント」(2000)
  • 日本リーバ「ポンズダブルホワイトクレンジング」(2000)
  • NTTドコモ九州(2000)
  • ヒューマンアカデミー(2002)
  • 大正製薬「デントウェル」(2002)
  • 読売新聞(2002)
  • サントリー「マグナムドライ」(2002)
  • 三井不動産(2005)
  • デビアス「トリロジー」(2005)
  • So-net(2006)
  • ジョンソン「グレード センサー&スプレー」「グレード 消臭パフパフ」「グレード グラスデコ」(2009 -)
  • ワコール「スキマフィットブラ」「おなかスッキリパンツ」「メリハリブラ」「さら肌ブラ」(2014)
  •  実に幅広い広範囲の起用だ。明るく爽やかな印象と小顔で肌がきれい、しかもベビーフェイスなので年齢を感じさせないほんわかとした雰囲気を醸し出している。とても43歳には見えない。彼女の長年にわたってのモデル生活は、多くの女性たちの希望の光でもあると思う。かつて1980年代から90年代にかけて、「コカ・コーラ」のシリーズCMで大活躍された松本孝美さんの再来かと思わせる存在だ。ぜひ今後も、あの若々しさを失うことなく、多くのCMや雑誌に登場して欲しいと思う。

     記事作成:9月22日(木)

    2016年10月 5日 (水)

    九死に一生映像集(閲覧注意)

     今日は、思わず目をそむけたくなる間一髪で事なきを得た映像をお送りします。それは人の生死にかかわる手に汗握る瞬間映像で、心臓に悪い動画だ。念のためにお断っておきますが、この映像集を見るか見ないかは自己責任でお願いします。

     1 飛び込み自殺を寸でのところで回避する映像集

      ① 警察官が飛び込み自殺を止める   

     ② 飛び込み自殺を図った女性を間一髪で救出 地下鉄の監視カメラが捉えた緊迫の瞬
      間   

       

     ③ 線路に飛び込んだ女をギリギリで救出する衝撃映像   

     自殺を決意し、それを決行しようとしている人は、自分が死んだ後のことまで考えが及ばないと思うが、自らが取った軽率な行動が一体どれだけの人の迷惑になるか考えて貰いたい。この事故で電車がストップし、ビジネスチャンスを逸したり、大事な用事に遅刻して間に合わなかったり、旅行者は、ここで緊急停車したために足止めを食い、接続の電車や飛行機に間に合わないなど。後続の列車にも多々大影響が出る。事故処理にあたる救急隊員や現場検証も行われる。偶然その場に居合わせた乗客も恐怖を味わい、精神状態を損ねる結果になる。そこまで考えが及ばずに勝手に死後の世界に行かないで貰いたい。
     また、2001年には、新大久保駅で起きた痛ましい事故があった。泥酔男性がホームから線路に転落したが、その男性を正義感で助けようとした韓国人留学生と日本人カメラマンが、入線して来た電車に撥ねられ亡くなるという痛ましい事故だった。さらには、つい3年前にも横浜線の踏切で、線路で倒れた高齢者を助けようとして踏切内に入った女性が女性が巻き添えで亡くなった。人助けのつもりが自分が犠牲になる大参事に見舞われるという不幸。この世に神など本当にいるのだろうか。それとも神は見て見ぬふりをする人たちに微笑むとでもいうのか・・・。

     2 【危機一髪】心臓に悪すぎる九死に一生動画まとめ!   

     3 生と死の境目 九死に一生を得た人々の映像コンピレーション   

     4 【世界の衝撃】まさに危機一髪!死が直前まで迫った瞬間…

     5 【海外】危機一髪とはこのこと!奇跡の瞬間をとらえたラッキー特集 2016   

     本日お送りした映像はショッキングなものばかりだが、一歩間違えば、あるいはあと一秒でもずれていたら大惨事になっていたし、対象者はこの世にいなかったと容易に想像できる場面に出くわした方たちだ。万が一とか十中八九という言葉は、ほぼ絶望的な状況にありながら、その僅かに残された可能性で運命よろしく生き残った命だ。ほんの一瞬の運命のいたずらで、運悪く失われた命もあれば、このように首尾よく生き残った命もある。いったいその差は何なのか?単に「運が良かった」だけでは済まされない。まさに天国と地獄だ。こういう映像を目の当たりにすると、ひとつしかない命を粗末には出来ないと思えてしまう。一度死んだ命と考え、今後の余生を懸命に生きてほしいの願うばかりだ。

