2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

2017年2月期のCMベスト5

 一昨年から2か月に一度ずつお送りして来た、その時期に流行ったり、何度も繰り返し放送され、注目を浴びた見慣れたCMを特集して掲載しているこの記事。しかし、あまりにも秀作が多いため、昨年からは毎月末に傑作CMを紹介しています。今回もこの2月に放送されたCMから気に入っているCMを5作品お送りします。

 1位 郵便局 ライバル

 最近はシリーズ化するCMが多い。SOFTBANKの「ホワイト家族」から、auの「三太郎」シリーズ、妻夫木&柳葉の「ロト6&7」シリーズなど。ここへ来て日本郵政グループも

https://www.youtube.com/watch?v=Nv4827Atzy8

https://www.youtube.com/watch?v=8ONY2o_JXNw 

 窪田正孝と荒川良々がマドンナ石井杏奈を巡ってライバル関係に・・・

 2位 土屋太凰 バレンタイン

 土屋太鳳、松井愛莉、広瀬すずの三人娘がバレンタインの告白をテーマに繰り広げる「ガーナミルクチョコレート」のシリーズCM。見ていてほのぼのする。

 https://www.youtube.com/watch?v=USO2rD7whC8

 3位  ソフトバンク新CM「宣言」編   

 広瀬すずと大原櫻子、ジャスティンビーバーが共演する「SUPER STUDENT」をテーマにしたCM 15秒、30秒、60秒バージョンがある。

 4位 佐々木希 ユニクロのワイヤレスブラ 

 気づけば彼女も29歳。ベビーフェイスの顔立ちなので、とても若い。色白・小顔が典型的な秋田美人。来年が三十路とは絶対に思えない。

 5位 三太郎シリーズ、乙ちゃん、スパルタ教師になる!

  この2月は毎日見ない日はないほど、ひっきりなしに流れていた。学校に通うことになった三太郎。そこで現れたのは、鞭を持ってビシバシ鍛えるスパルタ教師「乙姫」。「やってみたかったの、スパルタ教師」と豹変する乙ちゃんに、興奮した浦島太郎が「ここ最高~!」と叫ぶ。マニアックな仕上がりだ。

2017年2月27日 (月)

頑張る昭和の大御所俳優たち

 去年の暮れに俳優・根津甚八さん、そして1月に松方弘樹さん、2月には藤村俊二さんが亡くなられた。昭和生まれの人間にとって、この時代に大スターとして活躍された巨星が次々と天に召されるニュースを聞くと、一抹の寂しさを禁じえない。私は、石原裕次郎さん、美空ひばりさん、三船敏郎さん、天知茂さん、鶴田浩二さん、森繁久彌さん、勝新太郎さん、萬屋錦之助さん、緒形拳さん、藤田まことさん、夏八木勲さん、高倉健さん、菅原文太さんが亡くなられた時に、「昭和がまたひとつ終わった」と思ったが、現在、頑張っている昭和の名優や大御所がほかにもいること忘れてはいけないと思い、エールを送る意味で掲載したい。なお、還暦以上の大御所限定であることをご理解ください。

 1 里見浩太朗 

 彼こそ大御所俳優という代名詞が似合う。主に時代劇で大活躍。長らく務めた「水戸黄門」、1980年代の年末の大型時代劇シリーズ「忠臣蔵」「白虎隊」「田原坂」などで主役を張った。存在感があってオーラも他の役者とはひと味もふた味も違う。現在80歳のご高齢になられたが、歴代の黄門様は「おじいちゃん」という印象が濃かったが、里見さんは体格の大きさもあってか、若々しい以外の何者でもない。やはり長年務めた「助さん」のイメージが強いからか?

 2 高橋英樹 

 1961年、高校在学中に日活ニューフェース第5期として日活株式会社に入社。第5期の同期には、中尾彬や竜崎勝(高島彩の父)がいる。同年の映画「高原児」でデビュー。「桃太郎侍」はシリーズ化し、その風変わりな衣裳と奇抜な決め台詞で視聴率が高かった。

 3 仲代達也 

 御年84歳のベテラン俳優。劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、戦後の日本を代表する名優の1人とされている。代表作は「人間の条件」、「切腹」、「新・平家物語」、「二百三高地」などで主演をはった。1975年には無名塾を開設。若手の俳優の育成にも尽力した。2003年には勲四等旭日小綬章を受章した。

 4 田中邦衛 

 加山雄三の「若大将シリーズ」では「青大将」として親しまれた。また「北の国から」はレギュラーシリーズだけではなく、数年に一度の特番として何度も登場。純と蛍の父親である黒板五郎役で、北海道富良野に大自然に包まれて、子どもたちの成長を見守る姿は感動的だった。独特な語り口調で物まねされることが多かった。

 5 松平 健 

 「暴れん坊将軍」がシリーズ化し、将軍・徳川吉宗を演じきった。あの風貌は20代からで、意外にもまだ若い。お御所ながら「マツケンサンバ」などおちゃらけコスプレなどでイメチェンを図ったり、奇想天外、天然ぶりを発揮した。

 6 渡 哲也 

 石原裕次郎の盟友。「大都会」「西部警察」シリーズなど刑事役で一世を風靡した。ハードボイルドで硬派なイメージ。 

 7 北大路欣也 

 昭和の時代劇や戦争映画などの大型番組には欠かせない存在だった。最近は社長役が板に着いて来た。

 8 梅宮辰夫 「明日の刑事」

 50年来の大親友だった松方弘樹を失い、意気消沈して憔悴しきっているとともに、自らも重病と闘っている。かつては日活映画や刑事ドラマのボス役でその存在感を示した。

 9 小林  旭

 日活映画「ギターを抱いた渡り鳥」など、「渡り鳥シリーズ」で人気を博した銀幕のスターという印象。美空ひばりと結婚・離婚し、話題となったり、「自動車唱歌」や「昔の名前で出ています」、「熱き心に」など歌手としてもヒット曲を飛ばしている。

10 宍戸  錠

 かつて銀幕を席巻した「日活」の大スター。タフでハードボイルドな役柄で、小林旭らとともに名を知られ、日活アクション映画の需要もあって、その強面から悪役が多かったが、「エースのジョー」と呼ばれて親しまれた。とりわけ「渡り鳥シリーズ」では大人気を博し、一世を風靡した。 

11 加山雄三

 「若大将シリーズ」でその時代の寵児となった。私の中では、慶應卒のお坊ちゃまで、名優だった上原謙の息子で「サラブレッド」という印象。近年はドラマ出演を控え、もっぱら歌謡ショーに出演したり、24時間テレビでしかお目にかかれなくなった。私の中では石原裕次郎と並ぶ往年の大スターという認識。

12 山崎 努

 去年80歳になられた大ベテラン俳優。「必殺シリーズ」の梅安役がハマリ役 
 2007年、秋の叙勲で旭日小綬章を受章した。ほかにも「八つ墓村」、「お葬式」、「おくりびと」に主演し、強面だが、熟達した味のある役をこなした。

13 古谷一行

 私の中では1970年代から80年代にかけて放送されたテレビドラマ版の「横溝正史」シリーズの金田一耕助役の印象が濃いが、「オレゴンから愛」とか「金曜日の妻たちへ」、「失楽園」など不倫を扱った妖しい男役が多かった。『混浴露天風呂連続殺人』シリーズにも主演した。今年73歳になられたが、数年前には自らがん告白を行っただけに健康が気遣われる。

14 役所広司

  彼の印象は「Shall We Dance?」だ。当初は所属する無名塾の舞台公演に出演。1980年(昭和55年)のNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビューを果たす。主に時代劇で評価を得ていた。1983年(昭和58年)のNHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、1984年(昭和59年)のNHK新大型時代劇『宮本武蔵』の主人公・武蔵役で初めて主演に抜擢される。民放の時代劇作品では、『三匹が斬る!』シリーズなどが代表作。映画では、伊丹十三監督作品の『タンポポ』などに出演。オーロラの下で』で初めて日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を獲得する。

15 渡辺 謙

 世界各国において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍している俳優の一人。1987年(昭和62年)のNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役(伊達政宗役)を演じ、39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。一躍全国的な人気を獲得、スターダムにのし上がる。しかし、1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。妻は女優の南果歩で、娘は女優の杏

 語幣があるといけないので、ここでお断りしておきますが、今回取り上げたのは、昭和しか活躍していない「往年の名優」ということではない。今も第一線で活動中であり、昭和の時代から継続して映画やテレビドラマなどで、知らない人がいないくらい有名で、平成29年1月現在もご健在で大御所となられている名優であるということを力説しておきたい。

 さて、昭和の時代から活躍している名優たちも、さすがに歳をとった。毎年のように訃報が舞い込み、ひとり去りまたひとりと天国のスターになっていく。同じ時代を生きた者として寂しい以外の何ものでもない。

 今回名を挙げた方々は、ぜひお元気で長く活躍し、ひとつでも多くの名作を残して欲しいと願ってやまない。

 記事作成:1月24日(火)

2017年2月26日 (日)

野球小僧のひとり言 ~第4回WBCに寄せて~

 「球春」という言葉がある。よく耳にするのは「春はセンバツから」という高校野球の名文句で、春を告げる風物詩とでも言えるように、野球は日本国民にもっともメジャーなスポーツとして定着していることは語るに及ばない。
  
 今シーズンは4年ぶりに慌しくキャンプを送っている選手たちがいる。それは第4回WBC(ワールドベースボールクラッシク)が開催されるためだ。もう第一ラウンドまでは一ヶ月を切った。前回、「山本JAPAN」がベスト4で強豪プエルトリコに敗れ、2回連続チャンピオンの座から転落し、王座を返上してしまった。ゆえに今大会は、V奪還の任務を担い、選手は日本代表の名誉であるが、今後想像を絶するほどの重圧と闘うこととなる。国際試合だけに簡単な試合など一試合もないだろう。とりわけ第4回大会は、アメリカチームまでもがそうそうたるバリバリ現役のメジャーリーガーたちがメンバーに名を連ね、並々ならぬ優勝への熱意を感じる。

 しかし、一方で日本チームは残念な顔ぶれ。ダルビッシュや田中、前田などのMLB選手は早々に出場を辞退し、かつ日本のエースで顔だった大谷翔平までもが故障により、出場を辞退した。つまり、今シーズンオフにも、マイナー契約でアメリカに渡米するであろう大谷は、WBC自体に出場する機会を永遠に逸してしまうことになるかもしれない。彼の165km/hの速球で、メジャーリーガーたちをきりきり舞いさせ、力づくで牛耳る快投を見たかったファンが多かっただけに、彼の不出場は極めて遺憾だ。日本代表は投打の柱を失ったことで、戦力がダウンするし、WBC観戦 への興味が半減することにもなる。
 
 第1回・第2回大会は、強豪たちを次々撃破し、大苦戦の上、なんとかチャンピオンの座に輝いたが、各国が現役プロやメジャー選手を次々参戦させると、状況は一変した。日本チームは単打で繋ぐ「スモールベースボール」と揶揄された。図体の大きい外国人選手は、パワーが売り物で、本塁打を量産する大味の豪快野球だが、体格で劣る日本人打者は飛距離が出ず、メジャーのボールが飛ばない設計のため、ホームランはかなり少ない。また、ボール自体が馬の皮(日本は牛)を使用しているため、表面がツルツルで、滑りやすく、よく抜ける。ストライクゾーンも違うし、玉数制限まで設けられている。これはシーズン前のこの時期に本職に支障を来たさないための特殊ルールだ。

 過去2大会、王者に輝いた日本代表だが、今大会を展望するに、もちろん優勝を勝ち取って欲しいのは山々だが、冷静に各国の戦力を分析すると、前大会と同等くらいの成績しか残せないと見ている。最低でも予選リーグを突破するだろうが、負ければ敗退となる決勝トーナメントで、くじ次第では、ベスト8止まりという可能性も十分ある。前回敗れたプエルトリコ、メキシコ、USA、ベネズエラ、オランダ、韓国、キューバなどもオールプロで臨む今回の大会は、どこも実力が伯仲し、どこが勝っても不思議ではなくほど拮抗している。
  そこで私がWBC日本チームのベストオーダーを予想してみた。

  1 青木    先発投手  菅野・則本・藤浪・石川・武田
  2 坂本    中継ぎ    牧田・千賀・宮西・増井・秋吉・岡田
  3 山田    抑え     平野・松井
  4 筒香
  5 中田    控え野手・代打 大野・小林・菊池・鈴木誠・秋山・田中
  6 平田
  7 松田
  8 内川
  9  嶋  

 坂本は去年こそ、まぐれで首位打者を獲得したが、イマイチ信用できない。彼はプレッシャーに弱く、大勝ちしているゲームでは、もう打たなくていいと言いたいほど打ちまくるが、接戦や緊迫した場面ではからっきしダメ。今回も、JAPANの3番は荷が重い。他に選手がいないから抜擢されているが、勘違いすると痛い目に遭うだろう。私は7番くらいで実力相応だと思っている。なぜなら昔の悪い癖が出ているからだ。バットが下から出ているため、ボールの下を叩き、凡フライや差し込まれて詰まった内野ゴロが多くなるからだ。

 そして一番ダメなのがキャッチャー小林誠司。JAPANになぜ招聘されたのかも疑問なのに、嶋の故障で正捕手とは笑わせてくれる。去年2割そこそこの捕手が日本代表入りすることだけでもありえないのに、スタメン出場だと。コーチ陣は頭悪いとしか思えない。巨人でもマイコラスにキャッチングの悪さを指摘されたり、リードも超下手くそ。投手陣の大量失点は必至。すべては実力もないのに日本代表に選んだ小久保監督の責任だ。顔の良さで選ぶのが小久保流と揶揄されることだろう。

 一方、投手陣だが、私は楽天の松井はリリーフでは使えないと思っている。昨年の「プレミア12」の韓国戦でノーコンを露呈し、大谷が好投したのに勝ちゲームをフイにし、韓国に敗れる原因を作った。それがトラウマになっていると思う。今回も春先は投手陣はまだ体が出来上がっていない。経験が浅い若手の松井には荷が重く、9回のプレッシャーが一番かかる場面でフォワボールを連発する悪い癖が出て自滅すると見ている。小久保監督は、調子の良し悪しを見抜く眼力があるのだろうか? 

  これを毎度のことながら、血液型別に分析するとどうなるか。調整役抜群で観察力に優れるAB型の小久保監督が選んだメンバーは・・・

 投手(13人)

 A型 松井、菅野、秋吉、則本、藤浪、増井、石川、岡田、牧田、千賀

 O型 宮西、平野

 B型 武田

AB型 なし

 なんと投手13人中A型が10人を占める布陣。本格派エースの先発型のO型はたったひとり。相手の裏をかく頭脳的ピッチングをするB型はたったひとり。元来プレッシャーに弱く、故障しがちなA型ばかりを取り揃えたメンバー選出。WBCという一発勝負の大舞台でどれだけ奮闘できるかは疑問。

 一方打線は・・・

 野手(15人)

 A型 田中、菊池、青木、筒香、秋山、鈴木誠也

 O型 炭谷、小林、大野、松田、中田、山田

 B型 内川、平田

AB型 坂本

 スラッガーが多いO型と足が速く小技が利くA型が6名ずつ。そしてやはりプレッシャーと大舞台に強いB型は2名しか選出されない。大谷はB型だったが、辞退した。監督と同じAB型は投手・野手含めても坂本ただひとりという状況。

 私は第1回大会のように、イチローや福留、松中、上原といったB型、松坂、宮本、川崎、和田といったO型が活躍したようにOとB中心で組んだほうが良い気がしている。A型中心だと緻密な機動力野球になり、大柄で力でねじ伏せるパワー野球には対応できず、本塁打は少なく、大量失点で打ち負けする公算が高い。
 現に第3回WBCでは優勝を逃したが、A型中心のメンバーを組んだ。涌井、澤村、田中、杉内、前田、森福、内海、牧田、山口鉄也、大隣などで投手13人中10人がA型だった。捕手も3人中2人(相川、阿部)がA型、野手はO型(7人)とB型(3人)を中心に組んだものの、それでもベスト4で敗れた。ホームランが極端に少なく、WBC球とパワー野球に対応できなかった結果だ。

 そして、田中将大や前田、ダルビッシュなどの常連がメジャーに行ったため、制限がかかり、出場しなくなったのも痛い。また、大谷は今回、出場を辞退してしまったため、次回開催時にはメジャーリーガーになっているため、一度もWBCに出ないことも考えられる。日本球界の宝なのでなんとか出場機会を与えて欲しい。 

 さて、総括すれば、このメンバーなら予選リーグ敗退もありえる。小久保監督は、プレミア12に続きV逸でクビになる可能性大。

 ではプロ野球ファンなら誰しも一度は考えたであろう、往年の名選手でオーダーを作ってみた。

   Aチーム             Bチーム

  1 福本   センター      1 若松   センター
  2 イチロー ライト        2 井端   ショート
  3 王     ファースト      3 張本   レフト
  4 落合   サード         4 松井秀  ライト
  5 山本浩  レフト         5 田淵   キャッチャー
  6 野村    キャッチャー   6 長嶋   サード
  7 山田哲  セカンド     7  松中   DH
  8 松井稼  ショート      8 清原   ファースト
  9 門田    DH        9 吉田義/西岡 セカンド

   代打 高井           代打 古田    
       大田卓              杉浦
       長池                宇野
       阿部                池山
       中西太              大下
       川上                松原 
       代走  鈴木尚        有藤
       犠打  川相         掛布

 世界の盗塁王・福本を始め、日米通算安打世界記録のイチロー、世界のホームラン王・王、3回の三冠王を達成した落合、2年連続トリプルスリーの山田などそうそうたる顔ぶれ。Bチームも負けてはいない。2,000本安打の若松に始まり、堅守で小技の利くの井端、3,000本安打の張本、ワールドシリーズMVPの松井、スラッガー田淵、ミスタープロ
野球、三冠王の松中、それに守備の達人で俊足だった吉田と西岡。

    Aチーム投手       Bチーム投手   

     江夏            米田
     松坂            村山
     金田            江川
     稲尾            黒田
     野茂            今中
     ダルビッシュ        石井
     田中将            永射
     山田            渡辺俊
     宮田            桑田
     津田            工藤
     高津            東尾
     佐々木           山口高
 
 投手も凄い。メジャー経験者が目白押し。なぜかMLB移籍後は、WBCなど見向きもしなくなる選手がいるのは残念だ。調整が難しく、球団が出場を認めないことも多く、故障されたら実もふたもない。選手も本業のシーズンを棒に振ることになる。そんな危険を回避したいのが見え見え。絶頂期の選手を集めれば監督はさぞかし楽だろう。まさにドリームチーム結成となるのだが・・・。

 さて、野球小僧よろしく、いろいろと好き勝手書きたい放題だったが、それぞれ好みの選手がいて、パワー野球に対抗する手段としていろいろな戦術が考えられる。本格派の速球投手だけでは打ち込まれるし、多彩な変化球でゆさぶる技巧派も有効だろう。打線はとにかく点が取れる布陣で臨みたい。持ち味の機動力を活かし、足を絡めて投手をかく乱し、いらつかせて自滅を誘う方法が効果的。卑怯な戦法かもしれないが、ファウルで粘って玉数を多く投げさせるのも手だ。

  今回、惨敗したら監督更迭もちろんだが、総括的に人選から見直す必要がありそうだ。それだけに一昨年、プレミア12で韓国に敗れた雪辱を果たす役目を託されている小久保監督の采配に注目したい。あの時は、完璧に相手打線を封じ、続投させればまず打てなかった大谷を終盤にあえて交替し、ノーコンで苦しんでいた松井祐樹をあえて出して連続四球でピンチを作り自滅して失敗した。私ならあの状況でリリーフに新人の松井は荷が重いため絶対に起用しなかった。同じ轍を踏まないよう、選手起用には十分精査&吟味してほしい。

 記事作成:2月13日(月)

 追記

 この記事を書いたら、案の定、2月25日(土)に行われた強化試合で、内川が所属するソフトバンクとの一戦で選手と交錯して転倒。右肩を強打して負傷退場する場面があった。小久保監督がもっとも恐れていた事態がいきなり発生。メンバーの怪我や故障は一番あってはならないこと。所属球団に申しわけが立たないし、選手自身がシーズンに支障し、野球人生に影を落とす。幸い打撲で、脱臼もなければ骨に異常がなかったようだが、利き腕の右肩打撲で、復帰までは時間がかかりそうだ。強化試合で何をしているのか!喝!と言いたくなる。

 そして2月26日(日)放送の「サンデーモーニング」でキャンプリポートをした張本勲。やっぱ在日らしく、自己中で選手にしゃべらせず、自分だけが目立っている。自画自賛はこの国の特徴そのもの。張本が中田や坂本を指導したから、昨日は打てなかったと私は見ている、専属のコーチがいるのに、でしゃばって先輩面吹かせて余計なアドバイスをするから選手が戸惑うし、過度の期待をかけるためにプレッシャーになる。韓国を勝たせるために、わざとそうしているのか?
 ゲストの川藤が張本に何度も釘を刺してくれたのが嬉しかった。
  

2017年2月25日 (土)

検索ワードでわかる日本人のイメージ

 ネットで調べ物をするとき、大概はGoogleかYahoo!を検索サイトとして使っているだろう。

 私は「Yahoo!」派だが、何か特定の文字を入力すると、一文字ずつ、それに関係する検索ワードが、検索頻度順に登場する。これはその話題になった時期の流行にもより、たまに順位が入れ替わるものの、その時節に何が話題になっているかを教えてくれる代 物だし、検索を楽にしてくれる。では、H29.2月現在で、いくつかのワードごとに、どんな文言が登場するのか多い順に取り上げたい。
「佐藤」という文字を入力すると
  • 佐藤
  • 佐藤勝利
  • 佐藤寛子
  • 佐藤栞里
  • 佐藤ありさ
  • 佐藤二朗
  • 佐藤めぐみ
  • 佐藤美希
  • 佐藤隆太
  • 佐藤江梨子
 10位まではこんな感じ やはり若い人がPCやスマホで検索しているケースが多く、
若い人やイケメンが多くキーワードとして登場する。 
  鈴木と入力すると
  • 鈴木亮平
  • 鈴木奈々
  • 鈴木奈穂子
  • 鈴木梨央
  • 鈴木えみ
  • 鈴木ちなみ
  • 鈴木達央
  • 鈴木愛理
  • 鈴木紗理奈
  • 鈴木誠也
  こんな感じ。そして怖いのは次のワード
  
  「トランプ」と入力した結果
  • トランプ大統領
  • トランプ 暗殺
  • トランプ大統領 暗殺
  • トランプ ツイッター
  • トランプゲーム
  • トランプ 戦争
  • トランプ
  • トランプ 政策
  • トランプ 入国禁止
  • トランプ 日本
  日本人の多くがトランプ大統領暗殺を望んでいるのか?関連ワードが戦争とか
 怖すぎる。トランプ大統領に危機感を持っているということだ。日本人の本当の
 心理がこういう形で見え隠れする。
 ちなみに国名を入れると・・・
  アメリカは  
  • アメリカ大統領 
  • アメリカンイーグル
  • アメリカ合衆国
  • アメリカンエキスプレス
  • アメリカ大統領 任期
  • アメリカ 地図
  • アメリカン航空
  • アメリカ大使館
  • アメリカ
  • アメリカ国旗
  中国は
 ・中国語 翻訳
  ・ 中国嫁日記
  •  ・中国
  •   ・中国電力
  •  ・中国 旧正月
  •  ・中国銀行
  •  ・中国 春節
  •  ・中国新聞
  •  ・中国東方航空
  •  ・中国国際航空
  •  
     では「韓国」ならどうなるかといえば  
    • 韓国ドラマ
    • 韓国崩壊
    • 韓国旅行
    • 韓国の反日
    • 韓国語 翻訳
    • 韓国経済
    • 韓国
    • 韓国料理
    • 韓国芸能
    • 韓国慰安婦
      となる。いかに主婦層を中心に韓国ドラマが見られているか。そして政治問題が
     尾を引いているのかがわかる。傾向が似ているのは次の国も同様
      北朝鮮
    • 北朝鮮 美女
    • 北朝鮮 死刑
    • 北朝鮮 金正恩
    • 北朝鮮 拉致
    • 北朝鮮 ミサイル
    • 北朝鮮 旅行
    • 北朝鮮 崩壊
    • 北朝鮮 料理人
    • 北朝鮮 処刑
    • 北朝鮮 粛清
      これは恐ろしい検索ワードだ。朝鮮半島にはこういうイメージしかないようだ。
      
