2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 福島県の地酒CM | トップページ | 歌舞伎座改築の呪い、いつまで・・・ »

2016年10月19日 (水)

2016年ぶらり ③~山形&二本松菊人形~

 今日の掲載記事は、旅行と呼ぶには不相応な二カ所の訪問と言える。初めにそれをご了承ください。

 1 山形県鶴岡市(10月13日~15日)

 先週3日間に渡り、初めて山形県鶴岡市を訪れた。仕事(出張)のついでに、空き時間を利用して鶴岡公園内やその周辺に点在する主要な名所を見て歩いたのだった。「藤沢周平記念館」、「大宝館」、「致道館」が主な訪問地だ。ゆったり&まったりな山形新幹線「つばさ」に揺られて、郡山市から4時間近くかけてたどり着いた日本海側の地方都市。海釣りでも足を踏み入れていない私にとって未踏の土地だった。

Img_0151_r Img_0023_r

 新庄駅を終着とするこの山形新幹線だが、時速70km程度で、隣りを並行する国道13号線を走る軽自動車に抜かれたのにはただただ驚き・・・。

 ① 藤沢周平記念館

 「蝉しぐれ」、「刺客」など時代小説で一世を風靡した藤沢周平。彼の生まれ故郷がここ鶴岡だった。重厚感あふれる作風が魅力。ここには彼の直筆の原稿や彼の執筆していた部屋を再現してある。昭和の香りを感じながら、彼の偉大過ぎる人生の歩みに触れることができた。
 なお、自由帳に私のネーム「時遊人SUZU」で、メッセージをノートに書き記すことで足跡を残した。内部はすべて写真撮影不可。

Img_0058_r

 ② 大寶館

 郷里出身の偉人たちのゆかりの品々やその足跡を振り返る展示物が並ぶ。そして鶴岡の文化や地元産業の今昔に触れられる価値ある資料が展示されていた。そして安積高校ゆかりの高山樗牛の資料や生家の一部を移築したジオラマが室内に展示されていた。鶴岡は昭和の名横綱・柏戸を始め、有名な方々の故郷であることを知れただけでも収穫だった。

Img_0061_r Img_0062_r
Img_0063_r Img_0064_r
Img_0065_r Img_0066_r

 旧西田川郡役所 (レトロな時計台調)

Img_0068_r Img_0138_r

 現在、北隣りの「致道博物館」が大規模改築中。入場料が700円と少し高い気がするが、中に入らなかったのでどんな建物なのかは不明。東大の赤門のような門がある。

 ③ 致道館

 かつての藩校。会津でいう日新館のような建物。超近代的な建造物である文化会館がそ裏手にどーんと建設中だが、無料で見学でき、その歴史や当時の教育の様子を偲ぶことができる施設だ。孔子廟や当時の教科書が木簡であり、精巧にできた木版であることにも衝撃を受けた。柱に備えられたボタンを押すと案内のガイダンスが流れた。記念スタンプあり。

Img_0102_r Img_0103_r
Img_0105_r Img_0106_r
Img_0107_r Img_0108_r

 アートミュージーアムも訪ねたが、生け花の展示会だった。鶴岡ゆかりの有名画家の作品が陳列されていた。ガラス張りの現代様式のその建物から、美しい紅葉を眺めることができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2 二本松の菊人形(10月18日 火曜日)

 この日は出張の代休。しかも青空快晴とあらば出かけたいということで、10月10日に開幕した「二本松の菊人形」に2年連続で出かけることにした。

  11:30 ダイソー発。ガス欠まであと目盛り3 持つか?バイパスへ 24℃
 11:39 本宮IC 11:43本宮のBIGへ 691円。
 11:52 BIG再出発ーおにぎり食いながら走行。 車多い。
 11:59 二本松分岐ー12:06 霞ヶ城公園P22.4km 空いている。700円で菊人形
      菊まだ早く咲いていない。暑い日ざし夏並み。RFCステージなし。世界に誇る偉
      人 虫飛び交う カードメモリ不足で、昔の画像を根こそぎ削除。綾瀬はるか、
      渡瀬恒彦、西田敏行似の人形 20枚は消す。平日で客少ない。
      再入場ゲートから出て、山頂を目指す。 
 12:35 笠松 息切れ 77.1kg 体重い。洗心滝 おばちゃん2人の後方
 12:45 山頂へ。曇っている。テレビカメラクルー。旅番組の先発隊?笠松 再入場
 13:09 出口 藤棚。
 13:12 霞ヶ城発 右折して亀谷坂 左折旧国道。

Img_0228_r Img_0229_r
Img_0234_r Img_0236_r
Img_0240_r Img_0241_r
Img_0244_r Img_0251_r
Img_0253_r Img_0257_r
Img_0261_r Img_0262_r
Img_0263_r Img_0264_r
Img_0268_r Img_0269_r
Img_0271_r Img_0272_r
Img_0276_r Img_0277_r
Img_0279_r Img_0282_r
Img_0285_r

 昔に比べて「菊人形」は規模が縮小した印象。昔は駐車場から入り口までの坂にも露店が並び、中腹の別棟の建物(NHK大河ドラマをモチーフにした菊人形の歴代PRポスターパネルなどを展示や団子茶屋があった)や16段返しの芝居小屋もあった。震災で倒壊し、撤去されてしまった。

 13:18 光現寺P 壁にぶつかりそう。墓参り H4とH9 南小そうじ。懐かしいBGM 
 13:27 光現寺発 プラド追い上げを振り切る
 13:50 本宮IC 日和田の交差点に白バイ待機。急ブレーキで回避。荷物飛び出す
       その後もプラドと無法トラックを振る切る。 
 14:03 BIG喜久田 646円。
 14:13 ヤマダ 50枚入りのブルーレイディスク3,880円+不織物布ケースで4,592
       円。10pt カラリオインクは標準の80で3,980円は高い・・・。
15:06 GS給油 1L=119円
15:12 帰宅 

 帰宅後、夕方の「ゴジてれchu!」のニュースで、一昨日、霞ヶ城の頂上のベンチで、何者かがバーベキューを行い、付近にごみを散乱させて行った不届きものがいたらしい。神聖な場所で一体何をしてくれるんだ!あのテレビクルーの意味が判明した。

 さて、今年は旅好きの私でも、仕事があまりにも忙しく、遠出の旅行は出来ずにいた。退職まであと8年足らず。退職したら国内、海外ともにいろいろな場所に出かけたいと思う。一番行きたいのは長崎と倉敷で、錦帯橋や一度も行ったことのない山陰地方にも足を運んでみたい。そう考えれば、歳をとるのも悪くはない。

 記事作成:10月18日(火)

« 福島県の地酒CM | トップページ | 歌舞伎座改築の呪い、いつまで・・・ »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