     記事作成:9月22日(木)

    2016年10月 4日 (火)

    私が切望する北海道旅行プラン

     過去、当ブログで何度も北海道に関する記事を書いてきた。最近では3年前に飛行機で往復し、予てから切望していた美瑛の美しい風景の散策を実行したが、時間と金銭的な問題が解決できれば、毎年でも訪ねたいと考えている。私が19歳~21歳までを過ごした北海道。離島を除き、訪れていない名所はないくらい、北海道全土に渡り周遊したと自負しているが、「次回行くとしたら」というテーマでそのプランを取り上げたい。それは再訪したくなる魅力的な場所ばかりだ。

     「黄・寅・馬・黄金・幸福・幻橋・羆嵐・神の岬巡り」

     このタイトルのキーワードでどこを指すかわかった人は相当の北海道通だ。黄は映画「幸福の黄色いハンカチ」のロケ地となった夕張、寅は「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地となった幾寅駅、馬は新冠から静内にかけての牧場銀座のサラブレッドロード、ぜひサラブレッドたちの墓参りをしたい。続いて黄金は襟裳岬から広尾方面に向かう太平洋岸の断崖絶壁の難所に築かれた黄金道路、そして言わずもがなだが、幸福は旧広尾線にあった幸福駅、とここまでは気づいた方も多いに違いない。では幻橋とはどこか?それは上士幌の糠平湖にある「タウシュベツ橋梁」のことだ。つまり北海道の南東側を主に巡るプランだ。ここには31年前の想い出が詰まっている。1985年6月にバイクでツーリングして以来、ご無沙汰だ。つい最近、BS・JAPANの再放送で、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の太川陽介、蛭子能収らが北海道のこの地方を訪ねた回を見て、無性に行きたくなった。

     1日目

     自宅・・・車・・・9:55福島空港・・・飛行機・・・11:30新千歳空港(レンタカー)―新夕張IC―13:00夕張(幸福の黄色いハンカチロケ地)―占冠IC―15:30幾寅駅(鉄道員ロケ地)―平取―18:00新日高

     この日は、生前、寡黙であり続けた高倉健の主演映画尽くし。昭和40年代に放映された「幸福の黄色いハンカチ」。ひょんなことから犯罪者になった男を、刑期が終わるまでひたすらに待ち続けた妻との再会を描いた高倉健の珠玉の作品。倍賞千恵子、桃井かおり、武田鉄矢が熱演した。そして、原作を何度も読んだ訪問を熱望していたのが映画「鉄道員」のロケ地になった石勝本線「幾寅駅」。学生当時、バイクで近くの金山湖を訪ねたが、その20年後にそこがロケ地となる映画が制作されるなんて思いもしなかった。子役の広末涼子が可愛かった。初日は「高倉健ワールド」にどっぷりと浸りたい。

     2日目

     7:30新日高(新冠・静内・耶馬溪)―様似(エンルム岬)―10:30襟裳岬―悲恋沼―黄金道路・フンベの滝―広尾(31年前の野宿した砂浜)―14:00幸福駅~愛国駅―花畑牧場―16:00帯広―16:30池田(ワイン城)―17:00足寄(松山千春生家)

     この日は31年ぶりに訪れた日高サラブレッドロードの再訪。当時は、明和牧場で引退後、種牡馬生活を送っていたあの伝説の名馬「ハイセイコー」と出逢った。私はここでサラブレッドたちの墓参りを実行したい。また、素通りした感が強い日高耶馬溪の景色を堪能したい。海岸沿いに大小さまざまな奇岩が登場するあの一本道。そして歌に詠まれし襟裳岬。あの何も無い景色をもう一度体感したい。そしてそこから険しい崖沿いをくり貫いて作った難工事「黄金道路」。時々波を被るその道路を走りたい。そして広尾では、テントで野営した海岸を訪ね、昭和40年代後半に一大ブームを巻き起こした「幸福駅」。そして北海道が生んだ大スター松山千春の生家を三度目の訪問。あの頃、木造だった駅舎は見違えるほど近代的に甦った。