      嬉しいのはこの国(あえて国と言う)
      台湾
    • 台湾 観光
    • 台湾旅行
    • 台湾 お土産
    • 台湾 天気
    • 台湾 グルメ
    • 台湾 通貨
    • 台湾ドル
    • 台湾旅行 SCRAP
    • 台湾 親日
      日本人がいかに台湾に好感を持っているかが窺い知れる。台湾を訪れる日本人観光客の多さを反映して、旅行やグルメに関するキーワードばかり。悪口は一切無い。
     
     キーワードを探れば、日本人の趣味趣向や本音、心理状態が見えてくる。声に出さない本心はこういうPCネットに如実に隠されていることをここで申し上げておきたい。
     記事作成:2月6日(月)
     

    2017年2月24日 (金)

    雑感⑬ ~最近の世界情勢を杞憂して~

     一体世界はどこに向かっているのだろうか?世界破滅時計が進む一方であり、21世紀の今になっても、紛争が絶えない世の中に頭が痛い。ISや北朝鮮など悪の枢軸はその威嚇を止めず、「地球人」は共生しているにもかかわらず、殺し合いと自滅の一途を辿っている。考えられない。私は心配性のところがあり、あれこれ杞憂しがちな性格だ。時々世界情勢にまで危惧することばかりだ。
     では、どういった点が心配や頭痛の種なのか披露したい。
    1 40年前の日本とダブる中国の繁栄と社会問題
     40年前の日本、私が小学生の頃の日本は、急激な高度経済成長と産業発展を終え、
    産業立国として習熟期に入っていた。したがって人々の生活レベルは飛躍的に向上し、
    三種の神器や3Cなどが一般家庭にも普及し、ハード・ソフトの両面での豊かさが感じ
    られた時代だった。
     時を重ねること40年後の現代、それを凌ぐスピードで急速な発展を遂げているお隣
    り・中国でも、同じ現象が起きている。しかし、一方では、かつての日本がそうであっ
    た様に、負の産物も産まれている。それは深刻化する公害問題で、人民の健康被害は年々悪化する一途を辿っている。昭和40年代の日本は、京浜工業地帯や中京・阪神の工業地帯などを始めとし、光化学スモッグに覆われ、ぜんそくを発症する人々で溢れ、更には四大公害病が大きな社会問題となった。時の政府や国民の気運に翻弄され、環境保全よりも産業発展を優先させた結果の成れの果てであった。日本中で損害賠償訴訟が沸き起こり、その都度、国が敗訴となったことは記憶に新しい。
     現在中国でも、北京市や主要都市のあちこちでPM.2.5の大気汚染が深刻になっている。中国はもとよりその土壌から「黄砂」現象が頻発し、視界が悪い事態に陥っていたが、
    PM2.5の蔓延でダブルパンチである。
     ほんの40年ほど前の中国のイメージは、極論かもしれないが、人民服を着て自転車
    に乗り、人々は広場に集まって太極拳をする姿だった。それがどうだ。今や暮らし向きや
    文化は、政府に統制されているとはいえ、日本を越えるまでになった。当時は、日本国内
    で中国人観光客を見かけることなどまずなかった。それが裕福になり、春節では、こぞっ
    て中国人が海外旅行に出かけるようになった。日本での爆買い行為が結果的に日本の経済を後押ししてくれるまでになっている。
     しかし、中国では環境汚染だけではなく、かつて日本が経験した社会問題に直面するこ
    とになっている。それは人口10億人超がさらに事態を悪化させている。まず、一般家庭
    にも自家用車が普及し、それに伴い、都市部の交通機能は麻痺し、幹線道路では自動車で溢れ、慢性的かつ酷い交通渋滞に苛まれている。また、交通量の増大に伴い、事故も多発。
     もとから中国人は交通ルールなどの規範意識が疎い面がある。自分本位の運転で、死亡事故を起こすドラレコの映像が動画サイトに多数アップされている。この状況は、かつて
    日本も「交通戦争」と呼ばれた時代があり、やはり40年前の日本を見ているようだ。
     今回の記事を通して何が言いたいのかというと、韓国も日本を30年遅れで追いかけ、
    中国も日本と同じ社会現象に悩んでいる。日本はアジアの羅針盤であり、他の国は日本の姿を見て、それをモデルケースとして追いかけている。科学技術や製造技術分野では、日本は世界をリードし、どうすれば人々の暮らしが豊かになり、生活水準が向上するのかを興味を持って日本を注視しているのだ。
     しかし、その韓国との差も年々縮まっているし、中国にはGDPですでに抜かれている。
    社会秩序や民度、伝統文化の継承という分野ではまだまだ日本がリードしているが、いずれは日本が置いていかれることになりかねない。少子高齢化が著しい日本において、物づくりだけではなく、人づくりに本腰を入れなければ、日本の未来は厳しいものとなるだろう。
     続いて日本が世界に誇れる文化を取り上げたい。
    2 世界を席巻する日本の漫画・アニメ
     日本の漫画やアニメ文化が世界中で注目を集め、人気が高いのをご存知だろうか?
    昨年来、日本のアニメ映画「君の名は」。が世界中で高評価を受け、興行収入が200億円を突破しただの、観客動員の新記録を各国で更新したなどと景気の良い状況にある。
     確かに、日本のアニメは繊細で、描写も他国の比にならないほど秀逸している。ジブリ作品も世界中で上映されて人気は高いし、日本の専門学校でアニメ技術を学ぶ外国人も年々増加していると聞く。
     アジア(中国・タイ・台湾・韓国・インド・フィリピンなど)だけでなく、欧州各国やアメリカでも日本のアニメや漫画に陶酔している人々がごまんといる。
     面白いのは「キャプテン翼」を読んでサッカーを始めたとか、「SLAM DUNK」を見て、バスケットに興味を持ったという人が大勢いる点だ。インドの子ども達の人気の的が「ドラえもん」だったりするし、明らかに日本の漫画をパクッた類似漫画が、中国や韓国にも溢れ
    ている。
     ここで世界中で人気のある日本の漫画を列挙しよう。
     NARUTO・ドラえもん・スラムダンク・ONE PIECE・ポケモン・キャプテン翼・妖怪ウォッチ
     銀魂・名探偵コナン・進撃の巨人・Fairy Tale・ブリーチ・エヴァンゲリオン・新・北斗の拳などの人気がことのほか高い。欧米とアジアなどで好みがかなり異なるようだ。
     詳しくは Gigazine というサイトをご覧ください。
      現実離れした設定や展開に人々は夢見心地で味わい、浮世離れした仮想世界にどっぷりと漬かる。ドラえもんなどは、現実では不可能な夢を叶えてくれる頼れる存在だし、スポーツ漫画では、自分の果たせなかった夢を主人公がやってのける。誰でもその主人公役になり替われる点も人気の理由だ。
     漫画は時に一服の清涼剤になったり、社会風刺で皮肉を込めたユーモアについ笑ってしまう存在であったり、社会問題のジレンマを解決する手立てになったりもする。また、時節の問題点を主人公の視点で考えたり、共感的をもって考える契機にもなる。
     記事作成:2月9日(木)
     追記
     こんな記事を書いたら、マレーシアに潜伏していた金正男氏がVXガスで暗殺される事件が発生した。北朝鮮のスパイたちが、この機を虎視眈々と狙い、インドネシア女性を言葉巧みに利用し、真犯人が尻尾を出さない巧妙な手口で、身代わり殺人を成し遂げた。しかも人込みの空港ロビーで、わずか2秒で毒殺するという、プロの業だ。大金を約束し、訓練したのだろう。一部始終を北朝鮮が仕組んでおきながら、批判を浴びないように計画に計画を練った結果だ。
     遺体を引き渡せば、証拠隠滅を図るのは明らかで、この一件ですら北朝鮮本国では報じない。逆にマレーシア政府が遺体を引き渡さないことを批判する本末転倒さ。巧妙に国家ぐるみの犯行を相手の責任にするかえるいつもの常套手段。これは韓国もそうだが、朝鮮人の性質そのものを表している。自分たちが全てを主導し実行しておきながら、相手に罪をなすりつけ、責任転嫁を図る。言い訳や弁明、詭弁はお家芸で得意中の得意。ありえない所業だ。
     これほどの大事件なのに、事実を歪曲して国民に伝え、マレーシア政府がすべて仕組んだと国民に説明する悪しき国家体制。独裁者による暗黒政治が21世紀に行われている錯誤は時代に逆行するばかりだ。
     私が政治問題を取り上げると、それにつられるかのように政治的な事件がいつも起きる。ジンクスは健在だ。

    2017年2月23日 (木)

    福島県民なら歌えるご当地CMソング

     街角でいきなり「続きを歌って」と無茶振りされても福島県民なら誰でも知っているご当地CMがある。長らく福島県民に愛され親しまれてきたものだ。逆に言えば、続きが出てこなければ、潜りとさえ怪しまれてしまうほど地元に愛されるCMソングと言える。
     では早速見てみよう
     1 ままどおる
       三万石が30年以上も前から制作し、流している愛情ソング。
      ♪「まま~まま~ままどおる~」 はい続きは?
      「ミルクたっぷりママの味~ まま、まま、ままど~る~」
     2 うすい百貨店
      ♪「しゃれたセンスのう・す・い~ 私のう・す・い~若さに溢れたうすい~ 
       オシャレなう・す・い~」
       はい、続きは?      
      「幸せ売ってるデパート~みんなのデパ~ト~
                    デートもうすい~夢のデパ~ト~」
     3 大七ハイセブン (45歳以上限定)
      ♪「君も一杯やらないか ハイハーイハイセブンこんなにうまい酒なんだ~」
     
       はい続きは? 「気楽にやろうよハイセブン~」
       
        実際のCMは動画サイトには公開されていません。 
     4 カメラの田中
      ♪「カメラのたなか~」 はい続きは?
       「田中チェ~ン~」
     5 赤トリ井
       ♪「ショッピング~は楽しい~」 はいこの続きは?
        「赤トリ井~」

     6 ヨークベニマル
       ♪「いち・に・さん、いち・に・さん」  はい続きは?
        「ヨークベニマル いち・に・さんの市~」
     7 ハワイアンズ
       ♪「行こう、行こう湯の国へ 行こう行こう ハワイアンズ~」
        はい続きは?
        「湯の国、湯の国、湯の国~ ハワイアンズ」

     8 いがらしの製めん
       ♪「は~るも喜多方~な~つも喜多方~」 はい続きは?
        「あ~きも喜多方~ふ~ゆも喜多方~」 
          実際のCM https://www.youtube.com/watch?v=B6R_4fIAXsw
     9 福島テレビハウジングプラザ
       ♪「春色の庭で~子ども達が遊び~ 明るい窓には 笑顔が映る~ 
          光あふれる~明日が~見える~幸せ育てる家を作ろう~」
        
       この続きは?
       ♪「福島テレ~ビ ハウジング~プラザ~」
        実際のCM https://www.youtube.com/watch?v=5LLGc5PVij4 
    10 こころネットグループ
         ♪「笑顔から溢れる幸せも~ 涙がこぼれる~悲しみも~
        この続きは?
      「出会いと別れの数だけある~心が動く瞬間なんです~その感動を分けて」

     人生を心通う「愛、偲、慶、慈」の4字で表すこころの仕事
     <福島県の懐かしいCM集>
      (うすい高感度アベニュー 原まゆみ 37分26秒から)
     
      https://www.youtube.com/watch?v=epmkZlO4eng
      (若い頃の浜中順子アナ、水津アナ、丸井郡山の天気予報など)
      <私が好きな県内のCM>
      こころネットグループ
     記事作成:2月10日(金)

    2017年2月22日 (水)

    乗り鉄必見の厳選映像集

     今日は「鉄オタ」が大興奮の珍しい映像を取り上げたい。旅行好きを自負する方でも、よほどタイミングがいいか、あるいは情報網を駆使して何か月も前から計画して前乗りしていないと、まずこれらの映像を撮り収めることは出来ないと思われるものばかりだ。
     ではその希少にして貴重な映像をどうぞご覧あれ!

     SL秋田こまちがE6系スーパーこまちと並走 

     SL秋田こまちがE6系スーパーこまちと並走 (SL側の車内から撮影)

     https://www.youtube.com/watch?v=o2PXEbdhom0

     https://www.youtube.com/watch?v=FZHvkJcFGnw

     こまち号から見たSL並走の映像

     https://www.youtube.com/watch?v=rGjnz9bs-aM

     https://www.youtube.com/watch?v=ZVPKeoErsDQ

     お互い乗客同士が手を振って並走するのが、なんか癒される・・・。

     SL同士の並走

     2007年9月22~24日にかけて、郡山~会津若松間にD51による「SL会津秋まつり号」が運転されました。そして会津若松駅では「SLばんえつ物語号」との同時発車・併走運転が実現しました。このの映像は、会津若松での同時発車・併走運転の様子です。

     つばさとSLの並走

     山形新幹線、新庄延伸10周年を記念して運転された、SLつばさ10周年号。陸羽東線、新庄~小牛田をC11が走りました。

     さよなら485系あいづ号 & SLばんえつ物語 会津若松同時発車・並走運転   

     左側:485系仙センA1・A2編成 団体専用臨時「さよなら485系あいづ号」郡山行き
     右側:C57180+12系 快速「SLばんえつ物語」新潟行き
     15時25分に、日本最後の国鉄色485系のフィナーレを飾るため、同時発車及び並走運転が会津若松駅付近にて行われました。

     主に昭和40年代頃まで活躍した蒸気機関車と昭和50~60年代まで活躍したクリーム色と赤のツートンカラーのJNR特急(通称:鉄仮面)の485系。ひばり号やあいづ号として東北本線や磐越西線を走った。

     踏切で目の前を通過したものは?

     たまたま停車した踏切り。目の前を通過したのはなんと・・・。いきなりこれが現れたらびっくり!踏切で止まって良かった・・・と思うことだろう。しかも2両連結のおまけ付き。

     雪で道なき線路を進む釧網線

     2013年正月の北海道、私にとっては初乗り入れの釧網本線。折からの荒天の中、線路も見えなくなるほどの冠雪をものともせず力強く走るキハ54の様子には興奮を覚えました。
     素人考えだとよく脱線しないで走れるものだと感動するとともに、逆に怖くなる。

    https://www.youtube.com/watch?v=RQ1Kxj4btr4

     485系先頭車両の解体の様子・・・

     ファンはショックだが、往年の名特急485系の解体の様子です。2016年8月3日に仙台から郡山総合車両センターに廃車回送されました485系A1A2編成の解体を日に日に可能な限り追って行きたいと思います。
     観るのも辛い画像集だが、私たちを乗せて目的地まで運んでくれた最後の姿を見届けたくて取り上げました。最後の墓場が我が街・郡山にある「JR東日本車両基地センター」で行われていたとは・・・。感慨無量だ。

     記事作成:2月12日(日)

    2017年2月21日 (火)

    飼い殺し球団、再び・・・

     小学生以来、長年に渡って巨人ファンを続けてきた私だが、毎年のように繰り返される金銭ばら撒きの大型補強には苦言を呈したい。かつても他球団のエースや4番打者ばかりを見境無くFAで獲得する体質は旧態依然で、今年はついに30億円もの巨額の費用を捻出し、他球団の主力を手中に収めた。

     45年間、巨人ファンを貫いてきた私だが、このやり方は解せない。言うなれば、物言わせての強奪であり、他球団の反感を買うのは必至だと危惧している。
     一方で、このような外人舞台でその場しのぎの野球ばかりを志向し、実行していては、若手は育たないし、これまでも鳴り物入りで入団してきた選手を使えず、飼い殺しにしてきた経緯がある。また、将来の4番候補だった大田をトレードで放出したのも痛い。たぶん、二岡や矢野のように、出場機会を得て、水を得た魚のように新天地の日本ハムで大活躍するに違いない。
     昨季、17.5ゲーム差をつけられて2位に甘んじた屈辱を晴らそうと、躍起になる気持ちもわかるが、選手の競争を煽り、初めからやる気を殺ぐチームの内情では結果は見えている。
     では、そう不安視する理由を明確にしよう。それは今年の戦力を見れば一目瞭然だ。一軍でも3チームくらい作れそうな顔ぶれが揃っている。三軍の選手であっても、他球団では即レギュラークラスばかりだ。
     <投手>
      先発候補      中継ぎ候補      抑え
     1 菅野       1 大竹       1 森福
     2 マイコラス    2 西村       2 マシソン
     3 田口       3 カミネロ      3 澤村 
     4 高木勇人    4 戸根
     5 内海       5 田原
     6 桜井       6 山口
     7 杉内       7 今村
     8 吉川光  
     9 宮國
    10 山口俊
     
     一体誰を使っていいのか悩むと思う。尾花投手コーチなら大丈夫だと思うが、これほどの顔ぶれなのだから、優勝を期待しないほうがおかしい。
     <野手>
       Aチーム         Bチーム         Cチーム
     
     1  陽     8     1 松本哲  8      1 重信       8 
     2 片岡    4     2 吉川尚  4      2 立岡       7
     3 坂本    6     3 クルーズ 6      3 橋本到・吉川大 3      
     4 村田    5     4 マギー   3      4 岡本和真   5
     5 阿部    3     5 亀井    9      5 中井・脇谷   4
     6 長野    9     6 堂上    7      6 寺内       6
     7 ギャレット 7     7 山本泰  5      7 柿澤       9
     8 小林誠司 2     8 相川    2      8 宇佐美     2
     
     他にも実松や藤村など一軍経験がある選手が豊富にいて層の厚さは12球団一。
     Cチームでも十分チームとして機能するはず。昨年は投手がいくら好投して抑えても、得点力不足により、勝てなかった投手が大勢いた。中継ぎが試合をぶち壊し、エース菅野の勝ち星を台無しにした例が5試合もあった。菅野は防御率でリーグトップだったのに、9勝でシーズンを終えてしまった。絶対に一桁勝利で終わる投手ではない。打線の入れ替えは何パターンも可能な人材がいるだけに、よく見極めて起用してほしい。
      また、鈴木尚の引退で代走のエキスパートは、俊足と堅守が持ち味のベテラン・松本哲と、2年目で早稲田出身の重信にかかる期待が大きくなる。かつて川相が犠打の達人、鈴木が代走のプロフェッショナルだったように、その道のプロを育てて欲しいと思う。
     とりわけ、この2つ以外に代打のプロの育成は必至。その中でも左投手対策が肝心。岡本にその大役を任せられれば良いのだが、出番を与え、実践を通して育てられるかが鍵。対戦投手のクセや決め球を見極めるだけの経験が必要だろう。そういう意味では、ここ一番の勝負強さが求められる場面では、ベテランの脇谷、柿澤の果たすべき役目も大きい。
     ところで、怖い話だが、昨季、ブラジルのサッカーチームが移動中の飛行機が墜落して選手の多くが犠牲になる痛ましい事故が発生した。これだけの陣容であれば、万が一何かあってもすぐに代わりがいるだろうし、故障者が出ても、その代役は十分すぎるほどだ。
     逆に言えば、これだけの顔ぶれを揃えて、優勝できなければ、監督初めコーチは即クビもやむなしとなるだろう。去年のV逸の反省からナベツネの肝いりで行った大型補強。果たしてチーム内にどういう効果をもたらすのか。吉と出るか凶と出るかは、今シーズンの見ものだ。

     また、心配な点を述べれば、杉内、内海、大竹、村田、阿部など主力の高齢化が進む一方で、若手が出場機会に恵まれなければ、本日のテーマの通り、苦戦する可能性は大だ。それにFAで巨人に移籍してきた陽が、いきなりの故障発生。なぜか巨人にやってくる外人部隊は出鼻を挫かれたり、故障続きで前チームのような活躍が出来ないジンクスに見舞われる。不思議なものだ。
     今シーズン、優勝を逃せば責任は誰がとるのかは自ずと答えが見えてくる。反発や不協和音が強いとは思うが、人を見分ける眼力に優れ、適材適所を熟知する落合博満が監督になれば、長期に渡って強い巨人を作れると思うのは私だけだろうか?
     もし高橋監督交代論が出るならば、桑田か吉村しかいない。間違っても江川、中畑を監督に推してはいけない。原監督復帰論もあるかもしれないが、今はまだ、その時機ではない。
     シーズン前に「たられば」は禁物だが、今年の巨人の布陣を見て、逆に旧態依然のやり方に不安を覚え、苦言を呈してみた次第だ。
     記事作成:2月8日(水)

    2017年2月20日 (月)

    長く世界を制したアスリートたち

     昔、当ブログで「その道の第一人者」というタイトルの記事を書いたことがある。各スポーツの競技ごとに、プロフェッショナルとして君臨し、その競技名を挙げればその人というような顔を紹介した。その際には、日本人限定だったが、今回は、長く世界を制したアスリートを競技別に取り上げたい。

     1 マルチナ・ナブラチロワ

      、チェコスロバキア・プラハ出身の女子プロテニス選手。ウィンブルドン選手権の大会史上最多優勝記録(9勝)、WTAツアーの最多優勝記録(シングルス167勝、ダブルス177勝)など、数々の歴史的な記録を樹立した名選手である。4大大会シングルス通算「18勝」はライバルのクリス・エバートと並ぶ女子歴代4位タイ記録。左利きの選手で、ネット・プレーを最も得意にしている。

     2 セルゲイ・ブブカ

     ウクライナの元陸上競技選手。男子棒高跳の元世界記録保持者で、 「鳥人」と呼ばれた。10歳で棒高跳を始め、ソビエト連邦の支援のもと幾度となく世界記録を塗り替えた。現役選手時代に世界記録を35回(屋外17回・室内18回)も更新している。
     1985年7月13日に世界で初めて6mを突破したのちも記録を更新、ブブカが保持している世界記録は屋外の6m14cmであった。

     3 中野浩一

     1977年から1986年まで世界選手権個人スプリント10連覇、特別競輪12勝(GP1勝、GI11勝)、賞金王6回(歴代最多)を達成している。2006年春に競輪選手出身者では初の紫綬褒章受章。血液型・B型 身長:172cm 体重:85kg。夫人は歌手の NAOMI(小久保尚美)。

     4 具志堅用高

     沖縄県石垣市出身。元WBA世界ライトフライ級王者。ニックネームは「カンムリワシ」。生来のサウスポー(ただし、書き手は右手)。ボクシングスタイルはファイタータイプ。血液型A型。トレードマークは独特のアフロヘアー(天然ではない)と口髭。
     1976年10月10日、山梨県にてWBA世界ライトフライ級王者ファン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に9戦目で挑戦し、KO勝ちで初タイトルを奪取。
     1980年10月12日には石川県金沢市に於いてペドロ・フローレス(メキシコ)を苦戦しながらも15回判定に降し、13度目の防衛にも成功した。

     5 ビョルン・ボルグ

     スウェーデン出身の元男子プロテニス選手。ジミー・コナーズ(アメリカ)やジョン・マッケンロー(アメリカ)らと並んで、男子テニスの黄金時代を築いた名選手のひとりである。全仏オープンに4連覇を含む6勝、ウィンブルドン選手権で1976年から1980年まで5連覇を達成した。4大大会通算「11勝」は、ロッド・レーバー(オーストラリア)と並ぶ男子歴代4位タイ記録。

     6 ジャック・ニクラウス

     1970年代、圧倒的な強さで「帝王」と呼ばれたアメリカゴルフ界のカリスマだった。以下は「GDOニュース」のプロフィールより抜粋。

     1959、61年の「全米アマチュア選手権」を制し、プロ転向したのは61年末のこと。翌年の「全米オープン」で初優勝を果たしたのを手始めに、メジャーで史上最多の通算18勝(マスターズ6勝、全米オープン4勝、全英オープン3勝、全米プロ5勝)をマークする。また、2位が19度、3位が9度という数字が“帝王”たる所以だ。80年の全米オープンでは青木功と死闘を繰り広げ、日本勢初のメジャー優勝を阻んだ。86年のマスターズでは46歳2か月で優勝し史上最年長記録を樹立。2005年にセントアンドリュースで行われた「全英オープン」を持って、キャリアにピリオドを打った。なお、チャンピオンズツアーでも全メジャーを制覇している唯一の選手でもある。

     7 マイケル・フェルプス 

     アメリカ合衆国の競泳選手。身長193センチ。体重91キロ。オリンピックと世界水泳 選手権の金メダリスト。2013年7月現在、100m、200mバタフライ、400m個人メドレーの世界記録保持者であり、“水の超人”イアン・ソープ(オーストラリア)に代わり、世界の頂点に昇りつめた「水の怪物」。自由形でも世界トップレベルの実力を誇り、一大会で複数の種目を制する体力を活かして、オリンピックメダル獲得数史上1位の記録も打ち立てた。史上最強のスイマーとの呼び声も高い。
     アテネで6個、北京で8個、ロンドンで4個、リオで5個の金メダルを獲得し総なめ状態。最強のゴールドホルダーだ。世界水泳でも金メダルを26個獲得しているから凄すぎ。

