2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 逃げ恥・恋ダンスブーム | トップページ | 昔は敬老、今は老害? »

2016年12月26日 (月)

なぜB型は世界で輝けるのか

 また血液型の話題で恐縮だが、B型は日本人の約22%しかいないのに、やたらと目立つ存在だ。他の類を見ない強烈な個性を持ち、独創的な発想と行動力で存在感を光らせる。そして日本を出て世界で輝ける素質を持っている方がことのほか多い。それはB型の根本性質によるところが大きい。他人の真似事を嫌い、行動は型破りでマイペース。前向きな楽天家で、プレッシャーを楽しみに変える発想、好奇心旺盛で凝り性。世界に出ても、あまり萎縮しないで本来の実力を遺憾なく発揮できることからカリスマ的かつスーパースター的な存在になる。そして若くから才能を開花させて実力を発揮するため、誰からも好かれ、応援してもらえる。つまり、国民的な人気を得ることができる。では「論より証拠」。そんなB型の方々を紹介したい。

 <世界で活躍する日本人スポーツアスリート>(全員がB型)

 青木功・・・かつてジャンボ尾崎、中島常幸らと「BIG3」を形成。ハワイアンOPで優勝する
       などの活躍を見せた。話し方はつっけんどんで印象が良くない部分はあったが
       ゴルフの実績は凄かった。

 ジャンボ尾崎・・・尾崎3兄弟の長男。ゴルフはB型と言われるが、それは緻密な計算(風
          向き、芝目、距離、クラブ選択など)が必要だからだが、彼の場合は、豪
                      快な飛距離にもファンはカリスマ的魅力を感じた。
      

 岡本綾子・・・主に1980年代に活躍した女子ゴルファー。現在のように女子ゴルフがメ
        ジャーになる前に、海外ツアーで何度も優勝を飾った真の実力派。やはりB
                  型らしく、インタビューではあまり愛想が良くない部分があり、冷めた印象を
                  与えた。

 山口 香・・・女子の柔道人口が少なく、オリンピック種目になる前で世界大会が開催さ
        れる前に君臨した第一人者。全日本体重別選手権で前人未到の10連覇を
        達成した。

 中野浩一・・・競輪界を支え、「世界選手権個人スプリント10連覇」を達成した。ケイリンを
        世界に知らしめる役割を果たした。 

 釜本邦茂・・・メキシコオリンピックで銅メダルを獲得した時の立役者。自身もエースストラ
        イカーとして得点を量産し、見事得点王に輝いた。

 伊達公子・・・引退した後、数年間のブランクを置いて、再び現役に復活するのは通常は
         ありえないのだが、常識を覆してそれをやってのけるのがB型の真骨頂。

 杉山 愛・・・彼女は4大トーナメントで、ダブルスで優勝を果たすほどの腕前の持ち主。

 田村(谷)亮子・・・年齢には似使わぬ活躍を見せるのがB型。彼女は中学生の頃から
           頭角を現し、「YAWARAちゃん」の異名をとり、カリスマ的な人気を得
           た。B型には信者のような熱狂的なファンがつく典型例。

 野村忠宏・・・彼は柔道でシドニー、アテネ、北京とオリンピック3連覇を達成した。ストイ
        ックな練習と天才的な技の切れ味を発揮し、前人未到の偉業をサラリと成し
        遂げてしまう。周囲が注目してもケロッとしているのはB型ならでは。

 北島康介・・・彼もアテネ、北京でオリンピック連覇を成し遂げた。しかも100mと200m
        平泳ぎの両方で金メダルを獲得。日本水泳界を牽引し、一目置かれる存在
        レザーレーサーが流行した時も、マイペースで自己流を貫き、「泳ぐのは僕
        たちだ」というTシャツを着て、反論したのは記憶に新しい。ちなみに後継者
        の萩野公介もB型。

