2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2017年ぶらり旅① | トップページ | 昔話⑭ ~郡山のあの場所は今~ »

2017年2月17日 (金)

2017年ぶらり旅②

 今年初の旅行。今回は仕事の同僚5人での「男旅」。平日に休暇をとり、一泊二日で「伊勢志摩」往復の強行軍。本来ならば二泊したいところだが、まとまった人数が一片に休暇をとるのはこれが精一杯だった。予算は約6万円だが、実にもったいない。
 ところで「伊勢神宮」がメインの今回の旅だが、私個人は二度目の訪問となる。しかし、前回は高校合格を兼ねて今は亡き父親と行って以来で、37年も前の出来事のため、一切合切忘れてしまっていた。数年前、伊勢志摩サミットの会場となり、あの美しい風景に魅せられて、一度はあの美しい海を見てみたかった。もしかするとレンタル竿を出す時間があるかもしれない。美しい風景の観光と夜の宴会が楽しみのプランとなった。

 予定

 2月16日(木)

 郡山ー東京ー名古屋ー津ー鳥羽~レンタカーで移動(カキ食べ放題)ー 鳥羽展望台ー

 一番街(買い物)ー鳥羽 (宿泊)

 2月17日(金)

 鳥羽ー伊勢市ー伊勢神宮(外宮・内宮・おかげ横丁)ー名古屋ー東京ー郡山

 この模様は、旅行から帰宅後、編集が終了次第、再度公開したいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 2月17日(金) くもり→晴れ→小雨

 5:30起床 結構旅に来た中では眠れた。トイレ出ず
 5:35~6:10 朝風呂へ O氏が露天風呂にいた。マッサージ機で寝ていたところを I
    氏に起こされたらしい 三重県は福島より西にあるため、日の出遅い 
    曇っていて海から上る朝日拝めず残念。ラウンジのドリンクは飲めず・・・。
 7:10~7:50 朝食バイキング メニュー異なる。でもGOOD!納豆もある ウィンナー
    帰り際、マッサージ機10分かける 集合時間間に合わず、途中で切り上げる
    WCやっと出る 喰いすぎて間違いなく太る 湿布貼る

Img_1397_r Img_1398_r
Img_1399_r Img_1400_r
Img_1401_r Img_1402_r
Img_1403_r Img_1404_r
Img_1406_r Img_1409_r

 8:30 ホテルから送迎バスで出発 満員状態 なんと大漁旗を振ってお見送り
 8:38 鳥羽駅着 赤福は賞味期限は3日 売店に「伊勢もち」あり 土産に良い

Img_1410_r Img_1411_r
Img_1412_r Img_1415_r
Img_1416_r Img_1417_r

 8:57 鳥羽駅発 近鉄急行 独特な色 黄色に青いライン 330円 意外と遠い
     座席は横並び

Img_1418_r Img_1419_r

 9:22 伊勢市駅着 I 氏もFTVの寺本アナに癒されている 徒歩で500m参道を歩く

Img_1420_r Img_1421_r
Img_1423_r Img_1425_r

 9:36 外宮(げくう)へ 交差点手前から木の良い香り。ここは左側通行の表示
     37年振りの訪問。前回は亡き父親と家族旅行で来たが、写真を見てもまったく思
     い出せない 久しぶりの再訪でも思い出せず。それもその筈、37年前は伊勢神宮
     ではなく、「熱田神宮」を訪れていたことが後日判明 したがって今回が初訪問だっ
     た
     各鳥居で立ち止まり、拝礼。木立の中を進む。時々大木に触れ、自然の恵みを浴
     びる。森羅万象を全身で感じ取る しかし、上を見上げると、なぜか樹木のてっぺ
     んに避雷針が・・・。総本山の伊勢神宮でも落雷多いとは
     正宮でお賽銭100円投げ入れて拝む。ついいつもの癖で、合掌すると心の中で
     「南無阿弥陀仏」と唱えてしまう・・・。罰当たりが!
     20年に一度遷宮。前回37年前は遷宮前。4年前に建て替え。白い玉石の広場に
     前回の正宮跡があった。警備員に参拝順を聞く ここでは御守り買わず F主任は
     信心深いことが判明