     何でもそうだが、「何かを極める」というのは大変なことで、しかも長らく世界王者に君臨するからには並大抵のことでは成し得なかったに相違ない。華々しいスポーツイベントで最高のパフォーマンスを披露し、世界記録を樹立したり、チャンピオンになるのは天賦の才能はもちろん、血の滲むような努力があってこそだと思う。我々は、そうした裏側の世界を垣間見ることは出来ないが、おそらくは相当の労苦があったと容易に想像がつく。
     今回の記事を通して、彼らの功績を称えると共に、彼らを手本とし、憧れて第二第三のスーパーアスリートが誕生してくれることを願いつつ、この記事を閉じたい。
     

     記事作成:1月23日(月)~2月10日(金)

    2017年2月18日 (土)

    昔話⑭ ~郡山のあの場所は今~

     昭和50年頃、私が小学生時分に遊び場だった駅前周辺が、ここ数年激変している。一世を風靡した建物やビル、店舗が次々姿を消し、かつての経済県都としての商業都市の面影は駅前周辺には無くなり、寂しい限りだ。昭和50年代にあった有名スポットが、今はどう変わったかというテーマで今回はお送りしたいと思う。

     1 郡山中央スケートリンク
     
      昔の画像や写真は一切残っていないし、ブログ等で掲載している方も少ない。今はビ
     ッグアイの西向かいの三共郡山ビル(北館)がある辺りだ。入口から入ると、まっすぐ進
     めばスケートリンク場(貸し靴ロッカーなど)で右側の鉄製の階段(よくマンションの外付
     けにあるようなスチール製の非常階段)を半2階ほど上がると、一列しかないベンチつき
     の観客席の通路があって、そこから真下で滑っている人たちをガラス越しに見学できた
     ものだ。リンク自体は狭くて、テニスコート一面分くらいしかなかったと思う。娯楽が少な
     かった時代なので、駅前でこの施設は、逆に若者にとっては有難かった。その見学でき
     る通路も寒くて長く居られなかったと記憶している。
               40年前の駅前                現在の駅前

    Ekimae1Sanko

     中央スケートリンクがあった方面を撮影した画像です。

     2 丸井郡山
     
      空洞化により駅前に長らく空きビルとして放置されていたが、2年ほど前に再建策が
     まとまり、東京資本のダイワロイネットホテルが土地を買い取り、建設が始まった。駅前
     には信じられないほどのホテルが林立しているが、平日は予約がとれないほど満室らし
     い。
      アパホテル、大八、ワシントン、シティホテル、ビューホテルアネックス、α1、コンフォー
     ト、ドーミーイン、ホテルロイヤル、プリシード、東横インなど過当競争気味だが、それで
     も満室というから凄い。
      ここへ来て駅前の一等地に新築されるこのホテルはビジネス系で一泊6,000円程度
     の安さなので、利用者は多い筈だ。
          10年前の丸井           現在の旧丸井跡地
    MaruiDaiwa_roinet
     ホテル誕生に水を差して申し訳ないが、丸井時代にここの屋上から飛び降り自殺があったし、またここの工事中に人間の遺体が出てきた話は事実だ。そこを都市型ホテルって、心霊スポットや都市伝説になりそうだ。昭和の頃、西友、丸光の屋上から、平成20年代にも駅前の全国チェーンのホテルでもカップルが飛び降り自殺しているので駅前は稀に見るミステリースポット化している。
     
     3 丸光百貨店
     
      今年2月初旬に、旧丸光百貨店があったエリートビル42(通称朝日生命ビル)が解体
     されるニュースが飛び込んできた。かつては地下にあった食品売り場やラーメン屋で買
     い食いした想い出があるし、エレベーターが珍しい時代に、木製ヘリボーンタイル張りの
     フロアの7階おもちゃ売り場もよく訪ねたし、屋上の回転遊具やスマートボール型ゲーム
     機で遊ぶなど慣れ親しんだ場所だけに、少年時代の想い出が染み付いたスポットとして
     残して欲しかった。
             昔の丸光                   現在の旧丸光

    Marumitsudepart

      4 第一うすい、第二うすい(百貨店)
     
      第一は中町中央パーキング、第二はリニューアルしたうすい百貨店となって改築され
     た。一時期は高級志向が災いし、客足が遠のき、経営難に陥ったが、三越の支援を受
     け、再建された。今では7階ワンフロアにジュンク堂書店が入り、十分楽しめる仕様とな
     った。
        
           昔の第2うすい                現在のうすい
    Usui1Usui2
     
     5 ダイエー(トポス)
     
      郡山駅前周辺に数多くの駐車場を構える「三井のリパーク」に生まれ変わった。高架
     橋で本館と別館をつなぐほど、巨大スーパーだった敷地を利用し、これまた巨大駐車施
     設が誕生した。
                  30年前のダイエーの様子
     
              FCTのニュース映像より
     現在は・・・・

    Repark

     あの広大な敷地全体を平面駐車場に

     6 東北書店
     
      ここも郡山一の蔵書数を誇る書店だった。市民のオアシスとして、待ち合わせや駅前
      などの飲み会までの時間つぶしによく利用した。確かフロアごとに書の種類が異なり、5
     階くらいまであった。奥に向かって細長い売り場だった。
      ここも昨年、ダイエーと同様、リパークに吸収された。

         20年ほど前の東北書店(左がアーケード入口で右が西側の裏口)
    Touhokusyoten Tohokusyoten2
     
     7 津野デパート
     
      銀色のパネルの外壁で、ここは呉服呉専門店という位置づけだった。昭和の時代に閉 
     店し、今では「ホテル第一イン」として改築されて使用している。
     
         50年前の津野本店           現在の旧津野本店の跡地

    TsunoDaiiciiin

     8 山ノ井(山乃井)
     
      かつては雑貨屋、文具など多種多様な店が同居していた。内部がL字型にドッグレッグ
     していて、床が土間であり、照明がやたら暗かった想い出がある。中央通側と、駅前大
     通側の両方に出入り口があった。その後、改築し、エスカレーター完備の近代的ビルに
     生まれ変わり、「カルチャーセンター」として多彩なスクールを開業した。

    Yamanoi_2Cyuou_st_r

     左上の写真は「郡山商工会議所」のHPより引用させて頂きました。ここでの想い出は、漫画を描くのに、インクやケント紙、羽箒、ペン先、スクリーントーンなどを買いに行ったことだ。私は金遣いの荒いバカ息子だった。

     9 郡山東宝
     
      かつてゴジラやモスラなどの怪獣映画を上映した映画館があった。今では富士館ビル
     として雑居ビルになり、飲み屋街となっているが、その前は「ワタナベスポーツ」だった。
     その数軒隣りには、よく父親に連れて行ってもらったが、県内初の回転寿司だった「元禄
     寿司」があった。こちらも暗くて狭くて細長い店だった。
                                                  
    Acade1
     
    10 映画館ストリート(駅前アーケード界隈&2丁目周辺)
     
      アーケードにあった大勝館やスカラ座、テアトルなどが犇めき合っていた。もっと昔には
     駅前に松竹や大映などの映画館もあったと聞く。パレス系は駅前に「東映パレス」や「洋
     画パレス」、「パレス1、2」などの映画館を所有していたが、庶民の娯楽が映画だった古
     き佳き時代だった。
      ロマンポルノの殿堂だった大勝館も2009年11月をもって閉館し、今は駐車場。そし
     てスカラ座は現在、第2増子ビルで、居酒屋「まめ膳」などが入る雑居ビルになった。  
      ほかにも駅前大通沿いにあった佐藤書店、少し離れるが、清水台の八幡坂にあった
     叶屋書店、ピカデリー郡山(ライブハウスになっていた時期あり)、染本ホテル(現在駐
     車場)があった。また、堂前には「郡映」という、まるでほったて小屋のような入口の映画
     館もあった。私はピカデリーでスターウォーズ第一作、郡映でキングコングを観た。
                                                            
    Taisyoukan
     
    11 角海老
     
      昔の郡山市は凄かった。市街地の一等地である駅前大通りと中町商店街への入口と
     なる中央通りの角、つまり現在、郡山ビューホテルアネックスが建つ場所に焼き鳥屋が
     あった。その名は「角海老」。近くを通ると食欲をそそる焼き鳥の香ばしい香りと煙が漂
     っていた。何を隠そう、そこの外国人を思わせる風貌のべっぴの娘・Oさんと私は中学生
     の頃、同じクラスだった。現在は移転し、安積黎明高校の南向かいに建つ、立派な塀構
     えの高級割烹料理の料亭「京香」になっている。
      「角海老」は、郡山では知らない者がいないほど有名店で、明治17年創業の老舗。今
     では郡山唯一のスクランブル交差点のある繁華街にど~んと店を構えていたから凄
     い!専門は「すき焼きと牛鍋店」ということだが、私の印象では「焼き鳥専門店」という
     認識だった。
      時代を越える味とおもてなし
      「京香」のHP= http://www.kyo-ka.jp/about.html 
     
     
    12 旧三森峠
     
     世の中、私と同じことを考えている方々はいるもので、今はトンネルで便利になった「県道6号郡山湖南線」。通称三森峠だが、今から20年以上前に新道が開通し、ヘアピンカーブが連続した旧三森峠と山頂部にあった旧三森トンネルは閉鎖された。その後、20年ほど時が経過し、6年前には未曾有の大震災に直面した。おそらく土砂崩れや草木の増殖により、道路も寸断され、トンネルまでは足を踏み入れられない状況に陥った筈だ。
     当時、私は会津に1年間住んでいて、この峠を通ったり、スキーの帰りに、あるいはバイクで何度も走行した想い出が詰まった場所だった。特に頂上部にあったトンネルは暗くて不気味。心霊スポット化するほど不気味な所だった。そこの広場からは郡山市街を一望でき、夜は夜景も楽しめた。またトンネルの上には、遺跡の発掘を記念して、縄文式住宅を再現した「古代の村」もあったし、黄色い建物の「峠の茶屋」も存在した。団子が名物だったらしい。
     ここを最近、歩いて山を登り訪れた方がいた。やはり、閉鎖後、どうなっているか気になったのだろう。閉鎖前までは、皆、この勾配がきついクネクネ道を必死で登ったに違いない。想い出がいっぱい詰まった生活用道路だったに違いない。では、その方のブログと映像をどうぞ!
     
     
     なんと旧三森峠トンネルは埋め戻されていた。おそらく、心霊スポット化して、訪問者が訪れるのを恐れた市が業者に頼んで土で塞いだのだろう。もし肝試しで訪れて、土砂崩れや落石で怪我や死亡すれば、まず発見されないだろうし、熊に襲われれば一巻の終わり。また、滑落でもすれば行方不明となってしまう。だから懸命な措置だと思う。
     ついでに昭和45年の郡山の映像もおまけに見てください。三森峠は 3分15秒から登場します。
     
     
     さて、半世紀前に思いを馳せれば、「あそこに昔○○があったなぁ~」とか、「あの店の人は今どうしているかな」とかいろいろな感慨が去来する。それだけ長く我が街・郡山に暮らし、愛着が湧いたということだ。若い頃は、こんな田舎から出て東京で暮らしたいと思っていたが、震災を契機に、さらに地元愛が深まった。東京は年に数回遊びに行く場所であって、土地や物価は高いし、隣りに住む人の名前も知らないなど人間関係が希薄で、地方出身の身からすれば人が住む場所ではないと悟った。
     今後も、こうした地元の話題を続々提供する予定ですので、ぜひ懐かしんで欲しいと思う。
     
     おまけ
     
     こんな記事を書いた途端、残念な知らせが届いた。
     2月12日(日)に昔から行きつけの理容所に行ったら、いつも置いてある「街こおりやま」が、この5月を以って、その役目を終えたという理由で、廃刊になることがわかった。郡山の歴史や人など様々な情報を掲載し、地元密着型で親しまれた老舗タウン誌だった。昭和50年の創刊以降、昨年、500号を迎えたばかりなのに、この報に残念がる市民も大いに違いない。
     以前、当ブログで、郡山にあるタウン誌を特集した記事を書いたが、まさかの老舗人気タウン誌がその役目を終え、自らの意思で廃刊を決めた。郡山の歴史や昔の写真など、当ブログも参考にする点が多々あったので、心から感謝し、ご苦労様を言いたい。

    Img_1298_1r

     記事作成:2月10日(金)~12日(日)

    2017年2月17日 (金)

    2017年ぶらり旅②

     今年初の旅行。今回は仕事の同僚5人での「男旅」。平日に休暇をとり、一泊二日で「伊勢志摩」往復の強行軍。本来ならば二泊したいところだが、まとまった人数が一片に休暇をとるのはこれが精一杯だった。予算は約6万円だが、実にもったいない。
     ところで「伊勢神宮」がメインの今回の旅だが、私個人は二度目の訪問となる。しかし、前回は高校合格を兼ねて今は亡き父親と行って以来で、37年も前の出来事のため、一切合切忘れてしまっていた。数年前、伊勢志摩サミットの会場となり、あの美しい風景に魅せられて、一度はあの美しい海を見てみたかった。もしかするとレンタル竿を出す時間があるかもしれない。美しい風景の観光と夜の宴会が楽しみのプランとなった。

     予定

     2月16日(木)

     郡山ー東京ー名古屋ー津ー鳥羽~レンタカーで移動(カキ食べ放題)ー 鳥羽展望台ー

     一番街(買い物)ー鳥羽 (宿泊)

     2月17日(金)

     鳥羽ー伊勢市ー伊勢神宮(外宮・内宮・おかげ横丁)ー名古屋ー東京ー郡山

     この模様は、旅行から帰宅後、編集が終了次第、再度公開したいと考えています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     2月17日(金) くもり→晴れ→小雨

     5:30起床 結構旅に来た中では眠れた。トイレ出ず
     5:35~6:10 朝風呂へ O氏が露天風呂にいた。マッサージ機で寝ていたところを I
        氏に起こされたらしい 三重県は福島より西にあるため、日の出遅い 
        曇っていて海から上る朝日拝めず残念。ラウンジのドリンクは飲めず・・・。
     7:10~7:50 朝食バイキング メニュー異なる。でもGOOD!納豆もある ウィンナー
        帰り際、マッサージ機10分かける 集合時間間に合わず、途中で切り上げる
        WCやっと出る 喰いすぎて間違いなく太る 湿布貼る

    Img_1397_r Img_1398_r
    Img_1399_r Img_1400_r
    Img_1401_r Img_1402_r
    Img_1403_r Img_1404_r
    Img_1406_r Img_1409_r

     8:30 ホテルから送迎バスで出発 満員状態 なんと大漁旗を振ってお見送り
     8:38 鳥羽駅着 赤福は賞味期限は3日 売店に「伊勢もち」あり 土産に良い

    Img_1410_r Img_1411_r
    Img_1412_r Img_1415_r
    Img_1416_r Img_1417_r

     8:57 鳥羽駅発 近鉄急行 独特な色 黄色に青いライン 330円 意外と遠い
         座席は横並び

    Img_1418_r Img_1419_r

     9:22 伊勢市駅着 I 氏もFTVの寺本アナに癒されている 徒歩で500m参道を歩く

    Img_1420_r Img_1421_r
    Img_1423_r Img_1425_r

     9:36 外宮(げくう)へ 交差点手前から木の良い香り。ここは左側通行の表示
         37年振りの訪問。前回は亡き父親と家族旅行で来たが、写真を見てもまったく思
         い出せない 久しぶりの再訪でも思い出せず。それもその筈、37年前は伊勢神宮
         ではなく、「熱田神宮」を訪れていたことが後日判明 したがって今回が初訪問だっ
         た
         各鳥居で立ち止まり、拝礼。木立の中を進む。時々大木に触れ、自然の恵みを浴
         びる。森羅万象を全身で感じ取る しかし、上を見上げると、なぜか樹木のてっぺ
         んに避雷針が・・・。総本山の伊勢神宮でも落雷多いとは
         正宮でお賽銭100円投げ入れて拝む。ついいつもの癖で、合掌すると心の中で
         「南無阿弥陀仏」と唱えてしまう・・・。罰当たりが!
         20年に一度遷宮。前回37年前は遷宮前。4年前に建て替え。白い玉石の広場に
         前回の正宮跡があった。警備員に参拝順を聞く ここでは御守り買わず F主任は
         信心深いことが判明

    Img_1426_r Img_1427_r
    Img_1428_r Img_1430_r
    Img_1433_r Img_1434_r
    Img_1435_r Img_1436_r

    10:00 石段登って多賀の宮100円、小銭なくなり土宮3円、風宮100円 鳥居有無
         曇り空が晴れ間 青空のぞく 写真撮影ダメな場所あり(正宮と巫女は×)

    Img_1438_r Img_1440_r
    Img_1443_r Img_1444_r

    10:33 バスで3.8km離れた内宮(ないくう)へ向かう。途中、乗車客いないのに博物館
         を周回。無料のガイド冊子貰い忘れ 整理券取り忘れる。運転手親切。逐一アナ
         ウンス「曲がります」「止まります」「動きます」など。モニターには映像で観光案内。
         英語、中国語、韓国語で流れる。バス代430円

    10:53 内宮前 やはり遠かった・・・。こっちのほが広い 橋は右側通行(外宮と逆)
        広い日本庭園風に松の木があちこちに 開放感あり 宮内庁?日の丸が掲揚して
        ある。マッサージ機の揉み返し?肩こりや左の足の脛が痛む。出発が遅れたため、
        予定よりすべて1時間遅い。焦る。着物美人集団。本日は祭事?テレビクルー
        正宮前大混雑。列を成す。神物を担いだ神主2名が通過 その先に簡易祭壇 
        手をかざすとパワーを感じる。静電気のような・・・。正宮の人の列に並ぶ 石垣に
        登ってM氏が注意される。石段から先は写真ダメ。
        幸運にも神主が15人程度、祝詞を挙げる儀式 正殿の内部も見える 白基調 
        大麻のしめ縄は見られず。帰り道は外人だらけ 団体客?

    Img_1446_r Img_1447_r
    Img_1448_r Img_1449_r
    Img_1450_r Img_1451_r
    Img_1452_r Img_1453_r
    Img_1454_r Img_1455_r
    Img_1456_r Img_1459_r

    11:25 御稲御倉、荒祭宮、外幣殿
        白の鈴がついた招福の御守りを1,000円で購入 可愛い巫女となり
        あと1時間で伊勢市駅発の特急が出発。川越の小江戸を思わせるストリートへ
        瓦の江戸時代を彷彿させる店構えが30店は軒を連ねる。人だかり。竹下通り並み
        外人も多い。おかげ横丁まで 赤福本店で760円の8個入りを3箱(2,280円)
        平日なのに人だらけ 時間足りず、おかげ横丁は太秦映画村のセットみたい
        写メのみ。5分も見られず残念
        「伊勢角屋麦酒」で550円の神都麦酒を注文し店先で飲む 小雨降り出す
        「五十鈴川」で松坂牛天420円食す。早足でタクシー乗り場へ

    Img_1460_r Img_1461_r
    Img_1463_r Img_1464_r
    Img_1466_r Img_1467_r
    Img_1469_r Img_1471_r
    Img_1472_r Img_1473_r
    Img_1474_r Img_1475_r
    Img_1476_r Img_1477_r
    Img_1478_r Img_1480_r
    Img_1481_1r Img_1482_r
    Img_1484_r Img_1485_r

    12:22 内宮発 M氏とタクシーへ伊勢市駅へ 1,590円 
         売店で駅弁なし 伊勢エビせんべい2袋 1,080円
    12:35 伊勢市駅着 ホームのファミマ売店で土産購入。真珠の月648円と伊勢もち
         648円で購入。Tポイントカードが財布に瞬間接着剤のせいでくっついて剥がれ
         ず。焦るが、女性店員優しく待ってくれる。こっちの人は人当たり柔らかい 腰低い
               近鉄は変わっている。近ツーの切符はクーポン券のように大きい。特急の名称無
         し。
    12:54発 近鉄特急で名古屋駅へ向かう 2号車5A ひとり席。今回はずっと窓側の席
          途中から太ったおばちゃんが隣りに 名古屋まで特急でも時間かかる 遠い

    Img_1487_r Img_1488_r

    13:09 松阪、13:16伊勢中川、13:27津、13:37白子、14:00桑名

    Img_1489_r Img_1490_r

    14:17 名古屋駅ガス掛かっている視界悪い とっさに黄色い近鉄カラーの先頭車両を
         撮りに行くがピンボケ。仮面ライダーみたいなマスク。乗り換え 名古屋駅構内、人
         がごった返し 新幹線改札口のデリカステーションという売店で遅い昼食の味噌カ
         ツ弁当と東海道お茶じまんで1,031円。共同出費からの支出
         ホームで大食漢の I 氏の提案で「住よし」で立ち食い えび天きしめん720円
         共同出費から ホームのベンチなどここは赤福一色

    Img_1492_r Img_1493_r
    Img_1491_r Img_1495_r
    Img_1496_r Img_1497_r

    15:03 名古屋駅発のぞみ364号 700系 ひっきりなしに新幹線が発着 4号車6番E 
         窓側 O氏が隣りに くもり空 さっききしめん食べたのにもう I 氏が味噌カツサンド
         喰う O氏と話ししているうち時間の経過早く感じる くもり空 東海道新幹線窓小
         さすぎる
    15:27 浜名湖通過 ワゴンサービスの女の子可愛い
         車内ニュース 作曲家の船村徹が84歳で死去 関東・北陸で3日遅く春一番 
    15:31 豊橋駅通過 駅前に凸型のシティホテル
    15:57 富士山、分厚い雲に覆われて裾野部分しか見えず スマホで雲の位置確認
         関東平野、雲全く無しの情報通り、小田原から青空晴れ間 東京は今日20℃超
         新横浜・品川停車 ビルの隙間からやっと東京タワーが見え隠れ

    Img_1498_r Img_1499_r

    16:43 東京駅着 乗り換え 名古屋駅よりも凄い人並み、よくぶつからない
         原敬暗殺現場のマーク、ここにはなし。遠回りして東北新幹線改札
         17:00発の予定が強風で5分遅れのアナウンス

    17:05 東京駅発 やまびこ149号 7号車11D O氏に窓側を譲る 遅れを取り戻すた
        め通常より速い 郡山では定時に戻るのアナウンス。味噌カツ食べる、食べるの早
        いことがバレる スマホで随時現在地確認
        4氏ともに家に旅行内緒。仕事で出張と偽って家を出ている・・・。     

    Img_1500_r Img_1502_r
               Img_1501_r

    18:09 新白河駅通過
    18:19 郡山駅着 結局1分遅れまで取り戻す 改札口で解散後、通路で親戚の伯父さ
         んとバッタリ 飲み会の途中だと。O氏と別れ、MOLTYの4F男子トイレへ駆け込
         む。何とか出す 連絡通路に戻ると再びO氏とバッタリ 一緒に三井リパークへ
         こっちは寒い 午後から再び冬型で気温下がる
    18:37 P発 本当に丸2日間駐車して1,400円
         家内の実家に立ち寄り、赤福を届ける
    18:53 帰宅

     デジカメバッテリー2日間192枚も撮影して1本目のバッテリーのメモリひとつも減らない快挙 喰い過ぎで腹膨れる また太る

     総括

     雨男・雪男の私を凌ぐ晴れ男2人のおかげで最高の天気でシチュエーションも完璧だった 37年前に訪れた伊勢神宮の記憶は蘇らなかったが、日本人ならここは訪れて正解 神聖な気持ちになった 一泊二日の強行軍だったにもかかわらず、充実した旅行だった

     支出合計

     旅行会社への支払い 51,230円

     その他 共同出費より 約 7,521円
           個人支出分  約 7,510円     総額 約 66,261円

     

     追記(2/20 月)

     私が中学卒業後、家族旅行で訪れたと思っていた「伊勢神宮」は、実は名古屋の「熱田神宮」だったことが判明。したがって、37年振りの再訪ではなく、初めてだったことがわかった。たぶん三重県を訪ねたのはこれが最初だと思う。

     

     

     

         

     

     
     
         

     

    2017年2月16日 (木)

    2017年ぶらり旅①

     今年初の旅行。今回は仕事の同僚5人での「男旅」。平日に休暇をとり、一泊二日で「伊勢志摩」往復の強行軍。本来ならば二泊したいところだが、まとまった人数が一片に休暇をとるのはこれが精一杯だった。予算は約6万円だが、実にもったいない。
     ところで「伊勢神宮」がメインの今回の旅だが、私個人は二度目の訪問となる。しかし、前回は高校合格を兼ねて今は亡き父親と兄と行って以来で、37年も前の出来事のため、一切合切忘れてしまっていた。数年前、「伊勢志摩サミット」の会場となり、あの美しい風景に魅せられて、一度はあの美しい海を見てみたかった。もしかするとホテルでレンタルして釣りが出来るかもしれない。加えて美しい風景の観光と夜の宴会が楽しみのプランとなった。

