2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 郡山の魅力再発見!43 ~意外な素顔~ | トップページ | 福島県民を救った男たち »

2017年3月 7日 (火)

記憶に残る古いCM~ハムソーセージ編~

 私が幼少の頃によく流れていたCMを取り上げたい。かなり古いので保存状態が悪く、画質のイマイチだが、懐かしさと想い出を大切に仕舞っておきたいという衝動からここに掲載するものである。

 1 丸大わんぱくハムソーセージ

 スーパーで買い物に来た主婦にインタビューし、生の意見を拾うという昔流行った手法。あとで、モデルや劇団員を使ったというヤラセCMもあると聞いてがっかりした。確かにノーギャラで、こんなに長い期間、放送されたのだから、普通の主婦だったら、近所の噂になりやっかみに繋がることだろう。「低カロリーで栄養があるから体にいいんじゃないですか」と語った主婦の存在が10年くらい脳裏から離れない時期があった。それくらい当時、何度も繰り返し放映された。

 2 ラッパー一発ぶっ放せ~

 「らっぱー一発ぶっ放せ~」という歌に乗せ、子供たちが元気に草原で遊ぶシーンが印象的。大自然を相手に心の底から楽しんでいる、そんな絵面が大好きだった。私が中学から高校くらいによく流れていた。

 3 丸大ハンバーグ 大きくなれよ

 ガリバー旅行記を彷彿させる大男と少年少女の出演シーン。「大きくなれよ~」というセリフが耳に残る。

 4 わんぱくでもいいたくましく育ってほしい

  ウチの亡き祖父が、選挙応援や体育の大会などで講演をする際に、いつもこのCMを持ち出し、子供は「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」と話していた。このCMはパターンを変えて、過去ロングランで、何度も放映されていた。

 5 丸善ホモソーセージ

 肉つながりでこれも記憶にある。丸善と言えば「ホモソーセージ」。私も毎日、仕事帰りに夕食までの間、小腹がすくと齧っている。この赤いチューブ、上手く剥がさないと、下地に肉が残り、それを歯でしごき取る自分が貧乏たらしくて時々嫌になる。

 6 日本食研晩餐館「焼肉焼いても家焼くな」

 これも大ヒットしたCM。主婦のつぶやきっぽい感じ。この「焼肉焼いても家焼くな」というのと、「亭主元気で留守がいい」というのは主婦層の特権を語ったようなCMだった。

 さて、ジャンルごとでも「肉のCM」に特化しただけでも、これほどの想い出に残るCMがわんさか出て来る。長く生きるというのは、こうした想い出が増えることを意味するし、テレビっ子を自負する私の妄想かもしれないが、これからも記憶に残るCMを記憶から呼び起こすために、こうした企画記事をどしどし考えて行きたい。

 記事作成:2月20日(月)~2月28日(火)

« 郡山の魅力再発見!43 ~意外な素顔~ | トップページ | 福島県民を救った男たち »

テレビCM」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