     3日目

     7:00足寄―7:30上士幌(糠平湖・タウシュベツ橋梁)―11:00層雲峡(レンタサイクル)13:30―14:30士別―16:00苫前(三毛別羆事件現場・郷土資料館)―17:30留萌(黄金岬)留萌港で釣り―21:00深川(素泊まり)

     この日は長丁場。ローカル路線バス乗り継ぎの旅も3日目がヤマ場。距離を稼ぐ。朝早く足寄を発ち、ずっと願っていた糠平湖の東側にある、旧国鉄の橋梁である「タウシュベツ鉄橋」をしかとこの目で確かめたい。そして新婚旅行で妻とサイクリングした層雲峡の断崖と滝群を見て歩き、そしてその夕方には士別経由で三毛別の羆事件の現場へ。そして犠牲になった方たちの冥福を祈りたい。郷土資料館にはその時の模様が再現されたジオラマや模型がある。そして留萌の黄金岬で夕日を探し、港で夜釣りに興じたい。

    閲覧注意

     4日目

     7:30深川―9:00小樽―10:15積丹岬・神威岬13:00―14:15小樽―15:00千歳空港16:15・・・飛行機・・・17:30福島空港・・・車・・・自宅

    そして旅の締めくくりは、北海道に住んで初めてツーリングで訪れた場所、神威岬。エメラルドグリーンが眩い澄んだ海、そして念仏トンネルを越えた先に現れた水無立岩。そして夕闇迫る中、尾根づたいに歩いて岬の突端にたどり着いた神威。最終日だけはここの絶景に思う存分浸りたい。

     本当はもう一日かけて5日間でゆっくり廻りたいプランだ。やはりバイクツーリングの時のように一日250km以上走るのは北海道では必須という気持ちがあって、ついつい焦ってしまう。その場に長時間のんびり過ごし、水彩画(デッサン)とか海釣りに興じて、大自然やら広大な大地を思う存分満喫したいと思う。学生時代とは違う、50代ならではの旅を楽しんでみたい。

     記事作成:9月22日(木)

    2016年10月 3日 (月)

    フジテレビ「月9ドラマ」の変遷

     このテーマでの記事は、2013年3月21日付にも同様の内容でお送りしたが、懲りずに見てほしいと思います。
     「月9」はフジテレビが放つトレンディドラマシリーズであることは周知の事実だが、歴史は古く、1962年に30分枠のドラマとしてスタートし、その後、番組改編でバラエティ(欽ドン!)や「ミュージックフェア」などの音楽系番組を放送。そして、1987年4月からドラマ枠として復活。『アナウンサーぷっつん物語』以降、若年層をターゲットにした作品を中心に、マスコミ業界(業界ドラマシリーズ)を舞台にしたもの、学園ドラマ、トレンディドラマなど製作し、「トレンディ」ブームの火付け役となった。
     月9ブームの火付け役となった1991年の『東京ラブストーリー』は、最終回視聴率32.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区。以下同じ)記録し、同年の『101回目のプロポーズ』でも35.7%を記録。また、1993年の『ひとつ屋根の下』は、フジテレビの連続ドラマ史上最高の37.8%を記録した。その後も『あすなろ白書』や『ロングバケーション』、『ラブジェネレーション』などの高視聴率ドラマを連発し、現在の「月9」ドラマの地位を確立した。そして「月9」の主題歌に使われた曲は、決まって大ヒットに結びついた。

     2000年以降は、いずれもジャニーズ事務所所属の今が旬の若手俳優を起用し、ことごとく高視聴率を記録した。11話完結、放送は3ヶ月で終了となるため、年に4回放送される。もっとも出演回数が多いのは、男優では、木村拓哉で、ついで福山雅治、竹野内豊、香取慎吾、三上博史、江口洋介、織田裕二、柳葉敏郎。彼らはおなじみの面々。女性では、中山美穂、小泉今日子、竹内裕子、松たか子が定石。