     当初の出費

     交通費、宿泊費、レンタカー 計51,230円

     予定

     2月16日(木)

     郡山ー東京ー名古屋ー津ー鳥羽~レンタカーで移動(カキ食べ放題)ー鳥羽展望台ー

     二見浦(夫婦岩)ー鳥羽 (鳥羽グランドホテル宿泊)

     2月17日(金)

     早朝レンタル竿で釣り 

     鳥羽ー伊勢市ー伊勢神宮(外宮・内宮・おかげ横丁)ー名古屋ー東京ー郡山

     この模様は、旅行から帰宅後、編集が終了次第、再度公開したいと考えています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     2月16日(木)快晴

     前日から天気予報が最高だった。気温が上昇し14℃の春らしい予報。着るもので迷う。

      5;25 起床
     6:15 自宅発 喜久田街道経由 車載温度計では-1℃ 道路はガラガラ
     6:23 三井リパーク(市営西口Pの北側)ここだと1泊700円
          寒い中、歩いて2Fデッキを500m歩いて駅方面へ 途中でジャケットの左ポケッ
         トに携帯がないのに気づく
     6:30 集合場所の新幹線改札口 自宅に公衆電話で確認するが無いとの返答 20円
         車内かもしれないと急いで戻る 通学の学生と遭遇 助手席にあった
     6:50 改札で他の3人と合流 その後ひとり来る 5人中、4人がズボンの色かぶる
         帯同者F(主任)、I、M、O なんと主任も携帯を忘れ、途中で自宅へ引き返した
         改札の中のコンビニで151円ペット茶
     7:04発 やまびこ204号 7号車5E(窓側)主任の隣り 大島てるの事故物件の話
          電車遅い 各駅停車 天気は快晴 大宮近辺から遠くに富士山が見える

    Img_1304_r

     8:37 東京駅着 乗り換え
     8:47発 のぞみ309号 16番ホーム 4号車12E のぞみは初めて 
          品川・新横浜停車 のぞみは20列で18両編成 1両あたり100名定員 
         前のシート空間 でも東海道新幹線は窓が小さくて車内も汚い 幹事から旅行パ
         ンフ 予習  静岡で目の前に雪をかぶった富士山がくっきり綺麗 大井川渡る

    Img_1305_r Img_1308_r
    Img_1310_r Img_1313_r

    10:10 浜名湖通過 ずっと主任と話し。転勤?名古屋まで速い。定刻通り 
    10:28 名古屋 乗り換え ここでハプニング 皆、てっきり近鉄だと思ったら、JRだった
         乗り換え9分で、残り1分で近鉄の改札口にいる。駅員に切符見せてJRだと知る
         ダッシュで戻り、あと30秒遅れていたら乗り遅れていた
    10:37 名古屋駅発 快速みえ5号 1号車9A 今度は I 氏の隣り この路線は単線
         快速でも遅い。通過待ちも多くい。共同出費分1万円を幹事に渡す
         桑名、四日市などに停車 車掌、切符点検。丁寧な応対
         ディーゼル車のため、音がうるさく揺れる 日差し強く眩しい

    Img_1315_r Img_1316_r
    Img_1319_r Img_1318_r

    11:18 鈴鹿  津

    Img_1320_r Img_1321_r

    11:59 松阪(まつさか)駅 遅れる 周囲は都会で田んぼあっても牛はいない

    Img_1324_r Img_1326_r

    12:20 伊勢市駅で4両編成の後ろ2両を切り離す 指定→自由に
    12:26 伊勢市駅発 8分遅れ

    Img_1327_r Img_1331_r

    12:50 鳥羽駅着 駅の北隣のニッポンレンタカーへ 免許証コピー渡す
          ガンメタのホンダステップワゴン I 氏が運転

    Img_1329_r Img_1330_r
    Img_1332_r Img_1333_r

    13:08 スーパーハローへ 同僚たちと新年度の仕事の役職の話 俺、主任?
         ノンアルやビールなどを買い込む パールロードを南下
    13:22 牡蠣食べ放題の「山安水産」へ 野外で煙バンバン炊いている 道路沿いの
         砂利駐車場が会場 丸善が満席で予約取れず、急遽ここへ
         ガスの席へ。2手に分かれて食す ノンアル2本で我慢  
         好きなだけ山盛りのテーブルから籠に入れて持って来れる 牡蠣入り味ご飯と
         牡蠣の味噌汁は1杯ずつ
         軍手でトングを使って自分たちで焼く 有名人の色紙多数。大学生のグループ
         客は50人ほど 三重テレビのクルーが取材撮影。アナウンサーと思しき女性が
         リポート 近くの客たちにもインタビュー 貝殻の壁。ひとり50個は食べる
         突然爆音と共に牡蠣の口が開きはじけ飛ぶ危険。火傷する
         女子アナ気になって仕方ない スマホで調べて貰うが、載っていない 記者か?
         カメラ、音声、女性ディレクター、AD女性、女子アナの5人組
         美味しいし満腹 他の3人は飲み過ぎ 500mlを10本開ける。90分満喫

    Img_1334_r Img_1336_r
    Img_1337_r Img_1342_r
    Img_1344_r Img_1347_r
    Img_1348_r Img_1349_r
    Img_1350_r Img_1351_r

    15:14 「山安水産牡蠣小屋」発 パールロードへ 峠道 時々海岸線 ぽかぽか陽気
               ナビで確認しながら行くが道間違えた?展望台なかなか表示されず

    Img_1354_r Img_1355_r

    15:31 右折して鳥羽展望台へ 200m先の東屋(展望台)へ 眺望抜群 青空で波も
         穏やか。海の青さが際立ち、海岸線も遠くまで望める絶好のロケーション
         レストハウスの展望台からは富士山も望めるが、この日は見れず。晴れ男多い
         磯場多く、釣れそう。マジで釣りやりたい・・・。

    Img_1358_r Img_1357_r

    Img_1364_r Img_1362_r

    15:56 鳥羽展望台発 運転俺に代わる。スピードアップ。17時までに車返す
         県道合流三差路でどこ行くか相談。二見ヶ浦の夫婦岩へ向かう。飛ばす
                牡蠣小屋の前を通過したらまだ大学生食っている 3時間以上?

    16:20 鳥羽駅前通過 ステップワゴン、信号停車時、自動でアイドリングストップ
    16:32 民宿潮騒のPへ 土産無く、車を移動。目の前の鳥羽水族館のPへ
         1回200円 一番奥に駐車し、歩いて海岸端の遊歩道へ 鳥居潜って徒歩
         500mほどで夫婦岩へ 遊歩道の目と鼻の先に岩。しめ縄で繋がる
         帰りは砂浜を歩く レンタカー返却まで時間なくすぐ出発

    Img_1365_r Img_1366_r
    Img_1367_r Img_1371_r
    Img_1373_r Img_1376_1r

    16:57 鳥羽水族館発 戸田家のレトロバス 駅方面へ入れず かっぱ寿司の駐車場を
        ショートカットするがダメ 次の信号を右折して狭い側道へ
    17:11 ニッポンレンタカーへ 女性社員が到着を待ちわびて待っている
         走行距離51km GS寄れず距離計算で700円 F氏
         鳥羽グランドホテルの送迎用のバスがすぐに来る。しかしここでもトラブル
         O氏がF氏、俺に続いて携帯行方不明。車内に忘れたと思い、焦ってレンタカーへ
         しかし、ワゴン車もう移動済。社員同士連絡取り合い、ホテルに届けてもらうことに
         送迎バス満員に近い 野球部?坊主頭のグループ数名乗り込む
         海岸沿いを1kmほどでホテルへ 最後、急こう配の狭い登坂

    17:40 鳥羽グランドホテル着 フロント前のラウンジ全面ガラス張りでオーシャンビュー
         フロントで釣り具レンタルの件訪ねるが、魚の活性悪く釣れないのでお勧めしない
         やる気失せる
         ウェルカムドリンク(オレンジ・ウーロン茶・アップル)ワインやお酒も1杯は無料
         女性はカラフルな浴衣を無料で選べる ホテル内は迷路みたい
         フロントがすでに5Fで、5~8階までと1~5階のエレベーターは別
         713号室 O氏、M氏と3人部屋(いびきうるさい3人で同部屋)海側
         廊下の反対側、怪しい部屋3~4個 畳の和室旅館風
         すぐに壁の絵の額の裏にお札貼っていないか確認 大島てるには何も無しを事前
         にリサーチ済 フルーツ無料 エビせんべいも 夕方の地元のニュースチェック
         三重テレビで牡蠣小屋のニュース流れず・・・。でもアナウンサーめちゃ可愛い

    Img_1377_r Img_1378_r
    Img_1379_r Img_1381_r
    Img_1382_r Img_1380_r
    Img_1391_r Img_1383_rImg_1387_r Img_1389_r

    18:15~18:44 浴衣に着替え、2階の風呂へ 一応温泉 ガラガラ 露天風呂あり
         しかし、露天風呂が一度裸のまま通路を30m歩いて移動しなければならず寒い 
         バブル風呂もあるしラウンジ近くにマッサージ機と水槽があるフロアにマンガも
         海上に浮かぶ3つの島がホテルからのサーチライトで浮かび上がる
         部屋に戻ったら18:46

    19:25~20:30 4Fの夕食会場へ バイキング種類が豊富
         刺身5回、生寿司食べ放題、松阪牛、エビ天ぷら、ゆで牡蠣、浜焼きなど食べ過ぎ
         アイスも3回+1,500円 1時間飲み放題 ビールは飲めず トイレで出ない
         モニタリング見ながら酒盛り ビール 雑談 うとうと

    Img_1392_r Img_1393_r
    Img_1394_r Img_1396_r

    23:00 知らないうちに寝入る

      この日は移動がメインだったが、新幹線速い。天気が最高で、景色抜群。料理も最高
    釣りは断念したのが残念だが、仕方ない。明日の天気は伊勢神宮に参る午前中はくもりだが、午後から前線が降りてきて寒くなる。そして雨模様。午後から雨なら電車移動だけなので問題なし。

     <参考>

     鳥羽グランドホテルのHP→  http://jgh.jp/

    2017年2月15日 (水)

    旅の記録のまとめ方

     皆さんは旅行に行った時、旅の思い出をどんな形で残していますか?デジカメで撮ってSDカードに保存してそれっきり?アルバムに写真を貼って、たまにそれを懐かしんで見返すくらい?
     せっかく手間暇かけて旅行プランを練り、実行し、「あ~楽しかった」では後に残らないのではないでしょうか。
     ここで何をした、何を食べた、何が起きた、誰かと出会ったなど特別な出来事が他の旅行とごちゃ混ぜになってしまうのではないでしょうか。

     最近、自分で工夫を凝らしてトラベルノートや旅行記(紀行文)を書いたり、ブログに残す人が増えた。次回行く際に、所要時間や費用の参考になるし、それらを第三者が見て、旅の計画を立てる際の模範にできたりする。訪問地の名物やご当地グルメ、観光名所、穴場などをリアルな情報として共有できるのも嬉しい。
     参考になるかどうかはわからないが、今回の記事は、私が行っている旅行の記録方法を紹介したい。
     あまりにも細かいため、他人から口を揃えて「マメだね~」と皮肉っぽく言われることもしばしだが、私自身は高校時代の修学旅行で、提出課題となった「紀行文」において、高評価を得て以降、それに味を占め、その執筆を35年も継続して行っている。その間、紙ベースからデジタル保存形式に媒体が進化してはいるが、「旅行の記録」だけはこと細かく記録する事にしている。

     せっかく出掛けた未知の場所を克明に描写し、残しておきたいという趣旨から始めたことだが、これを一度記せば、完成まで時間と手間はかかるものの、工夫を凝らしながら作業を行えば楽しいし、慣れれば全く苦にならない。それどころか旅行へ行く上でまた違う目的も出来るし、旅行自体の味わい方も異なる。せっかくの体験を記憶の片隅に追いやるのではなく、形として残せば、死ぬまで半永久的に見返すことが出来る。まさに一石二鳥だ。
     では、実際の具体的な方法だが、私が大学生の頃は、バイクのツーリング日誌を紀行文代わりに書いていた。写真を貼り付けたり、訪れた時間記載はもちろん、旅先で買った土産のレシートや食べたレストランの箸入れや弁当の包み紙まで取っている念の入れようだった。さらにその日ごとにかかった費用や移動距離なども記載している。まるで家計簿状態だが、写真と共に、そこで何を思い、感じたか、そして付近の地図や建物や観光スポットの見取り図、時には自分で作った俳句や短歌も添え、駅や観光地に置いてあるスタンプなども押し、如実にかつ詳細に記録して来た。
     そうすることで、帰宅後、思い出しながら書くことで、二度旅をすることができる気がする。記憶に深く刻まれるし、再訪する時に、前回の様子を確認できる。また、定年後には時間がたっぷりできるだろうし、物を書くという行為は認知症防止にもなりそうだ。
     では、論より証拠。いくつか画像で私のツーリングノートを紹介したい。
     私が「ツーリングノート」と呼んでいるのがこの12冊。ほかに高校時代の修学旅行の紀行文が1冊あるが、大学の4年間でこれだけ記録した。

    Img_1273_r

     それぞれのノートの、或るページをめくってみるとこんな感じ

    Img_1274_r Img_1275_r
    Img_1277_r Img_1278_r

    こんなページが1冊につき100ページ以上続く。1ページすべてが文章だらけというというページもかなりある。
    写真は四隅を留める「コーナー」というのがあって、それに差して貼っている。

    Img_1279_r_2

    Img_1280_r Img_1281_r
    Img_1282_r Img_1283_r
    Img_1284_r Img_1285_r

    Img_1286_r_2
    Img_1287_r_2

    スタンプやパンフレット、入場券、切符なども効果的に配置している

    Img_1288_r Img_1289_r

    Img_1290_r Img_1291_r
    Img_1292_r Img_1293_r

    その時々に起きた出来事や思ったことをつぶさに克明に記録している。

    Img_1294_r

    昔はフィルム写真で、プリントが完成するのに数日かかった。
    風景は、パノラマ写真が無かったので、つなぎ撮りで合わせていた。

    Img_1295_r
    Img_1296_r Img_1297_r

     ドラマや映画に登場した場所を狙って訪問していた。今でいう「聖地巡礼」を30年以上も前から実行していた。左上の写真は「男女7人夏物語」に登場した「清州橋」と桃子(大竹しのぶ)が住んでいたという設定のマンション付近。

      こんな感じだが、ほとんどが文章で、あったことをとにかく細かく記録している。バイクで走っていて、見えた風景や感じた事をすべて網羅している。だから誰も読まないし、呆れ返られることが断然多い。

     しかし、たとえ自己満足と言われようが、こうして残せば、想い出が蘇るし、あの時代、こんなことを思って生活してきたと生きた証になる気がする。

     このツーリングノート(旅行記)は全部で13冊あって、それぞれが100数ページに及ぶので、全部で1,500ページを優に超える。1ページ書くのに、1時間かかるので、旅行から帰ってきたら、部屋に籠ってひたすら執筆していた暗い学生生活(苦笑)だった・・・。

     だから、就職後、これらを本にしようと考えたこともあったが、今ではネットで皆さんに公表できる機会が得られたので、その必要もなくなった。また、こういうことをしていたので、将来は、旅した場所をガイドブックにまとめたり、観光スポットを紹介するトラベルライターになりたいと思ったし、そこそこ英語はできたので、ツアコンに憧れた時期もあった。この経験が今でも旅行に特別な情緒と目的、そして潤いや彩りを与えてくれている。

     次に、私が凄い唸るほどの旅の記録方法(旅ノート)をしている方々を紹介したい。
     「旅が4倍楽しくなる!旅行ノートの作り方・書き方まとめ」
     「旅行手帳(ノート)の作り方!センスよくまとめる6つのコツ」
     今は、仕事に就いているので、紀行文に費やせる時間がないが、それでも科学技術の発達により、ブログという媒体で残せる時代となった。いつでもどこでもPCやスマホがあれば、旅の想い出をワンクリックで振り返ることが出来るご時世になったのは嬉しい。何年か前の旅の想い出や情報をいつでも回顧できるし、その時分の旅情に浸ることが可能になった。
     
     あと10年足らずで退職を迎えるが、「毎日サンデー」となる老後は、日本全国、いや世界各国を旅して廻り、当ブログで掲載している「○○年ぶらり旅」という、私自身の旅の記録集を増やして行きたいと思っている。
     記事作成:2月6日(月)
     追記
     
     実は2月16日から1泊2日で、伊勢方面へ今年初めての旅行に出向く予定。この旅行記も掲載する予定です。ぜひご覧ください。

    2017年2月14日 (火)

    昭和の東北本線急行の映像集

      過去、当ブログで何度も鉄道の話題をお送りしたが、我が街「郡山」は東北本線、磐越西線&東線、水郡線、そして東北新幹線と高速鉄道も充実している土地柄で、かつてはL特急で上野まで約2時間半、鉄道の旅を満喫したものだ。今は東京駅まで、当時の約半分の1時間20分足らずで出向くことが出来るまでになった。今日は、私が幼少の頃から、そして学生時代を過ごした北海道と東京のへの移動手段としてよく使った鉄道路線の懐かしい映像をお送りしたい。

     1977年当時の急行「八甲田」と青函連絡船 (上野~青森・函館)
    八甲田アナウンスはコチラ→ https://www.youtube.com/watch?v=cbHNg3hEYnY
    黒磯駅で直流→交流変換のため、機関車交換の模様
     「八甲田」と聞けば、上野発の夜行急行列車という印象。私も5~6回は乗車した懐かしの列車だ。19時台に郡山駅を出発し、夜中の2時頃に青森駅に到着。その後、青函連絡船に乗り換え、約4時間で函館港に到着。そして室蘭本線経由の特急「おおぞら」か「おおとり」で札幌まで向かった。この頃の夜行急行列車は「津軽」もあった。
     八甲田は客車がブルートレインのような外観だったが、寝台車ではなかった。4人掛けのボックス席で、リクライニングが利かないので、長時間乗っていると腰が痛み、足が痺れたりしたものだ。常連客の中には、シートを外してベッドに改造する輩もいた。
     急行「津軽」の映像
     87年6月、上野-青森間(奥羽本線経由)14系急行「津軽」車内放送を収録。車内放送チャイムは電子音ではない旧式の「ハイケンスのセレナーデ」が流れます。
     「津軽」は真夜中の運行で、八甲田よりも遅い時間に走る急行列車だった。
     「青函連絡船」の懐かしい映像
     「羊蹄丸」
     https://www.youtube.com/watch?v=8Us2r3JMowc
                                                                     
     私が北海道に住んでいた1984年~1986年頃には「大雪丸」「桧山丸」「摩周丸」「八甲田丸」「羊蹄丸」など6本が運航していた。
     急行ざおう1号・まつしま3号
     急行「あづま」号の車内アナウンス
     他に、郡山に停車する急行には、クリームと小豆色のツートンカラーを配色した福島止まりの「あづま」や仙台止まりの「まつしま」、喜多方止まりの「ばんだい」、山形方面の「出羽」などがあった。
     国鉄だと実感する風物詩が、始発の発車直後と終着駅間近になると車内を流れる「鉄道唱歌」だ。これを聴くと東京に来たという気持ちが高まったものだ。
     こうした昔ながらの古い鉄道の映像を懐かしんで貰いたいのと、人生を彩ってくれた電車の想い出に感謝したい。
     最後に、私が昭和59年4月から昭和61年3月まで住んでいた北海道で、豪雪の中、道なき道(線路)を突き進む列車のパワフル映像をご覧いただき結びとしたい。
     記事作成:2月1日(水)

    2017年2月13日 (月)

    日本にもあった危険なカルト教団

     はじめに

     今回の記事は、宗教に関しての個人の私見を述べたものであり、特定の宗教団体を中傷するものではありません。かつて宗教の名のもとに、それに没頭するあまり、前後不覚に陥ってしまい、その結果、犯罪行為に走り、世間を騒がせた教団が複数あった。再発防止に向け、警鐘を鳴らす意味でここに掲載したい。 

     日本は憲法で「信教の自由」を定めており、誰がどの宗教を信仰してもお咎めがない時代である。かつては隠れキリシタンとして踏み絵や西洋では魔女狩りが横行した時期があった。しかし、いくら信教の自由があっても、それに没頭し、のめり込むと、理想と現実の区別が無くなり、その中でしか生きられなくなる。そして法を侵し、犯罪行為に走る例も少なくはない。外国ではイスラム教徒を中心に、宗教差別や派閥争いで紛争や戦争が絶えることは無かった。「宗教」の名のもとに殺戮や人殺しを行っては、その存在意義が失われてしまい、それこそ本末転倒だ。
     今日は、宗教は人の死に切っても切れない存在だが、陶酔しすぎた挙句、常識を見失い、周りが見えなくなり、犯罪に走った教団を取り上げたい。ここでいう「カルト教団」とは、信者を死に至らしめたり、逮捕者を出すなどの犯罪行為を行った一味ということだ。日本で起きたもの限定で掲載したい。

     イエスの方舟

      65年頃から、聖書を研究する宗教団体「イエスの方舟」 に入信した女性が家出し、家族から捜索願が出されるということがあった。彼女たちは 教祖「千石イエス」らと共同生活を送っていたが、その家族たちが「娘を返せ」と押しかけ、イエスの方舟の一行は各地を転々とした。
           80年7月、行方をくらませた「方舟」の一行が熱海で発見された。

    Yes

     しかし、この団体は強制的な拉致などではなく、信者自らの意思で出家したものであり、逮捕者はなく、教祖も不起訴となったが、当時世間を騒がせ、ビートたけし主演でドラマ化もされた。

     真理(みち)の友教会

     1950年に和歌山県で宮本清治が教祖となり設立された。「正しい人生を歩んで心を清めること」、「救いを死後の天国に求めること」などを教義に掲げる。一部の信者たちは宮本の自宅で集団生活を送っていた。
     1986年10月、教祖の宮本清治が病死し、その夜、真理の友教会は、浜の宮海岸に近い集会所に信者70人ほどが集って「お別れ会」を行なった。翌日の早朝、浜の宮海岸で、宮本の妻、義母、養女を含む7人の女性信者の焼死体が発見され、灯油を用いた集団焼身自殺とされた。

     オウム真理教

     かつて存在した麻原彰晃を開祖とする日本の仏教系(原始仏教、チベット仏教)の(新興)宗教団体。一般市民に向けて、日本で初めて化学兵器のサリンを使用し、大量殺戮を行ったことで世界を震撼させたテロリズム行為を行った組織でもある。上九一色村に巨大なサティアンと呼ばれる施設を建設し、一般社会と隔離した中で、修行と称し、信者を出家させ、財産を差し出させ、共同生活を行っていた。信者はヘッドギアを被り、微弱の電波を流すなど。洗脳行為を施し、脱走できないようにした。
     また坂本一家弁護士殺害や松本サリン事件、VXガス噴霧、目黒公証役場の職員を誘拐拉致して殺害、国家公安委員長の狙撃、更には地下鉄サリン事件を起こし、組織的な凶悪犯罪を次々実行した。犯罪史上まれに見る凶悪事件で、未だに教祖であった麻原以下、死刑判決が確定した幹部たちが刑を執行されないのも疑問だ。

    Oum Oum2

      このカルト教壇が怖いのは、東大出の医師や有名大学出身者が幹部を務め、トップエリートたちが入信し、ピラミッド型の組織を形成し、絶対神だった麻原の指示命令で動いていた。

     女性祈祷師による信者連続殺人事件

     別名「福島悪魔払い殺人事件」と呼ばれる、凶悪犯罪事件であり、1995年に福島県 須賀川市で発覚した自称祈祷師の女と信者らが、除霊と称して信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた事件。
     1994年の暮れから1995年の6月まで、祈祷師の女E宅にて「キツネが憑いている」などとお告げを受けた信者7人を、Eの娘Fと信者の男Gと同じく信者の男Hが中心となって『悪魔払い』や『御用』と称して殴る蹴るなどの暴行を加え、4名を殺害、2名を傷害致死、1名に重傷を負わせた。
     同年7月5日、重傷を負った女性信者Iの入院をきっかけに、警察がE宅を家宅捜査したところ、信者6名の腐乱遺体を発見、4人を逮捕した。後に被害者であるIも、暴行に加わっていたことが発覚して逮捕された。この事件による死亡者は、逮捕されたGの妻、男性信者J、Jの妻、Jの娘、男性信者K、女性信者Nの6名。

