2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« なぜB型は世界で輝けるのか | トップページ | 2016年12月期のCMベスト5 »

2016年12月27日 (火)

昔は敬老、今は老害?

 今回の記事は、ご高齢の方が読んだら憤慨するような、大変失礼で露骨な表現が含まれています。それをご理解いただいた上でお読みください。

 私は長年、目上の人やお年寄りは尊敬するなど敬い、大切な存在だと思っていた。ところが最近は、少子高齢化、つまり「長寿社会」が加速する中で、65歳以上の年金受給世代の老年人口が爆発的に増加。退職後、仕事を無事果たして無職となり、年金生活をしている世代が急増している。65歳以上の老年層は3,342万2,000人に上り、実は国民の25%にも達する。したがって、どこの老人介護施設も満杯状態で、押し込められている印象がある。
 そんな社会現象の中、困った問題も多い。それは動画サイトにも掲載されることが多くなったが、お年寄りの度を越した我儘ぶりや店員へ強烈なクレームを行うなど目に余る傲慢な態度を掲載し、その行為が許せないという類のものだ。特に今年は、高齢者の運転操作ミスによって、若い世代の命を奪う事故が多発した。厄介で困った問題が浮上している。

 かくいう私も、市役所に住民票をとりに行った際に、おじいさんが窓口の係員に大声で食って掛かったり、喚き散らして文句を言っている場面を何度も目にしたし、先日は看護師をしている知人と話したときに、我儘で言うことを聞かない老人が急増して、その対応に苦慮しているという話を耳にした。そしてつい先日は、レストランで食事をしている際に、私はちゃんと予約をして入店したのに、予約をしないで長時間待たされた老人グループよりも先に案内された私に憤慨したのだろう、食事を終えて帰る際に、いきなり大声で文句をつけてきた。こういう自分本位で社会への不満をどこかにぶちまけたいクレーマー的なお年寄りがこれからもっと増えると予想される。

 また、クリスマスイブに血圧の薬を貰いにかかりつけの医院に行ったが、そこでもお年寄りが、耳が遠いのかマスクもしないで大声で会話をしている。病原菌をまき散らし、我が物顔で待合室を主(ぬし)状態で居座っている。こういう周囲に気を遣わず図々しい高齢者ばかりで迷惑千万だ。

 では動画サイトにアップされている実例を見てみたい。なお、これらの埋め込み処理する動画は、私がアップしたものではなく、同じ感想を抱く一般Youtuberが掲載したものであり、実際の顔が映されているため、名誉毀損に当たる可能性もある。危険を承知で全世界に公開しているからには、それくらいの覚悟と度を過ぎた迷惑行為を周知したいとの切なる願いが込められていると見た。

 周囲に迷惑を掛けて平気な高齢者(公共の場で大声で歌いまくる)

 駅員の災難 老害が電車の遅延にお怒りのようです

 自己中で駅員に食ってかかる。駅員が可愛そうなくらいだ。歳をとれば偉いと勘違いしているのだろうか?自分だけが不利益を被った訳ではないのに、この一方的な苦情の言いよう。こらえ性がなさすぎる。

 ストーカー行為を繰り広げる酔っ払い老害

 こういう輩が駅構内をうろついていたら気味悪くて二度と使えない。社会の迷惑でゴミも同然の行為だ。こういうキチガイを人生の先輩とは呼べない。単なる精神病だ。こういうイカレた老人を野放しにしていたら、怖くて街も歩けない。

 所構わずケンカを売る老害   

 こういう行為は韓国人並だ。あの国の連中は強く出たほうが偉いと思っている。どこでも喧嘩を売り、論破したほうが強いと勘違いしている。高齢者が自己中と呼ばれるのは、年長者を年下は敬えという概念が根底にあるのではないか?だからこうした高飛車なもの言いでトラブルになるのだ。昔、自分が若い頃は許されなかった自由が、若い人が普通に行われている風潮を許せず、つい人のミスを許せず、上から目線で指摘したいのだろう。これはある意味、年寄りの僻みと受け取られるし、頑固ジジイの典型だ。

 老害 自己中ルールを押し付け他人に迷惑をかけるキチガイ達   

 こうした態度や行動はもうはや論外。法律も社会規範も素養も無い。いきなり、ドアを叩き、器物損壊を行っている。恐らくは前科ものではないのか?自分が少しでも気に入らないと相手を威圧したり、暴力的になる。どこかの国の「火病」に似ている。何様のつもりだと言いたくなる。

 ただ年をとっただけで偉くなったと勘違いするキチガイ老害

 電車・バス内で騒ぐ老害の言い分が滅茶苦茶   

 電車内で携帯電話を使い、若い人に注意されると逆ギレする高齢者。公共マナーもへったくりもない。こういう身勝手で迷惑極まりない老人たちがこれからもっと増えるだろう。

 バス運転手にクレームをつける老人に乗客達がブチギレ→老人を無理やり降ろす 

 https://www.youtube.com/watch?v=rL0mkD8Xxvo

 https://www.youtube.com/watch?v=3HS8Eyj9LkE

 こういう客がひとりいるだけで定刻運行の妨げとなり、大変迷惑。ところかまわずいちゃもんを付け、さも自分が偉いことをアピールしたいのか?公共の場でこのような身勝手な振る舞いで、周囲の顰蹙を買う。郡山を一躍全国区の悪評を垂らした「ゴミ屋敷」のじいさんもこうした傾向の輩だった。最期は自分が溜め込んだゴミから失火し、焼死するという自業自得の結末をもたらした。

 高齢者 危険運転 マイペースすぎるドライバー まわりが見えてなさ過ぎ   

 【老人】逆走、逆走、逆走、加速、減速、そして逆走

 オレンジ車線を越え、カーブを曲がる車。その車には色あせた『四葉マーク』が秋晴れの陽光を反射させ、輝いていた。何かと巷を騒がす高齢者ドライバーによる事故。高齢者ドライバーによる事故をニュースで見ると、憤りを感じずにはいられない・・・。

 お年寄り の 危険 運転運転

 交通ルールがわからないお年寄り達。。。

 高齢者の運転する車が危険!何故相次いで事故を起こすのか?   

