2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 運転マナーワースト県 | トップページ | 緊急掲載 福島県産酒が5年連続日本一! »

2017年5月18日 (木)

1980年代歌番組中のハプニング

 1970年代から80年代にかけてはアイドルブームで、それに呼応するかのように「ザ・ベストテン」や「ザ・トップテン」なるアイドル総出演のPR番組が高視聴率を稼いだ時期だった。
 もちろん生放送で、追っかけ中継やハプニングが付き物だった。今日はそんなハプニング集を特集でお送りしますが、私が動画サイトにアップしたものではないため、おそらくはこれを見た方々が通報し、動画が削除され、見れなくなってしまうこと間違いない貴重な映像ばかりなので、早めにご覧ください。

 1 歌詞を忘れる吉幾三 

 1984年の冬頃に流行った曲。青森県の田舎の村出身の吉幾三が過疎化に苦しむ地元の実情を涙ぐましい歌詞に乗せ、しかもそれをパロディ風に茶化しながら歌った。当時、ベストテンや夜ヒットなど生放送の歌番組が多く、奇抜すぎて歌詞が逆効果で、よく歌詞を間違えたり、1番と2番を混同することが多かった。特に木曜21時からの大人気番組の最中に、「歌詞わすれちゃいましたよ」といって伴奏を止めて、歌い直した場面は伝説となった。
 彼のようなキャラだから笑って許せるが、これが大御所の五木ひろしがやらかしていたら、大問題になっていたことだろう。

 2 中森明菜 

 1980年代の超A級アイドルだった中森明菜。伝説のアイドル発掘番組「スター誕生」出身で、デビュー後、出す曲出す曲がベストテンで1位を獲得するなどトップアイドルとして君臨した。そんな彼女が常連だった「ザ・ベストテン」の追っかけ中継のさなか、「十戒」を歌っている途中で踊りを忘れるハプニングがあった。その時の表情が可愛かったと大評判になった。中森明菜は今で言う「ツンデレ」で、同じA型の沢尻エリカや前田敦子と同様、かなり気分にムラがあった。男性から見ると性格ブスに映り、敬遠したくなる人物だったが、なぜか女性には同情心や共感を持って受け入れられ、むしろ同性から人気があった。
 しかしながら彼女ももう50歳。未だに独身を貫いているということは、近藤真彦との一件を引きづっているのだろうか?

 3 早見優 

 彼女も花の82年組のアイドルの一人。スラリと伸びた細い脚が魅力で、ハワイ出身の帰国子女だけあって、小麦色の肌も売りだった。松本伊代とダブって見えたファンも多かったはず。「夏色のナンシー」が代表曲だが、初代バイリンガルとして英語力を活かし、英会話の番組にも出演。上智大学に進学した。同時期には中森明菜・小泉今日子・堀ちえみ・石川秀美・松本伊代などそうそうたるメンバーがいて空前のアイドルブームを巻き起こした。
 彼女のやっちゃったハプニングは、まだ時間があるだろうと油断して、ミラーゲートの外で準備をしていなかったこと。慌てて登場したら、靴が履けていなかった!

 4 荻野目洋子  

 「ザ・ベストテン」や「トップテン」では奇抜な巨大セットも名物だった。アイドルは、よく雨を降らせ、ずぶ濡れで歌う演出が有名だったが、その犠牲になったのが、「ダンシングヒーロー」が大ヒットした荻野目洋子だった。踊りが激しいことで知られた楽曲だったが、その最中、フロアの濡れ面で滑ってこけた。生放送中のこうしたハプニングが結構ウリだった。

 アイドルずぶ濡れは田原俊彦もよくやった。マイクを天井に投げ、一回転して上着を脱ぎ捨てる間に落ちてきたマイクを勘でキャッチするパフォーマンスも凄かったが、ハイティーンブギでマッチこと近藤真彦が暴走族と格闘した後、泥だらけの地面にバッタリ倒れこむ映画と同じ名シーンを再現したこともあった。白いジーンズが真っ黒になった。

 5 堀ちえみ 

 「ザ・ベストテン」の人気にあやかり、堺正章&榊原郁恵(のちに石野真子)、島田紳助&和田アキ子が司会を務めた「ザ・トップテン」。ベストテンはスタジオからの放送だったが、こちらは公開生放送で、渋谷公会堂からの放送が多かった。親衛隊が多く駆けつけ、応援も見ごたえがあった。そんな中、堀ちえみが稲妻パラダイスを歌っている最中に、履いていた靴が飛んで脱げるハプニングが起きた。
 慌てふためく彼女の表情が面白い。

 ほかにも探せばいろいろとお宝映像が出てくるだろう。特に「ザベストテン」の追っかけ中継は、今は亡きTBSの追っかけリポーターだった松宮一彦が活躍した。松田聖子や田原俊彦、小泉今日子、中森明菜、中山美穂は新幹線の移動中に駅のホームで歌い、さらには近藤真彦も北陸を移動中の今は懐かしい485系特急の車内からホームに降りて歌ったりした。今思えば伝説の中継映像だった。

 こうしたハプニングは、生放送だからこそであり、最近はミュージックステーションくらいしか無くなった。その昔、フジテレビ系列で金曜の20時から高島ヒゲ武と丘みつ子司会による「ビッグベストテン」という番組が放送されたが、「ザ・ベストテン」の真似だと大批判を浴び、すぐに放送打ち切りとなった。当時はアイドルを中心とした歌謡曲ブームだったことが窺い知れると思う。
 古き佳き時代の産物だったのか、はたまたミーハー根性を植えつけただけなのかは不明だが、こうした番組に盛り上がったりした学生時代だった。それだけに思いも一入だし、今、回顧すれば、ただただ懐かしいと言わざるを得ない。

 

 記事作成:4月中~5月3日(水)

« 運転マナーワースト県 | トップページ | 緊急掲載 福島県産酒が5年連続日本一! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

福島県の天気


無料ブログはココログ