     この主犯格の江藤幸子は死刑判決を受け、最高裁で判決が確定後、2012年9月27日、宮城刑務所において死刑が執行された。

     https://www.youtube.com/watch?v=cboUOf_fA9I

     私は2年前、この現場となった民家を訪れ、遠巻きに写真を撮ろうとしたが、それまで一度も壊れたことがないデジカメのSDカードがぶっ壊れた。悪霊的な作用があったとしか思えない。それ以来、もう二度と近くには行かないことに決めた。

     パナウェーブ研究所

     千乃裕子を教祖及び代表とする千乃正法会という宗教組織の一部門で、新宗教団体の一つである。「スカラー電磁波は人体にとって有害である」と主張している。また、電磁波から身を守るために白装束を身にまとっている。また、移動用の車両には、電磁波を防ぐ効果があるという渦巻き模様の図柄を貼り付けている。 

     山中に砦やアジトを築き、信者が共同生活を送っていた。車や建物、周囲を白い布やトイレットペーパーで覆うなど、とにかく白装束で異様な服装、怪しげないでたちであった。マスコミが連日のように押しかけ、話題になったが、映像のように重機で威嚇するなど、言動・行動ともに異常であった。

     ライフスペース

     もともと自己啓発セミナーであったが、次第に変質していき、主宰者がインドのサイババに指名された「シャクティパット・グル」であると自称(サイババはこの件を否定)するようになったり、「シャクティパット」と称する相手の頭部を手で軽く叩く行為で病気を治せるといった主張をするようになる。
     1999年11月11日、あるホテルから成田警察署に「4か月以上も宿泊している不審な客がいる」との通報を受け、署員が同ホテルの部屋を捜索。ミイラ化した男性遺体が発見された。
     主宰者は「ミイラには15℃の体温があり、死んでいれば0℃になるはずであり、従ってミイラは生きている」「自らの体には血液ではなく空気が流れている」と荒唐無稽な主張を行い有名となる。
     後に、この「ミイラ事件」で主宰者に殺人罪での有罪判決が出ている。これは、脳内出血で入院していた男性を連れ出し、適切な治療を受けさせねば死亡する可能性が高いことを知りながらも、適切な治療を受けさせず死亡させたという趣旨の判決である。

     法の華三法行

     かつて存在した新宗教団体。教祖は福永法源(本名:福永輝義)。「宗教を超えるもの」だとして『超宗』を自称し、『天行力』の大看板を掲げ、テレビやラジオで放送枠買い取り番組を流したり、著書の広告を四大新聞に打つなどして知名度を上げ、東京ドームで『天行力大祭』を挙行した1995年の最盛期には、公称信徒数10万人を豪語した。

     しかし、足裏診断と称する個人面談において「前生の悪い因縁を放っておくとガンになる」「このままでは2001年に人類は滅亡する」等の脅し文句で信者の不安を煽り、仏舎利と称する物や福永の手形色紙等を売り付けた他、「法納料」の名目で多額の金銭を巻き上げた行為が詐欺罪に問われた。
     2000年に教組の福永と幹部のほぼ全員に当る12名が摘発された。被害総額は600億円以上に達し、事件発生当時には豊田商事事件に次ぐ大型詐欺事件であった。
     翌2001年3月29日に教団は破産宣告を受け、宗教法人としても解散処分を受けた。

     「最高ですか~」が決め台詞で、信者は「最高で~す!」と叫ぶ異様な雰囲気だった。

     https://www.youtube.com/watch?v=Q2XMMXcVYs0

     エホバの証人

     1985年、交通事故で輸血しないと自分の息子が死亡する危機的状況にもかかわらず、信教の聖書に則り、両親が輸血を拒否し、結果、息子を死に至らしめた事件が発生。

     http://www.jwstudy.com/ja/blood_suzuki_dai/

     わが子の命よりも宗教の掟を優先させた親の所業に、当時物議を醸した。

     また、宗教ではないが、矯正施設でシゴキが原因で暴行して生徒を死なせた「戸塚ヨットスクール」事件もあった。また、千葉県君津市にある某寺では、飼っていた虎二頭が逃げ出し、山狩りなどを決行したが、結局一か月見つからず、最後は射殺される事件も発生した。寺の境内で猛獣を飼うなど、宗教家は一般人の感覚とはズレ、麻痺しているとしか思えない事件が続発した。

     それにしても、日本には様々な新興宗教が存在する。郡山にも「創価学会」、「立正佼成会」、「幸福の科学」、「霊波之光」、「生長の家」、「エホバの証人」、「顕正会」、 「真澄寺院」などの支部がある。これらは危険なカルト教団ではないし、それらが悪いとは言わないが、自分で信仰するだけならいっこうに構わないが、周囲を巻き込んだり、勧誘をしないで貰いたい。自らの信じる宗教があるのは良いが、それを他人に押し付けるのは趣旨が違う。
     かくいう私も北海道に住んでいた時に、当時、日本でもっとも信者の多い超有名な宗教法人の勧誘を受けたが、きっぱりと断った。勧誘された友達だと思っていた奴とはそれっきり疎遠になった。人を巻き込むのはやはり違うと思う。それに宗教に嵌ったり、凝る人というのは、或る意味信念が強く、人の意見に耳を貸さない人が多い。攻撃性があったり、批判的であったり。得たいの知れない宗教団体(教団)は、何をしでかすか怖いし、断ると報復されるのではという不安が付きまとう。存在しているだけで脅威となる。自分の信念に基づき、自分だけで信仰して貰いたいものだ。
     
     また、本来、人を救うためにある筈の宗教で、中東や西欧では宗派対立が激化し、宗教の名のもとに殺し合いを演じている。何事もバランスが大事で、それにのめり込むとろくなことがない。活動資金を得るために虚偽の献金報告や不正送金問題、政治家への違法贈賄などで悪質な犯罪を組織ぐるみで行っている団体もあるやに聞く。反社会的行動を行うのは宗教の名を語る暴力団と一緒だ。

     なりふり構わず自分が信じた道を邁進するのが宗教の恐ろしさで、まぁ何事もほどほどで、あまりのめり込まないことをお勧めしたい。

     最後に、日本の宗教団体の信者数のトップ10を付記したい。(西野神社社務日記より)

     1位 神社本庁       約 6,800万人
     2位 幸福の科学      約 1,100万人
     3位 創価学会             約 827万人
     4位 浄土真宗本願寺派 約 694万人
     5位 浄土宗                 約 606万人
     6位 立正佼成会         約 428万人
     7位 高野山真言宗     約 410万人
     8位 日蓮宗                 約 385万人
     9位 天理教                 約 163万人
    10位 霊友会        約157万人

     この統計を見てびっくり!新興宗教が数多くランクインしている事実。他人には内緒で、こっそり信仰している人がいかに多いことか・・・。結婚してその宗教が判明してびっくりするケースも多そうだ。ちなみに私は上のどこにも属していない。檀家が如宝寺なのでバレバレだが・・・。弘法大師・空海が祖だ。

     記事作成:2月11日(土)

     追記

     この記事を書いた翌日、またしても芸能界に衝撃的なニュースが沸き起こった。前日、「にじいろジーン」を体調不良を理由に番組を欠席した女優の清水富美加が「幸福の科学」への出家を理由に、芸能界を電撃引退することを発表した。信じられない。事務所との契約がまだ残っているのに、出演予定の番組をすべて一方的に自主キャンセルするなど、やはり宗教にのめりこんだ結果、周囲が見えなくなり、お世話になった方々にまでも迷惑をかけることになった。それにしてもこの番組はベッキー、その代役の清水と不祥事が連続し、祟られているとしか思えない。

     私が取り上げたテーマが、その直後に注目を浴びるというジンクスはまたしても証明された。
     

    2017年2月12日 (日)

    コックピット映像集

     小さい頃、電車の運転士に憧れた方も多いだろう。男の子なら一度は電車やバス、トラックなどの大きな乗り物の運転をしてみたいと思ったことがあるに違いない。

     今日は、そんな様々な乗り物の操縦席や運転台からの映像をお楽しみ頂きたい。

     1. 新幹線の運転席からの映像

     東海道新幹線

     営業時速300キロの世界。それをいとも簡単に操縦する女性運転士。なかなかオシャレなコックピットに、これまた清楚な制服を纏った綺麗な女性運転士が良く似合う。

     別バージョン https://www.youtube.com/watch?v=VhUdMYI5PAM

     北海道新幹線

     2016年1月1日にJRが撮影した新函館北斗駅から新青森駅間の運転席から見た先頭の映像をノーカットで紹介。普段見ることが出来ない壮大な風景をご覧ください。(音声はありません)

     2. ジェット戦闘機の操縦席からの映像

     F-16 Fighting Falconのコックピットからの映像 音速を越えるスピードは怖い以外の何物でもない。鋭い加速、小型機ならではの旋回、ありえないスピード、俊敏な小回りなど、旅客機では味わえない緊迫感がある。

    https://www.youtube.com/watch?v=CGrNm9qTHAk

     ブルーインパルス

     https://www.youtube.com/watch?v=AZla_ryTIoM

     航空自衛隊 『ブルーインパルス』による展示飛行の映像です。主にコクピットでのパイロット視線の映像を中心に、オンボード映像や地上からの映像などで構成されています。また、珍しい航空無線での会話音声も収録されいる貴重な映像ですので、きっとお楽しみ頂けると思います。

     3. ジェット旅客機のコックピットからの映像

     通常、一般客は入れない操縦室からの映像。テロが起きてからは、もうここからの絵を生で拝むことが出来なくなったが、私は福島空港が開港して間もなく、JALで沖縄に行った時、シーズンオフで乗客が数人しかいない状況下の中、なんと自動操縦時にJALの計らいで、コックピットに入れてもらい、そこからの景色を楽しませてもらったことがある。遥か眼下に雲海を望み、青い大海原がどこまでも続いていて、地球が丸いことを実感した。

     4.ヘリコプターの操縦席からの映像

     ヘリコプターも普段は乗る機会がない。ましてコックピット助手席で上空からの眺めを見ることはない。今は、安全に整備されているが、昔は有視界飛行で、強風や気象条件が悪いと飛ばなかったし、墜落事故がよく起きたものだ。ひとたび飛行機類が落ちると、まず助からない。だから、あまり乗れるものでもない。高所がダメな私は、ずっと緊張して、それこそ足が宙に浮いた状態になると思う。

     5.東京モノレール

     浜松町から羽田空港を結ぶ、日本最古のモノレール。海の上を進む船のように移動する。窓から下を見ると、一面海の怖さ。何度乗っても感動する。

     6.SLの運転台からの映像(昭和43年の磐越東線)

     SL全盛の終焉を迎えた去る昭和43年磐越東線では9月にSL運転が廃止されたがその約1カ月前の8月20日当時の国鉄中央鉄道学園視聴覚担当講師と私が「過去におけるSLの業績と実態を後世に伝えよう」と国鉄当局の許可の下同線小川郷~川前~夏井間下り旅客列車の運転室内を8ミリ撮影機で収録したもので真夏の炎天下20パーミリを上るD60機の迫力は雄壮であったが運転も容易ではなかった。

     いかがですか?嘘偽りのない本物の臨場感や緊迫感がもろに伝わって来る。一歩間違えば死に直結するスピードで飛び交う乗り物を操るその緊張感は半端ない。多くの乗客を乗せる乗り物であればあるほど、操縦桿やコントロールバーを握る手にも力が入る。
     いろいろな乗り物を掲載したが、当時の映像や最近のものを比べると、乗り物の変遷や乗り物事情がよくわかる。先人たちの努力があって、今の高速化が図られているのがよく理解できる。

     記事作成:2月6日(月)

    2017年2月11日 (土)

    史上最低のアメリカ大統領を辞めさせる方法

     就任してすぐに、アメリカ国民の悲嘆や嗚咽が聞こえて来そうだ。今さらながら、どうしてこんな男を自国の長に選んでしまったのか、後悔の念が見え隠れする。

    Donald_trump いくら「アメリカ第一主義」を謳い、自国最優先とか保護貿易主義に走っても、同盟関係にある国にも暴言を吐き、前後不覚なまでに権力を笠に着た傲慢な振る舞いは、世界中を敵に回すことになる。自己中で我儘、利己的で高圧的な態度に終始する。これまでの大統領には見られなかった品格の欠片もないような言動や行動は、全世界に波紋と悪影響を与えている。すでに、メキシコ、中国、日本、オーストラリアに喧嘩を売ったも同然。イギリスとロシアにはいい顔をして、その他には、格下扱いで、輸入品目には暴利の関税をかけるだの、TPPをご破算にしたり、防衛費を全額日本に負担させるなど、これまでのアメリカ外交を見直す腹。長年培ってきた日米関係ももはやこれまで。こうした独裁にしてやりたい放題をされては、もうアメリカばかりを頼ってもいられない。全世界を敵に回してアメリカの繁栄などありえない。

     つい最近もイスラム圏七カ国のアメリカ入国を禁止する大統領令を発布したものの、連邦裁判所が人種差別に加担するこの命令を認めない裁決を下すと、あろうことか大統領自身が裁判所の決定に対し、判事を非難し、有事の際にはこの判事に責任を擦り付ける発言を平然と行った。こんな性格的に問題ある大統領は、ナチス主義や北朝鮮のような悪魔の手先と言えるような独裁者への道を歩むことになる。そして、第三次世界大戦勃発の引き金を引くことになる。国際社会は、絶対にそれだけは阻止しなければならない。

     一方で、日本に対しても貿易不均衡を訴え、防衛費倍増など無理難題を突きつけて来るに相違ない。安倍首相もこれで一層、憲法改正を心置きなく本腰を入れられるに違いない。旧態依然の同盟関係では、アメリカにいいように振り回され、これまでの数倍の代価を支払わされるため、自分の国は自分で守るという意識が、日本国民にも芽生えるに相違ないからだ。

     国民も呆れたこの愚大統領を何とかして辞めさせる方法はないのか思案しているのは、私だけではない。まっとうなアメリカ国民なら、誰もがそう思うだろう。最悪、暗殺されても止む無しと思っている国民さえいるのでなかろうか?ご祝儀相場ではないが、今は周囲も勝ち馬に乗っている支持派も、あまりの横暴さに嫌気が差し、呆れ返るに相違ない。

     そこで私はアメリカ大統領を辞任に追い込む手立てはないものかネットでその方法を検索していると、私と同じ感覚や概念を持っている人はわんさかいた。そうしたブログを紹介し、その方々の方法論を引用したい。

      「世の流れに身を任せ」より引用

     トランプ大統領は就任する以前から、暴言?迷言?で得する人、損する人を次々に生み出しています。世界中の人々は、改めてアメリカ大統領の恐ろしさを実感しているのではないでしょうか。
     トランプ大統領を一言で表すと、言いたいやりたい放題の王様です。自分にとって都合のいい人には優しい言葉をかけますが、都合の悪い人は敵とみなして排除にかかります。
    自由と平等の国といわれるアメリカの大統領とはとても思えないような言動、行動を繰り返しているのです。
     アメリカ大統領の任期は4年です。最長で2期8年まで務めることができます。
    途中で辞めなければ、トランプ大統領は2021年1月20日まで大統領の職に就くことになります。アメリカの大統領になったことがある人の数は、トランプ大統領も含めて45人です。この中の9人は任期途中で辞めています。

    第9代ウィリアム・ハリソン、1期目1ヶ月で病死。
    第12代ザカリー・テイラー、1期目1年6ヶ月で病死。
    第16代エイブラハム・リンカーン、2期目1ヶ月で暗殺。
    第20代ジェームズ・ガーフィールド、1期目6ヶ月で暗殺。
    第25代ウィリアム・マッキンリー、2期目6ヶ月で暗殺。
    第29代ウォレン・ハーディング、1期目2年5か月で病死。
    第32代フランクリン・ルーズベルト、4期目3ヶ月で病死。
    (2期までが恒例だったが、戦時中という特例による。以後1951年の憲法改正で、正式に2期までとなった。)
    第35代ジョン・F・ケネディ、1期目2年10ヶ月で暗殺。
    第37代リチャード・ニクソン、2期目1年7ヶ月で辞任。

     以上を見てわかるように、自らの意志で辞めたのはたったの1人です。命に関わるようなトラブルでも発生しないかぎり、トランプ大統領はまず辞めないものと想定できます。アメリカの大統領を強制的に辞めさせる唯一の方法は「弾劾裁判」です。反逆罪、収賄罪などの罪で、有罪判決が確定すると大統領自身の意志に関係なく罷免となります。
     第37代ニクソン元大統領が辞任した理由は、ウォーターゲート事件による弾劾裁判を恐れたためです。罷免という不名誉な処分を受けるくらいなら自らの意志で辞めたほうがましと判断したのでしょう。トランプ大統領に後ろめたいことのひとつやふたつがあれば、弾劾裁判を理由にして辞任に追い込むことができます。

     以下は「ヤフー知恵袋」より

     自発的辞任ではなく、アメリカ合衆国大領領弾劾という制度があります。つまり辞任ではなく「辞めさせる制度」です。

     大統領が犯罪または重大な政治的飛行を犯した公務員を罷免するための特別な裁判制度です。アメリカ憲法第2条第4節には「大統領、副大統領および連邦政府職員は、反逆罪、収賄罪または他の重大犯罪および非行行為によって訴追され、かつ有罪の判決を受けた場合は、その職を免ぜられる」と規定されています。下院が出席議員過半数の同意により訴追を行い、上院がそれに基づき弾劾裁判を行います。
     大統領の弾劾裁判は、最高裁主席判事を議長として行われ、大統領を罷免するためには、上院の出席議員の3分の2以上の同意が必要です。これまで弾劾裁判によって罷免されたのは裁判官が7名だけですが、大統領では1867年にアンドルー・ジョンソンが一票差で罷免を免れ、1999年にビル・クリントンが下院では弾劾決議を受けながら、上院では大差で罷免を免れた例があります。

     上記より、弾劾で辞めさせられたアメリカ大統領はまだおりませんが、「弾劾」制度がある以上、辞めさせることが可能だということです。つまり一度就任しても4年間の間に上記のような犯罪など起こせば自発的辞任をしない限り、弾劾で辞めさせることが可能なのです。

     さて、私は大統領就任直後は、選挙戦で訴えた政策実現に向けて躍起になっているが、1年も持たずに、ビジネスマンスピリットが出すぎて、こんな金にも実にもならない奉仕的活動は割に合わずやってられないと匙を投げると踏んでいる。
     もしかするとイスラム教徒への弾圧とも言うべき、入国禁止政策を実行しているため、また報復テロへの危険性が高まるものと見ている。一切合切自分の意のままにアメリカを、世界を動かせると思い込んでいる傲慢な発想と力ずくで相手をなぎ倒す暴政的行動では、世界から反発を買うのは必至。絶対にその反動や悪影響に見舞われることだろう。
     そしてスキャンダル暴露の元凶となるマスコミを名指しで批判し、会見では嫌いなメディアから質問を受け付けない子どもじみた対応とツイッターでしか物言えぬ愚行は呆れるばかりだ。

     逆に怖いのは、日本人やアメリカ人の多くが、こんな身勝手な行動を繰り返している彼が、おそらく暗殺される可能性が高いと誰もが思っていることだ。一国の大統領が、暗殺されても仕方ないと思えるような存在では世も末だ。韓国ならまだしも、強力な影響力を持つアメリカのそれならば一大事だ。政治が滞り、混沌とした暗躍した世の中に陥ってしまう。

     彼には、グローバリズムの視点で、平和裏に安定した政治を遂行することを願わずにはいられない。

     記事作成:2月2日(木)

     追記

     この記事を公開した2月11日(土)は建国記念日だが、日本国誕生の日に、首相自らがアメリカに乗り込み、大統領就任間も無いこの時期に、日米首脳会談に臨むとは安倍総理の並々ならぬ重大決意と任務を担ってのことだと思う。日米安保を強固にし、経済協力や同盟関係を強固にし、極東アジアの安全保障に躍起になっている証拠だ。

     しかし、怖いのは、トランプの利己的でなりふり構わぬやりたい放題の政策断行に、国内外の不満も過熱している。アメリカ大統領暗殺を望むアメリカ国民も数多く存在するのは事実で、こんな状況下にアメリカに乗り込み、会談のみらならず、大統領専用機で温暖なフロリダに移動し、ゴルフを楽しむという趣旨は賛同できない。警備体制の不備を突いて、両者ともテロリストの標的になりかねないという不安がある。両名揃って暗殺となれば、喜ぶのはイスラム系7カ国とIS、それに朝鮮半島の愚民たちだ。
     我が宰相で、強いリーダーシップで改革を行ってきた安倍首相をここで失ったら、元も子もない。何もなく、成功裏に会談を終えて帰国してくれることを願ってやまない。

    2017年2月10日 (金)

    「悪たれ小僧」と呼ばれた神童たち

     「憎まれっ子世に憚る」という言葉があるが、それを地で行く者が実在する。かつて、マナーやスポーツマンシップとはおよそ無縁な立ち居振る舞いをしながら、実力が抜きん出ていたトップアスリートがいた。礼儀や行儀などの基本精神が欠如していながら、世界大会でその才能を遺憾なく発揮した選手は、固定概念や既定概念を打ち破り、マイペースでふてぶてしいまでの振る舞いで、嫌われることも多かったが、実力が半端ない。歯に衣を着せぬ言動で、しばし物議を醸すが、他人と同じことをしていては、決してトップ選手になれないことを暗に示しているようにも思える。今回はそうした「悪たれ小僧」たちを取り上げたい。

     ジョン・マッケンロー(テニス)

    アメリカの男子プロテニス選手。左利き。身長180cm、体重75kg。ATPツアーでシングルス77勝、ダブルス71勝を挙げ、シングルス・ダブルスとも世界ランキング1位になった数少ない選手のひとりである。グランドスラムではシングルス優勝7回・ダブルス優勝9回・混合ダブルス優勝1回の計17回の優勝を飾った。ダブルスでは旧友ピーター・フレミングと組んで57個(うち4大大会7勝/同一ペアの優勝記録としては歴代2位)のタイトルを獲得した。マッケンローは試合中に審判の判定に納得しない場合は、判定にクレームをつけたり、審判に暴言を発する言動が頻繁にあったことから“悪童マッケンロー”と呼ばれた。
     血液型はB型

     悪ガキがそのまま大人になって、ルールもマナーも知らずにプレーしている印象だ。

     朝青龍(大相撲)

     本名は朝青龍明徳。モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱

     無類の強さで横綱まで駆け上がり、優勝を25回成し遂げた。通算成績も669勝173敗。勝率は.795を誇った大横綱。しかし、土俵態度の悪さや度重なる歯に衣を着せぬ言動と横綱らしからぬ行動が相次ぎ、その都度批判を浴びた。

     2007年には「左肘内側側副靭帯損傷、左尺骨神経障害、急性腰痛症、第5腰椎疲労骨折で約6週間の休養、加療を要する」とした診断書を協会に提出、夏巡業(8月3日から20日まで)の不参加を届け出たが、当人がモンゴルで中田英寿らとサッカーをしている映像が同日報じられ、仮病疑惑が噴出。巡業部は帰国後の巡業参加を拒否する方針を固め、8月1日には日本相撲協会から2場所出場停止、減俸30%4ヶ月、11月場所千秋楽までの謹慎の処分を受けた。
     2010年には1月場所中の7日目(1月16日)未明、泥酔して暴れる騒動を起こしたと写真週刊誌に報じられ、同1月場所の千秋楽翌日の1月25日に、日本相撲協会の武蔵川理事長から厳重注意処分を受けた。
     こうした横綱の品格を汚す行動が元となり、角界を引退した。血液型はO型 

     堀内恒夫(プロ野球)

     新人イヤーに、公式戦初球をわざとバックネットにぶつけ、緊張を取り去り、その後、無傷の13連勝負けなし。天狗になり、「小天狗」とか「悪太郎」との異名をとった。寮の門限破りなどを繰り返す悪態に、王貞治さんがキレて彼をビンタしたエピソードはあまりにも有名。ろくに練習せず、才能だけでやって来たと豪語するなど、破天荒な生き方を貫いた。V9に貢献した功績は認めるが、その鼻持ちならない言い方で、解説者としても好き放題言っていた。監督としては最低の成績に甘んじた。それでも参議院議員が務まるのだから、政治も地に落ちたものだ。血液型はO型

    https://www.youtube.com/watch?v=4kWf_gDS1Xg

     彼はO型の江川と同じで、ここ一番にしか燃えないタイプ。普段は手抜きで大舞台にならないと力が入らないタイプだ。

     國母和宏(ハープパイプ)

     国母は2010年のバンクーバー五輪の際、空港などで、腰パンやシャツをだらしなく出すなど服装の乱れを指摘された。その後「反省してまーす」とまったく反省の色がない小馬鹿にしたような会見をおこない非難を受けた。激怒したJOCの役員が厳重注意を行い、開会式に参加させない措置をとった。オリンピック前のW杯なんどで無類の強さを誇っていた彼だが、この騒動で実力を発揮できず、入賞すらできずに終わった。
     個性尊重のゆとり教育を受けてきた世代で、日本を代表して国際大会に臨むという意味を持たない考え方で、「強ければ格好など何をやっても許される」という甘い自己判断が招いた結果だった。血液型はAB

     亀田三兄弟

     私はどうも好かない。父親の「強ければ身なりや態度などどうでもいい」という教育方針が世間からバッシングを受けた。戦前の会見では、相手にガンを飛ばして挑発したり、とにかくやりたい放題。父親もセコンド免許剥奪やマナーが悪すぎ。
     いつも不可解な判定で王者になるなど、WBCやWBAと結託し、贈収賄でもしているのかと首をかしげる。私は歴代チャンピオンと比べても、強いという印象は無い。口ばかり達者で実力が伴わない「弱い犬ほどよく吠える」状態だと思っている。親父を含め、3兄弟ともにB型 マイペースで固定概念を嫌う典型例

     

     このような記事を書いてみたが、一見破天荒だと思うが、一般の人と同じことをしていては、絶対に日本一や世界一にはなれない。そういう意味では、子供たちのお手本にはなりにくいかもしれないが、多少マナーが悪くても、強くなるためには真面目でお坊ちゃまタイプの「A型優等生」ではダメで、「固定概念に縛られ、プレッシャーに負けてガチガチに固まってしまうよりかは結果を出せる分、スポ―ツ分野では大事かもしれない。

     記事作成:1月29日(日)

     

    2017年2月 9日 (木)

    「○○イズム」って何だ?