     では1990年以降で、月9ドラマが高視聴率を独占し、隆盛した2010年までの約20年間で、どんなドラマがあったか変遷を一覧で見てみたい。

    1990年 

     世界で一番君が好き!・・・浅野温子、三上博史
     日本一のカッ飛び男・・・田原俊彦
     キモチいい恋したい!・・・安田成美
     すてきな片想い・・・中山美穂、柳葉敏郎、石黒賢

    1991年

     東京ラブストーリー・・・鈴木保奈美、織田裕二、江口洋介、有森也実
     学校へ行こう!・・・浅野ゆう子
     101回目のプロポーズ・・・浅野温子、武田鉄矢
     逢いたい時にあなたはいない・・・中山美穂

    1992年

     あなただけ見えない・・・三上博史、小泉今日子
     素顔のままで・・・安田成美、中森明菜
     君のためにできること・・・吉田栄作、石田ゆり子
     二十歳の約束・・・牧瀬里穂、稲垣吾郎

    1993年

     あの日に帰りたい・・・菊池桃子、工藤静香
     ひとつ屋根の下・・・江口洋介、福山雅治
     じゃじゃ馬ならし・・・中井貴一、観月ありさ
     あすなろ白書・・・石田ひかり、筒井道隆、木村拓哉

    1994年

     この世の果て・・・鈴木保奈美、三上博史
     上を向いて歩こう!・・・西田ひかる、舘ひろし
     君といた夏・・・筒井道隆
     妹よ・・・和久井映見、唐沢寿明、岸谷吾朗、鶴田真由

    1995年

     For You・・・中山美穂、高橋克典、香取慎吾
     僕らに愛を!・・・江口洋介、鈴木杏樹、武田真治
     いつかまた逢える・・・福山雅治、桜井幸子
     まだ恋は始まらない・・・小泉今日子、中井貴一

    1996年

     ピュア・・・和久井映見、堤真一、高橋克典
     ロングバケーション・・・木村拓哉、山口智子
     翼をください!・・・内田有紀、反町隆史、水野美紀
     おいしい関係・・・中山美穂、唐沢寿明、飯島直子

    1997年

     バージンロード・・・和久井映見、反町隆史
     ひとつ屋根の下・・・江口洋介、福山雅治
     ビーチボーイズ・・・反町隆史、竹野内豊、広末涼子
     ラブジェネレーション・・・木村拓哉、松たか子

    1998年

     Days・・・長瀬智也、中谷美紀、金子賢、菅野美穂
     ブラザーズ・・・中居正広、木村佳乃、岸谷吾朗
     ボーイハント・・・観月ありさ、瀬戸朝香、いしだ壱成、華原朋美
     じんべい・・・田村正和、松たか子、草彅剛

    1999年

     Over Time・・・反町隆史、江角マキ子
     リップスティック・・・三上博史、広末涼子、いしだ壱成
     パーフェクトラブ!・・・福山雅治、木村佳乃、ユースケサンタマリア
     氷の世界・・・竹野内豊、松嶋菜々子

    2000年

     二千年の恋・・・中山美穂、金城武
     天気予報の恋人・・・佐藤浩市、稲森いずみ、深津絵里
     バスストップ・・・飯島直子、内村光良
     やまとなでしこ・・・松嶋菜々子、堤真一、矢田亜希子

    2001年

     HERO・・・木村拓哉、小日向文世、松たか子
     ラブ・レボリューション・・・江角マコ子、米倉涼子、藤木直人
     できちゃった結婚・・・竹野内豊、広末涼子
     アンティーク~西洋骨董洋菓子店・・・滝沢秀明、椎名結平、藤木直人、小雪

    2002年

     人にやさしく・・・香取慎吾、松岡充、星野真里、加藤浩次
     空から降る一億の星・・・明石家さんま、木村拓哉
     ランチの女王・・・竹内結子、妻夫木聡、伊東美咲、山下智久
     ホーム&アウェイ・・・中山美穂、西田尚美、酒井若菜