 松山英樹・・・同じ姓の俳優松山ケンイチ似ている。理由はB型同士だから。彼は若手な
        がら、カッコつけではなく、ストイックなまでに練習に専念している。きっと将来
        はメジャーの大会でも優勝を浚う大物に上り詰めるに違いない。

 浅田真央・・・彼女は若くして才能を発揮した。残念ながら、年齢制限でピーク時に五輪
        出場はならなかったが、彼女の人気はカリスマ的。幅広い年齢層で熱狂的な
        ファンがいて、全国民に愛される特異な存在だ。

 羽生結生・・・こちらも熱狂的な声援を送る女性ファンがリンクを埋め尽くす。まさにカリス
        マ。彼は駆け引きなしで心のそこから応援したくなってしまう存在。4回転ジャ
        ンプ成功に飽くなき執念を燃やし、それが母性本能をくすぐるのだ。GPファ
        イナル4連覇は日本男子初の快挙で、それでも本人は満足していない。

 野茂英雄・・・彼は半回転し、打者に背を向ける「トルネード」という超個性的な投法を編
        み出した。彼は無口でクール。自分の野球哲学をひたすら追求し続けた。
        奪三振王としてミスターKという異名までとった。日本人初のポスティングシス
        テムでメジャーに移籍し、2回もノーヒットノーランを達成し、「ノモマニア」と呼
        ばれるほどの人気を博した。彼もマイペースを貫き通した野球人だった。

 イチロー・・・彼はいわずもがなだが、誰もが納得する実績。弱冠20歳にして当時の最高
        記録だった200本安打を達成。天才の名をほしいままにした。すべてが記録
        尽くめで初ものづくし。日米通算では世界一の安打数を記録。孤高の天才
        で、カリスマ。しかし周囲が騒いでも彼はいたってクール。今は、トレードを重
        ねながらも、50歳まで現役を貫こうとストイックなまでに自分を追い込むトレ
        ーニングを実践している。よって怪我が極端に少ない。

 亀田3兄弟・・・彼らは単なるやんちゃ坊主なだけだが、オーソドックスな練習法だった
         り、通り一遍到な対応では絶対に世界では勝てない。羽目を外しても、常
         識外とか型破りといわれるくらいのほうが実力を発揮し戦果は残せる。

 基本的にB型の体型は、全身が骨張っていて、余分な贅肉がなく、痩せ型で強靭な肉体の持ち主。ストイックなまでに徹底したトレーニング方法を実行し、怪我が少ないのが長く現役生活を続けられる要因で、さらには楽天的な思考でプレッシャーに強く、世界で活躍できる。
 日本ハムの大谷翔平もB型なので、メジャーに行っても注目され、活躍できると思う。すでにその片鱗はあるし、実力が他の比ではない。

 他にもミスタープロ野球の長嶋茂雄、世界の盗塁王・福本豊、犠打数世界一の川相昌弘、1年生からPLの4番を務め、怪物と呼ばれた清原和博らはこの型だ。

 <芸能界(歌手・タレント)>

 きゃりーぱみゅぱみゅ・・・すでに多くの欧米諸国でLIVEを行い、男女を問わず世界中に
              熱狂的なファンがいる。かわいいファッションと独創的なダンスで世
              界を席巻している。曲も風変わりでエキセントリック。

 坂本龍一・・・通称「教授」。YMO時代から独特なテクノポップサウンドを生み出し、全世
        界にファンがいる。芸術性に長け、独創的で他の追随を許さない。彼の天賦
        の才能は誰も真似できないし、世界最高峰だ。

 YOSHIKI・・・X-Japanのドラマーであり、ピアニストでもあるスーパーアーティスト。ビ
        ジュアル系の風貌で、カリスマ性が高い。激しいドラムビーターと思いきや、
        しっとりとしたピアノ聴かせる才能は圧巻。