     私は学生時代から現在まで薄学だったせいか、知識不足で物の道理や構造をよく知らない。それは大学入試で受験科目にした政治経済でもそうで、あまりの無学ぶりを曝け出すのも恥ずべきことなれど、勉強不足を認識し、ここで備忘録を兼ねてその要旨をまとめたい。
     特に、ここで取り上げたいのは、テレビのニュースで時々耳にする「~イズム」という言葉だ。私は横文字も弱いので、それが本来どういう意味を持ち、どういうケースで用いるのかを知らない。今回はその「~ism」について特集してみたい。なお、Wikipediaや広辞苑、Yahoo!知恵袋を参照し、引用したことを付記しておきたい。

     1. ピューリタニズム

     キリスト教のピューリタンの思想および信仰。清教徒主義。2 潔癖主義。厳正主義。
     カルバン主義の流れをくみ,聖書の示す神との契約に基づく新たな社会の実現を目指す思想。また,その生活態度。清教徒主義。 

     1641~49年イギリスにおいてキリスト教の中の改革路線で、国王や教会の権限が強くなり、国教となったキリスト教はますます貧富の差が著しくなった。これらに改革の運動を唱え始め、基本的な原点理念、純粋に神の教え、神を主とした宗教改革(同じ宗教キリストでも教会や国王を枢軸の体制を否定)の流れにて発生したのがピューリタニズム(清教徒革命)。従って同じキリスト教でも教会などを中心にしたキリスト教派をカソリック(旧教・国教)、神の経典などそのものを敬った信仰派をプロテスタント(新教・非国教)である。と解釈してるが、その道の門外漢であるから間違ってたらあしからず。清教徒~の意味合は厳格な或いは潔癖な人・教徒である。

     2. ファシズム

     「ファシズム」の用語は、その発祥の地であるイタリアだけでなく、暴力的・専制的な政治支配を表す用語として、広くもちいられています。ドイツのナチズムも「ドイツ型のファシズム」と表現されることがあります。1930年代によびかけられた「反ファシズム統一戦線」も、第2次世界大戦の火つけ役となったドイツやイタリアなどのファシズムと侵略戦争の危険に対抗するためによびかけられたものです。

     「ファシズム」が一般的な用語となったのは、イタリアが1922年というもっとも早い段階で、ムソリーニを総裁とする国家ファシスト党がクーデターで支配を確立し、25年以降一党独裁体制をうちたて、そのすさまじさを世界にみせつけたことによります。その後、ドイツやポルトガル、スペインなど、似たような暴力的・専制的な政治支配を表す言葉として使われていきます。(日本共産党のHPより)

     3. ナチズム

     ヒトラーを指導者とするナチス(国家社会主義ドイツ労働党)によってつくられたドイツのファシズムをさします。ナチスは、テロとクーデターなどをくりかえし、1932年11月の総選挙で第1党となり、33年ヒトラー首班の連立内閣を組織し、共産党の非合法化、さらに社会民主党など他の政党を解散し、一党独裁体制をうちたてました。ゲシュタポ(秘密警察)と強制収容所による残酷な弾圧、議会制度の廃止、極端な人種的排外主義と侵略政策などを特徴としています。(日本共産党のHPより)

     4. ポピュリズム

     一般大衆の利益や権利、願望、不安や恐れを利用し て、大衆の支持のもとに既存のエリート主義である体制側や知識人などと対決しようと する政治思想、または政治姿勢のことである。日本語では大衆主義や人民主義などと訳されるほか、政治指導者、政治活動家、革命家が大衆の一面的な欲望に迎合して大衆を操作する方法を指し、大衆迎合主義とも訳される。また、同様の思想を持つ人物や集団をポピュリスト(英: populist)と呼び、民衆派や大衆主義者、人民主義者、もしくは大衆迎合主義者などと訳されている。

     5. ナショナリズム

     自己の所属する民族や国家などの文化的 共同体に対して、統一、独立、発展などを求める政治思想や運動を指す用語。日本語 では内容や解釈により民族主義、国家主義、国民主義、国粋主義などとも訳されている 。
     愛国主義を表す語としても用いられるが、インターナショナリズム(国際主義)と対極に位置する言葉でもある。

     6. エゴイズム

    1 自分の利益を中心に考えて、他人の利益は考えない思考や行動の様式。利己主義。
    2 哲学で、自我だけが確実に存在し、他は一切認識不能であるとする説。唯我 (ゆいが) 論。独我論。 

     一言で言えば「利己主義」。自分の都合のいいように考え、振る舞う。つまりは我儘な発想。

     7. ジャーナリズム

      パンフレット, 新聞,雑誌,ラジオ,映画,テレビ,書物等によるニュース,論評,特集の取材・製作・ 供給などの諸活動。ジャーナリズムという用語は元来,特に新聞などの印刷物による最新の出来事の報道に用いられたが,20世紀のラジオとテレビの出現に伴って,最新の出来事を扱う活字・電子コミュニケーション全般を含むようになった。  (コトババンクより)

     8. コミュニズム

      「共産主義」。資本主義が揚棄された状態。差別の解放。ユーロコミュニズム。

     9. キャピタリズム

     「資本主義」。生産手段の私的所有および経済的な利潤追求行為を基礎とした経済体系である。資本主義を特徴づける中心的概念には、私的所有、資本蓄積、賃金労働、自発的交換、価格体系、競争市場などがある。

    10. ソーシャリズム

     「社会主義」。個人主義的な自由主義経済や資本主義の弊害に反対し、より平等で公正な社会を目指す思想、運動、体制。資本主義に対抗する思想。共同管理や計画経済に合理性を見出す。

    11. コンサバティズム

      「保守主義」。既存の制度を尊重する思想。保守とは、古くからの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方などを尊重して、それらの伝統・習慣・制度・社会組織・考え方を保存したり、維持したりすること。保守の対義語は、革新。

    12. デスポティズム

     専制政治。また、独裁政治。独裁主義とは、特に政治において政治権力が一人または少数者に集中し、国家を支配体制に置いて政治を行う思想。

     他にもテロリズム、エロチズム、チラリズム、リベラリズム、バイオリズム、ダンディズム、ブディズム、センチメンタリズムなどがある。

     一般的に「○○イズム」とは、見てわかるように「○○主義」ということが一様に理解できる。つまり特定の方向に傾倒する概念だったり、偏向する様を指すということが言える。わかりやすく言えば、トータルバランスを目指すのではなく、政治であったり、考えであったり、一定方向にベクトルを向けて、それを目標に向かうということらしい。

     しかし、私自身が思うのは、特定の方向にだけ偏向し、傾倒するのはバランス感覚に欠け、周囲が見えなくなる危険性を孕んでいる。かつてオウム真理教というカルト集団が犯罪行為に走ったが、ひとり、教祖的な人物の教えが絶対的服従の系図を形成すると、それだけが唯一無二の存在で絶対的と考えてしまう。そもそも人間の心理は、特に日本人の場合、思想がマジョリティーの方向へ流れてしまう傾向がある。日本で言う「勝ち馬に乗る」とか「勝てば官軍」という発想だ。こうなると群集心理で、皆が向かう方向が正しいと信じ込んでしまう。
     「○○イズム」は社会生活を送る上で、自分の主義主張を持つのは重要だが、それに心酔したり、傾倒して流されると排他的で利己主義に陥る危険が大きいということだけは確かだ。

     記事作成:1月8日(日)

    2017年2月 8日 (水)

    昭和の人気テレビCMベスト20

     今日は昭和世代にとって、懐かしいCMを特集でお送りします。その時代に爆発的なヒットとなった人気CMが目白押しです。あの時代にプレイバックしてお楽しみください。

     フジTV系「テレビCM 30年史」(1988年)より ※ 明石家さんま、楠田枝里子、山田邦子

    1位 「SWEET MEMORIES」  松田聖子 - サントリー
    2位 「今の君はピカピカに光って」  斉藤哲夫 - ミノルタ・カメラ
    3位 「いい日旅立ち」  山口百恵 - 国鉄(JR)
    4位 「輝きながら」  徳永英明 - 富士フィルム
    5位 「君の瞳は10,000ボルト」 堀内孝雄 - 資生堂
    6位 「熱き心に」  小林旭 - AGF
    7位 「時間よ止まれ」  矢沢永吉 - 資生堂
    8位 「燃えろいい女」  ツイスト - 資生堂
    9位 「MUGO・ん・・・色っぽい」  工藤静香 - カネボウ
    10位 「昴」  谷村新司 - ニッカ
    11位 「いっそセレナーデ」  井上陽水 - サントリー
    12位 「Rockn'Rouge」  松田聖子 - カネボウ
    13位 「RIDE ON TIME」  山下達郎 - マクセル
    14位 「ミスターサマータイム」  サーカス - カネボウ
    15位 「魅せられて」  ジュディ・オング - ワコール
    16位 「異邦人」  久保田早紀 - 三洋電機
    17位 「君に胸キュン」  YMO - カネボウ
    18位 「ケンとメリー(愛と風のように)」 BUZZ(バズ) - 日産
    19位 「男と女のラブゲーム」  武田鉄也・芦川よしみ - 武田製薬
    20位 「ふたりの愛ランド」  石川優子・チャゲ - JAL沖縄

     化粧品CMソング ベスト10 〜テレビ探偵団 より

     

     1位 燃えろいい女 (ツイスト)
     2位 色つきの女でいてくれよ (ザ・タイガース)
     3位 唇よ、熱く君を語れ (渡辺真知子)
     4位 時間よ止まれ (矢沢永吉) 
     5位 め組の人 (ラッツ&スター)
     6位 花咲小紅 (矢野顕子)
     7位 君に瞳は10000ボルト (堀内孝雄)
     8位 セクシャルバイオレットNo.1 (桑名正博)
     9位 Mr.サマータイム (サーカス)
    10位 不思議なピーチパイ (竹内まりや)

     CMベスト10 昭和50年代以降 〜テレビ探偵団   

     1位 グリコアーモンドチョコレート (田原俊彦・松田聖子)
     2位 サントリー缶ビール (松田聖子)
     3位 ミノルタX-7 (宮崎美子)
     4位 明治製菓カール (カールおじさん) 
     5位 サントリートリスウィスキー (子犬)
     6位 ハウスククレカレー (キャンディーズ)
     7位 サントリー樹氷 (田中裕子)
     8位 カルビーポテトチップス (藤谷美和子)
     9位 ホンダシティ(マッドネス)
    10位 JR東海・シンデレラエクスプレス (松任谷由実)

     その他 

     昭和40年代 CMベスト10 https://www.youtube.com/watch?v=oaoUn7_RGUE

     昭和を生きた方々は、みな知っている懐かしいCMばかりだと思う。久しぶりに見て青春時代やその時代を思い出深く回顧した方が多いと思う。私自身はCMでその時代の流行がわかるし、どんな商品が世の中を闊歩し寵児になっていたかを知る手がかりにもなると思う。今では1年も続くようなロングランCMは少なくなったが、かつては数年間も変わらぬ映像を流していたため、人々の記憶に刻み込まれていると思う。今回は、僭越ながら、順位付けをしてしまったが、お気に入りのCMは十人十色だと思う。今日お送りしたCMにあなたの思い出が焼き付いていたら嬉しく思う。

     記事作成:1月19日(日)

    2017年2月 7日 (火)

    伝説の男⑳ ~CM作曲の第一人者~

     2017年の今年、彼は今もご健在で84歳となられた。最近は彼の息子さんの小林朝夫氏の予言が脚光を浴びているが、彼は私が幼少の時から、多彩な才能を発揮し、「テレビの申し子」とさえ思える活躍をしていた。「伝説の男」として、今回私が名を挙げたい人は作曲家の「小林亜星」さんだ。
     彼はその巨漢体型にして、愛らしい風貌、しかし、昔から日本の父親を彷彿させる「頑固親父」キャラでドラマで主役も張った。俳優という印象があったが、本業は作曲家だというから二度驚く。彼は高齢になったせいか、最近はマスコミにあまり登場しなくなったが、彼の顔を見れば、すぐに思い出すと思う。ではまず、彼の存在を知らない若い人でも、彼の作品を耳にすれば理解できるということを示したい。何故、今回私が彼を取り上げたのか?彼がどれほど凄い人物なのかを振り返りたい。

     <小林亜星> 

    Asei 1932年8月11日、東京都杉並区生まれの84歳。
      昭和30年、慶応義塾大学経済学部卒業。作曲を服部正氏に師事。
     昭和36年のCMソング、レナウン「ワンサカ娘」「イエイエ」をはじめ、サントリー「オールド」、明治製菓「チェルシー」、ブリヂストン「どこまでも行こう」、日立「この木なんの木」等、 次々とヒットCMを作曲。他に、ドラマ音楽(向田スペシャル、裸の大将、三匹が斬る、他)、歌謡曲、ポップス、アニメ(狼少年ケン、ガッチャマン、ひみつのアッコちゃん、魔法使いサリー、他)の音楽を作曲。 昭和47年、ピンポンパン体操が200万枚を超す大ヒット。レコード大賞童謡賞を受賞。
     昭和49年には巨体を買われて、向田邦子作のTVドラマ「寺内貫太郎一家」に主演、大好評を得る。以来、作詞・作曲、タレントの両面で活躍する。今までに古賀賞、中山晋平賞、ギャラクシー賞を受賞し、昭和51年には都はるみ「北の宿から」でレコード大賞を受賞する。
     クラシックからジャズ、ロック、演歌まで、小林亜星ならではの音楽活動を続ける。また平成14年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「さくら」では、主人公さくらの祖父として出演した。(小林亜星オフィシャルサイトより)

     絶対に聞き覚えのある彼の代表作

     <CM>

     1. 日立グループ 「この木なんの木」

     2. 明治製菓 「チェルシー」

      3. 積水ハウス 「家に帰れば、積水ハウス。」   

     4. サントリー 「オールド」

     5. ブリジストン 「どこまでも行こう」

     6. 大関 「酒は大関心意気」 https://www.youtube.com/watch?v=5XbKfe-w6hA

     7. ライオン 「振り向かないで」 https://www.youtube.com/watch?v=94gJ5jjnDxI

     8. ライオン 「ブルーダイヤ」 https://www.youtube.com/watch?v=DCscXrYDxzA

     9. 日本生命 「モクセイの花」(ニッセイのおばちゃん)

     https://www.youtube.com/watch?v=md7EF4mm614

    10. ファミリーマート 「あなたとコンビに」

     https://www.youtube.com/watch?v=fqt1lWOIJa8

     次点 レナウン 「わんさか娘」 https://www.youtube.com/watch?v=EvqFvUeDYno

     ここに挙げたのはほんの一部で、実際にCMなどで使われたものは、この3倍以上に上る。それほどCM業界では重鎮であり、彼を起用すればヒット間違いなしの状況が続いた。

     彼が凄いのは、CM作品だけに留まらない。テレビドラマなどの主題歌や有名歌手に楽曲を提供し、重賞を獲得している点も特筆しなければならない。ほんの5曲を提示しただけでも彼の凄さを窺い知れよう。

  •  1.科学忍者隊ガッチャマン初期オープニング、のちエンディング「倒せ!ギャラクター」、
                初期エンディング、のちオープニング「ガッチャマンの歌」/子門真人
  •   https://www.youtube.com/watch?v=_sxKcF4VE9s

  •  2.魔法使いサリーオープニング「魔法使いサリーのうた」
  •   https://www.youtube.com/watch?v=0F0xAFaJApk

  •  3.ひみつのアッコちゃんオープニング「ひみつのアッコちゃん」、
                    エンディング「すきすきソング」/水森亜土
  •   https://www.youtube.com/watch?v=KykhC2-WP7s

  •  4.まんが日本昔ばなしエンディング「にんげんっていいな」
  •   https://www.youtube.com/watch?v=EGQSWNgi7iE

  •  5.花の子ルンルンオープニング「花の子ルンルン」/堀江美都子、
                 エンディング「女の子って」/猪股裕子、小林亜星
  •   https://www.youtube.com/watch?v=vaXuVSR3Tk8

     そして大ヒットした名曲

     1. 北の宿から ※『第18回日本レコード大賞』(1976年)大賞受賞、東京セレナーデ(都はるみ)
      https://www.youtube.com/watch?v=QKmma_bRdQE

  •  2. 野に咲く花のように(ダ・カーポ)※『裸の大将放浪記』挿入歌
  •   https://www.youtube.com/watch?v=mjkOFpyKSiQ
  •  3. ピンポンパン体操 ※『ママとあそぼう!ピンポンパン』挿入歌 ※200万枚を超す大ヒット
      https://www.youtube.com/watch?v=1BO7KwRplj4

     どうでしたか?彼の偉大さを身にしみて感じてくれたことと思う。私は小さい頃から彼の曲を間接的に身体で覚えてきた世代なので、彼の存在感はもとより、人間性など素晴らしい人物と崇拝している。最近はテレビなどであまりお目にかかれなくなっているので、残念でならない。もしかして健康的なことなのか・・・。84歳になられてはいるが、私は引退はされていないと思うし、まだまだ私たちを感動させる作品を残していただけることを願っている。

     記事作成:1月15日(日)

    2017年2月 6日 (月)

    日本文化を大切にする番組

     最近、ハマっている番組がある。それはテレビ東京系列で放送されている『世界!ニッポン行きたい人応援団』というバラエティ番組。意外にも2016年4月14日番組開始というから、まだ1年経過していない。我が福島県では、同時ネットではなく、数週間遅れての時差式放送だが、私の好奇心を揺さぶる編成になっている。
     それは、日本のことが大好きで、或る伝統文化に夢中となり、それを学ぶために日本へ行きたくてどうしようもない人の中から、どれだけ思い入れが強いか「アピールVTR」でひとり選び、日本への渡航費用や滞在費用を番組持ちで招待する。そして初めての来日で、様々な体験を通して日本文化を紹介するもの。
     ではなぜ、私が今回こうしたテーマを設定したか、わかるように、動画サイトにアップされている番組の様子をどうぞ!



    和太鼓 https://www.youtube.com/watch?v=GVlA0ZCihFk

    和菓子 https://www.youtube.com/watch?v=328DwdIUdIE

     墨絵 https://www.youtube.com/watch?v=-deRJE68EQk

    相撲 https://www.youtube.com/watch?v=ysQePySkBik

    三味線 https://www.youtube.com/watch?v=OMiR1O4t6dM

    寄木細工 https://www.youtube.com/watch?v=9QDCb8GEpg8

    大島紬 https://www.youtube.com/watch?v=xr_BLNhXnvo

     着物 https://www.youtube.com/watch?v=yAQUErP5MJs

     弓道 https://www.youtube.com/watch?v=4Cc6_Gx3KAs

     神社仏閣 https://www.youtube.com/watch?v=4ew6Y8-GBB8

     空手 https://www.youtube.com/watch?v=OiaeQ_bEujM

     甲冑・兜・鎧 https://www.youtube.com/watch?v=RxycQuO43ck

     盆栽道具 https://www.youtube.com/watch?v=JDSHvjUtEXI

     不思議なことに、日本をこよなく愛し、贔屓にしている国はポーランド人が多いことだ。日本文化を愛してくれる人々がこんなにも多くいるとは・・・。

     この番組では、民泊した家族との交流や、憧れている文化の第一人者と「ウェルカムサプライズ」として面会し、直接教えを乞うたり、日本人のおもてなしの心やふれあいを通して異文化交流の大切さや、日本人すら知らない日本の伝統文化に傾倒している外国人に、自分の技や知識を惜しげもなく教える日本人の姿に感動する。
     そして、日本人でありながら、古来の伝統文化を知らない自分自身が恥ずかしくなる。その道のプロである職人たちは、後継者が少ない中で、少しでも自分たちが歩んできた道に興味を抱き、夢中になってくれていることを嬉しく感じ、また意気に思い、精一杯のおもてなしで歓待する。訪問者は日本文化の素晴らしさや本場で体験する匠の技に感激し、感謝の意を表す。そして「その技を習得し、いつかまた、絶対日本に来たい」と結ぶ。

     私はこの番組から学ぶことが多い。彼らは日本人以上に日本のことをよく知っていて、日本の伝統文化を学び、自国民にその素晴らしさを伝えようと努力する。日本文化を学ぶ外国人を、とびっきりの笑顔と最高のおもてなしで、彼らの努力に応える。これこそが真の国際交流だと思う。

     欧米化する食生活や生活習慣の中で、「日本人らしさ」や日本文化をどんどん切り捨てているような畏怖の念すら感じる。古来からの伝統文化に価値を見出し、それに惚れ込んでいるのが、日本人ではなく、ほかならぬ外国人であるという点は遺憾だ。こうした古からの文化の継承者が不足している反面、外国人たちが大事に思い、それを学ぼうとする何たる皮肉なのか。
     日本人なら「日本文化」を守り、それを次世代へ継承していくことがもっとも重要だと思う。

      そういう意味でもこの番組の価値は高い。ぜひ皆さんもご覧頂き、特別な感慨を持って日本文化の素晴らしさを再認識していただけたら幸いだ。

     記事作成:1月17日(火)

    2017年2月 5日 (日)

    疑問

     時々僕は考える それは人から見ればどうでもいいことかもしれない

     宇宙を支配しているのは誰 地球を創り出したのは誰

     人が神と呼んで崇める者の仕業なのか

     時々僕は考える それは人から見たら馬鹿げたことかもしれない

     どうして僕は人としてこの世に生を受けたのだろう

     別に虫でも 植物でも 魚でもよかったはずなのに

     どうして人間として生まれ出たのか

     時々僕は考える それは現実とはかけ離れたことかもしれない

     どうして僕は今ここにいるのだろう どうして死なないのだろう

     世の中には気持ちとは裏腹に、若くして事故や急病で死ぬ人がいる

     その人は単に生命線が短かっただけなのか 

     それともそれを宿命(さだめ)というのだろうか

     時々僕は考える 僕が生まれたのは前世の存在の行いが良かったからなのか

     どうして今の両親の子で生まれたのだろう 俳優の政治家の息子でも良かった筈だ

     世の中科学では証明できない 解決できないことだらけ 

     そして自分はあと何年生きて、どんな死に方をするのだろう

     最期を迎える時に、愛する人たちに囲まれて、看取られて死ぬのだろうか

     人知れず孤独の身で 息絶えるのか それはやはり神のみぞ知るのか

     嗚呼、人生とは時に無情で 時には安らぎを与える
     嗚呼 人生とは不可思議なものよ 僕をどこにいざない、連れ去るのか

     知っている人がいたら教えてほしい 私の生き様を そして死に際を

     目を開けたらすべてが夢だったことを期待しながら今宵も眠りに就きたい

     記事作成:12月6日(火)  

    2017年2月 4日 (土)

    時代の英雄とは大量殺人者なり!?

