2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« THE 激変北海道 | トップページ | 2017年4月期のCMベスト5 »

2017年4月29日 (土)

私が今、無性に行きたい場所(北海道編)

 学生時代、2年間を過ごした北海道。自分を精神的に強くしてくれた大地だ。東京に移った後でも、私は第二の故郷と思ってきた。その後、5回に渡って北海道を訪れているが、そこは広々北海道(北海道はでっかいど~)。東北6県+新潟県を足したよりも広い。まだまだ行足りていない。今年こそはと毎年北海道に夢を馳せるが、年々仕事が多忙になり、自分の時間が持てないのが現状だ。
 では、バイクツーリングや電車、車で何度も訪れた北海道で、私が行きたくて仕方ないと思っているスポットを取り上げたい。

 1 タウシュベツ川橋梁

 人造湖である「糠平湖」の東湖畔にある。旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも、特に代表的なコンクリートアーチ橋 です。 ダムの水が少ない1月頃から凍結した湖面に姿を現し、水位が上昇する6月頃 から沈み始め、8-10月頃には湖底に沈みます。 

 タウシュベツ川橋梁への林道

 http://www.kamishihoro.jp/place/00000072

 https://www.youtube.com/watch?v=YX8h5Z35_TM

 ヒグマが出没するスポットなので、訪問は細心の注意と備えが必要。雑木林を抜け、静かな湖面をたたえる糠平湖の湖畔に、この世のものとは思えない風景が姿を現す。幻想的で古からの歴史の重みを感じ、さいはて感や情緒、旅情を掻き立てられる場所。ぜひ一眼レフ持参で訪れたい。
 しかし、近年は風雨や地震によって損傷が激しく、崩壊の危険もあるという。もしかすると完全な橋梁の状態で見られるのは今年いっぱいかもしれない。

 タウシュベツ川橋梁にいたる林道 https://www.youtube.com/watch?v=DUdK2O_XKmE

 実際に訪れた人の「たどり着けなかった?」動画

 https://www.youtube.com/watch?v=4OQhllnZQF8

 2 幾寅駅

https://www.youtube.com/watch?v=Xj6eIK2lCx0

 高倉健が主演した「鉄道員(ぽっぽや)」で幌舞駅として登場した実在する駅。しかし、南富良野に位置し、この近くは何度も走ったにもかかわらず、映画上映が後だったために、一度も訪ねたことがない。1985年に「かなやま湖」を訪ねたし、狩勝峠は4~5回通って、落合という集落も何度もバイクや車で走っている。しかし、当時は話題にも上らなかったために、単なる通貨圏で、立ち寄ることなどなかったのだ。今思えば、実に勿体ない。
 映画「ぽっぽや」に感動して、実の娘を亡くしながら、小さな駅長としての任務を全うした男の生きざまに惚れ込み、いつかは訪ねたいと希っている。根室本線のこの駅は
 残念ながら、廃止となり、この駅舎にはもう二度と電車が止まらないのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=1Vh7TKF-6Qs

原作は、140万部を超えるベストセラーとなった浅田次郎の短編小説「鉄道員(ぽっぽや)」(第117回直木賞受賞作)。
本作が5年ぶりの映画出演となった主演の高倉健と共に名匠・降旗康男監督と撮影・木村大作のコンビが、北海道の厳しくも美しい自然を詩情豊かに映像化。

https://www.youtube.com/watch?v=MTFDUsc3aQo

https://www.youtube.com/watch?v=7p5SF5WJv2U

 3 三毛別ヒグマ襲撃現場

 事件のあらまし https://www.youtube.com/watch?v=CMUVL94NWTg

 その昔、北海道開拓に携わり、ここに居住していた集落を3mもあろうかという巨大ヒグマが次々襲撃し、大惨事に見舞われた。
 1915年(大正4年)の月、道北の留萌管内苫前村三毛別六線沢(現在は苫前町三渓) の開拓集落で起きたヒグマによる連続襲撃事件は、死者8名、とりわけ民家に避難 ていた女性や子供が犠牲になった。

 もちろんここへは冷やかしで行くのではない。悲惨な出来事で犠牲になられた開拓民を追悼しに行くのだ。もとからここはヒグマの生息地なのだから、肝試し気分や無防備で行ってはならない神聖な場所だ。

 さて、私が特に訪ねたい3つの場所を列挙したが、他にも未踏の地である「利尻島」や「礼文島」にも行ってみたい。また、オロロン鳥の生息地である「天売島」や「焼尻島」もまた訪れたことがない。
 行ったことがある場所で再訪したいのは、納沙布岬、黄金道路、神威岬の念仏トンネルと水無立岩だ。若い時分にバイクを乗り回した熟年ライダーが回帰しているようだが、私自身は次回バイクに乗るのは死ぬ時だと認識しているので、福島空港から空路で千歳空港まで行き、そこでレンタカーを借りることになると思う。退職してからでは時間の余裕はあるが、収入が無くなるので、仕事をしている今のうちに訪ねたいと思う。

 記事作成:4月22日(土)

« THE 激変北海道 | トップページ | 2017年4月期のCMベスト5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