2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 福島が誇る若手女子アナ(FTV編) | トップページ | 巨人の歴代スタメン② »

2017年3月15日 (水)

巨人の歴代スタメン①

 私の長年の巨人ファンにも翳りが出てきた。それは野球少年だった時代には、ONなど憧れる選手がいて、V9を達成するなど他を寄せ付けぬ強さに魅了された。応援のしがいがあったし、それに応えてくれるチームだった。しかし、1990年代頃からドラフトの逆指名やFA導入により他球団の主力を根こそぎかき集め、その場しのぎのための寄せ集めの外人部隊を組織するようになって、すっかり興味が失せてきた。今は、長年の巨人ファンだった経歴を引きずっているにすぎない。

 では、私が巨人ファンになった頃からのスタメンをお送りしたい。それはV9時代だったが、その9年間はほとんど同じスタメンだったため、1973年(昭和48年)から43年間のスタメンを一挙列記したい。なお、投手は9番が圧倒的に多いため、今回は投手を除く8人の打順をお送りしたい。

1973年(昭和48年)優勝V9達成 川上監督 

1柴田 2土井 3王 4長嶋 5末次 6黒江 7高田 8森

1974年(昭和49年)2位 長嶋引退 川上監督勇退

1 柴田 2高田 3長嶋 4王 5末次 6河埜 7富田 8吉田

1975年(昭和50年)長嶋監督 球団史上初の最下位

1柴田 2河埜 3淡口 4王 5末次 6ジョンソン 7土井 8 矢沢

1976年(昭和51年)張本移籍 前年最下位からの優勝

1柴田 2河埜 3張本 4王 5ジョンソン 6末次 7高田 8吉田

1977年(昭和52年) 王、756号 長嶋巨人V2

1柴田 2河埜 3張本 4王 5柳田 6高田 7土井 8吉田

1978年(昭和53年) 2位

1柴田 2高田 3張本 4王 5シピン 6土井 7河埜 8山倉

1979年(昭和54年) 5位低迷

1柴田 2高田 3王 4シピン 5柳田 6中畑 7河埜 8山倉

1980年(昭和55年)長嶋辞任 王引退 3位

1淡口 2篠塚 3ホワイト 4王 5柴田  6中畑 7山倉 8河埜

1981年(昭和56年)原入団 藤田監督 優勝

1淡口 2河埜 3篠塚 4中畑 5ホワイト 6原 7トマソン 8山倉

1982年(昭和57年) 2位

1松本 2河埜 3篠塚 4原 5ホワイト 6淡口 7中畑 8山倉

1983年(昭和58年) 優勝 藤田監督勇退

1松本 23篠塚 3淡口 4原 5スミス 6中畑 7河埜 8山倉

1984年(昭和59年) 王監督 3位

1松本 2篠塚 3クロマティ 4原 5吉村 6中畑 7河埜 8山倉

1985年(昭和60年) 3位

1松本 2篠塚 3クロマティ 4原 5吉村 6中畑 7岡崎 8山倉

1986年(昭和61年)2位

1松本 2篠塚 3クロマティ 4原 5吉村 6中畑 7岡崎 8山倉

1987年(昭和62年)優勝

1松本 2篠塚 3クロマティ 4原 5吉村 6中畑 7岡崎 8山倉

1988年(昭和63年)2位

1駒田 2岡崎 3篠塚 4原 5吉村 6呂 7中畑 8有田

 ここでお断りしておきたいのは、記したスタメンはもっとも多かったもので、すべてがこうというわけではない。シーズン途中で怪我や故障で戦線離脱した選手もいたし、打順の入れ替えも相当あったと思われる。自分の年齢と照合し、「あの時分は巨人打線はこうだったのか」、と懐かしく当時のことを思い出していただけたら幸いです。

 長くなりそうなので今日はここまで。平成以降の続きは明日、明後日にお送りします。 

http://giants.johho.net/?p=40

 記事作成:3月3日(金)

« 福島が誇る若手女子アナ(FTV編) | トップページ | 巨人の歴代スタメン② »

野球」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