     私の嫌いな言葉に、「勝てば官軍、負ければ賊軍」がある。私の亡き祖父母は会津出身なので、江戸時代末期に、薩摩の寝返りによって「薩長連合」が成立。その西軍に滅ぼされた徳川幕府。その最後の砦として勇ましく戦い、散っていった会津藩士たち。多くの犠牲を払って、今の日本が確立されたことを忘れてはならない。

     「歴史は繰り返される」というが、21世紀の現代でも世界各地で紛争が勃発し、テロが横行しているご時勢になんら変りが無い。いつの時代も「戦争」には「殺戮」や「迫害」が付いて廻り、多くの尊い命が犠牲にされる構図は旧態依然のまま。戦争も知らない幼い命が、テロで失われ、本来なら死ななくて良かった人が犠牲になっているのが、現代社会、そして国際情勢の現実なのだ。

     では今回のテーマに移るが、過去、歴史の大転換期や時代を変える革命的な事象の際には、独裁者なる者が登場し、大量殺人を働き、権力の座におさまった者が「英雄」として崇められている。そんな今は英雄、されどかつては大量殺人者たちを取り上げたい。ただし、過去の事実的歴史であり、彼らを非難したり、侮蔑するものではないのであしからず。

     ナポレオン

     フランスの皇帝と呼ばれ、フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。その主役となったナポレオン。「我輩の辞書に不可能という文字はない」とまで言わしめた自信家の英雄だ。
     しかし、砲兵将校としてフランス革命に参加。イタリア派遣軍司令官として勝利を得、1799年のクーデターで執政、1804年皇帝となるも、その間、ありとあらゆる軍事手法で、直接手を下さなかったとしても、命令で多くの兵士を死に追いやったことは事実だ。
     革命には戦が不可欠だったし、その実現のためには多くに血を流さざるを得なかった。

     三国志の英雄たち(劉備、曹操、関羽、張飛、諸葛孔明など)

     中国統一のために、一体何百万人の人間が犠牲になったことか。赤壁の戦いひとつをとっただけで魏軍と呉軍合わせて数万人が戦死した。

     中国の歴史は「戦の歴史」と言って過言ではない。同時にその歴史は「人殺しの歴史」でもある。今でも中国が世界一の死刑執行数を誇る。麻薬は重罪。姦通罪も死刑。偽物と知っていながら物品を販売した者への罰則も厳しい。10億人を超える人口を抱える中国は、人命を軽視している傾向がありありだ。まるで「代わりは五万といる」という安易な発想で・・・。

     織田信長

     日本人が好きな歴史上の人物で1位の織田信長。戦国時代に天下統一を夢見てそれは戦だらけの一生を過ごした。私は彼は三国志の曹操とダブる。「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」の形容詞がピッタリだ。
     OKWAVEの回答によれば、単純に合戦での戦死者ということで、戦国時代での戦での死者、それほど多くはないです。鉄砲が使われるようになって増えてはいますが、数%程度と言われています。記録によっては戦死者数は違いが結構あり、一桁違うことさえあります。ただ、現在の戦争ほど多くはないです。少ない方で考えると1%以下になります。
     あとは、たとえば信長公の指示でどれだけの戦が行われたか、ですね。
    仮に2万人の兵を動員した戦が25回、とすると延べ50万人。その3%は1万5千人、となります。しかし、現代ではひとり殺しても重罪なのに、昔は天下とりのために数万人規模で殺し合いを行った。これらは犯罪行為に当たらず、時代が変る節目としては当然の成り行きだった。戦国時代、幕末、また「○○の乱」と名が付くものは、多くの犠牲者があったことを私たちは忘れてはならない。

     伊達政宗

     出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。 仙台藩初代藩主。奥州を治め、「独眼竜」の異名をとった。彼の殺戮で有名なのは、「800人なで斬りで、政宗は大内定綱の支配する小手森城を包囲して攻め落とし、見せしめのために城中の人間を皆殺しにするという過酷な措置を取りました。犬猫、女、子供にも容赦なく切り殺すという非情者だった。

     新撰組(近藤勇・土方歳三・沖田総司など)

     京都守護職だった会津藩お抱え見回り組として、討幕を叫ぶ浪士たちに敢然と立ち向かった。もっとも有名な事変は「池田屋騒動」で、長州藩を中心とする勤王の獅子たちを皆殺しにした。

     徳川家康

     豊臣家を滅亡させ、天下統一の座に収まり、江戸幕府を開いた初代将軍。天王山夏の陣など、多くの犠牲者を出した。小早川秀秋の寝返りによって、関が原で20万もの軍勢が戦い、東軍が勝利したが、僅か一日の戦闘のみで戦死者は8千人とも言われている。

     書きたくもないが、中韓では、日本の初代総理大臣の伊藤博文を暗殺した殺人者が英雄として奉られている。

     以下は「世界史虐殺者ランキング」の記事を部分的に引用させていただきました。

     ポル・ポト(カンボジア)

     「文化大革命」に影響を受けた「ポル・ポト」が実行した大粛清により、1975年から1979年の間の死者数が300万人にものぼったとされている。当時のカンボジアの人口が800万人程度だったことを考えると、とてつもない大虐殺だったことがわかる。

     アドルフ・ヒトラー

     ポーランドでは、ユダヤ人総人口の9割がホロコーストで死滅したとされており、「劣等民族」または「不穏分子」として、ユダヤ人(600万人)、シンティ・ロマ人(約20万人)、ポーランド人、セルビア人(50万から120万人)、ロシア人、スラブ人、知的障害者、精神病者、同性愛者、黒人、エホバの証人、共産主義者、無政府主義者、反ナチ運動家なども殺害したとされ、殺害されたこれらマイノリティーの合計は、900万人とも1100 万人とも言われていまる。
     時代が産み落とした悪魔であるが、こうした独裁者に乗せられ、大量殺戮を行った旧ドイツ兵士も同じ罪を背負っている。

     ヨシフ・スターリン(旧ソ連) 

     レーニンの後継者争いでトロツキーを殺したことに始まり、ブハーリン、ルイコフなど幹部を処刑。1937年から1938年までに、134万4923人が即決裁判で有罪に処され、半数強の68万1692人が死刑判決を受け、63万4820人が強制収容所や刑務所へ送られた。
     赤軍も5人の元帥の内3人、国防担当の人民委員代理11人全員、最高軍事会議のメンバー80人の内75人、軍管区司令官全員、陸軍司令官15人の内13人、軍団司令官85人の内57人、師団司令官195人の内110人、准将クラスの将校の半数、全将校の四分の一ないし二分の一が「粛清」され、大佐クラス以上の将校に対する「粛清」は十中八九が銃殺。
     さらに、人民をこぞってシベリア流刑、強制収容所送り。何人殺されたのかもはや調べがつかず、50万人から2000万人まで諸説ある。

     毛沢東(中国)

     毛沢東は、中華人民共和国を成立させた後、農業・工業を振興するため、大躍進政策を実施しますが、結果は中国経済の大混乱と、推計2,000万人から5,000万人の餓死者を出す大失敗に終わり、毛沢東は生涯でただ一度の自己批判を行って、国家主席を辞任した。しかし、その後、文化大革命を実施。一気に反撃に出て、重要な文化財などは徹底的に破壊され、各地で大量の殺戮が行われ、その犠牲者の合計数は数百万人から1000万人以上ともいわれている。

     記事作成:1月10日(火)

    2017年2月 3日 (金)

    ただただ懐かしい物を列挙します!(続編)

     前回、同じタイトルの記事で「ただただ懐かしい物」を200個列挙した記事を掲載したが、今回はその続編をお送りしたい。私の人生も半世紀を越え、振り返れば懐かしいものだらけだ。カテゴリーを分けずに、思いついたものをただ羅列しただけなので、何の脈絡もないが、個人のつぶやきやひとり言だと思い、お付き合い下さい。
     今日は更なる続編を期待して100個に留めたい。では早速どうぞ!

    201 ドカベン
    202 日の丸の国旗(現代は何%の家庭が所有していることか)
    203 陣取り(子どもの遊び)
    204 水飲み鳥
    205 コマネチ
    206 てなもんや三度笠(シャボン玉ホリディ) 
    207 ニャロメ
    208 ふくしま未来博(福島県限定)
    209 ぶら下がり健康器
    210 沢田研二

    211 東京タワーのペン立て付き卓上日めくりカレンダー
    212 おっまかせコール
    213 金さん銀さん
    214 ずいずいずっころばし
    215 ブリキのおもちゃ
    216 学生カバン(潰して持ち歩いた)
    217 とびだせものまね大作戦
    218 マカロニほうれん荘
    219 書初め
    220 ビールの一気!

    221 初恋
    222 女子大生ブーム
    223 お立ち台(ジュリアナ東京)
    224 木枯らし紋次郎
    225 手まり
    226 ワンレングス
    227 川口探検隊
    228 がきデカ
    229 サビオ(絆創膏)
    230 天中殺ブーム

    231 ムー一族
    232 いたずらウォッチング
    233 泉重千代さん
    234 ABBA
    235 打ち水
    236 あさま山荘事件
    237 三億円事件犯人のモンタージュ
    238 NHK少年ドラマシリーズ
    239 キックボクシング(沢村忠・富山勝治)
    240 漫才ブーム

    241 絵日記
    242 ももひき&ズロース
    243  日産グロリア
    244 交換日記
    245 山田漆器会館(福島県限定)
    246 組体操
    247 Dr.スランプアラレちゃん
    248 鎌田行進曲
    249 行水
    250 高子沼グリーンランド(福島県限定)

    251 ロンドンブーツ
    252 おニャン子クラブ
    253 野呂圭介(元祖どっきりカメラ)
    254 旧車(ソアラ・クレスタ・シルビア・スープラ・プレリュード・インスパイアなど)
    255 ポマード
    256 夏休みの友(福島県限定?)
    257 鉄道唱歌
    258 郡山レジャーセンター(福島県限定)
    259 テトラパック牛乳
    260 寅さん

    261 彫刻刀とバレン
    262 WAYOUTやVANのトレーナー
    263 帰るコール
    264 仁丹
    265 リトマス試験紙
    266 文通
    267 あ・い・う~(おかぁさんといっしょ)
    268 HOT DOG PRESS
    269 少年キング
    270 リーゼント

    271 Hi-C
    272 ぽったん便所
    273 5時から男
    274 寒風摩擦
    275 へちま日記
    276 テクノヘア
    277 空気椅子
    278 本当は怖いグリム童話 
    279 日本沈没
    280 すごろく

    281 ノストラダムスの預言
    282 大リーグ養成ギブス
    283 ロッキード事件
    284 それは秘密です!
    285 京樽
    286 ビッグベストテン
    287 板垣退助の百円札 菱川師宣の五百円札 伊藤博文の千円札
        聖徳太子の五千円札 一万円札
    289 ランラン・カンカン
    290 福笑い

    291 気くばりのすゝめ
    292 夜のヒットスタジオ
    293 伊藤さやか「陽あたり良好」
    294 たけちゃんマンとブラックデビル
    295 ホッピング 
    296 青春ドラマ「俺は男だ」「飛び出せ青春」「われら青春」「ゆうひが丘の総理大臣」
    297 マジカル頭脳パワー 
    298 ひし美ゆりこ
    299 けん玉
    300 「俺たちの○」シリーズ 旅、朝、祭など

     こんな記事を思いつくあたりは、やはり歳をとった証拠だ。自分はまだ半生としか思っていないが、時間の経過に伴い懐かしいものがどんどん増えていく。

     記事作成:1月7日(土)~

    2017年2月 2日 (木)

    私が韓国を嫌う理由

     本日の記事は、韓国への非難や批判の記事が満載の内容となっています。また、本記事は、「表現の自由に基づく私見」であることを承知していただける方のみ、ご覧ください。韓流ファンや在日の方は、ここでご退出願います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     最近、甚だ遺憾ながら、朝鮮半島情勢について、私見的な記事を書く機会が増えた。去年の4月にも同様のタイトルで「私が朝鮮人を嫌う理由」という記事を書いたことがあったが、今回はその続編となる。
     強烈な反日行動を繰り返し行う「困った隣人」である韓国は救いようのない愚国で、自らを客観的に捉える感覚が欠乏しているため、自国を世界一優れた民族と曲解し、国際的に四面楚歌になろうが、孤立しようが、あくまで強硬姿勢を取り続けている。

     アメリカの「トランプ大統領」誕生によって、朝鮮半島を取り巻く状況は一変し、今後、韓国はますます窮地に立たされる見込みなのに、危機感すら持たない相当おめでたき民族
    だと言える。自らが選択した過酷な運命をひたすら突き進み、自滅あるいは破滅の一途を辿っていることを知らないのは当人だけである。
     日本への敵対心をあらわにし、対抗意識を燃やし、バッシングをいっこうにやめない韓国を非難する記事を、過去に何度も当ブログで掲載してきたが、それには主たる理由がある。まずはそこから申し上げたい。

     「私が韓国を嫌う理由」

     1  震災時の非人間的対応

       日本が東日本大震災に襲われた時、救援隊や救援物資、義援金なども一切送ら
      ず、「日本の震災をお祝いします」という垂れ幕を掲げる非人間性。災害に見舞われ、
      大勢の人が犠牲になった国をあざ笑う所業は、もはや正気の沙汰ではない。結局は
        完膚なきまでに叩き潰したいのが韓国人の国民感情の本性ということだ。卑屈にして
        残忍な国民性が如実に表れている。

     2 日本バッシングをスポーツに持ち込む愚直さ

       オリンピックやW杯などスポーツの国際大会に「領土問題」や「従軍慰安婦問題」、
      「靖国参拝問題」政治問題を持ち出す無法さ。まったくのスポーツマンシップに反し、
      自分勝手でルール無視。審判への猛烈抗議、相手チームへの暴力行為は茶飯事で、
      平等性・公平性を著しく欠く。公共性など微塵もない。サッカーでは、ゴールを決めた後
      の韓国人が、猿真似をして日本人を馬鹿にする。
       しかも「平昌冬季五輪」の開催にあたり、ネットには日本列島を消滅させた周辺地図
      を作成し、公開するなど、逐一日本を亡き者にしようと画策し、日本人や政府の神経を
      逆なですることを快感にしている俗物根性がある。

      https://www.youtube.com/watch?v=H2QpD58nKDs

     3 政府間合意を容易に覆すルール無視の非常識国家

        「慰安婦問題」で、不可逆的解決に向けた国家間合意を容易に覆すなど、約束すら
       無碍にする信用ゼロの国家。遺恨感情に凝り固まった民族。他人を攻撃することに
       喜びを感じる不道徳な国民だらけだ。大体、ありもしない強制慰安婦などをでっち上
       げ捏造しておきながら、ちょっと甘い顔をすると付け上がる図々しさは怪しからん。

       https://www.youtube.com/watch?v=MSe4iMYPOqY

     4 日本の伝統文化財の窃盗や破壊に見る民族性

        靖国・神社仏閣・仏像・地蔵などへの放火、損壊、窃盗などの犯罪は韓国人が多数
      を占める。12月に福島県で起きた仏像や地蔵破壊の犯人も韓国籍の男だった。
       わざわざそのためだけに入国した悪質な犯罪者だ。日本人憎しの感情の塊だ。どこ
      かで一矢報いてやろうとか仕返しをしたいという根深い感情の表れだ。
        韓国国内の風潮として、日本人を傷つけたり、鼻をあかしたり、出し抜いたり、侮辱
      したり、暴力的な言動や行動をした者が正当化され、崇められる。こうした非人間性
      がある限り、この民族は腐敗の一途を辿るのは間違いない。

     5 日本の初代首相・伊藤博文を暗殺した犯人を英雄として崇める本末転倒思想

       韓国を繁栄に導いた日本の宰相を殺した殺人犯「安重根」を敬う政治思想が非常
      識。殺人者を「英雄視」するその感覚そのものも異常だが、恩を仇で返すのが朝鮮人
      の本質だ。

     6  本末転倒の口撃の矛先

       韓国が「売春国家」であるにもかかわらず、日本を「AV大国」と罵ることで責任回避
      し、形勢逆転を工作する。韓国女優などは性接待が当たり前になっている現状をすっ
      かり棚上げし、日本人を鬼畜のように扱い、日本批判ばかり。こうした傾向は北朝鮮も
      同様。

     7 都合の悪いことは棚上げしたり、摩り替えるあくどい性質

       「ライダイハン」(ベトナム戦争時の韓国軍によるベトナム人、大量虐殺、強姦事件)
      を棚上げし、慰安婦攻撃に固執し、徹底的に糾弾しようとするあくどい姿勢。
          現に国家間の合意で、すでに元慰安婦に10億円の賠償金を捻出し、納得の上で受
      け取っているにもかかわらず、まったく関係のない輩がこの問題を政治利用するなど
      悪用し、蒸し返すあくどい行為に走っている。結局は朝鮮人は、昔から被害者意識に
      凝り固まり、相手をけなすことで自らの優位性を保ってきた経緯から解放されず、この
      問題が解決してしまえば、日本を攻撃できる材料を半永久的に失ってしまい、自らの
      主義主張が絶たれてしまうのだ。だから、いくら日本政府が百歩譲って誠意を示して謝
      罪しようが賠償しようが、韓国人はそれに乗じてさらなる要求を突きつけてくる。いわ
      ば、ゆすり集りの部類なのだ。常識などは端から通じない悪徳集団と思って対処した
      ほうがいい。少しでも隙を見せたり、甘い顔をすれば、どんどん付け上がって来る無法
      国家なのだから。
       

     8 「感謝の念」が無く、恩を仇で返す恨み節の異常性

       「日韓併合」のおかげで貧困で喘いでいた国民の生活レベルが飛躍的に向上し、豊
      かになったにもかかわらず、侵略などと騒ぎたて、感謝どころか歴史を歪曲し、攻撃材
      料や汚点に仕立て上げてしまう強かさ。韓国や中国では謝ったら負けだし、人に感謝
      するという概念が欠落している。だまし討ちしてナンボの感覚しか持ち合わせていない
      のだから。

     9 日本からの多額の経済支援を無きものにする利己主義

       戦後、戦争責任の賠償で、日本政府や企業から巨額の経済支援を得ていながら、そ
      れを日本のおかげと思わず、恩知らずで逆に仇で返す国民性。更なる謝罪と賠償を要
      求する「厚顔無恥」の民族性。日本がこれまでに韓国に行った経済支援総額は約23兆
      円にも上っている。にもかかわらず、韓国経済の発展は日本が寄与したにもかかわら
      ず、韓国人は自分たちが優秀だからそうなったと曲解し、自身の手柄にしてしまう図々
      しさは天下一品だ。 

    10 火病(ファンビョン)

       直情径行が顕著で、自分が思い通りにならないと、あたり構わず叫び、泣きまくり、
      喚き散らし人に八つ当たりする。外国に留学した学生が、国際的な見地から韓国を見
      渡した時に、あまりの愚直さや、教育の誤りに気づき、自暴自棄に陥ったり、自尊心を
      砕かれた時に起こる病気だ。
       謙虚さ・誠実・責任感・公共心という言葉は、韓国人にはおよそ無縁で、主張しない
       者は馬鹿にされるという風潮しかない。すぐに感情的、つまり激情型で、攻撃性が強
      く、徹底的にやっつけないと気が済まない性質。自己嫌悪に陥ると手がつけられない。

      https://www.youtube.com/watch?v=dElm5PXM8gg

      https://www.youtube.com/watch?v=zZ_uLv4M3xc

    11 学力差別・人種差別が激しい国

       入試では遅れそうな学生をパトカーや白バイが送迎する異常さ。学歴が最優先で、  
      優劣で物事を判断したり、人種差別が激しい。競争原理が著しい国家は、いたわりや
      思いやりの心など育つ筈が無い。汚職・賄賂要求・ナッツリターンなど思い上がりが生
      んだ犯罪が横行しているのはそれが原因だ。人を見下す思想が蔓延しているのが韓
      国社会だ。
     
    12 恐ろしい団結力と群集心理
     
       人の失敗を許さず、ひとりを寄って集って攻撃する粗暴な民族だ。異常なまでの団結
      力でデモを行い、相手がたとえ大統領でも辞任に追い込むまで徹底的にやっつけよう
      と試みるバズ攻撃の性質を持っている。
       何より怖いのは、群集心理の圧力によって国が方向転換を余儀なくされることだ。朴
      大統領も、毎週のように開催された大規模デモにより失脚した。
       また、1月26日のニュースでは、対馬の寺にあった仏像が、韓国人窃盗団によって
      盗まれたが、韓国の寺が「日本人の略奪によって、対馬に渡ったものである」と主張す
      ると、裁判所がその訴えを認め、所有権を認めたという不合理な判決を下した。窃盗
      や泥棒を正当化する不当なもので、この気概が暗躍するのが韓国社会だ。「盗人猛々
      しい」とはこのことで、声を大にして主張すれば、それが認められてしまうのが不条理な
      韓国のやりかたで、もし少しでも全うな常識を持った裁判官が、日本贔屓な判決を下
      せば、判事を寄って集って非難し、弾劾に追い込むだろう。したがって、良心に従って
      公平な判断など下せるわけがない。
       韓国に有利、日本を蔑む判決を出さざるを得ない。そうした正当な判断を阻害する社
      会構造が国家としては末期だと言えるのだ。

    13 大統領退任=即逮捕し、犯罪者扱いとなる冷血性

       過去、朴大統領が暗殺されたり、大統領を退任後、即座に逮捕され身柄を拘束。裁
      判の末、死刑判決を受けた者が複数いる。また、強烈なバッシングに耐えかねて自殺
      した大統領さえいる。在任中の功績を認めるよりも罪を指摘し、暴露することで批判の
      集中砲火に晒すのが常套手段のようだ。

    14 ことわざでわかる恐ろしい朝鮮人の民族性

     ・ 一緒に井戸を掘り、ひとりで飲む → 裏切り・卑怯・ひとりよがりの発想
     ・ 泥棒をしてばれても弁明する → 犯罪を肯定化 嘘つき
     ・ 泣く子は餅をひとつ余計にもらえる → 打算的 強か
     ・ 女は三日殴らないと狐になる → 暴力的、男尊女卑を肯定化
     ・ 牛が逃げ走るのは見物 → 冷淡・嘲り 上から目線
     ・ 梨の腐ったのは娘に、栗の腐ったのは嫁にやる → 利己的 差別 侮辱
     ・ 川に落ちた犬は、棒で叩け → ダメ押し 助けようという気持ちもない
     ・ 女は三日殴らないと狐になる →暴力の正当化 女性を奴隷扱い
     ・ 母親を売って友達を買う → 親を売る?非情 薄情 無感謝

     ・ 他人の家の火事見物しない君子はいない。→ 破壊的発想 同情心のかけらもない
     ・ 弟の死は肥やし → 血を分けた兄弟でも利用 無情
     ・ 自分の食えない飯なら灰でも入れてやる → 利己的 独善的
     ・ ニ人で食事をしていて、片方が死んでも気が付かない →周囲への気遣いが全くない

      どれもこれも人種差別や偏見、虐待、迫害に近い内容ばかり。人権無視だし、手前勝
     手で強い憤りを感じる。人を出し抜くことしか知らんのか?こんなことわざを人生訓にし
     ていたり、手本にしているとしたら、朝鮮人の存在価値など無に等しい。国際社会のゴミ
     でしかない。

    15 整形大国

       朝鮮人の特徴として、ひと重まぶた、えらの張った四角い顔の輪郭、紫がかった鱈子
      唇、のっぺり顔というのが相場だった。ところが、元の顔の面影が無いほど美容整形
      で変えてしまうのが韓国人の新たな思潮になった。結局は心のみならず外見まで嘘で
      固めている偽装が罷り通っている悪徳民族だ。親から授かったものまで変形する。
       韓国は「整形大国」でもわかるように、外見だけでなく、政治や歴史など、すべてが嘘
      で塗り固めた国家だ。見栄っ張りで嘘をついて保身するのが信条で、葬式などでは全
      く縁もゆかりもない他人の「泣き女」を雇い、悲しみを演出する。
       これは北朝鮮にも見られる光景で、将軍様が現れる映像では、国民が嘘で演出した
      ような大げさな拍手や作った様な表情、昔の大映テレビドラマのような不自然な行動な
      どが目を引く。見境なく「喜怒哀楽」の感情を爆発させる。違和感というより、頭がイカ
      れているとしか思えない。

    16 日本を強烈にバッシングする政治家しか生き残れない社会性

       歪曲した教育を正当化するため、政治家がこぞって日本批判に奔走する。もしも日
      本と友好関係を推進しようなどと訴えたら最後、たちどころに政治家としての危機とな  
      り、売国行為と罵られ、政治生命を絶たれることだろう。あえて、日本を口汚く罵り倒す
      ことで国民の人気取りを平然と行う異様さはもはや政治の末期で亡国状態だ。
       バッシングの材料は慰安婦、竹島、靖国参拝など日本叩きの目的のためならいくら
      でも作り出す。すべての原因を一方的に日本になすりつけ、さも自分達が正しいと主張
      するのは露骨過ぎるし責任転嫁も甚だしい。