    2003年

     いつもふたりで・・・松たか子、坂口憲二
     東京ラブ・シネマ・・・江口洋介、財前直見、宮迫博之
     僕だけのマドンナ・・・滝沢秀明、長谷川京子、小西真奈美、島谷ひとみ
     ビギナー・・・ミムラ、オダギリ・ジョー

    2004年

     プライド・・・木村拓哉、竹内結子、坂口憲二
     愛し君へ・・・菅野美穂、藤木直人
     東京湾景~Destiny of Love~・・・仲間由紀恵、和田聰宏、佐藤隆太
     ラストクリスマス・・・織田裕二、矢田亜希子、玉木宏

    2005年

     不機嫌なジーン・・・竹内結子、内野聖陽
     エンジン・・・木村拓哉、小雪、堺雅人
     スローダンス・・・妻夫木聡、深津絵里
     危険なアネキ・・・伊東美咲、森山未来

    2006年

     西遊記・・・香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤敦史
     トップキャスター・・・天海祐希、矢田亜希子、玉木宏
     サプリ・・・伊東美咲、亀梨和也、瑛太
     のだめカンタービレ・・・上野樹里、玉木宏

    2007年
     東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜・・・速水もこみち、広田亮平、香椎由宇
     プロポーズ大作戦・・・山下智久、長澤まさみ
     ファースト・キス・・・井上真央、伊藤英明、夏木マリ
     ガリレオ(第1シリーズ)・・・福山雅治、柴咲コウ、吉高由里子、北村一輝

    2008年

     薔薇のない花屋・・・香取慎吾、竹内結子、釈由美子
     CHANGE・・・木村拓哉、深津絵里、寺尾聰
     太陽と海の教室・・・織田裕二、北川景子、岡田将生
     イノセント・ラブ・・・堀北真希、北川悠仁、香椎由宇

    2009年

     ヴォイス~命なき者の声~・・・瑛太、石原さとみ、生田斗真
     婚カツ!・・・中居正広、上戸彩、佐藤隆太
     ブザービート~崖っぷちのヒーロー~・・・山下智久、北川景子、相武紗季
     東京DOGS・・・小栗旬、吉高由里子、水嶋ヒロ

    2010年

     コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命The 2nd season・・・山下智久、新垣結衣、戸田恵 梨香
     月の恋人〜Moon Lovers〜・・・木村拓哉、篠原涼子、リン・チーリン
     夏の恋は虹色に輝く・・・松本潤、竹内結子
     流れ星・・・竹野内豊、上戸彩

     この一覧を見ただけで、一世を風靡したフジテレビの「月9ドラマ」で、複数回主演していた俳優や女優が、まさにその時代をときめくトレンディー俳優だったといえる。90年代は圧倒的に中山美穂が主演する回数が群を抜いていた。2000年以降は木村拓哉や竹野内豊、女優は竹内結子が圧倒していた。そしてこれらのストーリーを見て、お手本として実際の恋愛に役立てていた若者が多いに違いない。

     しかしながら、2002年以降、韓流ブームの到来と共に、それに各テレビ局が便乗するかのように、特にBSでは韓国ドラマがテレビ番組欄を埋め尽くす事態が続いている。特に50代以上の方々には、どこか郷愁を誘い、昔の日本の純愛路線を懐かしんで視聴する傾向が強い。確かに私も「冬ソナ」の大ファンだが、ワールドカップ日韓共催で盛り上がった両国の友好ムードも徐々に薄れ、韓国側の一方的な日本叩きにより、険悪な状態に逆戻りつつある。それは中国もそうだが、未だに80年も昔の戦争責任や従軍慰安婦問題、靖国参拝問題がくすぶり続け、反日感情が渦巻いているからにほかならない。
     私は21世紀の今でも過去の因縁にとらわれ、遺恨を残し続けることに両国間の明るい未来はないと考えている。先日、エノラゲイの最後の乗組員が死去した。彼は「人を殺さない戦争などありえない」と語った。今後も北朝鮮を中心に様々な危機的状況が起きるとみている。
     話がそれたが、韓国ドラマに席巻されたため、フジテレビは「月9」ドラマがこの10年近くは視聴率低迷に陥ったと思っている。「アンチフジ」に走った日本人がいかに多いことか。フジテレビは真摯に受け止め、路線を1990年代に戻すべきだと思う。

     最後に、私自身も若かりし頃、恋愛バイブルとして見ていた「月9」だが、私が好きだったベスト5を紹介して結びとしたい。

     1位 東京ラブストーリー

     2位 すてきな片想い

     3位 君の瞳をタイホする!

