2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 名切万里菜アナが福島で過ごした日々① | トップページ | 北朝鮮に纏わる時代錯誤の勘違い動画 »

2017年4月12日 (水)

私のテレビ番組企画書⑤

 この企画記事も第5弾を迎えた。今まで提案をするものの、未だにテレビ関係者は私の企画を取り上げたためしがない。
 最近、月9もそうだが、視聴率20%を越えるドラマが少ない。「家政婦のミタ」や「半沢直樹」を超えるような国民的ヒットがここ数年出てこない。

 1 番組タイトル「ラブストーリーをあなたに」

 概要

 視聴者の体験した恋愛物語や妄想恋愛を15分間のストーリーでショートドラマ化した60分番組

 視聴者から恋愛シチュエーションを募集し、毎週採用された3つの物語をドラマ仕立てで制作する。採用者は自ら出演でき、相手役の俳優を選ぶことができる。
 また、演技力に自信がない場合は、主演を指名できる。
 自らの体験談を再現ドラマにできるだけでなく、脚本家や放送作家を目指す人たちの創作ストーリーも実写化する。

 一般公募だけでなく、芸能人の恋愛ストーリーも受け付け、ご本人に出演してもらう。

 視聴者ターゲットは10代~20代の恋愛世代や30代以上の方々も、若い頃の自分の恋愛体験とオーバーラップして懐かしく見ることが出来る。
 昔、日本テレビ系で放送していたアニメの「ストーリーランド」という感動番組があったが、その恋愛実写版の位置付けだ。

 2 スポーツ名場面 「その時感動は生まれた」

 概要

 様々なスポーツシーンで感動する場面や記録達成の瞬間をまとめて週一回放送する。
 大会と言えば、オリンピックやW杯が最高峰だが、例えば野球、ソフトボール、バレーボール、競泳、柔道、大相撲、陸上など、様々な競技種目を毎週取り上げ、そこで実現した名場面を名実況と共に振り返る。そして、特に日本人の活躍場面や裏エピソードなどを「プロジェクトX」風に紹介する。

 3 往年の名優回顧録

 概要

 昭和の時代から銀幕のスタートして一世を風靡した大女優や名俳優を取り上げ、代表作とその人となりを生前のエピソードを交えて紹介する。その人ゆかりの方々をゲスト(コメンテーター)に迎えて、スタジオで在りし日の姿を偲ぶ。

 例えば、三船敏郎、渥美清、高倉健、菅原文太、上原謙、二谷英明、森繁久彌、石原裕次郎、美空ひばり、大地喜和子、大原麗子、志村喬、萬屋錦之助、緒形拳、乙羽信子、森光子、山岡久乃、坂口良子、原節子などだ。

 毎年、多くの芸能人が天国へと旅立っていく。亡くなった直後は追悼番組を放送するが、代表作だけで、その人の一生を振り返る番組はよほどの大スターじゃないと特番を組まない。

 4 なんでもベストテン

 概要

 オリコンスタイルというのがあるが、毎回、いくつかのテーマでランキングして、その順位を取り上げる番組。昔、「クイズ100人に聞きました」というのがあったが、テレビのdボタンを活用して、いろいろな世代に次回のテーマを予告して投票して貰い、その結果をもとに順位を出す。そしてVTRを編集し、次週その結果を発表する。

 たとえば以下の通り

 1 人気の駄菓子ランキング
 2 人気の鉄道ランキング
 3 国民的アニメランキング
 4 歴代人気ドラマランキング
 5 季節ごとの歌ランキング、行事ごとのソングランキング
 6 世代別人気CMランキング
 7 流行ったファッションランキング
 8 今は廃刊になった懐かしの雑誌ランキング
 9 全国人気スイーツランキング
10 人気駅弁ランキング
11 全国の人気観光地ランキング
12 乗りたい電車ランキング
13 日本にある世界遺産そっくりランキング
14 人気のスポーツマンがランキング
15 アニソンランキング
16 日本人が選ぶ洋画ランキング
17 外国人が選ぶ日本の映画ランキング
18 退職後にやってみたい趣味ランキング
19 子供の頃遊んだおもちゃ世代別ランキング
20 

 5 私のおすすめ旅行プラン

 概要

 旅行愛好家やプロのツアコンが推奨する旅行プランを紹介する番組

 たとえば、3泊4日で楽しめる旅行先を実際に体験しながら紹介する。一泊目はここを観光して、昼食はどこで食べ、午後は何をするという細かな提案を、交通手段や時刻表、そして運賃も含めて費用がいくらかかるか紹介する。また、地方の絶品料理やお土産はこれを買うとか、アドバイスをする。言ってみれば旅の指南役のような番組だ。

 6 全国謎のスポット100選

 概要

 全国津々浦々、ガイドブックに載っていない地元の人にしかしらないスポットを紹介する。レアだったり、ミステリースポットだったり、今まで知られざる場所に光を当てる。

 7 老後を生き生きと

 概要 

 お勧めの趣味を毎回紹介する。お年寄りが、晩年を生き生きと生活するために、実際に行っている方の趣味を紹介する。そして毎年の費用がいくらかかるとか。50の手習いという言葉があるが、退職後に始められる手軽な趣味を毎回取り上げる。

 例) カメラ、グランドゴルフ、山菜、登山、ガーデニング、水彩画、俳句、熟年ライダー、
    陶芸、カラオケ、生け花、茶道、スポーツ、骨董、鉄道模型、旅行記、自分史、
    水泳、トレッキング、写経、工場見学など

 今回は7つの企画を提案したが、これからますます少子高齢化が進む。世の中、65歳以上の高齢者が増加するので、ターゲットも世代に合わせた企画立案がテレビ業界に必要となる。最近のテレビは同じ時間帯に類似した番組ばかりだ。例えばクイズ番組も、19時台は同じような変わり映えしないような番組編成ばかり。これでは視聴者は魅力を感じない。他にない個性あふれるような番組をぜひ企画して欲しい。そういう点では、私はテレビ東京の独自路線が大好きだ。昔、シャープのCMで「目のつけどころがシャープでしょ」というコピーがあったが、テレビ局にはそうした視点が求められている。他の真似事ではなく、他にないような面白い番組を提供して欲しいと願う。

 記事作成:3月中

 

« 名切万里菜アナが福島で過ごした日々① | トップページ | 北朝鮮に纏わる時代錯誤の勘違い動画 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