Img_1426_r Img_1427_r
Img_1428_r Img_1430_r
Img_1433_r Img_1434_r
Img_1435_r Img_1436_r

10:00 石段登って多賀の宮100円、小銭なくなり土宮3円、風宮100円 鳥居有無
     曇り空が晴れ間 青空のぞく 写真撮影ダメな場所あり(正宮と巫女は×)

Img_1438_r Img_1440_r
Img_1443_r Img_1444_r

10:33 バスで3.8km離れた内宮(ないくう)へ向かう。途中、乗車客いないのに博物館
     を周回。無料のガイド冊子貰い忘れ 整理券取り忘れる。運転手親切。逐一アナ
     ウンス「曲がります」「止まります」「動きます」など。モニターには映像で観光案内。
     英語、中国語、韓国語で流れる。バス代430円

10:53 内宮前 やはり遠かった・・・。こっちのほが広い 橋は右側通行(外宮と逆)
    広い日本庭園風に松の木があちこちに 開放感あり 宮内庁?日の丸が掲揚して
    ある。マッサージ機の揉み返し?肩こりや左の足の脛が痛む。出発が遅れたため、
    予定よりすべて1時間遅い。焦る。着物美人集団。本日は祭事?テレビクルー
    正宮前大混雑。列を成す。神物を担いだ神主2名が通過 その先に簡易祭壇 
    手をかざすとパワーを感じる。静電気のような・・・。正宮の人の列に並ぶ 石垣に
    登ってM氏が注意される。石段から先は写真ダメ。
    幸運にも神主が15人程度、祝詞を挙げる儀式 正殿の内部も見える 白基調 
    大麻のしめ縄は見られず。帰り道は外人だらけ 団体客?

Img_1446_r Img_1447_r
Img_1448_r Img_1449_r
Img_1450_r Img_1451_r
Img_1452_r Img_1453_r
Img_1454_r Img_1455_r
Img_1456_r Img_1459_r

11:25 御稲御倉、荒祭宮、外幣殿
    白の鈴がついた招福の御守りを1,000円で購入 可愛い巫女となり
    あと1時間で伊勢市駅発の特急が出発。川越の小江戸を思わせるストリートへ
    瓦の江戸時代を彷彿させる店構えが30店は軒を連ねる。人だかり。竹下通り並み
    外人も多い。おかげ横丁まで 赤福本店で760円の8個入りを3箱(2,280円)
    平日なのに人だらけ 時間足りず、おかげ横丁は太秦映画村のセットみたい
    写メのみ。5分も見られず残念
    「伊勢角屋麦酒」で550円の神都麦酒を注文し店先で飲む 小雨降り出す
    「五十鈴川」で松坂牛天420円食す。早足でタクシー乗り場へ

Img_1460_r Img_1461_r
Img_1463_r Img_1464_r
Img_1466_r Img_1467_r
Img_1469_r Img_1471_r
Img_1472_r Img_1473_r
Img_1474_r Img_1475_r
Img_1476_r Img_1477_r
Img_1478_r Img_1480_r
Img_1481_1r Img_1482_r
Img_1484_r Img_1485_r

12:22 内宮発 M氏とタクシーへ伊勢市駅へ 1,590円 
     売店で駅弁なし 伊勢エビせんべい2袋 1,080円
12:35 伊勢市駅着 ホームのファミマ売店で土産購入。真珠の月648円と伊勢もち
     648円で購入。Tポイントカードが財布に瞬間接着剤のせいでくっついて剥がれ
     ず。焦るが、女性店員優しく待ってくれる。こっちの人は人当たり柔らかい 腰低い
           近鉄は変わっている。近ツーの切符はクーポン券のように大きい。特急の名称無
     し。
12:54発 近鉄特急で名古屋駅へ向かう 2号車5A ひとり席。今回はずっと窓側の席
      途中から太ったおばちゃんが隣りに 名古屋まで特急でも時間かかる 遠い