    17 幼少期から反日を叩き込む歪曲教育を徹底

       子どもの頃から日本人を鬼畜として扱い、その残虐性を説き、反日感情を植えつけ
      る。道徳心や人を敬うことや助け合いの精神などは憎しみから育つわけがない。   
       逆に言えば、政府の誤った方向性で、韓国人自身が人を憎む感情や性質を押し付
      けられ、人間的に不幸に陥れられている。学力や優劣で人を判断し、自分を大きく見
      せたり、罵詈雑言を吐くことで、自分の優位性を主張する。なんともおぞましき、情け容
      赦ない国民性だ。人を羨んだり、恨んだりする感情しか持ち合わせない人間性では、
      真の幸福感など疎遠になってしまうのは明らかだ。  

    18 ネット批判で有名芸能人を次々自殺に追い込む残虐性

       これまで若手女優や俳優、人気歌手が何人自殺に追い込まれたことか。誰かがひと
      りを標的にし、攻撃すると、群集心理で徹底的に叩き潰すような傾向がある。女優の
      場合は「性接待」強要も自殺の要因になっている。こんな民族が、日本の慰安婦などを
      よくぞ批判できるものだ。朝鮮人は売春で生計を立ててきた者がわんさかいるくせに。

    19 常軌を逸した横暴行為

       国際的な概念も無く、日本の日の丸や日章旗を焼き払い、日本の天皇や首相の顔
      写真を付けた人形を蹴りつけるなどして憂さ晴らし。外国の国旗を傷つけたり、ぞんざ
      いに扱う国は韓国とイスラム国くらいではないのか?こういう冒涜行為や暴動に走るの
      は、単に歴史問題に託けてのものではなく、日本人にはどう抗っても敵わないという嫉
      妬心や負けず嫌いの反骨精神から来るものだ。実に情けない。直接口汚く罵ることで
      しか、自らの優位性を世間に訴えられない、惨めな人種ということだ。科学技術や経済
      では太刀打ちできないと自らが知っているから、こうした方法でしか攻撃できないの
      だ。

    20 愛国心もない欺瞞国民

       70年以上も前の出来事をいつまでも穿り返し、日本をゆすり集ろうとする気概しか
      持ちあわせていない。過去にとらわれ、執拗なまでの批判の連続。これほどまでの日
      本批判や反日行動が目に余るにもかかわらず、日本を訪れる韓国人旅行客が毎年
      のように、記録を更新している
       嫌いな国にわざわざ来るからには、それ相応の理由がある。日本のあらを探して攻
      撃する材料を見つけるためか、あるいは文化財を損壊させる目的の否定的な思想家
      なのか、逆に、決して口に出せないが、韓国人自身が実際は日本を羨ましく思い、韓
      国に見切りをつけている人々が多いということ。現に、韓国人は生まれ変わっても、再
      び韓国人になりたいと思っている人が案外少ない。
       あれほどまでに恨んでいる日本へ足を運ぶのは、内心は日本の美しい風景や民度
      が高く秩序ある生活、高度に進んだ科学技術を羨んでいるという証拠だろう。

       一方、日本人は冬ソナに端を発した「韓流ブーム」に乗せられて、中高年を中心に韓
      国を訪れる客が増加したが、それも昔の話。今は、年々酷くなる日本バッシングに嫌
      気が差し、見向きもしなくなった。嫌う国を訪れるほど日本人はお人よしではない。いい
      加減、BSなどで韓国ドラマの放映をやめて欲しい。そんなにイケメン好きな主婦層に
      迎合しなくても、賢い日本人はとうの前に韓国離れを実施している。

    21 八百長、抗議、ルール無視のラフプレー、喧嘩スポーツの宝庫

       日韓ワールドカップの審判買収問題や審判への不服があると暴力に訴えることしば
      し。喧嘩スポーツは常套手段だし、反則は当たり前。こういう国の自己中アスリートは
      スポーツをする資格がない。スポーツマンシップという言葉すら知らない「気無知(キム
      チ)野郎」だ。

     https://www.youtube.com/watch?v=RdgQ27EPdo0  

     https://www.youtube.com/watch?v=1YJ53dx2Kj4

    22 平昌五輪での日本選手団へのバッシング予想

      ソウル五輪や日韓W杯ではさほどではなかったが、来年に迫った韓国の平昌五輪で
     は、日本選手が出場するレースでは、野次や暴言などが過熱する恐れがある。礼儀も
     知らないこの国では十分ありえる。しかも表彰台では日の丸の掲揚や君が代の演奏を
     打ち切る可能性も或る。スポーツマンシップに反し、政治をスポーツに持ち込む異常性
     がスポーツの祭典である五輪の国際舞台で再燃し、自らの愚かさを世界中に露呈する
     ことだろう。

    23 見せかけと虚構、そして手抜きの国民性

      ケンチャナヨ工法をご存知だろうか。中国から学んだ韓国式の建築方法だが、これが
     あまりにも杜撰で、大型ホテルや橋梁、トンネルなどの公共工事もことごとく崩落してい
     る恐ろしい工法だ。たいした技術も知識もないくせに大見栄切って外国からの工事を契
     約し、発注したはいいが、どれも悲惨な末路を辿っている。韓国新幹線も酷いが、日本
     をライバル視しタイマンを張れるほどの力量も技術もない。

     欠陥だらけの建造物だけでなく、韓国人自慢のヒュンダイの車も高速列車のKTXも故障や事故でトラブル続き。スマホのギャラクシーも発火事故が相次ぎ、信用を失いシェアを激減している。見てくれだけの韓国製品は日本の足元にも及ばない。所詮は日本の技術の模倣や盗作なので、オリジナルに勝てる筈がない。

    24 キムチなど辛いものばかり食って脳がイカれている

     唐辛子などの辛味成分にはカプサイシンという健康には有害な物質が含まれている。
    NAVERの記事を引用すれば、体内に吸収されたカプサイシンは、脳に運ばれて内臓感覚
    神経に働き、副腎のアドレナリンの分泌を活発にさせ、発汗及び強心作用を促す。
     カプサイシンは、単体では問題ないが、他の物質と同時に摂取すると癌発生を促進する機能を備えていることが明らかにされた。カプサイシンは刺激をともなう辛み成分の一種なので、唐辛子を食べると舌や喉、胃などに刺激を感じます。
     人間は刺激や痛みを感じると脳に大きなストレスがかかるため、その回避行動として副腎からアドレナリンが分泌されます。アドレナリンにはストレスと闘うはたらきがありますが、あまり過剰に分泌されると大脳辺縁系の扁桃体や海馬が損傷を受け、パニック障害やウツ、睡眠障害などの精神疾患をわずらう場合があります。
     これらの症状は『火病』と呼ばれており、日常的かつ大量に唐辛子を摂取する韓国人特
    有の精神疾患のひとつとして数えられています。少量なら問題はないが、キムチを主食にしている韓国人に火病(ファビョン)が多く発症する事実を考えれば、辛いものを食べ過ぎると、脳に打撃を与えるのは必至。まして韓国人は、脳にダメージにあるものを毎日にように食べ続ければ、精神的にイカれるのは当然。朝鮮人特有の「火病」はなるべくしてなった代物だ。   

    25 張本勲に見る韓国人気質

       巨人の選手時代は好きだったが、今は大嫌いな人物だ。理由は、「サンデーモーニン
     グ」に出演し、勝手な発言ばかりで選手の功績を批判する愚かな解説者だからだ。1位
     以外は認めず、野球以外のスポーツは「何が面白いのかねぇ」と貶す。価値判断が自分
     本位で他人の功績を認めない。自分が一番優秀で偉いと勘違いしている利己的な考え
     方は韓国人気質そのもの。彼は韓国籍だ。だから批判好きで、コーチや監督に招聘さ
     れなかったのがよくわかる。こういう偏向した輩は「サンデーモーニング」から降板させて
     ほしい。たぶん、死ぬまでやるだろう。

    26 「釜山港へ帰れ」の本当の意味

      日本でもカラオケで人気のあるチョーヨンピルのこの曲だが、実は日本語
      の歌 詞とは違う意味を持っていたのをご存知だろうか?私もその意味を知
      らず、歌い やすいメロディーで、何度か歌ったことがあった。
      実は、これは愛しい女性に釜山港へ帰ってほしいと願う韓国人男性の切な
      い恋心を歌っているラブソングだと思っていた。
      しかし、原曲である韓国語の歌詞では、日本へ行ってしまった兄弟が所在
      不明となり、故郷に帰ってこないことを嘆いている政治色の強い曲だと判明
      し、愕然と来た。
     詳しい解説はコチラで

     
    http://proudtvxq.blog20.fc2.com/blog-entry-424.html

       「トラワヨ~プサンハンへ~」とは「帰れ、釜山港へ」と言う意味。これ
      はいわゆる在日コリアンの兄弟が日本へ行って消息がわからず早く帰ってき
      てほしいと懇願している意味あいが強い。韓国が主張するところの、日本へ
      強制連行され、労働を強いられた過去の歴史に思いを馳せ、同胞や兄弟たち
      の安否を心配している。
      何かにつけ、日本批判を生き甲斐にしている韓国人にはおあつらい向きの
      歌で、暗にこの曲を日本でヒットさせることで日本人に、恨めしい過去や歴
      史認識を知らしめようとする悪意すら感じる。 日本人がこの歌を好き好ん
      で歌うことは、日本人が韓国人に日韓併合などで行った行為を知らず知らず
      のうちに認めさせていることになる。
      しかしながら、トラブルメーカー「韓国」はご他聞に漏れず、この曲でも
      盗作疑惑がついて回った。以下は「Wikipedia」より。
      2004年、この歌の歌詞はほかの歌の作詞を盗用したものとして訴えを起こ
      された。訴訟を起こしたのは歌謡曲「
    忠武港へ帰れ」(1970年発表)の作
      詞者キム・ソンスル(芸名:
    キム・ヘイル)の母親で、黄善友に対して1億
      7800万
    ウォンの損害賠償の支払いと日刊3紙に弁明広告を出すよう求めるも
      のだった。「忠武港
    へ帰れ」の歌詞では兄弟ではなく別れた恋人を歌ってい
      た。作詞者キム・ソンスルはこの曲を発表した後に軍へ入隊し、休暇中の
     
    197112月24日大然閣ホテル火災事故死亡した。
      2006年、ソウル西部地方裁判所民事12部は原告に3000万ウォンの支払を
      命じる原告一部勝訴の判決を下した。しかし原告側は不服とし控訴、2007
     年、
    原告側が主張した日本国内著作権料などを考慮して1億6000万ウォン
     とした。
    他国の技術を盗み、それをさも自分のオリジナルであるかのよう
     な主張を展開するのが、この国ならではの悪習を地で行く所業だ。
      
       もちろん、この事実を知ってから、私は二度とこの歌を歌わないことにし
     たのは言うまでもない。
                                                             
    27 日本人は1965年の「日韓基本合意」を忘れてはいけない!
                                                                    
      「1965年の日韓基本条約において無償で3億ドル、有償で2億ドル、民間借
      款で 3億ドル合計して8億ドル支払った。貨幣価値を今の時代に換算すると
      1兆800億円で、その額は当時の韓国の国家予算の2.3倍であり、いかに高かっ
      たかが分かる。
      https://matome.naver.jp/odai/2140219720053980901 

      これだけの賠償を得ていながら、韓国は未だに日本に謝罪と更なる賠償を要
    求してくるやくざにも劣る無法国家。ゆすり集りでしか生きる術を見出せない
    アホども。こういう癖の悪い連中に日本政府は言いなりにいつまでなるのか?
    今こそ国交断絶し、在日を国外に追放し、国際社会から隔離すべきだ。北朝鮮
    中国との板ばさみとなって、一度滅んだほうが全世界のためになる。口の減ら
    ないガキどもを黙らせるには、こうした強い対応で臨むしかないのだ。
     
     まっとうな協議や話し合いで解決つくような問題ではない。万が一、日本が
    百回謝罪したとしても、より強気で、更なる高額な賠償を引き出そうと画策し
    脅迫してくるに決まっている。戦後70年以上経過しても、恨みしか持たず、子
    孫にまでその脅迫概念を植えつける教育しか出来ないのだから。
      
       政治だけではなく、経済的に韓国はもはや火の車状態。日本から外貨獲得を
    もくろみ、脅迫や瀬戸際外交という名の支援を引き出そうと必死だ。サムソン
    の韓国経済連合会からの離脱、最大手海運会社の倒産、ヒュンダイの経営悪化
    など負の連鎖は止まらない。平昌五輪の開催すら危ぶまれる。
      
      自国の大統領を民意の力で引き摺り下ろし、政治の混沌を招き、人を批判す
    ることで自分が生き残るしか方策を持たない心貧しき国民しかいない。北朝鮮
    と同胞である韓国は、やはり嘘で塗り固め、虚構と歪曲、脅迫でしか外交交渉
    は出来ぬ愚かな国家という以外、語りようがない。
     韓国は日韓友好など端から考えていない。ビジネスパートナーや防衛同盟な
    どとも思っていない。日本をいいように利用し、防衛の盾にすることだけだ。
    慰安婦像を国内ならまだしも外国にも設置するのは、こうした恨みを決して後
    世まで忘れまいとする利己的発想でしかない。これを脅しのカードに用いるこ
    とで、外交交渉を上から目線で有利に運ぶための手段にしている。どこまでも
    悪意的で強かなやり口だ。日本は金輪際、韓国には深入りせず、単なる傍観者
    でいたほうが身のためだ。

     
    28 韓国国内だけでなく、外国にも少女像を建設する腐った「恨根性」

      韓国国内のみならず、欧米各国にまで少女像を建設&設置し、捏造した事
      実を外国にまで広め、日本を悪者に仕立てようと企む卑怯な手段。他国を巻
      き込む理由など何もないのに、竹島の基地建設で実効支配するのと同じで、
      既成事実を作り上げ、それを正当化する魂胆は見え見え。無法国家の成れの
      果てという印象だ。
                                                                         
     列挙すればするほど、韓国の馬鹿さ加減と厄介さがつぶさに露見する。こうした見解は偏向ではなく、一般的な日本人が共通に思うところではないだろうか?

     ところで、日韓ワールドカップ以降、ことあるごとに再三再四、日本バッシングを繰り返しておきながら、とうの韓国人は「どうして日本人が韓国を嫌うのか理解できない」などと平気でのたまう。どこまで自惚れが強いのか、それとも単純バカで無神経なだけなのか・・・。
     歴史的な遺恨などもう70年以上も前のことにもかかわらず、捻じ曲げた歴史を子どもたちに植え付け、日本人をまるで鬼畜のように思い込ませてきた「憎しみ」教育を行っている。こんな嘘で塗り固めた国をどうして好きになれようか・・・。

      以上、幼少期から日本に対する罵詈雑言を叩き込まれて大人に成長した国民が、今さら歴史を否定しても時すでに遅しで、そうした感情を180度転換できる筈が無い。「反日教育」を根本的に改めない限り、真の友好関係や信頼関係など構築できる訳が無い。逆に言えば、三つ子の魂百までというが、生まれて間もなく、日本を鬼子のように教え込み、洗脳した人間が、今さら日本に好感を持てる筈がなかろう。

     政権が変われば、いったん取り交わした合意事項や共同声明などの国家間の約束事が、いとも簡単に反故にされ覆す様は、もはや無法国家にして無政府状態で、民衆の言いなりの欺瞞国家だ。それが今の韓国の本質なのだ。
     そんな無法国家が、中国から総スカンを喰って絶縁されようが、北朝鮮から攻め込まれ
    ようが、身から出がたさびであり、日本が助ける事由がないし、義理立てする理由などど
    こにもない。

     日本固有の領土にもかかわらず、竹島に基地を建設し、議員や元大統領が上陸し、韓国領土をアピールする事で国民の機嫌や人気をとる姑息な手段で支持率を上げようと画策する哀れさは末期状態だ。日本人はもう飽き飽きだ。

     隣国と友好的に立ち居振舞う気概もないし、そんな威圧的で非協力的な相手とどうして
    仲良くできよう。経済面、政治面いずれもパートナーシップに成り得る存在ではないのだ。
     これまで日本政府は何百歩も譲歩してきたことも、すべては無に還るだけだ。

     日本は即刻、韓国から手を引き、断交すべきだと私は主張したいが、朝鮮情勢を広い視野から眺めると、どうやら一概に無視できない事情が多々あるように思える。
     そんな論点から私なりの持論を申し述べたい。

     反日の韓国を無視できない理由

     1 南北統一実現への危惧

     日本や中国、アメリカに見放された韓国は、同一民族である北朝鮮との統一を模索するかも知れない。それは最終手段であるが、万が一それが実現しようものなら、強力な軍事大国誕生を意味する。核保有国となり、一気に極東アジア情勢は緊迫し、混沌としてしまう。まさに中国、ロシアを始め、周辺国家の脅威となることは間違いない。日本に対しても強気の姿勢で外交カードを切ってくるに違いない。それだけは絶対に実現させてはならない。

     2 日本批判を世界各国で展開

     今でさえ、世界中に「従軍慰安婦少女像」を建てまくっているのに、断交したら歯止めが利かなくなり、箍が外れたように一気に暴走する。そして告げ口外交で、行動がエスカレートし、日本を無きものにしようと画策するだろう。

     3 在韓邦人が標的に

     国際結婚で韓国に在住している邦人や韓国に進出して創業している日本企業の従業員、そして旅行客までもが標的にさらされ、生命が脅かされる危険性が増す。北朝鮮は拉致国家だけに彼らを人質にし、外交交渉を有利に展開しようと画策するのは見え見え。

     4 在日韓国人・朝鮮人による犯罪が多発する恐れ

     スパイ行為、略奪、殺人、強姦、傷害など、犯罪が増加する恐れが増す。
     日本と国交を断絶したら、在日組は強制送還させられるが、国際結婚で日本に帰化した韓国人などは、日本の対応に対する憎悪を増幅させ、犯罪行為に走る可能性がある。

     5 八方塞で自爆に走る危険性

     これがもっともヤバイ。破れかぶれとなり、アジア諸国を巻き添えに自爆行為に走ること。現在所有する武器や兵器を使い果たし、無差別に攻撃を開始する行為だけは回避させなければならない。そうなると積年の恨みとばかりに、日本が集中ターゲットとなる。日本と心中する意図で、一斉攻撃を行う危険性も否定できない。

     さて、「これ以上、韓国には深入りしないほうが良い」と全うな日本人なら誰もが感じてい
    るところだ。したがって、在韓邦人を帰国させ、企業は韓国から撤退したほうが日韓両国のためになる。日本が去れば、どれだけ日本人の恩恵に預かっていたかが実感できるだろう。
     日本バッシングを協力に推し進める政治家しか国民の支持を得られない愚直な国家というならば、相手をこき下ろし、批判に次ぐ批判を展開しなければ、生き残れないことを意味する。相手をやっつけるという感情論しか持たない国家に未来や活路は無いのだ。そんなに自分たちを世界一優秀な民族と思っているなら、国際社会から断絶し、自活してもらいたいものだ。

     最後に、私の主義主張や基本思想と同調するような、読んでいてスカッとする胸がすくよ
    うなサイトを見つけたので、それを紹介して結びとしたい。
     それは「なでしこりん」というブログ名のサイトで、稚拙な私よりも数段高い視点から韓
    国を論破し、牛耳っている秀逸した内容が盛りだくさんだ。
     URLを掲載しますので、興味がある方はぜひ一読してみてください。

     http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/

     記事作成:1月25日(水)

     追記

     こんな記事を公開後、2月3日(金)に、革新勢力の野党で次期大統領候補の最有力となっている文在寅(ムンジェイン)が、国民の人気取りのため、強烈な発言をのたまった。それは「韓国が日本を捨てる」というカスな発言だ。どの面下げて「日本を捨てるだ!」。バカらしくて話しにならん。どこまでうぬぼれが強い民族なのか。自分たちは日本よりも上だと思っている証拠。自分たちのほうが優秀だと思っているなら、弱者に仕立て上げている日本をバッシングする必要などあるのか?韓国人は相当の自信家というだけでなく、世界情勢が全く無いアホ国家ということだ。GDPで全く及ばず、先進国にも入れず、G8などにも混ざれない発展途上国のくせに「負け犬の遠吠え」でしかない。そんな国が日本を捨てるとは嘲笑するしかないが、日本から見向きもされなくなることが何を意味するのか知っているのか?これまで23兆円にも上る経済支援は、これで打ち切り。国際社会からも孤立するのだ。横槍を入れようものなら、世界から非難の集中砲火を浴びる。
     大統領になりたいための国民迎合策が「日本斬り捨て」論だったら、お笑い種だ。捨て身のパフォーマンスも自滅を誘うだけだ。
     いよいよもって「韓国崩壊」や「韓国滅亡」が現実味を帯びてきた。

    2017年2月 1日 (水)

    FCT・小野紗由利アナウンサー26

     FCTの若手女子アナウンサーの「小野紗由利」さんを応援する意味でこのシリーズ記事を始めたが、今日はその第26弾。すっかりFCTの若手の顔として頑張ってニュース報道やレポートをしている彼女。ベビーフェイスの愛くるしい顔立ちと、お嬢様風の風貌に心癒されている福島県民は私だけではないだろう。平日夕方に放送中の「ゴジてれchu !」や日曜日の「ゴジてれ×SUN」、あるいは夜半の「FCTニュース」などでお目に掛かれる。

     では今回も、主に1月期の彼女の出演番組(ゴジてれChu!!とゴジてれ×SUN)の様子を画像で紹介したいと思う。

     1月11日(水)

    Img_1148_r Img_1150_r
    Img_1153_r Img_1157_r
    Img_1159_r Img_1160_r
    Img_1163_r Img_1164_r

     1月15日(日)ゴジてれSUN×SUN

    Img_1169_r Img_1171_r
    Img_1172_r Img_1173_r
    Img_1174_r Img_1175_r

     1月18日(水)

    Img_1177_r Img_1179_r

    Img_1180_r Img_1178_r
    Img_1181_r Img_1182_r
    Img_1183_r Img_1184_r
    Img_1186_r Img_1187_r

     1月20日(金) スノシュー体験リポート

    Img_1193_r Img_1194_r
    Img_1195_r Img_1196_r
    Img_1197_r Img_1198_r
    Img_1200_r Img_1202_r
    Img_1203_r Img_1204_r
    Img_1205_r Img_1207_r
    Img_1208_r Img_1209_rImg_1210_r Img_1213_r

     1月22日(日)ゴジてれSUN×SUN

    Img_1215_r Img_1216_r
    Img_1217_r Img_1218_r
    Img_1219_r Img_1220_r
    Img_1221_r Img_1222_r

     1月23日(月) ニュースに登場

    Img_1226_r Img_1227_r

     1月25日(水)

    Img_1230_r Img_1231_r
    Img_1232_r Img_1233_r
    Img_1234_r Img_1235_r
    Img_1237_r Img_1240_r

     1月27日(金) ニュースに登場

    Img_1244_r Img_1245_r

     1月29日(日)ゴジてれSUN×SUN

    Img_1249_r Img_1250_r
    Img_1251_r Img_1254_r
    Img_1256_r Img_1258_r

     1月30日(月) 大野アナに代わってMCを担当

    Img_1259_r Img_1260_r
    Img_1261_r Img_1262_r
    Img_1263_r Img_1264_r
    Img_1265_r Img_1267_r

     今月は、正月特番が多かったせいか、「ゴジてれchu!」の放送再開が遅く、彼女の出演場面が少ないと思いきや、別曜日に特集取材や大橋アナに代わってニュースに登場した。アナウンス技術も向上し、安心して見ていられるまでに日々、成長されているように思える。
     ところで、毎月掲載している画像は、私自身が撮影したものであり、彼女の一番可愛いい、あるいは素敵だと思った表情のみをセレクトして掲載しています。

     小野アナウンサー自身も、26ヶ月続いている彼女の活躍を記したこの記事をご覧になってくれていたら嬉しいのだが・・・。

     なお、この記事を毎月掲載する意図は、若いながらも頑張っている彼女を、純粋に親心という視点で応援するためのものであり、それを多くの福島県民や全国の方々に知っていただきたいという以外に何もありません。最近、東京のフリーアナがストーカーに遭ったことを告白し、話題になりましたが、そのような悪意は全くないことをご承知の上、引き続き、彼女の活躍ぶりをご覧頂き、応援して貰えたら幸いです。

    « 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

    福島県の天気


    無料ブログはココログ