     4位 世界で一番君が好き!

     5位 君のためにできること

     記事作成:7月24日(木)

    2016年10月 2日 (日)

    FCT・小野紗由利アナウンサー22

     FCTの若手女子アナウンサーの「小野紗由利」さんを応援する意味でこのシリーズ記事を始めたが、今日はその第22弾。すっかりFCTの若手の顔として頑張ってニュース報道やレポートをしている彼女。ベビーフェイスの愛くるしい顔立ちと、お嬢様風の風貌に心癒されている福島県民は私だけではないだろう。平日夕方に放送中の「ゴジてれchu !」や日曜日の「ゴジてれ×SUN」、あるいは夜半の「FCTニュース」などでお目に掛かれる。

     では今回も、主に9月期の彼女の出演番組(ゴジてれChu!!とゴジてれ×SUN)の様子を画像で紹介したいと思う。

     9月4日(日)

    Img_9162_r Img_9163_r
    Img_9167_r Img_9168_r

     9月6日(火)福島パンマルシェ

    Img_9169_r Img_9172_r

     9月7日(水)

    Img_9176_r Img_9180_r
    Img_9181_r Img_9183_r
    Img_9186_r Img_9187_r
    Img_9188_r Img_9189_r
    Img_9191_r Img_9192_r

     9月11日(日)

    Img_9193_r Img_9194_r
    Img_9195_r Img_9196_r

     9月13日(火) 大橋アナの代役でニュース読み

    Img_9197_r

     9月14日(水)

    Img_9199_r
    Img_9200_r Img_9201_r
    Img_9202_r Img_9203_r

     9月18日(日)

    Img_9207_r Img_9213_r
    Img_9214_r Img_9215_r
    Img_9216_r Img_9217_r

     9月21日(水)

    Img_9219_r Img_9221_r
    Img_9222_r Img_9223_r
    Img_9224_r Img_9225_r
    Img_9226_r Img_9227_r
    Img_9228_r Img_9235_r
    Img_9236_r Img_9237_r
    Img_9238_r Img_9239_r

     9月25日(日)

    Img_9240_r Img_9241_r
    Img_9243_r Img_9244_r
    Img_9245_r

     9月28日(水)

    Img_9253_r Img_9255_r
    Img_9257_r Img_9258_r
    Img_9260_r Img_9263_r
    Img_9265_r Img_9269_r

    2016年10月 1日 (土)

    福島県の企業破綻と再生

     2016年は景気好調が持続し、雇用は有効求人倍率も高校生の新卒の場合、1.5倍と高く推移しており、売り手市場が続いている。5年ほど前とは雲泥の差になっている。しかし、そんな状況とは裏腹で、我が福島県では、9月21日(水)、目を疑うような記事が朝刊に掲載された。それは長年、福島県の地酒ブームを牽引してきた「花春酒造」が経営に行き詰まり、事業譲渡に追い込まれたのだった。昭和の頃、「花春」と言えば、毎日何度もテレビCMで見ない日はないほど、福島県でトップの売り上げを誇った。後楽園球場のアルプススタンドにもその看板広告が踊るほど、福島県の日本酒=花春という代名詞でもあった。そんな花春が経営破綻に追い込まれるとは・・・。極めて遺憾だ。理由は、福島県が4年連続で全国新酒鑑評会で金賞を受賞する背景に、他の酒蔵の台頭があった。例えば全国で大人気の「飛露喜」、モンドセレクションに出品し、グランプリを受賞したことが有る「大七」、そして毎年金賞受賞に名を連ねる「国権」などだ。そんな地酒ブームに乗り切れなかった「花春」が売り上げが減り、このたびの決断に至ったことは残念としか言いようがない。花春酒造にはぜひとも会社再建で、トップブランドだった「花春」の銘柄を堅持していただき、再び隆盛の日を迎えられるよう企業努力をお願いしたいと思う。
     そこで今回の本記事のテーマは、かつて経営危機に陥りながらも、会社更生法適用や事業移譲により、再建叶った福島県内の企業を取り上げたい。