Img_1487_r Img_1488_r

13:09 松阪、13:16伊勢中川、13:27津、13:37白子、14:00桑名

Img_1489_r Img_1490_r

14:17 名古屋駅ガス掛かっている視界悪い とっさに黄色い近鉄カラーの先頭車両を
     撮りに行くがピンボケ。仮面ライダーみたいなマスク。乗り換え 名古屋駅構内、人
     がごった返し 新幹線改札口のデリカステーションという売店で遅い昼食の味噌カ
     ツ弁当と東海道お茶じまんで1,031円。共同出費からの支出
     ホームで大食漢の I 氏の提案で「住よし」で立ち食い えび天きしめん720円
     共同出費から ホームのベンチなどここは赤福一色

Img_1492_r Img_1493_r
Img_1491_r Img_1495_r
Img_1496_r Img_1497_r

15:03 名古屋駅発のぞみ364号 700系 ひっきりなしに新幹線が発着 4号車6番E 
     窓側 O氏が隣りに くもり空 さっききしめん食べたのにもう I 氏が味噌カツサンド
     喰う O氏と話ししているうち時間の経過早く感じる くもり空 東海道新幹線窓小
     さすぎる
15:27 浜名湖通過 ワゴンサービスの女の子可愛い
     車内ニュース 作曲家の船村徹が84歳で死去 関東・北陸で3日遅く春一番 
15:31 豊橋駅通過 駅前に凸型のシティホテル
15:57 富士山、分厚い雲に覆われて裾野部分しか見えず スマホで雲の位置確認
     関東平野、雲全く無しの情報通り、小田原から青空晴れ間 東京は今日20℃超
     新横浜・品川停車 ビルの隙間からやっと東京タワーが見え隠れ

Img_1498_r Img_1499_r

16:43 東京駅着 乗り換え 名古屋駅よりも凄い人並み、よくぶつからない
     原敬暗殺現場のマーク、ここにはなし。遠回りして東北新幹線改札
     17:00発の予定が強風で5分遅れのアナウンス

17:05 東京駅発 やまびこ149号 7号車11D O氏に窓側を譲る 遅れを取り戻すた
    め通常より速い 郡山では定時に戻るのアナウンス。味噌カツ食べる、食べるの早
    いことがバレる スマホで随時現在地確認
    4氏ともに家に旅行内緒。仕事で出張と偽って家を出ている・・・。     

Img_1500_r Img_1502_r
           Img_1501_r

18:09 新白河駅通過
18:19 郡山駅着 結局1分遅れまで取り戻す 改札口で解散後、通路で親戚の伯父さ
     んとバッタリ 飲み会の途中だと。O氏と別れ、MOLTYの4F男子トイレへ駆け込
     む。何とか出す 連絡通路に戻ると再びO氏とバッタリ 一緒に三井リパークへ
     こっちは寒い 午後から再び冬型で気温下がる
18:37 P発 本当に丸2日間駐車して1,400円
     家内の実家に立ち寄り、赤福を届ける
18:53 帰宅

 デジカメバッテリー2日間192枚も撮影して1本目のバッテリーのメモリひとつも減らない快挙 喰い過ぎで腹膨れる また太る

 総括

 雨男・雪男の私を凌ぐ晴れ男2人のおかげで最高の天気でシチュエーションも完璧だった 37年前に訪れた伊勢神宮の記憶は蘇らなかったが、日本人ならここは訪れて正解 神聖な気持ちになった 一泊二日の強行軍だったにもかかわらず、充実した旅行だった

 支出合計

 旅行会社への支払い 51,230円

 その他 共同出費より 約 7,521円
       個人支出分  約 7,510円     総額 約 66,261円

 

 追記(2/20 月)

 私が中学卒業後、家族旅行で訪れたと思っていた「伊勢神宮」は、実は名古屋の「熱田神宮」だったことが判明。したがって、37年振りの再訪ではなく、初めてだったことがわかった。たぶん三重県を訪ねたのはこれが最初だと思う。

 

 

 

     

 

 
 
     

 

« 2017年ぶらり旅① | トップページ | 昔話⑭ ~郡山のあの場所は今~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