 ローラ・・・ネアカであっけらかんとした天然少女はB型女性の特徴。マイペースで他人な
      どお構いなし。自分の興味関心、つまり本能の赴くまま行動する。周囲は微笑ま
      しく彼女を見守ることだろう。

 他には歌手でB型は、矢沢永吉、尾崎豊がそうで、いずれもその道のカリスマだ。司会者でも大橋巨泉、土居まさる、徳光和夫、宮根誠司、玉置宏、鈴木健二ら往年の名司会者やアナウンサーはB型が多かった。

 <政治家>

 鈴木宗男・・・やってることは破天荒だが、持論を譲らず、自分の信念で動く。ロシアで独
        自に外交活動を展開し、宗男ハウスなるものを建て、独自路線で交渉してい
        る。

 安倍晋三・・・現総理。外交交渉も上手で、首相在任も歴代4位になった。信望が厚く、
        精力的に動き、世界のキャスティングボードを握るまでの存在感を示してい
        る。しかし、この度の日ロ首脳会談はがっかりした。最大の懸案だった北方
        領土問題はなんら触れることが出来ず、プーチンに数千億円もの経済協力
        を約束させられただけ。金だけとられて何一つ見返りがない結果。いいよう
        にあしらわれただけに終わった。日本人首相の外交ベタはどうにかならない
        のか!

 こう考えると、次期首相に有力な石波茂もB型なので、安倍首相とは盟友と言える。ほかにB型は丸川珠代、塩崎恭久、二階俊博、石井啓一、橋下徹、東国原英夫らだ。

 <中国で認められる日本人>(中国人が好きな日本人はやはりB型)

 田中角栄

 首相だった1972年に、中国を訪れ、日中戦争以降、不仲だった日中関係を改善する「日中平和友好条約」を締結した。その友好の証としてパンダ「ランランとカンカン」が贈られた。

 福原愛

 幼い頃から卓球の最強国である中国に「卓球留学」。あの愛嬌溢れる愛ちゃんスマイルを振りまき、小国日本と蔑する日本人アスリートを応援する中国人が続出した。また、中国語を話せるのも彼女の強みで、中国人は彼女を同胞と見て応援しているに違いない。

 高倉健

 寡黙で実直な人柄は中国人の心を打つようだ。派手な振る舞いは一切なく、人間臭さや物言わぬ性格が、彼を大きな人物像として崇めるのだろう。

 実際に中国人はB型やB型を認めるO型が多い。同じB型を応援するのは、何か共通性があったり、相通じるものや共感できるものがあるからにほかならない。目に見えぬ働きだ。

 さて、好き勝手書き綴った感があるが、B型は日本人の4割近くを占めるA型とは真逆で、A型にはないものをたくさん持っている。強烈な個性だったり、天賦の才能だったり。他人と同じことをしたくない性質や口が悪かったり、束縛されるのを嫌うため、あまのじゃくで変わり者という印象を与えるかもしれないが、ひとつのことに執着し、とことん凝って追求することで、他には無い職人肌のような芸達者の域に達するのだろう。

 そして周囲の目を気にせず、マイペースな発想が余計なプレッシャーを事前に回避できているし、自分自身が何より好きだという概念が自分の個性や長所を伸ばす原動力になっている。

 このマイペースさがB型の最大の特徴ではあるが、それゆえ、社会批判や反骨精神も多い。世の中への反発心が強くなりすぎると法律に触れることもあるが、周囲の遠慮や支援もあって、思う存分、実力を発揮できるのだ。B型は決して奢らず、謙虚な気持ちを持ち続ければ、人間関係を円満に行えるはずだ。度を越すと、周囲は自分のことを理解してくれないと「うつ病」など精神的疾患を引き起こす危険がある。常に人間関係を意識し、我を出すのはそこそこにしておけば間違いない。B型は、例示したように、世界で活躍できる逸材があるのだから。

 記事作成:12月15日(木)

« 逃げ恥・恋ダンスブーム | トップページ | 昔は敬老、今は老害? »

血液型」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