     1 福島交通

     バブル期における無理な多角経営と、1980年代以降の赤字路線増加によって巨額の債務を抱え、1980年前半には経営不振となった。1986年に子会社の福島交通不動産と合併し、多額の債務は福島交通不動産が継承、交通事業部門を新たに設立した新福島交通に譲渡し、同年中に新福島交通は福島交通に改称した。その後の福島交通不動産はエフ・アール・イーと改称し、所有不動産の売却を行っていたが、1999年に自己破産を申請した。
     本体である福島交通自身も、近年の過疎化によるバス・電車の需要低下と、バス事業における規制緩和による競争激化により収益が悪化。さらに、中途退職者が会社の予想以上に多く出て、退職金債務が数億円に膨らみ、財務状況が悪化。2008年初頭にも法的整理に入ることが検討されたが、2月が国と県の補助金(約1億6千万円)交付決定時期であり、また、3月上旬に創立100周年記念の福島空港発着ハワイツアーを子会社が催行する予定だったため見送った。しかし、中途退職者への退職金支払い時期前にあたる2008年4月11日、東京地方裁判所に会社更生法の適用を申請した。

      このニュースが流れたときは衝撃だった。県内一円を網羅し、庶民の足を支えてきた地元の雄「福島交通」がまさかの経営破たん。それだけではない。福島交通が倒産となれば、県内を隈なく走る路線バスや高速バスは運行しなくなり、庶民の暮らしに大打撃を与える。そして福島交通が運行する「飯坂線」も廃線となる恐れがあった。
     確かに路線バスは時間帯によっては乗客が誰も乗っていない、いわゆる「空バス」状態で走っている光景をよく見かける。これでは経営が成り立たない。

     2 ホテルハマツ

     1991年(平成3年)5月 - 郡山市虎丸町のさくら通り沿いの一等地にあった「郡山ザベリオ学園」の郊外移転後の跡地に建設し、ホテルハマツを開業。
     2003年(平成15年)8月に122億円の負債を抱えて民事再生法の適用を申請し、翌年には小山市の小山観光開発に営業譲渡して創業者の手を離れることになった。
     2004年(平成16年)7月 - ホテルハマツをはまつグループから小山観光開発に営業譲渡。8月に現経営会社のハマツ観光設立。10月に再オープン。また同年、ホテルオークラチェーンとの契約終了に伴い、同チェーンを脱退。
     天皇陛下や皇太子さま、安倍首相も宿泊したことのある県内一豪華ホテルと言って良い。サマービュッフェやバイキングなども好評だ。

     3 うすい百貨店 

     1662年(寛文2年)8月24日に物産問屋として創業したのが始まりである。1930年(昭和5年)に合名会社うすゐとして法人化し、1938年(昭和13年)に百貨店法に基く百貨店営業の認可を受けて正式に百貨店化した。
     1959年(昭和34年)には郡山市中町にあった丸伊デパートを買収して「第2うすい」として増床し、1965年(昭和40年)には年商33.0億円(売場面積7,565m²)を上げて福島市の地域一番店だった中合の年商24.5億円(売場面積7,028m²)を上回って福島県全体の地域一番店となり、東北地方全体でも仙台市の3百貨店(藤崎:43.4億円、丸光:42.3億円、三越:41.5億円)に次ぐ4番目の売上を上げるまでに成長した。
     1967年(昭和42年)には株式会社うすい百貨店として分離独立し、同年12月14日に仙台市から進出してきた丸光や地場の呉服店が百貨店化した津野本店、1969年(昭和44年)進出してきたイトーヨーカドー、1975年(昭和50年)に進出してきた西友(1年後の1976年11月6日に西友郡山西武店となる)やダイエー、丸井などの大型店と激しい競争を繰り広げた。特に反対側の大町にあったダイエーとは、開店時には価格面において極端な値下げが行われるなど全面戦争状態と化した。