 <逆走映像集>

 https://www.youtube.com/watch?v=bjvTygOYuF8

 https://www.youtube.com/watch?v=JHGkqE9L_LE

 https://www.youtube.com/watch?v=WEwaYR4e9-M

 https://www.youtube.com/watch?v=cVvR7GSv6uQ

 https://www.youtube.com/watch?v=D7l42Coa_eI

 https://www.youtube.com/watch?v=DrBG_Gn3coY

 高齢者の運転する車が危険!何故相次いで事故を起こすのか?
逆走 割り込み Uターン 飛び出しの何でもありな運転、貰い事故で命を落とすケースも最近ニュースになっています。亡くなるのは小さい子供で、加害者の高齢者の方が無駄に擁護されてるような気がします。

 こうした我が物運転は危険極まりない。こんな自己中な高齢者運転のせいで、犠牲になった善良な市民は年々増えている。車は走る凶器だ。ハンドルを握るからには交通ルールを厳守して自らの責任を果たして貰いたい。

 最近、高速道路の逆走、電車内での迷惑行為、公衆の面前での異常な振る舞いなど、本来敬老される筈のお年寄りが、こうした一部の不心得者の悪徳行為で、蔑まれたり、敬遠される存在に見られるのは、本意ではない筈だ。却って迷惑であろう。

  飯塚市の68歳の現職市長、賭け麻雀をすっぱ抜かれた記者に会見で逆ギレ

 市長たる公職にあるものが、付き合いと称して副市長を伴い、白昼から賭け麻雀に興じていた場面を、地元の新聞記者に特ダネ報道された。その釈明会見で、「何が悪い」「世間で賭け麻雀をしていない人がどれだけいるか逆に聞きたい」と開き直って逆ギレ。スクープした記者を目の前で批判する暴挙。賭け麻雀は犯罪であり、それを公職にいるものが肯定発言するなど言語道断。権力を笠に着た傲慢態度で感覚が麻痺しているとしか思えない暴挙だ。こういう輩は市長を退き、死ぬまで賭け麻雀にのめり込んだらいい。

 一般的な傾向として、人は年齢を重ねると、子どもに帰っていくとされる。体が利かなくなり、言葉もおぼつかず、赤ちゃんの頃にしていたおむつをするようになる。やがて寝たきりになり、重病を発し、一生を終える。
 体が利かなくなった分、言葉は達者で、せっかちで周囲に命令したり、人生の先輩気取りで、さも自分が偉いと勘違いして若い世代に高飛車な態度をとる。さも自分の言動や行動が正しく、悪を正そうという気持ちからだ。それは時に、年寄りの僻み根性とか傲慢と受け取られ、頑固じじいとか忌み嫌われる存在と化す。耳が遠くなるために、大声でしゃべりまくり、相手が年下と見るや、横柄な物言いや命令口調でのたまうことが多くなり、度を越すと周囲に迷惑がられる存在となる。こうした振る舞いを行う年寄りを、最近は「老害」と呼んでいる。

 こうなると自分自身の行いのみが、正しいと思い込み、さも自分が人生のルールブックだと信じ切っている彼らは、我が道を行く言動や行動に手がつけられない。気になったことをあたり構わず指摘し、間違いを正そうと躍起になる。公共の場所であろうが何であろうが、食ってかかったり、ふてぶてしい態度でクレームをつけ、トラブルに発展する。私は人生の功労者なのだから、少しくらいの人の過ちや失敗をほほえましく見守るくらいの度量を身に着けてもらいたいと思う。

 人生の先輩なら、若い世代の失敗を優しく教え、導くくらいの柔和さが素養としてあってしかるべきだと思う。それを見ず知らずの者にも、まるで正義の味方のような態度で、上から目線でぴしゃりとやるから、逆に反発を買うのだ。人は誰でも等しく年をとるものだ。年寄りだから偉いという発想はもう成り立たない。介護などで若い世代に面倒をみてもらう立場になるのだから、もう少し、波風立てず、穏やかに余生を送ってもらいたいと個人的に思う。

 しかしながら、戦争を知っている世代の方が、どんどんこの世を去る現状は危惧すべきで、人の生命の尊厳を身を持って経験していない世代が、まるでゲーム感覚で戦争を肯定するようなことになったら、世界は滅亡する。いったん終わりにしてオールクリアなど出来ないこの地球。命の傷みを知り、老若男女が互いに尊重し合い、未来永劫繁栄できる世の中を築いていかなければならないと痛感する。逆に言えば、今日取り上げたようなお年寄りたちが増えたのも、社会の構造や発展が生み出した、いわば負の副産物だ。これを社会問題として皆が考えていく必要性を感じる。

 最後に、自分自身の立ち位置を慮れば、こういうブログ記事を書いて批判めいたことを書いている時点で、同じ穴の狢のような気がしてしまう。自分だけはああいう身勝手な、周囲に迷惑をかけないような老人になりたいと願うが、はたしてあと十数年後に、高齢者の仲間入りを果たす自分にとって、どういう世相になっているのか不安だ。もしかして現代版姥捨て山のような年寄りにとって試練の時代を迎えているのではという危惧が・・・。

 記事作成:12月22日(木)

« なぜB型は世界で輝けるのか | トップページ | 2016年12月期のCMベスト5 »

社会」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