     2000年(平成12年)7月期には年度開始後約3ヶ月で約2倍に増床して9ヶ月間新店舗で営業したにもかかわらず売上高が約155.34億円と逆に4.4%減少して22.05億円の赤字に転落し、2003年(平成15年)7月期も売上高約168.65億円で5.87億円の赤字と業績が伸び悩んで過大投資となり、借入金総額がうすい本社と合計で約155.02億円と年間売り上げの90%を超えてしまった。過大投資により業績が低迷したため、2003年(平成15年)8月にメインバンクの秋田銀行からの申請で産業再生機構による支援が決定され、再生計画が実行されることになった。

     4 水谷建設

     同社は、大手ゼネコンからダム・高速道路など大型土木工事の下請工事を請け、平成15年8月期には453億円の売上高を計上していた。しかし、朝鮮疑惑、福島県土地購入による贈賄疑惑、水谷功元会長の法人税法違反容疑での逮捕などにより、疑惑のデパートとして対外的な信用を失墜していた。小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」へ約1億円(5千万円×2回)の裏献金を渡したと裁判で供述。あまりの疑惑のデパートぶりに裏での司法取引の噂も流れているほど。
     98年、福島県いわき市の山林内にある土地約30万平方メートルを約1億円で購入したが、約8億円で購入したように装った。03年に同県内の建設会社に約2千万円で売却し、多額の損失が出たように見せかけて、約7億円の所得を隠した疑いが持たれている。
    (福島県発注の木戸ダム建設をめぐる汚職事件に発展。同ダムの工事を落札した前田建設工業の下請けとして、佐藤栄佐久福島県知事(当時)の実弟が経営する会社の土地を相場よりも高い価格で購入、知事側に対し利益供与を行なった疑いがもたれた。)
     東京地裁は平成19年4月、総額約11億4千万円に上る水谷建設(株)(三重県桑名市)の脱税事件で、法人税法違反罪に問われた同社の水谷功元会長に対し、懲役2年(求刑懲役3年)、元役員に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年(同懲役1年6月)の判決を言い渡した。法人としての水谷建設(株)は罰金2億4千万円(同罰金2億6,000万円)を受けた。
     この記事は「JCnet」から引用させていただきました。

    https://www.youtube.com/watch?v=hlejBNQA17g

     5 花春酒造

     昭和の時代には、福島の酒といえば「花春」で、それは福島県を代表する清酒だった。日本酒が特級、一級酒、二級酒という分類だった頃に、売れに売れまくった。「会津の良さは酒の良さ」というCMコピーで一世を風靡し、和服美人が毎回、琴を演奏したり、艶やかな舞いを披露した。19時前時報をあらわすCMは決まって「花春」だった。何せ300年の歴史があり、今でも醸造工場があった場所は、今でも「花春町という地名が残るほどだ。

     平成28年9月21日付の「福島民報」の記事によれば、長期的な日本酒市場の縮小と東京電力福島第一原発事故の風評被害によって、売り上げが落ち込み、一億円を超える負債を抱え、現体制では完済できないと判断し、資産などを処分して会社を清算する方向となった。花春は享保3年の創業以来、約三百年の歴史に幕を下ろすが、「花春」の銘柄と従業員の雇用は守られる見通しだという。

     ↑この美人女優さんは若い頃の根本りつ子さん?

     さて、いずれも福島県に本社があったり、福島県に関する事件絡みで倒産に追い込まれた会社だが、その社会的意義や多方面への悪影響を懸念されることで、和議申請や会社更生法あるいは民事再生法が適用され、会社再建なったものだ。かつては健全経営で黒字だった企業が、事業拡大を目論み、多額の設備投資や建設費用により、赤字が膨らみ、折からの不景気によって収益が減り、赤字に転落し、改善策が見込まれないまま、多額の負債を抱えて債務超過に陥り、このような危急の措置を講じる羽目になっている。
     大勢の従業員や社員を抱える企業は、やはり10年先を見据えた経営が求められる。一時の社会情勢に身を任せ、後先考えない無謀な出資は控えたほうが賢明だ。

     記事作成:9月21日(水)~22日(木)

    « 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